カテゴリ: 格安SIM

格安SIM 無制限

データ通信量が無制限のおすすめ格安SIMまとめ! 速度制限なしで使えるって本当なのか?

キャリアで契約するよりも安く使える格安SIM。

ほとんどのプランでは通信容量が設定されているので「動画を観ていたらあっという間に容量制限に引っ掛かってしまった…」という方も多いのではないでしょうか。

大手キャリアでは、高速通信無制限の無欄を各社取り扱っていますが「格安SIMには無制限プランはないの?」と気になっている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そこで今回は、データ無制限プランを提供している格安SIM各社プランの料金・通信速度・速度制限条件をまとめてみました。

しっかり各社のプラン内容を把握した上で、データ無制限プランの契約を検討するようにしましょう。

▼無制限で使える格安SIM一覧はこちら
▼カウントフリーが使える格安SIM一覧はこちら

下記の表は容量別のプランと用途です。
使い放題SIM以外を検討している場合は参照ください。

通信容量(1ヶ月) おすすめの用途
1GB データ容量としては「1GB」と少ないですが、月額料金は各社とも最安で利用することができます。
メールやサイトの閲覧が中心であれば、問題ないデータ容量です。
3GB 格安SIMで主流となっている容量。
SNSやサイト閲覧、LINE通話(極端な長時間通話除く)などの用途であれば問題ない容量で、短時間であれば動画も見られます。
5~6GB キャリアでも取り扱っているデータ容量のため、キャリアからの乗り換えに迷った時にちょうどいいプランです。
テザリングも使いたいなど、データ容量に少し不安な人にも向いています。
10GB 中容量帯のプランを希望の方はこちら。
スマホをそれなりに使うという方、自宅ではWiFiや固定回線を併用する大容量ユーザーにおすすめのプランです。
20GB 無制限ほどは使わないながらも大容量希望の方はこちら。
動画や、アプリ、ゲームなどデータ通信を多様してもたっぷり使えて安心です。
複数人とデータをシェアできるプランもあるので、利用用途が広がるプランです。
使い放題 月に使用するデータ容量を気にしたくない、それに伴い月額料金も気にしたくない人。毎月速度制限に引っかかってしまうという人も、LTEの高速通信が使い放題で利用することができます。

-iPhoneシリーズがキャリア最安値-

楽天モバイル

楽天モバイル

・Android製品が最大30,000ポイント還元

・回線(SIM)のみでも最大25,000ポイント還元

・モバイルWi-Fiの本体価格が1円で購入可能!
 さらに、追加で5,000ポイントも還元

5/11までの期間限定!

iPhone SE(第3世代)・13シリーズの購入なら最大35,000ポイント還元!

目次:

格安SIM(スマホ)の無制限には種類がある

無制限SIMってどうなの?

無制限SIMの魅力はずばり、「データ通信が無制限で使える」こと。利用用途によっては「テザリング用として使う」など様々な使い方ができます。

そんな毎月の通信容量を気にせず利用できる無制限の格安SIMですが、格安SIMで「無制限」というといくつか種類があるのはご存知でしょうか?

ここでは、格安SIMにある「無制限」の種類とその特徴について紹介していきます。

①データ無制限 | データ通信が使い放題

高速なデータ通信を無制限で利用できるのが「データ無制限」です。

現在大手キャリアを中心にプランが展開されており、「高画質動画をたくさん見たい」といったヘビーユーザー向けのプラン・サービス内容といえるでしょう。

そのため、低用量・低価格が中心の格安SIMではほとんどプラン提供されていないのが現状です。

もちろん一部格安SIMには完全無制限のプランがありますが、料金が大手キャリアより高かったり、通信速度に制限がある場合がほとんど。

そもそも無制限プランは料金が高い傾向にあるので、料金を安くしたい方にとっては難点かもしれません。

ただ、高速通信を無制限に使いたい方は、大手キャリアの無制限プランやWiMAXなどのWiFi契約の方が使いやすい可能性があります。

☆データ無制限で使える格安SIM

  • 楽天モバイル

②低速モード | 1Mbps程度の速度で使い放題

格安SIMで主流になっている無制限利用が「低速モード」です。

名称は各社それぞれですが、マイページやアプリでスイッチをオンにすることで200kbps~1Mbps程度の中速に速度を落とす代わりに、データ消費量がゼロになります。

