【17年8月第2週】MVNOの通信速度を一斉調査!格安SIM速度ランキング

書いた人: モバレコ編集部

カテゴリ: 格安SIM, 格安SIMの速度比較, 比較

タグ: ,

ツイート このエントリーをはてなブックマークに追加
MVNOの通信速度を一斉調査!格安SIM 速度比較

※こちらの速度ランキングは毎週木曜日 夕方に最新の情報に更新されます

こんにちは、モバレコ編集部です。この記事では主要MVNO各社でスピードテストを行った、格安SIM 速度比較の測定結果をお届けします。

格安SIMを選ぶ1つの目安になるのが通信速度。MVNO各社の格安SIMが、どれくらいの速度で通信できるのか、そしてどの格安SIMが一番速いのか、モバレコではMVNO各社の格安SIM通信速度の測定を行い、毎週ランキング形式でお届けします。

今回の測定では主要MVNO17社19プラン(ドコモ系16プラン・au系3プラン)の通信速度(下り・上り)を測定。また使用する端末に差がでないよう、ASUS JAPAN協力の元、全て「ZenFone 3 Laser(ZC551KL)」で測定しています。

測定機種はすべてZenFone 3 Laser(ZC551KL)で統一

測定機種はすべてZenFone 3 Laser(ZC551KL)で統一

注意事項:
この調査はモバレコ独自のものであり、必ずしも実効速度を保証するものではありません。通信環境により結果が異なる場合がありますので、あくまで参考程度にどうぞ。

なお、モバレコではスピードテストアプリを使わないテスト方法で「各MVNOの通信が快適かどうか」を測っています。こちらのランキングもぜひ参考にしてみてください。

モバレコ 格安SIM快適さランキング

初期費用が0円!?”パッケージ版”好評販売中!

モバレコでは格安SIMの初期費用が公式より安くなるパッケージ版を販売しています(※)
公式サイトで申し込む場合と料金プランは同じなので、余計に高くつくことはありません。
つまり「初期費用が安い」以外は公式と同じ!

せっかくスマホ代が安くなるなら、初期費用も抑えたいですよね。
そんなときは”パッケージ版”の購入がお得です!

>>詳細・ラインナップはこちら<<

※パッケージから利用登録を行うことで初期事務手数料が免除されます
※MVNOやプランにより数百円〜数千円のパッケージ代金がかかります

目次:

調査方法や使用端末について

調査条件や方法は以下の通りです。

調査場所 東京都品川区
調査時間 (朝)9:00ごろ
(昼)12:30ごろ
(夕方)17:30ごろ
毎週月曜日もしくは火曜日の同日内で測定
調査アプリ OOKLA SPEED TEST
調査機種 ASUS ZenFone 3 Laser(ZC551KL) × 19台
調査方法 朝、昼、夕方で3回ずつ上り・下りを計測し、その平均を算出
調査する格安SIM OCN モバイル ONE
BIGLOBE SIM
IIJmio タイプD
b-mobile 高速定額
U-mobile PREMIUM
楽天モバイル
イオンモバイル
LINEモバイル
NifMo
FREETEL
mineo Dプラン
DMM mobile
DTI SIM
ロケットモバイル
nuroモバイル
カシモ
UQ mobile
mineo Aプラン
IIJmio タイプA

なるべく同じ条件で測定を行うため、計測する端末をすべて同じものに統一。今回の測定ではASUS社の「ZenFone 3 Laser(ZC551KL)」を19台使用しています。

格安SIMの通信速度ランキング早見表はこちら

すぐに結果を知りたい方のために、まずは速度ランキング早見表をご紹介します。以下の表では、当記事で測定している計19プランの測定結果を元に「高速」から「低速」まで分類してみました。速さの感じ方は人それぞれですが、1つの基準として参考にしていただければと思います。

●格安SIMの通信品質ランキング早見表(2017年8月第2週)

高速! 1位:UQ mobile/2位:IIJmio タイプA/3位:mineo Aプラン/4位:楽天モバイル
まあまあ高速 5位:OCN モバイル ONE/6位:BIGLOBE SIM/7位:LINEモバイル/8位:NifMo/9位:DTI SIM/10位:FREETEL
普通〜やや速い 11位:DMM mobile/12位:イオンモバイル/13位:mineo Dプラン/14位:U-mobile PREMIUM/15位:nuroモバイル
低速〜やや低速 16位:IIJmio タイプD/17位:ロケットモバイル/18位:カシモ/19位:b-mobile 高速定額

※モバレコ調べ

参考:ダントツの速度を誇るUQ mobileを使ってみた(動画アリ)

