【2021年最新】auスマホのおすすめランキング!5G対応機種や割引キャンペーンも紹介

書いた人: モバレコ編集部

カテゴリ: au

au 最新スマホおすすめランキング

これからauで新規契約や機種変更をご検討中の方に向け、2021年最新のおすすめスマホを紹介します。

今回は、2021年上半期に登場したモデルや5G対応機種も含めて調査し、とくにおすすめできる10機種を厳選しています。

また、「数あるスマホをどうやって比較したらわからない……」という人向けに、スマホを選ぶ際に注目すべきポイントも解説します。

記事後半では、今auで使える割引キャンペーンや、キッズ・シニア向けのスマホについても記載しているので、併せて参考にしてみてください。

新型iPhone 13 シリーズ発売中

新型iPhone 13 シリーズ

スマホトクするプログラム」の適応で
32,510円~購入可能!
eSIMでの対応可
スムーズな乗り換えができます!

新型iPhoneも対象!
機種変更で5,500円キャッシュバック

2021年上半期に発売!端末・価格まとめ

au ロゴ
画像:auオンラインショップより引用

まずは、2021年上半期にauから発売された最新の端末と価格を見てみましょう。

発売日 端末名 価格
2021年6月18日 Xperia 10 III SOG04 支払総額 53,985円
かえトクプログラム適用時 36,225円
2021年6月4日 OPPO A54 5G OPG02 支払総額 28,765円
かえトクプログラム適用時 22,885円
2021年4月22日 Galaxy S21+ 5G SCG10 支払総額 138,730円
かえトクプログラム適用時 79,810円
2021年4月22日 Galaxy S21 5G SCG09 支払総額 118,540円
かえトクプログラム適用時 66,700円
2021年3月26日 TORQUE 5G KYG01 支払総額 88,885円
かえトクプログラム適用時 53,245円
2021年2月25日 Galaxy A32 5G SCG08 支払総額 31,190円
かえトクプログラム適用時 25,070円
2021年2月10日 AQUOS sense5G SHG03 支払総額 39,890円
かえトクプログラム適用時 26,450円

最新端末ではありますが、総支払額でも3万円台で購入できる端末もあります。

最新端末は、基本的にスペック部分が高性能であるものが多いです。購入する端末に迷っている場合は、まず発売日順でチェックしてみることをおすすめします。

新型iPhoneも対象!
機種変更で5,500円キャッシュバック

【総合】auおすすめスマホランキングTOP10

auスマホおすすめランキング
画像:auオンラインショップより引用

続いてはauオンラインショップで人気の端末、売れている端末をランキング形式で紹介してきます。

▼auおすすめスマホランキングTOP10

1位 AQUOS sense5G
2位 AQUOS sense3 basic SHV48
3位 Galaxy S21 5G
4位 Galaxy A32 5G
5位 Google Pixel 5
6位 Galaxy S21+ 5G
7位 TORQUE 5G
8位 Galaxy Note20 Ultra 5G
9位 Galaxy A41
10位 Galaxy A51 5G

上半期に発売された「AQUOS sense5G / Galaxy S21 5G / Galaxy A32 5G / Galaxy S21+ 5G」の4端末がランクインしています。

特にGalaxyシリーズはランキングの7割を締めています。性能の高スペックさや、使いやすさから根強い人気があることを覗えます。

高性能スマホのおすすめランキング(10万円~)

au スマホ 高スペック
画像:auオンラインショップより引用

高スペックなスマホがあれば便利さはぐっと上がるので、スペック面にはとことんこだわりたいですよね。

ここではauオンラインショップで取り扱いしている端末の中から、CPU・メモリ・ストレージ容量などの本体のスペック面を重視して、高性能スマホのおすすめ端末を紹介してきます。

▼高性能スマホ

1位:iPhone 12 Pro / 12 Pro Max

iPhone 12 Pro / 12 Pro Max
画像:Apple公式サイトより引用

★高スペック端末と言ったらこれ!「iPhone 12 Pro / 12 Pro Max」

歴代最高・最速のプロセッサを持っています。高速処理能力で3Dゲームや動画編集にもピッタリな優れたパフォーマンスを発揮できるでしょう。ARを使ったゲームもサクサク動くほどの能力です。

前シリーズと違う部分としては、A13 BionicからA14 Bionicにプロセッサの向上、iPhoneではじめての5G対応、ディスプレイのガラスがこれまでの4倍向上した耐落下性能などがあります。またProシリーズだけの機能としてLiDARスキャナが搭載され、ARアプリの体験やナイトモードでのポートレート撮影が可能になっています。

先進的な機能・大きく鮮やかな画面サイズなど、性能は文句なしの端末です。iPhone 12 Pro Maxの6.7インチディスプレイでは大きいと感じる方ならば、コンパクトなiPhone 12 Proを選ぶと良いでしょう。

▼スペック

端末名 iPhone 12 Pro iPhone 12 Pro Max
発売日 2020年10月23日 2020年11月13日
OS iOS iOS
ディスプレイ 6.1インチ
Super Retina XDRディスプレイ
6.7インチ
Super Retina XDRディスプレイ
大きさ 縦:146.7mm
横:71.5mm
厚さ:7.4mm
縦:160.8mm
横:78.1mm
厚さ:7.4mm
重さ 187g 226g
CPU A14 Bionic A14 Bionic
カメラ 【メイン画素数】
1,200万画素[超広角F2.4+広角F1.6+望遠F2.0]
 
