今更聞けない!ワイモバイルのメリットとデメリットまとめ

書いた人: 迎 悟

カテゴリ: ワイモバイル

ワイモバイル デメリット

格安SIM並みの価格帯で高品質な回線が使えることで人気の「Y!mobile(ワイモバイル)」。

ソフトバンクのサブブランドという安心感もあり、「毎月のスマホ代を安くしたい」と検討している人たちから注目を浴びています。

既にTVCMなどでワイモバイルをご存知の人も多いと思いますが、ワイモバイルのサービスについて詳しく調べた…という人は意外と少ないかもしれませんね。

そこで今回は「今更聞けないワイモバイルを選ぶメリットと知っておきたいデメリット」をまとめて紹介していきます。“本当にワイモバイルに乗り換えるとお得なの?”という疑問にお答えします!

▼ワイモバイルは5のつく日・日曜日がお得!情報をチェックする

オンライン限定!対象端末が
最大21,600円値引き中

10月
ワイモバイルが毎日お得!

5のつく日・日曜日はワイモバイルがお得!

5のつく日・日曜日限定キャンペーンが10月はいつでも適用対象に!

SIMカードのみ・対象の端末セットの申し込みで

最大7,000円相当のPayPayボーナス還元!

※シンプルM/L対象

簡単エントリーするだけ!
エントリーしてシンプルM/Lを申し込むと

3,000円相当のPayPay

今ならキャンペーンにより増額で、シンプルM・Lなら、SIMカードのみ対象の端末セットの申し込みでも最大で10,000円相当分のPayPayボーナスがもらえるお得な特典となっています!

さらに、シンプルSでもSIMのみなら最大で3,000円相当分のPayPayボーナスの還元対象に!

格安スマホを検討中であればワイモバイルが今ならお得です!

ワイモバイルはメリットが盛りだくさん

ワイモバイル おすすめポイント
ワイモバイルにはおすすめしたいメリットがいっぱい

毎日のようにTV CMが流れていて、近隣の家電量販店にいけば専用の売り場も見かけるようになったワイモバイル。既に一般層にまで広く知れ渡っており、筆者の周りでも「ワイモバイルに乗り換えたよ!」という声を聞くことが多くなりました。

実際にワイモバイルはたくさんのメリットがあるおすすめの通信キャリアですが、具体的にどんなところがメリットなのか知らない人も多いのではないでしょうか? ここではワイモバイルの魅力について解説していきます。

通信速度が速く、混雑する時間帯・場所でも快適♪

通信速度

通信キャリアに契約する前に知っておきたいことといえば、「通信速度」。格安SIM選びでは切っても切り離せない話題でしたが、ソフトバンクがサブブランドとして提供しているワイモバイルに速度の心配は無用です。

一般的な格安SIMの場合、お昼時や夕方などの混雑する時間帯では通信速度が伸び悩み、ゲームや動画視聴などを我慢しなければならないシチュエーションがありました。

しかし、ワイモバイルはソフトバンクの高品質な回線を利用しているので通信速度が速く、電波の安定性も抜群です。

モバレコの格安SIM速度ランキングでもワイモバイルの通信速度は常に上位をキープしています。

ワイモバイルと他の通信キャリアの速度比較をもっと詳しく知りたい方はぜひこちらも合わせてチェックしてください。

選びやすく安い、シンプルな料金プラン

ワイモバイルの料金プラン
S・M・Lの三種類から、毎月使いたいデータ容量を選ぶだけ!

ワイモバイルユーザーと話していて、よくおすすめポイントとして挙がるのが「わかりやすい料金プラン」

ワイモバイルの月額料金といえば、少し前までCMや広告で「ワンキュッパ」を全面に押し出していたので、税込2,178円(税抜1,980円)から利用できる格安な料金体系を思い浮かべる人も多いのではないでしょうか。

現在「ワンキュッパ」は廃止されてしまいましたが、ワイモバイルのプランは一般的な料金プランのように、通話のプランを選んで…データ容量のプランを選んで…といったわずらわしさがありません。

■ワイモバイルの音声通話プラン

シンプルプラン S M L
月額料金 2,178円 3,278円 4,158円
高速データ通信容量 3GB 15GB 25GB
速度制限時の最大速度 最大300kbps 最大1Mbps 最大1Mbps
通話料 30秒あたり22円
通話オプション 誰とでも定額(1回10分の国内通話かけ放題):770円/月
スーパーだれとでも定額(S)(24時間国内通話かけ放題):1,870円

