UQモバイルの無制限SIMはどれだけ使える?500Kbpsの世界はこんな感じ

書いた人: とくめい

カテゴリ: ガイド, 格安SIM

タグ:

ツイート このエントリーをはてなブックマークに追加
UQモバイルの無制限SIMはどれだけ使える?500Kbpsの世界はこんな感じ

申し込みガイドはこちら

格安SIMが普及してから爆発的に増えたのが「月間通信量が無制限の使い放題プラン」。通信量を気にせず使えることもあり、口コミを通じて利用者が徐々に増えてきています。そんな数多くある無制限SIMの中でも特にオススメなのがUQモバイルのデータ無制限プランです。

UQモバイルといえば音声通話とコミコミの「おしゃべりプラン」や「ぴったりプラン」などがメジャーになってきていますが、データ通信が多い方には「無制限プラン」を選ぶほうが使い勝手がいいかもしれません。

無制限プランは、月額の使用データ容量に制限がない代わりに、通信速度は他のプランが下り225Mbpsなのに比べ、500Kbpsと低速になっています。このデータ無制限プラン500Kbpsはどれくらい使えるのでしょうか?

今回は実際にUQモバイル無制限プランを利用して上下500Kbpsの速度はどれくらい使えるのか、どんなことが出来るのかを試してみました。契約を検討している方の参考になれば幸いです。

>>UQmobile公式サイトはこちら

目次:

通信量が無制限のSIMとは

スマホの料金プランは多くのプランで1ヶ月につき◯GBまで使用できるデータ通信量が決まっています。昔は大手キャリアだと7GBまでが一般的でしたが、最近では20GB・30GBの大容量プランも登場しています。

格安SIMの場合、大容量プランを提供している会社はまだまだ選択肢が少なく、1GB~10GB程度のプランがほとんど。近年ではYouTubeやAbemaTVなどの動画ストリーミング配信サービスが普及しているため、月末まで持たない方も多いのではないでしょうか。

無制限プランであれば大量に通信しても速度制限に掛かることがないため、コンテンツを思いっきり楽しむことができます。ギガが足りない!とお悩みのあなたには無制限プランがオススメです。

通信容量が足りない

無制限でも高速と低速がある

無制限プランには大きく分けて「高速」と「低速」の2種類に分かれており、それぞれメリットとデメリットがあります。

「高速プラン」のメリットとデメリット

メリット

・動画ストリーミングやアプリのダウンロードなども素速く読み込める
・低速プランより沢山の通信量が使えてお得

デメリット

料金が高くなる
・使いすぎると制限が掛かる

U-mobile PremiumやDTI SIM使い放題プランなどの無制限プランでは、通常プランと同じく高速通信が使えるタイプです。

低速プランと比べると通常速度で通信できるため、動画視聴やアプリの更新なども行えますが、混雑する時間帯や使いすぎてしまうと通信速度が遅くなることもあるため注意が必要です。料金は3,000円弱~4,000円程度と低速プランと比べて値段が高くなります。

「低速プラン」のメリットとデメリット

メリット

・高速プランより料金が大幅に安くなる(数百円から利用可能!)
・解約したスマホを格安で再利用可能
・用途を割り切って使えばバースト機能ですぐ読み込みが終わる

デメリット

・常時速度制限に掛かった状態のため、画像や動画の読み込みに時間が掛かる
・アプリの更新などはいつまで経ってもダウンロードが終わらない

楽天モバイルのベーシックプランやロケットモバイルの神プランなどの低速プランは、通信速度が上下最大200Kbpsに制限された状態で使い放題になるタイプです。安いものではワンコイン以下で契約できるので手軽に持てる回線として重宝されています。

低速プランでもLINEやSNSなどのテキスト中心のやり取りや、raidkoなどのインターネットラジオ放送、Spotifyなどの音楽ストリーミングサービスなども問題なく利用できます。バースト機能があるSIMであれば、最初の一定量だけは高速通信が使えるので読み込み時間を短縮してくれます。

通信速度は大きく分けて2種類

UQモバイルの無制限SIM

UQモバイルのデータ無制限は上下最大500Kbpsに制限された状態で使い放題になるプランで、データプランは1,680円、音声通話プランは2,680円と他社の高速プランより安く利用可能です。

値段の安さと通信のバランスが良く、速度が安定して出ているとユーザーからの評価も高いプランです。
高速プランの快適さと低速プランの料金の安さをいいとこ取りしたようなプランで密かに注目を集めています。

UQモバイルのプラン

>>UQmobile公式サイトはこちら

500Kbpsはどれ位の速度なのか試してみた

500Kbpsってどれくらいの速度?

