【2021年最新】楽天モバイルの評判は悪い?実際に使ってみた感想・口コミまとめ

書いた人: がねりん

カテゴリ: 楽天モバイル

楽天モバイル Rakuten UN-LIMIT 評価

楽天モバイルがキャリアとして運営開始から提供している「Rakuten UN-LIMIT」は、非常にシンプルかつ明瞭な料金プランが特徴です。

「Rakuten UN-LIMIT」も内容のブラッシュアップを重ね、2.0(パートナー回線利用のデータ容量増加など) → V(5G対応で料金は据え置きなど) → VI(1GB未満の利用は無料且つ上限はこれまで通り無制限の段階性プランなど)とよりお得にバージョンアップしてきました

今回は、実際の使用感や移行の手順、気になるポイントを含めて、楽天モバイルの評判・口コミを徹底解説します。

目次:

楽天モバイルの料金プラン「Rakuten UN-LIMIT VI」

楽天モバイルの料金
楽天モバイルの料金プラン

■楽天モバイル「Rakuten UN-LIMIT VI」概要

1GBまで 0円
3GBまで 1,078円
20GBまで 2,178円
無制限 3,278円
通話料金 通常22円/30秒
Rakuten Link利用でかけ放題
契約期間・違約金 なし
5G対応
※対応端末が必要
eSIM対応
※対応端末が必要

※楽天回線エリア外は5GBまで高速通信可能。5GB超で最大1Mbpsで無制限

この新しい料金プランは、「データ無制限」「高速通信」「通話かけ放題」「あまり使わない人もお得」といった他にはない特徴を持っています。

高速通信をデータを無制限で使えるので、今まで通信制限に苦しめられてきた方には非常に魅力的です。

また3GBまでしか使わない人にはさらに安くお得な料金設定になっており、さらに1GBまでは0円という破格の料金設定。

殆ど使わないけど高い料金を支払っていた人や通信の速度が安定しにくいMVNOを仕方なく利用していた人にもおすすめです。

さらに無料の「Rakuten Link」アプリを使えば、国内通話が無料でかけ放題になります。それでいて、0円 ~ 3,278円という大手携帯会社にはない安さなのも大きな魅力です。

楽天回線は他3キャリアよりも狭いのは事実ですが、楽天回線エリアは驚異のスピードでどんどん拡大しているので今後先も期待できます

楽天回線エリア以外のパートナーエリアと呼ばれる範囲では、au回線を使った通信が可能となっています。

こちらは月5GBまでの制限がありますが、超過後は1Mbpsで通信が可能です。

Rakuten UN-LIMIT VI へ無料アップグレード

2021年4月1日から「Rakuten UN-LIMIT V」は「Rakuten UN-LIMIT VI」にアップグレードされました。

「Rakuten UN-LIMIT」「Rakuten UN-LIMIT V」を利用中の方は、特に手続き必要なく順次アップグレードされます

今まで同様に「4G / 5Gの両回線が使い放題」に加えて、3GBまでは1,078円、1GBまでは0円の格安な価格で利用することができます。

今まで使いもしない大容量プランをしぶしぶ選択せざるを得なかった人も、自分の利用状況に合わせてお得に使えるようになりますよ。

現在「Rakuten UN-LIMIT VI」プラン料金3カ月無料キャンペーンを行っているので、「楽天モバイルが気になっていた」「試しに5G回線を使ってみたい」「あまりデータを使わない」「たくさんデータを使う」といった、どんな方でも一度使ってみても良い内容です。

評判・口コミからわかる楽天モバイルのメリット

メリット・デメリット
楽天モバイルのメリット

使ったからこそわかる楽天回線のメリット・デメリットをまとめました。

■楽天モバイルのメリット

  • プランがシンプルで分かりやすい
  • データ無制限+テザリングも無制限!
  • Rakuten Linkアプリを使えば通話かけ放題
  • 口座振替・デビットカード支払いができる
  • 楽天SPUで楽天ポイントを貯めやすくなる
  • iPhoneも正式に対応