最大1Mbpsという速度は、以下の利用用途であれば問題なく使える程度の速度です。

☆1Mbpsの速度で問題ない使い方

  • 文字主体のWEBサイト観覧
  • YouTubeの視聴(低画質~標準画質)
  • メールの送受信
  • LINEの送受信

上記から、SNSや標準画質程度までの動画視聴といった一般的な使い方をするユーザーであれば満足できるのが、低速モードでの無制限利用といえます。

使い方に合っていれば、「無制限で使える」&「今より料金を安くできる」というメリットを一気に手に入れることができるでしょう。

ただ、一口に低速モードといっても最大1Mbpsで使うには少し高いプランを選ぶ必要があったり低速モード時の速度が200kbpsと超低速の場合もあるので注意が必要です。

☆低速モードで使える格安SIM

  • mineo
  • 楽天モバイル
    ※パートナー回線エリアは5GBを使い切ったら最大1Mbps
  • UQモバイル
  • ワイモバイル
    ※月間のデータを使い切るとシンプルM/Lなら最大1Mbps、シンプルSなら最大30kbps
  • スマホドックモバイル
  • LIBMO

③カウントフリー | 対象サービスが使い放題

YouTubeやSpotifyなど、対象サービス限定でデータ消費ゼロで使い放題になるのが「カウントフリー」です。

カウントフリー対象サービスをよく使っているためにデータ消費がかさんでいる方にぴったりといえるでしょう。

カウントフリーは対象サービスが限られますが、ほとんどの場合プランに制限がないので普段使う以上のプランを契約する必要はありません。

なお、カウントフリーはアプリやサービスが限定されているため、WEBサイト観覧が多い方は上述の低速モードがおすすめです。

☆カウントフリーで使える格安SIM

  • BIGLOBEモバイル
  • LinksMate
  • OCN モバイル ONE

④通話無制限 | 音声通話が使い放題

格安SIMにはデータ通信だけでなく、音声通話の「かけ放題」もあります。

多くは通話オプションを別途追加することで、1回5分以内なら何度でもかけ放題や、1か月間60分以内なら通話料が無料となります。

シニア向けに無制限かけ放題に割引が入る格安SIMもあるので、メイン端末で通話付きで利用したい人にもおすすめです。

今回ご紹介する格安SIMの中で、音声通話のかけ放題を提供しているのは以下になります。

☆かけ放題がある格安SIM(無制限)

  • mineo(月額1,210円)
  • 楽天モバイル(月額無料)※Rakuten Link利用専用
  • UQモバイル(月額1,870円)
  • ワイモバイル(月額1,870円)
  • LIBMO(月額1,430円)
  • OCN モバイル ONE(月額1,430円)

☆かけ放題がある格安SIM(1回10分)

  • mineo(月額550円)
  • UQモバイル(月額770円)
  • ワイモバイル(月額770円)
  • BIGLOBEモバイル(月額913円)※BIGLOBEでんわ利用専用
  • OCN モバイル ONE(月額935円)
  • LinksMate(月額935円)※MatePhone利用専用

☆かけ放題がある格安SIM(1回5分)

  • BIGLOBEモバイル(1回3分:月額913円)※BIGLOBEでんわ利用専用
  • LIBMO(月額550円)

格安SIM(スマホ)で無制限する場合の注意点

格安SIM(スマホ)で無制限する場合の注意点

無制限で利用する場合にいくつかの注意点があります。

無制限で利用したいと考えている方は事前に確認しておきましょう。

▼格安SIMで無制限する場合の注意点

注意点①:完全無制限プランはほぼない

前提として、格安SIMは1~20GBまでの容量を低価格で提供しているので、完全無制限プランはほとんど提供されていません。

昨今は特に「大手キャリア大手キャリア=高速通信無制限」、「格安SIM=低~中容量までで低価格」という傾向が加速しています。

また、格安SIMの20GB以上のプランは料金が高いことが多く、場合によっては大手キャリアより高くなってしまうこともあるためご注意ください。

ただし、第4キャリアの「楽天モバイル」は楽天回線エリアなら無制限が3,278円と格安料金で利用できます。

データ無制限を安く利用したい方は楽天モバイルがおすすめです。

注意点②:使い方によっては無制限だと多すぎるかも

無制限での利用を検討する際、「速度制限にかからないように無制限にしよう」と考える方は多いのではないでしょうか?

