最新おすすめスマホはこれだ! 2019夏モデル総まとめ【ドコモ・au・ソフトバンク】

書いた人: Yusuke Sakakura

カテゴリ: まとめ ,

ツイート このエントリーをはてなブックマークに追加
最新おすすめスマホはこれだ! 2019夏モデル総まとめ【ドコモ・au・ソフトバンク】

今年の夏もドコモ・au・ソフトバンクの3キャリアから魅力的な最新スマートフォンが登場しました。

シリーズ初のトリプルカメラを搭載したXperiaや画面内蔵型の指紋認証センサーを採用したGalaxy、世界最高の評価を受けたクアッドカメラを搭載するHUAWEI P30 Pro、コストパフォーマンスに優れたモデルも多数ラインナップ。

SIMフリー/格安スマホにはない機種も多く、高額なスマホも安く購入できる下取りサービスや故障したらショップに駆け込んで利用できる優れた補償サービスなど、キャリアにしかないメリットもあります。

この記事ではドコモ・au・ソフトバンクから発表された2019年夏モデルのスマートフォンを一挙17機種まとめてご紹介します。

目次:

ドコモ2019年夏モデル

ドコモ2019夏モデル
ドコモ2019夏モデル

この夏、最も大きな変化があったのがドコモです。

30GB/月のギガがなくなっても1Mbpsで通信できる「ギガホ」と4段階性でムダなく利用できる「ギガライト」の2種類から選べるシンプルな新料金プランが登場。割引サービスの月々サポート・端末購入サポート・docomo withに変わって新しい買い方の「スマホおかえしプログラム」がスタートし、機種代金も安くなりました。

※スマホおかえしプログラム: 36回分割で対象機種を購入し、24ヶ月目以降に機種を返却すると最大12階分の分割支払金が不要になる買い方。ドコモの回線契約を継続したり、機種変更の必要はなし

料金、端末ともにわかりやすさを重視するのであればドコモがオススメでしょう。

そんなドコモから発売される2019年夏モデルのスマートフォンは3キャリアのなかでも最も多い全10機種です。

Xperia 1 SO-03L

Xperia 1 SO-03L
Xperia 1 SO-03L

最大の特徴は映画とほぼ同じ縦横比21:9の「シネマワイドスクリーン」。6.5インチの画面いっぱいに映像を表示できるほか、世界初の4K HDR対応有機ELディスプレイで、迫力のある美しい映像で映画やゲームなどを楽しめます。

Xperia 1はauとソフトバンクからも発売されますが、ドコモ版は国内最速となる下り最大1576Mbps(2019年冬)と上り131.3Mbpsの高速通信に対応。動画や音楽などのストリーミング、ダウンロードも快適に楽しめます。

「Xperia 1」の発売日は6月14日です。

Xperia 1 SO-03Lのスペック(参照:Xperia 1|NTTドコモ
OS Android 9 Pie
ディスプレイ 約6.5インチ、4K(1,644×3,840)
大きさ(縦×横×厚さ)・重さ 約167 x 72 x 8.2mm・178g
CPU Snapdragon 855
2.8GHz+1.7GHzオクタコア
カメラ(メイン/サブ) 1,220万画素×3/800万画素
内蔵メモリ(ROM/RAM) 64GB/6GB
バッテリー容量 3,200mAh
機種価格
機種代金 103,032円
(2,862円 x 36回)
スマホお返しプログラム適用時
(24ヶ月目で利用)
68,688円
(2,862円 x 24回)

Galaxy S10 SC-03L

Galaxy S10 SC-03L
Galaxy S10 SC-03L

Galaxy Sシリーズとして初のトリプルカメラを搭載。従来の広角レンズに加え、画質が劣化しない光学2倍ズームが可能な望遠レンズ、景色をダイナミックに撮れる超広角レンズが利用できます。

AIプロセッサ「NPU」が被写体や風景、時間など30種類のシーンを自動で判別して最適なモードで撮影する「インテリジェントカメラ」にも対応。さらに、プロ写真家の基本ルールと1億枚以上の写真を分析した高度な機械学習によって撮影時に理想的な構図をガイド表示します。

Galaxy S10はドコモとauから発売されますが、ドコモ版は国内最速となる下り最大1576Mbpsの高速通信に対応(2019年冬)。動画や音楽などのストリーミング、ダウンロードも快適に楽しめます。

「Galaxy S10」の発売日は6月1日です。

Galaxy S10 SC-03Lのスペック(参照:Galaxy S10|NTTドコモ
OS Android 9 Pie
ディスプレイ 約6.1インチ、Quad HD+(3,040×1,440)
大きさ(縦×横×厚さ)・重さ 約150 x 70 x 7.8mm・158g
CPU Snapdragon 855
2.8GHz+1.7GHz
オクタコア
カメラ(メイン/サブ) 1,200万画素 x 2、1,600万画素 x 1/1,000万画素
内蔵メモリ(ROM/RAM) 128GB/8GB
バッテリー容量 3,300mAh
機種価格
機種代金 89,424円
(2,484円 x 36回)
スマホお返しプログラム適用時
(24ヶ月目で利用)
59,616円
(2,484円 x 24回)

