通信容量が無制限で使えるおすすめ格安SIM!速度制限なしの使い放題プラン!

書いた人: とくめい

カテゴリ: まとめ, 格安SIM ,

タグ:UQ mobile

ツイート このエントリーをはてなブックマークに追加
通信容量が無制限で使えるおすすめ格安SIM!速度制限なしの使い放題プラン!

※更新日:2019年03月08日

キャリアで契約するよりも安く使える格安SIMですが、ほとんどのプランでは通信容量が設定されているので「動画を観ていたらあっという間に容量制限に引っ掛かってしまった…」という方も多いのではないでしょうか。

これまでの無制限プランといえば、ワンコインで使える低速通信の使い放題プランが主流でしたが、近年ではLTEの高速通信が使い放題のプランが徐々に増えてきています。そこで今回は、使い放題プランの特長や、各社プランの料金・通信速度をまとめてみました

▼無制限で使える格安SIM一覧はこちら ▼カウントフリーが使える格安SIM一覧はこちら

下記の表は容量別のプランと用途です。
使い放題SIM以外を検討している場合は参照ください。

通信容量(1ヶ月) おすすめの用途
1GB データ容量としては「1GB」と少ないですが、月額料金は各社とも最安で利用することができます。
メールやサイトの閲覧が中心であれば、問題ないデータ容量です。
3GB 格安SIMで主流となっている容量。
SNSやサイト閲覧、LINE通話(極端な長時間通話除く)などの用途であれば問題ない容量で、短時間であれば動画も見られます。
5~6GB キャリアでも取り扱っているデータ容量のため、キャリアからの乗り換えに迷った時にちょうどいいプランです。テザリングも使いたいなど、データ容量に少し不安な人にも向いています。
10GB以上 大容量プランを希望の方はこちら。
動画や、アプリ、ゲームなどデータ通信を多様してもたっぷりつかえて安心です。複数人とデータをシェアできるプランもあるので、利用用途が広がるプランです。
使い放題 月に使用するデータ容量を気にしたくない、それに伴い月額料金も気にしたくない人。毎月速度制限に引っかかってしまうという人も、LTEの高速通信が使い放題で利用することができます。

目次:

無制限SIMを契約する前に確認しておさえておきたいポイント

毎月の通信容量を気にせずにデータ通信ができる無制限プランですが、いくつか事前に確認しておきたいポイントがあります。実際にどういう点に気をつけて選べば良いのか紹介していきます。

無制限SIMの主な使い方

無制限SIMってどうなの?

無制限SIMの魅力はずばり、「データ通信が無制限で使える」ことではないでしょうか。毎月の通信制限にもう怯えなくてよいのです。利用用途によっては様々な使い方ができます。

  • 通信制限の恐怖に怯えず何も気にせずデータ通信を利使える
  • モバイルWi-Fiルーターと併用して利用する
  • テザリング用として使う
  • 動画を思いっきり楽しむ

などが主な使い方です。DTIという格安SIMであれば通話もかけ放題で利用可能です。通話に不安のある人でも最大限利用することも出来ますよ。

「無制限」で使えるプランは、docomo、au、SoftBankにはないので、こういったプランがあるのも格安SIMの魅力の1つでしょう。

データ通信だけじゃない!オプションを使えば通話もお得

データ通信だけでなく通話の料金も気になるところ。音声通話のオプションが用意されている格安SIMがありますので、これらをうまく組み合わせて利用することでデータ通信だけでなく通話料金もお得になります。

データ通信だけじゃない!オプションを使えば通話もお得

例えば、U-mobileの場合は「でんわパック60」があり、月額800円で通常60分2,400円の電話料金が3分の1に。60分超過後も「U-CALL」利用で電話料金は10円/30秒と、通常の半額以下に抑えられます。

各社さまざまなオプションが用意されていますので、これらを用途にあわせてうまく利用するのが良いでしょう。

通信速度が気になる方はデータ通信専用プランで試す

無制限SIMプランの場合、通信事業者によって下りの最大通信速度に違いがありますが、基本的には高速データ通信低速データ通信の2パターンに分けられます。

無制限とはいえ、どんな時でも高速通信でデータ容量が使い放題というわけでなく、一定期間での上限データ通信量を超えた場合は速度制限がかかってしまったり、低速データ通信では意外とストレスが溜まるケースが多かったりする可能性もあります。