ここで注意していただたいのが「何にデータ容量を使っているのか」という点です。

SNSやテキスト中心のWEBサイト観覧が中心なら、低速モードを活用してプラン料金を抑えることができます。

YouTubeなどの動画・音楽サイトやアプリゲームでのデータ消費量が多いなら、カウントフリーでデータ消費を抑えられる可能性があります。

このように、ご自身のスマホの使い方を把握した上で無制限利用を検討することで、より確実にスマホ代金を抑えられるでしょう。

注意点③:1日あたりや3日間の速度制限がある可能性

【低速モード | 1Mbps程度の速度で使い放題】にてご紹介したように、格安SIMにおける「無制限」の主流は速度制限を設けた低速モードです。

加えて、混雑を避け価格を抑えるために「1日や3日間あたり10GB」といった制限のある場合が多いのが現状。

格安SIMで無制限利用する際は条件がある可能性が高いということは把握しておく必要があります。

注意点④:無制限利用できるプランが限定されていることが多い

低速モードやカウントフリーを活用する際、これらのサービスを使えるプランが限られている場合があります。

例)

  • UQモバイル
    …最大1Mbpsで使い放題の対象はくりこしプラン +5G(M/L)のみ
  • ワイモバイル
    …最大1Mbpsで使い放題の対象はシンプルM/Lのみ
  • BIGLOBEモバイル…エンタメフリー・オプションの料金が音声通話SIMは308円、データSIMだと1,078円

このように、毎月使うデータ容量と、無制限利用を考えている格安SIMのプランが適しているかもチェックポイントです。

通信速度が気になるなら、データ通信専用プランで試すのはアリ?

速度計測・比較機材

無制限SIMプランの場合、通信事業者によって下りの最大通信速度に違いがありますが、基本的には高速データ通信低速データ通信の2パターンに分けられます。

無制限とはいえ、どんな時でも高速通信でデータ容量が使い放題というわけでなく、一定期間での上限データ通信量を超えた場合は速度制限がかかってしまったり、低速データ通信では意外とストレスが溜まるケースが多い可能性もあります。

しかし、格安SIMの多くのデータ通信専用プランは、最低利用期間がなく解約時の違約金がかかりません

そのため、実際に使ってみて納得が出来なかった場合、よくある解約時の高額な違約金を支払うことなく解約ができます。

格安SIMへの乗換えを考えている方は、実際に使ってみて自分にあっているのかを試してみるのがいいでしょう。

緊急値下げ!!
スマホ1円セール実施中~!!

LIBMO

moto e7
18,480円
1円!
AQUOS sense4
38,280円
9,900円

大容量バッテリー搭載でコスパ抜群の「moto e7」がLIBMOにて1円で購入できる緊急値下げ!さらに、人気のAQUOS sense49,900円でお得に購入可能です!

LIBMOなら20GBプランがお得!

LIBMOは20GBで1,991円(税込)毎月、利用できるので大容量のプランを使いたい人にもおすすめです。

データ通信が無制限で使えるおすすめの格安SIM(スマホ)

ここでは、データ通信が無制限で使い放題の格安SIMを各社ごとに特徴、おすすめのポイント、プランを抜粋して紹介していきます。

1. mineo(マイネオ)

mineo

au、ドコモ、ソフトバンク回線のトリプルキャリア対応の関西電力グループ、オプテージが提供する格安SIMです。

mineoはユーザーの声がmineo運営に届きやすい点が魅力的です。定期的に通信品質の向上に取り組んでおり、豊富な独自サービスやコミュニティサイト「マイネ王」でのサポート体制にも定評があります。

mineo
引用元:マイネ王

こういった、契約後のサポート面に安心感を持てることから、高い顧客満足度に繋がっているのがmineoの大きな特徴といえます。

なお、2021年6月1日より「パケット放題Plus」として、旧データ使い放題オプションよりグレードアップされた内容で提供され、月額385円で最大1.5Mbpsの速度でデータ使い放題が利用できます。

mineo(マイネオ)はここがオススメ

au、ドコモ、ソフトバンクのトリプルキャリア対応
・フリータンク、マイネ王といったmineo独自のサービスがある
高速・低速通信の切り替えができデータ通信の節約に便利
・データ通信が無制限で使えるオプション「パケット放題 Plus」がある

