UQモバイルのメリット・デメリットまとめ! 良いところと悪いところもしっかりと知ろう

書いた人: とくめい

カテゴリ: UQ mobile

テレビCMの影響により利用者が爆発的に増えているUQモバイル(UQ mobile)。格安SIMの中でも人気がある会社ですが、料金の安さだけではなく使い勝手や通信速度も気になりますよね。

UQモバイル お客様満足度1位

今回は筆者がUQモバイルにして良かったと思うメリットと、逆にイマイチだったデメリット部分の両方をまとめてご紹介します。

SNSでの評判や口コミなども掲載しているので、乗り換えを検討している方は参考にどうぞ。

最大10,000円相当
au Pay残高還元中!
※auまたはpovoからの乗り換えは対象外

UQモバイルの
お得なキャンペーン情報

自宅セット割登場!
割引適用で3GB/990円~

UQモバイル
  • 料金据え置きでeSIMと5Gに対応!「くりこしプラン +5G」開始!
  • 「オンラインショップ おトク割」で対象機種が最大22,000円引!
  • オンラインショップ限定!SIMのみ契約で最大10,000円相当au Pay残高還元!

UQモバイルのメリットを口コミと一緒に紹介

UQモバイルに乗り換えるメリットは数多くありますが、その中でも筆者が特にオススメしたい6つの項目をご紹介します。

1.通信速度が速い

UQモバイルの回線はとにかく他社のMVNO回線と比べて圧倒的に通信速度が速いです。

お昼の時間帯も爆速です
お昼の時間帯も爆速です

モバレコや筆者のブログでは定期的にスピードテストで通信速度を計測していますが、本家au回線にも並ぶほどの安定感があるので「格安SIMは通信速度が遅い」と諦めていた方にUQモバイルはオススメです。

既にMVNO回線を利用している方なら分かると思いますが、格安SIMで苦手とされるお昼12時台では下り1Mbpsを切ることも多く、画像の読み込みも時間が掛かります。

そんな状況でもUQモバイルは、キャリアに負けない通信速度をサービス開始当初からずっとキープし続けています。

昼の時間帯で各社速度が低下する中、UQモバイルの安定度は抜群です。速度に重点を置いて格安SIMを選ぶなら、UQモバイルはオススメです。

モバレコで実施している格安SIM通信速度調査にて、最新の速度検証結果を確認することができますので、こちらも合わせてご確認下さい。

2.料金プランがシンプルで分かりやすい

2021年2月より開始したUQモバイルの新プラン「くりこしプラン」は、2年目以降で料金が変わることも無いので、とてもシンプルで分かりやすいプラン設定です。

くりこしプランM/Lなら速度制限時でも上限1Mbpsで利用できる(通常128kbps)ので、速度制限時でもSNSでの画像閲覧や低画質による動画再生ができることも評価できます。

くりこしプランS くりこしプランM くりこしプランL
月額料金 1,628円/月 2,728円/月 3,828円/月
基本データ容量 3GB/月 15GB/月 25GB/月
速度制限時
or
節約モード時
最大300kbps 最大1Mbps
通話料金 22円/30秒
通話定額オプション 通話パック(60分/月):550円/月
かけ放題(10分/回):770円/月
かけ放題(24時間いつでも):1,870円/月
データチャージ 100MB/220円
500MB/550円

※価格はすべて税込

UQモバイルの料金プランはキャリアと比べて安く、乗り換えるだけでスマホ代を大幅に節約できることが期待できます。

筆者の周りでも「キャリア時代の半額以下になった!」と喜ばれています。通信品質が良いので使い勝手もこれまでとぼほ変わらず、料金を節約できるなら乗り換えない手はありません。

3.口座振替で支払いができる

毎月の支払いにクレジットカード払いしか対応していない格安SIMが多いのが現状です。クレジットカードを持っていない人は、格安SIMへ乗り換えたいのに支払い方法で困ってしまうこと。