しかし、格安SIMの多くのデータ通信専用プランは、最低利用期間がなく解約時の違約金がかかりません。

そのため、実際に使ってみて納得が出来なかった場合、よくある解約時の高額な違約金を支払うことなく解約ができます。格安SIMへの乗換えを考えている方は、実際に使ってみて自分にあっているのか試してみるのがいいでしょう。

Try UQ mobile
Try UQ mobile

UQ mobileはユーザーに試してもらえるよう「Try UQ mobile レンタル」を用意しており、UQ mobileのSIMと対応端末を15日間無料で貸出してお試しできるサービスがあります。

データ通信無制限の格安SIMの通信速度について

月々のデータ容量を無制限で利用できる格安SIMの中でも、通信事業者によって下りの最大通信速度に大きな違いがあり、高速データ通信低速データ通信の2パターンに分けられます。

今回は特に人気のある格安SIMをピックアップして紹介します。

●高速データ通信対応プラン

通信事業者 プラン 月額料金 最大通信速度
(下り)
U-mobile
U-mobile
データ専用 LTE 使い放題 2,480円 公式に表記なし
2016年3月時点で最大225Mbps
通話プラス LTE 使い放題 2,980円
通話プラス LTE 使い放題2 2,730円
DTI SIM
DTI SIM
データ専用 ネットつかい放題 2,200円 225Mbps
音声プラン ネットつかい放題 2,900円

●低速データ通信対応プラン

通信事業者 プラン 月額料金 最大通信速度
(下り)
UQ mobile
UQ mobile
データ無制限プラン 1,980円 500Kbps
データ無制限+音声通話プラン 2,680円

U-mobile」と「DTI SIM」は高速データ通信に対応しています。マップやLINE、SNSなど問題なく使えるレベルでしょう。ただ、短期間で大容量のデータ通信を使ってしまうと速度の規制がかかる場合があるので注意しておく必要があります。

U-mobileとDTI SIMの通信速度の目安については、「U-mobileの通信速度はどのくらい?他社との比較、みんなの口コミを紹介」「DTI SIMの通信速度を検証」こちらの記事でも紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。

UQ mobile」の無制限プランは最大下り速度が500kbpsと、低速データ通信プランとして提供されています。

低速データ通信でも、ブラウジング・LINE・SNS・マップ・ゲーム(アプリによる)・ストリーミングした音楽の視聴などは、基本的には問題ないレベルで使用できます。

詳しく気になる方は、実際に使用して紹介している「UQモバイルの無制限SIMはどれだけ使える?500Kbpsの世界はこんな感じ」こちらの記事を参考にしてみてください。

データ通信が無制限で使えるおすすめの格安SIM

ここでは、データ通信が無制限で使い放題の格安SIMを各社ごとに特徴、おすすめのポイント、プランを抜粋して紹介していきます。

1. UQ mobile

UQ mobile

auのサブブランドとして安定した高速回線やキャリアに近い料金プランが特徴的な「UQ mobile」。ベストバイ・オブ・ザ・イヤー受賞やお客様満足度も88%と高い数字を記録しています。

モバレコの通信速度ランキングでは測定依頼常に総合1位をキープし続けるなど、料金を安くしたい、でも通信速度は落としたくない、そんなユーザーにぴったりな格安SIMです。

データ無制限プランが最大下り速度500kbpsとはいえ、実際の使用感は無制限プランが高速通信に対応している他通信事業者よりも優れているかもしれません。

>>UQ mobileの詳しい解説はこちら

UQ mobileはここがオススメ

SMS、テザリング機能が無料で利用できる
・iPhoneでテザリングが利用できる
データ容量の翌月繰越ができるのでよく使う月・使わない月がある場合に便利
・「Wi2 300 for UQ mobile」の公衆無線LANサービスが無料で利用でき、外出時でも高速データ通信が可能
格安SIMの速度比較では26週連続で1位をキープ。速度が遅いとか不安定な回線を避けたい方におすすめ

