カテゴリ: スマートフォン

スマホ おすすめランキング

【2022年11月】 おすすめスマホランキング!15機種を価格帯や用途別に厳選!スマホの選び方も解説!

「新機種を新規購入・機種変更をしたいがどのスマホを選べばいいのか分からない、迷っている」という方のために、2022年現在で最新のモデルを含めた人気のAndroidスマホを、ランキング形式で紹介します。

今回はキャリア(ドコモ・au・ソフトバンク・楽天モバイル)で販売中の機種を中心に15機種を厳選し、価格帯別に分けておすすめのランキングを選定しました。

各機種の特徴も踏まえて紹介していくので、予算や自分の利用用途に合ったスマホをぜひ見つけ出してみて下さい!

★価格帯別のランキングはこちら!★

〜3万円以内 3〜8万円台 8万円以上

★用途別のおすすめスマホはこちら!★

おすすめiPhoneシリーズ
カメラ性能に特化したおすすめのスマホ
ゲームプレイに特化したおすすめスマホ
小さいコンパクトなおすすめスマホ
シニア向けのおすすめスマホ

★スマホ選びのポイントはこちら!★

各ランキングは、ドコモ、au、楽天モバイルが公表している売れ筋ランキング、価格.comの人気ランキングをもとに、編集部独自で価格や特徴などから順位づけをしています。

au スマホがおトク!
- au -

sale

au スマホ応援割U22

22歳以下のユーザーなら
iPhone 14など対象機種の購入で
最大10,120円割引

さらに!

・新規・MNPなら「au Online Shop お得割」で
最大22,000円割引

・機種変更なら「5G機種変更おトク割」で
最大5,000円割引

目次:

【今月のおすすめスマホ】 OPPO Reno7 A:手頃な価格と性能のバランスが取れたコスパの高さが魅力!

OPPO Reno7 A
OPPO Reno7 A(引用元:[1]

8月は、多くのユーザーにとって必要十分な機能を備えたコスパモデル「OPPO Reno7 A」を、おすすめ機種として選定しました。

OPPO Reno7 Aでは、実際に日本のユーザーから集めた意見が反映されており、例えば同じ機種を長く使い続けたいという声に応えて、今作からはサクサク感を維持する「システム劣化防止機能」を搭載しています。

また、薄型、軽量化とバッテリーの大容量化を同時に実現している点もポイントです。

その他にも防水・防塵、おサイフケータイ、最大4,800万画素のカメラなど充実のスペックでありながら、5万円を切る価格で購入できるので、コスパ良く快適に使い続けられるスマホを選びたい人におすすめです。

OPPO Reno7 Aは、au、楽天モバイルに加えて、サブキャリアではUQモバイル、ワイモバイルからも発売されています。

Y!mobileのOPPO Reno7 Aが
大特価21,600円!

OPPO
Reno7 A

端末のご購入はこちら

iPhone 13シリーズ値下げ!

iPhone 14シリーズ
最大24,000円相当ポイント還元!

SIMのみ乗り換えで
最大13,000円相当キャッシュバック!

【2022年最新】おすすめスマホランキング | 3万円以内

まずは手頃で購入もしやすい3万円以下の機種を紹介します。

この価格帯の機種の特徴として、SNSや動画視聴等の日常用途では問題なく利用できますが、2つのアプリの同時起動などマルチタスクには不向きです。

また、負荷のかかるゲームなどをメインとしたい場合も、この後に紹介する3万円超の機種を選んだ方が快適に利用できるでしょう。

▼紹介機種の比較早見表

※横にスクロールできます。

機種名 Xperia AceⅢ AQUOS wish2 arrows We Redmi Note 10 JE Rakuten Hand 5G
重量 162g 162g 172g 200g 134g
画面サイズ 5.5 5.7 5.7 6.5 5.1
発売日 2022年6月 2022年6月 2021年12月 2021年8月 2021年6月
バッテリー 4,500mAh 3,730mAh 4,000mAh 4,800mAh 2,630mAh
対応回線 4G/5G 4G/5G 4G/5G 4G/5G 4G/5G

▼各機種の特徴

1位 Xperia AceⅢ
コンパクトサイズに大容量バッテリー搭載
2位 AQUOS wish2
見た目はシンプルでもAQUOSシリーズならでは高機能
3位 arrows We
全世代で使いやすい便利機能が豊富
4位 Redmi Note 10 JE
低価格でも3つカメラ機能が搭載でさまざまな撮影シーンに対応
5位 Rakuten Hand 5G
実質1円から購入可能な最安機種!

ランキングは、ドコモ、au、楽天モバイルが公表している売れ筋ランキング、価格.comの人気ランキングをもとに、編集部独自で価格や特徴などから順位づけをしています。

1位:Xperia Ace Ⅲ

Xperia AceⅢ
Xperia Ace Ⅲ(引用元:[4]
▼Xperia AceⅢのスペック表
サイズ (縦)140mm ×(幅)69mm×(厚さ)8.9mm
重さ 162g
CPU Snapdragon 480
RAM/ROM 4GB/64GB
ディスプレイ 約5.5インチ
HD+/TFT(液晶)
背面カメラ 1,300万画素(広角)
前面カメラ 500万画素
バッテリー 4,500mAh
対応回線 4G/5G
防水・防塵
おサイフケータイ
外部接続
(SDカード/イヤホン)
microSDXCカード / イヤホンジャック端子
充電形式 USB Type-C / ワイヤレス充電非対応
発売日 2022年6月10日

Xperia AceⅢは、人気のXperiaシリーズでは最も価格が抑えられた「Aceシリーズ」の最新モデルです。

これまではドコモからのみの発売でしたが、今回からauやUQモバイルなどでも取り扱いを開始したため、より購入もしやすくなりました。

機能面では、横幅が約69mmに抑えられているので手のひらに収まるコンパクトサイズが大きな特徴です。また、5Gに対応した4500mAhバッテリー搭載のスマホでは世界最小サイズとなっています。

さらに、劣化しにくい長寿命バッテリーや、被写体に応じて、設定を自動で最適化してくれる「プレミアムおまかせオート」など、Xperiaならではの機能も低価格モデルとはいえ備わっているので、長く安心して使える機種を選びたい方におすすめです。。

Xperia Ace Ⅲのおすすめポイント

  • 手に収まるコンパクトサイズながらも、4,500mAhの大容量バッテリー搭載
  • 大きな文字とアイコンで表示できる「かんたんホーム」搭載で初心者でも安心
  • Xperiaならではの多機能なカメラとオーディオ

Y!mobileのXperia Ace Ⅲが
大特価一括1円!

Sony Mobile
Xperia Ace Ⅲ

端末のご購入はこちら

iPhone 14シリーズ 最大22,000円割引!

iPhone 13シリーズ値下げ!

SIMのみ乗り換えで
最大13,000円相当キャッシュバック!

▲目次に戻る

2位:AQUOS wish2

AQUOS wish
AQUOS wish2(引用元:[1]
▼AQUOS wish2のスペック表
サイズ (縦)147mm ×(幅)71mm×(厚さ)8.9mm
重さ 162g
CPU Snapdragon 695
RAM/ROM 4GB/64GB
ディスプレイ 約5.7インチ
HD+/TFT(液晶)
背面カメラ 1,300万画素(広角)
前面カメラ 800万画素
バッテリー 3,730mAh
対応回線 4G/5G
防水・防塵
おサイフケータイ
外部接続
(SDカード/イヤホン)
microSDXCカード / イヤホンジャック端子
充電形式 USB Type-C / ワイヤレス充電非対応
発売日 2022年6月24日

AQUOS wish2は、「シンプルで飾らないスマホ」をコンセプトに生まれた「AQUOS」の新シリーズです。

「AQUOS senseシリーズ」などと比べると性能は抑えられていますが、「AQUOSシリーズ」ならではの多くの便利機能も備わっていおり、より手にしやすいお手頃な価格になっています。

見た目はシンプルな機種ですが、指紋認証や防水・防塵、おサイフケータイなど、欠かせない機能は一通り揃っています

また、発売から2年間のOSバージョンアップも保証されてるので、安心して長く使い続けられる点も魅力です。

AQUOS wish2のおすすめポイント

  • どの世代にも馴染みやすいシンプルですっきりとしたデザイン
  • AQUOS独自の便利機能も多く搭載
  • 2年間のOSアップデート保証で長く安心して使える

Y!mobileのAQUOS wish2が
大特価一括1円!

SHARP
AQUOS wish2

   

端末のご購入はこちら

iPhone 14シリーズ 最大22,000円割引!

▲目次に戻る

3位:arrows We

arrows We
arrows We(引用元:[2]
▼arrows Weのスペック表
サイズ (縦)147mm ×(幅)71mm×(厚さ)9.4mm
重さ 172g
CPU Snapdragon 480
RAM/ROM 4GB/64GB
ディスプレイ 約5.7インチ
HD+/TFT(液晶)
背面カメラ 1,310万画素(広角)190万画素(マクロ)
前面カメラ 500万画素
バッテリー 4,000mAh
対応回線 4G/5G
防水・防塵
おサイフケータイ
外部接続
(SDカード/イヤホン)
microSDXCカード / イヤホンジャック端子
充電形式 USB Type-C / ワイヤレス充電非対応
発売日 2021年12月3日

arrows Weは、ジュニア世代からシニア世代まで、幅広い年齢層に使いやすいことを重視して作られたスマホです。

また、arrowsシリーズ史上最大級の4,000mAhのバッテリーを搭載している点も特徴です。

さらに、新しい生活様式にも対応しており、丸洗いやアルコール除菌などにも対応している高い防水性能や高い耐衝撃性能を備えているので、毎日の利用にも安心できる仕様となっています。

そのほかにも国内メーカーのスマホならではのキャッシュレス決済をスムーズにできる「FASTウォレット」機能や「迷惑電話対策機能」、画面やアイコンの大きい「かんたんモード」など数多くの便利機能も備えているので、日常使いのスマホとしておすすめです。

arrows Weのおすすめポイント

  • 幅広い年齢層の利用にあわせた充実の機能を搭載
  • アルコールや丸洗いにも対応する高い耐久性
  • 長時間の電池持ちを実現する大容量のバッテリー
   
   

FUJITSU
arrows We

端末のご購入はこちら

iPhone 14シリーズ 最大22,000円割引!

iPhone 13シリーズ値下げ!

iPhone 14シリーズ 予約受付中!

SIMのみ乗り換えで
最大13,000円相当キャッシュバック!

arrows Weが気になった方はこちらもチェック!