UQモバイルの支払い方法は「クレジットカード払い」「口座振替」が対応しており、毎月の請求に口座振替にて支払い方法を選択することが可能です。

このように、クレジットカードを持っていない人でも、UQモバイルなら口座振替の支払い方法に対応しているので安心です。

オンラインショップから申し込んだ際「口座振替」を選ぶと、約1週間ほどで書類が届き記入する流れになります。口座振替の登録が完了するまでは請求書払いでの対応となります(手数料あり)。

また、オンラインショップでの口座振替の登録は契約者と同じ名義ではなければなりません。店頭申込みの場合は指定の書類の提出があれば、ご家族名義でも可能です。

加えて、オンラインショップ・新規お申込み電話窓口での新規契約時(MNP以外)は、月額料金の支払い方法をクレジットカードに限定されるので、新規契約の際は実店舗での手続きが必要になります。

4.家族で割引を受けられるサービスがある

UQモバイルには料金の割引サービスとして「家族割」「学割」があります。

正確には、UQ学割の条件を満たす学生回線を含む「UQ家族割グループ」に所属している家族には、学生も家族にも割引があるというもの。

2020年11月20日~2021年5月31日まで開催されたUQ学割では、家族で対象の料金プランを契約した場合、くりこしプランSなら8か月間638円引き、くりこしプランM/Lなら12か月間1,738円引きになっていました。

対象の料金プランは、親回線・子回線ともに「くりこしプランS/M/L」を契約する必要があります。

申込みは全国のUQスポット、UQ mobile取扱店に行くか、UQお客さまセンターへ電話することで申し込み可能。離れて暮らす家族でも、指定の書類の提出があれば割引の適用になります

UQモバイルの学割は、毎年期間限定で展開される割引ですが、適用することで毎月1,000円以上の割引になる場合が多いです。

家族全員での乗り換えや、お子様にスマホをUQモバイルで契約したいと考えている方は、事前に情報をチェックしておきましょう。

5.節約モード・データ繰り越しが地味に便利

UQモバイルの特徴として、高速通信から低速通信に切り替えることができる「節約モード」があります。

これを使用すると、データ通信量がカウントされなくなります。使用環境に左右されることもありますが、SNSやブラウジング程度であれば問題なく利用することも可能です。

もう1つのメリットとして、「データ通信量の繰り越し」が可能です。

当月に余ったパケット通信量を次月に繰り越すことができます。余ってしまったとしても次月に繰り越ししたパケットから利用できます。繰り越された通信量は繰り越しされた月までの有効期限となります。

6.日本全国各地に実店舗が充実している

格安SIM業者は、オンラインによる手続きのみを受付しているところも多いですが、UQモバイルは取扱店、および専門ショップを全国各地に設置しています。

その為、オンラインによる手続きが不安な方や、万が一のトラブル時にでもサポートしてもらいやすいです。

そういった意味でも、UQモバイルは初めての格安SIMにもおすすめです。

最大10,000円相当
au Pay残高還元中!
※auまたはpovoからの乗り換えは対象外

UQモバイルのデメリットを口コミと一緒に紹介

一方でUQモバイルにもデメリットは存在します。あまり大きく取り上げられることがないため、ここではあえてピックアップして紹介してみます。

1.選べるプランの種類が少ない

UQモバイルは他社格安SIMのプランと比べるとデータ通信量の選択肢が少なめです。

選択可能なプランは、くりこしプランS(3GB) / くりこしプランM(15GB)/くりこしプランL(25GB)の計3種類のラインナップとなります。

筆者もよく動画視聴やテザリングなどで利用するには足りなくなってしまうため、他社のSIMカードと併用して使用しています。データ容量の選択肢が増えてくれると使いやすくなると思います。

また、データ通信専用プランは2021年3月で新規受付を終了してしまったので、現在は音声通話プランのくりこしプラン一択というのも痛いところ。

データ通信のみ利用したいユーザーをカバーするプランが無い状況なので、現在はあくまでも音声通話を必要とするメイン端末用のプランに特化しているといえるでしょう。

2.データシェアができない

UQモバイルには家族で使うと安くなる「UQ学割」等の割引サービスがありますが、データ通信量をシェアできるようなサービスはありません

2021年2月に開始したくりこしプランより25GBの大容量プランが提供されましたが、家族で使って安くなり、データ通信量もシェアできるようになれば、割引サービスの魅力がより高まりそうです。

