即日開通はできる? IIJmioへのMNP手順を完全ガイド!

書いた人: NINO

カテゴリ: IIJmio

ツイート このエントリーをはてなブックマークに追加
即日開通はできる? IIJmioへのMNP手順を完全ガイド!

IIJmioは、格安SIMサービスを提供する数ある企業の中でも老舗のMVNOです。業界では20年以上も通信サービスを提供し、最新端末の取り扱いやアップデートへの対応は業界最速

その他、ドコモ回線とau回線のマルチキャリア対応であることや、家族で最大10枚のSIMを共有できる点も魅力的です。

今回は、そんな格安SIM「IIJmio」へMNPを使って番号を変えずにそのまま移行する手順を詳しく解説します。

初めてのMNP手続きで不安な方へも、MNP前に確認しておくべき注意事項も交えてガイドします。

目次:

IIJmioへMNPする前に準備・確認しておくべき5つのこと

IIJmio MNP手順完全ガイド

この項目では、実際にMNPをする前に準備・確認しておくべきポイントをご紹介します。

初めてMNP手続きをするという方は、必ずチェックしておきましょう。

①:MNPをするタイミング

IIJmioへMNPするにあたり、毎月どの程度の利用料金を支払っているのか、データ通信の使用量はどれくらいか、といった点を確認するのはもちろんですが、大前提として現在使っているプランの契約期間を確認することが先決です。

大手キャリアの2年契約を前提とした通信料金割引を受けている方は、基本的に2年ごとに訪れる2ヶ月間の契約更新月での解約でない限り、約1万円の違約金が発生します。言わば2年間の”縛り”と呼ばれるもの。

よって、違約金がかからない契約更新月の間で元キャリアからIIJmioへMNPするのが無駄な出費もなくお得に乗り換える為の秘訣です。

しかし、乗り換えたことで毎月の通信費用が5000円程度も安くなるパターンもあります。この場合、約1万円の違約金がわずか2ヶ月分の通信費用でまかなえる計算になるので、乗り換え後3ヶ月目からは通信費用が浮いてくることになります。

このように、長期スパンで考えれば違約金を払ってでもすぐに乗り換えた方がお得になる場合もあるので、事前に算出しておきましょう。大手キャリアでの契約内容確認手順は以下の通り。WEB上で簡単に確認できます。

● ドコモの契約内容確認方法
WEB:「My docomo」へアクセス後、dアカウントでログインし「ご契約内容確認・変更」へ

● auの契約内容確認方法
WEB:「My au」へアクセス後、au IDでログインし「ご契約内容/手続き」へ

● ソフトバンクの契約内容確認方法
WEB:確認したい電話番号で「My Softbank」へログイン後、「契約確認」へ

②:MNP予約番号を発行する

MNPをするタイミングが決まったら、早速乗り換え手続きを進めていきましょう。携帯電話番号を変えずにそのままIIJmioへ乗り換えるには、移行前キャリアであらかじめ「MNP予約番号」を発行してもらう必要があります。

このMNP予約番号には以下2点の注意点をあらかじめ覚えておく必要があります。

● 発行日を含め15日間という有効期限があること
● IIJmioへ申し込む際には有効期間が7日以上残っている必要があること

また、各キャリアでのMNP予約番号発行方法を以下の表にまとめました。

電話 店頭 WEB
ドコモ ドコモ携帯:151
その他一般電話:0120-800-000
[9時〜20時]

※各店舗の取扱業務・営業時間を確認
My docomo→各種お申し込み・お手続き
[9時〜21時30分]
au 0077-75470
[9時〜20時]

※各店舗の取扱業務・営業時間を確認
トップ→お客様サポート→申し込む/変更する
※EZweb(ガラケー)のみ対応
ソフトバンク 0800-100-5533
[9時〜20時]

※各店舗の取扱業務・営業時間を確認
トップ→My Softbank→各種変更手続き
※3Gガラケーのみ対応

いずれのキャリアも電話またはショップでの発行は可能です。しかし、スマートフォンや4G回線の端末でWEB発行できるのはドコモのみとなっていて、au・ソフトバンクではガラケーのみ対応となっているので注意が必要です。

店頭で発行する場合、休日などでは窓口が混み合ったり、解約の引き止めを受ける場合が多いので、電話での発行がおすすめです。時間には余裕をもって計画的に手続きを進めましょう。

③:その他審査に必要な本人確認書類等の準備

IIJmioへ申し込む際には以下の情報が必要となります。

・対象の本人確認書類
・クレジットカード
・MNP予約番号
・Gmailなどのフリーメールアドレス

また、対象の本人確認書類は以下の通り。有効期限内で契約名義と一致しているものが必要です。

【本人確認書類】

・運転免許証
・個人番号カード
・日本国パスポート
・被保険者証
・特別永住者証明書
・在留カードまたは外国人登録証明書
・住民基本台帳カード
・運転経歴証明書
・身体障がい者手帳
・精神障がい者保健福祉手帳
・療育手帳
・外務省の発行する「身分証明書」

