Y!mobile(ワイモバイル)の口コミ・評判まとめ!通話・通信ともに快適に使える?

書いた人: とくめい

カテゴリ: ワイモバイル

ツイート このエントリーをはてなブックマークに追加
ワイモバイル 評判

TVCMでお馴染みのY!mobile(ワイモバイル)。皆さんも一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか。2019年10月から2年縛りのない新プランの提供がスタートし注目を集めています。そもそも、スマホ代が大幅に安くなると評判のワイモバイルですが、「実際のところどうなの?」と気になる方も多いようです。

そこで今回は、ワイモバイルの料金プランや通信速度についての口コミや評判を集めてみました。乗り換えの参考にしてみて下さい。

目次:

Y!mobile(ワイモバイル)について

ワイモバイルについて
TVCMでもおなじみのY!mobile

ワイモバイルは大手キャリア「ソフトバンク」のサブブランドとして展開するキャリアです。他社の格安SIM(MVNO)とは違い、ソフトバンクと同じ回線品質で利用できるのが大きな特徴です

それでいて料金もソフトバンクよりも安く抑えられており、3つのシンプルな料金プランで誰でも安くスマホ代を抑えられることで人気を集めています。通信速度もソフトバンク回線を使用しているので速くて安定した通信が行えます。

モバレコで毎週計測している通信速度比較の結果でもワイモバイルは安定して上位の好成績を残しています。

▼ワイモバイルのポイント

・ソフトバンクと同じ回線品質の電波を利用できる
・ソフトバンクよりも料金が安い
・通信速度もソフトバンク回線を利用しているので安定した速い通信が可能

Y!mobile(ワイモバイル)の料金プランの評判・口コミ

ワイモバイルの料金プランはスマホベーシックプランS・M・Rの3種類。1番安いスマホベーシックプランSだと新規割の適用で6か月間は1,980円(税抜)から使えます。全プラン通話料コミコミで10分以内の通話は何度でも掛け放題です

スマホベーシックプランの料金

1ヶ月目 2ヶ月目~6ヶ月目 7ヶ月目以降
スマホベーシックプランS 月額2,680円 月額1,980円 月額2,680円
スマホベーシックプランM 月額3,680円 月額2,980円 月額3,680円
スマホベーシックプランR 月額4,680円 月額3,980円 月額4,680円

Y!mobileの料金はお得?

この安さに魅力を感じて、他社から乗り換えている人も多く見かけます。中には大手キャリアからワイモバイルに乗り換えると通信費が三分の一(1/3)になったという方も。通信費を見直したい方はワイモバイルを検討してみてはいかがでしょうか

ワイモバイルの料金は安いだけではなく、シンプルな料金プランというのも人気の理由です。

また新プランになって2年縛りのないプランになったのも特徴の1つです。新プランはスマホベーシックプランS・M
・Rの中から選ぶだけです。

Y!mobile(ワイモバイル)の端末についての評判・口コミ

ワイモバイルの取扱端末はAndroid Oneブランドのスマホや、大人気のiPhoneシリーズのiPhone 7 / 6s、通話メインの方向けのガラケーなど様々な種類から選ぶことができます。

2019年の冬モデルにはワイモバイルで初めて取り扱うXperiaシリーズのXperia 8、Android One S7、Android One S6、Libero S10といったAndroid端末が追加されラインナップが増える予定です。

ワイモバイルはシンプルで扱いやすいAndroid Oneの取り扱いに加えて、iPhoneも価格を抑えて販売しています。さらに端末とセットで購入することもできるので、スマホごと乗り換えたい人は一度チェックしてみるといいでしょう。

また、SIMカード単体で申し込みすることも可能なので好みの端末が無くてもSIMフリースマホと組み合わせて使うこともできます。

Y!mobile(ワイモバイル)の通信速度に関する評判・口コミ

ワイモバイルの通信速度に対する口コミを見てみると、満足度の高い評価が多く寄せられていました

●遅いという評判も

もちろんタイミングと利用する環境によっては速度が遅くなることもあります。

また、速度制限時は128Kbpsとかなり遅くなってしまうので、なるべく制限に掛からないようにデータ通信量の節約は必須です。余った通信量の融通が効かないのもワイモバイルのデメリット。

実際に使用している筆者が感じるY!mobileの通信速度について

ワイモバイルの通信速度は、他キャリアや格安SIMと比べても速度が安定して出ています

ワイモバイルなら混雑する時間帯でも快適に使える!
ワイモバイルなら混雑する時間帯でも快適に使える!

混雑する平日お昼12時台での測定では、ドコモ系格安SIMが下り平均1Mbpsを下回ることが多いのに対して、ワイモバイルでは時間帯の差がほぼ無く、下り50Mbpsを超える爆速を記録しています。

その他の時間帯で計測しても、大体上下ともに20Mbps近くは安定して出ている印象です。もちろん通信速度は測定する環境や時間帯などに左右されますが、私の環境では何一つ不自由なく使えています。

また、モバレコで毎週計測している格安SIMの通信速度比較においてもワイモバイルは好成績を出しています。

まとめ:通話も通信もお得に使えるのがY!mobile(ワイモバイル)

10分間の通話定額とソフトバンク回線の効果により、格安SIMでよく言われる「無料通話がない」「通信速度が安定しない」といった悩みもなく快適に使えています。キャリアの安定感と格安SIMのコスパの良さをいいとこ取りした会社がワイモバイルです

新プランのスマホベーシックプランは基本料金を抑え、2年契約もないプランで提供されています。

「節約しても通信速度が遅くなったり不便になるのは嫌!」という、わがままも叶えてくれるワイモバイルを是非検討してみてください

>>ワイモバイル公式サイトはこちら

こちらの記事はいかがでしたか?

お役に立ちましたか?

送信する

もしよろしければお友達に
ご紹介お願いします!

  • ツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

特集コンテンツ

d-card

docomoのギガホ・ギガライト

Y!mobile 公式オンラインストアなら「限定商品!」「送料無料!」「24H受付OK!」

この記事を書いた人(編集:モバレコ編集部)

WEBデザイン・ガジェット・格安SIMなどに興味を示す鹿。大量のモバイル回線を元に沖縄でスピードテストを行っている。各社料金プランを調べたり、Androidのホーム画面をカスタマイズするのが好きです。自身のブログ「Creator Clip」では書きたいことを好きなだけ書いています。Twitter:@tokumewi