ワイモバイルの機種変更はオンラインがおすすめ!2021年最新機種も紹介

書いた人: モバレコ編集部

カテゴリ: ワイモバイル

5のつく日・日曜日ワイモバイルがお得!

5のつく日・日曜日はワイモバイルがお得!

5のつく日・日曜日はワイモバイルが熱い!

SIMカードのみの申し込みで

最大7,000円相当のPayPay

対象端末とセットの申し込みで

最大5,555円相当のPayPay

※シンプルM/L対象

対象者の方はさらにおトク!
エントリーしてシンプルM/Lを申し込むと

3,000円相当のPayPay

なんとSIMカードのみの申し込みでも最大で10,000円相当分のPayPayボーナスがもらえるお得な特典となっています!

格安スマホを検討中であればワイモバイルが今ならお得です!

「ワイモバイル」で機種変更をする際は、事務手数料がかからないオンライン手続きがおすすめです。

機種変更には、ワイモバイルで購入した端末はもちろんのこと、ワイモバイル以外で購入した端末も利用できます。端末を分割購入する際は、審査が必要になるので、注意が必要です。

今回は、ワイモバイルでの機種変更方法や、2021年最新のおすすめ機種、機種変更にあたっての注意点やお得なキャンペーン情報まで、詳しく解説します。

オンライン限定!対象端末が
最大21,600円値引き中

ワイモバイルで機種変更するならオンライン手続きがおすすめ

ワイモバイルで機種変更するならオンライン手続きがおすすめ
ワイモバイルで機種変更するならオンライン手続きがおすすめ
画像引用元:ワイモバイル公式サイト

ワイモバイルで機種変更をするなら、事務手数料が無料のオンライン手続きがおすすめです。

オンラインショップにはタイムセールや限定割引キャンペーンもあり、タイミングと条件が合えば希望の機種をお得に購入できます。

店舗と違って購入した端末は郵送されますが、発送は最短即日とスピーディーであり、送料もかかりません。チャットサポートも充実していて、疑問点の解消も簡単です。

待ち時間が発生することもなく、いつでも都合のよい時間帯に手続きを進めることができます。

ワイモバイルで機種変更する方法

ワイモバイルで機種変更する方法
ワイモバイルで機種変更する方法

ワイモバイルで機種変更をする方法は「オンライン」もしくは「店舗」の2種類です。

いずれにしても機種変更をする前に、現在利用中のスマホに保存している画像や動画、アプリなどの各種データを、新しい端末にデータ移行ができるように準備しておきましょう。

ここでは、ワイモバイルで機種変更する方法・手順を解説します。

データ移行の準備をする

機種変更前には必ずデータのバックアップなど、移行の準備をしておきましょう。

画像や動画はGoogle Photoや、iCloudなどの、クラウドサービスの活用をおすすめします。

アプリのデータ移行については、メアドとの同期などによる移行など、アプリが推奨している方法をチェックしておきましょう。

オンラインで機種変更する場合

オンラインで機種変更する大まかな流れは以下の通りです。

1.オンラインショップにて希望機種や料金プランを決める
2.My Ymobile!にログイン
3.必要事項の入力
4.重要事項を確認して申し込み完了
5.機種が届いたら回線切り替え手続き

