Y!mobile(ワイモバイル)の料金プランを解説!シンプルで分かりやすいのが魅力

書いた人: とくめい

カテゴリ: ガイド ,

ツイート このエントリーをはてなブックマークに追加
Y!mobile(ワイモバイル)の料金プランを解説!シンプルで分かりやすいのが魅力

最終更新日:2019年08月22日

ワンキュッパのCMでお馴染みの「Y!mobile(ワイモバイル)」はソフトバンクのサブブランド。大手キャリアの半額以下の月額料金でスマホを運用できる「スマホプラン」で人気を集めています。その安さはMVNO(格安SIM事業者)に匹敵するほど。大手キャリアのソフトバンクが運営する安心感・安定感がありながら、格安SIM並みの料金でスマホを使うことができます。

ここではスマホプランを始めとするY!mobile(ワイモバイル)の料金プランや、お得なキャンペーン情報をご紹介します。春から初めてスマホを持つ学生さんの方も必見です!

目次:

→ Y!mobile公式はこちら

シンプルなY!mobile(ワイモバイル)の料金プラン「スマホプラン」

ワンキュッパからスマホが使える「スマホプラン」
ワンキュッパからスマホが使える「スマホプラン」

ワイモバイルのスマホを契約した際に加入するスマホプランは、データ通信量に応じてS・M・Lの3種類から選べるプランです。シンプルな料金プランで誰にでも分かりやすいのが特徴で、契約から1年間は1,000円引きで利用できます。

スマホプランS スマホプランM スマホプランL
月額料金 ※ 1,980円
※13ヶ月目以降
2,980円
2,980円
※13ヶ月目以降
3,980円
4,980円
※13ヶ月目以降
5,980円
通話料 10分以内の通話が何度でも無料
10分を超過した場合、30秒につき20円
データ通信量 2GB→3GB 6GB→9GB 14GB→21GB
制限時通信速度 上下最大200Kbps
契約期間・解約金 2年間・9,500円

※利用開始月から25ヵ月間の「スマホプラン割引」利用開始月26ヵ月目以降におけるスマホプラン長期利用者向け特典適用時。

全プランに通話定額が含まれており、10分以内の通話が何度でもかけ放題になります。10分を超過した場合は30秒当たり20円が発生するため注意。とはいえ大抵の要件は10分あれば伝えられると思います。

データ通信量は契約から2年間は通常から2倍に増量されており、3GB、9GB、21GBから選べます。筆者はデータ通信量をよく使うのでスマホプランLを契約していますが、動画を少し見たりWebブラウザで検索したりなど、一般の方はスマホプランMでも十分だと思います。

通話メインでデータ通信量はそこまで使わない方、動画などはWi-Fi環境で観る方はスマホプランSが安くてお得です。

また、あまり知られていないのが、ワイモバイルではスマホなどの端末とセットで購入する以外に“SIMのみ”でも契約できること。ワイモバイルの対応端末であれば、現在お持ちの端末でそのまま使うことができます。

対応端末の確認はこちら:他社が販売する携帯電話をワイモバイルで利用する

スマホプランの契約期間・解除料について

スマホプランの契約期間は24ヶ月間とキャリアと同じいわゆる「2年縛り」が付いています。期間内に解約をすると9,500円の解除料が発生するため注意が必要です。

2年後の翌月が更新月になり解除料が掛からない
2年後の翌月が更新月になり解除料が掛からない

「契約した月から2年後の翌月と翌々月」は解除料が掛からない「更新月」になります。この期間を逃してしまうと、更にもう2年間の縛りが再度掛かってしまいます。他社へ乗り換えるときや解約をする時はこのタイミングがいつなのか事前に確認しておきましょう

契約期間の縛りがない「スマホベーシックプラン」も用意されていますが、割引サービスが適用されないため毎月の料金が高額になってしまいます。

月額料金 データ通信量
スマホベーシックプランS 5,480円 2GB→3GB
スマホベーシックプランM 6,480円 6GB→9GB
スマホベーシックプランL 8,480円 14GB→21GB

複数台使いたい人はシェアプランも

複数台で使うならシェアプランがオススメ
複数台で使うならシェアプランがオススメ

スマホやタブレットを複数台使う方にはシェアプランがオススメです。シェアプランに加入することで親回線のパケットを最大3回線まで子回線に分けあえます。

基本使用料 データ通信量 追加最大枚数
スマホプランS 980円 3GB 3枚まで
スマホプランM 980円→490円 9GB 3枚まで
スマホプランL 980円→0円 21GB 3枚まで

この子回線はデータ通信専用で、タブレットや他社のSIMフリースマートフォンなどでサブ機として使用するのに適しています。シェアプランの子回線で音声契約は出来ないので、他社のシェアプランのように家族で分けあって使うイメージとは少し違います。