Galaxy S10+ SC-04L

Galaxy S10+ SC-04L
Galaxy S10+ SC-04L

Galaxy史上最大クラスとなる4,000mAhの大容量バッテリーを搭載することでゲームや動画を長時間楽しめます。長時間のゲームプレイで気になるのが発熱ですが、Galaxy S10のヒートパイプ冷却システムよりも優れた「ベイパーチャンバー冷却システム」によって発熱を抑えて快適にプレイ可能。

また、大容量バッテリーを活かした機能としてQiに対応するスマートフォンやスマートウォッチ、イヤホンなどにバッテリーをシェアできる「Wireless Power Share」にも対応します。

Galaxy S10+はドコモとauから発売されますが、ドコモ版は国内最速となる下り最大1,576Mbpsの高速通信に対応(2019年冬)。動画や音楽などのストリーミング、ダウンロードも快適に楽しめます。

「Galaxy S10+」の発売日は6月1日です。

Galaxy S10+ SC-04Lのスペック(参照:Galaxy S10+|NTTドコモ
OS Android 9 Pie
ディスプレイ 約6.4インチ、Quad HD+(1,440×3,040)
大きさ(縦×横×厚さ)・重さ 約158 x 74 x 7.8mm・175g
CPU Snapdragon 855
2.8GHz + 1.7GHz
オクタコア
カメラ(メイン/サブ) 1,200万画素 x 2、1,600万画素 x 1/1,000万画素、800万画素
内蔵メモリ(ROM/RAM) 128GB/8GB
バッテリー容量 4,000mAh
機種価格
機種代金 101,088円
(2,808円 x 36回)
スマホお返しプログラム適用時
(24ヶ月目で利用)
67,392円
(2,808円 x 24回)

Galaxy S10+ Olympic Games Edition SC-05L

Galaxy S10+ Olympic Games Edition SC-05L
Galaxy S10+ Olympic Games Edition SC-05L

2020年7月から開催される東京オリンピックを記念したモデルとしてドコモ限定の「Galaxy S10+ Olympic Games Edition」が発売されます。

機能は「Galaxy S10+」と同じ。背面に大会エンブレムをあしらい、限定デザインのワイヤレスイヤホン「Galaxy Buds」を同梱。特別な外装箱で発売されます。

さらに、東京オリンピックデザインのホーム画面とロック画面、公式キャラクターが登場するAlways On Display、オリジナルの起動画面が本体に収録されます。

「Galaxy S10+ Olympic Games Edition SC-05L」の発売日は7月下旬です。

Galaxy S10+ Olympic Games Edition SC-05Lのスペック(参照:Galaxy S10+ Olympic Games Edition|NTTドコモ
OS Android 9 Pie
ディスプレイ 約6.4インチ、Quad HD+(1,440×3,040)
大きさ(縦×横×厚さ)・重さ 約158 x 74 x 7.8mm・175g
CPU Snapdragon 855
2.8GHz + 1.7GHz
オクタコア
カメラ(メイン/サブ) 1,200万画素 x 2、1,600万画素 x 1/1,000万画素、800万画素
内蔵メモリ(ROM/RAM) 128GB/8GB
バッテリー容量 4,000mAh
機種価格
機種代金 114,696円
(3,186円 x 36回)
スマホお返しプログラム適用時
(24ヶ月目で利用)
76,464円
(3,186円 x 24回)

AQUOS R3 SH-04L

AQUOS R3 SH-04L
AQUOS R3 SH-04L

6.2インチの大画面ディスプレイは10億色による圧倒的な色表現が可能な「Pro IGZO」を搭載。緻密に色を表現するだけでなく、明るさはAQUOS R2から約2倍になりAQUOS Rシリーズ史上最高に向上しました。

さらに、映し出す映像の明るい部分と暗い部分差と周辺の環境を分析して自動でコントラストを最適化し、バックライトの輝度も自動で調整することで日差しの強い屋外でも見やすい「アウトドアビュー」に新たに対応しています。

AQUOS R3 SH-04Lはauとソフトバンクからも発売されますが、ドコモ版は国内最速となる下り最大1576Mbps(2019年冬)と上り131.3Mbpsの高速通信に対応。動画や音楽などのストリーミング、ダウンロードも快適に楽しめます。

「AQUOS R3」の発売日は6月1日です。

AQUOS R3 SH-04Lのスペック(参照:AQUOS R3|NTTドコモ
OS Android 9 Pie
ディスプレイ 約6.2インチ、Quad HD+(1,440×3,120)
大きさ(縦×横×厚さ)・重さ 約156 x 74 x 8.9mm・約185g
CPU Snapdragon 855
2.8GHz+1.7GHz
オクタコア
カメラ(メイン/サブ) 1,220万画素+2,010万画素/1,630万画素
内蔵メモリ(ROM/RAM) 128GB/6GB
バッテリー容量 3,200mAh
機種価格
機種代金 89,424円
(2,484円 x 36回)
スマホお返しプログラム適用時
(24ヶ月目で利用)
59,616円
(2,484円 x 24回)