通信速度が上下最大500Kbpsと聞いてもいまいちピンと来ないという方も多いと思うので、実際に筆者もUQモバイルの無制限プランを契約して試してみることに。

500Kbpsってどれくらいの速度?

スピードテストでどれくらい速度が出る?

まずは理論値の上下500Kbpsに近い数値が出ているのかスピードテストアプリを使って通信速度を計測してみました。測定条件は以下の通りです。

測定場所 沖縄県那覇市周辺
測定回線 UQモバイル データ無制限プラン
測定端末 au Galaxy S7 edge SCV33(SIMロック解除済)
測定方法 Speedtest.netを使って3回計測し、平均値を値とする。
備考 朝・昼・夜のうち混雑時の通信速度を計測。

朝8時~9時の通信速度

朝の通勤中にはSpotifyで音楽を聞きながら職場に向かっています。特に音が途切れることも無く高音質で音楽を楽むことができました。通信速度も上下共に理論値以上の数値が出ており快適に使えました。

ping 下り 上り
1回目 96ms 0.52Mbps 0.67Mbps
2回目 100ms 0.55Mbps 0.68Mbps
3回目 89ms 0.53Mbps 0.55Mbps
平均 95ms 0.53Mbps 0.63Mbps

昼12時~13時の通信速度

お昼のランチタイムでは格安SIMの苦手とする時間帯ですが、概ね理論値に近い数値が出ていました。他社の使い放題ではない高速プランと比べても同じくらいの速度へ低下していたため、通信速度の安定感は評判通り良さそうです。

ping 下り 上り
1回目 95ms 0.47Mbps 0.38Mbps
2回目 101ms 0.48Mbps 0.42Mbps
3回目 89ms 0.52Mbps 0.5Mbps
平均 95ms 0.49Mbps 0.43Mbps

夜19時~20時の通信速度

帰宅後のゴールデンタイムでもほぼ理論値通りの数値が出ていました。仕事終わりにはSNSやニュースをチェックしてみましたが、文章が中心のサイトであれば特にもたつきもなく、文章を読んでいるうちに画像が読み込まれていました。

ping 下り 上り
1回目 94ms 0.49Mbps 0.32Mbps
2回目 104ms 0.49Mbps 0.59Mbps
3回目 86ms 0.54Mbps 0.63Mbps
平均 94ms 0.5Mbps 0.51Mbps
通信速度を測る

実際の測定結果をよく見てみると、上下共にグラフが最初だけ跳ね上がる様子が見られます。これがバースト機能と呼ばれるもので、一定量だけは通常速度で通信できるというもの。軽いページであればこの間にほとんど読み込み終わるので体感速度が大きく変わってきます。

アプリのダウンロード速度を計測

より体感速度を知ってもらうために、軽めのアプリをダウンロードして完了までに何分掛かるのか計測してみました。ダウンロードしたのは通信量モニターという8.62MBのアプリです。

ダウンロード完了までに掛かった時間は約3分30秒。ゲームなどの容量が大きなアプリだともっと時間が掛かると思いますが、比較的軽いアプリであればLTE回線でも許容範囲内ではないでしょうか。

YouTube動画を再生してみる

利用頻度の高い人が多いYouTube動画をストリーミングで再生して、途切れずに再生出来る画質がどこまでなのか計測してみました。

混雑時でもHD画質で動画視聴が可能だった
混雑時でもHD画質で動画視聴が可能だった

先ほどの計測で1番遅くなったお昼の時間帯ですが、予想外にもHD画質(720P)でもほぼ途切れず再生出来ていました。通常HD画質で再生するには2Mbps程度の速度が必要だと言われていますが、時間帯などによっては再生できるようです。

