格安SIMはタブレットにも最適! おすすめセットと契約前に確認しておくべきことを解説!

書いた人: とくめい

カテゴリ: ガイド, 格安SIM ,

ツイート このエントリーをはてなブックマークに追加
格安SIMでタブレットを利用する前に確認しておくべきポイント

近年では動画コンテンツやゲームアプリなどの普及により、スマホよりも大画面で見やすいタブレットの需要が増えてきています。パソコンよりも手軽にネットが観られるのでご年配の方でも使いやすいです。

タブレットといえば自宅のWi-FiやモバイルWi-Fiルーターと組み合わせて使うイメージが強いですが、実は今話題の格安SIMとSIMフリータブレットを組み合わせることでより安く利用することができます。

最近ではタブレットをセット販売しているMVNOも増えてきています。

そこで、タブレットで使う場合の格安SIMはどの会社がおすすめか、あるいはこれからタブレットも新規購入する場合はどのタブレットがおすすめか、契約前に確認しておくべきことや使う方法も交えてご紹介していきます。

目次:

格安SIMでタブレットを利用する前に確認しておくべき4つのポイント

よりスムーズにかつお得に格安SIMでタブレットを利用するために、あらかじめ頭にいれておくべき4つのポイントをご紹介します。

マスターしておけば、格安SIMでタブレットを使うことのメリットを理解でき、実際に契約してからの手続きがスムーズに進められます。

①:Wi-Fi版とLTE版の違い

タブレットは格安SIMが使えるLTE版がオススメ
タブレットは格安SIMが使えるLTE版がオススメ

まず最初にタブレットの種類を知りましょう。タブレットには通信方式の違いによってWi-Fi版とLTE版の2種類が存在します。

Wi-Fi版は自宅にネット回線を引いていて外では使わない方や、タブレットとは別にモバイルWi-Fiルーターを契約している方向けのタブレットです。Wi-Fi版のタブレットにはSIMカードの挿入口が無いため、Wi-Fiを利用しないとインターネットが使えません。

外出先でもインターネットが使えるお店(フリーWi-Fiスポット)などは徐々に増えてきていますが、お店の中に入っていないとWi-Fi通信が利用できません。

一方LTE版では外でもインターネットが使えます。自宅にネット環境が無い方でも格安SIMを挿入して簡単な設定するだけでOK。普段からタブレットをお家専用で使うときはWi-Fi版、外でも活用したい方はLTE版を選ぶと良いでしょう

②:キャリアで購入したタブレットを格安SIM使うためには?

現在キャリアで契約して使っているタブレットを格安SIMで利用したい人向けに、おさえておくべきことを解説します。

第一に、タブレット購入元のキャリア回線と同じ回線を使った格安SIMのプランを契約することをおすすめします。この場合であれば、SIMカードを差し込んで簡単な設定をすればすぐさま利用をスタートできます。(一部例外あり。)

しかし、原則タブレット購入元のキャリアと別回線の格安SIMを利用したい場合には「SIMロック解除」が必要です。SIMロック解除にはキャリアごとで対応可否の条件が決まっているので、自身の契約が条件をクリアしているかを確認しておきましょう。

動作確認端末一覧で格安SIMが使えるか事前に確認する
動作確認端末一覧で格安SIMが使えるか事前に確認する

また、タブレット端末ごとで対応している格安SIMは様々です。後々契約する格安SIMの候補がいくつか絞られてきたら、各公式HPの動作確認端末一覧表にて、利用したいと考えている端末での利用可否を必ず事前に確認しましょう。

③:テザリングはできるのか?

結論、格安SIMでもタブレットでテザリングをすることは可能です。ただ、こちらも同様に、タブレットによってテザリングの可否は異なります。

とくにau回線を使った格安SIMでは、テザリングに対応していないケースが多々ありますので、より慎重に確認しましょう。

LINEについては、利用すること自体は可能ですが、格安SIMで利用する場合では、LINEモバイルを除き、スマホ・タブレットともに「ID検索」機能は利用することができません。具体的な引継ぎ方法に関しては以下の関連記事をご覧下さい。

④:モバイルWi-Fiでタブレットを利用するよりどれだけ安い?

