カテゴリ: 格安SIM・格安スマホ

格安SIMをモバイルWiFiルーター代わりに使うのはアリ?組み合わせにおすすめのサービスも解説!

「携帯料金は毎月いくらぐらい支払いをしていますか?」

2021年3月より、各キャリアの新プラン「ahamo」「povo」「LINEMO」や楽天モバイルの普及により、以前よりスマホの通信費は抑えられてるかもしれません。

ただ、ドコモ・au・ソフトバンクで現行のプランを契約をしている人は毎月支払い額が高額になっているという人が多いです。

安定の通信制と高いサポート力を誇る三大キャリアですが、毎月出費はなるべく抑えたいですよね。

金額を抑えるためには、データ容量も少なくしなければいけません。しかし、動画や音楽をたくさん楽しみたい人にとってデータ容量を落とすことはあまりしたくないと思います。

「毎月の支払い料金は少なくしたい。でもデータ容量は落としたくない…。」

今回はそんな悩みを抱えている人向けに、“格安SIMをモバイルWiFiルーター代わりに使う”大変オトクな格安活用術”をご紹介いたします。

また、格安SIMとの組み合わせにおすすめのモバイルWiFiルーター業者もご紹介します。

-500万回線突破!-

楽天モバイル

楽天モバイル

楽天モバイルは大手4キャリア中
総合満足度3回連続第1位!

20GB以上はどれだけ使っても3,278円
もちろん、事務手数料や解約時の違約金も無料

さらにSIMのみ限定!

初めて申し込みで
最大8,000円分ポイント還元中!

オンラインショップからの申し込みはこちら

ポップアップを閉じる

格安SIMをモバイルWiFiルーター代わりに使うメリット

モバイルWiFiルーター パソコン

まずは、格安SIMをモバイルWiFiルーター代わりに使うメリットについて確認をしておきましょう。

ここでは、代表的なメリットを2つ上げたいと思います。

▼格安SIMをモバイルWiFiルーター代わりに使うメリット

メリット①:WiFiを契約するより月額料金が安くなる可能性が高い

モバイルWi-Fiルーターは4,000円前後が相場です。WiMAXになると4,000~5,000円程度かかる場合が多い現状です。

一方格安SIMは3GBなどの小容量なら1,000円を切るプランもありますし、20GB程度の大容量でも2,500円以内に収まる事業者がほとんどです。

実際にモバイルWi-Fiルーター業者の「THE WiFi」、WiMAX業者の「UQ WiMAX」、格安SIMのmineoの料金を比較してみましょう。

  プラン 月額料金
THE WiFi 100GBプラン 3,828円
UQ WiMAX ギガ放題プラス 4,818円
mineo シングルタイプ20GB 1,925円

表をご覧いただけるとわかるように、WiFiやWiMAXサービスが3,000~5,000円なのに対し、格安SIMのmineoは約2,000円以上安くなる計算になります。

もちろん利用できるデータ容量などの面でWiFiやWiMAXサービスに利点があるのは間違いありませんが、料金面を重視するなら格安SIMには大きなメリットがあります

メリット②:モバイルWiFiルーターを持ち歩かなくていい

モバイルWiFiルーターは、名前に”モバイル”とつくだけあって、外出先に持ち出して、外出先でも大容量のデータ通信が可能となります。

ただし、スマートフォンでも”テザリング”機能を使い、携帯会社の電波を利用してパソコンやタブレットでインターネット接続をすることが可能です。

テザリング機能をモバイルWiFiルーター代わりにする場合、別でWiFi端末を持ち歩かなくてよくなります

外出先など、使いたいタイミングでモバイルWiFiルーターを忘れてしまった!というような事態を回避できるのです。

なお、格安SIMは端末をセット購入しない”SIMのみ”での契約が可能です。

今使っているWiFiルーターはそのままに、契約先だけを格安SIMに変えることもできますよ。

メリット③:契約期間・違約金がない

現状、モバイルWiFiルーター業者のほとんどが2,3年の契約期間を設けています。

モバイルWiFiルーターが不要になった、より自分に合ったサービスに変えたいなどで解約しようとしても、違約金がネックで解約できないと悩む方も多いのではないでしょうか。