【アウト画素数】
1,200万画素 F2.2
【メイン画素数】
1,200万画素[超広角F2.4+広角F1.6+望遠F2.2]
 
【アウト画素数】
1,200万画素 F2.2
メモリー(RAM) 非公表 非公表
内部ストレージ(ROM) 128GB / 256GB / 512GB 128GB / 256GB / 512GB
バッテリー容量 非公表 非公表

▼iPhone 12 Pro Max 本体価格

支払総額 128GB 141,900円
256GB 155,150円
512GB 181,540円
かえトクプログラム適用時 128GB 75,900円
256GB 83,030円
512GB 97,060円

▼iPhone 12 Pro 本体価格

支払総額 128GB 127,495円
256GB 140,750円
512GB 168,170円
かえトクプログラム適用時 128GB 67,735円
256GB 74,750円
512GB 89,930円

2位:Galaxy Note20 Ultra 5G

Galaxy Note20 Ultra 5G
画像:Galaxy公式サイトより引用

★ビジネスもプライベートもこの1台で!Galaxy Note20 Ultra 5G

Galaxy Note20 Ultra 5Gでは、専用のスタイラスペン(Sペン)が内蔵されています。まるで紙に書いているような、手書き入力をサポートしたハイエンドモデルです。今回のモデルでは、驚異の1億800万画素のメインカメラと処理能力の向上、ディスプレイが6.8インチから6.9インチに大きくなりました。

「Galaxy Note20 Ultra」のベンチマークスコアは、iPhone 11 Proを抜くほどの最高クラスの処理能力を持っています。

▼スペック

Galaxy Note20 Ultra 5G
発売日 2020年11月6日
OS Android™ 10
ディスプレイ 約6.9インチDynamic AMOLED(有機EL)
大きさ 縦:約165mm
横:約77mm
厚さ:約8.1mm
重さ 約208g
CPU Snapdragon 865 Plus 3.0GHz + 1.8GHz オクタコア
カメラ 【メイン画素数】
約1億800万画素 / 広角:約1,200万画素 / 超広角:約1,200万画素 / 望遠 レーザーAF
 
【アウト画素数】
約1,000万画素
メモリー(RAM) 12GB
内部ストレージ(ROM) 256GB
バッテリー容量 4,500mAh

▼Galaxy Note20 Ultra 5G 本体価格

支払総額 131,160円
かえトクプログラム適用時 77,280円

3位:iPhone 12 / iPhone 12 mini

iPhone 12 / iPhone 12 mini
画像:Apple公式サイトより引用

★コンパクトスマホとしても有能!iPhone 12 / iPhone 12 mini

iPhone 12の端末サイズは、前モデルのiPhone 11から小さく進化しています。小さい分、重さも32gも軽くなりました。iPhone miniはさらに小さく手が小さな人やポケットに収まるサイズ感を求める人にぴったりです。

iPhone 12シリーズは共通して、数年続いた曲線的なデザインから側面がフラットの角ばったデザインとなっています。

CPUの向上のほかに、MagSafeアクセサリの対応やナイトモードが進化しました。広角カメラだけでなく、超広角カメラ、フロントカメラでもナイトモードが使え、より明るい撮影が可能になります。

▼スペック

端末名 iPhone 12 iPhone 12 mini
発売日 2020年10月23日 2020年11月13日
OS iOS iOS
ディスプレイ 6.1インチ
Super Retina XDRディスプレイ
5.4インチ
Super Retina XDRディスプレイ
大きさ 縦:146.7mm
横:71.5mm
厚さ:7.4mm
縦:131.5mm
横:64.2mm
厚さ:7.4mm
重さ 162g 133g
CPU A14 Bionic A14 Bionic
カメラ 【メイン画素数】
1,200万画素[超広角F2.4+広角F1.6]
 
【アウト画素数】
1,200万画素 F2.2
【メイン画素数】
1,200万画素[[超広角F2.4+広角F1.6]
 
【アウト画素数】
1,200万画素 F2.2
メモリー(RAM) 非公表 非公表
内部ストレージ(ROM) 64GB / 128GB / 256GB 64GB / 128GB / 256GB
バッテリー容量 非公表 非公表

▼iPhone 12 本体価格

支払総額 64GB 103,430円
128GB 108,260円
256GB 122,435円
かえトクプログラム適用時 64GB 55,430円
128GB 57,500円
256GB 65,435円

▼iPhone 12 mini 本体価格

支払総額 64GB 90,065円
128GB 95,240円
256GB 109,305円
かえトクプログラム適用時 64GB 48,185円
128GB 50,600円
256GB 58,305円

4位:Galaxy S21 5G / Galaxy S21+ 5G

Galaxy S21+ 5G / Galaxy S21+ 5G
画像:Galaxy公式サイトより引用

★処理速度に加え、一眼レフのようなカメラ機能!Galaxy S21+ 5G / Galaxy S21+ 5G

従来のSシリーズよりも処理装置が優れており、多くの操作をよりスムーズにこなせるように進化しています。また、新しいディスプレイを搭載することにより、インテリジェントバッテリーは5G環境でも24時間以上使用可能です。

