auの下取りプログラムを徹底解説!最新スマホへお得に買い替え

書いた人: 迎 悟

カテゴリ: ガイド

ツイート このエントリーをはてなブックマークに追加
auの下取りプログラムを徹底解説!最新スマホへお得に買い替え

auの「下取りプログラム」って、どんなもの?

auの「下取りプログラム」

スマートフォンの買い換えの際の「下取り」といっても、様々な方法があります。
例えば、あらかじめ使っていたスマートフォンを中古買い取り店へ売り、それで得た下取り代金を次の機種の購入に充当するのも「下取り」です。

auが実施する「下取りプログラム」は、一般的な下取りとは何が違うのでしょうか?大きな違いとして、下取り額が一定額を保証されています

例えば、iPhone 6を下取りに出した際、多少の落下痕や使用感があっても「27,000円」で下取りを行ってくれます。

iPhone 6の下取り額は「27,000円」
iPhone 6の下取り額は「27,000円」

もし、これが通常の中古買い取り店であれば「小傷で-500円」「落下痕で下取り額から20%減」など、下取りに出すスマートフォンの状態に応じ下取り金額が減額されていきますが、auの下取りプログラムではそれがありません。

また、auの下取りプログラムは機種変更を対象とした「下取りプログラム」と、他社からののりかえを対象とした「下取りプログラム(乗りかえ)」の2種類があります。

機種変更を対象とした「下取りプログラム」

機種変更を対象とした「下取りプログラム」

機種変更を対象とした「下取りプログラム」ですが、こちらは下取りに出した場合、下取り端末代金が「au WALLETポイント」として還元されます

Au WALLET ポイントは機種購入時の割引に使える他、au WALLET カードへチャージして買い物に使うこともできれば、auショップやau online shopで付属品やケース、フィルムといったアクセサリや周辺機器代の購入に利用したり、auかんたん決済が使えるオンラインサイトでの支払いに利用するといったことが可能です。

また、今使っている機種を下取りに出すタイミングは後日でもOK。データ移行を済ませてから、auショップへの持ち込みや郵送での下取りが可能になっている点も見逃せないポイントです。

他社から乗り換え(MNP)を対象とした「下取りプログラム(乗り換え)」


NTTドコモやSoftBank、格安SIM各社からauに乗り換えを行う際、それまで利用していた携帯電話・スマートフォンを下取りしてくれるキャンペーンが「下取りプログラム(乗り換え)」です。
機種変更の「下取りプログラム」と名称をわざわざ分けている通り、下取りした後の仕組みが変わってきます。下記の2択から選ぶことが可能になっています。

1.下取りした携帯電話・スマートフォンの機種代金を、新しい機種の購入代金に充当しその場で値引きをする
2. 下取りした携帯電話・スマートフォンの機種代金を、24ヶ月間の月額料金の割引に充当する

また「下取りプログラム(乗りかえ)」は機種変更とは違い、後日の下取りができません
その場で下取りに出すことが条件になっているため、あらかじめデータのバックアップなどを取ってから乗り換えの手続きを行うようにしましょう

なお、例外としてau online shopで購入した場合、乗り換えの場合の下取りも郵送となり、下取り代金の還元方法は機種変更同様のau WALLLET ポイントでの還元となる点には注意が必要です。

自分のスマホはいくらになる?下取り額をチェック

自分が使っているスマホの下取り額をチェック
自分が使っているスマホの下取り額をチェック

いざ下取りに出そう!と思ったとき、実際に自分の使っている携帯電話・スマートフォンがいくらで下取りしてもらえるかは最も気になる部分です。

そこでチェックしたいのが、au公式サイトの下取りプログラムの各ページ。下取り額は定期的に変更されているため、実際に新しい機種を購入する前に一度確認するのがオススメです。

機種変更の場合:下取りプログラム | スマートフォン・携帯電話 | au
他社からののりかえの場合:下取りプログラム(乗りかえ) | 下取りプログラム | au

ここで注意したいのが、機種変更の場合と乗り換えの場合の下取り額の違いです。
発売から二年が経過し、そろそろ買い換えタイミングという人も多いであろう「iPhone 6」を一例にあげると、