この点、ほとんどの格安SIMのデータ専用プランには契約期間・違約金がありません

いつ解約しても違約金が発生しないので安心して契約することができます。

格安SIMをモバイルWiFiルーター代わりに使うデメリット

スマホ モバイルWiFiルーター

格安SIMをモバイルWiFiルーター代わりに運用する場合にも、デメリットがないわけではありません。

デメリットをしっかりと把握して、有効的に活用していきましょう。

▼格安SIMをモバイルWiFiルーター代わりに使うデメリット

デメリット①:テザリングはバッテリー消費が激しい

スマホのテザリング機能をモバイルWiFiルーター代わりにする場合、スマホのバッテリー消費が激しくなることは把握しておく必要があります。

テザリングは充電の消費も早いですがバッテリー自体もかなり消耗するので、バッテリー容量の少ないスマホだと持ち歩く時間が短くなってしまいます。

スマホのテザリング機能をモバイルWiFiルーター代わりにするなら、バッテリー容量が少なくとも4,000mAh以上のものがおすすめです。

なお、スマホでのテザリングには以下3つの方法があり、速度・バッテリー消費の特徴があります。用途に合わせて接続方法を変えてみるのもおすすめですよ。

接続方法 特徴
WiFiテザリング メインとなる端末がWiFiを飛ばすことでテザリングする方法。
・高速
・複数の機器を同時に接続できる
・電池消費が多く、スマホのバッテリーの消耗が激しい
Bluetoothテザリング Bluetoothでペアリングした端末同士を繋ぐテザリングする方法。
・WiFiテザリングに比べると低速
・設定が簡単
・電池消費が少なく、スマホのバッテリー持ちがいい
USBテザリング 端末同士を直接ケーブルで繋ぎテザリングする方法。
・通信速度が早く、安定している
・最も電池消費が少なく、長時間の接続に向いている
・ケーブルを持ち運ぶ必要がある

デメリット②:通信速度が不安定になりやすい

これはモバイルWiFiサービスも同様ではありますが、格安SIMは主に大手キャリアの通信回線を借りて、通信サービスを提供しています。

実際の通信は大手キャリアで契約している人の通信が優先的に行われるため、格安SIMで契約した際は、大手キャリアの通信よりも不安定になりやすいのが実情です。

とはいえ昨今格安SIMの認知度も上がり、定期的に通信速度・品質の向上を行っている業者も増えています。

モバレコでは独自に格安SIMの速度を計測し、ランキング形式でご紹介していますのでそちらもざひ参考にしてみてください。

デメリット③:完全無制限にはならない

格安SIMのプランは1~20GB程度の低・中容量帯がメインであり、無制限プランはほぼ提供されていません。

最大1Mbpsや1.5Mbpsに速度が制限されることで、使い放題になるプランやオプションを用意している格安SIMもあります

とはいえ、基本的に高速通信を無制限で使えるプランはない点にはご注意ください。

なお、最大1Mbpsや1.5Mbpsというのは中画質程度の動画なら問題なく視聴できる速度ですので、一般的なデータ利用であれば快適に利用できます。

デメリット④:端末を別途用意する必要がある

WiFiルーターとSIMカードをセットで契約する場合は、端末代も月額料金に含まれていることが多く、基本的には端末代を別途支払う必要はありません。

しかし、ほとんどの格安SIMではモバイルWiFiルーターの販売は行っていないので、端末は個別で用意する必要があります。

端末代金を抑えたい人は、中古ショップやフリマアプリなどで中古の端末を購入しておきましょう。

中古の場合、バッテリーが弱っていることもありますので、商品の状態はよく確認してから購入してください。

端末に関して、格安SIMではモバイルWiFiルーターの販売はあまりありませんが、低価格のスマホは多く取り扱っています

【メリット②:モバイルWiFiルーターを持ち歩かなくていい】にて解説した、スマホのテザリング機能をモバイルWiFiルーター代わりにするなら、格安SIMでも端末の購入ができますよ。

楽天モバイルはモバイルWiFiルーターを実質0円で始められる!