また、カメラ機能が特化しており約1億800万画素で撮影することができます。Galaxy S21 + 5G端末はauオンラインショップでのみ限定販売しています。

▼スペック

端末名 Galaxy S21 5G Galaxy S21+ 5G
発売日 2021年4月22日 2021年4月22日
OS Android™11 Android™11
ディスプレイ 約6.2インチ 約6.7インチ
大きさ 縦:151.7mm
横:71.2mm
厚さ:7.9mm
縦:約162mm
横:約76mm
厚さ:約7.8mm
重さ 約171g 約200g
CPU 2.8GHz, 2.4GHz, 1.8GHz
オクタコア
2.8GHz, 2.4GHz, 1.8GHz
オクタコア
カメラ 【メイン画素数】
約1,200万画素 / 約1,200万画素 / 約6,400万画素
 
【アウト画素数】
約1,000万画素
【メイン画素数】
約1,200万画素 / 約1,200万画素 / 約6,400万画素
 
【アウト画素数】
約1,000万画素
メモリー(RAM) 8GB 8GB
内部ストレージ(ROM) 256GB 256GB
バッテリー容量 4,000mAh 4,800mAh
Sペン ×

▼Galaxy S21 5G 本体価格

支払総額 118,540円
かえトクプログラム適用時 66,700円

▼Galaxy S21+ 5G 本体価格

支払総額 138,730円
かえトクプログラム適用時 79,810円

コスパ最強おすすめスマホランキング(5~10万円)

コスパ おすすめスマホ
コスパ最強おすすめスマホランキング

続いてはそれなりのスペックを求めつつも、端末の価格は抑えたいと考える方へおすすめのスマホを紹介します。

10万円以下で手に入る端末をピックアップし、独自にランキング付けしてみました。

▼コスパが良いおすすめスマホ

1位:Google Pixel 5

Google Pixel 5
画像:auオンラインショップより引用

★安心のセキュリティ・性能 Google5G対応スマホ!Google Pixel 5

Googleから第5世代として販売されたスマホです。薄型軽量で横幅は70.4ミリと短く、片手で楽にホールドできるサイズ感となっています。

また、Googleならではの信頼できる強力なセキュリティチップが、OS ・スワード・取引情報などの機密データを安全に保護。最新のセキュリティアップデートも自動的にインストールされるので、スマホを安全かつ最新のソフトウェアで動作している状態に保てます。

搭載されているマルウェア保護機能が毎日 1,000 億を超えるアプリのスキャンを行い、Google Pixel の安全性を確保しています。

スペックもさることながら、セキュリティもしっかりしているため仕事の連絡を行う方には特に安心して利用することができるでしょう。

▼スペック

Google Pixel 5
発売日 2020年10月15日
OS Android™ 11
ディスプレイ 6.0インチ
大きさ 縦:144.7
横:70.4
厚さ:8.0mm
重さ 約151g
CPU Qualcomm® Snapdragon™ 765G 2.4 GHz + 2.2 GHz + 1.8 GHz、64 ビット オクタコア Adreno 620 Titan™ M セキュリティ モジュール
カメラ 【メイン画素数】
約1,220万画素 / 約1,600万画素
 
【アウト画素数】
約800万画素
メモリー(RAM) 8GB
内部ストレージ(ROM) 128GB
バッテリー容量 4,080mAh

▼Google Pixel 5 本体価格

支払総額 65,575円
かえトクプログラム適用時 37,375円

2位:TORQUE 5G KYG01

TORQUE 5G KYG01
画像:京セラ公式サイトより引用

★どんな場所にも持っていける耐久性特化スマホ!TORQUE 5G KYG01

とにかく落下に強く、5.5インチ大画面でも割れにくく製造されています。さらに耐薬品であるため、使用後の汚れは泡ハンドソープで洗うことが出来るため感染症予防にもぴったりです。

さらにアクセサリー類を購入すればもっと便利に利用出来ます。

例えばTORQUE 5G専用マルチホルダーを利用すれば市販の撮影スティックや三脚、自転車用固定具に取り付けることができます。さらにフローティング付きストラップをつければ水中で手を離しても浮かび上がり、水中撮影が可能です。

このように様々な環境下でも耐えられるTORQUE 5G KYG01は、キャンプや登山、スポーツなどアウトドア派の方は大満足の商品です。

▼スペック

TORQUE 5G KYG01
発売日 2021年3月26日
OS Android™ 11
ディスプレイ 約5.5インチ
大きさ 横:約75mm
縦:約167mm
厚さ:14.8mm(最厚部20.3mm)
重さ 約248g
CPU Snapdragon™ 765 2.3GHz / 1+2.2GHz / 1+1.8GHz / 6
カメラ 【メイン画素数】
約2,400万画素 / 約1,600万画素
 
【アウト画素数】
約800万画素
メモリー(RAM) 6GB
内部ストレージ(ROM) 128GB
バッテリー容量 4,000mAh

▼本体価格

支払総額 88,885円
かえトクプログラム適用時 53,245円

3位:Galaxy A51 5G SCG07

Galaxy A51 5G SCG07
画像:Galaxy公式サイトより引用

★高スペックなカメラ機能搭載!Galaxy A51 5G SCG07

周囲の明るさに関わらずシャープで鮮明な撮影ができる4,800万画素の超高解像度メインアウトカメラを搭載しています。 超広角カメラは、目に映ったシーンをまるでそのまま切り取ったようにクリアな撮影ができるようになりました。また今回からマクロカメラが新しく搭載されており、40mmの至近距離からでも精細な撮影を行うことが可能です。