※価格は全て税込

しかし、いくら安く利用できるとはいえ「別途で通話料やオプション料金がかかって結局高いのでは?」と考える人もいるかもしれませんね。

実際に、ワイモバイルに乗り換えるとどれだけお得になるのか、キャリアでスマートフォンを契約した場合の最安料金と比較してみました。

※横にスクロールできます。

ワイモバイル
シンプルS
ドコモ
ギガライト(~3GB)
au
ピタットプラン 4G LTE(~4GB)
ソフトバンク
ミニフィットプラン+(~3GB)
基本料金 2,178円 4,378円 5,115円 1,078円
高速データ通信容量 3GB 3GB 4GB 3GB
データ定額 4,400円
合計金額 2,178円 3,278円 5,115円 5,478円

※価格はすべて税込
※3キャリアは長期割などはなし

NTTドコモが3,278円(~3GB)のところワイモバイルは2,178円(3GB)と、ワイモバイルの月額料金の安さが際立つ結果になりました。

このように、ワイモバイルの料金プランはスマホの料金に詳しくない人でも安心してプランを選べるのも大きな魅力です。

オンライン限定!対象端末が
最大21,600円値引き中

速度制限にかかっても速い

前述の通りワイモバイルの通信は速度・品質共に満足度の高いものになっていますが、ワイモバイルは速度制限にかかってもシンプルM/Lであれば最大1Mbpsという中速を維持できる点も、ワイモバイルユーザーから高い評価を受けています。

1Mbpsというと、高画質にこだわらなければYouTube等の動画視聴や、SNSの観覧といった日常使いには問題ない速度。

大手キャリアの速度制限時は128kbpsという超低速になってしまい、制限の外れる月初まで耐えるしかなくなります。

その点ワイモバイルは通信の品質も良く、シンプルM/Lなら速度制限時も快適に利用できるので、毎月のデータ容量不足を気にすることなくスマホを使えるのはかなり魅力的です。

データをシェアできる「シェアプラン」がある

ワイモバイルのシェアプラン
シェアプランなら、最大3枚までSIMを追加可能

格安SIMの登場により、2台目以降のスマホ・タブレットを安価に運用することが可能になりました。

ワイモバイルの「シェアプラン」を活用すれば、わざわざ別の格安SIMを、2台目のスマホやタブレットのために契約する必要がありません。

シェアプランは音声通話プランのシンプルS/M/L、またはせーた専用プランのデータベーシックプランS/Lで契約中の回線を「親」として、最大3枚までUSIMカードを追加することが可能

しかも、データベーシックプランLならシェアプランセット割により、シェアプランの月額料金が無料です。

高速データ通信容量は親となる回線で契約しているデータ容量をシェアする仕組みになります。

子回線を増やす場合はそれに応じてプラン変更を行うのがオススメですが、複数の会社に渡って複数の回線を持つよりは確実に便利です。

家族全員で使ってお得! ワイモバイルの家族割引サービス

ワイモバイルの家族割引サービス
もっと安くなる家族割は嬉しいサービス

家族全員でワイモバイルを選んだ場合、忘れずに申し込みしたいのが「家族割引サービス」です。

家族割引サービスに加入をすると、スマホやPocket Wi-Fi契約の月額料金が最大1,188円引になります。

家族割引サービスに加入できるのは、主回線+9台とかなりの台数で家族割引を組むことが可能です。

しかも、離れて暮らす家族・親戚や同一住所に住む同居人とも家族割引サービスに申し込むことが可能なので、遠く離れた親・祖父母と家族割引サービスを組んで皆でお得に!なんて事も可能なのです。

ワイモバイルショップが全国各地にあるので困ったときも安心

ワイモバイルショップ
日本全国に約4,000店舗のワイモバイルショップを展開

ケータイ・スマホを使っていて、困ったときに駆け込みたいのが「キャリアショップ」。修理はもちろんのこと、今使っているプランが自分に合っているのかといった相談や、万が一の紛失・盗難のようなトラブルの際にもショップがあるのはかなり心強いはず。

格安SIMの多くは、ネットや家電量販店での販売が中心で、まだまだ実店舗・専門店のショップが足りていません。

また、ショップを展開している格安SIMであっても、ショップでできる手続きは商品・サービスの案内と契約手続きのみに限り、修理やプラン変更といった手続きができないものがほとんどです

その点、ワイモバイルは前身であるイーモバイル・ウィルコムで展開されていたショップを中心に、日本全国各地に約4,000店舗も展開しています。

もちろん、それぞれのショップでは契約から修理、プラン変更、各種手続きまでひと通り行うことができますので「安い通信キャリアにしたからサポートが悪い」ということもありません。

安さと安心、どちらも揃っているのがワイモバイルのメリットです。

ワイモバイルにはどんなデメリットがある?