楽天モバイル
Air-WiFi(引用元:楽天モバイル公式サイト

楽天モバイルの料金プラン

Rakuten UN-LIMIT VI
~1GB 0円
~3GB 1,078円
~20GB 2,178円
無制限 ※1 3,278円

※1:パートナー回線エリア:データ容量5GB/月 超過後は最大1Mbpsで使い放題

楽天モバイルは「データ無制限」「高速通信」といった他にはない特徴を持っています。高速通信をデータ無制限で使えるので、今まで通信制限に苦しめられてきた方には非常に魅力的です。

また、ルーターとして使うのであればお得なキャンペーンを開催しています。

楽天モバイルのオリジナル端末であるRakuten WiFi Pocket本体代がプランの申し込みで実質0円となります。

Rakuten UN-LIMIT VIは1GB未満なら0円ですので、楽天回線エリアの方は楽天モバイルを試してみてください。

RakutenUN-LIMIT Ⅶスタート記念
最大24,000円分ポイント還元中!

モバイルWiFiルーターとセットでおすすめの格安SIM4選

格安SIM

ここでは、モバイルWiFiルーターとセットで利用するのにおすすめの格安SIMをご紹介します。

スマホで通信するにも、詳しくは後述しますが、SIMフリーモバイルWiFiルーターで通信するにも、大容量プランがお得に利用できることを軸に選定しました。

▼モバイルWiFiルーターとセットでおすすめの格安SIM4選

  • UQモバイル
  • mineo
  • OCN モバイル ONE
  • IIJmio

UQモバイル

UQモバイル

UQモバイルとauの提供する新電力またはインターネット契約の双方を契約かつ条件を満たしているユーザーを対象に、1回線あたり最大858円の料金割引や電気料金に応じたPontaポイント還元でお得になる「自宅セット割」という特典を提供開始しました。

対象のサービスとUQモバイルを契約することで、家族で永年割引を受けることができます。

自宅セット割を適用すれば、スマホが月額990円~とお手頃な価格になるので、スマホ代を抑えながらWiFiを利用したい方にはおすすめの格安SIMです。

■自宅セット割(インターネットコース)対象サービス
光サービス ・au ひかり(@nifty、@T COM(アットティーコム)/ASAHIネット/au one net/BIGLOBE/DTI/So-net/GMOとくとくBB/MEGAEGG/エディオンネット/SMART LINE/楽天ブロードバンド)
・auひかり ちゅら
・コミュファ光
・eo光
・ピカラ光
・メガエッグ
・BBIQ
光コラボレーションサービス ・ビッグローブ光
・So-net光
・@nifty光
・@T COM(アットティーコム)ヒカリ
・ひかりゆいまーる
・ひかりJ
・エディオンネット
ケーブルテレビ ・J:COM
・提携先ケーブルテレビ
※地域ごとの対象ケーブルテレビはこちら
ルーターサービス ・auスマートポート
・ホームルータープラン
・WiMAX 2+ フラット for HOME(2019年12月25日受付終了)
・au ホームルーター 5G
・ホームルータープラン 5G
WiMAX ・UQ WiMAX
・YAMADA air mobile WiMAX
・BIC WiMAX
・ワイヤレスゲートWiMAX+5G
・EDiON
・PC DEPOT
・KT WiMAX
・とくとくBB
・Broad WiMAX
・カシモWiMAX
・Vision WiMAX
・EX WiMAX
・hi-ho
・泉佐野 WiMAX
・J:COM
・DIS mobile
・So-net
・BIGLOBE

■「自宅セット割」の割引額

※横にスクロールできます。

くりこしプランS +5G くりこしプランM +5G くりこしプランL +5G
通常料金 1,628円 2,728円 3,828円
割引額 -638円 -638円 -858円
割引後月額料金 990円 2,090円 2,970円