 mineo(マイネオ)のプラン&パケット放題の料金

mineoのデータ無制限で使えるサービスは、料金プランにプラスして使えるオプション「パケット放題 Plus」になります。(下り速度最大1.5Mbps)

mineoスイッチをONにして最大1.5Mbpsで使えるデータ通信が使い放題・無制限になるオプションサービスで、料金は以下のようになっています。

オプション名 容量 月額料金(税込)
パケット放題 Plus 無制限 385円

注意点として、3日間で10GB以上利用した場合は通信制限になる可能性があります

3日で10GBというのは標準画質の動画を約20時間見ないと超えないデータ量なので、ほとんどの方は問題ないでしょう。

10GB以上のコースを契約中の方はオプション料金が無料で利用できますが、オプションの申し込みは別途必要です。

ネットのブラウジング、SNSサービスをよく利用している方でデータ通信が不安な人、大容量を利用したい人は要チェックです。

現在パケット放題 Plusのオプション料金が最大2カ月無料になるキャンペーンに加えて、デュアルタイププランが3カ月間1,188円割引キャンペーン中!是非チェックしてください。

mineo料金プラン
データ量 デュアルタイプ(音声通話+データ通信) シングルタイプ(データ通信のみ)
1GB 1,298円 880円
5GB 1,518円 1,265円
10GB 1,958円 1,705円
20GB 2,178円 1,925円

※記載の料金は全て税込

お得なキャンペーン実施中!!

mineo

mineo×提携サイト限定
契約事務手数料無料キャンペーン

下記ページからmineoを申し込むと事務手数料3,300円が無料になる限定キャンペーンを実施中!
mineoを検討中の方は今がお得です!

【キャンペーン期間】
2022年2月1日~2022年5月31日

【特典内容】
契約事務手数料を無料といたします。

【適用条件】
期間内にキャンペーン専用サイトより新規でお申し込みされた方

【注意事項】
・キャンペーン専用サイトからの申込に限り適用となります。
・キャンペーンの適用はお申し込み後の契約内容通知書をもってお知らせいたします。
・2022/6/30までにmineoにてお申し込みを承諾できなかった場合、特典が適用されません。
・法人名義の方は適用対象外となります。
・200MBコースは対象外となります。

2. 楽天モバイル

楽天モバイル

楽天モバイルは、これまでドコモ回線・au回線を用いたMVNOとして格安SIMサービスを提供してきましたが、2020年4月8日り楽天回線を用いた携帯キャリアサービスを本格開始しました。

楽天カードでスマホ本体の購入や月々の支払いで楽天ポイントがずっと2倍貯まるため、楽天のサービスをよく利用している方には特におすすめです。

楽天回線以降、「Rakuten UN-LIMIT」プランを発足し、エリア内での利用であれば月々3,278円で高速データ通信対応の音声通話プランを容量無制限で利用することが可能です。

さらに、今までと変わらない料金設定で「Rakuten UN-LIMIT VI」のプランを展開しています。

楽天モバイルはここがオススメ

無制限なら3,278円、1GB未満なら0円で利用できる
・従量課金プランなのでよく使う月、使わない月がある場合に便利
・アプリの利用で通話が無料で利用できる
・楽天ポイントが貯まりやすくなる

