カテゴリ: UQ mobile

UQモバイルの節約モードを徹底解説!実際に使ってみた速度感と共にレビュー

「今月も使いすぎて速度制限にかかってしまった…」と毎月のデータ量に悩んでいる皆さんに朗報です!

UQモバイルでは高速通信と低速通信を切り替えできる「節約モード」が付いており、データ通信量の使いすぎを防止できます。

この記事では、UQモバイルの節約モードを実際に使ってみて、どうやって高速モードと切り替えるのか、節約モード時はどんなことが出来るのかなどを解説します。

-安定した通信速度の格安SIM!-

UQモバイル

UQモバイル

★ UQモバイルのおすすめポイント

  • au回線で安定した通信速度
  • 余ったデータは翌月に繰り越しができる
  • テザリング・eSIMが無料
  • 月額データ量を節約できる「節約モード」がある
  • 口座振替で支払いができる
  • でんき・ネットと契約でお得な「自宅セット割」がある

オンラインショップからの申し込みで最大15,000円分のau PAYをキャッシュバック中

UQモバイルの節約モードを使えばデータを消費しない!

UQモバイル 節約モード
UQモバイル公式サイト[1]

UQモバイルで現在新規契約ができる「くりこしプラン +5G」には「節約モード」というデータ消費をゼロにできる機能があります。

節約モード適用中は最大速度が300kbpsまで制限されてしまいますが、月間データ量を温存しておきたい時にとても便利です。

なお、通常時の通信状態は「高速モード」と呼ばれています。

UQモバイルではこの節約モードと高速モードをこまめに使い分けることによって、速度制限を上手に回避できます。

節約モードでは最大300kbpsで使い放題

節約モード使用時の最大速度300kbpsは、インターネットの速度としてはやや低速です。

この300kbpsという速度がどんな作業であれば問題ないのか、または難しいのかをまとめてみました。

300kbpsあれば問題ない作業 300kbpsでは難しい作業
・メールやSMS、LINEのテキストメッセージ・テキスト中心のウェブサイト表示
・radiko
・YouTube(最低画質または音声のみの動画)
・TwitterなどSNSのテキスト表示
・Googleマップ(初回ロード時に時間が掛かる)
・Spotifyなどの音楽ストリーミング(低音質のみ)
・SNS、ウェブサイトでの画像表示
・LINEの音声、ビデオ通話
・YouTube(中画質以上)
・Netflixなどの動画ストリーミング
・Spotifyなどの音楽ストリーミング(高音質)
・オンラインゲーム

テキストの表示や音声のみの再生であればほぼストレスなく利用可能でしょう。

画像や動画の読み込みをする場合、最低画質または音声のみの視聴になり、1枚の画像を読み込むにも数秒~数十秒待たされることになるため、ある程度割り切って使うことになります。

「くりこしプランM・L +5G 」なら節約モードでも最大1Mbpsで使い放題

先にご紹介した節約モードの最大速度300kbpsは、速度制限時の最大速度が300kbpsであるくりこしプランS +5Gの場合。

UQモバイルのプランのうち、月間データ容量が中・大容量の「くりこしプランM +5G 」「くりこしプランL +5G 」なら、節約モード時でも最大1Mbpsで使えます

節約モードと速度制限時の最大速度は同じ。つまりM・Lどちらかのプランなら、速度制限にかかっても、結果的に節約モードと同じくデータ消費ゼロで使い続けられるということです。

M・Lのプランなら節約モードに切り替えなくても使い放題感覚で使うことができますが、UQモバイルには「データ繰り越し機能」があるので、毎月のデータ容量の上限に余裕を持っておきたい方はM・Lプランでも節約モードの活用がおすすめです。

ここで、1Mbpsで快適な作業、難しい作業についてもまとめました。

1Mbpsあれば問題ない作業 1Mbpsでは難しい作業
・メールやSMSでのテキストメッセージ
・LINEのメッセージ・音声通話
・ウェブサイト表示
・radiko
・YouTube(中画質)
・Twitter、InstagramなどSNS
・Googleマップ
・Netflixなどの動画ストリーミング(低画質)
・Spotifyなどの音楽ストリーミング
・オンラインゲーム(処理が重くないもの)
・LINEのビデオ通話
・ショッピングサイトなど画像の多いウェブサイトの表示
・YouTube(高画質以上)
・Netflixなどの動画ストリーミング(高画質以上)
・オンラインゲーム(シューティングやアクション)