※価格はすべて税込

オンラインショップなら
端末が最大22,000円割引

mineo

mineo
  シングルタイプ
(データ通信のみ)
デュアルタイプ
(音声通話+データ通信)
1GB 880円 1,298円
5GB 1,265円 1,518円
10GB 1,705円 1,958円
20GB 1,925円 2,178円
お試し200MBコース 330円 1,100円

※価格は全て税込

mineoの最大の特徴は、大手3大キャリアであるドコモ・au・ソフトバンク、すべての回線に対応しているところです。

手持ちのWiFiルーターにSIMロックがかかっていたとしても、適合しているキャリアを選択することで、SIMロックを解除することなくそのまま使うことができます。

データ専用プランには、20GB以上もの大容量のプランもあるためSIMフリーのモバイルWiFiルーターで使用するにも適しています。

また、2021年2月より新プランのマイピタが提供開始となり、マイネオのプランがわかりやすく、お得になって新登場しました。

mineoユーザー同士で余ったパケットをシェアすることができる「フリータンク」という機能があります。

筆者もmineoユーザーなのですが、パケットを使いすぎて通信制限がかかってしまった際には、フリータンクからパケットをいただくことができ、月末などにデータを使い切ってしまった時などは非常に助かります。

今なら6か月間
660円データ無制限

OCN モバイル ONE

OCN モバイル ONE
音声対応SIM SMS対応SIM データ通信専用SIM
500MB/月コース 550円
1GB/月コース 770円
3GB/月コース 990円 990円 858円
6GB/月コース 1,320円 1,320円 1,188円
10GB/月コース 1,760円 1,760円 1,628円

※全て税込み

OCN モバイル ONEの最大の特徴は月額料金が業界最安値であることです。2021年4月からさらにお得になった新料金プランになりました。

1GBの月額の料金だけ見るとmineoよりも安く、とにかく料金を抑えたい人にはおすすめです。

通信回線はdocomoのみ対応しているため、SIMロックがかかっている端末を使用する予定の人は注意が必要です。

IIJmio

IIJmio

IIJmioの最大の特徴は、なんといっても老舗ブランドならではのサポート力です。新機種が発売された際やOSアップデート時には、どこよりも速やかに対応表が更新されます。

大手キャリアはショップにてサポートをしてくれますが、一般的に格安SIMはサポートが手薄になっていることが多く、IIJmioならサポートまでしっかりと対応してくれるため、契約等に自信がない人はとても安心です。

また、契約しているSIMカードで家族とパケットシェアしあえる機能もとても便利です。

標準のプランには大容量プランは無いのですが、オプションサービスで20GB、30GBを付与することが選択できます。モバイルWiFiルーターで活用する場合にはこのオプションサービスに加入することが適していると思います。

※横にスクロールできます。

音声通話SIM SMS付きSIM データSIM
(タイプDのみ)
eSIM
(タイプDのみ・データ専用)
2ギガ 858円 825円 748円 440円
4ギガ 1,078円 1,045円 968円 660円
8ギガ 1,518円 1,485円 1,408円 1,100円
15ギガ 1,848円 1,815円 1,738円 1,430円
20ギガ 2,068円 2,035円 1,958円 1,650円

※価格はすべて税込

格安SIMとモバイルWiFiルーターをセットで運用するのもおすすめ!

格安SIMとモバイルWiFiルーターは組み合わせて使うのもおすすめです。

無制限プランのない格安SIMのデメリットを、WiFiやWiMAXサービスが補うことが可能で、大手キャリアの無制限or最大容量プランよりも通信費の合計を安く利用できます。

以下が大手キャリアの無制限or最大容量プラン。

  プラン 月額料金
ドコモ 5Gギガホプレミア 7,315円
au 使い放題MAX 5G 7,238円
ソフトバンク メリハリ無制限 7,238円

一方、以下が格安SIM(音声通話・3GB/月)× モバイルWiFiルーター(WiMAX・ギガ放題)のセットで運用した場合と比較してみます。

今回はUQモバイルとUQ WiMAXのセットで運用した場合を想定しています。

  プラン 月額料金
UQモバイル くりこしプランS 1,628円
UQ WiMAX ギガ放題プラス 4,818円
UQモバイル
「自宅セット割」
-638円
合計 5,808円

