2020年スマホのカメラおすすめランキング! 綺麗に撮れる高性能なモデルはいったいどれ?

書いた人: ちえほん

カテゴリ: スマホ



スマホ カメラ

最新のスマホのカメラ性能は凄いです。どのスマホのカメラも数年前と比較すると飛躍的な進化を遂げています。

撮れる写真の質感、繊細さ、鮮やかさはもちろんのこと、AIを駆使したカメラやデュアルカメラ・トリプルカメラを搭載したスマートフォンも登場しています。最新のスマホのカメラは、多彩なレンズを搭載することにより撮れるシーンの幅が広がり、誰でも手軽に綺麗な写真撮影が行えます

本記事では、日本で購入できる最新スマホから、より優れたカメラ性能のスマホを5つピックアップしランキング形式でご紹介していきます。スマホをカメラ重視で決めたい方はぜひ参考にしてみてください。

目次:

スマホおすすめランキングベスト5

今回は、スマホのカメラおすすめランキングの定義として「画素数1,200万画素以上」「トリプルレンズ以上」「光学ズーム2倍以上」、スマホカメラの評価で有名なDxOMarkのランキング結果も参考にし、最新モデルを含むスマートフォンの中から、より綺麗な写真を撮影でき幅広い場面・シーンに使えるカメラをランキング形式でお伝えしていきます。

5位:Xperia 5

Xperia 5のカメラ
Xperia 5のカメラ

Xperia 5は、シリーズ初のトリプルレンズカメラを搭載したXperia 1のコンパクトモデルとして誕生したモデルです。

Xperia 1で搭載された世界初の瞳AF機能も搭載されており、動く被写体(人)にも素早く正確なフォーカスを当てることができます。スポーツやお子さんの写真撮影にも活躍してくれるカメラです。

●カメラスペック情報

画素数 1,220万画素 +1,220万画素 +1,220万画素
F値 F1.6 +F2. 4+F2.4
レンズ トリプルレンズカメラ
(標準+望遠+超広角)
ズーム機能 2倍光学ズーム
10倍デジタルズーム

・Xperia待望のトリプルレンズ

Xperia 5はトリプルレンズカメラを搭載しています。カメラ構成は、1,220万画素(標準)+1,220万画素(望遠)+1,220万画素(超広角)です。あらゆるシーンにも対応出来るようになり、より使いやすさが増したカメラになります。

・瞳AF搭載(ソニーのデジタル一眼カメラαシリーズに搭載)

Xperia 1にて、スマートフォンで初めて瞳AFに対応しています。ソニーの高級デジタル一眼カメラαシリーズに搭載されている瞳AFは、被写体の瞳に正確かつ高速にピントを合わせて撮影することが出来ます。スポーツや運動会等で動く被写体を撮影する時に重宝される機能を搭載しています。Xperia 5でも瞳AFは継承されています。

・Cinema Pro

Xperia 5ならCinema Proで映画のような画作り・質感・色表現を手軽に楽しめます。ソニーの映画撮影用カメラ開発チームが監修した、シネマ撮影専用アプリ「Cinema Pro」を搭載していて、動画撮影時にプロ並みの細かな設定を行える機能を備えています。

●カメラの参考の作例

Xperia 5で撮影した作例をご紹介します。

Xperia 5の超広角レンズの作例
超広角レンズ
Xperia 5の標準レンズの作例
標準レンズ
Xperia 5の望遠レンズの作例
望遠レンズ

ワンタップでレンズを変えるだけで写真の雰囲気が大きく異なるトリプルレンズ。

Xperia 5の超広角レンズの作例Xperia 5の標準レンズの作例
標準レンズは明るいƒ/1.6のレンズで明るく撮れる
夜景・超広角の作例
歪み補正優先で撮影

超広角レンズは設定で「画質優先」と「歪み補正優先」が選択できます。上の写真は歪み補正優先で撮影したもの。ビルが屋上に向かって大きくなるなど多少の歪みは見られるが許容範囲です。

イルミネーション・超広角の作例イルミネーション・標準の作例
ƒ/2.4の超広角レンズは暗所ではノイズが目立つ結果に
ポートレートの作例
ツリーのオーナメントを背景ぼかしで撮影

拡大して見ると気になるところもあるが、インスタに投稿するぐらいなら十分すぎるクオリティです。

料理モードの作例
薄暗い店内で撮影。歩く撮れるがバンズやトマト、レタスなど食欲をそそる色の強調は控えめ

なお、「CinemaPro」アプリを利用すれば、ソニーの映画用プロフェッショナルカメラ「CineAlta」で培ったノウハウを詰め込んだフィルターを利用して映画さながらの画作り・質感・色表現でカンタンに動画を撮影できます。

