IIJmioの料金プランはシンプルでわかりやすい!格安SIM初心者もオススメなその理由は?

書いた人: agar

カテゴリ: ガイド, 格安SIM ,

ツイート このエントリーをはてなブックマークに追加
IIJmioの料金プランはシンプルでわかりやすい!格安SIM初心者もオススメなその理由は?

ユーザーからの評価も高い老舗のMVNO、IIJmioの料金プランは非常にシンプルです。
一方で、「用意されている料金プランではデータ通信量が足りない」という方や「電話をよくかけるので通話料が不安」など、自分に合った契約内容にしたい方もいらっしゃるかもしれません。

この記事ではIIJmioの料金プランに加えて、組み合わせるとより便利に安心して使えるオプションも含め解説いたします。

※記事内の料金は2017年9月、記事執筆時点での情報になります。

目次:


IIJmio × モバレコ お得なキャンペーン

IIJmioの料金プランの種類

IIJmio

IIJmioのSIMは、NTT docomoの通信網を利用する「タイプD」とauの通信網を利用する「タイプA」という2種類に大きく分けられます。

SIMのタイプによっては両者で料金の差もありますが主な違いとしては、対応端末とサービスエリアの2点が挙げられます。

使用予定の端末がどちらに対応しているかや、普段の行動範囲でdocomo・auのどちらのほうが繋がりやすいかなどで選ぶと良いでしょう。

IIJmio タイプDの料金プラン

データ通信専用 SMS機能付き 音声通話機能付き
ミニマムスタートプラン(3GB) 900円 1,040円 1,600円
ライトスタートプラン(6GB) 1,520円 1,660円 2,220円
ファミリーシェアプラン(12GB) 2,560円 2,770円 3,260円

タイプDの料金プランとしては、3GB/月の「ミニマムスタートプラン」、6GB/月の「ライトスタートプラン」、12GB/月の「ファミリーシェアプラン」があります。

データ通信専用SIM、SMS機能付きSIM、音声通話機能付きSIMの3種類のSIMがあり、これらの組み合わせで月額料金が決まります。

12GB以上のデータ通信量が必要な方には「大容量オプション」の追加がおすすめです。
3,100円/月で+20GB、5,000円/月で+30GBの通信量を追加することができます。

IIJmioではいずれのプランでもSIMカードの追加が可能で、「ミニマムスタートプラン」「ライトスタートプラン」は2枚、「ファミリーシェアプラン」は最大10枚のSIMを1つの契約で利用することができます。なお、追加のSIMは「タイプD」「タイプA」の両方を組み合わせることも可能です。

IIJmio タイプAの料金プラン

データ通信専用 SMS機能付き 音声通話機能付き
ミニマムスタートプラン(3GB) 900円 1,600円
ライトスタートプラン(6GB) 1,520円 2,220円
ファミリーシェアプラン(12GB) 2,560円 3,260円

3GB/月の「ミニマムスタートプラン」、6GB/月の「ライトスタートプラン」、12GB/月の「ファミリーシェアプラン」から選択できる点はタイプDと同様です。

SMS機能付きSIMと音声通話機能付きSIMの2種類があり、データ通信専用SIMはありません。タイプDのデータ通信専用SIMと同価格でタイプAのSMS機能付きSIMが使えるので、音声通話が不要でどちらのタイプでも良い方はタイプAを選ぶのが若干お得です。

「大容量オプション」の料金は20GBが3,100円/月、30GBが5,000円/月でタイプDの場合と同様で、SIMカードの追加も可能です。

通話が心配な人はかけ放題のオプションもある

IIJmioの国内通話料は通常20円/30秒です。電話をかける回数が多い方や時間が長い方はこの料金で通話料がかさんでしまうのではないかと心配されるかもしれませんが、「みおふぉんダイヤル」や「通話定額オプション」を利用することで通話料を抑えられるのでご安心ください。

みおフォンダイアル

まず、スマートフォンに標準で入っている電話アプリではなく、「みおフォンダイアル」アプリをインストールしてこちらを使って電話をかけると半額、つまり10円/30秒に割引されます。

補足すると、専用アプリを使用せずとも電話番号の前に「0037-691」を付けて発信することで割引されるのですが、毎回入力したり電話帳に1件ずつ付け足しておくのは面倒ですよね。自動でこの番号を頭に付けて発信してくれるのが「みおフォンダイアル」アプリとなります。