このように格安SIMとWiFi・WiMAXサービスのセット割を利用できるところもありますので、ご自身の利用用途に合わせて検討してみてくださいね。

格安SIMとのセットにおすすめのモバイルWiFiルーター業者4選

WiMAX

ここまでは、SIMカードの契約を行っている業者について説明してきました。

モバイルWiFiルーターと格安SIMをセットでレンタルまたは販売をしてくれる業者もあります。端末が手元になく、同時に購入を考えている人におすすめです。

ここでは、格安SIMとセットで利用するのにおすすめのモバイルWiFiルーター業者をご紹介します。

モバイルWiFiルーターサービスには、主にワイモバイルのポケット型WiFi、WiMAX、クラウドSIMを使ったWiFiサービス等などがあげられます。

今回はその中でもWiMAXとクラウドSIMを使用した通信業者について取り上げたいと思います。

WiMAX:Broad WiMAX

WiMAX:GMOとくとくBB WiMAX
(引用元:Broad WiMAX 公式ページ)

【Broad WiMAXの概要】

月額料金 1~2ヶ月目:2,999円
3~24ヶ月目:3,753円
25ヶ月目~:4,413円
端末代 0円
契約事務手数料 3,300円
契約期間 3年間
キャンペーン内容 ・初期費用0円
・他社の解約費用負担
・端末代無料
・キャッシュバック5,000円
適用条件 ・Webフォームから月額最安プランで申し込み
・クレジットカード支払いのみ
・指定オプション(安心サポートプラス・MyBroadサポート)への加入
実質月額料金 3,901円
データ容量 実質無制限

※表示はすべて税込

Broad WiMAXは、違約金負担キャンペーンと初期費用0円のキャンペーンを行っているので、他社光回線・モバイルWiFiからの乗り換えにおすすめです。

無料の「いつでも解約サポート」を利用すれば、万が一WiMAXのサービスが合わなかった場合も、無料で光回線などに乗り換えられます。

また、Broad WiMAXでは5G対応の「Galaxy 5G mobile Wi-Fi」「ZTE Speed Wi-Fi HOME 5G L11」の申し込みも可能なため、対象エリアの人はチェックしてみてください。

   

Broad WiMAX

   

月額1,397円~ 5G対応WiMAX
契約期間で選べる2つの新プラン登場!

   

今なら他社から乗り換えで
最大57,000円キャッシュバック!

契約の縛りがない新プラン登場!
最大57,000円キャッシュバック

WiMAX:GMOとくとくBB WiMAX

WiMAX:GMOとくとくBB WiMAX
(引用元:GMOとくとくBB 公式ページ)

【GMOとくとくBBの概要】

月額料金 1~2ヶ月目:3,969円
3ヶ月目~:4,688円
端末代 0円
契約事務手数料 3,300円
契約期間 3年間
キャンペーン内容 キャッシュバック
最大29,500円
適用条件 ・クレジットカード支払いのみ
・過去に適用履歴がないこと
・振込完了まで解約しないこと
実質月額料金 3,920円
キャッシュバック受け取り時期 ・端末発送月を含む11ヶ月目に送信されるメールから振込口座を登録
キャッシュバック受け取り手続き 最短12ヶ月目末日
データ容量 無制限

※表示はすべて税込 / キャンペーンは2021年8月情報

料金だけに注目して見てみるとそこまで安くないように感じられますが、GMOとくとくBBはお得なキャンペーンを実施していることが特徴的です。

そのキャンペーンを上手に活用したり、高額キャッシュバックの金額を計算に入れると、割引率が非常に高く、最終実質負担額が非常に安くなるのが特徴です。

ギガ放題プランは3日間の通信料の合計が10GBを超えると通信制限がかかるので注意が必要です。

クラウドSIM:Air-WiFi

Air-WiFi
Air-WiFi(引用元:Air-WiFi公式
月額料金 3,278円(サクッとプラン)
端末代 0円
契約事務手数料 3,300円
契約期間 12ヶ月毎
キャンペーン 30日間お試しキャンペーン
適用条件 初回契約限定
実質月額料金 3,369円
データ容量 100GB/月