オンラインで機種変更する場合、書類などは必要ありませんが、「My Ymobile」へのログインが必要です。

支払い方法やオプションは、現在登録してあるものをそのまま引き継ぐので、必要に応じて事前に変更を行ってください。

注文した端末は「My Ymobile」に登録されている住所に郵送されます。

また、回線の切り替え手続きについては、Web受注番号が「R」で始まる場合は自分で、「C」で始まる場合はワイモバイルが行います

ワイモバイルが切り替えを行う場合メールでお知らせが届きます。自分で切り替えを行う際には暗証番号が必要になるので、あらかじめ準備しておきましょう。

なお、オンラインでの機種変更においては、一部プランは手続き画面上で選択ができない(プランの継続ができない)場合があります

店舗で機種変更の手続きをすればプランを継続できる場合もあるので、希望プランが選択できない方は、一度カスタマーセンターや店舗に相談してみましょう。

店舗で機種変更する場合

店舗では、スタッフが手続きや注意事項の説明を行います。

プランや端末の相談にものってもらえますが、事務手数料3,300円が当月の利用料金に上乗せされますので、ご注意ください。

その他、店頭で有料サポートなどを受けた際は、その場で支払いが求められます。店舗での機種変更に必要なものは、以下の通りです。

・本人確認書類
・印鑑
・契約中の端末

契約中の端末を紛失した場合は、それ以外の2点のみでも手続きできます。

なお、店頭手続きには基本的に契約者本人の来店が必要です。契約者が来店できない場合は、委任状などの準備が必要になるので、あらかじめカスタマーセンターや店舗にて確認しておきましょう。

ワイモバイルのおすすめ機種

ワイモバイルのおすすめ機種
ワイモバイルのおすすめ機種
画像引用元:ワイモバイル公式サイト

ワイモバイルでは人気のiPhoneシリーズや専売モデルのAndroid Oneシリーズなど、数々の魅力的な機種を取り扱っています。

ここでは、販売中の機種から機種変更におすすめの機種を厳選してご紹介します。

iPhone 12 / iPhone 12 mini

iPhone 12 / iPhone 12 mini
iPhone 12 / iPhone 12 mini
画像引用元:ワイモバイル公式サイト

2020年10月に発売されたiPhone 12シリーズから、「iPhone 12」「iPhone 12 mini」の取扱いがワイモバイルでも開始しています。

※横にスクロールできます。

【価格(税込)】

内蔵メモリ容量 のりかえ・新規契約 機種変更
iPhone 12 64GB 92,880円 103,680円
128GB 98,640円 109,440円
256GB 113,040円 123,840円
iPhone 12 mini 64GB 78,480円 89,280円
128GB 84,960円 95,760円
256GB 98,640円 109,440円

【スペック】

サイズ 【iPhone 12】約71.5×146.7×7.4mm
【iPhone 12 mini】約64.2×131.5×7.4mm
重さ 【iPhone 12】162g
【iPhone 12 mini】133g
ディスプレイ 【iPhone 12】6.1インチ Super Retina XDR ディスプレイ
【iPhone 12 mini】5.4インチ Super Retina XDR ディスプレイ
CPU A14 Bionicチップ
ROM/RAM 64GB・128GB・256GB/非公開
電池容量 【iPhone 12】ビデオ再生最大17時間
【iPhone 12 mini】ビデオ再生最大15時間
耐水・防水性能 IP67
背面カメラ 約1,200万画素(広角・超広角)
インカメラ 約1,200万画素
認証機能 顔認証
Apple Pay 対応

iPhoneシリーズ初の5G対応モデルで、iPhone 12シリーズ共通の最新チップ「A14 Bionicチップ」を搭載。従来モデルよりも4倍強化されたガラスを採用したディスプレイは落下に強く、安心して長く愛用できるスマートフォンに仕上がっています。

また、カメラ性能は超広角カメラ・広角カメラのどちらもナイトモードが利用でき、暗い場所でも綺麗な写真を撮ることができますよ。

iPhone SE(第2世代)

iPhone SE(第2世代)
iPhone SE(第2世代)
画像引用元:ワイモバイル公式サイト

iPhone SE(第2世代)はコスパが良いと人気のモデルiPhoneです。

最新機種ではなくなってしまったホームボタンがあり、巨大化が進むiPhoneの中でもディスプレイが4.7インチと、手の小さい女性や子供にも操作しやすいサイズ感になっています。