機種変更の場合 最大24,840円
のりかえの場合 最大21,600円

上記の通り、約3,000円ほど違ってきます。また、auのXperia Z3とNTTドコモのXperia Z3の場合は、

Xperia Z3 SOL26 (機種変更) 最大3,000円
Xperia Z3 SO-01G (乗り換え) 最大21,600円

と、こちらは2万円弱の違いがあります。

au、docomo、SoftBankから発売されていたXperia Z3
au、docomo、SoftBankから発売されていたXperia Z3

iPhone、Androidの違いはもちろん、同じシリーズでも発売時期がわずかに違うだけでも下取り金額は変わります。そして、上記のように機種変更と乗り換えで、同じ世代の機種であっても大幅に金額の違うものもあるため、下取り価格はあらかじめ間違えぬようチェックをしておきましょう。

下取りを利用する前にチェックしておきたいこと

下取前に確認しておきたいこと
下取前に確認しておきたいこと

ここまでで下取りプログラムがどんなもので、どんな風に還元されるのか。そして自分が使っている機種が現在いくらで下取りしてもらえるかはわかったはず。

では、実際に下取りに出そう!と考えたとき、事前にチェックしておきたい部分を解説していきます。

下取り前の準備は「データのバックアップ」と「初期化」

下取りに出す前に準備をしておく
下取りに出す前に準備をしておく

下取りに出す前に必ず行っておきたいのが「データのバックアップ」と「初期化」です。

下取りに出した後は、いかなる理由であっても下取り端末を返却してもらうことができなくなっています。大切なデータなど、新しい機種に絶対に移さなければならないものは、あらかじめバックアップをとっておきましょう。

初期化することも忘れてはいけません
初期化することも忘れてはいけません

また、携帯電話・スマートフォンの初期化も忘れずに!auショップなど、お店のスタッフでも必ず下取り時に初期化を行うようにはなっていますが、あらかじめこちらで初期化を行って持って行くようにするといいでしょう。

入れているアプリや設定した内容によってはすんなり初期化できない場合もあり、初期化を行うのにパソコンが必要、パスワードを記したメモが必要となってはその場でした取りできない、なんてことにもなります。

画面割れは下取りOK。水濡れは下取りNG

画面割れや水没したスマホは買い取りOK?
画面割れや水没したスマホは買い取りOK?

下取りに出したいスマートフォンですが、注意したいのが「画面割れ」や「水濡れ」といったスマートフォン本体の故障についてです。

通常、画面割れだと中古での買い取りができないといったことがありますが、auの下取りプログラムは画面が割れていても下取り可能になっているのは嬉しいポイントです。

ですが、水濡れの場合は下取り不可となっているため、こちらは注意が必要です。
例えば普通に使えていても携帯電話・スマートフォンの水濡れ判定シールに反応が出ている場合は水濡れと判断され、下取り不可能となってしまいます。

また、画面も割れていない、水濡れもしていない、でも電源が入らない場合も下取り不可です。事前にしっかり充電を行い、電源が入ることを確認してから下取りへ持って行くのがベストです。

その他、事前に確認しておきたいこと


下取りに出したい携帯電話・スマートフォンにおいて、他に確認しておきたいのは、以下の二つ。

・ネットワーク利用制限の対象でないか
・正規に購入し、自分が所有権を有しているか

前者については、携帯電話料金の未払いが続いていたり、不正に契約・取得された携帯電話・スマートフォンに対して実施される制限のため、通常に契約を行い、料金の支払いも滞っていない限りは心配ないでしょう。

後者ですが、例えば携帯電話の契約名義が「家族」や「会社」になっている場合、下取り受付ができません。また、中古販売店やオークションで購入できる「中古スマホ」や「白ロム」と呼ばれるものも、auで正規に購入したものではないため、機種変更時の下取りに出すことができないので注意が必要です。

下取りプログラムを利用して、最新のiPhone 7にお得に買い替える!

最新のiPhone 7に買い換えよう
最新のiPhone 7に買い換えよう

では、実際に下取りプログラムを利用して、最新のiPhone 7への買い替えを行った場合の月額をご紹介していきます。

au以外から、iPhone 7へ買い替えたらいくら?