前述の節約モード(くりこしプランS +5G)では難しかったLINEの音声通話や、画像表示を伴うSNSの利用も1Mbpsであれば問題なく利用できます。

また、動画再生も中画質程度であれば途中で止まることなくスムーズに視聴できますよ。

なお、オンラインゲームについてはゲームのジャンルに左右され、シューティングやアクションなど画面の動きが激しいものについては厳しいところがあります。

UQモバイルで節約モードに切り替える方法

では実際にUQモバイルで節約モードに切り替える方法を確認していきましょう。切り替えはパソコンまたはスマホのアプリから行えます。

<節約モードの切り替え方法>

  • 【パソコン】UQモバイルデータチャージサイトの場合
  • 【スマホ】UQモバイルポータルアプリの場合

【パソコン】UQモバイルデータチャージサイトの場合

まずはデータチャージサイトにアクセスし、my UQ mobile IDとパスワードを入力してログインします。

UQモバイルデータチャージサイト
UQモバイル公式サイト[2]

ログインに成功すると回線登録情報や、基本データ残量などが確認できます。右側にある「ターボ機能」のスイッチを押すと高速モードと節約モードを切り替えられます。

UQモバイルターボ機能のON/OFF
UQモバイル公式サイト[2]

スイッチを押した瞬間からすぐに切り替わるので、利用シーンに応じてこまめに切り替えるのも苦になりません。

【スマホ】UQモバイルポータルアプリの場合

続いてはUQ mobile ポータルアプリを使って切り替えてみましょう。普段から使用しているAndroid版で説明していきます。

ちなみに、以下からiOS版、Google play版のUQ mobile ポータルアプリをダウンロードできます。

アプリ情報
アプリ名 UQ mobile ポータルアプリ
UQ mobile ポータルアプリ
開発 UQ Communications Inc.
価格 無料
ダウンロード appStoreでダウンロードgooglePlayで手に入れる
UQ mobile ポータルアプリ
UQモバイル公式サイト[3]

ポータルアプリの使用には、au IDもしくはmy UQ mobile の登録が必要です。アプリから直接飛べるのでまだの方は登録を済ませてからログインしましょう。

ログイン情報が正しく入力されていればマイページが表示されます。

UQ mobile ポータルアプリ
UQモバイル公式サイト[3]

ホーム画面を開くと、データ残量の下にあるスイッチを押すことで高速モードと節約モードを切り替えることができます。

SIMのみ乗り換えで
最大15,000円相当キャッシュバック!

UQモバイルの節約モードで普段通りスマホを使ってみる

節約モードの状態だと実測値でどれくらいの通信速度が出るでしょうか。高速モードと比較してみました。測定条件は以下の通りです。

測定場所 沖縄県 那覇市周辺
測定時間帯 平日(朝)7時~8時
測定方法 Speedtest.net
測定機種 au Xperia ZL2 SOL25
調査方法 ping・上り・下りを連続で3回ずつ計測。

測定結果はこのようになりました。節約モードではほぼ公式の規制値の数値が出ていました。

UQモバイル スピードテストアプリUQモバイル スピードテストアプリ
SPEEDTEST[4]
ping 上り 下り
高速モード:1回目 106ms 12.87Mbps 3.61Mbps
高速モード:2回目 59ms 10.72Mbps 3.53Mbps
高速モード:3回目 64ms 12.83Mbps 2.75Mbps
高速モード:平均値 76ms 12.14Mbps 3.29Mbps
節約モード:1回目 64ms 0.21Mbps 0.24Mbps
節約モード:2回目 71ms 0.18Mbps 0.15Mbps
節約モード:3回目 64ms 0.21Mbps 0.18Mbps
節約モード:平均値 66ms 0.2Mbps 0.19Mbps
UQモバイル バースト転送が有効になっている
SPEEDTEST[4]

特に注目してほしいのが下りの数値の下にあるグラフ。これは最初の1~2秒間だけ高速通信が使えるバースト転送が働いている証拠です。

この機能があるおかげで節約モードでも体感速度を向上してくれます。正式にバースト転送に対応していると発表していないため、今後無くなってしまう可能性もあります。

SIMのみ乗り換えで
最大15,000円相当キャッシュバック!