国内の4Gエリアに対応しているAir-WiFi。利用するルーターの種類によって月額料金が変わります。

特に機種へのこだわりがなければ「サクッとプラン:3,278円 / 月」が月額料金がリーズナブルなのでおすすめです。

Air-WiFiの月額料金は3,278円。3年間の実質月額だと3,369円で利用することができます。WiMAXと比べると月400円〜500円の差があり、月額を安く抑えたい人におすすめのモバイルWiFiルーターです。

クラウドSIM:MUGEN WiFi

MUGEN WiFi
MUGEN WiFi(引用元:MUGEN WiFi公式
月額料金 3,718円
端末代 0円
契約事務手数料 3,300円
契約期間 24ヶ月(自動更新なし)
キャンペーン 30日間の解約なら全額返金できる
キャッシュバック13,500円
適用条件 なし
実質月額料金(3年) 3,435円
データ容量 100GB/月

クラウドSIMを使用すると、クラウドサーバーに挿入されている膨大なSIMカードの中から、最適なSIMカードを自動接続することができ、ドコモ・au・ソフトバンクの回線で1番繋がりやすい回線に自動接続してくれます。

つまり、大手3大キャリアのサポートするエリアならどこでも通信が可能となる、とても便利なSIMカードなのです。

クラウドSIMの中でも特典としてキャッシュバック用意することろも魅力です。13,500円キャッシュバックで申し込み可能なので、特典も一緒に考えたい人におすすめです。

WiFiは自宅メインで考えてる人はホームルーターの選択肢もあり

モバレコAir

昨今では、自宅で仕事をするテレワークの普及も進んでおり、外出先でモバイルWiFiルーターを使うことも少なくなった、という人も少なくないのではないのでしょうか。

一人暮らしの方や、引っ越しで急なWiFiを要する時に、コンセントに挿すだけで手軽にWiFi環境を作れるホームルーターはとても便利ですが、テレワーク化の普及により、さらにホームルーターが注目されています。

ここでは、ホームルーターの中でもおすすめの「モバレコAir」とスマホの通信費を抑える格安SIMを使うとどのくらいの月額になるのか、実際に算出してみます。

まずは、モバレコAirの特典や月額料金を確認しておきましょう。

月額料金 ~2ヶ月目:2,167円
3~24ヶ月目:3,679円
25ヶ月目~:5,368円
キャッシュバック 20,000円(モバレコ限定)
キャンペーン情報 ・20,000円キャッシュバック(モバレコ限定)
・違約金100,000円分負担
・月額料金割引
・端末代実質無料
・おうち割 光セット対象
取り扱い端末 Airターミナル4

※価格はすべて税込

上記のように、「モバレコエアー」は、ホームルーターを最安値で使えるサービスで、どれだけ使っても速度制限にかかる心配がありません。

そんなモバレコエアーと、通信品質にも定評があり、人気の格安SIMUQモバイルを使った場合は、下記の月額となります。

  プラン 月額料金
UQモバイル くりこしプランS 1,628円
モバレコAir 3,694円(3年間の実質月額)

特典なども含めると、約5,400円ほどで利用することができます。格安SIMで月額を抑えつつ、併用することで通信費を抑えることができます。

また、オプション契約なしで20,000円キャッシュバック(モバレコ限定)を翌月末にもらえたり、ソフトバンクの公式特典が適用されたりする点も魅力的です。

   

モバレコAir

工事不要で使えるホームルーター!
月額2,167円~(2ヶ月間)

   

当サイト限定!
最大20,000円キャッシュバック!

当サイトからの申し込みなら
最大20,000円キャッシュバック!