3.au回線プランのみしか提供していない

格安SIM業者の多くは、複数回線のプランを提供している場合が多いですが、UQモバイルはauのサブブランドというだけあり、提供回線はau回線のみです。

なので、ドコモやソフトバンクで使っていたスマホをUQモバイルのSIMを挿して使う場合にはおのずとSIMロック解除が必要となってきます。

また、一部SIMフリースマホでは、そもそもau回線のSIMでの利用ができない場合もあるので、必ず事前の動作確認をしっかりしておく必要もあります。

UQモバイルで販売している以外のスマホでUQモバイルを利用したい場合には、少し事前の手続きや確認が複雑な場合もある点がデメリットとも言えます。

4.一部プランに契約期間がある

大手キャリアを始め、2年間といったプランの契約期間や解約金はなくなる方向へ動いているとはいえ、過去提供されていたプランについては契約期間や違約金・解約金が発生する可能性があります。

くりこしプラン
スマホプラン
契約期間:なし
契約解除料:なし
おしゃべり
ぴったりプラン
契約期間:2年間ごと
契約解除料:
契約更新月の解約は無料
契約更新月以外に解約する場合10,450円
データ高速プラン
無制限プラン
最低利用期間:なし
契約解除料:なし
データ高速・無制限
+
音声通話プラン
最低利用期間:12ヶ月(365日)
契約解除料:最低利用期間内に解約した場合10,450円

※価格はすべて税込

また、解約解除料とは別に端末購入時に「端末購入アシスト」や「UQ購入サポート」を利用している場合は、利用月数に応じて端末購入アシスト解除料がかかります。

新プランへの移行で契約解除料の支払を回避できることもあるので、旧プランを利用している人は注意が必要です。

5.LINEのID検索・キャリアメールが利用できない

キャリアからUQモバイルなど格安SIMへ乗り換える際に意外と見落としがちなのが、LINEのID検索ができないという点です。

LINEの年齢認証およびID検索は、LINEが大手キャリアのシステムと連動することで可能になっている機能です。

一部格安SIMを除いて、格安SIMではシステムの連動ができないためLINEの年齢認証ができず、関わる機能としてID検索を利用できません。これはauのサブブランドであるUQモバイルも同様。

LINEは様々な場面でコミュニケーションを取るために必須のアプリなので、ID検索を利用できないのは痛いですね。

UQモバイルのサービス内容に魅力を感じていてLINEのID検索がネックになってしまう場合には、ふるふるやQRコードでの友だち登録といった代替方法を視野に入れてもいいかもしれません。

また、UQモバイルには大手キャリアの基本サービスであるキャリアメール(@au.comなど)利用できない点にも注意が必要です。

正確には○○○○@uqmobile.jpというUQモバイルのメールアドレスはあるのですが、オプション料金として220円/月がかかるので、細かい部分で大手キャリアの使用感とは異なっています。

メリット・デメリットから見るUQモバイルがおすすめの人

UQモバイルのメリット・デメリットをそれぞれ解説してきましたが、最後にメリット・デメリットをふまえてどんな人にUQモバイルをおすすめできるのかもご紹介します。

キャリアに近い品質で利用したい人

前述の通り、LINEのID検索やキャリアメールを利用できないといった大手キャリアのサービス内容とは異なる部分もありますが、UQモバイルはauのサブブランドとして通信品質の良さに定評があることも事実です。

格安SIMは大手キャリアの回線設備の一部を借り受けてサービスを提供しているため、混雑する時間帯の通信速度がかなり低速化するという最大のデメリットがあります。

その点UQモバイルは大手キャリアよりも安い料金にも関わらず、通信品質は大手キャリアのauに匹敵するので、「通信費用は抑えたいけど、速度は妥協したくない」というユーザーの希望を叶えてくれる事業者といえます。

余裕を持ってデータ容量を運用したい人

プランを選ぶ際、自分が使うデータ容量にぴったり当てはまるものを選ぶのはなかなか大変です。

UQモバイルでは「データ繰り越し」や「節約モード」を活用することで、速度制限を回避するために多めのデータ容量を契約する、といったこともなく余裕をもって運用できます。