以前ほど乗り換えを優遇し、大幅キャッシュバックなどは実施されていませんが、やはり乗り換えで最新機種を購入しよう!という人は多いはず。
今回は「Xperia X Performance(2016年7月発売)」と「iPhone 6s Plus(2015年9月発売)」の2機種を下取りに出した場合、「iPhone 7 32GB」の実質負担額と月額料金でいくらお得になるのか比較してみました

なお、料金プランは国内通話定額の「電話カケ放題プラン」に、大容量データがお得な「データ定額20」で、本体代金は分割支払い、下取り代金も毎月の月額への割引適用で算出しています。

▼iPhone 7 32GBの実質負担額

本体代金 毎月割 下取り割引 実質負担
下取りなし 79,200円
(3,300円/月)
-68,400円
(-2,850円/月)
10,800円
(450円/月)
Xperia X Performance -32,400円
(-1,350円)
0円
iPhone 6s Plus -26,448円
(-1,102円/月)
0円

▼iPhone 7 32GBの月額料金

毎月の料金 下取りなし Xperia X Performanceを下取り iPhone 6s Plusを下取り
基本料金
(電話カケ放題プラン)
2,700円
ネット接続サービス
(LTE NET)
300円
データ定額
(データ定額20)
6,000円
毎月割 -2,850円
本体代金 3,300円
下取り割引 -1,350円 -1,102円
合計 10,170円 8,820円 9,068円

下取りに出した場合、二年間の本体代金の実質負担は0円に。しっかり「iPhone 7 32GB」を二年間使い続けた場合は、本体の負担が全く発生しないようになります。
また、月額料金も最新機種を選び、データ容量も大きめのものを選んでも10,000円を超えない金額で利用可能になるため、お買い得感が出てきます。

機種変更の場合は「iPhoneかえとくプログラム」を利用しよう!

iPhoneかえとくプログラム

もちろん、機種変更でも下取りを利用して最新機種をお買い得に購入することが可能です。

現在、auのiPhoneを利用中のユーザーが、最新のiPhone 7・7 Plusへ機種変更を行う場合、下取り金額に加えさらに3,000円分のau WALLET ポイントがもらえるキャンペーンを実施中です。

対象はauで最初に取り扱ったiPhoneである「iPhone 4s」以降すべてのiPhoneが対象
3,000円分のau WALLET ポイントということで、機種変更時に発生する最大3,000円の事務手数料相当が還元されるのはかなり魅力的。

また、iPhone 6s・6s Plusであれば下取りの適用でiPhone 7 128GBの実質負担も0円となるため、より大きい容量の最新モデルへ買い替えたい!といった場合にも下取りプログラムを利用するのはお買い得な方法といえるでしょう。

詳細はこちら:iPhoneかえトクプログラム | au

まとめ:買い替えをもっとお得に!知って得する、使って得するのが下取りプログラム

携帯電話・スマートフォンの買い替えは数年おきに必ず行うもの。
今までは「もしもの時の予備に」と、持ち帰って眠らせておくだけになる人も多かったと思いますが、これからはお得な下取りを使わない手はありません

以前と比較して、iPhoneの即日修理を受けられる認定店も増えましたし、Androidスマートフォンであれば最短翌日に交換品が届く「安心ケータイサポート」といった有償保証サービスも用意されているため、今までの機種を「予備」として備えておくおり、それらサービスを活用した方が圧倒的に便利

そしてスマートフォンの電池持ちも、そして内蔵保存容量も大きくなったので、音楽プレイヤーか動画プレイヤーとして元々使っていた機種を寝かせるより最新機種を使った方が快適なのは間違いありません。

ついつい、手元に残しておこうかな…と思ってしまう使っていた携帯電話・スマートフォンは絶対に下取りに出した方がお得です!
最新機種=高い、ではなく、最新機種=下取りでお得に買う!がこれからのスタンダードですよ!

モバレコでは、スマホと格安SIMがお得になる・役に立つ記事を平日12:00に配信中です。

こちらの記事はいかがでしたか?

お役に立ちましたか?

送信する

もしよろしければお友達に
ご紹介お願いします!

  • ツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を書いた人(編集:モバレコ編集部)

三度の飯より携帯が好きすぎて、資格も仕事も投げだし20代のほとんどを携帯販売に費やした元携帯ショップ店員。家電量販店からキャリアショップ、併売店まで色々経験してきました。今は[kuropon.mobi]でブログを書きつつ、ライターとしてあちこちにて記事を執筆中。そうでないときは大体"夢の国"にいます。Twitter:@kuropon