auからUQモバイルへの乗り換えで後悔しない!MNPの手順やメリット・デメリットを解説

書いた人: モバレコ編集部

カテゴリ: UQ mobile

「格安SIM」への乗り換えをお考え中のauユーザーの方には、「UQモバイル」への乗り換えがとくにオススメです。

UQモバイルは数ある格安SIMブランドの中でもその通信品質・速度に高い定評があり、同じく高品質なauからの乗り換えであっても違和感なく移行できます。

また、iPhoneをはじめとするauで購入したほとんどのスマホ端末がそのままUQモバイルのSIMを使えるため、導入の手間も他の格安SIMブランドと比べて格段に簡単です。

今回の記事では、UQモバイルに興味があるauユーザーの方に向けて、auとUQモバイルの関係性をはじめ、auからUQモバイルへ乗り換える際のメリットと注意点、お得なキャンペーンなどをご紹介します!

最大10,000円相当
au Pay残高還元中!
※auまたはpovoからの乗り換えは対象外

UQモバイルの
お得なキャンペーン情報

自宅セット割登場!
割引適用で3GB/990円~

UQモバイル
  • 料金据え置きでeSIMと5Gに対応!「くりこしプラン +5G」開始!
  • 「オンラインショップ おトク割」で対象機種が最大22,000円引!
  • オンラインショップ限定!SIMのみ契約で最大10,000円相当au Pay残高還元!

目次:

UQモバイルはauのサブブランド!

UQモバイルはauのサブブランド!
UQモバイルはauのサブブランド!

UQモバイルは、auの親会社であるKDDIの傘下グループである「UQコミュニケーションズ」から提供されています。

この2ブランドはいわゆる兄弟にあたる関係性です。同じ通信回線事業としてはauをメインブランドとし、UQモバイルはサブブランド(子会社)として展開されています。

「格安SIM事業者」は自前の回線を持っているわけではありません。au系、ドコモ系、ソフトバンク系いずれかの通信回線をそれぞれから借りる形でサービスを提供しています。

「どれくらいの規模で回線を借りているか」でサービスの品質に如実な差が現れます。

この点、auのサブブランドである「UQモバイル」は優先的にauの回線の割り当てを受けているため、他の格安SIMブランドよりも回線品質・速度の良いサービスが定評です。

UQモバイルは、その他のau系格安SIM事業者とは違い、大手キャリアに近いサービスだといえるのです。

「自宅セット割」でauひかりとのセット割ができるように!

自宅セット割

2021年9月2日よりUQモバイルにて「自宅セット割」が開始されました。

すでに「でんきセット割」というauでんきまたはUQでんきとのセット割引サービスは開始していましたが、2021年9月からはauひかり等のインターネットサービスとのセット割引を受けられるようになります。

UQモバイルの自宅セット割は、電気契約とネット契約どちらとセットにするか選択することになりますが、今までの「ネット回線とのセット割がない」というデメリットが解消されたことになります。

これによって、さらにauからUQモバイルへ乗り換えやすくなったといえるのではないでしょうか。

auからUQモバイルへ乗り換える際のメリット

auからUQモバイルへ乗り換える際のメリット
auからUQモバイルへ乗り換える際のメリット

auは大手キャリアとして品質の高いサービスを提供していますが、そこからUQモバイルに乗り換えると、以下のようなメリットが受けられます。

■auからUQモバイルへ乗り換えるメリット

  • auよりも料金が安い
  • auのサブブランドなので繋がりやすく速度も出やすい
  • 使っている機種そのままで乗り換えられる(SIMロック解除不要)
  • テザリングが無料で使える
  • au ID・au WALLETポイントを引き継ぐことができる
  • auからUQモバイルへの乗り換え手数料が無料

①:auよりも料金が安い

格安SIMというだけあって、毎月の利用料金はauよりもUQモバイルの方が安く設定されています。

現在提供しているそれぞれの料金表を用意しましたのでチェックしてみましょう。

■auの料金プラン

データ容量 月額料金 各種割引適用時
※1※2
使い放題MAX
4G/5G
無制限 7,238円 4,928円
使い放題MAX
4G/5GNetflixパック
無制限 8,338円 6,028円
使い放題MAX
4G/5Gテレビパック
無制限 9,108円 6,798円
使い放題MAX 5G
with Amazonプライム
無制限 8,008円 5,698円
使い放題MAX 5G
ALL STAR パック
無制限 9,988円 7,678円
ピタットプラン
4G/5G
(新auピタットプランN)
~7GB 6,765円 4,928円
~4GB 5,115円 3,278円
~1GB 3,465円 2,178円