測定開始以来、30週以上連続1位という圧倒的な速度を誇るUQ mobile。とはいえ気になるのは実際の使い勝手。UQ mobileがどれくらい使えるSIMなのか、その実力を検証してみたいと思います。

まずはスマートフォンにUQ mobileのSIMを挿し、ブラウジングやYouTubeの再生を試してみることに。使用端末はZenFone 3 Laserで、検索画面からモバレコにアクセスし、サイト内を閲覧しています。その後、検索画面からYouTubeアプリを起動して、動画を再生してみました。一連の動作を動画に収めたので御覧ください。

ご覧の通りサイト閲覧はすばやく表示されますし、動画も途中で止まることなく閲覧できました。スマホでの利用はまったく問題ありません。

続いてそのスマートフォンからテザリングを行い、PCで通信を行ってみます。外出先でPCを使う方はかなり重要なチェックポイントですね。使用端末は同じくZenFone 3 Laserで、スマホでの操作の時と同じく、検索でモバレコへアクセスしてサイトを閲覧後、YouTubeで動画を再生してみました。動画はこちら。

なんと、テザリングでもかなり快適に利用することが出来ました。ただ、動画ではわかりづらいくらいのレベルですが、光回線と比べるとクリックした時に若干反応に遅れを感じました。さすがに光回線と比べてしまうのは酷ですが、全く同じように使えるわけではないようです。

「速い」「遅い」は個人差はありますが、個人的な感想としては外出先でこれくらいの速度なら大満足です。

以下では、朝・昼・夕方の測定した詳細の結果、および総合ランキングをご紹介していきます。

朝:10プランで下り2桁台を記録!トップはmineo

格安SIMスピードテスト 朝の測定結果

下りはmineo Aプラン、上りはIIJmio タイプAがトップに

8月第2週、朝の結果はご覧のとおりとなりました。ドコモ系MVNOからはOCN モバイル ONEやBIGLOBE SIMをはじめ計7プランで下り10Mbpsオーバーを記録。au系MVNOでは3プランとも10Mbpsを超え、mineo Aプランが全体のトップに立ちました。

朝の時間帯としては全体的に好調な数字を出しており、NifMoDTI SIMといったあたりも9Mbps台に乗せています。

この時間は朝9時に一斉測定。通勤ラッシュが少し過ぎたあたりですが、ニュースチェックやSNSの閲覧であればほとんどの格安SIMで問題ないでしょう。

昼:UQ、20Mbpsオーバーで独り勝ち!各社厳しい結果に

格安SIMスピードテスト 昼の測定結果

下りはUQ mobile、上りはカシモがトップに

昼の時間帯の測定はランチタイム真っ只中の12時半。あえて一番厳しいと思われる時間帯で格安SIMのスピードを計測してみました。

結果はau系MVNOであるUQ mobileが圧倒的スピードで独り勝ちという結果に。唯一の2桁台どころか20Mbpsをも超え、混雑時とは思えない数字を叩き出しています。

他MVNOは各社1Mbpsを下回る結果に。そんな中楽天モバイルは3.91Mbps、FREETELは1.15Mbps、LINEモバイルは1.08Mbpsと厳しい数字ながら健闘しています。

この時間の利用が多い方はそもそも格安SIMは厳しいかもしれません。唯一UQ mobileはそこをクリアしているので、対応端末をお持ちの方はぜひUQ mobileを利用してみてはいかがでしょうか。

夕方:悪天候の影響?全体的にやや落ち込む結果に

格安SIMスピードテスト 夜の測定結果

下りはIIJmio タイプA、上りはOCN モバイル ONEがトップに

測定したこの日は徐々に台風が近づいている天気の悪い1日でした。その影響かは定かではありませんが、いつもの夕方の測定に比べ各社の速度が落ち気味な印象です。

下り速度で全体のトップに立ったのはau回線を使用したIIJmio タイプAでした。僅差で2位となったのはドコモ系MVNOの楽天モバイル、そしてUQ mobileの11.58Mbpsと続きます。

昼の時間帯ならまだしも、この時間帯でも下り1Mbpsを下回るMVNOがちらほら。夕方でも高速なUQ mobileも若干不調気味な数字です。(とはいえ速いのですが)

このように時間帯ごとに各社速度にバラツキがあります。そのため、ご自身の使い方に応じて適した格安SIMを選ぶことが大事なポイント。そもそも速度が必要なのか?特にどの時間帯に使うことが多いのか?そんなことを考えながら、各社の測定結果を1つの参考にしていただければと思います。

初期費用が安くなる!格安SIMのパッケージ版 好評販売中!
▼対象プランをみる

総合結果:UQ、下り20Mbps超えでついに40週連続トップ

2017年8月第2週の結果

下り総合はUQ mobile、上り総合は楽天モバイルが勝ち取りました!