 楽天モバイルの料金プラン

現在提供中の「Rakuten UN-LIMIT VI」最大の特徴は無制限なら3,278円、1GB未満なら0円で利用できる所です。

たくさん使うタイミングも、そこそこの利用だった月も、それぞれお得な料金で運用できるのは他社にはないメリットといえます。

Rakuten UN-LIMIT VI
~1GB 0円
~3GB 1,078円
~20GB 2,178円
無制限 ※1 3,278円

※1:パートナー回線エリア:データ容量5GB/月(4/22~)超過後は最大1Mbpsで使い放題

iPhone購入で最大30,000ポイント還元

3. UQモバイル

UQモバイル

auのサブブランドとして安定した高速回線やキャリアに近い料金プランが特徴的な「UQモバイル」。

ベストバイ・オブ・ザ・イヤー受賞やお客様満足度も88%と高い数字を記録しています。

モバレコの通信速度ランキングではワイモバイルに並びトップクラスで速く、料金を安くしたい、でも通信速度は落としたくない、そんなユーザーにぴったりな格安SIMです。

UQモバイルの音声通話プラン「くりこしプランM/L +5G」なら月間のデータ容量を使い切っても、最大1Mbpsの通信速度でそのまま使用することが可能です

また、通常のデータ通信と併用して利用できる「節約モード」で月のデータ量を調節することもできます。

UQモバイルはここがオススメ

くりこしプランM/L +5Gならデータ容量を使い切っても最大1Mbpsで利用できる
・iPhoneでテザリングが利用できる
・データ量を節約できる「節約モード」がある・SMS、テザリング機能が無料で利用できる
データ容量の翌月繰越ができるのでよく使う月、使わない月がある場合に便利

 UQモバイルの無制限で使える料金プラン

●くりこしプランM/L +5G

プラン名 容量 月額料金
くりこしプランM +5G 15GB/月
※最大1Mbps
2,728円
くりこしプランL +5G 25GB/月
※最大1Mbps
3,828円

※データ高速の通信容量が尽きた後、最大1Mbpsの通信速度で利用できる

5/31まで!
学生も家族もおトクな「UQ応援割」受付中!

4. ワイモバイル

ワイモバイル

ソフトバンクのサブブランドとして、通信の安定さに定評がある「ワイモバイル」。

料金プランもシンプル「S」「M」「L」の3つと分かりやすいのが特徴です。

モバレコの通信速度ランキングでは常に上位となっており、格安SIMの通信速度に不安な人はワイモバイルがおすすめです。

無制限で使えるプランとしては「シンプルM」「シンプルL」になり、それぞれ15GB/25GBのデータ通信の容量になっていますが、使い切っても最大1Mbpsの通信速度で利用することが可能です。

ただし、同じくサブブランドのUQモバイルとは違い「低速モード」はないので、

ワイモバイルはここがオススメ

・シンプルM/Lならデータ容量を使い切っても最大1Mbpsで利用できる
・1回10分以内と24時間かけ放題のオプションがある
・契約期間の縛りがない
Yahoo!プレミアムの特典が利用可能
・ソフトバンクのサブブランドの安心感&通信速度が快適

・PayPay関連の特典がアツい

 ワイモバイルの無制限で使える料金プラン

●シンプルM/L

プラン名 容量 月額料金
シンプルM 15GB/月※最大1Mbps 3,278円
シンプルL 25GB/月※最大1Mbps 4,158円

※データ高速の通信容量が尽きた後、最大1Mbpsの通信速度で利用できる

5/31まで!
ワイモバ親子割で990円/3GB~

5. スマホドックモバイル

スマホドックモバイル

スマホドックモバイルはドコモ回線で無制限プランのみ展開している格安SIMです。

スマホドックモバイルの「LTE大容量SIM」は、無制限で月額5,368円。3日で10GBを超えると700kbpsに制限されます。

割引なしで無制限プランを5,368円で利用できるので、大手キャリアよりもスマホ代を抑えられます。

スマホドックモバイルはここがオススメ

・高速データ通信が使える
・一定期間での上限データ通信量が設定されていない

 スマホドックモバイルの料金プラン

●データ通信専用無制限プラン

プラン名 容量 月額料金
ドコモ LTE大容量SIM 無制限 5,368円

6. LIBMO

LIBMO

LIBMOの低速通信の使い放題「なっとくプラン(ライト)」は、200Kbpsの速度で利用することができます。

音声通話SIMには非対応で、データ専用SIMのみ月額528円で利用可能。毎月、安い料金で利用できるので2台目などサブ機の使用におすすめです。

LIBMOはここがオススメ

・低速無制限で利用できる(なっとくプラン(ライト))

 LIBMOの料金プラン

●LIBMOの低速無制限プラン

プラン名 容量 月額料金
なっとくプラン(ライト) 無制限
(200Kbps)
528円(データのみ)

今ならお得なキャンペーン実施中

5GB以下のプランなら、契約事務手数料3,300円が無料!
20GB以上+端末セットなら、月額から最大24ヶ月間550円割引!
20GB以上+音声通話SIMなら、最大12,000円相当のポイント還元!

緊急値下げ!!
端末1円セール実施中!