※価格はすべて税込
※1 使い放題MAX各種…au PAY カードお支払い割・家族割プラス(3人以上)・auスマートバリュー適用時
※2 ピタットプラン 4G LTE/5G…2年契約N・家族割プラス(3人以上)・auスマートバリュー適用時

■UQモバイルの料金プラン

データ容量 月額料金 自宅セット割適用時
くりこしプランS
+5G
3GB 1,628円 990円
くりこしプランM
+5G
15GB 2,728円 990円
くりこしプランL
+5G
25GB 3,828円 2,090円

※価格はすべて税込

UQモバイルにて提供中の「くりこしプラン +5G」には25GBの大容量プランが用意されています。

無制限プランはauしか契約できませんが、月額料金は高くなります。「そこまで使わないので毎月のランニングコストを下げたい」という人は、UQモバイルの方がauよりも安く、容量の大きいプランを契約できるでしょう。

②:auのサブブランドなので繋がりやすく速度も出やすい

UQモバイルはauのサブブランドの位置づけです。回線品質が高く、他の格安SIMと比べて繋がりやすさや回線速度に大きなアドバンテージがあります。

2020年3月にMMD研究所が大手格安SIM事業者9社を対象に行った通信速度調査が行われました。

東京・大阪・名古屋の主要3都市でのダウンロード速度において、全日全時間帯の平均が46.2Mbpsと調査対象の中でもっとも高速であるとの結果が出ています。

また、中央値においても39.2Mbpsと最高の数値をマークしています。これは常に安定した高速通信が可能であることを示しています。(参考:「2020年3月格安SIM・格安スマホ通信速度調査」)

また、モバレコ独自で計測している「格安SIM速度ランキング」でも常に好成績を出しています。

大手キャリアから格安SIMへ乗り換えをしたユーザーからは「繋がりづらい」「速度が遅い」という不満がよく聞かれますが、UQモバイルであればそのような心配はありません。

 通信容量無制限の節約モードも便利

通信容量無制限の節約モードも便利
通信容量無制限の節約モードも便利

UQモバイルは通常時で最大225Mbpsのダウンロード通信が可能です。その最大速度を意図的に300kbps(くりこしプランM/Lなら1Mbps)に制限する「節約モード」があります

この節約モードを使うと設定時のデータ使用量を大幅に節約することができ、データの使い過ぎによる速度制限を回避できます。

さらに、節約モードの有効中は、TwitterやFacebookなどの特定のSNSの利用時のデータ消費量がゼロになるという付加機能があり、SNSを長時間利用する方には大変有用な機能です。

また、制限中の300kbpsという速度は、LINEなどでのメッセージはもちろんのこと、音楽のストリーミング再生や一般的なネット検索も可能。高画質動画の再生やゲームなどの高速通信が必要なときだけ節約モードを解除するという使い方がオススメです。

このモードの切り替えはiPhone、Androidの各アプリストアからダウンロードできる「UQ mobileポータルアプリ」から簡単に切り替えることができます。

③:使っている機種そのままで乗り換えられる(SIMロック解除不要)

格安SIMへの乗り換えを行うにあたって、スマホのSIMロック解除が必要になるケースが多いです。

しかしUQモバイルはau回線を使用するため、auで購入した端末のほとんどがSIMロック解除不要で使用できます

正確には2017年8月以降に発売された端末が対象となっており、利用中の端末がその対象であるかはUQモバイルの専用ページで確認してください。

UQ mobile(格安スマホ/SIM) 動作確認端末一覧:こちら

ちなみに、iPhoneであれば5s以降の端末はすべてSIMロック解除不要です。

 ただしau契約中に無料でSIMロック解除推奨

ご利用中のauスマホがSIMロック要解除端末であったとしても、au契約中であればネットを介して簡単かつ無料で解除できます

自身での操作が困難な場合や、譲渡・中古購入品を利用している、auを解約済みの端末である場合は最寄りのauショップでの解除が可能です。

■SIMロック解除を行う
必要なもの ショップ:本人確認書類、手数料3,300円
オンライン:なし(無料で手続き可能)
手順
(オンラインの場合)
1. 「SIMロック解除のお手続き」へアクセス
2. 画面上の「SIMロック解除のお手続き(My au)」を選択
3. 「My au」へログイン※
4. 「SIMロック解除可否」から解除の可否を確認
5. 購入日上部のチェックボックスを選択し、画面下部の「次へ」を選択
6. 解除の理由を選択し、「この内容で申し込む」を選択