メリット1:プランがシンプルで分かりやすい【1GB以下は0円/上限は無制限】

プランがシンプルで分かりやすい
プランがシンプル

楽天モバイルの料金プランは「Rakuten UN-LIMIT VI」の「ワンプラン」のみ。

他社の場合、定額料金プランと段階プランは別プランになっているところが多い中、楽天モバイルは、段階制も定額制も含めたシンプルなワンプランで提供されています。

選択に迫られず、どんな人でもお得にシンプルでわかりやすい点が特徴です。

過去に提供されていた楽天モバイルのプランでは、容量によってプランが細かく分かれていたり、電話かけ放題などオプションがいろいとあったりと、若干複雑でした。

現に、楽天モバイルの過去プランを使っていた際は、自分がどのプランに加入していたのか、どのオプションを付けていたのかを忘れることもしばしば。

しかし現在提供中の「Rakuten UN-LIMIT VI」はあれこれと選ぶ必要がないので、利用するハードルも低く、扱いやすさも大きなメリットとなっています。

メリット2:データ無制限+テザリングも無制限!

データ無制限+テザリングも無制限
データ無制限は最高

やはりデータ無制限は非常に魅力的です。

さらに、モバイルWi-Fiのような制限もないので、1日にどれだけネットを使っても問題ありません。通信速度も快適なので、ネットを見るのにストレスを感じることも少ないです。

そして、こちらの口コミのようにテザリングにもデータ無制限が対応されているのも大きなメリットです。

通信速度の速さはWi-Fiよりも優れているため、モバイルWi-Fi代わりとしても優秀な存在として重宝できるクオリティとなっています。

固定費削減にも貢献してくれるのは大きなメリットでしょう。

楽天モバイルなら1GBまで0円!
どれだけ使っても3,278円

メリット3:通話もRakuten Linkアプリを使えば快適

通話もRakuten Linkアプリを使えば快適
Rakuten Linkアプリを使えば快適

通話はRakuten Linkアプリを使うことで、かけ放題になるのも大きなメリットです。

以前のMVNO(格安SIM)であった楽天モバイルでは、別途でオプションに加入しなければいけませんでしたが、Rakuten UN-LIMITなら別に加入の必要はなくRakuten Linkアプリ(無料)をインストールするだけで利用できます。

もちろん通話は不便を感じないほど安定しており、通話アプリとしても十分なクオリティとなっています。楽天回線外でも使用してみましたが、大きな違いはなく快適でした。

Rakuten Linkアプリを利用すれば、Rakuten Linkアプリ同士、または国内通話(発信)の通話料が無料なので、通話料にヒヤヒヤしながら通話する心配も無いです。

メリット4:口座振替・デビットカード支払いができる

口座振替・デビットカード支払いができる
口座振替・デビットカードの選択も可能

MVNO(格安SIM)に多いのが、支払方法がクレジットカードに限定されるという点。

格安を謳う事業者なので仕方ないかもしれませんが、クレジットカードを持っていない方やあまり使いたくない方は選択肢が狭まってしまいますよね。

楽天モバイルではクレジットカードは勿論、デビットカードや口座振替も選択可能です。

対応しているデビットカード
  • 楽天銀行デビットカード
  • スルガ銀行デビットカード

のみ

対応している銀行口座
  • 楽天銀行
  • 三菱東京UFJ銀行
  • みずほ銀行
  • 三井住友銀行
  • りそな銀行
  • 埼玉りそな銀行
  • ゆうちょ銀行
  • ジャパンネット銀行
  • ソニー銀行
  • 住信SBIネット銀行
  • セブン銀行
  • じぶん銀行
  • イオン銀行
  • 新生銀行
  • 信用金庫

など

例えばクレジットカードを持っていない学生ユーザーでも申し込めるのは大きなメリットでしょう。

メリット5:楽天SPUで楽天ポイントを貯めやすくなる

楽天SPUで楽天ポイントを貯めやすくなる
楽天SPUで楽天ポイント+1倍

楽天モバイルは楽天関連サービスとの親和性が高く、楽天ポイントを貯めているとよりお得感があります。

楽天モバイルの月額料金自体が110円につき1ポイント還元され、月々の楽天モバイルの支払いに楽天ポイントを利用することもできます。

支払い方法を楽天カードにすることでさらにSPU(スーパーポイントアップ)の還元率が上がるのもポイントです。

楽天モバイルでの通信量が0GB以下なら、スマホ代の節約+SPUのポイントがアップ、という状態にすることも可能です。

メリット6:iPhoneも正式に対応

これまでも、楽天モバイル回線でiPhoneは、iPhone XR以降は利用できましたが、公式での扱いは「動作保障対象外」端末として自己責任範囲でした。

しかし、2021年4月27日に「キャリアアップデート」および「iOS 14.5」アップデートを適用で、iPhone 6s以降の全端末が正式に楽天モバイル回線に動作保証製品となりました。

