【2020年最新】ワイモバイルのおすすめ端末・スマホ8機種まとめ!お得なキャンペーンも解説

書いた人: モバレコ編集部

カテゴリ: ワイモバイル

ツイート このエントリーをはてなブックマークに追加
ワイモバイル スマホ・端末・機種

ワイモバイル(Y!mobile)で回線契約をする場合、スマホ端末はワイモバイルで購入するか、他社で購入した端末を持ち込むかの2通りのパターンがあります。

今回の記事では、ワイモバイル公式で販売されているおすすめのスマホ8機種と、ワイモバイルで契約をするメリットや、お得な最新キャンペーンを徹底解説します。

ワイモバイルはソフトバンクのサブブランドであるため通信品質も高く、通話を頻繁に行う人に大変おすすめです。

また、ソフトバンクのインターネットサービスを使っている人であれば、月額料金に大きな割引を受けられるメリットもありますよ。

▼ワイモバイルは5のつく日がお得!情報をチェックする

目次:

ワイモバイルでスマホを使う方法は2種類

ワイモバイルでスマホを使う方法
ワイモバイルでスマホを使う方法
画像引用元:ワイモバイル公式サイト

ワイモバイルでスマホを使うためには、ワイモバイルでスマホを購入するか、他社で購入したスマホを持ち込むか、どちらかの方法でスマホを用意しましょう。

ワイモバイルでスマホを購入する

ワイモバイルショップや公式オンラインショップなどでは、回線の契約と同時、または端末のみでスマホを購入できます。

しかし、ワイモバイルではiPhone 11などの最新機種の販売はしていません。型落ちモデルや廉価版モデルなどがそのラインナップですが、その分、安価に端末を手に入れられるメリットがあります。

他社で購入したスマホを持ち込む

ワイモバイルで契約をしたSIMカードさえあれば、auやソフトバンクなどのキャリア、または中古ショップで購入したスマホを持ち込みで利用できます。

ワイモバイル公式では販売されていない最新スマホにも対応しているため、たとえばApple Storeで購入したiPhone 11も利用可能です。

また、ワイモバイルで動作確認済みの端末でないと正常に動作しない可能性もあるため、対応機種については、公式サイト必ず事前に確認しておきましょう。

【2020年最新】ワイモバイルで購入できるおすすめスマホ8機種を紹介!

ワイモバイルで購入できるおすすめのスマホをご紹介
ワイモバイルで購入できるおすすめのスマホをご紹介!

ここからはワイモバイルショップ、または公式オンラインショップで現在販売されている端末の中で、おすすめの8機種を厳選してご紹介します。

大きく分けてiPhoneとAndroidスマホの2種類があり、それぞれ発売が新しい順番で解説します。

iPhone 7

iPhone 7
iPhone 7
画像引用元:ワイモバイル公式サイト
「iPhone 7」は、Appleから発売されているiPhoneの第7世代の端末です。

現在もっとも新しいiPhone 11と比べると4世代前の機種にあたりますが、今でも十分以上のパフォーマンスを発揮できる、普段使いには申し分のないモデルです。

【価格】

内蔵メモリ容量 のりかえ・新規契約 機種変更
32GB 26,640円 37,440円
128GB 37,440円 48,240円

【スペック】

OS iOS 10→iOS 11
サイズ 138.3×67.1×7.1mm
重さ 138g
ディスプレイ 4.7インチ Retina HD
CPU Apple A10
RAM 2GB
電池容量 1,960mAh
耐水・防水性能 IP67
背面カメラ 12MP
インカメラ 7MP
認証機能 指紋認証
Apple Pay 対応

iPhone 7は、物理ホームボタンを搭載している世代の機種で、未だに根強い人気のあるモデルです。

また、iPhoneシリーズとしては初のFeliCa対応機種となっています。Apple PayでモバイルSuicaやコンビニなどでの非接触式決済の利用も可能になり、利便性が向上しています。

<こんな人にオススメ>

・物理ホームボタンが必須
・おサイフケータイを使えるiPhoneが欲しい

iPhone 6s

iPhone 6s
iPhone 6s
画像引用元:ワイモバイル公式サイト

上記で紹介したiPhone 7の一世代前にあたる「iPhone 6s」ですが、こちらも未だに根強い人気を誇っています。

アルミ合金製の堅牢なボディと必要最低限のシンプルな搭載機能が、ワイモバイルの機種ラインナップにiPhone 7が加わったことにより、よりリーズナブルな価格で購入できるようになりました。