【番外編】データ通信のみなら「FUJI Wifi」

FUJIWifi

データ通信が無制限、特定のサービスがデータフリーになる格安SIMをピックアップしてきましたが、「別に無制限じゃなくてもデータ通信だけ大容量に使いたい!」と考えてる人には、「FUJI Wifi」をおすすめします。

モバイルWiFiのレンタルサービスで人気のFUJI Wifiですが、データ通信のみのSIMプランも利用することができ、50GB/100GBのデータ通信のプランが用意されています。

データ通信のSIMのみだけであれば、対応のデバイスにSIMを差し替えたり、デュアルSIM対応のスマホでデータ通信だけ大容量のFUJI Wifiにするといった使い方も可能です。

FUJI WifiのSIMプランの料金体系には「デポコミコース」という月額550円を割り引くプランがあります。

初回にデジポット料金として5,000円を支払うことで、解約まで毎月550円割引するといった仕組みになります。

12ヵ月使った場合は、12ヵ月の利用後に最初に支払ったデジポット料金の5,000円が返金され、さらに返金後もずっと解約するまで500円割引され続けます

つまり、1年以上の長期間利用する人はデポコミコースを選んだほうがお得になります。逆に短期契約の場合は通常のコースを選んだほうがいいでしょう。

 FUJI Wifiの料金プラン

プラン名 容量 月額料金
50ギガプラン 50GB/月
(ソフトバンク回線)
3,190円(通常)
2,640円(デポコミコース)
100ギガプラン 100GB/月
(ソフトバンク回線)
4,290円(通常)
3,740円(デポコミコース)

データ通信だけ大容量で使いたいと考えてる人は、ぜひFUJI Wifiをチェックしてみてください。

カウントフリー・データフリーが使えるおすすめ格安SIM(スマホ)

データ通信量が無制限で使える格安SIMをピックアップして紹介してきましたが、ここでは対象のサービスにかかるデータ通信量がフリーで使えるオプション、サービスがあるおすすめの格安SIMを紹介します。

対象のサービスというのは、例えばYouTubeといった動画や、TwitterなどのSNSといったサービス。

これらサービスのデータ通信量がカウントされずに使い放題になるのがカウントフリーのサービスになります。

よく使っているサービスが該当すれば、月々のデータ通信量を節約できるかもしれません。ぜひ参考にしてみてください。

1. BIGLOBEモバイル

BIGLOBE mobile

BIGLOBEモバイルが提供するのは「エンタメフリー・オプション」です。主にYouTubeやApple Musicなどの動画・音楽のサービスのデータ通信がフリーで使えます。

音声通話プランなら308円/月、データ専用プランなら1,078円/月をプラスして利用可能です。

代表的な動画、音楽サービスが対象なのでよく利用する人はおすすめですよ。

対象サービス

・YouTube / AbemaTV / U-NEXT / YouTube Kids

・Google Play Music / YouTube Music / Apple Music / Spotify / AWA / Amazon Music / LINE MUSIC / radiko.jp / らじる★らじる / dヒッツ / RecMusic / 楽天ミュージック / TOWER RECORDS MUSIC

・dマガジン / dブック / 楽天マガジン / 楽天Kobo

・Facebook Messenger

※2022年4月時点。詳細は公式サイトを参照してください。

また、BIGLOBEモバイルではこの「エンタメフリー・オプション」が割引になるキャンペーンなども実施しており、お得に申し込みが可能です。ぜひチェックしてみてください。

 BIGLOBEモバイルの料金プラン

※横にスクロールできます。

音声通話SIM
(タイプD / A)
SMS機能付き
データSIM
(タイプD / A)
データSIM
(タイプD)
1ギガプラン 1,078円
3ギガプラン 1,320円 1,122円 990円
6ギガプラン 1,870円 1,727円 1,595円
12ギガプラン 3,740円 3,102円 2,970円
20ギガプラン 5,720円 5,082円 4,950円
30ギガプラン 8,195円 7,557円 7,425円
エンタメフリー・オプション 308円 1,078円

※価格はすべて税込

2. LinksMate

LinksMate

LinksMateは、ゲームや動画コンテンツSNSの対象サービスの通信量が90%OFFになる「カウントフリーオプション」を550円 / 月プラスで提供しています。