※My auでの手続き可能時間は9:00~21:30

④:テザリングが無料で使える

テザリングが無料で使える
テザリングが無料で使える

パソコンやタブレットをスマホからの電波でインターネットに接続する「テザリング機能」は、auの一部のプランでは月額利用料金に500円程度かかります。

しかし、UQモバイルであれば契約プランに関わらずこのテザリング機能が無料です。

また、先述の節約モードであれば、通信速度自体は低速であるもののデータ消費がなく無制限に利用できるというメリットもあります。

⑤:au ID・au WALLETポイントを引き継ぐことができる

UQモバイルであれば、au IDを引き継ぐことが可能なので、「au WALLETポイント」やアプリストアやショッピングサイトでの支払いを、UQ mobileのご利用料金にまとめることができる「かんたん決済」も引き続き利用することが可能です。

auの解約に伴ってau WALLETポイントを使いきってしまう必要もないので、ポイントが貯まっている人には安心して乗り換えが可能です。

UQモバイルの契約をau IDに登録する方法・手順はこちらをご参照下さい。

⑥:auからUQモバイルへの乗り換え手数料が無料

2021年2月より、「契約解除料」「番号移行手数料」「新規事務手数料(UQ mobileでは、SIMパッケージ料金)」)といったauからUQモバイルへの乗り換えにかかる手数料が無料になりました。

当面の間は上記の手数料を一度支払うことにはなりますが、翌月以降、移行先の利用料金から割引されるという流れです。

これにより、グループ会社であるauとUQモバイル間の乗り換えにも発生していた契約解除料やMNP転出料がかからなくなったので、乗り換えのハードルがぐっと下がったことになります。

auからUQモバイルに乗り換える際のデメリット

UQモバイルに乗り換える際の注意点
UQモバイルに乗り換える際の注意点

ここまでUQモバイルへの乗り換えのメリットを述べて参りましたが、乗り換えにあたってのデメリット・注意点も存在します。

UQモバイルにはないプランや、au解約時にかかる費用など、利用用途や状況によって乗り換えをする意義があるか、他の格安SIMブランドへの乗り換えの選択肢がないかどうかを今一度確認する必要があります。

■UQモバイルに乗り換える際のデメリット

  • 無制限プラン・データ通信専用プランはない
  • auのメールアドレスが使えなくなる
  • auスマートバリュー・家族割プラスの対象外になる
  • LINEのID検索が使えなくなる

①:無制限プラン・データ通信専用プランはない

UQモバイルのプランの中で、もっともデータ量が多いのは「くりこしプランL +5G」の25GBです。通信量が規定を超えると通信制限の対象になってしまいます。

一方のauでは「使い放題MAX」などの通信量に上限がない無制限プランが用意されています。

毎月の通信量が25GBを超えるような方はauでの契約を継続した方が快適に利用できる、ということです。

また、音声通話機能のないプランとして「データ高速プラン」「データ無制限プラン」がありましたが、2021年3月31日をもって新規受付を終了しています。

音声通話機能は不要でもっと月額料金を安くしたい!という料金重視の方は、通信品質にブレがあるかもしれませんがMVNO各社の提供している格安SIMの方が適しているでしょう。

②:auのメールアドレスが使えなくなる

auを契約すると、無料でauのキャリアメール(〇〇@ezweb.ne.jpまたは〇〇@au.com)が付与されます。UQモバイル乗り換えにあたってauの契約が解除されるとこれらキャリアメールは消滅し、以降使用不能になります。

解約後もキャリアメールを維持する方法は現状ではないため、キャリアメールを日常から使用している方は、メールアドレスの変更連絡や登録サービスの情報変更操作が必須です。

Googleの「Gmail」やYahoo!の「Yahoo! mail」をメインで利用している場合は、とくに問題はないでしょう。

ちなみにUQモバイルにもキャリアメールである「〇〇@uqmobile.jp」がありますが、利用には220円の月額利用料がかかります。

③:auスマートバリュー・家族割プラスの対象外になる

auは、auひかりなど固定インターネット回線契約とセットになる「auスマートバリュー」や、家族がauスマホを持っている場合の「家族割プラス」などの割引キャンペーンを行っています。