【価格】

内蔵メモリ容量 のりかえ・新規契約 機種変更
32GB 20,160円 27,360円
128GB 30,600円 37,800円

【スペック】

OS iOS 9→iOS 11
サイズ 138.3×67.1×7.1mm
重さ 143g
ディスプレイ 4.7インチ Retina HD
CPU Apple A9
RAM 2GB
電池容量 1,715mAh
耐水・防水性能 なし
背面カメラ 12MP
インカメラ 5MP
認証機能 指紋認証
Apple Pay 非対応

Apple Payに非対応であったり防水性能が搭載されていなかったりと、iPhone 7と比べて用途や使用シチュエーションに制限が見られるiPhone 6sですが、その他の部分で比べると、差ほど見劣りのしない機種です。

そのため、多少の機能性よりも、価格を優先させたい方にはおすすめの機種だといえます。

また、現在iPhoneでは廃止されたイヤホンジャックを搭載している最後の機種でもあるため、一部のニーズに衰えがないことも特徴です。

画面タップに押し込み機能が追加された3D Touchが搭載されたのも、このiPhone 6sからです。

<こんな人にオススメ>

・多少機能が少なくても安価でiPhoneを使いたい
・イヤホンジャックがあるモデルが欲しい

Android One S7

Android One S7
Android One S7
画像引用元:ワイモバイル公式サイト

ワイモバイル・ソフトバンクでしか購入することができない機種に、Android Oneシリーズがあります。

Android Oneは、各メーカーがAndroid OSとより親和性の高い端末を独自開発したシリーズであり、Google謹製のPixelシリーズよりも安価に手に入るということで人気を博しています。

「Android One S7」は、SHARPが開発した端末で、電池持ちの長さとディスプレイの鮮やかさに定評があります。

【価格】

のりかえ・新規契約 機種変更
25,199円 32,400円

【スペック】

OS Android 10
サイズ 147×70×8.9mm
重さ 167g
ディスプレイ 5.5インチ IGZO液晶
CPU Snapdragon 630
ROM/RAM 32GB/3GB
電池容量 4,000mAh
耐水・防水性能 IPX5/IPX8
背面カメラ 12MP
インカメラ 8MP
認証機能 なし
おサイフケータイ 対応

SHARPが開発・量産に成功した高精細なIGZOディスプレイにより、写真や動画などを、よりリアルで鮮やかな色彩で楽しむことができます。

バッテリーは4,000mAhと超大容量。最長で1週間の電池持ちを実現しているところも特筆すべき点です。また、手ブレ補正機能やポートレートモード、ビューティー機能などカメラ撮影にも特化しています。

<こんな人にオススメ>

・鮮やかな画面で写真や映像を楽しみたい
・電池持ちのいい機種を求めている

Android One S6

Android One S6
Android One S6
画像引用元:ワイモバイル公式サイト

「Android One S6」は、アウトカメラを2基搭載しており、集合写真でも見切れない超広角ワイド撮影が可能です。

また、先程のAndroid One S7でも同様ですが、Android OneシリーズではOSは2年間、セキュリティは3年間、発売からのアップデートを保障されており、最新の状態を安心の環境で利用できます。

【価格】

のりかえ・新規契約 機種変更
21,600円 28,800円

【スペック】

OS Android 10
サイズ 153×73×8.9mm
重さ 151g
ディスプレイ 5.84インチ TFT液晶
CPU MT6765
ROM/RAM 32GB/3GB
電池容量 3,050mAh
耐水・防水性能 IPX5/IPX8
背面カメラ 16MP
インカメラ 8MP
認証機能 指紋認証
おサイフケータイ 対応

16MPと高画素数のメインカメラに画角135°の超広角ワイドカメラをサブカメラとし、カメラ機能に大きな特徴を有しています。

さらに耐衝撃機能や防水・防塵機能、水に濡れた状態でも操作ができるウエットタッチや、手袋を着用したままでも操作ができるグローブタッチなど、普段使いに嬉しい機能も持ち合わせています。

