SIMフリーだけじゃない?iPhoneの月額料金を安く使う方法!

ツイート このエントリーをはてなブックマークに追加
iPhoneの月額料金を安く使う方法

「スマートフォンはiPhoneが良い」というユーザーは多いと思います。
しかし、3大キャリアすべてで販売されているとはいえ、高額かつ横並びな月額料金に疑問を感じている人も多いはず……。

今回は「iPhoneを使ってる(もしくは使いたい)けど、月額料金を安く抑えて節約したい!」という方のために格安SIMを使って月額料金を安くする方法を探っていきましょう。SIMフリーのiPhoneを使う場合とキャリアから販売されているiPhoneを使う場合の2種類の方法について詳しく解説していきます。

キャリアと格安SIMの月額料金はどれくらい違う?

docomo,au,Softbank

docomoやau、SoftBankなどのキャリア契約と、格安SIMの契約とを比べると月額料金はどれくらい違うのでしょうか?

まず、データ通信が2GBの場合で比較してみると、キャリアプランだとおよそ毎月6,500円のところが、格安SIMだと1,600円(IIJmioのみおふぉん)と、基本料金に約5,000円近い差があります。パケット通信を屋外で頻繁に使うと仮定して10GBのプランで比較すると、ソフトバンクで12,500円、BIGLOBE 3G・LTEの格安SIMで4,690円と、7,000円以上もの差となります。

行動パターンによって、モバイルデータ通信が必要な場合もありますが、自宅や会社に無線LANの電波がある場合は、パケットの量はそれほど必要ないかもしれません。1ヶ月にどれほどパケットを使っているか、調べてみるとプランが決めやすいはずです。

iPhoneの料金プラン比較
格安SIMの契約 SoftBankの契約
通話プラン+2GB IIJmioのみおふぉん
1,600円
6,500円
通話プラン+10GB BIGLOBE 3G・LTE
4,690円
12,500円

※端末代金分割にともなう割引額は含まない。さらに速度制限までの使用上限については条件有り
※当記事で扱う料金および通信料などは執筆時点のものです

SIMフリー版iPhoneを使って通信料金を安くする

simフリーiPhone

現状、iPhoneを所有していない状況で格安SIMを使いたい場合、どのような手段が考えられるでしょうか。

最初に、SIMフリー版iPhoneを購入する方法。日本ではアップルストアで取り扱いがあります。日本各地のリアルストアか、オンラインストアにて購入可能です。しかし、記事執筆時点ではiPhone6ならびに6 Plusは購入できなくなっており、iPhone5sのみが購入可能で、16GBが64,800円、32GBが70,800円となっています。

端末本体が手元にやってきて、格安SIMも届いたら初期設定が必要となります。
SIMを挿入しても、APN(Access Point Name)という回線情報を入力して開通の確認をしなければ、通信することができません。格安SIM事業者がAPNの「構成プロファイル」というプログラムを配布している場合がありますので、Wi-Fiに接続した状態で、Safariなどのブラウザを起動し、事業者のウェブサイトからプロファイルをダウンロードして「設定」アプリにて有効化すれば、使用できるようになっています。

対応端末のページなどにプロファイルのダウンロードボタンが用意されていますので、リンクをタップすればデータがダウンロードされます。

OS、バージョンの確認や注意点も

格安SIM事業者によって、対応しているOSのバージョンや機種に違いがある可能性があります。事前に調べないまま、端末やSIMカードを購入してしまうと、設定の段階で使えないことに気付くという結果になることも考えられますので、確認しておきましょう。

デメリットを挙げるとすれば、今までキャリアで定期的に買い替えてきたユーザーには、端末を一括で購入することに抵抗があるかもしれません。しかし、端末代金の割引も高い通信料金が原資となっていることを知れば、無駄を減らした格安SIMへ移行するいいきっかけになるでしょう。
また、キャリアが提供している保証プランなどのサービスも存在していませんので、Appleが提供しているアップルケアに入ることを検討しても良いでしょう。