▲目次に戻る

4位:Redmi Note 10 JE

Redmi Note 10 JE
Redmi Note 10 JE(引用元:[4]
▼Redmi Note 10 JEのスペック表
サイズ (縦)163mm ×(幅)76mm×(厚さ)9.0mm
重さ 200g
CPU Qualcomm Snapdragon 480 5G MobilePlatform
RAM/ROM 4GB/64GB
ディスプレイ 6.5インチ
FHD+/TFT(液晶)
最大90Hzのリフレッシュレート
背面カメラ 4,800万画素(広角)
200万画素(マクロ)
200万画素(深度)
前面カメラ 800万画素
バッテリー 4,800mAh
対応回線 4G/5G
防水・防塵
おサイフケータイ
外部接続
(SDカード/イヤホン)
microSDXCカード/イヤホンジャック端子
充電形式 USB Type-C / ワイヤレス充電非対応
発売日 2021年8月13日

「Redmi Note 10 JE」は、3万円以下と低価格であることと、大きなディスプレイが特徴のスマホです。

また、低価格ではありながらも、ニーズの多い5Gやおサイフケータイ、防水防塵と4,800mAhの大容量バッテリーを搭載しており、機能面では価格以上に充実しています。

カメラについても最大4,800万画素の夜景やポートレート撮影にも強い高画素カメラが搭載されています。

なお、au限定のモデルではありますが、お手頃でコスパも高いのでおすすめです。

Redmi Note 10 JEのおすすめポイント

  • 6.5インチの大画面で文字や映像を大きく表示可能
  • 低価格でありながらもおサイフケータイや防水・防塵などのトレンド機能は網羅
  • 最大4800万画素の高画素カメラによって綺麗な写真撮影が可能
   
   

Xiaomi
Redmi Note 10 JE

端末のご購入はこちら

iPhone 13シリーズ値下げ!

▲目次に戻る

5位:Rakuten Hand 5G

Rakuten Hand 5G
Rakuten Hand 5G(引用元:[10]
▼Rakuten Hand 5Gのスペック表
サイズ (縦)138mm ×(幅)63mm ×(厚さ)9.5mm
重さ 134g
CPU Qualcomm Snapdragon 480G
RAM/ROM 4GB/128GB
ディスプレイ 5.1インチHD+ 有機EL
背面カメラ 6,400万画素(広角)
200万画素(深度測位)
前面カメラ 1,600万画素
バッテリー 2,630mAh
対応回線 4G/5G
防水・防塵
おサイフケータイ
外部接続
(SDカード/イヤホン)
SDカード非対応 / イヤホンジャック非搭載
充電形式 USB Type-C / ワイヤレス充電非対応
発売日 2021年6月3日

Rakuten Hand 5Gは、楽天モバイルオリジナルのコンパクトな高機能スマホです。

本体は手に収まる5.1インチのコンパクトサイズになっており、横幅については5Gスマホの中で最もスリムとなっています。また本体の重量も134gと非常に軽量なので、持ち続けていても疲れにくくなっています。

また、楽天モバイルオリジナル機種ということで、商品のバーコードを読み取ると、楽天市場での最安値がわかる機能や楽天サービスアプリへのログインが簡単に行えるなど、楽天のサービスを多く使っている人ほど便利に利用できる点も特徴です。

Rakuten Hand 5Gは楽天モバイルで購入する際にキャンペーンを利用すると、実質1円から購入が可能です。

そのため「とにかく安く機種を購入したい!」という方にもおすすめです。

Rakuten Hand 5Gのおすすめポイント

  • コンパクトで軽量かつスリムな本体サイズ
  • 楽天サービスが便利に使える機能を搭載
  • 5G対応スマホを実質1円で購入可能

iPhone 14シリーズ
最大24,000円相当ポイント還元!

▲目次に戻る

【2022年最新】おすすめスマホランキング | 3万~8万円以内

続いて「3万〜8万円以内」の機種です。

この価格帯になると、ミドルスペックとも呼ばれ、マルチタスクを含むほぼ全ての用途で快適に利用できる機種が多くなり、選択肢も増えます。

また、上位機種と同じ特徴を備えながらも低価格の機種もあり、コスパに優れているので、最も狙い目の価格帯ともいえます。

負荷のかかるゲームといった用途でも利用可能ですが、より余裕を持った性能で快適に利用したいという方は8万円以上の価格帯の機種がおすすめです。

▼紹介機種の比較早見表

※横にスクロールできます。

機種名 OPPO Reno7 A Google Pixel 6a Xperia 10 Ⅳ Galaxy A53 5G AQUOS sense7
重量 175g 178g 161g 189g 158g
画面サイズ 6.4 6.1 6.0 6.5 6.1
発売日 2022年6月 2022年7月 2022年7月 2022年5月 2022年10月
バッテリー 4,500mAh 4,410mAh 5,000mAh 5,000mAh 4,570mAh
対応回線 4G/5G 4G/5G 4G/5G 4G/5G 4G/5G

▼各機種の特徴

1位 OPPO Reno7 A
システム劣化防止機能搭載で長く使い続けることが可能!
2位 Google Pixel 6a
長期のアップデート保証とシンプルな操作性で長く使い続けられる!
3位 Xperia 10 Ⅳ
特徴的な縦長ディスプレイでマルチタスクも快適!
4位 Galaxy A53 5G
最大120Hzのリフレッシュレートにも対応し、なめらかな動作が実現!
5位 AQUOS sense6
省電力ディスプレイと大容量バッテリーで圧倒的な電池持ち!

ランキングは、ドコモ、au、楽天モバイルが公表している売れ筋ランキング、価格.comの人気ランキングをもとに、編集部独自で価格や特徴などから順位づけをしています。

1位:OPPO Reno7 A

OPPO Reno7 A
OPPO Reno7 A(引用元:[9]
▼OPPO Reno7 Aのスペック表
サイズ (縦)159mm ×(幅)73.4mm×(厚さ)7.6mm
重さ 175g
CPU Qualcomm Snapdragon 695 5G
RAM/ROM 6GB/128GB
ディスプレイ 6.4インチ
LCD(液晶)
最大90Hzのリフレッシュレート
背面カメラ 4,800万画素(広角)
800万画素(超広角)
200万画素(マクロ)
前面カメラ 1,600万画素
バッテリー 4,500mAh
対応回線 4G/5G
防水・防塵
おサイフケータイ
外部接続
(SDカード/イヤホン)
microSDXCカード / イヤホンジャック端子
充電形式 USB Type-C / ワイヤレス充電非対応
発売日 2022年6月27日

OPPO Reno7 Aは、最新のCPUに6GBのメモリと128GBの保存容量、5Gにも対応しており、一般的な使い方をするユーザーにとっては必要十分なスペック仕様です。

前モデルからさらに薄型と軽量化をしていますが、電池容量は4,500mAhへ増量を実現しています。また前作に引き続き18Wの急速充電にも対応しているので、より電池持ちの面で安心できます。

さらに、今回のモデルから36ヶ月間は購入時のようにサクサクと動作するように自動で調整してくれる「システム劣化防止機能」も搭載されており、より長く使い続けたいというユーザーの声にも応えています。

おサイフケータイや多彩なカメラ機能、90Hzの滑らかなディスプレイなどの前モデルのおすすめポイントも引き継いでより進化しており、この夏トップクラスにおすすめできる1台です。

OPPO Reno7 Aのおすすめポイント

  • 「システム劣化防止機能」搭載でもたつきなく使い続けられる
  • 前モデルから電池容量はアップしながらもより薄く軽量化も実現
  • 最新CPUや大容量ストレージで日常使いには困らない仕様

Y!mobileのOPPO Reno7 Aが
大特価21,600円!

OPPO
Reno7 A

端末のご購入はこちら

iPhone 13シリーズ値下げ!

iPhone 14シリーズ
最大24,000円相当ポイント還元!

SIMのみ乗り換えで
最大13,000円相当キャッシュバック!

旧モデルのOPPO Reno5 Aのレビュー記事はこちら!

▲目次に戻る

2位:Google Pixel 6a

Google Pixel 6a
Google Pixel 6a(引用元:[10]
▼Google Pixel 6aのスペック表
サイズ (縦)1522.2mm ×(幅)71.8mm ×(厚さ)8.9mm
重さ 178g
CPU Google Tensor
RAM/ROM 6GB/128GB
ディスプレイ 6.1インチ FHD+
背面カメラ 1,220万画素(広角)
1,200万画素(超広角)
前面カメラ 800万画素
バッテリー 4,410mAh
対応回線 4G/5G
防水・防塵
おサイフケータイ
外部接続
(SDカード/イヤホン)
SDカード非対応 / イヤホンジャック非搭載
充電形式 USB Type-C / ワイヤレス充電非対応
発売日 2022年7月28日

Google Pixel 6aは、AndroidのOSを開発しているGoogleが手がけたスマホです。

上位モデルの「Google Pixel 6」と比較すると、本体サイズやカメラの画素数などに違いはありますが、その分本体価格はよりお手頃になっています。また、CPUには上位モデルと同じ「Google Tensor」が搭載されているので、「iPhone SE」などに近いコスパモデルと言っていいでしょう。

Googleの強みであるAIを活用した数多くの機能は搭載されており、例えば写真に写り込んだ余計なものを消せる「AI消しゴム」なども利用できます。

また、OSを開発しているメーカーのスマホならではの特典として、3年間のOSアップデート保証、5年間のセキュリティアップデート提供が確約されている点も、長く使い続ける上で安心できるポイントです。

Google Pixel 6aのおすすめポイント

  • 上位モデルよりも手頃でかつ軽くてコンパクトながらも、同等の性能を発揮可能
  • 最大5年間のセキュリティアップデート保証
  • OSを開発しているメーカーならではのシンプルで使いやすいUI

iPhone 13シリーズ値下げ!

▲目次に戻る

3位:Xperia 10 Ⅳ

Xperia 10 Ⅳ
Xperia 10 Ⅳ(引用元:[7]
▼Xperia 10 Ⅳのスペック表
サイズ (縦)153mm ×(幅)67mm×(厚さ)8.3mm
重さ 161g
CPU Snapdragon 695 5G Mobile Platform
RAM/ROM 6GB/128GB
ディスプレイ 6.0インチ
フルHD+ 有機EL
背面カメラ 1,200万画素(広角)
800万画素(超広角)
800万画素(望遠)
前面カメラ 800万画素
バッテリー 5,000mAh
対応回線 4G/5G
防水・防塵
おサイフケータイ
外部接続
(SDカード/イヤホン)
microSDXCカード / イヤホンジャック端子
充電形式 USB Type-C / ワイヤレス充電非対応
発売日 2022年7月8日

Xperia 10 Ⅳは、横に持つと映画のスクリーンと同じ比率になる上下に長い6インチのディスプレイが特徴のスマホです。この特徴を生かして複数アプリの起動などのマルチタスクも快適に行うことができます

また、バッテリーには3年使用しても劣化しにくい独自技術が取り入れられており、バッテリー容量も5,000mAhの大容量を搭載しているので、長く利用し続ける際も安心の仕様となっています。

また、SONYブランドのカメラやオーディオのノウハウも生かされており、カメラではシリーズ初の光学式手ぶれ補正に対応したことで、暗所やポートレート撮影の際により明るく綺麗に撮影できるようになりました。オーディオ面では、ハイレゾ対応はもちろん、空間音響にも対応しているので、音楽を聞くときにこだわりたいという方にもおすすめです。

Xperia 10 Ⅳのおすすめポイント

  • マルチタスクに便利な21:9のディスプレイ搭載
  • 長期間使っても劣化のしにくい5,000mAhの大容量バッテリー搭載
  • シリーズ初の光学式手ぶれ補正に対応し暗所撮影などにより強くなった

UQモバイルなら
最大22,000円割引

   

Sony Mobile
Xperia 10 Ⅳ

端末のご購入はこちら

iPhone 14シリーズ 最大22,000円割引!

iPhone 13シリーズ値下げ!

iPhone 14シリーズ 予約受付中!

iPhone 14シリーズ
最大24,000円相当ポイント還元!