ウェブサイト:画像が多くなければ問題なし

以下は300kbpsの速度で、モバレコのトップページを表示した様子を動画で撮影したものです。

ワイ画像が多いと読み込みに時間がかかる

画像の多いページだと初回読み込み時に時間が掛かり、テキストやページ装飾だけ先に読み込まれました。画像が少ないページだともう少し早く表示されると思います。今回は送受信最大300kbpsの状態のため、くりこしプランM・L +5Gの方はもう少し速くなると思います。

ツイッターからの口コミを見る限り、やはり文字のみのSNSやウェブサイトの閲覧であれば、支障なく閲覧できるようです。

300kbpsと1Kbpsでは使用感が変わってくるので、「くりこしプランM/L +5G 」に加入されている方は問題なくサイト閲覧ができるかと思います。

SNS:文字メインのSNSなら問題なし

SNSでも画像表示は遅いSNSでも画像表示は遅い
節約モードでTwitterやFacebookを表示

300kbpsの場合、Twitterやfacebookなどの文字メインのSNSは画像の読み込み以外であれば支障なく閲覧することができます。

高速モードほどとはいかなくとも、普段通り閲覧する分には不便がないという声も。

一方で、画像や動画がメインとなるInstagramやYouTubeは読み込みに時間がかかる声が多く見られます。

SNSを利用する場合は高速モードと節約モードをうまく使い分けて、月のデータ量を調節するようにしましょう。

Google map:300Mbpsでもスムーズ

Google Mapは初回の読み込みに時間がかかる

Google Mapは300kbpsだと初回読み込み時に時間が掛かりますが、一度キャッシュしてしまえばある程度の範囲はスムーズに読み込みました。

1Mbpsの節約モードであれば、問題なく利用できるようです。読み込みが遅いと困りがちな地図アプリですが、データ量が気になる場合は節約モードでの利用もおすすめです。

YouTube:画質によっては問題なく視聴できる

低速モードでもYoutube動画再生が可能なのか?

最後は1番重たそうなYouTubeの視聴。300kbpsでは動画のサムネイルでも全部表示されるのに10秒近く掛かりました。

動画自体は標準画質(360P)では再生出来なかったものの、最低画質にしてみるとちゃんと再生出来ました。

1Mbpsの節約モードであれば、高画質は厳しいですが、標準画質なら問題なく視聴できるようです。

データ消費量の多いYouTubeも節約モードで普段通り見ることができれば、節約モードがあることで実質無制限のような状態になります。

SIMのみ乗り換えで
最大15,000円相当キャッシュバック!

UQモバイルで高速モードにした方がいい場合

・画像検索
・Instagram
・YouTubeなどの動画サイト閲覧
・画像や動画が多いページ
・クラウドストレージへのダウンロード、アップロード
・アプリのインストールやアップデート
・OSアップデート

画像や動画を多く閲覧する場合、ファイルは高速モードにするかWi-Fiを利用して再生した方が高画質で安定した視聴ができますね。

アプリのアップデートやインストールなども通信量が大きく、節約モードだと1つのアプリをインストールするのに30分以上掛かることも。

UQモバイルを無制限感覚で使うなら、「自宅セット割」がおすすめ!

UQモバイル 自宅セット割
UQモバイル公式サイト[5]

節約モードと高速モードを上手く使い分けられれば、UQモバイルだけでも十分快適に使えます。

しかし、データの残量を気にすることやこまめな切り替えを面倒に感じる人には、光回線やホームルーターなどとの併用もおすすめです。

UQモバイルでは、対象の新電力またはインターネット契約の双方を契約かつ条件を満たしているユーザーに、くりこしプラン +5Gが1回線あたり最大858円の料金割引される「自宅セット割」を展開中です。