また、3万円を切る本体料金ながらも、指紋認証に対応しています。赤外線でのデータ送受信にも対応しており、ガラケーからの乗り換え先としても最適です。

<こんな人にオススメ>

・メインカメラを使った写真撮影をよくする
・家事中や外出先など使用のシチュエーションが幅広い

Libero S10

Libero S10
Libero S10
画像引用元:ワイモバイル公式サイト
「Libero S10」は、中国メーカーであるZTEから発売されているAndroid端末です。低価格で購入可能ながらも、背面にデュアルカメラを搭載しています。

機能面を必要最低限におさえることで、破格の価格設定を実現したコストパフォーマンスに優れた1台です。

【価格】

のりかえ・新規契約 機種変更
14,400円 21,600円

【スペック】

OS Android 9
サイズ 152.2×73.2×8.4mm
重さ 165g
ディスプレイ 5.7インチ TFT液晶
CPU Qualcomm SDM450
ROM/RAM 32GB/3GB
電池容量 3,100mAh
耐水・防水性能 IPX7
背面カメラ 13MP/2MP
インカメラ 5MP
認証機能 指紋認証
おサイフケータイ 非対応

Libero S10の最大の特徴は、低価格でありながらも、防水性能や指紋認証機能、13MPと2MPのデュアルカメラなど、充実した機能を搭載しています。

OSが一世代前のAndroid 9、CPUが多少性能は落ちる廉価版を採用しているなど、価格相当の面もありますが、3Dのゲームなど負荷のかかる用途に使わないのであれば、十分なスペックです。

<こんな人にオススメ>

・とにかく価格の安い端末が欲しい
・通話やメッセージなど一般的な用途でしか利用しない

Xperia 8

Xperia 8
Xperia 8
画像引用元:ワイモバイル公式サイト

ソニーから発売されている大人気シリーズのXperiaが、ワイモバイルからもついに登場しました。

「Xperia 8」は、Xperia 5の廉価版に位置付けられるモデルですが、ワイドスクリーンにハイレゾ音源対応など、メディア再生機能に十分以上の性能を備えています。

【価格】

のりかえ・新規契約 機種変更
39,600円 46,800円

【スペック】

OS Android 9
サイズ 158×69×8.1mm
重さ 170g
ディスプレイ 6インチ IPS-TFT液晶
CPU Snapdragon 630
ROM/RAM 64GB/4GB
電池容量 2,760mAh
耐水・防水性能 IPX5/IPX8
背面カメラ 12MP/8MP
インカメラ 8MP
認証機能 指紋認証
おサイフケータイ 対応

画面比率が12:9と、映画館のスクリーンと同じ比率を採用しているため、大迫力の動画再生が可能です。

トリルミナスディスプレイの技術により、色彩も鮮やかに描写されます。

さらに、ハイレゾ音源を再生できるため、音楽プレイヤーとしての能力にも長けています。CDやmp3などの圧縮音源をハイレゾ相当に変換するDSEE HX機能も搭載しています。

また、この大画面を活用して、2つのアプリを同時に画面に表示させるデュアルディスプレイ機能も特徴的です。動画を再生しながらSNSのチェック、海外のニュース記事を辞書アプリで翻訳しながら読むなど、使い方が無限大に広がります。

<こんな人にオススメ>

・動画や音楽の再生機能を重視している
・格安スマホでもスペックにこだわりたい

HUAWEI P30 lite

HUAWEI P30 lite
HUAWEI P30 lite
画像引用元:ワイモバイル公式サイト

「HUAWEI P30 lite」は、Android端末において世界ナンバーワンのシェアを誇るHUAWEIから発売されている、トリプルカメラ搭載の写真撮影機能に特化した格安スマホです。

24MPの高画素のカメラを中心としたハイスペックなカメラで、一眼レフにも劣らない美しい撮影が可能です。

【価格】

のりかえ・新規契約 機種変更
18,000円 25,200円

【スペック】

OS Android 9
サイズ 152.9×72.7×7.4mm
重さ 159g
ディスプレイ 6.15インチ TFT液晶
CPU HUAWEI KIRIN 710
ROM/RAM 64GB/4GB
電池容量 3,340mAh
耐水・防水性能 なし
背面カメラ 24MP/8MP/2MP
インカメラ 24MP
認証機能 指紋/顔認証
おサイフケータイ 非対応