おすすめのSIMフリーモバイルWiFiルーター端末2選

おすすめのSIMフリーモバイルWiFiルーターについて紹介します。

SIMフリー端末なのでドコモ・au・ソフトバンク回線のいずれのSIMカードにも対応しています。

NEC「Aterm MR05LN」

Aterm MR05LN

まずはじめにおすすめするのが、NEC「Aterm MR05LN」です。

大型のタッチパネルタイプディスプレイを搭載しており、画面の表示がとても見やすく設定なども直感的に操作をすることが可能です。

カードタイプのコンパクト設計なうえ、軽量のため持ち運びやすいモバイルWiFiルーターです。

外形寸法 約63(W)×115(D)×11(H)mm
LTE伝送速度 受信 最大150Mbps/送信 最大50Mbps
SIMカードスロット nanoSIM×2
電池 充電池パック(リチウムイオン電池)2,500mAh(着脱式)
質量 約115g(充電池パック装着時)
充電時間 約3時間
連続通信時間(LTE/3G) 無線LAN通信 約14時間
Bluetooth 約30時間

富士ソフト「+F FS030W」

+F FS030W

次におすすめするのは、富士ソフト「+F FS030W」です。

正方形の形をしたコンパクトなボディで持ち運びもしやすいモバイルWiFiルーターです。

連続通信時間も無線LAN通信接続時でも最大20時間も持つので、出張先や旅行先でも安心して使うことができます。

一点注意点としては、SIMカードスロットが近年主流のnanoSIMではなくmicroSIMとなっているので、自分が使用予定のSIMカードが対応しているかよく確認してから購入しましょう。

外形寸法 高さ約74.0mm×幅約74.0mm×厚さ約17.3mm
LTE伝送速度 受信時最大150Mbps/送信時最大50Mbps
SIMカードスロット microSIM
電池 充電池パック(リチウムイオン電池)3,060mAh(着脱式)
質量 約128g
充電時間 最大3時間
連続通信時間(LTE/3G) 無線LAN通信 最大20時間
Bluetooth 最大24時間

まとめ

一人暮らしなどでモバイルWiFiルーターを占有できる環境の人は、家でも外出先でも常にモバイルルーター経由でデータ通信をすることで大きく通信費を節約することが出来ます。

通信の安定性は大手キャリアには敵わない点ですので、安定した通信性が絶対欲しいという人は大手キャリアの使用をおすすめめしますが、大容量でも携帯料金をできるだけ節約したい人にはおすすめの運用法です。



毎月のスマホ料金を安くしたい方は、ぜひプロに無料相談ください!

キシュヘン

ネットで色々なスマホプランを調べても、結局どのプランが自分に合っているのか迷いますよね。

そんな方は、直接プロに相談するのも手段の1つ!

モバレコの運用する「キシュヘン」であれば、チャットで最短3分と手軽に相談できるのでおすすめです。

しかも相談手数料は無料、営業活動も一切ないため安心して利用できます。

スマホプランに目星がついている方もぜひ一度、活用してみてはいかがでしょうか!

この記事を書いた人(編集:モバレコ編集部)

みなみかわ

みなみかわ

異色経歴サラリーマンライター

プロフィール

1987年埼玉県生まれ。高校でプログラミングを学び、なぜか全く関係のない製造会社へ就職。その後24歳の時に一念発起し通信大学へ入学。仕事と学業の二刀流をこなし、大学卒業とともに小学校の教員免許を取得。公立小学校で3年間就業するも、何を思ったかまたも一念発起し、マーケティングの勉強を始める。現在マーケティングの職に就きながら、現在大好きなガジェット系の記事を中心に執筆活動をしている、異色の経歴をもつサラリーマンライターです。

たくさんの個性あふれるスマホが発売されている昨今。実際に全て購入して使い勝手を確認することは難しいですよね。モバレコでは、記事を読んでいただいた方に「なるほど、そうなんだ!」と感じていただけるよう、わかりやすくをモットーに執筆をしています。皆様のスマホ選びや情報収集のお役に立てれば幸いです!

得意カテゴリー

スマホ

ブログ・SNS

Twitter(@minamikawa56)
https://twitter.com/minamikawa56

メディア実績

  • 【UtaTen】歌詞コラム

Let's Share!

  • Twitter シェアアイコン
  • facebook シェアアイコン
  • はてなブックマーク シェアアイコン
  • Pocket シェアアイコン