SIMのみ乗り換えで
最大13,000円相当キャッシュバック!

▲目次に戻る

4位:Galaxy A53 5G

Galaxy A53 5G
Galaxy A53 5G(引用元:[8]
▼Galaxy A53 5Gのスペック表
サイズ (縦)159.6mm ×(幅)74.8mm×(厚さ)8.1mm
重さ 189g
CPU Exynos 1280
RAM/ROM 6GB/128GB
ディスプレイ 6.5インチ
Full HD+ 有機EL
最大120Hzのリフレッシュレート
背面カメラ 6,400万画素(広角)
1,200万画素(超広角)
500万画素(マクロ)
500万画素(深度測位)
前面カメラ 3,200万画素
バッテリー 5,000mAh
対応回線 4G/5G
防水・防塵
おサイフケータイ
外部接続
(SDカード/イヤホン)
microSDXCカード / イヤホンジャック端子
充電形式 USB Type-C / ワイヤレス充電非対応
発売日 2022年5月27日

Galaxy A53 5Gは、最高スペックの「Galaxy Sシリーズ」ほどの性能は必要としないけれども、SNSや動画視聴、カメラ撮影がメイン用途で、たまにゲームをするといった、普通の使い方であれば、多くの人がこれで十分と感じる端末なのでおすすめです。

カメラには最大6,400万画素の高画素カメラに加えて、手ぶれ補正や深度カメラも搭載しているので、夜間の撮影やポートレート撮影も綺麗に撮影が可能です。

さらに、前機種よりも容量がアップした5,000mAhの大容量バッテリーと、急速充電にも対応しているので、電池持ち面でも安心です。また、写真や連絡先のデータ移行を簡単に行えるアプリを最初からインストール済みという点も安心できるポイントです。

Galaxy A53 5Gのおすすめポイント

  • 最大6400万画素の高画素カメラで夜景も明るく撮影可能
  • 120Hzのリフレッシュレート対応でなめらかな動作
  • 大容量バッテリーによって最大2日の電池持ち

iPhone 14シリーズ 最大22,000円割引!

iPhone 13シリーズ値下げ!

▲目次に戻る

5位:AQUOS sense6s

AQUOS sense6
AQUOS sense6(引用元:[6]
▼AQUOS sense6のスペック表
サイズ (縦)152mm ×(幅)70mm×(厚さ)7.9mm
重さ 156g
CPU Snapdragon 695 5G Mobile Platform
RAM/ROM 4GB/64GB
ディスプレイ 約6.1インチ
フルHD+ IGZO OLED(有機EL)
最大120Hzのリフレッシュレート
背面カメラ 4,800万画素(標準)
800万画素(広角)
800万画素(望遠)
前面カメラ 800万画素
バッテリー 4,570mAh
対応回線 4G/5G
防水・防塵
おサイフケータイ
外部接続
(SDカード/イヤホン)
microSDXCカード / イヤホンジャック端子
充電形式 USB Type-C / ワイヤレス充電非対応
発売日 2022年4月28日

AQUOS sense6sは、AQUOSシリーズの中でもコスパの高さで人気の「AQUOS senseシリーズ」の最新機種です。

4,570mAhの大容量バッテリーは据え置きですが、新たに省電力性能の高い「IGZO OLEDディスプレイ」を搭載したことにより、一度の充電で最長1週間の電池持ちを実現しました。

カメラには、最大4,800万画素の高画素カメラを搭載しているので、暗い場所でもノイズが少ない美しい写真が撮れるようになりました。

また、キャッシュレス決済に便利な「Payトリガー」や、同梱のアダプターと新旧のスマホを繋ぐだけでデータ移行ができたりなどの便利機能も豊富なので、利便性の高いスマホをお探しの方におすすめです。

AQUOS sense6のおすすめポイント

  • senseシリーズ初のIGZO OLEDディスプレイ搭載で映像も高精細に表示可能
  • 4,500mAhの大容量バッテリーで最長一週間の電池持ちを実現
  • データ移行やキャッシュレス決済が簡単に行える便利機能も搭載
   
   

SHARP
AQUOS sense6

端末のご購入はこちら

iPhone 14シリーズ 最大22,000円割引!

iPhone 13シリーズ値下げ!

iPhone 14シリーズ
最大24,000円相当ポイント還元!

通話かけ放題 最大1年間割引!

▲目次に戻る

【2022年最新】おすすめスマホランキング | 8万円以上

最後に8万円以上の高価格帯の機種の紹介です。

この価格帯では、日常の用途のほぼ全ては問題なく利用できるので、それに加えて+αで「高画素のカメラを搭載して、どんなシーンでも綺麗に撮影できる」や、「ディスプレイが高精細で滑らかに動く」などのより快適に利用できる特徴が備わっています

また最近では「Xperia」、「AQUOS」のように、カメラやレンズのメーカーとの協業によって、カメラ性能を大きく高めた機種が登場しているのもこの価格帯の特徴です。

▼紹介機種の比較早見表

※横にスクロールできます。

機種名 AQUOS R7 Galaxy S22 Xperia 1 Ⅳ OPPO Find X3 Pro Google Pixel 6
重量 208g 168g 187g 193g 207g
画面サイズ 6.6 6.1 6.5 6.7 6.4
発売日 2022年7月 2022年4月 2022年6月 2021年6月 2021年10月
バッテリー 5,000mAh 3,700mAh 5,000mAh 4,500mAh 4,614mAh
対応回線 4G/5G 4G/5G 4G/5G 4G/5G 4G/5G

▼各機種の特徴

1位 AQUOS R7
ライカと共同開発した一眼クオリティで撮影できるカメラを搭載
2位 Galaxy S22
5,000万画素のカメラにパワーアップしたカメラで拡大しても精細な写真が撮影可能!
3位 Xperia 1 Ⅳ
4Kディスプレイや一眼クオリティのカメラを搭載
4位 OPPO Find X3 Pro
最大10億色の表現が可能な高精細なディスプレイでどんなものも綺麗に!
5位 Google Pixel 6
AIを最大限活用したことで快適に使える近未来型スマホ!

ランキングは、ドコモ、au、楽天モバイルが公表している売れ筋ランキング、価格.comの人気ランキングをもとに、編集部独自で価格や特徴などから順位づけをしています。

1位:AQUOS R7

AQUOS R7
AQUOS R7(引用元:[14]
▼AQUOS R7のスペック表
サイズ (縦)161mm ×(幅)77mm×(厚さ)9.3mm
重さ 207g
CPU QualcommSnapdragon 8 Gen 1
RAM/ROM 12GB/256GB
ディスプレイ 約6.6インチ
有機EL
最大240Hzのリフレッシュレート
背面カメラ 約4,720万画素(標準)/ 約190万画素(測距用)
前面カメラ 1,260万画素
バッテリー 5,000mAh
対応回線 4G/5G
防水・防塵
おサイフケータイ
外部接続
(SDカード/イヤホン)
microSDXCカード / イヤホンジャック端子
充電形式 USB Type-C / ワイヤレス充電対応
発売日 2022年7月15日

「AQUOS R7」は、「AQUOSシリーズ」の最上位モデルである「AQUOS Rシリーズ」の最新機種です。

最大の特徴は、ライカと共同で開発した1インチの大型センサーを搭載したカメラです。

このセンサーは、一眼カメラに搭載されているものと同じサイズのため、スマホで撮った写真でもついに、一眼カメラで撮影したような白飛びやノイズを抑えた高い質感や自然なボケ感が実現しました。

カメラ以外では現行最上位クラスのCPUや大容量のRAM(メモリ)、ROM(ストレージ)を搭載しているので、快適に利用できます。また、最大240Hzのリフレッシュレートに対応したディスプレイも搭載されているので、ゲームを楽しみたいといった使い方をしたい人にもおすすめです。

他にも、高精細さと省電力性に定評のあるPro OLED IGZOディスプレイと、5,000mAhの大容量バッテリーの組み合わせにより、長時間のバッテリー持ちを実現している点も特徴です。

AQUOS R7のおすすめポイント

  • ライカと共同開発のスマホでは世界最大の1インチセンサーを搭載
  • まるで一眼カメラで撮影したような自然なボケ味と精細さを実現
  • 最大240Hzで駆動する世界初のディスプレイ搭載でゲームなどの遅延も最小化が可能
   
   

SHARP
AQUOS R7

端末のご購入はこちら

iPhone 14シリーズ 最大22,000円割引!

iPhone 14シリーズ 予約受付中!

▲目次に戻る

2位:Galaxy S22

Galaxy S22
Galaxy S22(引用元:[11]
▼Galaxy S22のスペック表
サイズ (縦)146mm ×(幅)71mm×(厚さ)7.6mm
重さ 168g
CPU Snapdragon 8 Gen 1
RAM/ROM 8GB/256GB
ディスプレイ 約6.1インチ
有機EL Full HD+
最大120Hzのリフレッシュレート
背面カメラ 5,000万画素(広角)
1,200万画素(超広角)
1,000万画素(望遠)
前面カメラ 1,000万画素
バッテリー 3,700mAh
対応回線 4G/5G
防水・防塵
おサイフケータイ
外部接続
(SDカード/イヤホン)
非搭載
充電形式 USB Type-C / ワイヤレス充電対応
発売日 2022年4月21日

完成度と機能性の高さから世界中で人気の「Galaxy Sシリーズ」の最新モデルである、「Galaxy S22」がついに日本に上陸しました。

今回はカメラ機能の強化に特に力が入れられており、カメラが最大5,000万画素にパワーアップしたことで、夜間でも日中のように明るい写真と動画を撮れるようになりました。

また、AIの活用によって写真に映り込んだ物や人物を簡単に消すことができる「AI消しゴム」機能が新たに追加されました。

その他に、太陽の下でのディスプレイの視認性が向上したり、使用パターンに合わせてバッテリーを最適化する機能など、使っていくほど便利になる機能も多数追加されています。

Galaxy S22のおすすめポイント

  • 最大5000万画素の高画素カメラでどんなシーンも高精細で明るく撮影可能
  • AIが利用状況などを認識して電池持ちを最適化
  • 現時点での最高スペック搭載でゲームなども快適に利用可能

Samsung
Galaxy S22 / S22 Ultra

端末のご購入はこちら

iPhone 14シリーズ 最大22,000円割引!

iPhone 13シリーズ値下げ!