格安SIMでタブレットを利用することは、キャリアで契約して利用するより安いことはもちろん、モバイルWi-Fiを別で契約するよりもお得に利用できる場合が多いです。

WiMAX通常プラン(7GB/月)の料金目安が大体3000円~4000円/月のところ、格安SIMのデータ専用プランの場合は大体2000円前後(7GB/月)で利用することが出来ます。

且つ、モバイルWi-Fiは契約期間が大体どの会社でも2・3年となっており、契約更新月以外での解約をすると2万円近い違約金が発生します。

しかし、格安SIMのデータ専用プランであれば、基本的に契約金の縛りが無い、もしくは短い(半年間~1年間)ことがほとんどです。その為お試しでスタートしてみることができるのも良いところです。

タブレット利用におすすめの格安SIM5選

タブレット利用に特化したプランが展開されているおすすめの格安SIMを厳選してご紹介します。

ここでは、スマホとは違い、音声通話が利用できないデータ専用プランに限定します。

BIGLOBEモバイル

BIGLOBEモバイル

BIGLOBEモバイルがタブレット利用に適している最大の理由が「エンタメフリーオプション」を提供していることです。

エンタメフリーオプションに加入することで、YouTubeやAbema TVといった動画コンテンツや、Apple Music・Spotifyのような音楽ストリーミングサービスを視聴する際に消費するデータ通信容量がカウントフリーで利用できます。

タブレットの利用目的として、エンタメコンテンツを堪能することで考えている方も多いと思いますので、その点でBIGLOBEモバイルはおすすめできます。

データ通信専用プランの場合、3GB以上のプランに加入すれば、月額980円のオプション料金でエンタメフリーオプションに加入できるので、1,880円~で利用することができます。
契約期間の縛りもありません。

●BIGLOBEモバイルのデータ通信専用プラン

容量 月額料金 通信回線
3GB 900円 docomo
6GB 1,450円 docomo
12GB 2,700円 docomo
20GB 4,500円 docomo
30GB 6,750円 docomo

データ通信専用プランの場合では、ドコモ回線のみのプランですが、SMS付き・音声通話付きプランの場合はau回線のプランも選択可能です。au回線の場合は端末によって3G回線に対応していない場合がありますので、必ず動作確認をしましょう。

BIGLOBEモバイル

エンタメフリーオプションへの加入で、人気の動画や音楽アプリがカウントフリーで利用可能!

UQモバイル

UQ mobile

UQモバイルがタブレット利用に適している理由は、「通信速度」と「データ専用無制限プラン」にあります。

まず、UQモバイルは数ある格安SIMの中でもトップクラスで通信速度が安定しています。外出先で使いたいとはいえ、通信速度が不安定で使い物にならないとなってしまっては意味がありません。その点、UQモバイルは安心して使っていけると思います。

一方で、UQモバイルにはデータ通信専用プランに容量無制限のプランがあるのも魅力です。こちらは最大速度が500kbpsに限定されますが、簡単なSNSの閲覧やメールの送受信、画質を落とした場合の動画視聴であれば十分に利用することができます。

●UQモバイルのデータ通信専用プラン

容量 月額料金 通信回線
3GB 980円 au
無制限
※送受信最大500kbps
2,680円 au

通信回線はau回線のみで、プランも数少ないですが、品質は圧倒的に良い格安SIMです。

UQ mobile

auのサブブランド。格安SIMの中でもトップクラスで通信速度が速い! かけ放題プランだけでなく、データ専用プランから無制限プランまで展開!

mineo

mineo

mineoは、ドコモ・au・ソフトバンクの全キャリア回線の対応したプランを展開しているので、現在利用中の端末を格安SIMでも継続したい人には、利用までがスムーズな点でおすすめできます。

また、プランも小容量から大容量と豊富なので、選択肢が多いのもユーザーには嬉しいですね。契約期間の縛りも無いので、サービス面で万が一不満が出てきた場合でも気楽に解約も可能です。

●mineoのデータ通信専用(シングル)プラン:Dプラン

データ容量 シングルタイプ 通信回線
500MB 700円 ドコモ
3GB 900円 ドコモ
6GB 1,580円 ドコモ
10GB 2,520円 ドコモ
20GB 3,980円 ドコモ
30GB 5,900円 ドコモ

●mineoのデータ通信専用(シングル)プラン:Aプラン

データ容量 シングルタイプ 通信回線
500MB 700円 au
3GB 900円 au
6GB 1,580円 au
10GB 2,520円 au
20GB 3,980円 au
30GB 5,900円 au

●mineoのデータ通信専用(シングル)プラン:Sプラン

データ容量 月額料金 通信回線
500MB 790円 ソフトバンク
3GB 990円 ソフトバンク
6GB 1,670円 ソフトバンク
10GB 2,610円 ソフトバンク
20GB 4,070円 ソフトバンク
30GB 5,990円 ソフトバンク

各種対応回線のプランによって、料金は若干異なります。容量のコース変更は後からでも手数料無料で変更できるので、数ある容量から利用用途マッチしたプランを選定していけます。

mineo

トリプルキャリア回線に対応で簡単乗り換え!豊富なプランとサービスで、格安SIMトップクラスの顧客満足度の高さが魅力!