今週はこのような結果になりました。朝から好調だったUQ mobileが1日平均20Mbpsオーバーを記録し、そのまま総合ランキングでトップに、ついに大台の40週連続1位に輝きました!上り速度では下りでも好調な楽天モバイルがトップに立ちました。

UQ mobile(下り平均:20.73Mbps)

8月第2週の下り総合ランキングトップに輝いたのは、au系MVNOのUQ mobileでした。最近不調気味だった朝の時間帯から20Mbps超えを記録し、1日平均でも20Mbpsオーバーという脅威の記録を打ち立てました。これでついについに40週連続トップです。

当測定で使用している「データ高速プラン」は、月に3GBまで高速データ通信ができるプラン(データ専用:月980円、音声通話付き:月1,680円)。普段からブラウジングやSNS、LINEなどの利用が中心という方には十分な容量でしょう。

他にも通話料金の節約につながる「おしゃべりプラン」「ぴったりプラン」(音声通話付きのみ:月1,980円〜)、低速ながらデータ通信が使い放題となる「無制限プラン」(データ専用:月1,980円、音声通話付き:2,680円)など、各種Web上でお申込み可能です。

特典:当サイトからのお申込みで初期費用3,000円 → 1,150円!

IIJmio タイプA(下り平均:10.80Mbps)

下り総合2位には同じくau回線を使用したMVNO、IIJmio タイプAがランクイン。昼の時間帯は速度を落としたものの、朝・夕方でしっかりとスピードを出し、見事2桁台に載せました。

IIJmioといえば、ドコモ回線・au回線を選べる数少ないマルチキャリアの1つ。通信回線が安定しているだけでなく、使用端末が幅広く使えるとあって、初心者がはじめに選ぶ格安SIMとして人気を博しています。

当測定では標準のミニマムスタートプラン(3GB/月プラン)を使用。他にも6GB/月、10GB/月、オプションで20GB/月、30GB/月と豊富な選択肢が揃っています。

特典:当サイトからのお申込みで初期費用3,000円 → 330円~!

mineo Aプラン(下り平均:10.45Mbps)

下り総合3位にランクインしたのは、こちらもau回線を使用したMVNO・mineo Aプランでした。朝から下り28Mbpsと驚異的な記録を叩き出し、1日平均を大きく底上げしました。
これで、下り1位~3位をすべてau系MVNOが占める結果となりました!

IIJと同じくmineoもドコモ・au回線を選択できるマルチキャリアの1つ。20GBや30GBといった大容量プランも追加され、回線だけでなくデータ通信量の選択肢もさらに充実。

mineoではエントリーパッケージが用意されており、記載されたエントリーコードをWeb申込時に入力することで初期事務手数料が不要になるメリットも。お得に始めたい方は必見の方法ですよ。

特典:当サイトからのお申込みで初期費用3,000円 → 2,300円!

格安SIMの通信速度総合ランキング1位~19位はこちら

ここで、当記事で測定している全プランの総合ランキングを公開します。1日を通した下り平均速度と上り平均速度のデータを掲載しています。

●下り速度の総合ランキング

順位 MVNO 下り平均速度
(先週の数字)
1位 UQ mobile
(先週 1位)
20.73Mbps
(19.85Mbps)
2位 IIJmio タイプA
(先週 3位)
10.80Mbps
(8.95Mbps)
3位 mineo Aプラン
(先週 6位)
10.45Mbps
(6.31Mbps)
4位 楽天モバイル
(先週 2位)
9.33Mbps
(9.58Mbps)
5位 OCN モバイル ONE
(先週 9位)
6.90Mbps
(5.38Mbps)
6位 BIGLOBE SIM
(先週 8位)
6.10Mbps
(5.53Mbps)
7位 LINEモバイル
(先週 11位)
5.91Mbps
(4.70Mbps)
8位 NifMo
(先週 13位)
5.76Mbps
(4.54Mbps)
9位 DTI SIM
(先週 17位)
5.54Mbps
(2.69Mbps)
10位 FREETEL
(先週 5位)
5.53Mbps
(6.34Mbps)
11位 DMM mobile
(先週 4位)
4.92Mbps
(7.18Mbps)
12位 イオンモバイル
(先週 10位)
4.67Mbps
(4.84Mbps)
13位 mineo Dプラン
(先週 7位)
4.07Mbps
(6.12Mbps)
14位 U-mobile PREMIUM
(先週 14位)
3.56Mbps
(4.44Mbps)
15位 nuroモバイル
(先週 16位)
2.04Mbps
(3.26Mbps)
16位 IIJmio タイプD
(先週 12位)
1.57Mbps
(4.60Mbps)
17位 ロケットモバイル
(先週 15位)
1.56Mbps
(3.79Mbps)
18位 カシモ
(先週 18位)
1.51Mbps
(0.53Mbps)
19位 b-mobile 高速定額
(先週 19位)
0.17Mbps
(0.16Mbps)