▲目次に戻る

3位:Xperia 1 Ⅳ

Xperia 1 Ⅳ
Xperia 1 Ⅳ(引用元:[12]
▼Xperia 1 Ⅳのスペック表
サイズ (縦)165mm ×(幅)71mm×(厚さ)8.2mm
重さ 187g
CPU Snapdragon 8 Gen 1
RAM/ROM 12GB/256GB
ディスプレイ 約6.5インチ
有機EL
最大120Hzのリフレッシュレート
背面カメラ 1,220万画素(超広角)
1,220万画素(標準)
1,220万画素(望遠)
前面カメラ 1,220万画素
バッテリー 5,000mAh
対応回線 4G/5G
防水・防塵
おサイフケータイ
外部接続
(SDカード/イヤホン)
microSDXCカード / イヤホンジャック端子
充電形式 USB Type-C / ワイヤレス充電非対応
発売日 2022年6月3日

現在発売されているスマホでは最高スペックを持つ「Xperia 1 Ⅳ」は、ソニーの最新技術を結集したカメラやオーディオ、ディスプレイを搭載した、Xperiaシリーズの最上位モデルの最新機種です。

ディスプレイは4K 120Hz HDRに対応しているので、映画の視聴やカメラで撮影した写真などにも不足のない性能であり、高精細で滑らかに表示されます。

カメラでは、一眼カメラと同じ構造をした世界初の望遠光学ズームに対応しており、ズームをしても画質が劣化せずに撮影可能です。また、広角だけでなく超広角、望遠レンズでも瞳AFや追従AFに対応したので、暗所や遠くの被写体でもしっかり捉えることが可能です。

オーディオ面では、ハイレゾ再生はもちろん、ソニーの映画や音楽部門とも協業で調整されたスピーカーによって、立体感と迫力のある音を再生可能です。

プロが利用する機器と同じクオリティを気軽に実現できる点が「Xperia 1 Ⅳ」の最大の強みなので、カメラ撮影やエンタメ体験の質を向上させたい人におすすめです。

Xperia 1 Ⅳのおすすめポイント

  • 4K HDRろ120Hzのリフレッシュレートに対応した高精細なディスプレイ
  • 一眼カメラの技術を取り入れたスマホトップクラスの性能を誇るカメラ
  • ハイレゾ再生や空間音響対応などエンタメ端末としても最適

9/30まで!auで機種変更すると
16,500円割引

Sony Mobile
Xperia 1 Ⅳ

端末のご購入はこちら

iPhone 14シリーズ 最大22,000円割引!

iPhone 14シリーズ 予約受付中!

▲目次に戻る

4位:OPPO Find X3 Pro

OPPO Find X3 Pro
OPPO Find X3 Pro(引用元:[13]
▼OPPO Find X3 Proのスペック表
サイズ (縦)163.6mm ×(幅)74mm×(厚さ)8.26mm
重さ 193g
CPU QualcommSnapdragon 888 5G Mobile Platform
RAM/ROM 12GB/256GB
ディスプレイ 約6.7インチ
有機EL
最大120Hzのリフレッシュレート
背面カメラ 5,000万画素(広角)
5,000万画素(超広角)
1,300万画素(望遠)
300万画素(顕微鏡)
前面カメラ 3,210万画素
バッテリー 4,500mAh
対応回線 4G/5G
防水・防塵
おサイフケータイ
外部接続
(SDカード/イヤホン)
非対応
充電形式 USB Type-C / ワイヤレス充電非対応
発売日 2021年6月25日

OPPO Find X3 Proは、SIMフリースマホで人気のメーカーであるOPPOが販売しているカメラ機能に特化したスマホです。

カメラには広角と超広角カメラの両方に5,000万画素カメラを搭載しており、画質の低下や写真のゆがみが少ないきれいな写真が撮影可能です。また、他のスマホにはない機能として、顕微鏡カメラが搭載されているので、肉眼では直接見ることができないような物まで近づいて撮影することも可能です。

ディスプレイには120Hzのリフレッシュレートに加えて、最大10億色の表現が可能となっている高精細なディスプレイが搭載されているので、カメラで撮った写真も実際の色味に近い表現が可能です。

OPPO Find X3 Proのおすすめポイント

  • メタリックで高級感のある本体デザイン
  • 10億色の表現が可能な高精細なディスプレイを搭載
  • 顕微鏡カメラ搭載で、肉眼では捉えられない細かなところも撮影可能

iPhone 13シリーズ値下げ!

▲目次に戻る

5位:Google Pixel6

Google Pixel6
Google Pixel6(引用元:[15]
▼Google Pixel 6のスペック表
サイズ (縦)158.6mm ×(幅)74.8mm×(厚さ)8.9mm
重さ 207g
CPU Google Tensor
RAM/ROM 8GB/128GB
ディスプレイ 6.4インチ
有機ELディスプレイ
最大90Hzのリフレッシュレート
背面カメラ 約5,000万画素(広角)
約1,200万画素(超広角)
前面カメラ 800万画素
バッテリー 4,614mAh
対応回線 4G/5G
防水・防塵
おサイフケータイ
外部接続
(SDカード/イヤホン)
非対応
充電形式 USB Type-C / ワイヤレス充電対応
発売日 2021年10月28日

Google Pixel 6はGoogleが開発・販売をしているAI処理能力の高さが強みのスマホです。

最大の特徴は、今回から搭載された独自開発チップ「Google Tensor」によって、Googleが得意とするAI情報処理がさらに高速になり、カメラで撮った写真の処理やアプリの読み込みなどの動作が効率化され、よりスムーズに行えるようになりました。

また、ソフトウェアの処理能力だけでなく、リニューアルしたカメラ機構や大容量バッテリーなどハード面でも旧モデルでも進化しており、アップデートの長期対応などのこれまでの強みも引き継がれているので安心して利用できる1台となっています。

Google Pixel6のおすすめポイント

  • Androidの開発を行なっているGoogleが開発したスマホ
  • AIの処理機能をオフライン上でもオフライン上でも実現
  • 独自開発チップ「Google Tensor」内のAIにより、高度な画像処理能力が実現

Google
Pixel 6 / 6 Pro

端末のご購入はこちら

iPhone 13シリーズ値下げ!

iPhone 14シリーズ 予約受付中!

▲目次に戻る

【今が買い時!】おすすめiPhoneシリーズ

人気のiPhoneシリーズでは以下の機種が特徴です。

現在の最新機種はiPhone 14シリーズですが、利用スタイルや予算によってはそれ以外のiPhoneシリーズでも日常用途では十分に利用可能です。

ここでは、おすすめのiPhoneシリーズのそれぞれの詳細や特徴について紹介します。

▼各機種の特徴

iPhone 14シリーズ
現行機種では最新のカメラと性能を備えた最新機種!
iPhone SE(第3世代)
低価格で5Gにも対応した高コスパiPhone
iPhone 13シリーズ
まだまだ快適に使える狙い目前モデル!
iPhone 12シリーズ
まだまだ快適に使える狙い目機種!

iPhone 14シリーズ

iPhone SE(第3世代)
iPhone 14シリーズ(引用元:[16]
▼ iPhone 14 / 14 Plusスペック表
機種名 iPhone 14 iPhone 14 Plus
サイズ (縦)146.7mm ×(幅)71.5mm ×(厚さ)7.8mm (縦)160.8mm ×(幅)78.1mm ×(厚さ)7.8mm
重さ 172g 203g
CPU A15 Bionic A15 Bionic
RAM 非公開 非公開
ROM 128GB/256GB/512GB 128GB/256GB/512GB
ディスプレイ 約6.1インチ
Super Retina XDRディスプレイ
(2,532 x 1,170)
約6.7インチ
Super Retina XDRディスプレイ
(2,778 x 1,284)
背面カメラ 1,200万画素(超広角)
1,200万画素(広角)
1,200万画素(超広角)
1,200万画素(広角)
前面カメラ 1,200万画素 1,200万画素
バッテリー 非公開
最大20時間のビデオ再生
非公開
最大26時間のビデオ再生
外部ストレージ × ×
防水・防塵
おサイフケータイ Apple Pay対応 Apple Pay対応
外部接続
(SDカード/イヤホン)
非対応 非対応
充電形式 Lightningコネクタ
ワイヤレス充電対応
Lightningコネクタ
ワイヤレス充電対応
発売日 2022年9月16日 2022年10月7日
▼ iPhone 14 Pro / 14 Pro Maxスペック表
機種名 iPhone 14 Pro iPhone 14 Pro Max
サイズ (縦)147.5mm ×(幅)71.5mm ×(厚さ)7.85mm (縦)160.7mm ×(幅)77.6mm ×(厚さ)7.85mm
重さ 206g 240g
CPU A16 Bionic A16 Bionic
RAM 非公開 非公開
ROM 128GB/256GB/512GB/1TB 128GB/256GB/512GB/1TB
ディスプレイ 約6.1インチ
Super Retina XDRディスプレイ
(2,532 x 1,170)
約6.7インチ
Super Retina XDRディスプレイ
(2,778 x 1,284)
背面カメラ 4,800万画素(広角)
1,200万画素(超広角)
1,200万画素(望遠)
4,800万画素(広角)
1,200万画素(超広角)
1,200万画素(望遠)
前面カメラ 1,200万画素 1,200万画素
バッテリー 非公開
最大23時間のビデオ再生
非公開
最大29時間のビデオ再生
外部ストレージ × ×
防水・防塵
おサイフケータイ Apple Pay対応 Apple Pay対応
外部接続
(SDカード/イヤホン)
非対応 非対応
充電形式 Lightningコネクタ
ワイヤレス充電対応
Lightningコネクタ
ワイヤレス充電対応
発売日 2022年9月16日 2022年9月16日

2022年の最新機種として発表・発売されたのがiPhone 14シリーズです。

大枠としてのスペックは旧モデルのiPhone 13シリーズからのマイナーチェンジといった印象ですが、新カラーのパープルが追加されカラーバリエーションはかなり方向転換されました。

「mini」が廃止され「Plus」が5年ぶりに復活したことで、シリーズ全体としての際サイズ感・バッテリーが大型化しています。

iPhone 14シリーズで注目したいのはProシリーズのカメラ性能です。

Androidスマホでは増加傾向にある高画質4,800万画素カメラが搭載され、センサーもiPhone 13シリーズからさらに大型化

現時点で最新のA16 Bionicチップにより、緻密な写真・映像の撮影が可能です。

iPhone 14シリーズのおすすめポイント

  • Proのメインカメラの画素数が大幅アップ&全体的なカメラ性能が向上
  • 5年ぶりに「Plus」が復活
  • Proには常時点灯ディスプレイ搭載
   

Apple
iPhone 14シリーズ

端末のご予約・ご購入はこちら

iPhone 14シリーズ 最大22,000円割引!

iPhone 13シリーズ値下げ!

iPhone 14シリーズ 予約受付中!

iPhone 14シリーズ
最大24,000円相当ポイント還元!

iPhone SE(第3世代)

iPhone SE(第3世代)
iPhone SE(第3世代)(引用元:[16]
▼ iPhone SE(第3世代)のスペック表
機種名 iPhone SE(第3世代)
サイズ (縦)138.4mm ×(幅)67.3mm×(厚さ)7.3mm
重さ 144g
CPU A15 Bionic
RAM 非公開
ROM 64GB/128GB/256GB
ディスプレイ 約4.7インチ
Retina HDディスプレイ
背面カメラ 1,200万画素(広角)
前面カメラ 800万画素
バッテリー 非公開
最大15時間のビデオ再生
外部ストレージ ×
防水・防塵
おサイフケータイ Apple Pay対応
外部接続
(SDカード/イヤホン)
非対応
充電形式 Lightningコネクタ
ワイヤレス充電対応
発売日 2022年3月18日

「iPhone SE(第3世代)」はドコモ・au・ソフトバンク・楽天モバイルなどの大手キャリアだけでなく、ワイモバイルやUQモバイルのようなサブキャリアからも手頃な価格のiPhoneとして広く販売されてます。

iPhone SE(第3世代)の最大の特徴は、従来モデルやiPhone 8と見た目はほぼそのままで、プロセッサが最新のiPhone 13 Proと同等の「A15 Bionicチップ」を搭載している点です。

また、iPhone X以降廃止になった物理ホームボタンも搭載しているので、現行ラインナップでは唯一のTouch ID(指紋認証)にも対応しています。

持ちやすいコンパクトなサイズ・最新のプロセッサを搭載しながらも低価格で購入できるので、コンパクトかつ低価格なiPhoneが欲しい方におすすめです。

iPhone SE(第3世代)のおすすめポイント

  • 5万円台から購入可能な5G対応iPhone
  • Touch ID(指紋認証)内蔵のホームボタン
  • iPhone 13シリーズと同じ「A15 Bionicチップ」を搭載で快適な動作

楽天モバイルなら
iPhoneが4キャリア最安値

Apple
iPhone SE
(第3世代)

楽天モバイル初めての申し込みで
最大24,000円分のポイント還元!

iPhone 14シリーズ
最大24,000円相当ポイント還元!