また、5Gの特性活かしながらハイスペックな端末性能により、超高速・超低遅延でゲームやライブ動画など、あらゆるサービスヲを快適に楽しむことが出来ます。

▼スペック

Galaxy A51 5G SCG07
発売日 2020年11月7日
OS Android™ 10
ディスプレイ 約6.5インチ
大きさ 横:約74mm
縦:約159mm
厚さ:8.8mm(最厚部9.3mm)
重さ 約189g
CPU Qualcomm® Snapdragon™ 765G 5G Mobile Platform 2.4GHz/1+2.2GHz/1+1.8GHz/6
カメラ 【メイン画素数】
約500万画素 / 約4,800万画素 / 約1,200万画素 / 深度測位カメラ約500万画素
 
【アウト画素数】
約3,200万画素
メモリー(RAM) 6GB
内部ストレージ(ROM) 128GB
バッテリー容量 4,500mAh

▼本体価格

支払総額 60,580円
かえトクプログラム適用時 36,340円

4位:Xperia 10 III SOG04

Xperia 10 III SOG04
画像:Sony公式サイトより引用

★写真も音楽も満足に楽しめる!Xperia 10 III

Xperia 10 IIIは6.0インチと大画面ですが、縦長に設計してあります。今までのモデルより一回り小さくなったことで、片手でも操作しやすいサイズ感です。

また、従来モデルからRAMが6GBにアップしたことで処理速度も高速になっています。全体的なパフォーマンスが向上しているため、普段使いよりもワンランク上のレベルであると言えるでしょう。

また、バッテリー容量が3600mAhから4500mAhに大幅に増量されています。そのため、バッテリー持ちに不安を感じることも無くなるでしょう。

▼スペック

Xperia 10 III SOG04
発売日 2021年6月18日
OS Android™ 11
ディスプレイ 約6.0インチ
大きさ 横:約68mm
縦:154mm
厚さ:8.3mm(最厚部9.1mm)
重さ 約169g
CPU Qualcomm® Snapdragon™ 690 5G Mobile Platform 2.0GHz / 2+1.7GHz / 6
カメラ 【メイン画素数】
約800万画素 / 約1,200万画素 / 約800万画素
 
【アウト画素数】
約800万画素
メモリー(RAM) 6GB
内部ストレージ(ROM) 128GB
バッテリー容量 4,500mAh

▼本体価格

支払総額 53,985円
かえトクプログラム適用時 36,225円

5位:Xperia 5 II SOG02

Xperia 5 II SOG02
画像:Sony公式サイトより引用

★最新体験をハンドフィットデザインに凝縮!Xperia 5 II SOG02

全機種にあたるXperia 5から大幅にスペックアップしています。2020年5月に発売されたフラッグシップレンジモデルである Xperia 1 IIとほぼ同等スペックを誇りながら、コンパクトなサイズ感を実現した最上位モデルです。

メモリやストレージも増量しているため、従来よりも高速インターネットを活用することができるようになっています。また、滑らかなディスプレイ操作や、3.5mmイヤホンジャックなども追加されており、ゲーム・音楽・映画などをよく利用する人におすすめです。

また、Xperia 5 II SOG02には3.5mmイヤホンジャックが搭載されています。有線接続のイヤホンまたはヘッドホンを使うと、最大192kHz/24bitまでのネイティブハイレゾサウンドを楽しむことができます。

さらに、ソニー独自のアップコンバート機能である「DSEE Ultimate」が搭載されています。これによりCDからリッピングした音源や音楽ファイルを192kHz/24bit相当の高音質に変換して聴けるようになりました。

全体スペックが劣ることなく、いい音で音楽を楽しみたい人にもおすすめの端末だと言えるでしょう。

▼スペック

Xperia 5 II SOG02
発売日 2020年10月17日
OS Android™ 10
ディスプレイ 約6.1インチ
大きさ 横:約68mm縦:約158mm厚さ:約8.0mm(最厚部9.1mm)
重さ 約163g
CPU Qualcomm® Snapdragon™ 865 5G Mobile Platform 2.8GHz / 1+2.4GHz / 3+1.8GHz / 4
カメラ 【メイン画素数】
約1,220万画素 / 約1,220万画素 / 約1,220万画素
 
【アウト画素数】
約800万画素
メモリー(RAM) 8GB
内部ストレージ(ROM) 128GB
バッテリー容量 4,000mAh

▼本体価格

支払総額 88,140円
かえトクプログラム適用時 51,060円

新型iPhoneも対象!
機種変更で5,500円キャッシュバック

値段が安いおすすめスマホランキング(~5万円)

au コスパ おすすめスマホ
画像:auオンラインショップより引用

スマホの性能は最低限あれば、価格重視でいきたいと考えるユーザーも多いのではないでしょうか。

ここではauオンラインショップで購入できるスマホの中から、3万円以下ので購入できる低価格帯製品かつ、人気のあるモデルをランキング形式で紹介します。

▼値段が安いスマホランキング

1位:AQUOS sense5G

AQUOS sense5G
画像:AQUOS公式サイトより引用

★長時間の電池持ち!AQUOSから登場した5G端末 AQUOS sense5G

auオンラインショップ売り上げNo.1の端末です。

シャープ独自の省エネIGZOディスプレイで、消費電力を抑えるとともに、画面の書き換えを制御することで消費電力を低減させています。大容量バッテリーも搭載しているので、長時間の電池持ちが実現されました。