UQ mobile データ無制限の料金プラン

●データ通信のみ

プラン名 容量 月額料金
データ無制限プラン 無制限 1,980円

●音声通話機能つき

プラン名 容量 月額料金
データ無制限+音声通話プラン 無制限 2,680円

>>>UQmobile公式サイトはこちら

2. U-mobile

U-mobile

U-NEXTが提供するドコモ回線を使用した格安SIM・U-mobile。基本のデータ定額プランに加え、LTE使い放題プランや音楽聴き放題SIM、月25GBの大容量プランにソフトバンク回線の格安SIMなど、豊富な料金プランを揃えています。

格安SIMにはまだまだ数少ない実店舗も構えており、実際の端末に触れたり料金の相談から契約まで専門スタッフが対応してくれます。

U-mobileはプランに加入すると全国のカフェや空港などで使える無料のWi-Fiスポット「U-NEXT Wi-Fi」が利用できます。また、魅力的なのが、LTE使い放題プランと音楽聞き放題アプリ「スマホでUSEN」がセットになった「USEN MUSIC」プラン。音楽ストリーミングサービスと使い放題で通信量を気にせず音楽を楽しめます

>>U-mobileの詳しい解説はこちら

U-mobileはここがオススメ

・「USEN MUSIC SIM」なら音楽聴き放題
・様々なタイプのプランが用意されているので用途に応じた使い方が出来る
全国82,000ヶ所以上で利用できる「U-NEXT Wi-Fi」が無料なので外出先で高速インターネットが可能
・通話、データ専用それぞれプラン内でのプラン変更は契約期間の縛りがなくいつでも可能
・データ専用プランは最低利用期間の縛りがないためいつでも解約できる
・他社の使い放題プランと比べ高速通信での使い放題を実現

U-mobileの料金プラン

●データ通信のみ

プラン名 容量 月額料金
LTE 使い放題 無制限 2,980円

●音声通話機能つき

プラン名 容量 月額料金
LTE 使い放題 無制限 2,980円
LTE 使い放題2 2,730円

※ネットワークの状況とご利用状況を勘案し、他の利用者に影響が出た場合は、一時的に制限を掛ける場合があります。回線が混み合った場合、全ての利用者に対して一律で制限を掛ける場合があります。

>>>U-mobile公式サイトはこちら
u-mobile

3. DTI SIM

DTI SIM

SIMつかい放題プランは、データ専用が2,200円と比較的お手頃な値段ながら速度が安定していると今注目の使い放題SIMです。まだ利用者がそこまで多くないので、実際に出ている速度も下り3Mbps前後・上り10Mbps程度出ています。

気になる帯域制限については「1日もしくは連続する2日の通信総量が1~3GB程度であれば制御対象外。」と記載されているので、極端に大容量の通信を行わない限りは安定して使えると思います

DTI SIMはここがオススメ

・月額料金が安くてプランもシンプル
・通話が不安な人は「でんわかけ放題」のプランもつけられる

DTI SIMの料金プラン

●データ通信のみ

プラン名 容量 月額料金
データ専用 ネットつかい放題 無制限 2,200円

●音声通話機能つき

プラン名 容量 月額料金
音声プラン ネットつかい放題 無制限 2,900円

※通信量が他の利用者の平均利用容量を著しく超えるときは、通信速度が一時的に遅くなることがあります。制御後の速度は上り下りともに200kbps以下。1日もしくは連続する2日の通信総量が1~3GB程度であれば制御対象外となります。

>>>DTI SIM公式サイトはこちら

4. 楽天モバイル

楽天モバイル

データ通信無制限というプランは設けていないが、普通に通信制限にかかった場合、約128kbpsまで最大下り速度が低下するところ、楽天モバイルの「スーパーホーダイプラン」は、通信制限がかかったとしても最大1mbpsで利用できるのが最大の売り。(混雑時間帯:12~13時、18~19時を除く)