HUAWEI P30 Pro HW-02L

HUAWEI P30 Pro HW-02L
HUAWEI P30 Pro HW-02L

カメラと言えばHUAWEIのスマホです。HUAWEIが今夏発売するP30 Proは世界初のLeicaクアッドカメラを搭載しました

通常の撮影で使う広角レンズ、画質が劣化しない光学5倍ズームが可能な望遠レンズ、風景をダイナミックに撮影したり室内でも全体を撮影できる超広角レンズの3つに加えて新たに搭載されたのが「ToFレンズ」です。

ToFレンズは光を飛ばして跳ね返ってくる時間で奥行きの情報を多段階で取得することでプロレベルのボケ撮影が可能に。さらに、50倍のデジタルズームや10倍のロスレスズームに対応。世界初のRYYBセンサーを搭載することで真っ暗でも驚異的に明るく撮影できます。

カメラ評価サイト「DxOMark」のスコアは過去最高の112点をマークするなど、スマホにカメラが付いているのではなくカメラにスマホが付いていると表現するのが正しいかもしれません。

「HUAWEI P30 Pro」の発売日は今夏です。

HUAWEI P30 Pro HW-02Lのスペック(参照:HUAWEI P30 Pro|NTTドコモ
OS Android 9 Pie
ディスプレイ 約6.5インチ、フルHD+(1,080 x 2,340)
大きさ(縦×横×厚さ)・重さ 約158×73×8.6mm・192g
CPU HUAWEI Kirin 980
2.6GHz + 1.9GHz + 1.8GHz
オクタコア
カメラ(メイン/サブ) 4,000万画素 + 約2,000万画素 + 約800万画素 + ToFレンズ/3,200万画素
内蔵メモリ(ROM/RAM) 128GB/6GB
バッテリー容量 4,100mAh
機種価格
機種代金 89,424円
(2,484円 x 36回)
スマホお返しプログラム適用時
(24ヶ月目で利用)
59,616円
(2,484円 x 24回)

arrows Be3 F-02L

arrows Be3 F-02L
arrows Be3 F-02L

arrows Be3は安心・安全な日本製スマホで、耳の位置(約1.5mの高さ)から落としても割れにくいディスプレイや落下時の衝撃を抑える構造を採用し、高い剛性を誇る頑丈なユニボディが特徴です。

過酷な環境でも使用できることを示すMIL規格には60℃の高温や−20℃の低音での動作など23項目に準拠。汚れたボディはハンドソープで洗うことで清潔に保つことができます。

機能面では「Exlider(エクスライダー)」が進化し、指紋認証をなぞって縦横にスクロールしたり、触れ続けるだけで表示を拡大することができるなど使いやすさに配慮した機能も搭載しています。

「arrows Be3」の発売日は6月7日です。

arrows Be3 F-02Lのスペック(参照:arrows Be3|NTTドコモ
OS Android 9 Pie
ディスプレイ 約5.6インチ、フルHD+(1080x2220)
大きさ(縦×横×厚さ)・重さ 約147 x 70 x 8.9mm・145g
CPU Snapdragon 450
1.8GHz
オクタコア
カメラ(メイン/サブ) 1,220万画素/810万画素
内蔵メモリ(ROM/RAM) 32GB/3GB
バッテリー容量 2,780mAh
機種価格
機種代金 33,048円
(918円 x 36回)

LG style2 L-01L

LG style2 L-01L
LG style2 L-01L

LG style2は、手ごろな価格ながらドコモスマートフォンとして最大クラスの3,900mAhの超大容量バッテリーを搭載するスタミナに優れたスマホです。

ディスプレイは大画面の6.0インチ、フルHD+のため写真も美しく表示できます。カメラは広角撮影が楽しめるほかAIが被写体を認識して最適な撮影モードに自動設定するため、シャッターを押すだけでベストショットが撮影可能。

そのほかにも指紋認証やおサイフケータイ、IP68等級の防水・防塵に対応するなどコストパフォーマンスに優れたモデルです。

「LG style2」の発売日は7月です。

LG style2 L-01Lのスペック(参照:LG style2 L-01L|NTTドコモ
OS Android 9 Pie
ディスプレイ 約6.0インチ、フルHD+(1,080 x 2,160)
大きさ(縦×横×厚さ)・重さ 約158 x 76 x 8.5mm・約182g
CPU Snapdragon 450
1.8GHz
オクタコア
カメラ(メイン/サブ) 約1,620万画素 + 約1,310万画素/約810万画素
内蔵メモリ(ROM/RAM) 64GB/4GB
バッテリー容量 3,900mAh
機種価格
機種代金 38,880円
(1,080円 x 36回)