また、5G対応と高速CPUを採用しているため処理速度も速く動画やアプリ操作がより快適になっています。

▼スペック

AQUOS sense5G
発売日 2021年2月10日
OS Android™ 11
ディスプレイ 約5.8インチ
大きさ 横:約71mm
縦:約148mm
厚さ:約8.9mm(最厚部10.2mm)
重さ 約178g
CPU Qualcomm® Snapdragon™ 690 5G Mobile Platform 2.0GHz×2+1.7GHz×6 オクタコア
カメラ 【メイン画素数】
約1,200万画素 / 約1,200万画素 / 約800万画素
 
【アウト画素数】
約800万画素
メモリー(RAM) 64GB UFS 2.1
内部ストレージ(ROM) 4GB LPDDR4X
バッテリー容量 4,570mAh

▼AQUOS sense5G 本体価格

支払総額 39,890円
かえトクプログラム適用時 26,450円

2位:AQUOS sense3 basic

AQUOS sense3 basic
画像:SHARP公式サイトより引用

★使いやすさ・丈夫さを兼ね備えたスマホ!AQUOS sense3 basic

キャップレス防水構造を採用し、水回りでも安心して使える防水・防塵に対応しています。

水濡れに強いディスプレイとタッチパネルは、画面に水滴がついてもスムーズに動作を行うことが可能です。さらに、アルコール除菌シートで拭いてもそのまま使うことが出来ます。汚れてもさっと拭いて使えるのは嬉しいポイントです。

また、落下などに耐えられる耐衝撃などの規格テストをクリアしています。高温・低温・湿気の多い環境での使用や、落下による衝撃にも強く設計されています。

急速充電を繰り返しても、電池への負担を減らすシステムも採用。スマホの「強さ」といったらAQUOS sense3 basic SHV48、といえる一品でしょう。

もちろん従来のモデルより処理速度・解像度などスペックの部分でも性能が上がっているので、「端末を長く使いたい」という方におすすめの端末です。

▼スペック

AQUOS sense3 basic
発売日 2020年6月19日
OS Android™ 9 Pie
ディスプレイ 約5.5インチ
大きさ 横:約70mm
縦:約147mm
厚さ:約8.9mm(最厚部9.8mm)
重さ 約167g
CPU Qualcomm® Snapdragon™ 630(SDM630)2.2GHz(クアッド)+1.8GHz(クアッド)
カメラ 【メイン画素数】
約1,200万画素
 
【アウト画素数】
約800万画素
メモリー(RAM) 3GB
内部ストレージ(ROM) 32GB
バッテリー容量 4,000mAh

▼AQUOS sense3 basic SHV48 本体価格

支払総額 22,000円
かえトクプログラム適用時 17,710円

3位:Galaxy A32 5G

Galaxy A32 5G
画像:Galaxy公式サイトより引用

★操作も簡単!低コスト高スペックのシンプルスマホ Galaxy A32 5G

auオンラインショップ売り上げランキング4位の端末です。

初めてスマートフォンを使う方、シンプルで使いやすいスマートフォンが良いという方におすすめの端末です。長く利用できるよう、5,000mAhの大容量バッテリーを搭載しています。

また、4800万画素のメイン(アウト)カメラが搭載されており細部まで鮮やかな写真を撮影することが出来ます。さらに超広角カメラを使えば、さらにリアルな写真が撮影できるでしょう。深度測位カメラによる背景ぼかしや、マクロカメラを使った至近距離からの接写撮影も可能です。

▼スペック

Galaxy A32 5G
発売日 2021年2月25日
OS Android™ 11
ディスプレイ 約6.5インチ
大きさ 横:約76mm
縦:164mm
厚さ:約9.1mm(最厚部10.1mm)
重さ 約209g
CPU 2GHzオクタコア
カメラ 約4,800万画素 / 約800万画素 / 約500万画素 / 深度測位カメラ約200万画素
メモリー(RAM) 4GB
内部ストレージ(ROM) 64GB
バッテリー容量 5,000mAh

▼Galaxy A32 5G 本体価格

支払総額 31,190円
かえトクプログラム適用時 25,070円

4位:Galaxy A41

Galaxy A41
画像:Galaxy公式サイトより引用

★動画やゲームもストレスなく楽しめる!Galaxy A41

6.1インチの大画面で、厚さ7.9mmの薄型ボディと人間工学に基づく背面のカーブは手にフィットしやすく負担もかかりません。

また、高速処理と大容量のストレージで、動画やゲームを快適に楽しむことが出来ます。高性能のオクタコアプロセッサと4GB RAMが高パフォーマンスを提供します。内蔵ストレージも64GBあるため、ダウンロードを沢山しても容量が圧迫されることはありません。SDカードを挿入すれば、さらに容量を増やすこともできます。