■インターネットコース対象サービス
光サービス ・au ひかり(@nifty、@T COM(アットティーコム)/ASAHIネット/au one net/BIGLOBE/DTI、So-net)
・auひかり ちゅら
・コミュファ光
・eo光
・ピカラ光
・メガエッグ
・BBIQ
光コラボレーションサービス ・ビッグローブ光
・So-net光
・@nifty光
・@T COM(アットティーコム)ヒカリ
・ひかりゆいまーる
・ひかりJ
ケーブルテレビ ・J:COM
・提携先ケーブルテレビ
※地域ごとの対象ケーブルテレビはこちら
ルーターサービス ・auスマートポート
・ホームルータープラン
・WiMAX 2+ フラット for HOME(2019年12月25日受付終了)
・au ホームルーター 5G
・ホームルータープラン 5G
WiMAX ・UQ WiMAX
・YAMADA air mobile WiMAX
・BIC WiMAX
・ワイヤレスゲートWiMAX+5G
・EDiON
・PC DEPOT
・KT WiMAX
・とくとくBB
・Broad WiMAX
・カシモWiMAX
・Vision WiMAX
・EX WiMAX
・hi-ho
・泉佐野 WiMAX

自宅セット割を適用すると、UQモバイルの料金が以下のように大幅に安くなります。

【自宅セット割適用時の料金】

くりこしプランS
+5G
くりこしプランM
+5G
くりこしプランL
+5G
基本月額料金 1,628円 2,728円 3,828円
自宅セット割
割引額
638円 638円 858円
割引後の
月額料金
990円 1,900円 2,700円

※価格はすべて税込

自宅セット割による割引は期間限定ではなく永年受けられ、家族を含めた最大10回線までのUQモバイル契約に適用されます。

家族複数人で適用できれば年間で数万円単位の節約も可能であるため、UQモバイルのデータ量だと不安がある節約モードは面倒という人はぜひ検討してみましょう。

SIMのみ乗り換えで
最大15,000円相当キャッシュバック!

まとめ:スマホの利用シーンに応じて使い分けてみよう

節約モードにすると遅くて使い物にならないと思われがちですが、軽いウェブサイト閲覧など用途を分ければ十分利用することができます。

通信速度が遅くて我慢できない場合は、無理せず高速モードを活用するか、全国のコンビニなどにあるフリーWi-Fiスポットを活用してみましょう。

また、自宅にインターネット回線を契約してUQモバイルの負担を減らす方法も、速度制限を回避するには有効です。

その際はUQモバイルの契約に割引が受けられる「自宅セット割」対象のサービスがおすすめです。

速度制限でお悩みの方は、速度制限がされるその前に節約モードを試してみてはいかがでしょうか。

SIMのみ乗り換えで
最大15,000円相当キャッシュバック!

この記事の参考・引用サイト

[1]
UQモバイル公式サイト
[2]
UQモバイル公式サイト
[3]
UQモバイル公式サイト
[4]
SPEEDTEST
[5]
UQモバイル公式サイト

この記事を書いた人(編集:モバレコ編集部)

とくめい

とくめい

(自称)格安SIMアドバイザー・LCCトラベラー

プロフィール

沖縄在住の(自称)かわいい鹿。スマホやタブレットなどのモバイルガジェットをはじめ、格安SIMの料金や速度比較、初心者向けのハウツー記事などを執筆しています。格安SIMを20枚以上契約しており、様々な利用用途から最適な料金プランを提案します。

LCCや高速バスを使って安く・お得に全国各地へ旅をするのが趣味。個人ブログ「Creator Clip」や、モバレコ以外の外部メディアには旅行やお出かけ情報に関する記事も書いています。

得意カテゴリー

スマホレビュー・格安SIM・初心者向け記事など

ブログ・SNS

Creator Clip
https://creatorclip.info/
Twitter(@tokumewi)
https://twitter.com/tokumewi/
Instagram(@to9mewi)
https://www.instagram.com/to9mewi/

メディア実績

【テレビ】

  • 沖縄ローカル番組「こきざみプラス」にゲスト出演(2016/12/04)

Let's Share!

  • Twitter シェアアイコン
  • facebook シェアアイコン
  • はてなブックマーク シェアアイコン
  • Pocket シェアアイコン