●上り速度の総合ランキング

順位 MVNO 上り平均速度
(先週の数字)
1位 楽天モバイル
(先週 16位)
6.92Mbps
(3.69Mbps)
2位 OCN モバイル ONE
(先週 14位)
6.76Mbps
(4.16Mbps)
3位 ロケットモバイル
(先週 3位)
6.36Mbps
(6.27Mbps)
4位 DTI SIM
(先週 12位)
6.25Mbps
(4.55Mbps)
5位 IIJmio タイプA
(先週 8位)
6.16Mbps
(5.00Mbps)
6位 nuroモバイル
(先週 13位)
6.10Mbps
(4.20Mbps)
7位 カシモ
(先週 2位)
6.08Mbps
(6.56Mbps)
8位 BIGLOBE SIM
(先週 1位)
4.98Mbps
(6.94Mbps)
9位 U-mobile PREMIUM
(先週 11位)
4.73Mbps
(4.62Mbps)
10位 UQ mobile
(先週 4位)
4.51Mbps
(5.87Mbps)
11位 FREETEL
(先週 18位)
4.40Mbps
(3.13Mbps)
12位 LINEモバイル
(先週 5位)
4.30Mbps
(5.34Mbps)
13位 mineo Dプラン
(先週 15位)
4.16Mbps
(4.05Mbps)
14位 mineo Aプラン
(先週 10位)
3.83Mbps
(4.73Mbps)
15位 NifMo
(先週 9位)
3.57Mbps
(4.97Mbps)
16位 イオンモバイル
(先週 17位)
3.56Mbps
(3.51Mbps)
17位 DMM mobile
(先週 6位)
3.52Mbps
(5.22Mbps)
18位 IIJmio タイプD
(先週 7位)
2.52Mbps
(5.14Mbps)
19位 b-mobile 高速定額
(先週 19位)
1.15Mbps
(1.75Mbps)

当記事の結果はあくまで参考値となります。使用する地域、時間帯、端末など環境によって実際の通信速度(実効速度)は異なりますのでご了承ください。

【お得情報】”パッケージ版”で格安SIMの初期費用を抑えよう!

これから格安SIMを始めるなら”パッケージ版”の購入がおすすめです。これまで格安SIMはMVNO公式サイトで申し込むのが一般的でしたが、最近では他販売サイトなどでのパッケージ販売も増えてきました。

パッケージ版にはエントリーコードや専用パスが記載されており、利用登録時に入力することで初期事務手数料を0円にすることができます。(通常3,000円)パッケージ代は数百円~数千円程度なので、安く手に入れるほど格安SIMの初期費用を抑えることができるんです!

パッケージを購入したら各MVNOのサイト上で利用登録をするだけ。あとは通常のお申し込みと同じなので、毎月の料金が余計に高くつくことはありません。たったこれだけで初期費用を安くできるので、パッケージを購入しない手はありません!

以下では、各MVNOの人気プランとともに当サイトで販売しているパッケージをご紹介します。通常3,000円の初期費用がパッケージ代だけで済むので、この機会にぜひご活用ください!

UQ mobile

UQ mobileのパッケージを1,150円で販売中!通信速度ランキングも毎週上位をキープしているので、速度を優先したいならこちらがおすすめです。

初期費用3,000円 1,150円
★初期費用割引キャンペーン対象プラン

●UQ mobileの人気プラン

プラン名 容量 月額料金 販売
データ高速+音声通話プラン 3GB 1,680円 > 詳細はこちら
データ無制限+音声通話プラン 制限なし 2,680円 > 詳細はこちら
ぴったりプランS 2GB 1,980円 > 詳細はこちら
おしゃべりプランS 2GB 1,980円 > 詳細はこちら