その他のご購入はこちら

iPhone 14シリーズ 最大22,000円割引!

iPhone 13シリーズ値下げ!

iPhone 14シリーズ 予約受付中!

在庫一掃セール!対象機種一括1円〜

SIMのみ乗り換えで
最大13,000円相当キャッシュバック!

▲目次に戻る

iPhone 13シリーズ

iPhone 13
iPhone 13(引用元:[16]
▼iPhone 13 / 13 miniスペック表
機種名 iPhone 13 iPhone 13 mini
サイズ (縦)146.7mm ×(幅)71.5mm×(厚さ)7.65mm (縦)131.5mm ×(幅)64.2mm×(厚さ)7.65mm
重さ 173g 140g
CPU A15 Bionic A15 Bionic
RAM 非公開 非公開
ROM 128GB/256GB/512GB 128GB/256GB/512GB
ディスプレイ 約6.1インチ
Super Retina XDRディスプレイ
(2,532 x 1,170)
約5.4インチ
Super Retina XDRディスプレイ
(2,340 x 1,080)
背面カメラ 1,200万画素(超広角)
1,200万画素(広角)
1,200万画素(超広角)
1,200万画素(広角)
前面カメラ 1,200万画素 1,200万画素
バッテリー 非公開
最大19時間のビデオ再生
非公開
最大17時間のビデオ再生
外部ストレージ × ×
防水・防塵
おサイフケータイ Apple Pay対応 Apple Pay対応
外部接続
(SDカード/イヤホン)
非対応 非対応
充電形式 Lightningコネクタ
ワイヤレス充電対応
Lightningコネクタ
ワイヤレス充電対応
発売日 2021年9月24日 2021年9月24日
▼iPhone 13 Pro / 13 Pro Maxスペック表
機種名 iPhone 13 iPhone 13 mini
サイズ (縦)146.7mm ×(幅)71.5mm×(厚さ)7.65mm (縦)160.8mm ×(幅)78.1mm×(厚さ)7.65mm
重さ 203g 238g
CPU A15 Bionic A15 Bionic
RAM 非公開 非公開
ROM 128GB/256GB/512GB/1TB 128GB/256GB/512GB/1TB
ディスプレイ 約6.1インチ
Super Retina XDRディスプレイ
(2,532 x 1,170)
約6.7インチ
Super Retina XDRディスプレイ
(2,340 x 1,080)
背面カメラ 1,200万画素(広角)
1,200万画素(超広角)
1,200万画素(望遠)
1,200万画素(広角)
1,200万画素(超広角)
1,200万画素(望遠)
前面カメラ 1,200万画素 1,200万画素
バッテリー 非公開
最大22時間のビデオ再生
非公開
最大28時間のビデオ再生
外部ストレージ × ×
防水・防塵
おサイフケータイ Apple Pay対応 Apple Pay対応
外部接続
(SDカード/イヤホン)
非対応 非対応
充電形式 Lightningコネクタ
ワイヤレス充電対応
Lightningコネクタ
ワイヤレス充電対応
発売日 2021年9月24日 2021年9月24日

2021年の最新モデルとして発売された「iPhone 13 / 13 mini」は、旧モデルの「iPhone 12」シリーズと見た目は同じものの、中身やカメラが大きくパワーアップしたモデルです。

特に外見での大きな変化として、カメラレンズが旧モデルよりも大きくなっている点が挙げられます。

これによって上位モデルと同じ手ぶれ補正機能が搭載されたので、暗所でもより多くの光を取り入れられるようになるなどカメラの進化に繋がっています。

持ちやすくてコンパクトな機種がいいという人には、コンパクトサイズの機種も取り揃えられており、本体サイズ以外の性能差は変わらないので、好み次第でiPhone 13 miniを選ぶのもおすすめです。

これほどの進化をしつつも値段は旧モデルと近い価格設定がされており、長く使うのであればコストパフォーマンスが優れている1台と言っても過言ではないでしょう。

iPhone 13シリーズのおすすめポイント

  • 電池持ちが従来機種から最大で約2時間拡大
  • よりセンサーが大型化し明るく撮れるようになったカメラ搭載
  • 最小容量が128GBからに大型化

楽天モバイルなら
iPhoneが4キャリア最安値

   

Apple
iPhone 13
シリーズ

   

楽天モバイル初めての申し込みで
最大24,000円分のポイント還元!

iPhone 14シリーズ
最大24,000円相当ポイント還元!

   

その他のご購入はこちら

iPhone 14シリーズ 最大22,000円割引!

iPhone 13シリーズ値下げ!

iPhone 14シリーズ 予約受付中!

▲目次に戻る

iPhone 12シリーズ

iPhone 13
iPhone 12シリーズ(引用元:[16]
▼iPhone 12 / 12 miniスペック表
機種名 iPhone 12 iPhone 12 mini
サイズ (縦)146.7mm ×(幅)71.5mm×(厚さ)7.4mm (縦)131.5mm ×(幅)64.2mm×(厚さ)7.4mm
重さ 162g 133g
CPU A14 Bionic A14 Bionic
RAM 非公開 非公開
ROM 64GB/128GB/256GB 64GB/128GB/256GB
ディスプレイ 約6.1インチ
Super Retina XDRディスプレイ
約5.4インチ
Super Retina XDRディスプレイ
背面カメラ 1,200万画素(超広角)
1,200万画素(広角)
1,200万画素(超広角)
1,200万画素(広角)
前面カメラ 1,200万画素 1,200万画素
バッテリー 非公開
最大17時間のビデオ再生
非公開
最大15時間のビデオ再生
外部ストレージ × ×
防水・防塵
おサイフケータイ Apple Pay対応 Apple Pay対応
外部接続
(SDカード/イヤホン)
非対応 非対応
充電形式 Lightningコネクタ
ワイヤレス充電対応
Lightningコネクタ
ワイヤレス充電対応
発売日 2020年10月23日 2020年11月13日

iPhone 12 / 12 miniは、iPhone初の5G対応モデルとして2020年に発売されました。

電池持ちやカメラ性能などに一部違いがあるものの、本体サイズや機能はほぼ同じでありながら、値下げがされたことでよりお得に購入できる機種として現在でも根強い人気があります。

また大手キャリアだけでなく、多くの格安SIMやサブキャリアでも取り扱いがあり、購入しやすいという点も人気の理由の一つでもあります。

新型ではないことが気にならない方には、使い勝手もコスパもよくて非常におすすめの機種です。

iPhone 12シリーズのおすすめポイント

  • 型落ち機種となったことで値下げされてよりお得に!
  • 本体のデザインやサイズ感は最新機種とほぼ同じ
  • サブキャリアや格安SIMなどさまざまな事業者で購入可能

Apple
iPhone 12 シリーズ

端末のご購入はこちら

iPhone 14シリーズ 最大22,000円割引!

iPhone 13シリーズ値下げ!

iPhone 14シリーズ 予約受付中!

iPhone 14シリーズ
最大24,000円相当ポイント還元!

在庫一掃セール!対象機種一括1円〜

SIMのみ乗り換えで
最大13,000円相当キャッシュバック!

通話かけ放題 最大1年間割引!

▲目次に戻る

【用途別で厳選!】おすすめスマホ!

用途別 スマホ
【用途別で厳選!】おすすめスマホ!

ここからは一歩進んで、各容量別でのおすすめベスト1の格安SIMを厳選してみましたので、ある程度使い方が絞り込めてきているという人はこちらも参考にしてみて下さい。

  • ・カメラ機能が充実のスマホはコチラ
  • ・ゲームを快適にプレイしたい人におすすめのスマホはコチラ
  • ・持ちやすくコンパクトな機種が欲しい方はコチラ
  • ・シニア世代がスマホを持つならおすすめはコチラ

カメラ性能に特化したおすすめのスマホ:Galaxy S22 Ultra

Galaxy S22 Ultra
Galaxy S22 Ultra(引用元:[19]

Galaxy S22 Ultraは、豊富なカメラ機能と、様々な場面で活躍する4眼カメラが特徴です。

カメラ構成は1億800万画素の広角カメラ、約1,200万画素の超広角カメラに加え、ズーム性能が異なる1,000万画素の望遠カメラが2種類搭載されています。

また、今回は高画素カメラに加えて、AIによる画像処理機能が強化されたことで、細部まで鮮明な夜景撮影やポートレートモードを実現しました。さらに、3倍光学ズームと10倍光学ズームに対応する2つのカメラとAI処理を組み合わせることで、最大100倍のスペースズームにも対応しています。

その他にも撮った写真に写りこんだ人や物を消すことができる「AI消しゴム」や、インカメラとアウトカメラを同時に撮影が可能な「ディレクターズビュー」など豊富なカメラ機能も利用できます。

このようにカメラの性能の高さと豊富な機能を備えている点からも、スマホのカメラにこだわりたい、さまざまなシーンで綺麗な写真を多く撮りたいという方は「Galaxy S22 Ultra」を検討してみましょう。

カメラ機能以外では、内蔵式のSペンが新たに付属します。ペンはメモを書く際のスタイラスペンとしての用途以外に、シャッターボタンとしても利用可能です。

▼Galaxy S22 Ultraのスペック表
サイズ (縦)163mm ×(幅)78mm×(厚さ)8.9mm
重さ 229g
CPU Snapdragon 8 Gen 1
RAM/ROM 12GB/256GB
ディスプレイ 約6.8インチ
有機EL Full HD+
最大120Hzのリフレッシュレート
背面カメラ 1億800万画素(広角)
1,200万画素(超広角)
1,000万画素(望遠)
1,000万画素(望遠)
前面カメラ 4,000万画素
バッテリー 5,000mAh
対応回線 4G/5G
防水・防塵
おサイフケータイ
外部接続
(SDカード/イヤホン)
非搭載
充電形式 USB Type-C / ワイヤレス充電対応
発売日 2022年4月21日

▲目次に戻る

ゲームプレイに特化したおすすめスマホ:AQUOS R7

AQUOS R7
AQUOS R7(引用元:[20]

「AQUOS R7」といえば、カメラ機能に注目されがちですが、ディスプレイが大きく、性能やリフレッシュレートの面でも優れているので、ゲーミングスマホとしてもおすすめです。

「AQUOS R7」には、「ゲーイングメニュー」と呼ばれるゲーミング専用のモードも搭載されています。

こちらを設定することで、ゲーム時の画質設定や通知のブロックなど、快適にプレイできる環境設定が可能です。

さらに、画面点灯中はバッテリーへ直接給電することもできるので、長時間プレイによる発熱やバッテリーの劣化も抑制できます。

「AQUOS R7」は最大240Hzで動作する滑らかなで大きなディスプレイも魅力ですが、より手に馴染むサイズ感でプレイしたい方は「Xperia 1 Ⅳ」では、性能は変わらずスリムな横幅なので、こちらもおすすめです。

▼AQUOS R7のスペック表
サイズ (縦)161mm ×(幅)77mm×(厚さ)9.3mm
重さ 208g
CPU QualcommSnapdragon 8 Gen 1
RAM/ROM 12GB/256GB
ディスプレイ 約6.6インチ
有機EL
最大240Hzのリフレッシュレート
背面カメラ 4,720万画素(標準)
190万画素(測距用)
前面カメラ 1,260万画素
バッテリー 5,000mAh
対応回線 4G/5G
防水・防塵
おサイフケータイ
外部接続
(SDカード/イヤホン)
microSDXCカード / イヤホンジャック端子
充電形式 USB Type-C / ワイヤレス充電対応
発売日 2022年7月15日

そのほかのおすすめゲーミングスマホはこちら!