キャリア版iPhoneでも格安SIMをつかえる?

docomo版iPhone、au版iPhone

もし、docomo版のiPhoneを所有しているなら、docomo系のMVNO SIMがなんとそのまま使用することができます。無理にSIMフリー版を用意しなくてもOKです。au版ならmineoが使えます。

※執筆時点でmineoはiOS8以上は非対応、UQ mobileも対応SIMカードサイズが無い(提供はmicroのみ)という状況です。

そもそも、どのキャリアのiPhoneもSIMロック解除に対応していませんが、回線の譲渡元が同じであれば使用できます。これはAndroidも同様で、そのまま格安SIMが使うことができます。これから端末を購入しようと思っている読者の方は、「何が何でもSIMフリー版」じゃなくても、中古でdocomo版やau版というのもアリ、ということです。

注意点として、格安SIM自体、テザリングに対応していないブランドも存在するので、対応端末の照合とともに、動作条件を確認しておきましょう。また、SIMフリー状態ではないので、海外で使用できないという点もご注意ください。繰り返しになりますが、au版をお考えの場合、mineoがiOS8以上非対応ということや、UQ mobileがmicroSIMカードのみ、という点にも気をつけましょう。

国内使用限定ならdocomo版やau版もアリ!

イチオシポイント

iPhoneに慣れてしまうと、手放せない使用感の良さや、iCloudによるサービスなど、他には変えられない魅力があります。幸運にも、電話帳やメモなどのバックアップ情報はApple IDに紐付けられているので、使用回線やキャリアに依存せず、格安SIMをする場合でもアカウント情報の内容はそのまま使うことができます

iPhoneの使い心地の良さと、格安SIMによる通信料の節約の両方が実現できるとなると、冒頭の説明にもあったように、現状のプランの高さが目につくと思います。1日のうち、時間を多く過ごす場所に無線LANがある場合は、積極的に格安SIMを検討しても良いかと思います。パケットの量については、ユーザーの生活行動パターンによって消費量が違いますので、自分のパケット通信量を把握しておきましょう
また、状態の良い中古iPhone(docomo版)を見つけたら迷わずゲットする準備や、一度docomoで契約して、数カ月後にMNP(端末代金は最初に一括購入するか、最後に一括精算)というプランも良いかもしれません。

端末を先に用意しておくと便利かも

端末が手元にあれば、いつでも格安SIMを挿せる状況を作れるので、先にiPhoneをゲットする作戦を立てましょう。
中古を狙いたいユーザーは、家電量販店や大手パソコンショップのウェブサイト内にある白ロムページをチェック。docomo版を前提とし、もしmineoを使いたい場合はau版を、という条件で探してみましょう。

さらに、格安SIMで運用するために、もう一つだけ提案したいのが自宅用「無線LANルーター」の導入です。自宅パソコンのインターネット接続用に無線LANルーターを導入してWi-Fi環境を構築すれば、スマートフォンもパケットを消費しなくても良くなります。また、格安SIMを手配が終わってなくても使用を開始することができます。
格安SIMには、有料の無線LANサービスがプランの料金に含まれているブランドもありますので、積極的に利用していきましょう。

終わりに

2015年はSIMロックの解除が義務化がスタートとなる年ですが、iPhoneについて同様の措置がとられるかは、いまだ未知数なところがありますので、キャリアの動きも注目しつつ、新型iPhoneの登場を待つこととなりそうです。

こちらの記事はいかがでしたか?

お役に立ちましたか?

送信する

もしよろしければお友達に
ご紹介お願いします!

  • ツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を書いた人(編集:モバレコ編集部)

福岡市在住のフリーランス。編集プロダクションを経て独立。主なジャンルは、自動車やデジタルガジェットなどホビー系のメディア。紙・Webサイト媒体を問わず取材・執筆を行う。自身のブログ( タイチアカサカ.com )にて活動実績や、物欲日記を更新中。