Sony Mobile
Xperia 5

端末のご購入はこちら

4位:AQUOS R5G

AQUOS R5G カメラ
AQUOS R5Gのカメラ

AQUOS R5Gは、超高精細8K動画やどんなシーンにも対応できるクアッドカメラを搭載しています。

カメラ構成は、約1,220万画素の標準レンズでF値1.7、約4,800万画素の超広角レンズでF値2.9、約1,220万画素の望遠レンズでF値2.7、ToFカメラの4眼となっています。

●カメラスペック情報

画素数 1,220万画素 +4,800万画素 +1,202万画素
F値 F1.7 +F2.9 +F2.4
レンズ クアッドカメラ
(広角+超広角+望遠+ToF)
ズーム機能 光学2倍ズーム
デジタル16倍ズーム

AQUOS R5Gのカメラは、8K動画撮影、手振れ補正、追いかけてズームフォーカス再生、背景ぼかしなど、動画撮影に長けたカメラと言えます。

●カメラの参考の作例

AQUOS R5Gで撮影した作例をご紹介します。

日中作例 標準
標準
日中作例 超広角
超広角
日中作例 望遠
望遠

目で見た実際の風景をそのまま切り取れるようなメインカメラで、色味の誇張をし過ぎず自然な美しさを表現してくれます。違和感のない鮮やかさ、ハッキリしたディテールで撮影が可能です。

夜景作例 AQUOS R5G①
AQUOS R5G
夜景作例 iPhone 11 Pro
iPhone 11 Pro

AQUOS R5Gは、ナイトモードがないためiPhone 11 Proのような光量の足りない場面で極端に明るく写真撮影は出来ません。また、光量が少ない場面での撮影はノイズも出てしまうので注意が必要です。

夜景作例 AQUOS R5G②
光量が足りている場面での夜景撮影

極端に明るく撮影することは出来ない代わりに、現実に近い暗さを表現できるカメラになっています。

接写モード作例
寄って撮れる接写モード

AQUOS R5Gの「接写モード」では、しっかり寄ることが可能で、背面をぼかす処理も加えてくれるのでお洒落な写真が簡単に撮影出来ます。また、被写体の表現も繊細かつ鮮やかです。

食べ物撮り作例①食べ物撮り作例②
暗く映る場面もある

AIオートで自動調節をされるので、シャッターを押すだけで簡単に美味しそうな料理撮影も行えます。

また、暗い場所など場面によっては明るさの調節もしてあげるとより良い写真が撮影可能となっています。

ポートレートモード作例
物や花にも使えるポートレートモード

AQUOS R5Gは、背景を一眼レフのようにぼかせるポートレートモードも搭載しています。人だけではなく、物や花などにも手軽に使えるのも魅力的でした。

SHARP
AQUOS R5G

端末のご購入はこちら

3位:iPhone 11 Pro/iPhone 11 Pro Max

iPhone 11 Proのカメラ
iPhone 11 Proのカメラ

iPhone 11 Pro/iPhone 11 Pro Maxのカメラは、万能で誰でも使いやすい王道のスマホカメラ。広角・望遠・超広角ともに約1,200万画素を採用、iPhone XSと画素数は同じですが、iPhone初の超広角レンズとナイトモードの搭載をはじめ、センサーやエンジン・高度なアルゴリズムを採用することでより美しい写真が撮影できるようになりました。

●カメラスペック情報

画素数 1,200万画素 +1,200万画素 +1,200万画素
F値 F1.8 +F2.4 +F2.4 視野角120°
レンズ トリプルカメラ
(広角+望遠+超広角)
ズーム機能 光学2倍ズーム
光学2倍ズームアウト
デジタル10倍ズーム

iPhone 11 Pro/iPhone 11 Pro Maxのカメラは、これまでのiPhoneシリーズ同様に誰でも使いやすく、依然としてiPhoneの国内シェアが高く大人気です。iPhone XSよりもポートレート撮影や夜景撮影などの基本的な性能も確実に向上、進化しています。

●カメラの参考の作例

iPhone 11 Pro/iPhone 11 Pro Maxで撮影した作例をご紹介します。

iPhone 11 Pro  カメラ 日中作例①
超広角
iPhone 11 Pro  カメラ 日中作例②
広角
iPhone 11 Pro  カメラ 日中作例③
望遠