Xperia Ace SO-02L

Xperia Ace SO-02L
Xperia Ace SO-02L

スマホの大画面化が進むなか、Xperia Aceは約5.0インチの画面を搭載することで片手操作が快適なコンパクトサイズのスマートフォンです。

カメラはXperiaコンパクトシリーズ初の光学式&電子式のハイブリット手ブレ補正に対応。F値1.8の明るいレンズと高性能センサーによって夜景でも手ブレを抑えてキレイに撮影できます。また、インカメラは超広角によるグループショットが可能。背景ぼかしが可能なポートレートセルフィーにも対応しています。

「Xperia Ace」の発売日は6月1日です。

Xperia Ace SO-02Lのスペック(参照:Xperia Ace SO-02L|NTTドコモ
OS Android 9 Pie
ディスプレイ 約5.0インチ、フルHD+(1,080 x 2,160)
大きさ(縦×横×厚さ)・重さ 約140 x 67 x 9.3mm・約154g
CPU Snapdragon 630
2.2GHz+1.8GHz
オクタコア
カメラ(メイン/サブ) 1,200万画素/800万画素
内蔵メモリ(ROM/RAM) 64GB/4GB
バッテリー容量 2,700mAh
機種価格
機種代金 48,600円
(1,350円 x 36回)

Google Pixel 3a

Google Pixel 3a
Google Pixel 3a

Pixel 3aはGoogleが開発したコストパフォーマンスに優れたスマートフォンです。

最大の特徴は上位モデル「Pixel 3」シリーズと同じ画質で撮影できるカメラを搭載していること。AIファーストを掲げるGoogleがAIを駆使することで驚異的な夜景撮影ができる「ナイトサイト」などシングルレンズながらもキレイな写真が撮影できます

OSアップデートが遅いAndroidですが、Pixelシリーズにはいち早く配信され、セキュリティアップデートも毎月初旬に配信されるため安心して利用可能。

なお、防水には対応しませんが、おサイフケータイが利用できます。

「Google Pixel 3a」の発売日は6月7日です

Google Pixel 3aのスペック(参照:Google Pixel 3a|NTTドコモ
OS Android 9 Pie
ディスプレイ 約5.6インチ、フルHD+(2,220 x 1,080)
大きさ(縦×横×厚さ)・重さ 約151.3×70.1×8.2mm・約147g
CPU Snapdragon 670
2.0GHz+1.7GHz
オクタコア
カメラ(メイン/サブ) 1,220万画素/800万画素
内蔵メモリ(ROM/RAM) 64GB/4GB
バッテリー容量 3,000mAh
機種価格
機種代金 46,656円
(1,296円 x 36回)

au2019夏モデル

au2019夏モデル
au2019夏モデル

今夏、auはドコモの新料金プラン「ギガホ」と「ギガライト」に対抗して最大4割安くなる新しい「新auピタットプラン」と「auフラットプラン7プラス」を発表。さらに、データ容量に上限のない5Gを見据えた新しいプランもこの夏登場します。

そんなauからはXperia 1、Galaxy S10/S10+、AQUOS R3などのフラグシップモデルに加えてGalaxy A30など手ごろな価格帯も含めた8機種のスマートフォンが発売されます。

なお、auでは48回の分割払いでスマートフォンを購入し、25ヶ月目に端末を返却して新しいスマホに機種変更すれば残額が0円になるため実質半額で購入することができます。ただし、月額390円の「アップグレードプログラムEX」に加入する必要があります。

Xperia 1 SOV40

Xperia 1 SOV40
Xperia 1 SOV40

Xperia 1に搭載されたシリーズ初のトリプルカメラは、標準・望遠・超広角を自在に切り替えることできれいなボケ感を生み出したり、画質が劣化しない光学2倍ズーム、迫力のある風景写真などを撮影することができます。

カメラ機能としてはスマートフォンとしては世界初となる瞳AFに対応。被写体の瞳を検出して正確にピントを合わせて写真を撮影できます。

このほかにも動く被写体にピントを合わせながら自動で露出を補正して1秒に最大10枚の連射ができるAF/AE追従高速連写。オートフォーカスが甘くなる暗い場所でも高精度でフォーカスできるデュアルフォトダイオード。ブレずに動画を撮影できる光学式&電子式手ブレ補正に対応します。

「Xperia 1 SOV40」の発売日は6月14日です。

Xperia 1 SOV40のスペック(参照:Xperia 1|au
OS Android 9 Pie
ディスプレイ 約6.5インチ、4K(1,644×3,840)
大きさ(縦×横×厚さ)・重さ 約167 x 72 x 8.2mm・178g
CPU Snapdragon 855
2.8GHz+1.7GHz
オクタコア
カメラ(メイン/サブ) 1,220万画素×3/800万画素
内蔵メモリ(ROM/RAM) 64GB/6GB
バッテリー容量 3,200mAh
機種価格
機種代金 112,320円
(2,340円 x 48回)
アップグレードプログラム適用時
(25ヶ月目で利用)
56,160円
(2,340円 x 24回)