▲目次に戻る

小さいコンパクトなおすすめスマホ:Rakuten hand 5G

Rakuten hand 5G
Rakuten hand 5G(引用元:[10]

最近のスマホは大画面がトレンドなため、それに伴って端末サイズも年々大型化しています。そこで懸念されるのが、片手操作が難しくなることです。

とくに女性の方は、気になるポイントなのではないでしょうか。そういったニーズにも応ええようと、スマホメーカーも小さいながらにハイスペックな機種も発売しています。

「Rakuten hand 5G」は、最近のスマートフォンではかなり小型な5.1インチのディスプレイを備えたスマホです。また、重量も134gと非常に軽量である点も特徴です。

また、小型で軽量だと性能面や機能面の制約が気になるところですが、おサイフケータイや画面内の指紋認証、最大で20時間の動画再生が可能なバッテリー持ちなど、スペック面でも充実しています。

また、楽天モバイルでの購入時にキャンペーンを適用することで、実質1万円を切る価格で購入できる点も魅力です。

▼Rakuten hand 5Gのスペック表
サイズ (縦)138mm ×(幅)63mm ×(厚さ)9.5mm
重さ 134g
CPU Qualcomm Snapdragon 480G
RAM/ROM 4GB/128GB
ディスプレイ 5.1インチ
HD+ 有機EL
背面カメラ 6,400万画素(広角)
200万画素(深度測位)
前面カメラ 1,600万画素
バッテリー 2,630mAh
対応回線 4G/5G
防水・防塵
おサイフケータイ
外部接続
(SDカード/イヤホン)
SDカード非対応 / イヤホンジャック非搭載
充電形式 USB Type-C / ワイヤレス充電非対応
発売日 2021年6月3日

iPhone 14シリーズ
最大24,000円相当ポイント還元!

▲目次に戻る

シニア向けのおすすめスマホ:arrows We

arrows We
arrows We(引用元:[2]

高齢の親御さんにスマホを持たせたいけど、どれが使いやすいのか分からないという方も多いと思います。

そんな時にはシニア世代にも使いやすいように作られた機能が豊富なスマホを選ぶべきです。

「arrows We」は、シニア世代にも使いやすいスマホをこれまでも多く発売してきた、富士通の最新機種です。

そのため初めてスマホを持つ人やシニアの人におすすめです。

例えば、操作のサポート窓口へ簡単に連絡できたり、大きなアイコンが標準で実装されているほか、シニア世代を狙う還付金詐欺やフィッシング詐欺への警告機能も備わっています。

▼arrows Weのスペック表
サイズ (縦)147mm ×(幅)71mm×(厚さ)9.4mm
重さ 172g
CPU Snapdragon 480
RAM/ROM 4GB/64GB
ディスプレイ 約5.7インチ
HD+/TFT(液晶)
背面カメラ 1,310万画素(広角)
190万画素(マクロ)
前面カメラ 500万画素
バッテリー 4,000mAh
対応回線 4G/5G
防水・防塵
おサイフケータイ
外部接続
(SDカード/イヤホン)
microSDXCカード / イヤホンジャック端子
充電形式 USB Type-C / ワイヤレス充電非対応
発売日 2021年12月3日

▲目次に戻る

ドコモスマホのおすすめ売れ筋ランキング

ドコモオンラインショップで公表されている人気端末のランキングはこちらです。

10月は9月に比べ、Xperia 5 ⅣやGalaxy S22などAndroidスマホが多くランクインする結果となりました。

iPhone 14シリーズでは128GB、256GBがやはり人気です。

順位 月間ランキング
(集計時期:2022年10月1日~2022年10月31日)
1位 iPhone 14 Pro 256GB:99,880円~
2位 iPhone 14 128GB:69,690円~
3位 Xperia 5 Ⅳ:73,920円~
4位 Galaxy S22:73,392円
5位 iPhone 14 Pro 128GB:87,370円~
6位 Xperia Ace Ⅲ:26,488円
7位 Xperia 10 Ⅳ:41,712円~
8位 AQUOS sense6:14,564円
9位 Galaxy A53 5G:34,320円~
10位 iPhone 14 Plus 256GB:90,000円~

※価格は「いつでもカエドキプログラム」を適用して24カ月目まで返却した場合の実質価格
※ランキング引用元:ドコモオンラインショップ[20]

iPhone 14シリーズ 最大22,000円割引!

ドコモで販売中の機種から探したい方はこちら!

▲目次に戻る

auスマホのおすすめ売れ筋ランキング

auオンラインショップでの人気ランキングについても、iPhone 14 Proシリーズが6位までランクインとしています。

また、128GB、256GBの容量が人気という傾向も同じようです。

Androidでは夏モデルの「Xperia 10 IV」などもランクインしています。

順位 月間ランキング
(集計時期:2022年9月1日~2022年9月30日)
1位 iPhone 14 Pro 256GB:102,925円
2位 iPhone 14 Pro 128GB:89,700円
3位 iPhone 14 128GB:71,760円
4位 iPhone 14 Pro Max 256GB:112,355円
5位 iPhone 14 256GB:82,570円
6位 iPhone 14 Pro 512GB:121,555円
7位 iPhone 13 128GB:74,175円
8位 Xperia 10 Ⅳ:38,065円
9位 Google Pixel 6a:27,830円
10位 iPhone 13 mini 128GB:56,235円

※価格は「スマホトクするプログラム」を適用して25カ月目まで返却した場合の実質価格
※ランキング引用元:auオンラインショップ[21]

iPhone 13シリーズ値下げ!

auで販売中の機種から探したい方はこちら!

▲目次に戻る

楽天モバイルスマホのおすすめ売れ筋ランキング

楽天モバイルの販売ランキングでは、Androidの機種も多くランクインしています。

また、楽天モバイルのAndroidスマホはキャンペーンを利用することで、実質数千円台から購入できるため、iPhoneシリーズに負けず多くの機種がランクインしているようです。

順位 月間ランキング
(2022年10月12日時点)
1位 Rakuten Hand 5G:1円~
2位 iPhone 14 Pro:58,392円~
3位 iPhone 13:34,896円~
4位 OPPO Reno5 A:13,780円~
5位 iPhone SE(第3世代):7,392円~
6位 iPhone 14:41,880円~
7位 iPhone 14 Pro Max:66,888円~
8位 OPPO A55s 5G:6,900円~
9位 AQUOS sense6:20,800円~
10位 iPhone 13 mini:25,896円~

※キャンペーン・ポイント還元を利用した場合の実質価格で記載
※「楽天モバイルiPhoneアップグレードプログラム」を適用して25ヶ月目に返却した場合の支払い総額
※ランキング引用元:楽天モバイル[21]

iPhone 14シリーズ
最大24,000円相当ポイント還元!

最新機種を安く使えるおすすめ格安SIM3選

格安SIM 安い
安く使えるおすすめ格安SIM

スマホを新しく購入するタイミングで、料金プランを見直すという方も多くいます。

そこで、今回紹介しているスマホをセットで購入できて、料金も安くできるおすすめの格安SIM3社を紹介します。

▼各格安SIMの特徴

楽天モバイル どれだけ使っても最大3,278円で無制限!
UQモバイル データの繰り越しにも対応!毎月1,628円から利用できる!
ワイモバイル 家族割やおうちセット割など割引が充実!毎月990円から!

※ロゴ画像を押すと紹介ページへ移動します。

【編集部イチオシ】たくさん通信を行うなら「楽天モバイル」

楽天モバイル

楽天モバイルはこんな人におすすめ!

  • 無制限でたくさん通信を行いたい
  • データ利用量に波がある
  • アプリの利用で通話が無料で利用できる
  • 楽天ポイントが貯まりやすくなる

楽天モバイルは大手キャリアに分類されますが、格安SIM並みの低価格で利用できるので編集部イチオシの回線としておすすめです。

また、楽天カードを利用している方は、スマホ本体の購入や月々の支払いで楽天ポイントがずっと2倍貯まるので、楽天経済圏をよく利用している人ほどよりお得に利用可能です。

▼楽天モバイルのプラン概要
利用回線 楽天回線 / au回線
通信方式 4G / 5G
料金プラン Rakuten UNLIMIT Ⅶ
〜3GB 1,078円/月
〜20GB 2,178円/月
無制限 3,278円/月
オプション ・国内通話10分かけ放題(770円/月)
・国内通話かけ放題(1,870円/月)
通話料 20円/30秒
※「Rakuten Link」アプリ経由の発信は無料

楽天モバイルのプランは、「Rakuten UN-LIMIT Ⅶ」の1プランのみですが、楽天回線エリア内では、月々3,278円で高速データ通信を容量無制限で利用することが可能です。

さらに、申し込み時のキャンペーンも充実しており、今なら最大24,000円分のポイント還元も行われています。

楽天モバイルで販売中の機種

  • OPPO Reno7 A
  • OPPO Reno5 A
  • OPPO A73
  • Redmi Note 11 Pro 5G
  • Galaxy Z Flip4
  • AQUOS wish
  • Xperia 10 Ⅳ
  • Xperia 10 III Lite
  • OPPO A55s 5G
  • AQUOS sense6
  • AQUOS sense7
  • AQUOS zero6
  • AQUOS sense4 lite
  • Rakuten Hand 5G
  • Rakuten BIG s
  • iPhone 12 / 13 / SE(第3世代)

iPhone 14シリーズ
最大24,000円相当ポイント還元!

▲目次に戻る

データの繰り越しあって便利な「UQモバイル」

UQモバイル

UQモバイルはこんな人におすすめ!