コントラストが素晴らしく、現実の色味を鮮やかにハッキリと表現してくれています。

iPhone 11 Pro  カメラ ナイトモード作例①iPhone 11 Pro  カメラ ナイトモード作例②
(左)ナイトモードオフ・(右)ナイトモードオン

比べてみると明るさの違いが一目瞭然です。iPhoneのナイトモードは難しい設定もなく、ナイトモードがオンになると写真を撮影する前から、撮影画面が明るくなるのでどんなふうに撮影出来るか想像できるのは他社にない嬉しいポイントでした。

Apple
iPhone 11 Pro / 11 Pro Max

端末のご購入はこちら

2位:HUAWEI P30 Pro

P30 Proのメインカメラ
HUAWEI P30 Proカメラ

HUAWEI P30 Proは高画素約4,000万画素の広角レンズに加えて、一度に広範囲を撮影できる約2,000万画素の超広角レンズ、被写体にグッと寄れる約800万画素の望遠レンズを搭載するLeicaトリプルレンズカメラに加え、被写界深度を測定するToFカメラのクアッドカメラを採用しています。

●カメラスペック情報

画素数 4,000万画素 +2,000万画素 + 800万画素
F値 F1.6 +F2.2 +F3.4
レンズ クアッドカメラ
(広角+超広角+望遠+TOF
ズーム機能 光学5倍ズーム
ハイブリッドズーム10倍
デジタル50倍ズーム

・圧倒的なISO感度

スマホはもちろんデジカメとしても脅威的な「409,600」のISO感度をもつP30 Pro。ISO感度が高ければ高いほど、少ない光でもより簡単に明るく撮影することができます。P30のISO感度が「204,800」で一般的なデジタル一眼レフよりも高性能になるため、約2倍の数値のP30 Proがどれだけ脅威的なスペックなのか分かっていただけると思います。

・ToF(タイム・オブ・フライト)カメラ

ToF(タイム・オブ・フライト)カメラとは、被写体に光をあて、反射がかえってくる時間で距離を正確に測ることができるカメラです。このカメラにより、ポートレートの背景の「ボケ」をより正確にうまく表現することができます。

・HUAWEI Mate 20 Proにはないハイブリッドズーム

Mate 20 Proにはない驚異的な望遠レンズをP30 Proは搭載しています。P30 Proの望遠レンズは、ちょっと遠い被写体にサッと寄れる光学5倍ズーム、解像度を出来るだけ落とさずに撮影できるハイブリッド10倍ズーム、遠い被写体にもグッと寄れる最大デジタル50倍ズームが手軽に使えます。

●カメラの参考の作例

HUAWEI P30で撮影した作例をご紹介します。

P30 Proで撮影した風景写真①P30 Proで撮影した風景写真②
P30 ProのAIカメラ(風景)で撮影した写真

逆光で白飛びしがちな青空も、しっかりと鮮やかな色合いで撮影できます。

P30 Pro
P30 Pro

P30 Proは「スーパーマクロ」に対応しています。被写体に2.5cmまでレンズを近づけてもボケずに撮影出来ます。

P30 Pro 標準撮影写真P30 Pro 標準撮影写真
P30 Pro 5倍ズーム撮影写真P30 Pro 10倍ズーム撮影写真
P30 Pro 30倍ズーム撮影写真
P30 Proで通常・5倍・10倍・30倍・50倍ズームで撮影した写真

ペリスコープ望遠レンズを用いた撮影は、スマホで撮れる写真とは思えないものが撮影出来ます。

P30 Pro 通常ズームで撮影した月の写真
P30 Proで通常撮影した月
P30 Pro 50倍ズームで撮影した月の写真
P30 Proで50倍ズームで撮影した月

夜間撮影において月も撮影出来るのがP30 Proの凄いところです。最大50倍デジタルズームで月を捉えられます。

HUAWEI
HUAWEI P30 Pro

端末のご購入はこちら

1位:Galaxy S20

Galaxy S20 5G カメラ
Galaxy S20 5Gのカメラ

「Galaxy S20 5G」には、広角レンズ・超広角レンズ・望遠レンズで構成されたトリプルカメラが搭載されています。

広角レンズは12メガピクセル、f/1.8の明るく撮れるレンズを採用。超広角レンズは視野角120°で景色をダイナミックに撮影可能。ズームに特化した望遠レンズは48メガピクセルで最大30倍の超解像度ズームと3倍のハイブリッド光学ズームに対応しています。