【価格(税込)】

内蔵メモリ容量 のりかえ・新規契約 機種変更
64GB 36,000円 50,400円
128GB 42,480円 56,880円

【スペック】

サイズ 138.3×67.1×7.1mm
重さ 138g
ディスプレイ 4.7インチ Retina HD
CPU A13 Bionicチップ
ROM/RAM 64GB・128GB・256GB/非公開
電池容量 ビデオ再生最大13時間
耐水・防水性能 IP67
背面カメラ 約1,200万画素(広角)
インカメラ 約700万画素
認証機能 指紋認証
Apple Pay 対応

機種変更であれば7,200円が割引で購入できるので、必要十分な機能を備えたiPhoneを安く購入したい方におすすめです。

Android One S8

Android One S8
Android One S8
画像引用元:ワイモバイル公式サイト

「Android One」シリーズは、Google社と端末メーカーが協力して開発を行っているGoogle純正のAndroidスマホです。

中でもAndroid One S8は京セラが開発した端末で、電池持ちの良い超大容量4,100mAhのバッテリーと、迫力の大画面に定評があります。

【価格(税込)】

のりかえ・新規契約 機種変更
4,320円 18,720円

【スペック】

サイズ 162×76×8.7mm
重さ 169g
ディスプレイ 4.7インチ Retina HD
CPU 6.26インチ TFT 2,280×1,080(フルHD+)
ROM/RAM 64GB/4GB
電池容量 4,100mAh
耐水・防水性能 IPX5,IPX8/IP6X
背面カメラ 約1,600万画素+約800万画素
インカメラ 約800万画素
認証機能 顔認証
サイフケータイ 対応

機種変更でも2万円以下で購入できます。大画面で電池持ちの良い機種がほしい方におすすめです。

持ち込み機種でSIMを差し替えて使うこともできる!

ワイモバイル以外で購入した機種であっても、対応周波数・SIMの形状が合っていれば、ワイモバイルのSIMをいれて利用できます。

もちろん、SIMロックがかかったままでは正常に動作しないので、あらかじめ確認しておきましょう。パケット通信を利用するには、APN設定も必要です。

接続実績のある他社端末・APN設定の詳しい方法については、こちらからご確認いただけます。

なお、ワイモバイル以外で購入した端末を持ち込む場合、すべてのサービスについて、ワイモバイル側は動作保証ができません。

滅多にないこととは思いますが、それなりのリスクがあることは覚悟したうえで、申し込むようにしましょう。

ワイモバイルでiPhoneに機種変更する場合

ワイモバイルでiPhoneを使う方法
ワイモバイルでiPhoneを使う方法は全部で3通り

ワイモバイルでiPhoneを使うには、大きく分けて下記のように3通りの方法があります。

★ワイモバイルでiPhoneを使う方法

①ワイモバイルでセット端末のiPhoneを購入する
②今使っているiPhoneをSIMロック解除して使用する
③SIMフリー版のiPhoneを購入して使用する

これからワイモバイルを契約する方も、すでにワイモバイルを契約している方も、新しいiPhoneへ機種変更して利用することができます。

一部iPhoneはワイモバイルで販売中

現在ワイモバイルでは、「iPhone 12」「iPhone 12 mini」「iPhone SE(第2世代)」のセット販売を行っています。

すでにワイモバイルを契約している方は、オンラインストアから簡単に機種変更をすることが可能です。

※横にスクロールできます。

【価格(税込)】

内蔵メモリ容量 のりかえ・新規契約 機種変更
iPhone 12 64GB 92,880円 103,680円
128GB 98,640円 109,440円
256GB 113,040円 123,840円
iPhone 12 mini 64GB 78,480円 89,280円
128GB 84,960円 95,760円
256GB 98,640円 109,440円
iPhone SE(第2世代) 64GB 36,000円 50,400円
128GB 42,480円 56,880円

iPhone 8 / iPhone 11など旧機種を使うなら自分で用意が必要

iPhone 12 / iPhone 12 miniとiPhone SE(第2世代)以外はワイモバイルで購入することはできないのでご自身で用意する必要があります。

iPhoneは大手キャリアかApple Store、中古ショップなどでSIMフリー版を購入することができますが、キャリアで購入するiPhoneはSIMロック解除が必須なので注意です。