例えば3人家族で固定回線にauひかりを契約している方の場合、auだと1,100×3人(家族割プラス)と1,100円または550円×3人(auスマートバリュー)で毎月最大6,600円の割引が受けられます。

UQモバイルだと自宅セット割適用で、858円(くりこしプランLの場合)×3人で最大2,574円の割引になります。

この割引金額の差は家族の人数が増えるほど開いていくため、ネット回線や家族まとめての割引を最大限利用したい!という方には、割引額の差からあまりお得にならない可能性もあるでしょう。

④:LINEのID検索が使えなくなる

格安SIMの特徴的なデメリットとして挙げられるのが、LINEの年齢認証に関わる機能が使えなくなることです。

そもそも年齢認証(それに関わるID検索)は、大手キャリアのMy docomoやMy auといったシステムとLINE株式会社が連携していることで使える機能。

UQモバイルはLINEとシステムの連携をしていないため、auからUQモバイルへ乗り換えることでID検索が使えなくなってしまうのです。

UQモバイルへ移行してからは、QRコードやふるふるといった代わりの方法を使うようにしましょう。

auからUQモバイルへの乗り換えがおすすめの人

ここまで解説してきたauからUQモバイルへ乗り換える上でのメリット・デメリットを踏まえ、UQモバイルへ乗り換えた方がお得になるのは以下のような人です。

■auからUQモバイルへ乗り換えるのがおすすめの人

  • auよりもスマホ代を安くしたいが、通信品質は落としたくない人
  • auと同等の厚いサポート、サービスを受けたい人
  • 大手キャリア以外を使うのが不安な人
  • 月間25GBで収まる使用量の人

UQモバイルへ乗り換えるにあたって一番大きなポイントは、やはりauよりも料金が安くなることです。

auの大容量プランをフル活用するのは正直難しいですし、ほとんどのスマホユーザーはデータ使用量20GB以内で収まっているというデータも出ているので、auでのスマホ代より料金を安くしたい方にはUQモバイルがおすすめです。

また、UQモバイルの料金は格安SIM寄りの安価なプランですが、通信品質や店舗サポートなどのサービス面はauのサブブランドというだけあり、オンラインでの手続きが不安なユーザーでも安心して使えるようになっています。

「大手キャリア以外を初めて使うので不安」「料金は安くしたいけどサービス面は大丈夫?」と不安な方は、契約期間や違約金のないUQモバイルをまず使ってみるのがおすすめです。

最大10,000円相当
au Pay残高還元中!
※auまたはpovoからの乗り換えは対象外

auからUQモバイルへ乗り換えた人の口コミ・評判

auからUQモバイルへ乗り換えた人の口コミ・評判
auからUQモバイルへ乗り換えた人の口コミ・評判

ここでは、UQモバイルに乗り換えをした実際のユーザーの口コミ・評判をTwitterからピックアップしました。全体として繋がりやすさや速度に満足をしている、肯定的な意見が多く見られました。

UQモバイルの通信速度に関して評価は高いようです。また、節約モードの使い勝手にも満足している声が見られました。

auからUQモバイルへMNPで乗り換える手順

auからUQモバイルへMNPで乗り換える手順
auからUQモバイルへMNPで乗り換える手順

auの電話番号をそのままにUQモバイルへの乗り換えを行いたい場合、MNP(ナンバーポータビリティ)の手続きもあわせて行わなくてはなりません。ここではそのMNPも含めた乗り換え手順を紹介します。

使うスマホがUQモバイルで対応しているか確認

まずは使う予定のスマホがUQモバイルで使えるのか、動作確認済みの端末なのかどうかを確認しましょう。

auで購入したスマホなら基本的にUQモバイルでも使うことができますが、動作確認済み端末かどうかを確認しなかった場合、UQモバイルへ乗り換えた後でスマホが使えないことが発覚することがあります