●カメラスペック情報

画素数 4,000万画素 +2,000万画素 + 800万画素
F値 F1.6 +F2.2 +F3.4
レンズ クアッドカメラ
(広角+超広角+望遠+TOF
ズーム機能 ハイブリッドズーム3倍
デジタル30倍ズーム

動画撮影では8K/30fpsにも対応。8Kの映像をそのまま再生できるディスプレイ/モニターを持っている人はそれほど多くないと思いますが、動画から33メガピクセルの高解像な写真を切り出せるため、記録用として使うこともできます。

Galaxyのカメラは、ハードウェアだけでなく、AI調整の精度も高いため、スペックともに最高峰のスマホカメラと言えます。

●カメラの参考の作例

Galaxy S20で撮影した作例をご紹介します。

超広角広角
超広角 / 広角
3倍ズーム10倍ズーム
3倍ズーム / 10倍ズーム
20倍ズーム30倍ズーム
20倍ズーム / 30倍ズーム

左から超広角、標準、3倍ズーム、10倍ズーム、20倍ズーム、30倍ズームで撮影。10倍ズームから塗り絵のような写真に…。

室内
室内での撮影

暗めの室内でも明るく撮れるます。ボケ感がやや不自然。

食事モード
食事モード

食事モードでの撮影は、やや青みがかった写真に。

植物
植物を撮影
10倍ズーム20倍ズーム
10倍ズーム./ 20倍ズーム

手前もしっかりボケた写真が撮れます。ズームで水滴も。

Samsung
Galaxy S20 5G

端末のご購入はこちら

スマホの購入は公式オンラインショップがおすすめ!

スマホの購入を検討中なら、公式のオンラインショップをチェックしておきましょう。特典が充実しており、お得にスマホの購入ができます。

・24時間いつでも時間に購入できる
・端末代金の頭金不要
・オンラインショップ限定のキャンペーンがある
・各種ポイントの利用ができる

今キャリアの公式オンラインショップでスマホがお得にゲットできる割引キャンペーン情報をご紹介します!

ドコモのオンラインショップ限定の「Welcomeキャンペーン」がおすすめ。契約事務手数料・送料無料で店舗より負担少なく手に入ります!

ドコモのキャンペーン

・5G WELCOME割:最大5,500円割引 or 20,000dポイント贈呈
・端末購入割引:最大22,000円割引 or 20,000dポイント還元

auのキャンペーン

・au Online Shopお得割:最大22,000円割引

ソフトバンクのキャンペーン

・オンライン限定 web割:最大21,600円割引

楽天モバイルのキャンペーン

・対象製品+プランセット購入サポートキャンペーン:最大15,000円相当の楽天ポイント贈呈

スマホのカメラで最初にチェックしておく4つのポイントとは?

スマホカメラでここだけは最初に確認しておきたいチェックポイントとはなんでしょうか?

チェックしておくポイントとは、ずばり「画素数」「F値」「レンズの枚数」「ズーム」4つのポイントです。

その詳細をここでは紹介します。

画素数

まずは、画素数についてです。最近では画素数=画質綺麗と言われていますが、実際はそうではありません。画素数が高ければ高い方が必ず綺麗な写真が撮れるというわけではなく、簡単にいうと画素数が大きければ、それだけ大きなサイズの写真が撮れる程度の違いです。もちろん画素数が高いにこしたことはないですが、基本的には1,000万画素を超えていれば全く問題ないでしょう。

注意すべき点は、画素数が高ければ高いほど画像1つあたり写真データ量が多くなり、内蔵ストレージを写真データを圧迫することになります。大容量のストレージ容量を選んだり、microSDカード等の外部ストレージを組み合わせるのもおすすめです。

F値

F値は小さいほどレンズは明るく、シャッター速度を速くすることができます。夜間撮影にも影響してくるため、スマホカメラ選びにも大事にしたい項目です。

F値の数値が小さければ小さいほど、暗い場所で明るく撮影が出来たりや速くシャッターを切れるのでブレにくく、動きのあるものを撮影する時にも強くなります。ただし、数値が小さすぎると背景ぼかしが出すぎてしまい使いにくい場面もあるので、適度なF値1.6~2.4あたりがおすすめです。

レンズの枚数

最近ではシングルカメラではなく、デュアルカメラ・トリプルカメラのほか、クアッドカメラを採用するスマートフォンも登場しています。シングルカメラのスマートフォンは、手軽に風景や料理の撮影をすることは可能ですが、ポートレート撮影や遠い被写体の解像度を落とさずに撮影したり、また広範囲を一度に撮影したい場面など様々シーンへの対応には限界があります。