また、ご自身でiPhoneを用意する場合は、念のため事前にワイモバイル公式サイト「SIMカード単体のご契約」の「動作確認済機種一覧」から動作確認を行っておくことをおすすめします。

ワイモバイルの機種変更時にお得なキャンペーン

ワイモバイルのオンラインストアからの機種変更であれば、事務手数料が無料であること以外の料金的なメリットを受けることができるキャンペーンがあります。

ここでは、機種変更時に適用したい、お得なキャンペーン情報をご紹介します。

下取りプログラム

下取りプログラムを使えばお得に機種変更できる!
下取りプログラムを使えばお得に機種変更できる!
画像引用元:ワイモバイル公式サイト

ワイモバイルでは、現在利用している端末を下取りに出せば、PayPayボーナスを付与するキャンペーンを行っています。

下取りプログラムでお得に機種変更ができるのです。

PayPayボーナスを付与されるにはアカウント設定が必要

PayPayボーナスを付与されるには、以下3つの設定が必要です。PayPayアプリを利用したことがない方はご注意ください。

1.ワイモバイルサービスの初期登録
2.PayPayアプリのダウンロード
3.PayPayアプリと外部連携の設定

すでにPayPayアプリを利用している方で、「Yahoo!JAPAN ID」が「連携済み」かつ「Yahoo!プレミアム会員」で「Y!mobile初期登録済み」になっていれば大丈夫です。

または、ソフトバンク・ワイモバイルが「連携済み」となっていればOKです。

「未連携」となっている場合は設定を行いましょう。PayPayアプリの設定や連携、確認方法はこちら

PayPayボーナス金額一覧表

下取りプログラムの特典として、次の表に相当する額のPayPayボーナスが付与されます。

ワイモバイル指定の下取り対象端末のごとに異なりますので、公式サイトにてご確認ください。

下取りプログラムの申し込み手続きは「Web」または「店舗」から!

下取りには申し込み手続きが必要です。「Web」または「店舗」から受付ています。

・Webから申し込む場合

オンラインショップで機種変更する際、下取りプログラムを選択してください。
その後、郵送されてくる「送付キット」で、自分で対象端末を返送します。

・店舗で申し込む場合

Webと同じように「送付キット」を利用して後日郵送するか、店頭でそのまま引き渡すか、どちらか選択できます。

返送する前には、旧機種製造番号(IMEI)をメモに残しておきましょう。また念のためバックアップも取っておきます。その上で初期化してから返送します。

機種代金割引

オンラインストア割引

オンラインストアからの機種変更で、対象機種が7,200円が割引されます。

ワイモバイルの専売モデル「Android One」シリーズやiPhone 12、Xperiaなども対象ですので、ぜひチェックしてみてください。

5のつく日・日曜目の日キャンペーン

ワイモバイル 5のつく日キャンペーン

ワイモバイルでは毎月5のつく日(5日・15日・25日)、日曜日に申込むと、機種変更では3,300円相当のPayPayボーナスを受け取ることができます。

PayPayボーナスは、月額料金の支払いにも充当することができますので、かなりお得な使い道があるポイントであることは間違いありません。

せっかくであれば、このお得なタイミングを狙って申し込みをしましょう。

ワイモバイルの機種変更に関する注意点

ワイモバイルの機種変更に関する注意点
機種変更時にはココに注意!