これまでは、iPhone XR以降の端末が事実上利用できていましたが、今回iPhone XRより古い、iPhone 6s ~ iPhone 8シリーズまでが対応となったことは、現在でも古い端末を使用している方には朗報ではないでしょうか。

また、以前はiPhone端末において、楽天回線とパートナー回線の自動切り替えがうまく行かない不具合も確認されていましたが、今回の正式対応と共に不具合が解消されています。

楽天モバイルでiPhoneを使うならこちらもチェック

評判・口コミからわかる楽天モバイルのデメリット・注意点

評判・口コミからわかる楽天モバイルのデメリット
楽天モバイルのデメリット

続いて、楽天モバイルの口コミを調べていてわかったデメリット・注意点について解説します。

楽天モバイルは料金の安さ・プランのわかりやすさに好評が集まる一方、通信品質には課題が残るようです。

■楽天モバイルのデメリット・注意点

  • 大手他社より対応エリアが狭く、電波が繋がりにくいことがある
  • 通話・SMSはRakuten Linkを利用しないと割高
  • キャリアメールが使えない

注意点1:大手他社より対応エリアが狭く、電波が繋がりにくいことがある

Rakuten UN-LIMITのデメリット①
対応エリアが狭い

サービス内容、通信クオリティなどは他の携帯会社と比べても、唯一無二で満足度は非常に高いです。

ただ、現状は対応エリアが大手他社より狭いことが厳しい部分となっています。

とはいえ、楽天モバイルは年単位の前倒しで基地局増設を行っており、初代のRakuten UN-LIMITサービス開始当初と比較して2021年5月現時点で、東京23区はほぼ楽天モバイルエリアになりました。

またこの先も2021年秋以降の予定まで発表されており、驚異的なスピードで基地局を増設している努力が伺えます。

ただ、例え楽天回線の対応エリア内だったとしても、口コミのようにパートナー回線になってしまうこともあります。

現状では、まだ安定しない部分もあるので、楽天回線を利用する際はパートナー回線で通信になる可能性も頭に入れておいた方が良いでしょう。エリアに関しては今後の拡大と安定に期待したいところです。

注意点2:通話・SMSはRakuten Linkを利用しないと割高

楽天モバイルは無料アプリ「Rakuten Link」を利用することで国内通話かけ放題なのも、魅力に感じているユーザーは多いのではないでしょうか。

楽天モバイルの通話かけ放題について注意しなければならないのが、折り返し発信する場合など、
Rakuten Linkを利用しない発信には通常の通話料金がかかってしまう
事です。

特に気を付けるべきなのが、Rakuten LinkアプリをiPhoneで利用する場合。

2021年7月5日以降のアップデートで、「iPhoneでRakuten Linkを利用しない番号からの着信は、iOS標準の通話アプリにかかる」という仕様変更がされました。

またSMSに関して、Rakuten Linkを利用しない番号とのやり取りには、送受信共にiOS標準搭載のSMSアプリになっています。

LINE通話をメインで利用している方はあまり気にしなくてもいいかもしれませんが、楽天モバイルをiPhoneで利用予定の方、通話相手が楽天モバイル以外のユーザーという方は、アプリの仕様をあらかじめ把握しておくことをおすすめします。

注意点3:キャリアメールが使えない

楽天モバイルには、ドコモ・au・ソフトバンクのようなキャリアメールのサービスがありません。キャリアから乗り換えする場合にはこれらのメールアドレスは使えなくなります。

Yahoo!メールやGmailのようなフリーアドレスは利用できるため、それらのアドレスをキャリアメール代わりに使いましょう。

フリーアドレスに変えて特に不便になることはありませんが、利用しているサイトにキャリアメールを登録している場合は、乗り換え前に登録情報の変更を行いましょう。

実際に使ってみた感想は? 楽天モバイル「Rakuten UN-LIMIT」を利用してみた

実際にRakuten UN-LIMIT使ってみた
楽天回線を使った感想は?

