カテゴリ: UQ mobile

auからUQモバイルへの乗り換え

auからUQモバイルへの乗り換えで後悔しないために!MNPの手順やメリット・デメリットを解説

格安SIM」への乗り換えをお考え中のauユーザーの方には、「UQモバイル」への乗り換えが特にオススメです。
UQモバイルは数ある格安SIMブランドの中でもその通信品質・速度に高い定評があり、同じく高品質なauからの乗り換えであってもストレスなく移行できます。

また、iPhoneをはじめとするauで購入したほとんどのスマホ端末がそのままUQモバイルのSIMを使えるため、導入の手間も他の格安SIMブランドと比べて格段に簡単です。

そんなauからUQモバイルへ乗り換える手順は以下の通り。

■ auからUQモバイルへ乗り換える手順

今回の記事では、UQモバイルに興味があるauユーザーの方に向けて、auとUQモバイルの関係性をはじめ、auからUQモバイルへ乗り換える際のメリットと注意点、お得なキャンペーンなどをご紹介します!

- UQモバイル -

UQ親子応援割 受付中!

UQmobile 18歳以下と家族がおトク UQ親子応援割

18歳以下と家族のスマホ代がおトクに!

くりこしプランM +5G くりこしプランL +5G
データ量 / 月 15GB 25GB
月額料金 2,728円 3,828円
UQ親子応援割適用後の
月額料金(1回線目)
2,178円
(-550円)
3,058円
(-770円)
UQ親子応援割適用後の
月額料金(2回線目以降)
990円
(-1,738円)
1,870円
(-1,958円)

※ 価格はすべて税込み
※ ()内の料金は月額料金からの割引額

2回線目以降なら、
月15GBが1年間月額990円

auからUQモバイルへ乗り換える手順

auからUQモバイルへMNPで乗り換える手順

auの電話番号をそのままUQモバイルへの乗り換えを行いたい場合、MNP(ナンバーポータビリティ)の手続きもあわせて行わなくてはなりません。ここではそのMNPも含めた乗り換え手順を紹介します。

■ auからUQモバイルへ乗り換える手順

手順1. 利用する端末がUQモバイルで対応しているか確認

利用する端末がUQモバイルで対応しているか確認
UQモバイル公式サイト[5]

まずは利用する予定の端末がUQモバイルで動作確認済みの端末なのかどうかを確認しましょう。

auで購入した端末であれば基本的にUQモバイルでも使うことができますが、動作確認済み端末でない場合正常に動作しない場合があります。

UQモバイルのSIMが使える端末は公式サイトの「動作確認端末一覧」から確認できますので、事前に必ずチェックしておいてください。

また、テザリングを利用予定の方は同じページにてテザリングの利用可否も確認できます。

手順2. 申し込みに必要なものを用意する

次に、auからUQモバイルへの申し込みに必要なものを用意します。申し込みに必要なものは以下の通りです。

■ 乗り換えの際に必要なもの

  • 連絡のとれるメールアドレス
  • 本人確認書類(運転免許証、パスポート、マイナンバーカード等)
  • 支払いに必要なもの(クレジットカード、口座情報等)

また、名義人が未成年の場合は以下の書類が必要となります。

■ 乗り換えの際に必要なもの(名義人が未成年の場合)

  • 未成年者の本人確認書類
  • 親権者同意書(兼 フィルタリングサービス不要同意)
  • 親権者の本人確認書類

また、契約者と利用者の苗字、もしくは住所が違う場合は戸籍謄本等の家族である証明書が必要となりますので、ご注意ください。

手順3. UQモバイルへ申し込む

UQモバイルへ申し込む
UQモバイル公式サイト[6]

必要なものが揃ったら、UQモバイルへ申し込みましょう。UQモバイルへは以下のリンクから申し込みが可能です。

SIMのみ乗り換えで
最大13,000円相当キャッシュバック!

UQモバイルの申し込みは店舗や家電量販店、またはオンラインショップから可能です。おすすめは時間や場所に関わらず好きなタイミングで手続きができるオンラインショップです。

auからの乗り換えであればMy auへのログイン後、au IDをUQモバイルに紐付けて引き継ぐ事ができます。

申し込み完了画面に本人確認書類をアップロードするボタンが表示されるので、画面の指示に従い、本人確認書類をアップロードしましょう。

また、口座振替を希望の方はオンラインショップでは申し込みができませんので、UQショップやauショップで手続きを行ってください。

 SIMロック解除が必要な端末もあるので注意!