※「ぴったりプラン」「おしゃべりプラン」の月額料金・データ容量には一定の条件があります。詳しくは公式サイトをご確認ください。

\データ通信専用プランも販売中!/

IIJmio

IIJmio タイプD、IIJmio タイプAのパッケージを330円〜で販売中!ドコモ回線、au回線を提供しているので幅広い端末に対応。通信も安定しています。

初期費用3,000円 330円~
★初期費用割引キャンペーン対象プラン

●IIJmio タイプD(ドコモ回線)の人気プラン

プラン名 容量 月額料金 販売
ミニマムスタートプラン 3GB 1,600円 > 詳細はこちら
ライトスタートプラン 6GB 2,220円 > 詳細はこちら
ファミリーシェアプラン 10GB 3,260円 > 詳細はこちら

●IIJmio タイプA(au回線)の人気プラン

プラン名 容量 月額料金 販売
ミニマムスタートプラン 3GB 1,600円 > 詳細はこちら
ライトスタートプラン 6GB 2,220円 > 詳細はこちら
ファミリーシェアプラン 10GB 3,260円 > 詳細はこちら

\データ通信専用プランも販売中!/

mineo

mineoの「エントリーパッケージ」を2,300円(税別)で販売中!申し込み時に必要な契約事務手数料3,000円(税別)が無料になるエントリーコードが記載されたパッケージです。

パッケージが到着した後にドコモ回線かau回線、音声通話のアリ・ナシ、毎月のデータ容量を選択できます。

初期費用3,000円 2,300円
★初期費用割引キャンペーン対象プラン

●mineoの人気プラン

プラン名 容量 月額料金 販売
mineo エントリーパッケージ 500MB〜30GB 700円〜6,510円 > 詳細はこちら

U-mobile

U-mobile各種プランのパッケージを0円〜で販売中!各種定額プランやLTE使い放題プランを格安で始めることができます!

初期費用3,000円 0円~
★初期費用割引キャンペーン対象プラン

●U-mobileの人気プラン

プラン名 容量 月額料金 販売
通話プラス3GB 3GB 1,580円 > 詳細はこちら
通話プラスLTE使い放題 使い放題 2,730円 > 詳細はこちら

\その他プランも販売中!/

BIGLOBE SIM

BIGLOBE SIMのパッケージを2,000円で販売中!YouTubeが見放題になるなどエンタメコンテンツを楽しむならこのSIMがおすすめ。

初期費用3,000円 2,000円
★初期費用割引キャンペーン対象プラン

●BIGLOBE SIMの人気プラン

プラン名 容量 月額料金 販売
音声通話 6ギガプラン 6GB 2,150円 > 詳細はこちら
音声通話 12ギガプラン 12GB 3,400円 > 詳細はこちら

\その他プランも販売中!/

FREETEL

FREETELのパッケージを2,300円で販売中!従量制課金の「使った分だけ安心プラン」なら月の使用量にバラツキがある方も安心。最適な料金で利用できます。

初期費用3,000円 2,300円
★初期費用割引キャンペーン対象プラン

●FREETELの人気プラン

プラン名 容量 月額料金 販売
全プラン対応パック 100MB~50GB 299円 > 詳細はこちら
使った分だけ安心プラン 100MB〜20GB 999円 > 詳細はこちら
定額プラン 3GB 3GB 1,600円 > 詳細はこちら

\その他プランも販売中!/

nuroモバイル

nuroモバイルのパッケージを1,600円で販売中!5時間/日プランなら毎日最大5時間までは高速通信が使い放題!

初期費用3,000円 1,600円
★初期費用割引キャンペーン対象プラン

●nuroモバイルの人気プラン

プラン名 容量 月額料金 販売
音声通話付き 3GBプラン 3GB 1,600円 > 詳細はこちら
音声通話付プラン 5時間/日 5時間/日 3,200円 > 詳細はこちら

\その他プランも販売中!/

NifMo

NifMoのパッケージを2,300円で販売中!スマホセットプランや独自のお買い物プログラムで顧客満足度も高いMVNOです。

初期費用3,000円 2,300円
★初期費用割引キャンペーン対象プラン

●NifMoの人気プラン

プラン名 容量 月額料金 販売
音声通話対応SIMカード 3GB 3GB 1,600円 > 詳細はこちら
音声通話対応SIMカード 13GB 10GB 3,500円 > 詳細はこちら

\その他プランも販売中!/

モバレコでは、スマホと格安SIMがお得になる・役に立つ記事を平日12:00に配信中です。

こちらの記事はいかがでしたか?

お役に立ちましたか?

送信する

もしよろしければお友達に
ご紹介お願いします!

  • ツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を書いた人(編集:モバレコ編集部)

8月はトルクの季節。いくら頑丈でもスイカ割りしちゃだめよ。