またくりこしプランMまたはLのどちらかであれば、速度制限時や節約モード中でも1Mbpsという中速を保てるので、データチャージで料金がかさんでしまうことも防げるでしょう。

実店舗でのサポートも欲しい人

格安SIM各社では実店舗の数が少ない事業者、そもそも店舗を持たずオンラインのみの事業者が多く存在しています。

家族まとめて料金を見直したいといった場合など、突然の故障で対面でサポートしてほしい時や、高齢の親御さんがサポートを不安に思うこともあるでしょう。

UQモバイルの専門ショップや取扱店は家電量販店や大型スーパーなど日本全国に展開されているので、困った事があった際にも店舗で直接サポートを受けられます。

大手キャリアのように対面でのサポートがあると安心、といった方にもUQモバイルはおすすめです。

最大10,000円相当
au Pay残高還元中!
※auまたはpovoからの乗り換えは対象外

まとめ:デメリットを上回るメリットを感じたら乗り換えよう

テレビCMや広告だけでは伝わりにくいデメリットを中心に取り上げてみましたが、個人的にはデメリットを上回るメリットがたくさんあると思います。

ご紹介したUQモバイルのメリット・デメリットをまとめました。

メリット デメリット
・通信速度が速い
・料金プランがシンプルで分かりやすい
・口座振替で支払いができる
・家族で割引を受けられるサービスがある
・節約モード・データ繰り越しが地味に便利
・日本全国各地に実店舗が充実している
・選べるプランの種類が少ない
・データシェアができない
・au回線プランのみしか提供していない
・一部プランに契約期間がある
・LINEのID検索ができない

キャリアで1万円近く支払っている方などは、2年縛りの解約金を支払って乗り換えたとしても数ヶ月で元は取れるはず。

他社の格安SIMと比べてプランが良くも悪くもキャリアに近いプランなので、乗り換えてもこれまで通り快適に使いたいという実用性重視の方にはオススメのSIMです。

UQモバイルの回線が気になる方はTry UQ mobileなどで15日間お試しもできるので、まずは一度その快適さを体感してみて納得がいくなら是非検討してみてください。

最大10,000円相当
au Pay残高還元中!
※auまたはpovoからの乗り換えは対象外

毎月のスマホ料金を安くしたい方は、ぜひプロに無料相談ください!

キシュヘン

ネットで色々なスマホプランを調べても、結局どのプランが自分に合っているのか迷いますよね。

そんな方は、直接プロに相談するのも手段の1つ!

モバレコの運用する「キシュヘン」であれば、チャットで最短3分と手軽に相談できるのでおすすめです。

しかも相談手数料は無料、営業活動も一切ないため安心して利用できます。

スマホプランに目星がついている方もぜひ一度、活用してみてはいかがでしょうか!

この記事を書いた人(編集:モバレコ編集部)

とくめい

とくめい

(自称)格安SIMアドバイザー・LCCトラベラー

プロフィール

沖縄在住の(自称)かわいい鹿。スマホやタブレットなどのモバイルガジェットをはじめ、格安SIMの料金や速度比較、初心者向けのハウツー記事などを執筆しています。格安SIMを20枚以上契約しており、様々な利用用途から最適な料金プランを提案します。

LCCや高速バスを使って安く・お得に全国各地へ旅をするのが趣味。個人ブログ「Creator Clip」や、モバレコ以外の外部メディアには旅行やお出かけ情報に関する記事も書いています。

得意カテゴリー

スマホレビュー・格安SIM・初心者向け記事など

ブログ・SNS

Creator Clip
https://creatorclip.info/
Twitter(@tokumewi)
https://twitter.com/tokumewi/
Instagram(@to9mewi)
https://www.instagram.com/to9mewi/

メディア実績

【テレビ】

  • 沖縄ローカル番組「こきざみプラス」にゲスト出演(2016/12/04)

特集コンテンツ

d-card

d-card

Let's Share!

  • Twitter シェアアイコン
  • facebook シェアアイコン
  • はてなブックマーク シェアアイコン
  • Pocket シェアアイコン