基本的にauからUQモバイルへ乗り換える場合、SIMロック解除は必要ありませんが、一部の端末でSIMロック解除を要するものがあります。

SIMロック解除が必要な端末についても、「動作確認端末一覧」から確認できるので乗り換え前に確認するようにしましょう。

またau以外の他キャリアで端末を購入した場合は、端末のSIMロック解除が必要になりますのでご注意ください。

手順4. SIM開通手続きをする

UQモバイルへの申し込み完了後、物理SIMの場合は郵送にてSIMカードが送られます。eSIMの場合は即日開通が可能ですが、SIMカードで申し込んだ場合は申し込みから到着まで2~3日ほどかかります。

SIMカードを受け取ったらSIM開通手続きを行います。SIMカードの開通手続きは以下の通りです。

■ SIMカードの開通手続き

  1. 契約後、郵送にてSIMカードを受け取り
  2. 回線の切り替えを実施
  3. SIMカードを端末に差し込む
  4. 発信テスト用番号(111/通話料無料)へ電話をかける
  5. 完了

■ eSIMの開通手続き

  1. 契約後、ウェブサイトまたは電話で電話回線の切り替えを実施
  2. eSIMプロファイルをダウンロード
  3. 発信テスト用番号(111/通話料無料)へ電話をかける
  4. 完了

切り替えが完了するまでの時間は30分程度とお考えください。

手順5. 初期設定をする

利用中の端末をそのままUQモバイルでも利用する場合は、APN(プロファイル)設定が必要です。

ただし、UQモバイルで対応しているiPhone 6s以降のモデルはAPN設定不要で利用開始できますので、iPhoneユーザーの方はSIMの挿し替えのみで完了します。

Android端末は、【設定】の無線とネットワークの【その他設定】 → 【モバイルネットワーク】 → 【高度な設定】から、【APN】もしくは【CPA設定】を選択して設定を行ってください。

設定の場所や設定項目は製品により異なります。詳しくはお手持ちのスマホの取扱説明書をご確認ください。

■設定項目
代表的な設定項目名 設定値
APN名、アクセスポイント名 uqmobile.jp
APN、APN設定 uqmobile.jp
ID、ユーザーID、ユーザー名 uq@uqmobile.jp
Password、パスワード uq
認証タイプ、PPP認証タイプ、暗号タイプ CHAP
APNプロトコル IPv4v6、IPv4/IPv6
APNタイプ default,mms,supl,hipri,dun

※「APN」と「CPA設定」両方の項目がある製品の場合、「APN」で設定してください。

手順6. データの移行をする

auからUQモバイルへ乗り換えの際、端末も変更した場合は前使っていた端末から新しい端末へのデータ移行が必要です。

端末内のデータ移行をするには以下の方法があります。

■ データ移行の方法

  • 方法1. クイックスタートで移行する
  • 方法2. iCloudで移行する
  • 方法3. Googleサービスで移行する
  • 方法4. メーカーアプリで移行する

 方法1. クイックスタートで移行する

iPhoneの場合はクイックスタートでの移行が便利で素速いのでおすすめです。クイックスタートでデータ移行する手順は以下の通りです。

■ クイックスタートでデータ移行する方法

  • 手順1.前に使っていたiPhoneのBluetoothをONにし、新しいiPhoneの電源を入れて近くに置きます
  • 手順2.新しいiPhoneのWi-Fi もしくはモバイルデータ通信ネットワークに接続します
  • 手順3.Face ID または Touch ID を設定します
  • 手順4.データの転送方法を選択します
  • 手順5.データの移行が終わるまで、2 台のデバイスを電源に繋いだまま近くに置いておきます

クイックスタートは置いておくだけでデータ移行が完了するので便利な移行方法です。データ移行には時間がかかる場合があるので、注意しましょう。

 方法2. iCloudで移行する

iPhoneの場合は、iCloudでバックアップを取りデータ移行をする方法もあります。iCloudでデータ移行する手順は以下の通りです。

■ iCloudでデータ移行する方法

  • 手順1.新しいiPhoneでクイックスタートと同じ初期状態にします
  • 手順2.「手動で設定」を選択します
  • 手順3.新しいiPhoneのWi-Fi もしくはモバイルデータ通信ネットワークに接続します
  • 手順4.Face ID または Touch ID を設定します
  • 手順5.「iCloudバックアップから復元」を選択します
  • 手順6.Apple IDでiCloudにサインインします
  • 手順7.画面に沿って移行手続きを始めます

iCloudは容量によって料金が発生するので、無料でデータ移行したい方はクイックスタートがおすすめです。乗り換え前にApple IDやパスワードも確認しておきましょう

 方法3. Googleサービスで移行する

Googleフォトやドライブ等、Googleサービスにデータを保存しておいて他のデバイスでもデータを確認できるようにしておく方法もあります。

Googleアカウントでログインし、アプリを開くだけでデータを確認できるのでPC等でもデータを確認したい場合はおすすめです。

 方法4. メーカーアプリで移行する

Androidは、メーカーが出している専用アプリを利用してデータ移行ができる場合もあります。

SHARP等の端末メーカーでアプリを出している他、auやdocomo等のキャリアでもデータ移行アプリを提供しているのでぜひ確認してみてください。

SIMのみ乗り換えで
最大13,000円相当キャッシュバック!