※「Rakuten UN-LIMIT」サービス開始直後の使用感です。

次に楽天回線を実際の使用感などを詳しく解説します。対応エリア、テザリングの状況、普段使いしてみた感想などを紹介するので、楽天回線を検討中の方はぜひ参考にしてみてください。

対応エリアは?田舎でもつかえる?

対応エリア
対応エリアは?田舎でもつかえる?

楽天の新プランには2つの対応エリアがあります。まず「楽天回線対応エリア」、そして「パートナーエリア」。楽天回線のエリアでは、ネットが利用無制限+高速通信で楽しめます。パートナーエリアでは月5GBまでの通信制限ありで、au回線を使った通信ができるのが特徴です。

実際に東京で使用してみると、楽天回線のエリアが広くないと感じました。現在、筆者は東京23区外に住んでいるのですが、その場所では楽天回線の範囲外。なので、基本パートナーエリアでの通信となりました。

楽天回線内に入れば、通信速度も非常に速く、動画もサクサク観れるのですが、対応エリアの狭さは気になります。さらに、一部対応エリアMAPでは範囲内になっている場所でも、パートナー回線での通信になることがあったのは、少し残念です。

田舎・都内に関わらず、よく使う場所がエリアMAPのぎりぎりになっている場合はもう少し様子を見たほうがいいかもしれません。また、エリア状況が不安な人は3ヶ月の無料キャンペーンを使って試しに使ってみるのがいいでしょう。

テザリングも無制限対象なの?

テザリングも無制限対象
テザリングについて

テザリングのクオリティは満点に近いほど、使い心地が良かったです。スマホで感じてた通信速度の速さを、PCでも同じように感じれました。ちなみに、テザリングを行っているときの通信速度の平均は表の通りです。

  下り回線の平均 上り回線の平均
テザリング時の通信速度(PC) 27Mbps 29Mbps

加えて、無制限で利用できるのも大きな魅力です。これまで、スマホでテザリングを行う際は通信制限にヒヤヒヤしていました。ですが、無制限で利用できるおかげで、データ容量に対してストレスを感じず気軽にネットが利用できたのには驚きです。

通信も十分速いので、外でネットをするためにモバイルWi-Fiを持っていく必要がなくなるほど快適でした。テザリングでも、楽天回線の利点をしっかり生かしてくれているのも、嬉しい部分です。

楽天モバイルなら1GBまで0円!
どれだけ使っても3,278円

実際に今までどおり使ってみてどうだったか?

次は下記の用途で楽天回線「Rakuten UN-LIMIT」をj利用し実際にレビューします。

■Rakuten UN-LIMITで実際に使ってみた用途

・通話
・動画サービス
・SNS
・音楽ストリーミング

結果から言うと、どの用途で使っても全く問題なかったです。むしろ、モバイルWi-Fiやモバイル通信よりも、快適に感じる部分も多く、非常に満足しています。各項目で詳しく使用感を解説しているので、ぜひ参考にしてください。

 通話

通話も問題ない
楽天回線で通話してみました

実際にLINE通話やRakuten Linkアプリで通話してみましたが、不便さは感じませんでした。普段、モバイルWi-Fiや楽天モバイルのモバイル回線で通話することが多いのですが、大きく差はないように感じます。ラグや途切れもなかったので、楽天回線でも安心して通話を楽しめます。

 動画サービス

動画資料①動画資料②
動画サービスの使用感は?

動画サービスも問題なく視聴できました。後述しますが、通信速度が非常に速いため、例えばYouTubeの動画を大幅にスキップしても、ロード時間が1秒未満で再生。ノンストレスで動画視聴できたのには驚きです。

さらに、動画のダウンロードもスピーディーだったのが印象的。今回はNetflixで動画をダウンロードしましたが、その時にかかった時間は下記の通り。

■Netflixの動画ダウンロード時間

・アニメ(約30分)・・・約20秒
・ドラマ(約1時間)・・・約20〜30秒
・映画(約2時間)・・・約40〜50秒

スムーズかつスピーディーにダウンロードができるので、楽天回線範囲外に出る際に、サクッと動画を保存できるのも嬉しい部分だと感じました。

 SNS

SNSサービスの使用感
SNSの使用感は?