何よりも特筆すべきは、豪華なカメラ機能です。背面には広角・超広角・視写界深度レンズの3つのレンズを搭載しています。そのため、さまざまなシチュエーションに合わせてAIが自動で最適な撮影モードに切り替えてくれ、光量の少ない夜間や室内でも美しい撮影が可能です。

また、インカメラも24MPという格安スマホらしからぬ高画素を誇り、自撮りでもきめ細やかで美麗な写真を撮影できます。

CPUにはHUAWEI自社開発のKIRIN 710を搭載しています。負荷の高いスマホゲームもストレスなくプレイ可能です。さらに、急速充電にも対応しており、同梱のACアダプターが活用できます。

<こんな人にオススメ>

・こだわりの自撮り写真を撮りたい
・スペックの要求されるスマホゲームをプレイしたい

かんたんスマホ

かんたんスマホ
かんたんスマホ
画像引用元:ワイモバイル公式サイト

「かんたんスマホ」は、京セラから発売されているAndroidスマホです。

使いやすさに特化したスマホで、初心者向けの必要最低限の機能がわかりやすく画面に配置されており、メールや通話などの基本的な操作を直感的に行えます。

【価格】

のりかえ・新規契約 機種変更
32,400円 39,600円

【スペック】

OS Android 8.1
サイズ 147×71×9.2mm
重さ 142g
ディスプレイ 5インチ TFT液晶
CPU MSM8937
ROM/RAM 32GB/3GB
電池容量 2,600mAh
耐水・防水性能 IPX5/IPX7
背面カメラ 13MP
インカメラ 5MP
認証機能 なし
おサイフケータイ 非対応

ディスプレイ最下部によく使う連絡先を4件まで登録することができ、家族に簡単に連絡できるなど使いやすさ・見やすさに特化した画面デザインが特徴です。

「電話」「メール」「ホーム」と、画面の切り替えが可能な物理ボタンも用意されており、着信などを点滅して知らせる視認性の高さにも使用者への配慮が感じられます。

また、スマホの使い方がわからなくなったときに自分で操作方法を調べることができる「サポート」アプリが標準装備されています。そのため、解決できない場合はそのままカスタマーサポートに問い合わせができるなど、スマホの操作に不慣れな初心者や、高齢者に優しい独自機能を搭載しています。

さらに、通常別途導入が必要なLINEを標準でインストールしているため、家族とのコミュニケーションもスムーズです。長時間のバッテリー持ちと高い防水・防塵・耐衝撃性能で、不意の事故にも安心です。

なお、このかんたんスマホの契約者が60歳以上である場合、通常月額1,000円かかる国内通話のかけ放題機能が、無料で利用できます。

<こんな人にオススメ>

・スマホの操作に不慣れな方
・60歳以上で家族との連絡用に使いたい方

ワイモバイルの料金プラン

ワイモバイルの料金プラン
ワイモバイルの料金プランについて

続いては、ワイモバイルの料金プランについて解説します。ワイモバイルの料金プランは、S・M・Rと3つのプランにわかれており、それぞれのデータ通容量によって金額が変動します。

スマホプラン S M R
月額料金 2,680円 3,680円 4,680円
新規割 -700円(6ヶ月間)
おうち割 光セットまたは家族割引サービス -500円
割引適用後月額料金 1,480円 2,480円 3,480円
データ通信量 3GB→4GB 9GB→12GB 14GB→17GB

新規、またはのりかえで申し込みをした場合、無条件で新規割が適用され、6ヶ月間700円割引されます。また、同じ条件でデータ増量オプション月額500円も無料になるため、データ通信量も上記表のように増量されます。

ソフトバンク光やソフトバンクエアーなど、ソフトバンクの回線を利用している、またはワイモバイルの回線契約が複数あり、家族割引サービスを受けられる場合は、更に月額料金が割引されます。

ワイモバイルの契約がおすすめの人

ワイモバイルの契約がおすすめの人
ワイモバイルはどんな人におすすめ?