UQモバイルのSIMを使えるという確認がされている端末は公式サイトの「動作確認端末一覧」から確認ができますので、事前に必ずチェックしておいてください。

また、テザリングを利用予定の方は同じページにてテザリングの利用可否も確認できます。

UQモバイルへ申し込む

UQモバイルの申し込みは店舗や家電量販店、またはオンラインショップから可能です。おすすめは時間や場所に関わらず好きなタイミングで手続きができるオンラインショップです。

auからの乗り換えであればMy auへのログイン後、au IDをUQモバイルに紐付けて引き継ぐ事ができます。

この際、MNP予約番号は発行せずに「auから乗り換え」から申し込みに進んでください。そうすることでau IDやお客様情報、au WALLETポイントを引き継ぐことができます。

申し込み完了画面に本人確認書類をアップロードするボタンが表示されるので、画面の指示に従い、本人確認書類をアップロードしましょう。

また、口座振替を希望の方はオンラインショップでは申し込みができませんので、UQショップやauショップで手続きを行ってください。

回線切り替えの手続きをする

my UQ mobile」にログインし、回線切り替えの手続きをします(オンライン申し込みの場合)。

■回線切替手順

  1. my UQ mobile IDとパスワードを入力しログイン
  2. 「お申し込み状況一覧」をクリック
  3. 「回線切替」をクリック
  4. 「実行」をクリック
  5. 切替完了

切り替えが完了するまでの時間は30分程度とお考えください。

自分で回線切替の手続きを行わなかった場合、MNP予約番号の有効期限切れを防ぐため、SIMカードを発行した日の7日後に自動的に回線切替が行われます。早めに切替手続きは完了しましょう。

SIMカードを挿し替え、初期設定・データの移行をする

利用中の端末をそのままUQモバイルでも利用する場合はAPN(プロファイル)設定が必要です。

ただし、UQモバイルで対応しているiPhone 6s移行のモデルはAPN設定不要で利用開始できますので、iPhoneユーザーの方はSIMの挿し替えのみで完了します。

Android端末は、【設定】の無線とネットワークの【その他設定】 → 【モバイルネットワーク】 → 【高度な設定】から、【APN】もしくは【CPA設定】を選択して設定を行ってください。

設定の場所や設定項目は製品により異なります。詳しくはお手持ちのスマホの取扱説明書をご確認ください。

■設定項目
代表的な設定項目名 設定値
APN名、アクセスポイント名 uqmobile.jp
APN、APN設定 uqmobile.jp
ID、ユーザーID、ユーザー名 uq@uqmobile.jp
Password、パスワード uq
認証タイプ、PPP認証タイプ、暗号タイプ CHAP
APNプロトコル IPv4v6、IPv4/IPv6
APNタイプ default,mms,supl,hipri,dun

※「APN」と「CPA設定」両方の項目がある製品の場合、「APN」で設定してください。

初期設定が終わったら、事前にバックアップしておいた電話帳や写真データを復元しましょう。

auからUQモバイルへ乗り換える際に気になる疑問点

auからUQモバイルへ乗り換える際に気になる疑問点

auからUQモバイルへ乗り換える際に確認しておきたい疑問点にお答えしていきます。

Q.auからの乗り換えで適用できるキャンペーンはある?

A.ほとんどのキャンペーンがauから乗り換えは対象外です。

UQモバイル オンラインショップの目玉といえばキャッシュバックキャンペーンですが、「au・povoを除く他社からのMNP」という適用条件になっており、プランの割引キャンペーンが開催されていた際にも同様の条件になっていました。

ですのでauから電話番号を引き継いで乗り換えるMNPの場合、キャンペーンは適用できないと考えた方がいいかもしれません。

店舗で行われる独自キャンペーンは各店でさまざまですので、希望のショップで確認しましょう。

Q.auからUQモバイルへ乗り換えるベストなタイミングは?

A.契約更新月または月末がおすすめです。

auからUQモバイルへの乗り換えは契約解除料がかからないので、いつ乗り換えてもいいように思えますが、キャッシュバックキャンペーン等を適用したい場合は乗り換えのタイミングに注意が必要です。

auユーザーがこれらのキャンペーンを適用する場合は、auからのMNP(番号移行しての乗り換え)ではなく、auを純粋に解約し、新規でUQモバイルに申し込むという方法をとる事でキャンペーン適用対象になることができます。

ここでの注意点として、auの電話番号を引き継ぐのではない「解約」になると、旧プランなら最大10,450円、2019年10月以降に開始したプランなら1,100円の違約金がかかります。

ただ、auの現行プランであれば2年契約対象外となりますので、それらのプランへプラン変更した後に解約手続きをすれば、違約金なしで解約も可能です。

現行プランへ変更後に解約 → UQモバイルへ乗り換える際、auでは変更後のプラン契約が始まるのは翌月からとなります。

月末に申請した場合は翌々月からになる可能性がありますので、auの解約は翌月以降がおすすめ

加えてau解約月の料金は、月半ばで解約しても1か月分満額でかかってしまいますので、こ、解約完了が月末に近い方が無駄に支払いが発生せずスムーズでしょう。

Q.auからUQモバイルへ乗り換える際に機種変更はできる?