次にTwitter、Instagram、LINEなどは、どれもサクサクと閲覧できて、使いづらいと感じるストレスはありませんでした

画像のアップロードも、2〜3秒ほどでできるので気軽に投稿しやすくなったと感じます。さらに、TLの更新もスピーディー。更新を待たされることが、ほとんどなくストレスも少なかったです。

 音楽ストリーミング

音楽ストリーミング
音楽ストリーミングの使用感は?

音楽サービスのストリーミングも止まることなく楽しめました。さらに、ダウンロードもサクサク進んだのも嬉しい部分です。

今回は一般的なアルバムと比べると3倍以上のボリュームがあるサウンドトラックをダウンロードしたのですが、全曲ダウンロード完了するまで、20秒もかかりませんでした。

ストリーミングで聞くのも良し、ダウンロードするのも良しとなっており、音楽好きにはたまらない使い心地となっています。

実際に通信速度を測ってみた

Rakuten UN-LIMITの通信速度
実際に通信速度は?

楽天回線対応エリア内で通信速度を計測しました。今回はスピードテストアプリを使い朝、昼、晩の平均通信速度を測っています。

■楽天回線の通信速度

 
下り回線の平均 59.3Mbps 65Mbps 52.7Mbps
上り回線の平均 34.9Mbps 41Mbps 34.8Mbps

※通信速度は通信する場所や環境、時間帯によって異なります。

表でもわかる通り、下り・上りどちらも平均的に速いです。なので、どの時間にネット利用しても、スムーズに楽しめます。

数字に出して比較してみると夜の通信速度が若干弱く見えますが、使っている筆者は動画やSNSなどを閲覧していても困りませんでした。サクサクです。

ネットをガッツリ利用する方、テザリングを行ってビジネスでもバリバリ使いたい方にも、満足できるクオリティです。

Twitterでの楽天モバイルの速度についてのツイートも紹介していきます。

ただし、やはりTwitterでの口コミもエリアによっては速度がでない、遅いというツイートもみられます。「繋がればかなりさくさく、状況とエリアによっては遅くなってしまう」といった印象です。

楽天モバイルなら1GBまで0円!
どれだけ使っても3,278円

楽天モバイルへ乗り換えるには?

楽天モバイルスタートガイド
楽天回線へ移行するには?

まずは他社から、「Rakuten UN-LIMIT VI」に乗り換えをする流れを簡単に紹介します。

■申し込み 〜 SIM到着まで

①:事前に他社においてMNPの予約番号を発行しておく
②:公式サイトの「お申し込み」をクリック
③:my楽天ページから「Rakuten UN-LIMIT VI」を申し込む

■MNP転入手続き〜利用開始まで

①:SIMが届いたらmy楽天モバイルにログイン
②:申し込み番号を選択
③:「転入を開始する」を選択し、使っているスマホが通話不可になったらOKI
④:スマホの電源OFFの状態でRakuten UN-LIMITにSIMに変える
⑤:電源をONにしてAPNを設定して完了

乗り換え自体は難しくありません。申し込みまでは1〜2分程度で行えます。MNP転入手続きに関しても、説明書が一緒に送られてくるので、それに沿って行えばスムーズに移行可能です。

また、他社から乗り換えのときに、Rakuten UN-LIMITの事務手数料も、違約金は発生しないのでご安心ください。しかも今なら、Rakuten UN-LIMIT VIに申し込みすると「Rakuten UN-LIMIT VIお申し込みキャンペーン」が受けられます