SNSや動画コンテンツの通信量が抑えられるだけではなく、ゲームコンテンツに対応しているところが特徴です。

対象のゲームも増えているので、スマホでゲームすることが多い人はぜひチェックしてみてください。

対象サービス(一部を抜粋)

・荒野行動 / グランブルーファンタジー / 刀剣乱舞 / 剣と魔法のログレス いにしえの女神 / Shadowverse / 怪盗ロワイヤル / アークザラッド R / アイドルマスター SideM / みんゴル / 妖怪ウォッチワールド etc…

・AbemaTV / AWA / niconico / GameWith / AppStore / GooglePlay

・Instagram / Twitter / Facebook

※2022年4月時点。詳細は公式サイトを参照してください。

 LinksMateの料金プラン(一部抜粋)

音声通話+SMS+データ通信 SMS+データ通信 データ通信のみ
500MB 715円 495円 363円
1GB 737円 517円 385円
3GB 902円 682円 550円
5GB 1,210円 990円 858円
10GB 1,870円 1,650円 1,518円
20GB 2,970円 2,750円 2,618円
30GB 3,905円 3,685円 3,553円
40GB 4,840円 4,620円 4,488円

※全て税込み
※プランは100MB~1TBまで提供中

3. OCN モバイル ONE

OCN モバイル ONE

インターネットプロバイダでおなじみのOCNから誕生したOCN モバイル ONE。NTTが大元ということもあり、信頼感が評価されている格安SIMの1つです。

OCN モバイル ONEでは、音楽サービスのデータ通信量がカウントフリーで使える「MUSICカウントフリー」を提供しています。

MUSICカウントフリーは別途サービス利用申し込みが必要ですが、料金は無料で利用できるのが特徴。音楽サービスをよく使う人は要チェックです。

対象サービス

Amazon Music / ANiUTa / AWA / dヒッツ / LINE MUSIC / Spotify / ひかりTVミュージック

※2022年4月時点。詳細は公式サイトを参照してください。

 OCN モバイル ONEの料金プラン

音声対応SIM SMS対応SIM データ通信専用SIM
500MB/月コース 550円
1GB/月コース 770円
3GB/月コース 990円 990円 858円
6GB/月コース 1,320円 1,320円 1,188円
10GB/月コース 1,760円 1,760円 1,628円

※全て税込み

データ無制限で使いたいならモバイルルーターもアリ?

モバイルWiFiルーター パソコン

格安SIMを無制限で利用したいと考えている方の中には、データ専用の2台目としての利用を視野に入れている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

格安SIMというとスマホで使うイメージが強いかもしれませんが、SIMを差し込むタイプのモバイルルーターなら格安SIMでも通信が可能です。

WiFiやWiMAXサービスは端末の購入が必須だったり、契約期間・違約金があったりと面倒な面も少なくありません。

その点、格安SIMのほとんどは契約期間・違約金がなく、使わなくなったスマホや、すでに持っているモバイルルーターにSIMを差し込むことで利用できます。

データ無制限の格安SIMが気になっている方は、モバイルルーター代わりに使うのもおすすめですよ。

無制限の格安SIM(スマホ)についてのQ&A

無制限の格安SIM(スマホ)についてのQ&A

最後に格安SIMで無制限利用をかが得る際に気になる疑問にお答えします。

▼よくある疑問

Q.テザリングを無制限で使える格安SIMはある?

A.あります。

格安SIMではテザリングの通信上限がないことが多く、データ無制限で使える分ならテザリングも無制限で利用できると考えていいでしょう。

ただし、利用する機種によっては格安SIMごとにテザリングが使えない場合もあります。

テザリングを利用予定の方は、格安SIMの公式サイトにある「動作確認済み端末」でテザリングの利用可否も確認しておくと安心ですよ。

Q.速度制限なしで無制限利用できる格安SIMはある?

A.速度制限なしで無制限利用できるのは「楽天モバイル」のみです。

格安SIMで可能な無制限利用は、ほぼ「低速モード」状態になります。

高速通信を無制限で使いたいなら、料金的にもメリットのある楽天モバイル一択といっていいでしょう。

iPhone購入で最大30,000ポイント還元

Q.iPadをデータ無制限で使うならどの格安SIMがいい?