また、アラーム以外の通知をブロックする「ゲーム優先モード」、画面やハードキーが意図せず押されることを防いだり、ゲームのパフォーマンス、バッテリーの消費量を測定しどれだけプレイできるかなど確認できるシステムも搭載されています。さらに、このシステムはゲーム中のユーザーの使用パターンを学習することができ、バッテリーや温度、メモリを最適化してくれます。

▼スペック

Galaxy A41
発売日 2020年6月25日
OS Android™ 10
ディスプレイ 約6.1インチ
大きさ 横:約70mm
縦:約153mm
厚さ:約8.1mm(最厚部9.0mm)
重さ 約160g
カメラ 【メイン画素数】
約500万画素 / 約4,800万画素 / 約800万画素
 
【アウト画素数】
約2,500万画素
メモリー(RAM) 4GB
内部ストレージ(ROM) 64GB
バッテリー容量 3,500mAh

▼Galaxy A41 本体価格

支払総額 33,045円
かえトクプログラム適用時 26,565円

5位:OPPO A54 5G

OPPO A54 5G
画像:OPPO公式サイトより引用

★大画面と大容量バッテリーで、たっぷり使えるスマホ!OPPO A54 5G

急速充電対応の5,000mAhバッテリーや、4眼カメラが搭載されています。約6.5インチディスプレイは、1億800万画素相当の解像度を実現する「超高解像度モード」も利用することが可能。これまでにないクリアな画質を体感することが出来ます。

また、OPPO A54 5Gはリフレッシュレートが90Hzと高いので、画面の操作が滑らかに感じられます。

▼スペック

OPPO A54 5G
発売日 2021年6月10日
OS ColorOS 11(based on Android™11)
ディスプレイ 約6.5インチ
大きさ 縦: 約162.9mm
横: 約74.7mm
厚さ: 約8.4mm
重さ 約190g
CPU 8GHz オクタコア
カメラ 【メイン画素数】
約4,800万画素 / 約800万画素 / 約200万画素 / 約200万画素
 
【アウト画素数】
約1,600万画素
メモリー(RAM) 4GB
内部ストレージ(ROM) 64GB
バッテリー容量 5,000mAh

▼OPPO A54 5G 本体価格

支払総額 28,765円
かえトクプログラム適用時 22,885円

キッズ・シニア向けのおすすめauスマホ

キッズ・シニア向けのおすすめauスマホ
キッズ・シニア向けのおすすめauスマホ

ここからは、キッズ・シニアでも使いこなせるシンプルなauスマホをご紹介します。機能を絞ることで使いやすさを向上させ、キッズ・シニアならではの機能を搭載しています。

GRATINA KYV48

GRATINA KYV48
画像:京セラ公式サイトより引用

★スマホデビューにピッタリ!丈夫で操作も簡単な GRATINA KYV48

スマホデビューする方にぴったりなスマホです。

画面シンプルになっており、アイコンも一目でわかるような表示になっています。「auかんたんガイド」も搭載されており、これを利用すればスマホを初めて触る方でも操作に迷うことはないので安心できます。

また、シンプルな作りでありながらもカメラの性能も比較的よく、シーン検出や手ブレ補正など撮影した写真や動画も綺麗に残すことができます。

また、防水・防塵も備わっているのでどんなシーンでも壊れることなく利用出来ます。汚れたら軽く水で洗いしたり、泡ハンドソープやアルコールをつけて拭くなどのお手入れも可能です。

▼スペック

GRATINA KYV48
発売日 2020年9月4日
OS Android™ 10
ディスプレイ 約5.8インチ
大きさ 横:約73mm
縦:約153mm
厚さ:8.9mm(最厚部 9.2mm)
重さ 約151g
CPU MT6765 2.3GHz / 4 + 18GHz / 4
カメラ 【メイン画素数】
約1,600万画素
 
【アウト画素数】
約800万画素
メモリー(RAM) 3GB
内部ストレージ(ROM) 32GB
バッテリー容量 3,050mAh

▼本体価格

支払総額 22,000円
かえトクプログラム適用時 17,710円

BASIO4 KYV47

ベイシオ フォー(BASIO4)
画像:京セラ公式ページより引用

シニア向けスマホ「ベイシオ」の最新機種です。発色のいい大画面で、文字や画像の視認性が高くシニア層に優しい作りになっています。

よく使う連絡先を画面下部に3つまで登録でき、少ないステップで操作が完了できるのも特徴です。バッテリー持ちもよく、電池切れによる不通の心配も軽減されています。

▼スペック

BASIO4 KYV47
発売日 2020年2月7日
OS Android™ 10
ディスプレイ 約5.6インチ
大きさ 横:約W71mm
縦:約159mm
厚さ:約8.9mm
重さ 約151g
CPU MT6761 2.0GHz/4
カメラ 【メイン画素数】
約1,300万画素
 