そして1つ注意として、楽天回線を利用する際は、「楽天回線対応のスマホ」を用意しておくことがあります。

下記のページには楽天回線対応のスマホがまとめられているので、あらかじめ確認しておきましょう。
※参考:製品 | 楽天モバイル

楽天モバイルなら1GBまで0円!
どれだけ使っても3,278円

次は上記の流れを画像を交えて解説するので、参考にしてください。

申し込み〜SIM到着まで

①:公式サイトの申し込みをクリック

申し込みをクリック
公式サイトの申し込みをクリック

まずはRakuten UN-LIMITのページから申し込みをクリックします。

②:「Rakuten UN-LIMIT VI」を申し込む

プランを選択
「Rakuten UN-LIMIT VI」を申し込む

プランとオプションを選択し、楽天会員ログインまたは新規登録し、申し込みが完了させます。SIMが到着するのを待ちましょう。

MNP転入手続き〜利用開始まで

①:SIMが届いたらmy楽天ページにログインし、申し込み番号を選択

my楽天ページにログイン申し込み番号を選択
SIMが届いたらmy楽天ページにログインして申し込み番号を選択

SIMが届いたら、挿し替える前にmy楽天ページにログインします。そして、申し込み番号を選択し、MNP転入手続きを行います。

③:「転入を開始する」を選択し、使っているスマホが通話不可になったらOK

転入を開始
「転入を開始する」を選択

「転入を開始する」を選択して、使っているスマホが通話不可になったらMNP転入手続きは終了です。

④:スマホの電源OFFの状態でRakuten UN-LIMITにSIMに挿し替える

Rakuten UN-LIMITのSIMに挿し替える
Rakuten UN-LIMITにSIMに挿し替える

スマホの電源をOFFにして、Rakuten UN-LIMITにSIMに挿し替えましょう。

⑤:電源をONにしてAPNを設定して完了

APN設定①APN設定②
SIMが届いたらmy楽天ページにログインして申し込み番号を選択

電源をONにしてAPNを設定して完了

最後は、スマホの電源をONにして、「設定」からAPN設定を行えば完了です。自分のAPNを確認する際は、下記のページを参考にしてください。

通常、楽天モバイルで販売しているスマホにSIMカードを差し込むと自動的にネットの通信接続が完了する仕組みみたいなのですが、今回は筆者がもともと使っていたHUAWEI P20 liteを使っているため手動でAPN設定が必要になりました。

参考:APN情報を確認したい | よくあるご質問 | 楽天モバイル

楽天モバイル「Rakuten UN-LIMIT」へ乗り換える詳細はこちらもチェック

楽天モバイルのお得なキャンペーン

楽天モバイルではお得なキャンペーンを開催しています。

直近のキャンペーンでは楽天モバイルからiPhoneが発売されるに伴い、iPhoneがお得に購入できるキャンペーンが開催されています。

楽天モバイルのお得なキャンペーン

・楽天モバイルプラン料金3ヶ月間無料
・iPhone22,000円割引キャンペーン
・対象スマホとセットで最大25,000pt還元
・楽天ユーザーなら楽天ひかりがお得!

楽天モバイルプラン料金3ヶ月間無料

楽天モバイルの代表的なキャンペーンになりつつある、プラン料金無料キャンペーン。今なら3ヶ月のプラン料金が無料で楽天モバイルがはじめられます。

キャンペーン申し込み期間

・WEB:2021年4月8日(木)0:00~終了日未定
・ショップ:2021年4月8日(木)開店~終了日未定

キャンペーン適用条件

「Rakuten UN-LIMIT VI」を申し込みをされた楽天会員の方

iPhone22,000円割引キャンペーン

Rakuten UN-LIMIT VIへ他社から乗り換えとiPhoneを申し込みと同時購入すると、一括払いまたは24回払いで購入で22,000円割引楽天iPhoneアップグレードプログラム(48回払い)で購入で20,000pt還元されます。

キャンペーン申し込み期間

・WEB:2021年7月29日(木)9:00~終了日未定
・ショップ:2021年7月29日(木)開店~終了日未定

キャンペーン適用条件

①他社から「Rakuten UN-LIMIT VI」へ乗り換え(MNP)
②「Rakuten UN-LIMIT VI」の申し込みと同時または同日に対象製品を購入
③「Rakuten UN-LIMIT VI」プラン利用開始
④「Rakuten Link」の利用

対象スマホとセットで最大25,000pt還元

楽天モバイルの申し込み時、スマホを同時購入すると最大25,000円相当分の楽天ポイントが還元されます。

キャンペーン申し込み期間

・WEB:2020年12月8日(火)9:00~常時開催
・ショップ:2020年12月8日(火)開店~常時開催

キャンペーン適用条件

①「Rakuten UN-LIMIT VI」の申し込み
②プラン利用開始
③「Rakuten UN-LIMIT VI」申し込みの翌月末日23:59までに「Rakuten Link」の利用

楽天ユーザーなら楽天ひかりがお得!