  • auから乗り換えを検討中の人(契約解除料や事務手数料が不要)
  • 安定した通信速度を求める人(auと同品質の5G通信回線が利用できる)
  • iPhoneとセットで利用したい人(iPhone 12・iPhone SE3が格安でセット販売中)

UQモバイルはauのサブブランドの位置付けである格安SIMです。

通信品質はauと変わらないので、混雑時でも安定した通信速度に定評があります。くりこしプランM/L +5Gでは、月間のデータ通信量が超過しても通信速度が1Mbpsで利用可能です。

全国にあるUQモバイルの取り扱い店舗「UQスポット」や家電量販店で、店舗スタッフと対面して手続きができるので、相談しながら手続きがしたいという人にもおすすめです。

▼UQモバイルのプラン概要
利用回線 au
通信方式 4G / 5G
料金プラン くりこしプランS +5G 1,628円/月(3GB)
くりこしプランM +5G 2,728円/月(15GB)
くりこしプランL +5G 3,828円/月(25GB)
オプション ・増量オプションⅡ(550円/月)
・国内通話10分かけ放題(770円/月)
・国内通話かけ放題(1,870円/月)
通話料 22円/30秒

「くりこしプラン」特有の機能として、「データくりこし」で余ったデータ容量を翌月までくりこせるので、データ消費量にブレがあっても無駄になりません

また「節約モード」を活用すれば、通信速度を最大300kbpsまたは最大1Mbpsに制限される代わりに、データ容量カウントフリーで利用できます。

UQモバイルで販売中の機種

  • Galaxy A23 5G
  • Galaxy A53 5G
  • OPPO Reno7 A
  • Xperia 10 IV
  • Xperia Ace III
  • AQUOS sense7
  • arrows We
  • Redmi Note 10 JE
  • BASIO4
  • iPhone 12 / SE(第3世代)

SIMのみ乗り換えで
最大13,000円相当キャッシュバック!

▲目次に戻る

家族や固定回線と利用するなら「ワイモバイル」

ワイモバイル

ワイモバイルはこんな人におすすめ!

  • 家族で通信回線をまとめたい人(家族割を適用することで月額料金が安くなる)
  • ソフトバンクから乗り換えを検討中の人(契約解除料や事務手数料が不要)
  • 安定した通信速度を求める人(ソフトバンクと同品質の5G通信回線が利用できる)
  • iPhoneとセットで利用したい人(iPhone 12・iPhone SE3が格安でセット販売中)

ワイモバイルは、ソフトバンクのサブブランドとしての位置づけになるサービスです。

ソフトバンクよりも小容量プランを中心に低価格の料金でありながら、同等の通信品質を利用できるので、通信速度を重視したい人におすすめです。

プランは利用できるデータ量が異なるシンプルS / M / Lの3種類のみとなっており、利用状況に合わせて選ぶことができます。

▼ワイモバイルのプラン概要
利用回線 ソフトバンク
通信方式 4G / 5G
料金プラン シンプルS 2,178円/月(3GB)
シンプルM 3,278円/月(15GB)
シンプルL 4,158円/月(25GB)
オプション ・データ増量オプション(550円/月)
・国内通話最大60分/月(550円/月)
・国内通話10分かけ放題(770円/月)
・国内通話かけ放題(1,870円/月)
通話料 20円/30秒

また、ワイモバイルの取り扱い店舗は全国で4,000店舗もあるので、スマホの使い方が分からなくて相談をしたい人にもおすすめです。

ワイモバイルでは割引も充実しており、例えば「おうち割 光セット(A)」を適用すると、月額料金が990円〜利用できます

「おうち割光セット(A)」とは、ソフトバンク光とソフトバンクairを利用している人が受けられる割引です。また、「おうち割光セット(A)」が対象外の人は「家族割」も利用可能です。

ワイモバイルで販売中の機種

  • OPPO Reno7 A
  • OPPO Reno5 A
  • AQUOS wish2
  • AQUOS wish
  • Xperia Ace Ⅲ
  • Libero 5G II
  • かんたんスマホ2+
  • かんたんスマホ2
  • Android One S9
  • Android One X5
  • iPhone 12 / SE(第3世代)

在庫一掃セール!対象機種一括1円〜

▲目次に戻る

スマホが安く買えるキャリアのお得なキャンペーン情報

キャリア 端末割引

各キャリアでは、端末を購入すると大幅に割引を受けられるキャンペーンを実施しています。

最近ではiPhoneの値上げなど、スマホの価格も高騰していますが、割引を活用すればお得に購入できるので、申し込み前に必ずチェックしておきましょう!

OCN モバイル ONEのスマホ割引キャンペーン

OCN モバイル ONE

OCN モバイル ONEの音声SIMとセット申し込みで、人気の対象スマホが大特価SALE

OCN モバイル ONE セール

今回はXperiaやAQUOS、OPPOなどの人気シリーズだけでなく、iPhone 12とAirPods Proがセットになっておトクに購入できるチャンス!

期間は11月15日(火)11:00~12月26日(月)11:00まで!人気機種は売り切れてしまう可能性が高いので、早めの申し込みをおすすめします!

まずは公式サイトでSALE対象スマホおよび、割引価格をチェックしましょう!

楽天モバイルのスマホ割引キャンペーン

楽天モバイル

楽天モバイルでは、新規や乗り換えの申し込み時に端末を一緒に購入すると、最大24,000円分のポイントの大幅なポイント還元を受けることができます。

また、機種代が高価な傾向にあるiPhoneについても、毎月の負担を抑えて安く利用することが可能です。

 iPhoneアップグレードプログラム

楽天 アップグレードプログラム
iPhoneアップグレードプログラム

「iPhoneアップグレードプログラム」は、楽天モバイルが指定するiPhoneのモデルを48回の分割で購入すると最大24回分の支払いが不要になるプログラムです。

プログラムを適用するための手数料や月額料金は一切かかりません。

▼iPhone 13(128GB)を購入した場合

端末価格 117,800円
実質負担額 58,896円(2,454円/月×24回)
総割引額 58,904円(2,454円×24回+端数(8円))

※25カ月目に機種を返却した場合

もともと楽天モバイルで販売されているiPhoneは、全キャリアの中では最安値ですが、「iPhoneアップグレードプログラム」を利用することで、さらにお得に購入可能です。

ただし、支払い方法は楽天カードが必須である点など、申し込み時に注意する点もあるので確認しておきしましょう。

▼適用条件

支払い方法: 契約者本人名義の楽天カードのみ
支払い回数: 48回払い
プログラム利用時の手数料 3,300円(税込)

 iPhoneが最大24,000円相当ポイント還元

楽天 iPhoneポイント還元
iPhoneが最大24,000円相当ポイント還元

楽天モバイルでは、iPhoneアップグレードプログラム以外にも、ポイント還元によるキャンペーンを行っています。

もちろん、iPhoneアップグレードプログラムとの併用も可能です。

こちらを利用すると最大で24,000円分のポイントが還元されますが、機種によって還元額の上限が異なります。

▼最大24,000ポイントの内訳(乗り換え)を見る
ポイント受け取り条件 還元ポイント額
初めての申し込み かつ「Rakuten Link」アプリから10秒以上発信 3,000ポイント

指定機種を購入
iPhone 13 /13 mini
iPhone 13 Pro / 13 Pro Max
iPhone SE(第3世代)
16,000ポイント
iPhone アップグレードプログラムに加入 5,000ポイント
合計 〜24,000ポイント

最大24,000ポイントを受け取るには、最新のiPhone 13シリーズ、もしくはiPhone SE(第3世代)を購入し、いくつかの条件を満たす必要があります。

しかし、ドコモやauの最大22,000円割引よりも実質の割引額が大きくお得なため、最新のiPhoneを安く購入したい人は、楽天モバイルからの申し込みがおすすめです。

ドコモのスマホ割引キャンペーン

ドコモ

ドコモでは、最新のiPhone SE(第3世代)やGalaxy S22といった最新機種を最大22,000円割引で購入することが可能です。

また、ドコモでも「いつでもカエドキプログラム」も併用することで、iPhone SE(第3世代)(128GB)であれば、実質20,680円から購入できます。

▼割引対象機種と実質負担額を見る
機種 割引・還元額 実質負担額
iPhone 13 20,000円相当のdポイント 49,740円〜
iPhone 13 mini 38,630円〜
iPhone 13 Pro 69,650円〜
iPhone 13 Pro Max 82,190円〜
iPhone SE(第3世代) 22,000円 12,615円〜
Galaxy S22 SC-51C 16,500円 56,892円〜
AQUOS wish2 SH-51C 5,500円~
Xperia Ace Ⅲ SO-53C 9,988円〜

※割引額:「5G WELCOME割」を適用した場合の割引額
※実質負担額:「5G WELCOME割」「いつでもカエドキプログラム」を適用した場合で計算

auのスマホ割引キャンペーン

au

auでは、販売中のほぼ全機種のiPhone・スマートフォンが割引対象の「au Online Shop お得割」が利用できます。

対象機種には、人気のiPhone 13シリーズやiPhone SE(第3世代)だけでなく、Androidの最新機種であるXperia 1 Ⅳ、Google Pixel 6aなども幅広く割引の対象となっています。

各機種で乗り換えであれば最大22,000円割引、新規申し込みであれば最大11,000円割引がされます。

さらに、22歳以下の利用者が新規で申し込むと、「au Online Shop U22新規ご契約特典」が適用され、最大10,000円相当のau PAY残高もプレゼントされます。

スマホを安く購入するなら中古品もおすすめ

初めて中古スマホを購入するのは不安なことが多いかもしれませんが、最近では安心して購入できるショップが増えてきています。

その中でおすすめなのが伊藤忠グループが運営する「にこスマ」です。

にこスマは商品状態を正直に掲載してあり、赤ロム時の返品・交換保証も対応しています。

中古は少し不安だけど、価格を抑えつつ安心して購入したいなぁ。と考えてる人におすすめです!

とにかくスマホを安く購入したい方はぜひ中古品もチェックしてみてください!

参考価格(2022年10月時点)

人気No.1機種 iPhone 8:税込 20,500円〜
人気機種 iPhone SE(第二世代):31,500円~
人気機種 iPhone XS:36,500円~
・iPhone 11:51,500円~
・iPhone XR:29,500円~
・iPhone SE(第一世代):10,500円~

■ にこスマの特徴・メリット

  • 全国どこでも送料無料、代引手数料無料
  • 14時までの注文は当日出荷、それ以降は翌営業日出荷
  • 大手で安心の伊藤忠グループ運営で、電話・メール・チャットサポートあり
  • 購入から30日以内であれば無料返品、赤ロムは永久保証
  • iPhone SE(第二世代)iPhone 8 / XSシリーズ、人気モデルも取り扱いあり
  • 当日お届けできるスピード便や独自のスマホ保険などオプションも充実

モバレコ編集部がにこスマの中の人に聞いた情報だと、人気機種はiPhone 8とiPhone SE(第二世代)、iPhone XSとのことでした。大きすぎず小さすぎずの取り回しのいいサイズ、iPhone 8、iPhone SEについてはTouch ID(指紋認証)が使えるのもおすすめポイントです。ぜひチェックしてみてくださいね。

スマホ選びの基準 / 選び方

まずは、「そもそもスマホをどうやって選べばよいのか分からない」「数あるスマホの違いをどこで見比べていけばよいのか分からない」という方 向けに、公式サイトなどで公表されているスペック表の見るべきポイントとスマホの選び方を解説します。

とくに注目しておきたい主要スペック部分は以下の項目です。

  • iPhoneかAndroidのどちらにするか
  • CPU / RAM(メモリ)
  • ストレージ容量(ROM)
  • カメラ性能(画素数, レンズの数など)
  • バッテリー容量 / ディスプレイ
  • 防水 / 生体認証 / おサイフケータイ