【後悔しない!】auからUQモバイルへ乗り換えるデメリット・注意点

auからUQモバイルへ乗り換える前に確認すべきデメリット

auからUQモバイルへの乗り換えにあたってのデメリット・注意点は以下の通りです。

■ auからUQモバイルへ乗り換えるデメリット・注意点

デメリット ・無制限プラン・データ通信専用プランはない
・auスマートバリュー・家族割プラスの対象外になる
・auのメールアドレスに月額330円かかる
・auから乗り換えの場合キャッシュバックがもらえない
・最新の端末がセットで購入できない
・auは日割りでの支払いができない

乗り換え前に利用用途や状況によって乗り換えをした方がいいのか、他の格安SIMブランドへの乗り換えの選択肢がないかどうかを今一度確認する必要があります。

デメリット1:無制限プラン・データ通信専用プランはない

auからUQモバイルへ乗り換える前に確認すべきデメリット
au公式サイト[7]

UQモバイルのプランの中で、最もデータ量が多いのは「くりこしプランL +5G」の25GBです。通信量が規定を超えると通信制限の対象になってしまいます。

■ UQモバイルの料金プラン

くりこしプランS+5G くりこしプランM+5G くりこしプランL+5G
データ量 / 月 3GB 15GB 25GB
月額料金 1,628円 2,728円 3,828円
通信制限時の最大速度 最大300Kbps 最大1Mbps

※価格はすべて税込

一方のauでは「使い放題MAX」などの通信量に上限がない無制限プランが用意されています。

毎月の通信量が25GBを超えるような方はauでの契約を継続した方が快適に利用できる、ということです。

UQモバイルに無制限データはありませんが、「くりこしプランM/L +5G」であれば通信制限時の最大速度は最大1Mbpsです。

最大1Mbpsあれば、ウェブの利用や一部のSNSの利用であれば問題なく使えるので実質無制限とも言えます。

デメリット2:auスマートバリュー・家族割プラスの対象外になる

auスマートバリュー・家族割プラスの対象外になる
au公式サイト[8]

auは、auひかりなど固定インターネット回線契約とセットになる「auスマートバリュー」や、家族がauスマホを持っている場合の「家族割プラス」などの割引キャンペーンを行っています。

例えば3人家族で固定回線にauひかりを契約している方の場合、auだと1,100円×3人(家族割プラス)と1,100円または550円×3人(auスマートバリュー)で毎月最大6,600円の割引が受けられます。

UQモバイルに移行した場合、「auスマートバリュー」や「家族割プラス」の対象外になるため注意が必要です。

この割引金額の差は家族の人数が増えるほど開いていくため、ネット回線や家族まとめての割引を最大限利用したい!という方には、割引額の差からあまりお得にならない可能性もあるでしょう。

デメリット3:auのメールアドレスに月額330円かかる

auを契約中はauのキャリアメール(@ezweb.ne.jp / @au.com)はオプション料金がかからずに使えていたかと思います。

ですが、UQモバイルに乗り換えた先でもauのキャリアメールを利用したい場合は、auの「auメール持ち運び」という月額330円のオプションを申し込む必要があります

また、UQモバイルのメールアドレス(@uqmobile.jp)を利用したい場合も月額220円の料金が発生します。

有料のメールサービスを利用したくないという方は、gmail等のフリーアドレスのご利用をおすすめします。

デメリット4:auから乗り換えの場合キャッシュバックがもらえない

auスマートバリュー・家族割プラスの対象外になる
UQモバイル公式サイト[4]

UQモバイルでは、現在SIMのみのご契約で最大13,000円のau PAY残高が還元されるキャンペーンを実施中です。

ですが、auまたはpovoから乗り換えの場合は対象外となるため、キャッシュバックを受け取ることができません。

新規の場合は最大6,000円分のau PAY残高が還元されるので、少し面倒ですがauを一度解約してUQモバイルを新規で契約すれば、キャッシュバックを受け取ることが可能です。