ドコモでは子回線でも基本使用料に加えてシェアオプションの加入が必須となりますが、ワイモバイルではシェアプランの「基本使用料のみ」でOK。より安価に複数枚のSIMが使えます。

パケットマイレージでパケットを無料で手に入れよう

Yahoo!トップページのアクセスだけでマイルが貯まる
Yahoo!トップページのアクセスだけでマイルが貯まる

Yahoo! JAPAN関連サービスを使えば使うほどマイルが貯まり、貯めたマイルをデータ通信量として利用できる「パケットマイレージ」もワイモバイル独自のサービス

Yahoo! JAPANアプリやブラウザ版のYahoo!トップページを開いて利用するだけで毎日マイルが貯まります。さらにボーナスマイルやお得なクーポンなどが当たる「パケくじ」もあります。

貯まったマイルは翌月無料で追加できる高速データ通信量になり、600マイル(プラチナ)まで貯めると翌月のデータ通信量は無制限に!無料でも毎日コツコツアクセスするだけで貯まっていくのでぜひお試しください。

詳しくはこちら:パケットマイレージ

「パケットマイレージ」の活用方法はこちらをチェック!

Y!mobile(ワイモバイル)契約者にはYahoo!プレミアムが無料で付いてくる!

ワイモバイル契約者はYahoo!プレミアムが無料に
ワイモバイル契約者はYahoo!プレミアムが無料に

また、Yahoo!プレミアム(月額462円)が無料になるワイモバイル契約者向けのサービス「Yahoo!プレミアム for Y!mobile」もとってもオトク。

「Yahoo!ショッピング」、「LOHACO」で買い物をする際にポイントが通常1%なのに対していつでも5倍貯まります。人気オークションサイト「ヤフオク!」なども制限なしで利用可能。Yahoo!関係のサービスを利用している方はよりお得に使えます

詳しくはこちら:Yahoo!プレミアム for Y!mobile

→ Y!mobile公式はこちら

Y!mobile(ワイモバイル)のケータイ向け「ケータイプランSS」

ワイモバイルのケータイへ24時間掛け放題の「ケータイプラン」
Y!mobile(ワイモバイル)のケータイ向けプラン

ケータイプランSSは、AQUOS ケータイ2などのワイモバイルで販売しているケータイを対象としたプラン。午前1時~午後9時までの間、ワイモバイル・ソフトバンクのスマホ&ケータイへの通話料が無料なのが最大の特徴。「ケータイプランSS」は2年契約を原則としていますが、契約期間の無い「ケータイベーシックプランSS」も選択可能です。

最も注意が必要な点は、ケータイプランSSは通話のみの用途を想定しているプランであること。SMSは利用できますが、メールやインターネットを利用するにはパケット定額サービスへの申し込みが必要になります。なお、パケット定額サービスは使用した分だけ料金を払うタイプで、料金は何も使わなければ0円で上限額は4,500円。月々最大2.5GBまで高速データ通信を利用できます。

ケータイプランSS ケータイベーシックプランSS
基本使用料 934円 2,434円
通話料 20円/30秒毎(※1)
メール送受信 0.005円/パケット(※2)
パケット定額料 0円~4,500円(※3)
契約期間・解約金 2年間・9,500円 なし

(※1)午前1時~午後9時までの間、ワイモバイル・ソフトバンクへの通話無料
(※2)ベーシックパック(月額300円)+パケット定額(月額0円~4,500円)への申し込みが必要
(※3)月々最大2.5GBまで高速データ通信が利用可能

通話定額オプション「だれとでも定額」「スーパーだれとでも定額」

国内通話が無制限でかけ放題になる「スーパーだれとでも定額」
国内通話が無制限でかけ放題になる「スーパーだれとでも定額」

他社へ多く電話する方は通話定額オプションの「だれとでも定額」「スーパーだれとでも定額」がオススメです。「だれとでも定額」は10分以内の国内通話(ケータイ・固定電話)が月500回まで24時間かけ放題、「スーパーだれとでも定額」は時間制限・回数制限なしでかけ放題になります。

だれとでも定額 スーパーだれとでも定額
オプション代金 934円
ケータイプランSSのみ申し込み可
ケータイプランSS/スマホプラン:1,000円
通話定額 10分以内の通話が月500回までかけ放題※ 時間・回数無制限で通話かけ放題※
パケット通信料 無料

※国際ローミング・国際電話(海外への通話)・留守番電話センターへの通話料や(録音料・再生料を含む)やナビダイヤル(0570)・テレドーム(0180)・番号案内(104)などは、当サービスにおける無料通話の対象外。
※ワイモバイルのPHS対応スマートフォン(DIGNO DUAL 2、AQUOS PHONE es/ef)の場合、PHS回線・3G回線どちらも通話無料の対象。
※ワイモバイルが不正な長時間通話と判断した際、通話を切断する場合がある。