【アウト画素数】
約500万画素
メモリー(RAM) 3GB
内部ストレージ(ROM) 32GB
バッテリー容量 3,300mAh

▼BASIO4 KYV47 本体価格

支払総額 34,580円
かえトクプログラム適用時 27,500円

新型iPhoneも対象!
機種変更で5,500円キャッシュバック

auのスマホを選ぶポイント6選

スマホ選びで注目すべきポイントは沢山ありますが、大きくわけると下記の6点です。

①機種価格
②スペック
③カメラの性能
④バッテリーの持ち
⑤必要機能の有無
⑥外観のデザイン

とくに価格とスペックは比例の関係になっており、スペックが高い機種ほど価格は高くなります。

①機種価格

機種の価格を大まかに分けると「~4万円台」「5〜10万円」「10万円~」です。

・【4万円台】メッセージやSNS、動画視聴程度の必要最低限の用途で済む
・【5〜10万円台】ゲームや画像編集などワンランク上の処理能力が必要
・【10万円~】高画質写真や動画の撮影・編集などクリエイティブな用途にも使う

大まかに上記のような基準で考えて機種を選定していくと良いでしょう。

②スペック

機種のスペックも細かく見ておきましょう。自身の利用環境にあったスペックのものを選ぶことで、ストレスなく利用できます。とくに注目しておきたいスペックは以下のようなものです。

・画面の大きさ
・マルチ画面
・バッテリーのもち
・RAMの容量
・カメラの性能(画素・広角)
・音質
・防水

RAMの容量とは、スマホ本体のデータ保存領域の大きさです。この数字が大きいと、沢山の写真や動画、アプリを保存できます。

一般的には32〜64GBほどあれば十分ですが、動画のダウンロードや画像保存などを多くする方はより大きな容量のものを選んだ方がいいでしょう。

 5Gを使うには5G対象機種が必要

超高速・大容量通信・超低遅延・多数同時接続を可能にした「5G」の提供がauからも行われています。

いわゆる「ラグ」がほとんど感じられない回線です。auの5G回線対応のプランとして、「データMAX 5G」「データMAX 5G Netflixパック」「ピタットプラン 5G」などのプランも提供されていますが、これらのプランで契約をする場合には、5G回線に対応した機種を購入しなければなりません。

auオンラインショップでは、画像のアイコンと併せて「5G」の記載があるためこれらを目印に契約すると良いでしょう。

③カメラの性能

スマホは気軽に高画質な写真や動画を撮影できるツールです。カメラ性能でスマホを選ぶ方も多いとかと思います。カメラ性能は以下のポイントを抑えると良いでしょう。

▼画素数
画像の粗さを表します。この数値が高いほど、クリアな画像を撮影することが可能です。
▼ポートレート撮影機能
複数のレンズを搭載することで撮影できるポートレート撮影機能が可能になります。一眼レフカメラで撮影した時のような被写体を鮮明に捉え、背景にぼかしをいれることで、仕上がりの良い撮影を行うことができる機能です。
▼動画の画素数
動画の画質は、720p、1080p、4Kといった撮影画質の違いがあります。後者の4K対応になるほど、動画画質は向上します。
また動画がより滑らかに動くフレームレート(単位:fps)という数値もあります。数値が高いほうが滑らかな動きになり、スロー再生してもコマ落ちしません。

④バッテリーの持ち

外出先ではスマホ内のリチウムイオン電池に蓄えられた電力によって駆動するため、どのくらいバッテリーが持つかという点も選ぶポイントです。

現在は1日充電しなくても持つような端末がたくさん発売されていますが、動画や音楽再生を行う場合は4000mAh以上のものを選ぶと良いでしょう。

⑤必要機能の有無

スマホ端末各々には独自の性能や機能を搭載している製品も数多くあります。防水・防塵機能、おサイフケータイ(キャッシュレス決済)、ワンセグ視聴、イヤホンジャックの有無などです。

ユーザーによって使い方が異なるので、欲しい機能を事前にピックアップしておくと選びやすいでしょう。

⑥外観のデザイン

見た目の洗練さの他に、大きさや持ちやすさも外観デザインには含まれます

大画面が主流となりつつあるため、どうしても大型化が進むスマホですが、女性など手の小さい方は程よい大きさのものを選ばないと持て余してしまいがちです。

画面が大きければ大きいほど操作上は正であると考える人から、あまりに大きすぎて扱えず、返品可能期間内に換えたという人など、それぞれの使い方によって好みが分かれるところです。

auの新規申し込み・機種変更はオンラインショップがおすすめ!

auの新規申し込み・機種変更はオンラインショップがおすすめ!
auの新規申し込み・機種変更はオンラインショップがおすすめ!

auでは街にあるauショップの他に、オンラインショップからも新規契約や機種変更の手続きができますが、以下のような点で優れているオンラインショプからの手続きをおすすめします。

▼オンラインショップのメリット

・2,750円以上購入で送料無料
・Pontaポイントが使える
・最短翌日配送が可能
・24時間待ち時間なしでいつでも申込可能
・ショップへ出向かなくても欲しい端末が手に入る、契約できる
・オンライン限定キャンペーンで店舗よりお得に購入・契約できる