ここまでの紹介ではメリットばかりに見えるワイモバイルですが、デメリットといえる部分がまったくないわけではありません。

大手携帯電話会社と比較すれば安く、格安SIM各社に比べれば安心感があるワイモバイルですが、どのようなデメリットがあるのでしょうか。

無制限プランがない

無制限プランがない
ソフトバンクでは大容量の無制限プランが登場したが、ワイモバイルは最大25GBまで

大手携帯電話会社がこぞって展開している「大容量プラン」。従来のデータプランと比較するとかなり安く、10GBや20GBでは足りないというユーザーからの支持を集めたことで今や大人気プランになっています。

ソフトバンクでは毎月無制限で使える超大容量プランが中心になっていますが、ワイモバイルで最もデータ容量が多いのはシンプルLの25GB

「データ増量無料キャンペーン2」を適用すれば、1年間は無料で3GB追加されるため28GBまで使えるとはいっても、さすがに無制限には遠く及びません。

「とにかく高速データ通信をたくさん使いたい」と考えている人にとっては、大容量プランがないのはちょっと物足りなく感じるかもしれません。

他社格安SIMより月額料金が高い

他社格安SIMより月額料金が高い
他の格安SIMの最安プランと比較すると割高に感じるかも
(上記はmineoの料金プラン)

「料金が安い」ことで注目を浴びているワイモバイルですが、さすがに格安SIM各社の料金プランと比較すると少し割高です。

人気の高い格安SIM各社と比較した場合、スマホ向け・音声通話可能なプランで比較するとその高さがよくわかります。

ワイモバイル OCN モバイル ONE mineo
月額料金 2,178円 990円 1,518円
通話料金 22円/30秒 22円/30秒
mineoでんわ利用で10円/30秒
22円/30秒
OCNでんわ利用で11円/30秒
高速データ通信容量 3GB 3GB 3GB

※全て税込み

他社の回線を借り受けてサービスを提供する格安SIM各社とは違い、大手キャリアであるソフトバンクが提供する携帯電話のサービスの中でサブブランドとして存在していますから、通信速度も高速・安定しているというメリットがあります。

しかし、「まったく通話しない」「LINEやメール、SNSが使えればいいから速度は求めない」という場合は、少しでも安い格安SIMの方がお得になります。

データ繰り越しに対応していない

ワイモバイルの最大のデメリットとも言える点として、当月に余ったデータ通信量を翌月に繰り越すことができません

格安SIMの多くはこのデータ繰り越しに対応していますが、ワイモバイルは非対応のため、月ごとに使用するデータ量が大きく異なる人にとっては、管理が難しいです。

自身の運用パターンから逆算し、適切なプランを設定しておくことが求められます。

ただし2021年8月より、ワイモバイルでもデータ繰り越し機能が開始予定ですので、このデメリットについては改善されそうです。

ワイモバイルのデータ通信を上手に運用する解説記事はこちら

ワイモバイルのお得なキャンペーンもチェック!!

メリットとデメリットを知って、「ワイモバイルいいじゃん!」と前向きになっている人もいるのではないでしょうか。

デメリットをカバーできるほどメリットが多いワイモバイルですが、これをもっともっとお得にするキャンペーンが存在していることもぜひ、覚えておきましょう!

最新人気機種も対象!最大21,600円値引き

最新人気機種も対象!最大21,600円値引き

ワイモバイル オンラインストアで対象端末とSIMをセットで申し込むと、端末代金が最大21,600円割引されるキャンペーンです。

人気のiPhone SE(第2世代)も格安料金で購入できます。スマホセットでの契約を考えている方は、ぜひこのキャンペーンを利用しての申し込んでみてください!