ワイモバイルはソフトバンクのサブブランドであり、格安SIM事業者と同列に比較されることが多いキャリアです。

そのため、月額料金の安さ、そして通信品質の高さや割引キャンペーンの豊富さにメリットがあります。

大手キャリアより料金をおさえたい人

ワイモバイルはソフトバンク・au・ドコモのような大手キャリアと比べて、月額の利用料金が安く設定されています。

そのため、現在大手キャリアを契約中で月々の利用料金の高さにお悩みの方にとって、ワイモバイルへの乗り換えは、簡単に月額料金をおさえられる有効な方法です。

ただし、ワイモバイルのデータ通信量はRプランの17GBが最大であるため、それ以上の通信量を必要とする場合、追加費用によって逆に割高になってしまうケースも考えられます。

普段どれくらいのデータ通信を行っているかを確認し、シミュレーションしてみましょう。

通信品質を重視する人

ワイモバイルはソフトバンクのサブブランドであるため、ソフトバンクの回線をその他の格安SIM事業者よりも優先的に利用できます。

そのため、つながりやすく途切れづらい高品質な通信サービスを受けられます。金額だけでなく通信品質を重視する方にもワイモバイルはおすすめです。

10分以内の通話が多い人

ワイモバイルのプランには、1回10分以内の国内通話が何度でも無料になるサービスが標準で含まれています。

このサービスは、その他格安SIMキャリアでは有料オプションになっていることも多いのですが、ワイモバイルでは無料で利用できます。

普段から10分以内の短めの通話を頻繁に行う人にとっては、通話料を大幅に節約できる大きなメリットです。

ソフトバンク光、ソフトバンクエアーを使っている人

自宅でソフトバンク光またはソフトバンクエアーを契約している方は、後述する「おうち割 光セット」に加入できます。

おうち割 光セットでは、1台あたり500円が毎月ワイモバイルの月額料金から割引されるため、通信費用全体での節約につながります。

また、このおうち割光セットは最大10台まで対象となるため、家族でワイモバイルを使っている場合は、より大きな割引を受けられます。

ワイモバイルで使える割引キャンペーン

ワイモバイル キャンペーンページTOP
キャンペーン情報をチェックしよう!
画像引用元:ワイモバイル公式サイト

ワイモバイルにはさまざまな割引やキャンペーンが存在するため、これらのうち併用できるものをもれなく適用することによって、料金の大幅な節約が可能です。

今回は数ある割引キャンペーンの中から、とくに還元額が大きなものを6つピックアップしてご紹介します。

・家族割引サービス
・ワイモバ学割
・60歳以上通話ずーっと無料キャンペーン
・データ増量キャンペーン2
・おうち割 光セット
・YouTube Premium 3ヶ月無料キャンペーン

家族割引サービス

ワイモバイル 家族割

「家族割引サービス」は、家族内にワイモバイル契約者が複数いる場合、2回線目以降の契約の月額料金が割引されるキャンペーンです。実際の割引金額は以下のとおりです。

割引金額 500円

この家族割引サービスは最大9回線までが対象であるため、最大で8回線分4,000円の割引が毎月受けられます。

また、この家族割引サービスの定義する家族は、血縁・婚姻関係があれば契約住所に制限なく、離れた場所に住む親戚も含みます。同じ住所での契約であれば、血縁や婚姻関係に制限はなく、恋人や友人とも申し込めます。

この家族割引サービスは、後述するおうち割 光セットとは併用できません。

ワイモバ学割

ワイモバ学割

「ワイモバ学割」は、使用者の年齢が5歳から18歳までの回線に、最大13ヶ月間1,000円の月額料金割引が適用されるキャンペーンです。

スマホプラン S M R
割引金額 0円 1,000円

適用条件としては、年齢が対象範囲に含まれているかどうかであり、実際に学生であるかは必須ではありません。また、契約プランは、スマホベーシックプランのMかRである必要があります。