Galaxy S10 SCV41

Galaxy S10 SCV41
Galaxy S10 SCV41

カメラホール以外のすべてをディスプレイにすることで、迫力と没入感のあるフルスクリーンを実現した「Infinity O Display」を採用。縦横比19:9の超縦長仕様かつフレームを限界まで削ぎ落とすことで手にフィットするサイズ感を実現しています。

高い信頼性を誇るAKGによってチューニングされたステレオスピーカーと臨場感のある音が楽しめるDolby Atmosによって、フルスクリーンに映し出す映像がさらに引き立ちます。

「Galaxy S10」の発売日は5月23日です。

Galaxy S10 SCV41のスペック(参照:Galaxy S10|au
OS Android 9 Pie
ディスプレイ 約6.1インチ、Quad HD+(3,040×1,440)
大きさ(縦×横×厚さ)・重さ 約150 x 70 x 7.8mm・158g
CPU Snapdragon 855
2.8GHz+1.7GHz
オクタコア
カメラ(メイン/サブ) 1,200万画素 x 2、1,600万画素 x 1/1,000万画素
内蔵メモリ(ROM/RAM) 128GB/8GB
バッテリー容量 3,300mAh
機種価格
機種代金 102,000円
(2,125円 x 48回)
アップグレードプログラム適用時
(25ヶ月目で利用)
51,000円
(2,125円 x 24回)

Galaxy S10+ SCV42

Galaxy S10+ SCV42
Galaxy S10+ SCV42

指紋認証センサーは物理式から画面内蔵型の超音波式に変更されました。ディスプレイにタッチするだけで指紋の凹凸を3Dで認識して魔法のように画面ロックが解除されます。

トリプルカメラに加えてフロントカメラもデュアル仕様になりました。レンズが2つ搭載されたのはGalaxy史上初。セルフィーで自然な背景ぼかしの写真を撮影したり、4K UHDの美しい動画を撮影することができます。

「Galaxy S10+」の発売日は6月1日です。

Galaxy S10+ SCV42のスペック(参照:Galaxy S10+|au
OS Android 9 Pie
ディスプレイ 約6.4インチ、Quad HD+(1,440×3,040)
大きさ(縦×横×厚さ)・重さ 約158 x 74 x 7.8mm・175g
CPU Snapdragon 855
2.8GHz + 1.7GHz
オクタコア
カメラ(メイン/サブ) 1,200万画素 x 2、1,600万画素 x 1/1,000万画素、800万画素
内蔵メモリ(ROM/RAM) 128GB/8GB
バッテリー容量 4,000mAh
機種価格
機種代金 114,960円
(2,395円 x 48回)
アップグレードプログラム適用時
(25ヶ月目で利用)
57,480円
(2,395円 x 24回)

AQUOS R3 SHV44

AQUOS R3 SHV44
AQUOS R3 SHV44

AQUOS R3のカメラは動画専用カメラと標準カメラで構成されるデュアル仕様です。

標準カメラは、「ProPix2」を搭載することでAIが被写体の動きに合わせて撮影したり、新しいオートフォーカスによって被写体に瞬時にピントを合わせることが可能に。さらに、F値1.7の明るいレンズによって、AQUOS R2に比べて明るさは約2.4倍に向上しています。

動画専用カメラは新しいピクセルセンサーを採用することで従来比で4倍もの光を取り込むことが可能に。新機能としては動画を撮影するだけで、AIが良い笑顔や構図などを判断してBGMやエフェクトを加えた約15秒のムービーを自動で作成する「AIライブストーリー」にも対応した。

「AQUOS R3」の発売日は5月25日です。

AQUOS R3 SHV44のスペック(参照:AQUOS R3|au
OS Android 9 Pie
ディスプレイ 約6.2インチ、Quad HD+(1,440×3,120)
大きさ(縦×横×厚さ)・重さ 約156 x 74 x 8.9mm・約185g
CPU Snapdragon 855
2.8GHz+1.7GHz
オクタコア
カメラ(メイン/サブ) 1,220万画素+2,010万画素/1,630万画素
内蔵メモリ(ROM/RAM) 128GB/6GB
バッテリー容量 3,200mAh
機種価格
機種代金 99,360円
(2,070円 x 48回)
アップグレードプログラム適用時
(25ヶ月目で利用)
49,680円
(2,070円 x 24回)

Galaxy A30 SCV43

Galaxy A30 SCV43
Galaxy A30 SCV43

Galaxy A30は、6.4インチの「Infinity-U」ディスプレイを搭載することでゲームや映画が大迫力で楽しめます。画面の縦横比は19.5:9のためスリムなボディで持ちやすさも両立しています

バッテリーは大容量の3,900mAhで電池持ちを気にせず1日利用可能。デュアルカメラは人間の視野角とほぼ同じ123°による超広角撮影が楽しめます。シーン判別機能によってカメラを向けるだけで被写体を認識して19種類に判別。設定を最適化していつでもベストショットが撮影できます。