A.データ専用プランのある格安SIMがおすすめです。

iPadには基本的に音声通話機能がないため、より料金の安い「データ通信専用プラン」を提供している格安SIMがおすすめです。

今回ご紹介した中でデータ通信専用プランがある格安SIMをまとめました。

▼データ通信専用プランのある格安SIM

  • mineo
  • LIBMO
  • BIGLOBEモバイル
  • LinksMate
  • OCN モバイル ONE

Q.5Gをデータ無制限で使える格安SIMはある?

A.あります。

格安SIMでも5G対応が進んでおり、以下の格安SIMが5G通信を利用できます。

▼データ通信専用プランのある格安SIM

  • mineo※オプション(無料)加入が必要
  • 楽天モバイル
  • UQモバイル
  • ワイモバイル
  • BIGLOBEモバイル※ドコモ回線のみ
  • LinksMate※オプション(無料)加入が必要
  • OCN モバイル ONE※オプション(無料)加入が必要

Q.ドコモ系の格安SIMで無制限利用ができるところは?

A.6社あります。

今回ご紹介した無制限利用ができる格安SIMの中で、ドコモ回線に対応しているのは以下の6社です。

ドコモ回線は対応している格安SIMが多いので、選択肢が広いのが特徴です。

▼ドコモ回線対応の無制限利用可能な格安SIM

  • mineo
  • BIGLOBEモバイル
  • LinksMate
  • OCN モバイル ONE

中でも、通信品質が良くプラン料金の安い「OCN モバイル ONE」がおすすめです。

OCN モバイル ONEではMUSICカウントフリーを活用する事で、AWAやSpotifyなどのサービスをデータ無制限で利用できます。

Q.au系の格安SIMで無制限利用ができるところは?

A.2社あります。

今回ご紹介した無制限利用ができる格安SIMの中で、au回線に対応しているのは以下の2社です。

ドコモ回線に比べてぐっと少なくなりますが、中でも月額料金の安いmineoがおすすめですよ。

▼au回線対応の無制限利用可能な格安SIM

  • mineo
  • BIGLOBEモバイル

まとめ:自分に合ったプランだと感じたらまずは試してみよう

使い放題プランには低速と高速があり料金や速度制限、特定期間の上限データ利用量などの条件が違うこと、そして通話料金もオプションを利用することでかなり安く抑えることも可能だとわかりました。

利用用途によって申し込みプランとオプションを使い分けることで、便利に使えて料金も節約することが出来そうですね。

さらに、今回は対象サービスのデータ通信がカウントフリー、データフリーで使える格安SIMも紹介しました。対象のサービスをよく使う!といった人は紹介した格安SIMも参考にしてみてください。



毎月のスマホ料金を安くしたい方は、ぜひプロに無料相談ください!

キシュヘン

ネットで色々なスマホプランを調べても、結局どのプランが自分に合っているのか迷いますよね。

そんな方は、直接プロに相談するのも手段の1つ!

モバレコの運用する「キシュヘン」であれば、チャットで最短3分と手軽に相談できるのでおすすめです。

しかも相談手数料は無料、営業活動も一切ないため安心して利用できます。

スマホプランに目星がついている方もぜひ一度、活用してみてはいかがでしょうか!

この記事を書いた人(編集:モバレコ編集部)

とくめい

とくめい

(自称)格安SIMアドバイザー・LCCトラベラー

プロフィール

沖縄在住の(自称)かわいい鹿。スマホやタブレットなどのモバイルガジェットをはじめ、格安SIMの料金や速度比較、初心者向けのハウツー記事などを執筆しています。格安SIMを20枚以上契約しており、様々な利用用途から最適な料金プランを提案します。

LCCや高速バスを使って安く・お得に全国各地へ旅をするのが趣味。個人ブログ「Creator Clip」や、モバレコ以外の外部メディアには旅行やお出かけ情報に関する記事も書いています。

得意カテゴリー

スマホレビュー・格安SIM・初心者向け記事など

ブログ・SNS

Creator Clip
https://creatorclip.info/
Twitter(@tokumewi)
https://twitter.com/tokumewi/
Instagram(@to9mewi)
https://www.instagram.com/to9mewi/

メディア実績

【テレビ】

  • 沖縄ローカル番組「こきざみプラス」にゲスト出演(2016/12/04)

Let's Share!

  • Twitter シェアアイコン
  • facebook シェアアイコン
  • はてなブックマーク シェアアイコン
  • Pocket シェアアイコン