この割引は、ワイモバ学割の対象となっている回線契約と、同一のグループで家族割引サービスに加入している契約にも適用されます。

つまり、ワイモバ学割適用者を含む3人家族の契約がある場合、残り2人の契約にも13ヶ月間1,000円の月額料金割引が適用されます。

60歳以上 通話ずーっと無料キャンペーン

60歳以上 通話ずーっと無料キャンペーン

「60歳以上 通話ずーっと無料キャンペーン」は、60歳以上かつかんたんスマホを利用中の契約者が対象のサービスです。

対象になる場合、国内通話が時間無制限でかけ放題となる「スーパーだれとでも定額」の月額料金1,000円が無料になります。

データ増量無料キャンペーン2

ワイモバイル データ増量無料キャンペーン2

「データ増量無料キャンペーン2」は、新規契約、または番号引き継ぎでの乗り換えでワイモバイルを契約した場合、データ増量オプションの月額料金500円が、1年間無料になるキャンペーンです。

増量されるデータ量は、契約プランにより異なります。

スマホプラン S M R
増加量 1GB 3GB 3GB
推移 3GB→4GB 9GB→12GB 14GB→17GB

おうち割 光セット

ワイモバイル おうち割

「おうち割 光セット」は、ソフトバンク光、またはソフトバンクエアーを契約中である場合、ワイモバイルの月額利用料金が永年割引されるキャンペーンです。

スマホプラン S M R
割引金額 500円

おうち割 光セットは、最大10台までの回線契約をセットにできるため、最大で5,000円の割引を受けることが可能です。

また、このおうち割光セットは血縁・婚姻関係があれば、離れた住所の家族でも対象になり、ソフトバンク光、ソフトバンクエアーと同じ契約住所であれば、友人や恋人のワイモバイル回線契約も対象です。

このおうち割光セットは、先述の家族割引サービスと併用はできません。

YouTube Premium3ヶ月無料キャンペーン

【YouTube Premium】Y!mobileユーザーなら3ヶ月無料

「YouTube Premium3ヶ月無料キャンペーン」は、ワイモバイルで契約をしている端末からYouTube Premiumに申し込みをすると、3ヶ月間無料お試し期間が付与されるキャンペーンです。

YouTube Premiumは標準で1ヶ月間の無料期間が設けてあるため、実質2ヶ月間の延長となります。

割引金額 1,180円×2ヶ月

YouTube Premiumは、YouTubeを広告なしで再生できたり、動画をダウンロードしてオフライン環境で再生できたり、YouTubeの音声をバックグラウンドで再生できるなどといった付加機能を利用できます。

また、YouTubeの音楽ストリーミングサービスである「YouTube Music」も利用することができ、登録されているアーティストの楽曲を聞き放題で楽しめます。

5のつく日・ゾロ目の日キャンペーン

ワイモバイル 5のつく日キャンペーン

ワイモバイルでは、毎月5のつく日(5日・15日・25日)、ゾロ目の日(11日・22日)のお申込みで、新規・のりかえは8,555円、機種変更では2,555円相当のPayPayボーナスを、契約プランに応じて受け取ることができます。

PayPayボーナスは、月額料金の支払いにも充当することができますので、かなりお得な使い道があるポイントであることは間違いありません。

せっかくであれば、このお得なタイミングを狙って申し込みをしましょう。

ワイモバイルの申し込み方法

ワイモバイル 申し込み方法
ワイモバイルでスマホを契約する手順

ワイモバイルに他社からの乗り換え、または新規で申し込みする場合、その方法は、実店舗のワイモバイルショップで行う方法とオンラインショップで行う方法の2通りがあります。

また、端末自体をワイモバイルで購入するか、他社で用意したものを流用するかでも手順に違いがあります。

ワイモバイルでスマホを購入する場合

【店舗】

ショップでスマホを購入する場合は、直接ショップのスタッフに、希望の端末と契約をしたい旨を伝えましょう。その後はスタッフの指示に従い、手続きを行えば問題ありません。