「Galaxy A30」の発売日は6月6日です。

Galaxy A30 SCV43のスペック(参照:Galaxy A30 SCV43|au
OS Android 9 Pie
ディスプレイ 約6.4インチ、フルHD+(2,340×1,080)
大きさ(縦×横×厚さ)・重さ 約160 x 75 x 8.0mm・約176g
CPU Exynos7904
1.8GHz + 1.6GHz
オクタコア
カメラ(メイン/サブ) 1,300万画素+500万画素/800万画素
内蔵メモリ(ROM/RAM) 64GB/4GB
バッテリー容量 3,900mAh
機種価格
機種代金 43,200円
(900円 x 48回)
アップグレードプログラム適用時
(25ヶ月目で利用)
21,600円
(900円 x 24回)

HUAWEI P30 lite Premium HWV33

HUAWEI P30 lite Premium HWV33
HUAWEI P30 lite Premium HWV33

ライトモデルながら3つのレンズから構成されるAIトリプルカメラを搭載。標準カメラに加えて超広角レンズを搭載することでワイドな風景や集合写真、室内などの近距離でも全景を撮影できます。

セルフィーは24メガピクセルでAIがカメラに映った顔を立体認識して顔色、目、鼻、輪郭などを自動調整するビューティー補正を搭載。自然な仕上がりになるよう性別や年齢に応じて顔の特徴を認識します。

写真を保存できるメモリは大容量128GB。これはau限定仕様です。

「HUAWEI P30 lite Premium」の発売日は未定です。

HUAWEI P30 lite Premium HWV33のスペック(参照:HUAWEI P30 lite|au
OS Android 9 Pie
ディスプレイ 約6.1インチ、フルHD+(2,312×1,080)
大きさ(縦×横×厚さ)・重さ 約153 x 73 x 7.5mm・約159g
CPU HUAWEI Kirin 710
2.2GHz + 1.7GHz
オクタコア
カメラ(メイン/サブ) 2,400万画素 + 800万画素 + 200万画素/2,400万画素
内蔵メモリ(ROM/RAM) 128GB/4GB
バッテリー容量 3,340mAh
機種価格
機種代金 43,200円
(900円 x 48回)
アップグレードプログラム適用時
(25ヶ月目で利用)
21,600円
(900円 x 24回)

TORQUE G04

TORQUE G04
TORQUE G04

TORQUE G04は厳しい27項目のMIL試験をクリアしたTORQUEシリーズ最強の堅牢性&耐久性を実現したスマートフォンです

平地だけでなく海・山・その他過酷な環境下での利用を想定して高さ約2mから鉄板やコンクリートに落下させるハードな試験に合格。水深約2mで1時間耐えられる耐海水、海から上がってそのまま温水シャワーで洗うことも可能です。

過酷な環境には絶景がつきもの。最新のTORQUEは絶景を超高精細で記録できる24メガピクセルカメラを搭載。暗い場所でもF値1.8の明るいレンズと新開発のセンサー、暗所モードによって明るい写真が撮影できます。カメラ機能としてはHDRやタイムラプス、スローモーション、近距離で背景をぼかしたり、あとからぼかしの量や場所、効果を調整したり、フォーカスを変更することも可能です。

「TORQUE G04」の発売日は8月下旬以降です。

TORQUE G04のスペック(参照:TORQUE G04|au
OS Android 9 Pie
ディスプレイ 約5.0インチ、フルHD(1,920×1,080)
大きさ(縦×横×厚さ)・重さ 約150 x 73 x 13.4mm・約203g
CPU Snapdragon 660
2.2GHz + 1.8GHz
オクタコア
カメラ(メイン/サブ) 2,400万画素 + 800万画素/800万画素
内蔵メモリ(ROM/RAM) 64GB/4GB
バッテリー容量 2,940mAh
機種価格
機種代金 未発表
アップグレードプログラム適用時
(25ヶ月目で利用)
未発表

AQUOS sense2 かんたん

AQUOS sense2 かんたん
AQUOS sense2 かんたん

AQUOS sense2かんたんはスマホデビューに最適なモデル。

名前のとおりベースとなるのは2018年秋冬モデルのAQUOS sense2。ハードウェアはそのままに、大きなアイコンでスマホ初心者でも操作しやすいホームアプリ「AQUOSかんたんホーム」が初期設定されています。画面の明るさやコントラストを調整して文字や写真が見やすい「はっきりビュー」や大きくて読みやすい「フォントサイズ(特大)」、au公式のスマートフォンの使い方学習アプリ「auカンタンガイド」を収録しています。

「AQUOS sense2 かんたん」の発売日は6月14日発売です。

AQUOS sense2 かんたんのスペック(参照:AQUOS sense2 かんたん|au
OS Android 9 Pie
ディスプレイ 約5.5インチ、フルHD+(2,160 x 1,080)
大きさ(縦×横×厚さ)・重さ 約148 x 71 x 8.4mm・約155g
CPU Snapdragon 450
1.8GHz
オクタコア
カメラ(メイン/サブ) 1,200万画素/800万画素
内蔵メモリ(ROM/RAM) 32GB/3GB
バッテリー容量 2,700mAh
機種価格
機種代金 32,400円
(675円 x 48回)
アップグレードプログラム適用時
(25ヶ月目で利用)
16,200円
(675円 x 24回)