念のため夜の時間帯に改めて別の動画を再生してみましたが、この時は720Pだとブツブツ途切れてしまったため、480Pにしたところ途切れずに再生できました。スマホで視聴する分にはこれくらいの画質でも十分綺麗に見えます。

というわけで、上下最大500Kbpsでも画質を落とすことでYouTube動画も問題なく視聴可能でした。

関連記事:

YouTubeで通信制限されないために!スマホのデータ通信量を抑えるテクニックとは

無制限SIMの料金シミュレーション

最後にデータ無制限プランが通常プランと比べてどれだけ節約できるかシュミレーションしてみます。おしゃべりプランやぴったりプランでは通話定額や無料通話が付いているのに対して、データ無制限プランでは通話した分だけ30秒につき20円が掛かります。

通話が少ない方であれば、おしゃべりプランやぴったりプランよりも多くのメリットが受けられます。

  • 月額料金が2,300円安い、ずっと料金が変動しない
  • データ通信量が無制限
  • 最低利用期間が1年間、自動更新ではない
データ無制限プラン
+音声通話プラン
おしゃべりプラン プランL
ぴったりプラン プランL
月額料金 2,680円 4,980円
14ヶ月目以降5,980円
最大通信速度 上下最大500Kbps 下り最大225Mbps
上り最大25Mbps
制限時通信速度 上下最大300Kbps
月間データ通信量 無制限 21GB
26ヶ月目以降は7GB
通話料 30秒20円 おしゃべりプラン:5分以内の通話が何度でも無料
ぴったりプラン:180分/月以内の通話が無料
超過後は30秒20円
最低利用期間・解約金 1年間
9,500円
2年間(自動更新)
9,500円
2年間合計 2,680円×24=64,320円
合計:64,320円
4,980円×13=64,740円
5,980円×11=65,780円
合計:130,520円
差額 -2,300円/月(2年間合計:-66,200円

>>UQmobile公式サイトはこちら

まとめ:ギガが足りないとお悩みのあなたにオススメの格安SIM

UQモバイルのデータ無制限プランはギガが足りなくなる人にオススメの格安SIMです。無制限プランは数多くありますが、理論値通り速度が出ている会社は数が少なく貴重な存在です。

通信速度が上下最大500Kbpsだとしても、あまり期待していなかった動画視聴なども画質を落とせば問題なく視聴できるので、使い方次第では便利に活用できそうです。

アプリのダウンロードや高画質動画の視聴は家のWi-Fiで行うなど、「うまく使い分けが出来る人向け」のSIMだと思いました。

無制限プランですがあまり使いすぎると「混雑回避の為の速度制限(3日間で6GB以上利用時)を実施する」と記載があるため注意して下さい。

うまく使えば、月額料金を大きく節約出来る上に、容量のことを気にせず使えることができます。月末に残容量を気にすること無く使えるのはとても嬉しいですね。
通信容量が足りなくなることが多く「無制限SIM」をご検討中の方は、安定した速度で評判の「UQモバイルの無制限SIM」を試してみて下さい。

モバレコ編集部おすすめ UQモバイル

UQ mobile
  • UQ mobile

    モバレコの速度ランキングで40週以上連続トップを走り続けるau系MVNOの人気プラン。快適な速度で利用したい人におすすめな格安SIMです。かけ放題プランや無料通話付きプランなど、通話料を抑えられるオプションも充実です。

>>UQmobile公式サイトはこちら

申し込みガイドはこちら

こちらの記事はいかがでしたか?

お役に立ちましたか?

送信する

もしよろしければお友達に
ご紹介お願いします!

  • ツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を書いた人(編集:モバレコ編集部)

WEBデザイン・ガジェット・格安SIMなどに興味を示す鹿。大量のモバイル回線を元に沖縄でスピードテストを行っている。各社料金プランを調べたり、Androidのホーム画面をカスタマイズするのが好きです。自身のブログ「Creator Clip」では書きたいことを好きなだけ書いています。Twitter:@tokumewi