最後に、ワイモバイルの機種変更に関して、注意点を解説します。

PHSからの変更は「機種変更」ではない

PHSからスマホのプランへの変更は、「機種変更」ではなく「契約変更」とみなされます。

オンラインショップではどちらも「機種変更」という表記ですが、「契約変更」の場合はオプションサービスが引き継がれません

加入を希望するオプションを一から選択し直す必要があるので、注意しましょう。

その他、新たにクレジットカードの登録も求められます

一見面倒にも感じられますが、スマホからスマホへの機種変更と同じく、番号やメールアドレスは基本的に引き継がれます。

端末を分割購入する場合は審査が必要

店舗・オンラインに関わらず、端末を分割購入する場合は、必ず審査があります。

過去に携帯料金を滞納したことがある場合などは、分割審査に通らない場合もあります。円滑に機種変更を進めるためにも、普段から滞納にならないように気をつけておきましょう。

申し込み時点で支払い遅延がある場合は、解消してからの手続きをオススメします。

また、オンライン上でよくあることが、住所などの入力ミスです。打ち間違いで審査に通らないこともあります。十分気をつけてください。

今利用している端末の残債は継続される

現在利用している端末にまだ分割が残っている場合は、そのまま新しい端末と合算して毎月支払いつづける必要があります。いくらの支払いが何か月分残っているのか、事前に確認しておきましょう。

また、月額割引がはいっている端末から機種変更を行う場合、まだ割引期間が残っていても、残りの月額割引はすべてなくなります。タイミングによっては損をしかねないので、こちらも注意してください。

なお、ワイモバイルでは、端末への月額割引はすでに受付終了しており、新しい端末への値引きはありません。

まとめ

ワイモバイル 機種変更 まとめ

ワイモバイルで機種変更をする際は、事務手数料が無料のオンラインショップがオススメです。

オンラインショップならば、待ち時間もなく、自分の好きなタイミングで機種変更を申し込めます。

書類などは必要ありませんが、My Ymobile!へのログインや契約の暗証番号の入力が必要です。一部オンラインではできない手続きもあるので、そちらの場合は店舗を利用しましょう。

また、機種変更をスムーズに済ませるためには、データの整理・バックアップ・アプリの引継ぎなど、事前の準備が大切です。

PHSからの機種変更・分割を残しての機種変更など、特殊な申し込みの場合は、事前に現在の契約内容をよく確認しておきましょう。

なお、現在ワイモバイルでは、下取りキャンペーンを実施しています。使っていた機種をPayPayボーナスに変えられるお得なキャンペーンなのです。

下取りキャンペーンを利用する際は、PayPayアプリのインストールや連携の設定などが必要です。注意点に気を付けて、お得に機種変更をしてくださいね。

オンライン限定!対象端末が
最大21,600円値引き中

毎月のスマホ料金を安くしたい方は、ぜひプロに無料相談ください!

キシュヘン

ネットで色々なスマホプランを調べても、結局どのプランが自分に合っているのか迷いますよね。

そんな方は、直接プロに相談するのも手段の1つ!

モバレコの運用する「キシュヘン」であれば、チャットで最短3分と手軽に相談できるのでおすすめです。

しかも相談手数料は無料、営業活動も一切ないため安心して利用できます。

スマホプランに目星がついている方もぜひ一度、活用してみてはいかがでしょうか!

この記事を書いた人(編集:モバレコ編集部)

モバレコ編集部

モバレコ編集部

スマホ、ケータイ、docomo、au、ソフトバンク、格安SIMに関する総合情報メディア「Mobareco-モバレコ」の記事コンテンツの制作を監修。スマホのレビュー、サービス解説、ライフハックからトラブルシューティングガイドなどの幅広いジャンルのコンテンツディレクションを手掛ける。『スマホをもっとわかりやすく。もっと便利に。』ユーザー目線に沿ったコンテンツを発信中。Twitter:@mobareco_jp

特集コンテンツ

d-card

d-card

Let's Share!

  • Twitter シェアアイコン
  • facebook シェアアイコン
  • はてなブックマーク シェアアイコン
  • Pocket シェアアイコン