オンライン限定!対象端末が
最大21,600円値引き中

タイムセールキャンペーン

ワイモバイル タイムセール

タイムセール期間中に、指定のWEBページより他社からの乗り換えで契約し、対象端末を一括払いで購入すると、人気のスマホやお得なアウトレット商品をさらにお得に購入できるキャンペーンです。

なお、タイムセールは不定期で開催され、対象プランはシンプルS/M/Lです。

5のつく日・日曜日のキャンペーン

5のつく日・日曜日のキャンペーン

ワイモバイルでは、毎月5のつく日(5日・15日・25日)、日曜日のお申込みで、SIMのみの申し込みなら最大7,000円相当、端末セットなら最大5,555円相当のPayPayボーナスを受け取ることができます。

PayPayボーナスは、月額料金の支払いにも充当することができますので、かなりお得な使い道があるポイントであることは間違いありません。

条件が合えば「新どこでももらえる特典」でさらに最大3,000円相当のPayPayボーナスをゲットすることもできますので、せっかくであれば、このお得なタイミングを狙って申し込みをしましょう。

下取りプログラム

下取りプログラム
下取りサービスは知っておきたい、活用したいキャンペーン!

ワイモバイルのお得なキャンペーンの中でも、ぜひ知っておきたいのが「下取り」です。下取りに出した場合、機種によって設定額・期間は違いますが、PayPayボータスとして特典を受けることが可能になっています。

また、下取りに出す際、ワイモバイルの契約と同時に元々使っている機種を下取りに出す必要はありません。

下取り希望の旨を伝えておけば、後日購入した店舗へデータ移行を済ませたスマホを持ち込んで下取りの受付をしてもらうことも可能ですし、郵送下取りキットを自宅で受け取り、ポストへ投函するだけで下取り申し込みをする事も可能です。

下取り価格は定期的に変更されますので、ワイモバイルの契約前に一度確認してみるといいでしょう。

データ増量無料キャンペーン2

データ増量無料キャンペーン2
2年間、データ容量が1.5倍になるお得なキャンペーン

メリットで月額料金を紹介した際にも触れていますが、ワイモバイルは契約から最大1年間、高速データ通信の容量が無料で最大3GB増量されるキャンペーンを実施しています。

データ増量無料キャンペーン2は、データ容量が増量される「データ増量オプション」(月額550円)が契約から1年間無料になるというお得な内容。

一番容量の大きなシンプルLであれば28GBまで使えるため、月額に対するデータ容量の単価はかなりお得になりますよ!

ワイモバイルのキャンペーン情報はこちら

まとめ:メリットがデメリットを上回るワイモバイルはおすすめの通信キャリア

ワイモバイルは、大手携帯電話会社の料金より安くスマホを持つことができ、シンプルで必要なサービスのそろった料金体系がとにかくお得な会社といえます。

全国各地に多数存在するワイモバイルショップのおかげで、何かあってもショップを利用できるというのは、格安SIM各社にはないワイモバイルの魅力です。

今よりケータイ・スマホ代を安くしたい。だけど、安さをとって速度や安心を犠牲にしたくない。そんな人にはワイモバイルがオススメです!

オンライン限定!対象端末が
最大21,600円値引き中

【新どこでももらえる特典】最大3,000円相当PayPayボーナス還元中!

ワイモバイル
引用元:ワイモバイルヤフー店

今なら申し込み前に対象ページからエントリーすれば、最大で3,000円相当のPayPayボーナスが還元されます!還元額は契約するプランによって異なります。

プランS
PayPayボーナス
500円相当
プランM・L
PayPayボーナス
3,000円相当

エントリーは簡単ワンクリックで完了できます!適用条件、適用対象外条件は、下記公式サイトの対象ページにて事前にご確認下さい。

この記事を書いた人(編集:モバレコ編集部)

迎 悟

迎 悟

三度の飯より携帯が好きすぎて、資格も仕事も投げだし20代のほとんどを携帯販売に費やした元携帯ショップ店員。家電量販店からキャリアショップ、併売店まで色々経験してきました。今は[kuropon.mobi]でブログを書きつつ、ライターとしてあちこちにて記事を執筆中。そうでないときは大体"夢の国"にいます。Twitter:@kuropon

特集コンテンツ

d-card

d-card

Let's Share!

  • Twitter シェアアイコン
  • facebook シェアアイコン
  • はてなブックマーク シェアアイコン
  • Pocket シェアアイコン