それぞれの項目で見るべき項目と選ぶべき性能の目安を順番に解説します。

AndroidかiPhoneのどちらにするか

スマホを購入する上で、まずiPhoneにするか他のスマートフォンにするかということを悩む方も多いかと思います。

そもそも、スマートフォンはGalaxyやXperia、AQUOSシリーズなど様々なメーカーが販売していますが、基本的にほぼすべての機種で「Android」という共通のソフト(OS)がベースとなって動作をしています。

この共通のソフト(OS)をベースに、メーカー各社が機能や操作性をカスタマイズして販売している機種が、普段目にしている「Androidスマートフォン」となります。

▼AndroidとiPhoneの違い

特徴 メリット
Android ・様々な特徴の機種が販売されている
・カスタマイズ性が高い
・機種の選択肢が豊富
・低価格の機種も多い
・SDカードが使える
iPhone ・Appleが自社で開発
・販売しているスマホ
・デザイン性が高い
・アップデートのサポート期間が長い
・ケース類などが豊富

Androidを搭載しているスマホは、メーカーごとに機能やスペックが異なる機種が多く、より好みにあった機種を選べる点がポイントです。

また、ゲーミングスマホなどの特定の用途に特化した機種や、画面内指紋認証などの先進性の高い特徴を備えた機種も登場しています。

一方でiPhoneは、動作するソフト(OS)から本体の開発までをAppleだけで行い、販売しているスマホです。そのため、他のApple製品との親和性が高く、スムーズに連携してくれます。

また、Appleがすべて自社開発しているため、機種の選択肢は少ないですが、その分各機種の性能が高いことに加えて、サポート期間が長いなどのメリットもあります。

それ以外では、iPhoneは日本国内でも高い人気があるので、ケースやアクセサリー類も豊富に揃っているのも魅力です。

Androidがおすすめの人
・カメラやゲームなどの用途に特化した機種が欲しい人
・できるだけ手頃な価格の機種が欲しい人
・画面内指紋認証など先進性が高い機種が気になってる人
iPhoneがおすすめの人
・スマホケースやカバー選びも楽しみたい人
・同じ機種を長く使い続けたい人
・MacやiPadなどほかにApple製品を保有している人

▲目次に戻る

サクサク利用するためにはCPU・RAMが重要?

CPUとRAMはチェックすべし!
CPUとRAMはチェックすべし!

CPU・RAMはデータの処理を行う中核的な部分です。CPUはデータの処理を命令する司令官、RAMは実際の処理を行う作業スペースのようなイメージです。

CPU・RAMがそれぞれ最新・大容量モデルである程、よりサクサクとした操作を行うことができます。

しかし、この2つが言わばスマホのパフォーマンスを決めるだけに、より最新で大容量のCPU・RAMを搭載するスマホほど価格が高額となります。

現行モデルの目安で言えば、以下を参考にしてみて下さい。

AndroidスマホにおけるCPUはメーカーによって独自CPUも存在しますが、今回は代表的な「Snapdragonシリーズ」と、Appleが開発しているiPhone向けの「Aシリーズ」を例に紹介します。

Androidの場合
CPU 性能
Snapdragon 8 Gen 1 /Snapdragon 888 非常に高い
Snapdragon 865 / 855 高い
Snapdragon 750 / 720 / 690 / 480 やや高い
iOS(iPhone)の場合
CPU 性能
A15 Bionic / A14 Bionic 非常に高い
A13 Bionic 高い
A12 Bionic やや高い

それぞれランクが高くなるにつれて、最新機種のため価格も高くなっていきます。

ただし、こちらはあくまでCPUの性能だけを見たものなので、実際は作業領域とも例えられるRAMの容量や、後述する本体ストレージ(ROM)の使用状況などによって変動します。

RAM(メモリ)については、8GB〜12GBの搭載であればハイスペックモデル、4GB〜6GBはミドルスペック、3GB以下の場合はエントリーモデルの部類に該当します。

▲目次に戻る

写真にこだわるならカメラ性能がポイント?

カメラ選びのポイント
カメラのこだわりポイント

SNSでサクっと綺麗な写真をシェアする為にも、スマホのカメラにはこだわりたいという方も今では多いことと思います。

何をもってカメラが良いと判断すべきか重要なポイントは「画素数」「F値」「AIモード撮影」「広角・望遠倍率」です。

詳しくは、下記の表を参考にしてみてください。

チェックポイント 説明
画素数 値が大きいほど、より鮮明な写真が撮れる。一部分を拡大して見る時に、画素数が高いとよりハッキリと物体を識別することが可能。
F値 レンズに光を取り込む量を示す数値。値が低いほど、光を取り込む量が多く、より明るい写真が撮れ、被写体に寄って撮影をした時に背景がよりボケる。
AIモード撮影 AIがシーンに応じた最適な補正を行う撮影モード。AIモードを搭載していると、綺麗な写真が簡単に撮影できる為、SNSでもより手軽にシェアすることができる。
広角・望遠倍率 超広角な画角での撮影が可能なレンズを搭載しているスマホは、大人数でセルフィ撮影が可能。望遠カメラはズーム撮影で画質が低下しがちになるところを高画質で撮影が可能。

その他、動画撮影を含む手ぶれ補正機能の充実度もチェックしておきたいポイントです。

▲目次に戻る

データをたくさん保存したいならROMをチェックすべき?

ROMにも注目!
ROMにも注目!

ROM(ストレージ)とは、データの保存できる容量です。

値(GB数)が大きいほど、より多くの写真、動画、音楽などのデータをスマホ内部に保存しておくことができるので、最初に確認しておくべき重要なポイントです。

スマホであまり写真や音楽を保存しない人にとっては64GB程度が適切な目安ですが、ある程度の余裕を持った容量が欲しい場合は128GB〜256GB搭載のスマホがおすすめです。

より多くのROMを積んだスマホにするほど価格も高くなりますが、AndroidスマホであればSDカードに対応しているスマホも多いので、SDカードで代用して節約することも可能です。

▲目次に戻る

長時間の利用ならバッテリー容量 / 画面の綺麗さを重視するならディスプレイをチェック!

スマホ選び
バッテリーとディスプレイも重要!

当然ながら、バッテリー容量が多いほどより長時間の利用が可能です。ただし、容量が少なくても電池持ち(連続利用時間)が長いスマホもあります。

また最近では、急速充電やワイヤレス充電に対応しているスマホが主流になってきています。設定面で、節電モードが充実しているかどうかも見所です。

目安としては、一般的な利用レベルであれば4,000mAh以上あれば安心でしょう。

リフレッシュレートにも着目
リフレッシュレートにも着目

また、ゲームや動画視聴をメインで利用する人は、リフレッシュレートにも着目するといいでしょう。

リフレッシュレートは60Hzが標準ですが、最近は90Hzや120Hz以上の数値の機種もあります。リフレッシュレートの値が高いほどより動作や映像がなめらかになります。

▲目次に戻る

防水 / 生体認証 / おサイフケータイの対応可否をチェック!

スマホ選び
防水 / 生体認証 / おサイフケータイの対応可否(引用元:[11]

よりスマホを安全に、便利に使ううえで、防水・生体認証・おサイフケータイに対応しているかどうかはとても重要なポイントです。

・防水
また、最近では新しい生活様式に対応した機種も増えており、消毒液やハンドソープによる丸洗いに対応するスマホなども登場しています。
・生体認証
生体認証では、顔認証と指紋認証を搭載していることが多いです。
iPhoneはFace ID(顔認証)を搭載している機種が多いですが、iPhone SE(第3世代)のみホームボタンに内蔵されたTouch ID(指紋認証)を搭載しています。
一方でAndroidでは、指紋認証に対応したスマホが多くあります。しかし、本体側面の電源ボタンに内蔵されているものや、本体の裏面に備わっているものなど機種によって異なります。
また、最近の高価格帯モデルでは、画面に指紋認証機能を搭載した機種も登場しています。
・おサイフケータイ
「おサイフケータイ」は、昨今の情勢からキャッシュレス決済が普及する中で欠かせない機能の一つとなりつつあります。
「おサイフケータイ」に対応している機種では、suicaやiDなどのサービスを利用してスマホだけで決済を完結することができます。
ただし、「PayPay」などのバーコードを提示して行う対応のキャッシュレス決済であれば、「おサイフケータイ」に対応していなくても利用可能です。
まだ、「おサイフケータイ」を使ったことがない人も、いざ使ってみるとそのかゆいところに手が届くような機能が手放せなくなることと思いますよ。

▲目次に戻る

まとめ

購入後に後悔しないためには、まずはしっかり自分がスマホで何をしたいのか、どれくらい利用するのかを改めて把握することから始めましょう。

そしてそれに見合ったスペックや機能を搭載したスマホを選ぶことが重要です。

なお、今回のおすすめランキングは各機種の個性と個人的な見解が影響しているので、全ての人に当てはまるとは限りませんが、スマホ選びに迷っている方の参考に少しでもなっていただければ幸いです。

新しいスマホの購入、買い替えを検討中でスマホの補償サービスにまだ加入されていない人はモバイル保険といった補償サービスの加入を検討してみてはいかがでしょうか?

毎月700円、年間最大10万円で3端末までの補償が可能なモバイル端末に特化した保険サービスです。

モバイル保険

具体的には、「外装破損」、「損壊」、 「水濡れ全損」、「故障」、「盗難」などで発生する修理費用について年間最大10万円の補償が可能になります。

スマホは2年、3年と毎日長く使うもの、うっかり落として画面が破損してしまった、水没してしまって動かなくなってしまったなど、トラブルはつきものです。

そんな、スマホの修理や補償が気になる!という人は月700円で年間最大10万円の補償ができるモバイル保険がおすすめです。

また、国内で人気のiPhoneといった高額なスマホを購入する際も、安価なモバイル保険に入っておくと安心です。

モバイル保険の特徴

  • 月額700円で3台まで
  • SIMフリースマホやiPhoneを購入する人におすすめ
  • 年間で最大10万円の補償
  • 機種ごとではなく契約者に紐づく保険なので、機種変更しても安心

毎月のスマホ料金を安くしたい方は、ぜひプロに無料相談ください!

キシュヘン

ネットで色々なスマホプランを調べても、結局どのプランが自分に合っているのか迷いますよね。

そんな方は、直接プロに相談するのも手段の1つ!

モバレコの運用する「キシュヘン」であれば、チャットで最短3分と手軽に相談できるのでおすすめです。

しかも相談手数料は無料、営業活動も一切ないため安心して利用できます。

スマホプランに目星がついている方もぜひ一度、活用してみてはいかがでしょうか!

この記事を書いた人(編集:モバレコ編集部)

プロフィール

モバレコでは、2015年からレビュー記事を中心に寄稿しています。

また、スマートフォンやタブレット、アプリ、サービス、アクセサリを総合的に取り扱うモバイル専門のメディア「携帯総合研究所」を個人で運営。発表会の取材はもちろん、前職はシステムエンジニアでプログラミングの経験をいかして3キャリアの料金を比較できる料金シミュレーターなども開発しています。

得意カテゴリー

レビュー

ブログ・SNS

携帯総合研究所
https://mobilelaby.com/
Twitter(@xeno_twit)
https://twitter.com/xeno_twit

Let's Share!

  • Twitter シェアアイコン
  • facebook シェアアイコン
  • はてなブックマーク シェアアイコン
  • Pocket シェアアイコン