ケータイプランの契約期間・解除料について

ケータイプランの契約期間は2年間に設定されており、期間内に解約してしまうと契約解除料9,500円が掛かります。契約期間の縛りがない「ケータイベーシックプランSS」も月額2,434円で契約できるので、長期間使用する予定がない場合はこちらも検討してみてください。

→ Y!mobile公式はこちら

タブレットだけ使いたい人におすすめの「データプラン」

タブレットがリーズナブルに使える「データプラン」
タブレットがリーズナブルに使える「データプラン」

タブレットやWi-Fiルーターのみ使うときは「データプラン」に加入します。データプランはその名の通りデータ通信専用のSIMカードで音声通話は利用できません。

また、直近3日間当たり約10GBの制限が付いているため、短期間に多くの通信をしてしまうと速度制限※に掛かってしまいます。
※当日18時から翌日1時まで約1Mbps(YouTube動画等の標準画質レベルがご覧いただける速度)を基準とした速度に制限。

月額料金 データ通信量
データプランS 2,480円→1,980円 1GB
データベーシックプランS 3,980円 1GB
データプランL 4,196円→3,696円 7GB
データベーシックプランL 5,696円 7GB

データプランは「おトク割」および「長期利用割引」によって月額料金がずっと割引されます。ただし、「データプラン」の最低利用期間は3年間とかなり長めに設定されています。期間内の解約は契約解除料9,500円が発生するのでよく考えてから申し込みましょう。

Y!mobile(ワイモバイル)の料金プランと組み合わせられるお得な割引・キャンペーン

ワイモバイルの料金を更にお得にするにはキャンペーン情報を厳選してご紹介します。複数台契約するとお得になる割引もあるので、家族揃ってワイモバイルに乗り換えている方も増えています。

家族割引サービス

複数台契約で子回線の基本使用料を割引
複数台契約で子回線の月額料金を割引

ワイモバイルで複数台契約すると、2回線目以降の基本使用料が500円割引されます。親回線として、スマホプラン(S・M・L)・データプランL・Pocket WiFiの各料金プランに契約していることが条件。スマホプラン(S・M・L)・データプランL・Pocket WiFiプラン2・Pocket WiFiプラン2ライトに契約した小回線が、最大9回線まで割引の対象になります。

■子回線特典

スマホプラン(S・M・L)
データプランL
Pocket WiFiプラン2 /2ライト
基本使用料500円引き

詳しくはこちら:家族割引サービス

データ増量無料キャンペーン

ワイモバイルの契約でデータ通信量が2倍に
新たにスマホプランS/M/Lに契約するとデータ通信量が1.5倍に

新規、他社からの乗り換え(MNP)、ソフトバンクからの番号移行といった新規契約、または機種変更時にスマホプランS/M/Lに契約すると、データ増量オプションの月額料金が2年間無料。データ増量オプションの月額料金は500円なので、2年間で12,000円相当の割引になります。

データ増量オプションは通常の容量が1.5倍になる優れもの。最も容量の少ないスマホプランSでも容量が2GB→3GBと増量されるので、使い勝手が良くなりますね。

スマホプランS +1GB(2GB→3GB)
スマホプランM +3GB(6GB→9GB)
スマホプランL +7GB(14GB→21GB)

詳しくはこちら:データ増量無料キャンペーン

申込翌月から2年間、データ通信量が契約プランの2倍使えます。データ通信量が大きくなるほど増量される容量も増えていきます。

ワイモバイルでは他にも豊富なキャンペーンやお得なサービスを展開しています。詳しい条件については下記の記事をご覧ください。

→ Y!mobile公式はこちら

まとめ:メリットがいっぱいのY!mobile(ワイモバイル)に乗り換えよう

ワイモバイルの料金プランはシンプルで分かりやすく、通話とネット代コミコミで安くなるのが最大のメリット。他社でもキャンペーンや割引を駆使するともっと安く抑えることもできますが、契約条件が複雑で分かりにくいことが多いです。

ワイモバイルでは1台でも複数台でも、通話が多くてもデータ通信量が多くても、様々なニーズに合わせて最適な料金が選べます。まずはワイモバイルショップで料金診断をして、今のスマホ代と比べてみてはいかがでしょうか。

→ Y!mobile公式はこちら

こちらの記事はいかがでしたか?

お役に立ちましたか?

送信する

もしよろしければお友達に
ご紹介お願いします!

  • ツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

特集コンテンツ

d-card

この記事を書いた人(編集:モバレコ編集部)

WEBデザイン・ガジェット・格安SIMなどに興味を示す鹿。大量のモバイル回線を元に沖縄でスピードテストを行っている。各社料金プランを調べたり、Androidのホーム画面をカスタマイズするのが好きです。自身のブログ「Creator Clip」では書きたいことを好きなだけ書いています。Twitter:@tokumewi