IIJmio

IIJmio

IIJmioの特徴としては、格安SIMの中でもアップデートの対応が格段早いことです。

格安SIMは最新機種に対してテザリングなどの一部機能の対応に時間がかかることが多いのですが、IIJmioはすぐに対応していくので、老舗のプロバイダならではの安心感があります。

また、ユーザーにとって有益なキャンペーンがしばしば展開されることも魅力です。プランもシンプルで分かりやすく、使いやすさは抜群です。

●IIJmioのデータ通信専用プラン:Dプラン

データ容量 月額料金 通信回線
3GB 900円 ドコモ
6GB 1,520円 ドコモ
12GB 2,560円 ドコモ

●IIJmioのSMS機能付きプラン:Aプラン

データ容量 月額料金 通信回線
3GB 900円 au
6GB 1,520円 au
12GB 2,560円 au

ドコモ・au回線を使ったプランがあり、Aプランにはデータ通信専用プランはありませんが、Dプランのデータ通信専用プランと同料金でSMS機能付きプランを利用できます。

※今ならキャンペーンで記載のデータ容量からそれぞれ+1GBで利用できます。(2019年5月8日まで)

IIJmio

最新端末の販売やアップデートにはいち早く対応!老舗のプロバイダによる安心感。分かりやすい料金プランで格安SIM入門者にもおすすめ!

DTI SIM

dti

DTI SIMはとにかく料金が安いです。格安SIMでも最安級です。

また、YouTube・Twitterがカウントフリーになる見放題SIMや、3GBが半年間実質0円で利用できるお試しプランがあるので、これからタブレットで格安SIMをスタートしてみたいと考えている人には最適なプランが揃っています。

●DTI SIMのデータ通信専用プラン

容量 月額料金 通信回線
1GB 600円 ドコモ
3GB 840円 ドコモ
5GB 1,220円 ドコモ
10GB 2,100円 ドコモ

DTI SIM

業界最安級のプラン料金!半年間0円で利用できるお試しSIMがあるので、お試しで格安SIMを使ってみたい人にもおすすめ!

おすすめのSIMフリータブレット3選

これからご自身でタブレットを用意する場合におすすめのSIMフリータブレットを3つ抜粋してご紹介します。

HUAWEI:MediaPad M3 Lite 10

HUAWEI:MediaPad M3 Lite 10

LTEモデルの価格は約33,000円程で販売しています。セット販売を受付しているMVNOもあります。

通話機能はないので、音声通話は利用できません。スペックはごく普通ですが、余程処理能力が必要となるゲームをしない限りは、使用上まったく問題ありません。

ディスプレイサイズが約10.1インチあるので、大画面を重視したい人にはおすすめです。

詳細はこちらからご確認いただけます。

HUAWEI:MediaPad M5

HUAWEI:MediaPad M5

LTEモデルの価格は約40,000円程で販売しています。セット販売を受付しているMVNOもあります。

とにかくハイスペックなタブレットを求めている人にはおすすめです。あらゆるエンターテイメントを堪能する為の技術が兼ね備えられており、動画視聴からゲームまでしっかり楽しむことができます。

ドコモ系の格安SIMであれば音声通話も利用することができます。詳細はこちらからご確認下さい。

ASUS:ZenPad 3 8.0

ASUS:ZenPad 3 8.0

ゲーム性能に特化したタブレットに仕上がっています。前述したMediaPad M5など、HUAWEI系のCPUがあまり得意としない3Dゲームのグラフィック処理が優れています。

端末デザインもシックで高級感があるので、ビジネスシーンでも活用できます。

詳細はこちらからご確認下さい。

まとめ:格安SIMとタブレットのセット契約も可能!

ここまでで、タブレットを格安SIMで利用する前に確認しておくべきポイントから実際におすすめの格安SIM・SIMフリータブレットをご紹介してきました。

既存のタブレットを継続利用したい場合も、必ず動作確認をした上で、上記で説明してきたポイントをしっかりおさえておきましょう。

最後に、種類こそ多くはありませんが、タブレット端末をセット販売している格安SIMもあります。

まずは、自分の利用用途に合ったプランを提供している格安SIMがいくつか決まったら、その会社がセット販売でタブレットを扱っているかも確認しておくと良いでしょう。

格安SIMはタブレット利用に最適なので、ぜひこの記事を参考に利用を前向きに検討してみていただければと思います。

こちらの記事はいかがでしたか?

お役に立ちましたか?

送信する

もしよろしければお友達に
ご紹介お願いします!

  • ツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

特集コンテンツ

d-card

この記事を書いた人(編集:モバレコ編集部)

WEBデザイン・ガジェット・格安SIMなどに興味を示す鹿。大量のモバイル回線を元に沖縄でスピードテストを行っている。各社料金プランを調べたり、Androidのホーム画面をカスタマイズするのが好きです。自身のブログ「Creator Clip」では書きたいことを好きなだけ書いています。Twitter:@tokumewi