また、「ファミリー通話割引」というサービスもあり、同じmioIDで契約している電話番号同士の通話は20%OFFです。

「みおフォンダイアル」の割引と「ファミリー通話割引」は併用できるので、最大60%OFFで家族間の電話をかけられます。

通話定額オプション

家族以外との通話が多い方は「通話定額オプション」の利用がおすすめです。こちらのオプションには2種類あり、600円/月で3分以内の通話が無料、または830円/月で10分以内の通話が無料で何度でもかけ放題になります。

伝えておきたいIIJmioの3つのメリット

伝えておきたいIIJmioの3つのメリット

IIJmioをおすすめする理由は料金面ばかりではありません。ここでは、特におすすめしたいIIJmioの3つのメリットをご紹介します。

ファミリーシェアプランの使い方は自由自在

ファミリーシェアプランの使い方は自由自在

最大10枚までのSIMカードを使える「ファミリーシェアプラン」は工夫次第で様々な使い方をすることができます。

家族全員でIIJmioに乗り換えるのであればファミリーシェアプランにまとめることでお得に無駄なく使うことができますし、1人で使う場合であってもただデータ通信量が多いだけのプランではなく、例えばスマートフォンの契約に追加コストをかけずにタブレットも持つような使い方もできます。特に3枚目までの追加はSIM利用料がかからないのでおすすめです。

翌月繰り越しがある

翌月繰り越しがある

契約しているデータ通信量を使い切れなかった場合、IIJmioでは翌月に残量を繰り越すことができます。繰り越し機能自体は大手キャリアも含めて多くの会社で提供されていますが、IIJmioの特筆すべき点は無期限に繰り越せるということです。※
2ヶ月続けて余ってしまった場合なども必要な時まで無駄なく取っておくことができます。

※「IIJmioクーポンカード」を使用してチャージした場合のみ3ヶ月の有効期限が設定されています。

低速モードの切り替えが簡単・バースト転送機能で安心

低速モードの切り替えが簡単・バースト転送機能で安心

通信量を使い切る前に、高速通信を必要としない時は自分で低速モードに切り替えて使うことが可能です。低速モードにしている間は通信量がカウントされないので、月末まで持ちそうにないな、と感じた時は低速モードを使って残量を温存しながら使っていくことが可能です。

また、自分から低速モードにした場合、またはデータ通信量を使い切って速度制限がかかってしまった場合の両方に言えることですが、IIJmioでは低速モード中も「バースト転送」という機能で読み込み時の最初に数秒だけは高速通信になります。

わずかな違いですが、常に低速になってしまう制限と比べると快適に使えるのでぜひ体感してみてください。


IIJmio × モバレコ お得なキャンペーン

まとめ

IIJmioの料金はシンプルで格安SIM初心者にも分かりやすいだけでなく、オプションを組み合わせれば様々なニーズに合わせた契約にすることができます。

通話料金が不安でかけ放題プランや無料通話分のある大手キャリアからなかなか変えられないという方や、20GB以上のデータ通信量を使いたい方、また「ファミリーシェアプラン」があるので家族での乗り換えを検討している方には特におすすめの格安SIMです。

●IIJmio タイプD(ドコモ回線)の人気プラン

プラン名 容量 月額料金

ミニマムスタートプラン
3GB 1,600円

ライトスタートプラン
6GB 2,220円

ファミリーシェアプラン
12GB 3,260円

●IIJmio タイプA(au回線)の人気プラン

プラン名 容量 月額料金

ミニマムスタートプラン
3GB 1,600円

ライトスタートプラン
6GB 2,220円

ファミリーシェアプラン
12GB 3,260円


IIJmio × モバレコ お得なキャンペーン

こちらの記事はいかがでしたか?

お役に立ちましたか?

送信する

もしよろしければお友達に
ご紹介お願いします!

  • ツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

特集コンテンツ

d-card

この記事を書いた人(編集:モバレコ編集部)

スマートフォンやPC、カメラなどのデジタルガジェットを主に扱ったブログ「GeekDays」を運営。 元携帯ショップ店員で、現在はブロガー兼ライターとして活動中です。モバイル機器全般が好きですが、特にAndroidスマートフォンに興味あり。Twitter:@__agar