デメリット5:最新スマホがセット購入できない

auスマートバリュー・家族割プラスの対象外になる
au公式サイト[9]

iPhone等の新シリーズが発売した場合、au等のキャリアであればいち早く予約販売を開始しますが、UQモバイルでは日にちが経たないと取り扱いを開始しません

現状、2022年9月に発売が開始された最新の「iPhone 14シリーズ」はUQモバイルで販売していません。

型落ちスマホであれば端末セットでの購入が可能ですが、最新のスマホをUQモバイルで購入したいという方はご注意ください。

また、端末は他のキャリアで購入してSIMのみUQモバイルで運用することも可能です。

デメリット6:auは日割りでの支払いができない

auからUQモバイルに月途中で乗り換えた場合、UQモバイルへの支払いは日割りで請求されますが、auの月額料金は日割りでの支払いではなく満額で支払う事になります

できるだけ損のないタイミングで乗り換えできるよう、乗り換え時期には注意するようにしましょう。

SIMのみ乗り換えで
最大13,000円相当キャッシュバック!

auからUQモバイルへ乗り換えるメリット

auからUQモバイルへ乗り換えるメリット

auは大手キャリアとして品質の高いサービスを提供していますが、そこからUQモバイルに乗り換えると、以下のようなメリットが受けられます。

■ auからUQモバイルへ乗り換えるメリット

メリット auよりも料金が安い
格安SIMの中でも通信速度が安定している
節約モードで速度制限を回避できる
くりこしプランM/L +5Gなら実質無制限で利用できる
使っている機種そのままで乗り換えられる
テザリングが無料で使える
au ID・au PAYを引き継ぐことができる
「自宅セット割」でauひかり・WiMAXとのセット割ができる
auからUQモバイルへの乗り換え手数料が無料

メリット1:auよりも料金が安い

auスマートバリュー・家族割プラスの対象外になる
au公式サイト[1]

格安SIMというだけあって、毎月の利用料金はauよりもUQモバイルの方が安く設定されています

現在提供しているそれぞれの料金表は以下の通りになります。

■auの料金プラン

データ容量 月額料金 各種割引適用時※1※2
使い放題MAX4G/5G 無制限 7,238円 4,928円
使い放題MAX4G/5G
Netflixパック
無制限 8,338円 6,028円
使い放題MAX4G/5G
DAZNパック
無制限 8,338円 6,028円
使い放題MAX4G/5G
テレビパック
無制限 9,108円 6,798円
使い放題MAX 5G
with Amazonプライム
無制限 8,008円 5,698円
使い放題MAX 5G
ALL STAR パック
無制限 9,988円 7,678円
ピタットプラン4G/5G
(新auピタットプランN)
~7GB 6,765円 4,928円
~4GB 5,115円 3,278円
~1GB 3,465円 2,178円

※価格はすべて税込
※1 使い放題MAX各種…au PAY カードお支払い割・家族割プラス(3人以上)・auスマートバリュー適用時
※2 ピタットプラン 4G LTE/5G…2年契約N・家族割プラス(3人以上)・auスマートバリュー適用時

■ UQモバイルの料金プラン

データ容量 月額料金 自宅セット割適用時
くりこしプランS+5G 3GB 1,628円 990円
くりこしプランM+5G 15GB 2,728円 2,090円
くりこしプランL+5G 25GB 3,828円 2,970円

※価格はすべて税込

auのように無制限プランはありませんが、UQモバイルの料金プランは3GB~25GBのデータ容量から選ぶことができます。

自分の利用するデータ量に合わせて乗り換えれば、auよりも大幅に料金を抑えることができます

「毎月のランニングコストを下げたい」という人は、UQモバイルの方がauよりも安く、容量の大きいプランを契約できるでしょう。

メリット2:格安SIMの中でも通信速度が安定している

格安SIMの中でも通信速度が安定している
UQモバイル公式サイト[1]

UQモバイルはauのサブブランドの位置づけです。回線品質が高く、他の格安SIMと比べて繋がりやすさや回線速度に定評があります。

■ 格安SIM 通信速度ランキング 総合トップ5

今月のダウンロード速度 今月のアップロード速度
1位 UQモバイル 130.00Mbps 10.56Mbps
2位 mineo(タイプA) 66.12Mbps 9.31Mbps
3位 OCN モバイル ONE 65.67Mbps 15.28Mbps
4位 LINEMO 51.89Mbps 9.97Mbps
5位 IIJmio(タイプA) 48.79Mbps 10.49Mbps