楽天ひかり
楽天ひかり(引用元:楽天ひかり

【楽天ひかりの概要】

対応エリア 日本全国
最大速度 1Gbps
初期登録費 新規契約:880円
フレッツ光、光コラボからののりかえ:1,980円
工事費用 戸建て マンション
19,800円
※フレッツ光、光コラボからののりかえは無料
16,500円
※フレッツ光、光コラボからののりかえは無料
月額料金 戸建て マンション
5,280円
※楽天モバイルユーザーは1年間無料
4,180円
※楽天モバイルユーザーは1年間無料
キャンペーン内容 1年間月額料金割引

楽天モバイル利用者なら、楽天ひかりの月額料金が1年間無料になるキャンペーンを実施しています。キャッシュバックのキャンペーンとは違い、もらい忘れなく特典を受けられることがポイントです。

マンションタイプなら4,180円×12ヶ月=50,160円、戸建てタイプなら5,280円×12ヶ月=63,630円もお得にはじめられます。月々の通信費を安くさせたい人は回線の見直しも一つの手です。

「Rakuten UN-LIMIT VI」評価まとめ

実際に新しい楽天モバイル「Rakuten UN-LIMIT VI」使ってみましたが、料金、通信速度、サービス内容など、今まで利用してきた携帯会社の中でも群を抜いてクオリティが高いです。特に通信速度の速さは衝撃的でした。

これまで通信は、モバイルWi-Fiを活用して補ってきましたが、この速さの高速通信をデータ無制限で使えるので、もう必要ないと思うほどの満足度です。

だからこそ、楽天回線エリアの拡大に期待し今後も使い続けたいと感じました

「Rakuten UN-LIMIT VI」に乗り換えを検討している人は以下の確認しておきたいポイントを参考にしてみてください。

■乗り替え前に確認しておきたいポイント

・申し込みは簡単だけど、MNPの手続きが必要
・パートナー回線エリアは月5GBの制限あり
・対応エリア内ならデータ無制限で高速通信を堪能できる
・テザリングも無制限で利用できる
・現状は対応エリアが狭いので事前に確認しておくと良い

楽天モバイルなら1GBまで0円!
どれだけ使っても3,278円

楽天モバイル「Rakuten UN-LIMIT」についてもっと知りたい方はこちら



楽天モバイルで実施中のキャンペーン

rakuten
  • 「Rakuten UN-LIMIT VI」プラン料金
    3カ月無料キャンペーン
  • iPhone激トク乗り換え!
    最大30,000円相当ポイント還元
  • スマホ(Android)激トク乗り換え!
    最大25,000円相当ポイント還元
  • SIMのみ激トク乗り換え!
    最大20,000円相当ポイント還元
  • Rakuten Hand実質0円!

この記事を書いた人(編集:モバレコ編集部)

がねりん

がねりん

体張るライター

プロフィール

2016年からライターとして独立。現在は格安SIM関係を始め、ガジェット体験などを毎月発信しています。

たまに自分のサイトで体を張ったネタ記事も作成。1ヵ月間キャットフードだけで生活したり、自転車で400km以上旅するなど、ユーザーに楽しんでもらえる記事も執筆しています。

モバレコでは、ガイド系、比較、まとめなどを担当。読者が理解しやすいコンテンツを心がけています。

得意カテゴリー

WiFi・スマホ・格安SIM・ガジェット

ブログ・SNS

がねりん★ファンタスティック!
http://yougaku24.net/
Twitter(@arcticmonckys)
https://twitter.com/arcticmonckys

特集コンテンツ

d-card

d-card

Let's Share!

  • Twitter シェアアイコン
  • facebook シェアアイコン
  • はてなブックマーク シェアアイコン
  • Pocket シェアアイコン