ソフトバンク2019夏モデル

2019ソフトバンク夏モデル
2019ソフトバンク夏モデル

ソフトバンクは3キャリアの中で最も少ない6機種をラインナップしています。

最新のXperiaやAQUOSなど注目の機種をおさえつつ、6年ぶりに帰ってきたarrowsスマホやいち早くOSアップデートとセキュリティアップデートが適用できるGoogle Pixel 3aシリーズなど幅広いラインナップになっています。

なお、ソフトバンクでは48回の分割払いで端末を購入して25ヶ月目で返却を条件に機種変更すると残債が0円になり、実質半額で購入ができる「半額サポート」が提供されています。スマホを長期間使うのではなく2年ぐらいで最新のスマホに買い替えたい人にとっては嬉しいサポートプログラムです。

Google Pixel 3a

Google Pixel 3a
Google Pixel 3a

Pixel 3aはGoogleが開発したコストパフォーマンスに優れたスマートフォンです。

上位モデルの「Pixel 3」との違いはガラスからポリカーボネート樹脂に変更されたボディ、画面サイズ、本体のサイズ・重さ、ミドルレンジ向けのプロセッサ、シングルレンズのフロントカメラです。

バッテリー容量は上位モデルよりも多く、有線イヤホンが使えるイヤホンジャック付きです。

「Google Pixel 3a」の発売日は5月17日です。

Google Pixel 3aのスペック(参照:Google Pixel 3a|ソフトバンク
OS Android 9 Pie
ディスプレイ 約5.6インチ、フルHD+(2,220 x 1,080)
大きさ(縦×横×厚さ)・重さ 約151.3×70.1×8.2mm・約147g
CPU Snapdragon 670
2.0GHz+1.7GHz
オクタコア
カメラ(メイン/サブ) 1,220万画素/800万画素
内蔵メモリ(ROM/RAM) 64GB/4GB
バッテリー容量 3,000mAh
機種価格
機種代金 57,120円
(1,190円 x 48回)

Google Pixel 3a XL

Google Pixel 3a XL
Google Pixel 3a XL

Pixel 3a XLは、Pixel 3aよりも画面サイズが大きく、バッテリー容量が多いビッグモデルです。カメラやプロセッサに変わりはありません。片手操作を犠牲にしても電池持ちの良さを求めたい人はPixel 3a XLがオススメです

「Google Pixel 3a XL」の発売日は5月17日です

Google Pixel 3a XLのスペック(参照:Google Pixel 3a XL|ソフトバンク
OS Android 9 Pie
ディスプレイ 約6.0インチ、フルHD+(2,160 x 1,080)
大きさ(縦×横×厚さ)・重さ 約160.1×76.1×8.2mm・約167g
CPU Snapdragon 670
2.0GHz+1.7GHz
オクタコア
カメラ(メイン/サブ) 1,220万画素/800万画素
内蔵メモリ(ROM/RAM) 64GB/4GB
バッテリー容量 3,700mAh
機種価格
機種代金 67,680円
(1,410円 x 48回)

AQUOS R3

AQUOS R3
AQUOS R3

AQUOS R3はシリーズ史上最高のスペックを謳うハイエンドモデルです。

プロセッサは今夏フラグシップモデルの多くが採用するSnapdragon 855を搭載。従来機種よりも処理性能は30%、描画性能は20%、AIの処理性能は200%も向上。6GBの大容量メモリで複数のアプリを同時に起動しても快適に利用できます。

AQUOS Rシリーズの優れた放熱性はさらに進化。従来機種と同一のパフォーマンス時に表面温度は約5℃も下げることに成功。長時間快適なパフォーマンスでゲームなどもプレイできます。

「AQUOS R3」の発売日は5月24日です

AQUOS R3のスペック(参照:AQUOS R3|ソフトバンク
OS Android 9 Pie
ディスプレイ 約6.2インチ、Quad HD+(1,440×3,120)
大きさ(縦×横×厚さ)・重さ 約156 x 74 x 8.9mm・約185g
CPU Snapdragon 855
2.8GHz+1.7GHz
オクタコア
カメラ(メイン/サブ) 1,220万画素+2,010万画素/1,630万画素
内蔵メモリ(ROM/RAM) 128GB/6GB
バッテリー容量 3,200mAh
機種価格
機種代金 113,760円
(2,370円 x 48回)
半額サポート適用時
(24ヶ月目で利用)
56,880円
(2,370円 x 24回)

Xperia 1

Xperia 1
Xperia 1

超縦長の「シネマワイドディスプレイ」は迫力のある映像が楽しめるだけでなく、ホーム画面などから21:9マルチウィンドウを選択すると複数のアプリを同時に起動することができます