なので、考え方によっては低速プランの無制限SIMに比べても、実質無制限として利用することができる。

楽天モバイルはここがオススメ

・通信制限にかかっても、最大1mbpsで利用できる(混雑時間帯:12~13時、18~19時を除く)
・プラン料金内に10分かけ放題が組み込まれている
・楽天会員なら2年間ずっと月額500円割引

楽天モバイルの料金プラン(スーパーホーダイ)

●音声通話機能つき

プラン名 容量 月額料金
プランS 2GB 1,480円
プランM 6GB 2,480円
プランL 14GB 4,480円
プランLL 24GB 5,480円

※記載のプラン料金は、最低利用3年間の長期割と楽天会員割を適用した場合です。

>>>楽天モバイル公式サイトはこちら

カウントフリー・データフリーが使えるおすすめ格安SIM

データ通信量が無制限で使える格安SIMをピックアップして紹介してきましたが、ここでは対象のサービスにかかるデータ通信量がフリーで使えるオプション・サービスがあるおすすめの格安SIMを紹介します。

対象のサービスというのは、例えばYouTubeといった動画や、TwitterなどのSNSといったサービスになるのですが、これらのサービスのデータ通信量がカウントされずに使い放題になるのがカウントフリーのサービスになります。

よく使っているサービスが該当すれば、月々のデータ通信量を節約できるかもしれません。ぜひ参考にしてみてください。

1. BIGLOBEモバイル

biglobe

BIGLOBEモバイルが提供するのは「エンタメフリー・オプション」です。主にYouTubeやApple Musicなどの動画・音楽のサービスのデータ通信がフリーで使えます。

音声通話プランなら480円/月、データ専用プランなら980円/月(共に税別)をプラスして利用可能です。代表的な動画、音楽サービスが対象なのでよく利用する人はおすすめですよ。

対象サービス

・YouTube / AbemaTV / U-NEXT / YouTube Kids

・Google Play Music / YouTube Music / Apple Music / Spotify / AWA / Amazon Music / LINE MUSIC / radiko.jp / らじる★らじる

・Facebook Messenger

※2019年3月時点。詳細は公式サイトを参照してください。

また、BIGLOBEモバイルではこの「エンタメフリー・オプション」が最大3ヶ月無料で使えるキャンペーンに加えて初期費用3,394円が無料になる特典も実施しており、お得に申し込みが可能です。ぜひチェックしてみてください。

>>>BIGLOBEモバイルの公式サイトはこちら
【BIGLOBEモバイル】MNP特典あり★さらに初期費用0円&音声/3ギガが6カ月間 400円(税別)/月(~3/31)

2. LinksMate

LinksMate

LinksMateは、ゲームや動画コンテンツSNSの対象サービスの通信量が90%OFFになる「カウントフリーオプション」をプランに500円 / 月(税抜)プラスして提供しています。

SNSやコンテンツの通信量が抑えられるだけではなく、ゲームコンテンツに対応しているところが特徴です。対象のゲームも増えているので、スマホでゲームすることが多い人はぜひチェックしてみてください。

また、LinksMateはモバレコで計測している「格安SIM速度比較ランキング」において好成績を残しているので、通信速度が不安な人にもおすすめです。

対象サービス(一部を抜粋)

・荒野行動 / グランブルーファンタジー / 刀剣乱舞 / 剣と魔法のログレス いにしえの女神 / Shadowverse / 怪盗ロワイヤル / アークザラッド R / アイドルマスター SideM / みんゴル / 妖怪ウォッチワールド、、、他

・AbemaTV / AWA / niconico / GameWith / AppStore / GooglePlay

・Instagram / Twitter / Facebook

※2019年3月時点。詳細は公式サイトを参照してください。

>>>Linksmateの公式サイトはこちら

3. LINEモバイル

LINEモバイル

今、多くの人がチャット・SNSツールとして活用しているLINEの格安SIM「LINEモバイル」では、オプションではないですが対象サービスのデータ通信量がフリーで使えるプランが提供されています。