※参考:格安SIM速度ランキング

計測した格安SIM14回線のうち、下り速度での最新の総合ランキングではUQモバイルがダウンロード速度124.00Mbpsで1位となっています。

大手キャリアから格安SIMへ乗り換えをしたユーザーからは「繋がりづらい」「速度が遅い」という不満がよく聞かれますが、UQモバイルであればそのような心配はありません。

メリット3:節約モードで速度制限を回避できる

UQモバイル 学割
UQモバイル公式サイト[1]

UQモバイルは最大速度を意図的に300kbps(くりこしプランM/Lなら1Mbps)に制限する「節約モード」があります
この節約モードを使うと設定時のデータ使用量を大幅に節約することができ、データの使い過ぎによる速度制限を回避できます。

さらに、節約モードの有効中は、TwitterやFacebookなどの特定のSNSの利用時のデータ消費量がゼロになるという付加機能があり、SNSを長時間利用する方には大変有用な機能です。

高画質動画の再生やゲームなどの高速通信が必要なときだけ節約モードを解除するという使い方がおすすめです。。

また、くりこしプランM/L +5Gの場合は節約モード時の最大速度が1Mbpsと、通信速度としては中速でスマホを利用することができます。テキストメインのSNSやWeb検索程度であれば困らないので、うまくデータ容量を節約することができます。

■ UQモバイルの料金プラン

くりこしプランS+5G くりこしプランM+5G くりこしプランL+5G
データ量 / 月 3GB 15GB 25GB
節約モード時の最大速度 最大300Kbps 最大1Mbps

メリット4:くりこしプランM/L +5Gなら実質無制限で利用できる

速度制限後も最大1Mbpsで利用できる
UQモバイル公式サイト[1]

UQモバイルは「くりこしプランM +5G」もしくは「くりこしプランL +5G」であれば、データ容量を超過した速度制限後も最大速度1Mbpsの実質無制限で利用できます。

最大1Mbpsであれば、LINEなどでのメッセージはもちろんのこと、音楽のストリーミング再生や一般的なネット検索も可能です。

■ 最大速度1Mbpsでできること

メール・LINE:テキストのみであれば問題なし
Web検索:問題なし
SNS:文章メイン(Twitter等)の利用であれば問題なし
動画視聴:標準もしくは低画質であれば問題なし

速度制限後も上記のサービスであれば問題無く利用できるので、最大3,828円で実質無制限のように利用することができます。

メリット5:使っている機種そのままで乗り換えられる

格安SIMへの乗り換えを行うにあたって、スマホのSIMロック解除が必要になるケースが多いです。

しかしUQモバイルはau回線を使用するため、auで購入した端末のほとんどがSIMロック解除不要で使用できます

正確には2017年8月以降に発売された端末が対象となっており、利用中の端末がその対象であるかはUQモバイルの「動作確認端末一覧」で確認してください。

ちなみに、ご利用中のauスマホがSIMロック要解除端末であったとしても、au契約中であればネットを介して簡単かつ無料でSIMロックを解除できます

自身での操作が困難な場合や、譲渡・中古購入品を利用している、auを解約済みの端末である場合は最寄りのauショップへ行き、SIMロックを解除してもらいましょう。ただし、その場合は3,300円の手数料が発生する点のみご注意ください。

.header-follow-linecv{ position: fixed; top: 79px; z-index: 100; background-color: #fff5ef; width: 100%; min-height: 36px; display: none; left: 0; } .header-follow-linecv .text{ text-align: center; margin: 6px 33px 6px 10px; } .header-follow-linecv .text .text_inner .txt-img{ width: 100%; max-width: 320px; } .header-follow-linecv .text .text_inner a { text-decoration: none; } .header-follow-linecv .text .text_inner a p:hover { opacity: 0.5; transition: all .3s; } .header-follow-linecv .text .text_inner a p{ color: #ffffff; } .header-follow-linecv .text p.close{ position: absolute; right: 10px; top:6px; } @media only screen and (max-width: 767px){ .header-follow-linecv{ top: 50px; } }

この記事を書いた人(編集:モバレコ編集部)

モバレコ編集部

モバレコ編集部

スマホ、ケータイ、docomo、au、ソフトバンク、格安SIMに関する総合情報メディア「Mobareco-モバレコ」の記事コンテンツの制作を監修。スマホのレビュー、サービス解説、ライフハックからトラブルシューティングガイドなどの幅広いジャンルのコンテンツディレクションを手掛ける。『スマホをもっとわかりやすく。もっと便利に。』ユーザー目線に沿ったコンテンツを発信中。Twitter:@mobareco_jp

Let's Share!

  • Twitter シェアアイコン
  • facebook シェアアイコン
  • はてなブックマーク シェアアイコン
  • Pocket シェアアイコン