また、オンラインショップでのみ適用できる割引キャンペーンを実施しています。端末代金が2万円以上安くできるため、利用すると店舗よりおトクに購入出来るでしょう。

auのスマホ購入・機種変更で使えるキャンペーン

auのスマホ購入・機種変更で使えるキャンペーン
auのスマホ購入・機種変更で使えるキャンペーン

auでは常時さまざまなキャンペーンを実施しており、それらを駆使することで月額料金や端末購入料金が安くなります。

ここでは、auのスマホ購入・機種変更で使えるキャンペーンを紹介していきます。

au Online Shop お得割

オンラインショップで対象端末を購入すると端末代金が最大で22,000円割引になるキャンペーンです。

適用条件は、auオンラインショップで対象機種を購入するだけ。対象端末は随時入れ替わっています。端末購入時には、欲しい端末が対象端末として登録されているかチェックすると良いでしょう。

また、22歳以下の方は「au Online Shop U22キャッシュバック」と併用出来るため22歳以下の方は最大32,000円も割引がつき、端末を購入できます。

au Online Shop U22キャッシュバック

22歳以下の方が対象端末をauオンラインショップで購入すると、10,000円のキャッシュバックが受け取れます。

こちらは2021年6月4日時点で22歳以下・au Online Shopで新規契約で対象機種を購入すると対象です。

こちらも対象プランが決まっているため、申込前にチェックしておくと良いでしょう。

注意点としては、au「新規契約」であること、UQ mobile・povo・他社からの乗り換えは対象外ということが挙げられます。

au U22夏割

22歳以下の方が対象の料金プランに新規加入、もしくは対象の料金プランに加入中の方が機種変更すると携帯・スマホの月額料金から6カ月間1,650円割引します。

▼対象プラン

・使い放題MAX 5G ALL STARパック
・使い放題MAX 5G テレビパック
・使い放題MAX 5G Netflixパック(P)
・使い放題MAX 5G Netflixパック
・使い放題MAX 5G with Amazonプライム
・使い放題MAX 5G
・使い放題MAX 4G テレビパック
・使い放題MAX 4G Netflixパック(P)
・使い放題MAX 4G Netflixパック
・使い放題MAX 4G

お申し込み時点で契約者(利用者)が22歳以下であれば適用可能です。2か月間の限定キャンペーンでですので、対象であればすぐに申込むことをおすすめします。ランニングコストをぐっと抑えることができますよ。

かえトクプログラム

24回払いを条件に、購入機種の2年後の買取価格を残価(最終回支払い分)として設定し、本体価格から残価分を差し引くことで、23回の支払いまで割賦料金が安くなる割引プログラムです。利用すると、機器代金最大24,200円支払い不要になります。

▼適用条件

・申込後13カ月~25カ月までにau端末へ買い替え
・プログラムの適用をした端末をauへ返却
・返却する端末に故障 / 破損などがない(規定あり)

端末の返却は必要ですが、現在は郵送でも返却可能です。わざわざ店舗に出向く必要もなく、機器代金も抑ることができます。

もちろん無料で申込ができるため、端末を頻繁に変更する・最新機種を安く使いたい方などにはおすすめです。

下取りプログラム

下取り対象機種からの機種変更でiPhone、auスマートフォン、auケータイもしくはauタブレットを購入するとこで、指定分の割引・auポイントが付与されるサービスです。購入する端末代金から最大52,250円割引できます。

▼適用条件

・スマホ / ケータイ / タブレットを下取りに出す
・下取り対象機種から機種変更でauスマホ / iPhone / auケータイ / auタブレット購入
・今お使いの下取り対象機種が故障、水濡れがなく正常に動作する

下取り端末や価格は随時更新されています。今は下取り端末に該当していなくても今後利用できる場合がありますので、端末購入前にはチェックするとよいでしょう。

まとめ

5G端末の提供も進み、スペックの高い対象機種がラインナップに含まれていることも大きな注目ポイントです。

どんどん性能が良い端末が発表されていますが、auのスマホを選ぶポイント6選で紹介したポイントを抑え自分にぴったりの端末を探してみてくださいね。

特にauオンラインショップにはさまざまなキャンペーンが用意されており、月額料金や端末料金が大幅に安くなります。対象となるものを確認し、上手く活用しましょう。

新型iPhoneも対象!
機種変更で5,500円キャッシュバック

毎月のスマホ料金を安くしたい方は、ぜひプロに無料相談ください!

キシュヘン

ネットで色々なスマホプランを調べても、結局どのプランが自分に合っているのか迷いますよね。

そんな方は、直接プロに相談するのも手段の1つ!

モバレコの運用する「キシュヘン」であれば、チャットで最短3分と手軽に相談できるのでおすすめです。

しかも相談手数料は無料、営業活動も一切ないため安心して利用できます。

スマホプランに目星がついている方もぜひ一度、活用してみてはいかがでしょうか!

この記事を書いた人(編集:モバレコ編集部)

モバレコ編集部

モバレコ編集部

スマホ、ケータイ、docomo、au、ソフトバンク、格安SIMに関する総合情報メディア「Mobareco-モバレコ」の記事コンテンツの制作を監修。スマホのレビュー、サービス解説、ライフハックからトラブルシューティングガイドなどの幅広いジャンルのコンテンツディレクションを手掛ける。『スマホをもっとわかりやすく。もっと便利に。』ユーザー目線に沿ったコンテンツを発信中。Twitter:@mobareco_jp

特集コンテンツ

d-card

d-card

Let's Share!

  • Twitter シェアアイコン
  • facebook シェアアイコン
  • はてなブックマーク シェアアイコン
  • Pocket シェアアイコン