LINEがデータフリーで使える「LINEフリープラン 月額500円~」、Instagram・TwitterなどSNSがデータフリーで使える「コミュニケーションプラン 月額1,110円~」、LINE MUSIC・主要SNSがデータフリーで利用できる「MUSIC+ プラン 月額1,810円~」、といった3つのプランがあり、LINEをよく使う人、SNSサービスを使う人におすすめです。

LINEモバイルの料金プラン詳細については「LINE(ライン)モバイルの料金プラン完全ガイド 初期費用やオプション料金まで徹底解説!!」こちらをどうぞ。

対象サービス

LINEフリープラン LINE
コミュニケーションプラン LINE / Instagram / Twitter / FaceBook
MUSIC+ プラン LINE / LINE MUSIC / Instagram / Twitter / FaceBook

※2019年3月時点。詳細は公式サイトを参照してください。

現在、モバレコからLINEモバイルを申し込むと、LINEポイントが5,000ポイントプレゼントされる「ポイントバックキャンペーン」が適用されます!ポイントはスマホ代の支払いにもAmazonギフト券に交換も可能となっているので、ぜひチェックしてみてください。

>>>LINEモバイル公式はこちら

4. OCN モバイル ONE

OCN

インターネットプロバイダでおなじみのOCNから誕生したOCN モバイル ONE。NTTが大元ということもあり、信頼感が評価されている格安SIMの1つです。

OCN モバイル ONEでは、音楽サービスのデータ通信量がカウントフリーで使える「MUSICカウントフリー」を提供されています。MUSICカウントフリーへのサービス申し込みが必要ですが、料金は無料で利用できるのが特徴。音楽サービスをよく使う人は要チェックです。

対象サービス

・Amazon Music / ANiUTa / AWA / dヒッツ / Google Play Music / LINE MUSIC / Spotify / ひかりTVミュージック / レコチョクBest

※2019年3月時点。詳細は公式サイトを参照してください。

>>>OCN モバイル ONE公式サイトはこちら
OCNモバイルONE/OCN光

5. DMM mobile

DMMmobile

業界でも最安級に安いプランを提供しているのが特徴の「DMM mobile」。料金プランもシンプルで分かりやすく、複数回線で通信容量をシェアできるプランがあるのも魅力です。

DMM mobileでは、主要SNSサービスにかかるデータ通信量がカウントされない「SNSフリー」といったオプションが利用できます。少ないデータ容量のプランを選んでいても、よく使うSNSのデータ通信量がフリーで使えるのでお得に利用可能です。

「SNSフリー」のオプション料金は利用プランにプラス250円 / 月(税別)で使えます。

対象サービス

LINE、Twitter、Facebook、Facebook Messenger、Instagram

※2019年3月時点。詳細は公式サイトを参照してください。

>>>DMMモバイルの公式サイトはこちら
DMMモバイル

◆まとめ:自分に合ったプランだと感じたらまずは試してみよう

使い放題プランには低速と高速があり料金が違うこと、そして通話料金もオプションを利用することでかなり安く抑えることが可能だとわかりました。

利用用途によって申し込みプランとオプションを使い分けることで、便利に使えて料金も節約することが出来そうですね。

さらに、今回は対象サービスのデータ通信がカウントフリー、データフリーで使える格安SIMも紹介しました。対象のサービスをよく使う!といった人は紹介した格安SIMも参考にしてみてください。

なお、データプランの場合、「U-mobile」「UQ mobile」には最低利用期間がありません。そのため高額な違約金を支払うことなく解約が可能です。まずはデータプランから試してみて、自分の使い方に合うプランを見つけてみるのもいいでしょう。

こちらの記事はいかがでしたか?

お役に立ちましたか?

送信する

もしよろしければお友達に
ご紹介お願いします!

  • ツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を書いた人(編集:モバレコ編集部)

WEBデザイン・ガジェット・格安SIMなどに興味を示す鹿。大量のモバイル回線を元に沖縄でスピードテストを行っている。各社料金プランを調べたり、Androidのホーム画面をカスタマイズするのが好きです。自身のブログ「Creator Clip」では書きたいことを好きなだけ書いています。Twitter:@tokumewi