機能自体は従来のAndroidからあるものですが、Xperia 1ならではの超縦長画面によってスポーツなどの動画を見ながらTwitterで実況するといったことも可能に。地図と開きながらLINEでメッセージして待ち合わせをしたり、ブラウザで調べ物をしながらメールするといったように自由な組み合わせでながら操作が楽しめます。

「Xperia 1」の発売日は6月14日です。

Xperia 1のスペック(参照:Xperia 1|ソフトバンク
OS Android 9 Pie
ディスプレイ 約6.5インチ、4K(1,644×3,840)
大きさ(縦×横×厚さ)・重さ 約167 x 72 x 8.2mm・178g
CPU Snapdragon 855
2.8GHz+1.7GHz
オクタコア
カメラ(メイン/サブ) 1,220万画素×3/800万画素
内蔵メモリ(ROM/RAM) 64GB/6GB
バッテリー容量 3,200mAh
機種価格
機種代金 136,320円
(2,840円 x 48回)
半額サポート適用時
(24ヶ月目で利用)
68,160円
(2,840円 x 24回)

arrows U

arrows U
arrows U

arrows Uは6年ぶりにソフトバンクから発売されるスマートフォンです

側面に配置された専用のアシスタントキーでは、対話型AIのGoogleアシスタントをすぐに起動できるほか、長押しすることでカメラやライト、ズーム、おサイフケータイといった機能をショートカットで呼び出すことも可能。

カメラはデュアル仕様で背景をぼかした奥行きのある写真が撮影できます。

「arrows U」の発売日は6月28日です。

arrows Uのスペック(参照:arrows U|ソフトバンク
OS Android 9 Pie
ディスプレイ 約5.8インチ、フルHD+(2,280×1,080)
大きさ(縦×横×厚さ)・重さ 約149 x 72 x 8.8mm・166g
CPU Snapdragon 450
1.8GHz
オクタコア
カメラ(メイン/サブ) 1,310万画素 + 500万画素/800万画素
内蔵メモリ(ROM/RAM) 32GB/3GB
バッテリー容量 2,880mAh
機種価格
機種代金 30,720円
(640円 x 48回)
半額サポート適用時
(24ヶ月目で利用)
15,360円
(640円 x 24回)

LG K50

LG K50
LG K50

大容量のバッテリーを搭載したコスパに優れるモデルです。

3,500mAhのバッテリーに加えて、バックグラウンドで動作しているアプリの消費電力を抑える機能、YouTubeなど動画の音声だけを聞く場合に画面を暗くすることで消費電力を抑える「エコプレイ」によって長時間動画や音楽、ゲームが楽しめます。

約6.26インチの「FullVision」ディスプレイは19:9の超縦長仕様のため、片手で持ちやすくTwitterやInstagramのタイムライン、フィードも少ないスクロールで快適に楽しめます。

「LG K50」の発売日は7月上旬以降です。

LG K50のスペック(参照:LG K50|ソフトバンク
OS Android 9 Pie
ディスプレイ 約6.26インチ、HD+(1,520×720)
大きさ(縦×横×厚さ)・重さ 約161 x 77 x 8.7mm・172g
CPU MediaTek6762
2.0GHz+1.5GHz
オクタコア
カメラ(メイン/サブ) 1,300万画素 + 200万画素/1,300万画素
内蔵メモリ(ROM/RAM) 32GB/3GB
バッテリー容量 3,500mAh
機種価格
機種代金 未発表
半額サポート適用時
(24ヶ月目で利用)
未発表

まとめ

今年はドコモ・au・ソフトバンクの3キャリアから2019年夏モデルとしてスマートフォンが17機種登場しました。

既に多くの機種が発売済み。ドコモオンラインショップの売れ筋ランキング(6月10日〜16日集計)では、Xperia 1が1位、Galaxy S10+が2位、Xperia Aceが3位、Galaxy S10が4位、arrows Be3が5位、Google Pixel 3aが6位と上位を2019年夏モデルが独占しています。

個人的な今夏のイチオシは「Xperia 1」です。21:9のシネマワイドディスプレイやトリプルカメラといった新機能の魅力はもちろんですが、やはりデザインです。一時は迷走していたデザインが原点回帰してようやくカッコいいXperiaが帰ってきました。週間売れ筋ランキングでも1位にランクインしています。

モバレコでは各機種の詳細レビューを掲載する予定なので新機種を購入する際は参考にしてください。

販売サイトはこちら

こちらの記事はいかがでしたか?

お役に立ちましたか?

送信する

もしよろしければお友達に
ご紹介お願いします!

  • ツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

特集コンテンツ

d-card

この記事を書いた人(編集:モバレコ編集部)

スマートフォンやウェアラブルなどを専門的に取り扱う「携帯総合研究所」を運営しているブロガーです。前職はシステムエンジニアでプログラムの経験を活かしてアプリの開発もはじめました!