そのため最近では、デュアルカメラやトリプルカメラのようにレンズの枚数が多いスマートフォンが普及しつつあります。レンズの枚数が多いほうが、撮影できるシーンが格段に増えます。スマホカメラを様々なシーンに合わせて使いたい場合は、特にチェックしておくべき重要な項目です。

ズーム

スマホカメラ選びで重要になるズーム機能。スマホカメラのズームには、いくつか種類があります。まず光学ズームはズーム機構を搭載することでズーム撮影時に解像度を出来るだけ落とさず綺麗な写真撮影ができます。その代わりにレンズ部分が大きくなり、カメラが出っ張ることもあります。デジタルズームは手軽に高倍率を実現出来る反面、解像度はガクッと落ちます

その他に、最近ではハイブリッドズームが登場しました。光学ズームとデジタルズームを組み合わせたハイブリッドズームを搭載するスマートフォンがあります。高倍率でも出来るだけ解像度を落とさない撮影ができます。運動会などで遠い場所からでも被写体に寄って撮影できるスマホカメラを選びたい方は、光学ズームやハイブリッドズームを採用したスマートフォンがおすすめです。

なぜスマホのカメラは綺麗に撮影できるのか?

スマホカメラが綺麗に撮影できる理由
スマホカメラが綺麗に撮影できる理由

近年発売されるスマホのカメラは飛躍的な進化を遂げています。スマートフォンのカメラは一眼レフに劣る、これは現状でも変わりません。しかし、昔に比べると搭載されるセンサーサイズも大きくなっていたり、一眼レフで撮れるような背景をぼかした写真を撮れるようになったりとスマホカメラは確実に進化しています。また一眼レフにはないコンパクトさで手軽に持ち運べて、サッと取り出して撮影出来る点においては、すでに一眼レフを上回っていると考えても問題ないでしょう。

また最近ではAIを駆使したシーン自動判別や、AIによる明るさや色調整によりノイズを抑えた写真撮影が出来るようになったので、スマホカメラとはいえ数年前からでは考えられないような写真をスマホで手軽に撮影出来るようになっています。年々より綺麗な写真を誰でも簡単にスマホカメラで撮影出来るようになってきているのは、AIが貢献している部分も多くあります。

まとめ:スマホカメラの魅力とは?

スマホカメラは進化を続けている
スマホカメラは進化を続けている

スマホカメラは進化を続けています。またSNSの大流行も影響して、手軽に撮影して高画質な写真をすぐにSNSへアップ・共有することが出来る点においては、一眼レフにはない魅力です。

ただ、AIを含めてスマホカメラはまだまだ進化する可能性を秘めています。今後数年でもっと素晴らしい写真が撮影出来るスマホカメラも出てくることでしょう。スマホ選びをする上で、カメラ性能は一番分かりやすくスマホの進化を知れる部分です。ぜひ今後のスマホ選びにカメラの性能を検討してみてはいかがでしょうか?

この記事を書いた人(編集:モバレコ編集部)

ちえほん

ちえほん

ブロガー×ガジェットライター×YouTuber

プロフィール

現在は、ガジェットブログ「モバイルドットコム」やYouTubeチャンネル「モバイルドットコムTV」を運営、外部ライターとしても活動しています。

ワクワクするような新しいガジェットが好きで、口癖は”はあ〜また買っちゃった!”手にとって分かるリアルな体験を分かりやすく発信しています。

モバレコでは、「スマホ」のレビューや設定、比較記事を中心に執筆しております。読んで頂ける皆様に”読んで良かった”と思ってもらえるようなコンテンツ作りを目指しています。どうぞ、宜しくお願いします。

モバレコ以外のメディアでも、2019年〜現在まで執筆活動中です。

得意カテゴリー

スマホ・タブレット

ブログ・SNS

モバイルドットコム
https://www.mobile-com.net/
モバイルドットコムTV
https://www.youtube.com/channel/UC-gVzqx-OqiA7YMx4yRkY8g/
Twitter(@chehonz201)
https://twitter.com/chehonz201

メディア実績

【メディア】

  • Engadget 日本版(ベライゾンメディア・ジャパン株式会社)
  • WEBカーアンドレジャー(株)カーアンドレジャーニュース

特集コンテンツ

d-card

【THE Wi-Fi】スゴイ!がつまったモバイルルーター

d-card

【THE Wi-Fi】スゴイ!がつまったモバイルルーター

Let's Share!

  • Twitter シェアアイコン
  • facebook シェアアイコン
  • はてなブックマーク シェアアイコン
  • Pocket シェアアイコン