番号の引き継ぎ(MNP)を伴う乗り換えの場合は、後述するMNP承諾番号の取得を前もって行っておく必要があります。

【オンラインショップ】

1.購入したい端末を選択

購入したい端末を選択
購入したい端末を選択

2.画面下部の契約プランや各種キャンペーンの有無などを選択

画面下部の契約プランや各種キャンペーンの有無などを選択
画面下部の契約プランや各種キャンペーンの有無などを選択

3.ページ下部の「ご購入手続きへ」をクリック

ページ下部の「ご購入手続きへ」をクリック
ページ下部の「ご購入手続きへ」をクリック

4.Yahooでログインするか選択

Yahooでログインするか選択

5.氏名や住所など顧客情報を入力・身分証明書のアップロード

「のりかえ」を選択した場合、MNP承諾番号の入力を行います。

氏名や住所など顧客情報を入力・身分証明書のアップロード
氏名や住所など顧客情報を入力・身分証明書のアップロード

ここまで来たら、おおかた申し込み手続きは完了です。以降は以下の手順で、利用開始となります。

6.契約内容、重要説明事項を確認し購入
7.端末とSIMカードが郵送で到着
8.SIMカードを端末に挿入しセットアップ

他社で購入したスマホを持ち込む場合

【店舗】

ショップスタッフに、既存端末での利用・契約をしたい旨を伝えましょう。

ただし、MNPを伴う乗り換えの場合は、MNP承諾番号を事前に取得していなくてはなりません。

MNP承諾番号の取得は、各キャリアの専用の窓口に連絡すれば簡単に取得できます。また、MNPでの乗り換えでは、乗り換え完了時点で、前キャリアとの契約が自動解約となります。

【オンラインショップ】

ワイモバイルオンラインショップで、SIMカードのみの購入を行います。

1.オンラインショップのメニューの「SIM」からを選択

2.SIMカードのサイズや契約プランを選択しそのまま購入

MNPが必要な場合は「のりかえ」を選択し、承諾番号の入力が必要です。

3.SIMカードが後日郵送で到着

手持ちの端末のSIMカードと差し替えて利用開始です。

ワイモバイルで機種変更する方法

ワイモバイルで機種変更する方法
ワイモバイルで機種変更する方法

現ワイモバイル会員の方が機種変更する場合も、ワイモバイルショップ、またはオンラインショップどちらかでの手続きです。

【店舗】

ショップで機種変更する場合、スタッフに希望の端末を伝え、スタッフの指示に従って手続きを進めていきます。

購入にあたっては身分証の提示などが求められるため、免許証や保険証、パスポートなどの持参を忘れないようにしましょう。

また、電話番号やデータの移行なども代行してもらえますが、念のためにバックアップを取っておくことをおすすめします。

【オンラインショップ】

1.端末の購入ページで「機種変更」を選択し購入

2.端末は後日郵送で到着

3.SIMカードの差し替え

SIMカードには複数のサイズがあるため、機種変更に伴って、SIMカードのサイズ変更が必要でないかを事前に確認しておきましょう。

まとめ

ワイモバイル スマホ・端末・機種 まとめ

ワイモバイルの利用には、スマホ端末をワイモバイルで購入するか、自身で別途用意するかの2通りの方法があります。

ワイモバイルは、最新のiPhoneの販売はしていませんが、今なお現役で利用できるiPhone 7やiPhone 6sなどがラインナップに並んでおり、スペックよりも価格を優先する方にオススメです。

また、大手キャリアよりも月額料金が安いものの、ソフトバンクのサブブランドであるため、大手キャリアに引けを取らない通信品質を誇っているのも特徴です。

さらに、ワイモバイルでは家族割引や学割、固定回線とのセット割など、多様な割引キャンペーンを行っています。これらを活用することでより安い金額で利用ができます。

スマホの料金を安くしたい人や通話が多い人、ソフトバンクのネットサービスを利用している人などにとくにオススメです。

こちらの記事はいかがでしたか?

お役に立ちましたか?

送信する

もしよろしければお友達に
ご紹介お願いします!

  • ツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

特集コンテンツ

d-card

どんなときもWifi

この記事を書いた人(編集:モバレコ編集部)

モバレコ編集部

モバレコ編集部

スマホ、ケータイ、docomo、au、ソフトバンク、格安SIMに関する総合情報メディア「Mobareco-モバレコ」の記事コンテンツの制作を監修。スマホのレビュー、サービス解説、ライフハックからトラブルシューティングガイドなどの幅広いジャンルのコンテンツディレクションを手掛ける。『スマホをもっとわかりやすく。もっと便利に。』ユーザー目線に沿ったコンテンツを発信中。Twitter:@mobareco_jp