A.可能です。乗り換え時にスマホを購入できます。

UQモバイルではiPhoneをはじめ、お手頃なスマホを販売しています。

iPhoneならau認定中古品のiPhone 8などを格安で購入できますので、ぜひチェックしてください。

Q.UQモバイルは口座振替もできるの?

A.可能です。

ただし、オンラインショップは口座振替では申し込みができません。

申し込み時に口座振替を選択したい場合は店舗で申し込むようにしましょう。

UQモバイル利用開始後であれば、my UQ mobileの「支払方法の変更」から支払い方法の変更手続きができ、「クレジット」もしくは「口座振替」を選択できます。

まとめ

UQモバイルはauのサブブランドとしての位置づけであるため、他の格安SIM事業者とは違いau回線を優先的に利用することができ、高い品質のサービスを提供しています。

月額料金もauより安く、auの端末をそのまま流用ができるため、auからの乗り換え先としてはこの上ない選択肢だといえます。

ただし、無制限プランでも、常に速度制限には気を配らなくてはならないというデメリットはありますが、意図的に通信速度を抑える「節約モード」の搭載など、欠点をカバーできます。

この記事を参考にUQモバイルへの乗り換えをぜひ検討してみてください。

最大10,000円相当
au Pay残高還元中!
※auまたはpovoからの乗り換えは対象外

また、auからUQモバイルに乗り換えた際に、キャリアの補償がなくなってしまいますが、スマホの補償サービスを検討中、まだ加入されていない人はモバイル保険といった補償サービスの加入を検討してみてはいかがでしょうか?

毎月700円、年間最大10万円で3端末までの補償が可能なモバイル端末に特化した保険サービスです。

モバイル保険

具体的には、「外装破損」、「損壊」、 「水濡れ全損」、「故障」、「盗難」などで発生する修理費用について年間最大10万円の補償が可能になります。

スマホは2年、3年と毎日長く使うもの、うっかり落として画面が破損してしまった、水没してしまって動かなくなってしまったなど、トラブルはつきものです。

そんな、スマホの修理や補償が気になる!という人は月700円で年間最大10万円の補償ができるモバイル保険がおすすめです。

また、国内で人気のiPhoneといった高額なスマホを購入する際も、安価なモバイル保険に入っておくと安心です。

モバイル保険の特徴

・月額700円で3台まで
・SIMフリースマホやiPhoneを購入する人におすすめ
・年間で最大10万円の補償
・機種ごとではなく契約者に紐づく保険なので、機種変更しても安心

毎月のスマホ料金を安くしたい方は、ぜひプロに無料相談ください!

キシュヘン

ネットで色々なスマホプランを調べても、結局どのプランが自分に合っているのか迷いますよね。

そんな方は、直接プロに相談するのも手段の1つ!

モバレコの運用する「キシュヘン」であれば、チャットで最短3分と手軽に相談できるのでおすすめです。

しかも相談手数料は無料、営業活動も一切ないため安心して利用できます。

スマホプランに目星がついている方もぜひ一度、活用してみてはいかがでしょうか!

この記事を書いた人(編集:モバレコ編集部)

モバレコ編集部

モバレコ編集部

スマホ、ケータイ、docomo、au、ソフトバンク、格安SIMに関する総合情報メディア「Mobareco-モバレコ」の記事コンテンツの制作を監修。スマホのレビュー、サービス解説、ライフハックからトラブルシューティングガイドなどの幅広いジャンルのコンテンツディレクションを手掛ける。『スマホをもっとわかりやすく。もっと便利に。』ユーザー目線に沿ったコンテンツを発信中。Twitter:@mobareco_jp

特集コンテンツ

d-card

d-card

Let's Share!

  • Twitter シェアアイコン
  • facebook シェアアイコン
  • はてなブックマーク シェアアイコン
  • Pocket シェアアイコン