これらの本人確認書類は申し込み時にWEB上でアップロードする必要があるため、あらかじめカメラやスキャン機能を活用してデータ化しておくことをおすすめします。

その他、クレジットカード・メールアドレスについての詳細は以下の通り。

【クレジットカード】

毎月の料金支払いには本人名義のクレジットカードが必要です。JCB・VISA・DC・UC・UFJ・アメリカンエキスプレス・マスター・ダイナース・SAISON・イオンクレジットのクレジットカードを用意しておきましょう。

【Gmail等のメールアドレス】

IIJmioのサービス利用をするには、会員登録が必要となります。Gmail等のフリーのメールアドレスで構わないので、登録時に使うメールアドレスを用意しておきましょう。また携帯電話会社提供のメールアドレスは使用できないので注意しましょう。

④:名義について

IIJmioへ登録する名義とMNP転入する回線名義は全て同一でなければなりません。また、移行前キャリアに登録している契約者情報、IIJmioへの登録情報、本人確認書類の記載情報全てが一致している必要もあります。

複数回線の移行を予定していて、名義が異なる回線がある場合は、IIIJmioへ転入する前に移行前キャリアであらかじめ名義変更を行っておきましょう。

⑤:SIMロック解除について

今使用している端末をそのままIIJmioで使用する場合、端末のSIMロック状況を確認しておく必要があります。

SIMロックとは、端末契約元のキャリアの通信回線でしか一定期間利用できない制限のこと。

ドコモで購入した端末であればドコモ回線、auで購入した端末であればau回線のプランを選択すれば原則このSIMロック解除手続きは必要ありません。(auの場合一部例外あり)

なお、IIJmioはソフトバンク回線のプランは提供していない為、ソフトバンクで購入した端末を利用したい場合は必ずSIMロック解除が必要です。

今使っている端末のSIMロック解除が必要かどうかについては、IIJmio公式の「動作確認済み端末一覧」を参照してください。

各キャリアでのSIMロック解除方法は以下のとおり。

WEB 電話 店頭ショップ
ドコモ My docomoで手続き
※手数料無料
ドコモ携帯:151
一般電話;0120-800-000
※手数料3,000円
各店舗での手続き
※手数料3,000円
au My auで手続き
※手数料無料
× 各店舗での手続き
※手数料3,000円
ソフトバンク My Softbankで手続き
※手数料無料
× 各店舗での手続き
※手数料3,000円

SIMロック解除にはキャリア事に最低利用期間が設けられています。詳細は各キャリアのSIMロック解除ページをよく確認してください。

現在使っている端末に対応するSIMカードのサイズも必ず確認しておきましょう。

WEBからのMNP手順

IIJmio MNP手順完全ガイド

事前準備が整ったところで、実際にWEB上でIIJmioへ申し込む手順を解説します。

IIJmio公式サイトへアクセスし、「ご購入・お申し込み」→ 「mio会員登録・お申し込み」をタップ。

IIJmio MNP手順完全ガイド IIJmio MNP手順完全ガイド

注意事項や同意事項を確認しチェック印を入れたら「次へ」→ パッケージの有無を選択し「次へ」をタップ。

IIJmio MNP手順完全ガイド IIJmio MNP手順完全ガイド

端末同時購入かSIMカードのみ購入かを選択し「次へ」をタップ。

IIJmio MNP手順完全ガイド IIJmio MNP手順完全ガイド

IIJmioで使用したい回線、SIMカード種類、通話オプションなど、必要なものにチェックを入れて選択していきます。MNP予約番号を使って乗り換える場合は、「MNP転入」に必ずチェックを入れましょう。

IIJmio MNP手順完全ガイド
IIJmio MNP手順完全ガイド IIJmio MNP手順完全ガイド

続いて、契約者の個人情報を入力していきます。次に事前に用意した登録用メールアドレスを入力し認証コードを送信します。メールが到着し4ケタの認証コードがわかったら、再び申し込み画面にもどり認証コード欄に入力してください。

IIJmio MNP手順完全ガイド IIJmio MNP手順完全ガイド

料金支払いに使うクレジットカード情報の入力です。誤りの無いよう、正しく入力しましょう。入力が終わったら「次へ」をタップ。

IIJmio MNP手順完全ガイド IIJmio MNP手順完全ガイド

続いて本人確認書類をアップロードします。注意事項を良く読んでから、必要な本人確認書類をアップロードします。完了したら「次へ」をタップ。

IIJmio MNP手順完全ガイド IIJmio MNP手順完全ガイド

MNP転入で使用する名義と電話番号、MNP予約番号を間違いのないよう正確に入力してください。予約番号の有効期限等を選択し「次へ」をタップ。

IIJmio MNP手順完全ガイド

最後に申し込み内容全体をよく確認したら確定して終了です。1週間から10日程度で指定した自宅にSIMカード等が配送されます。

SIMカード到着後は回線切替手続き・APN設定

IIJmio MNP手順完全ガイド

SIMカードが到着してもそのままカードが使えるわけではありません。ユーザーによる回線切り替え手続きが必要となります。

回線切替手続き手順

「IIJmioオンデマンド開通センター」へ電話してMNP移行する電話番号とSIMカード識別番号下4ケタを入力します。SIMカード識別番号はSIMカード裏面を確認してください。

【IIJmioオンデマンド開通センター】
0120-711-122 (受付:午前9時00分〜午後7時00分まで)

状況にもよりますが10分程度の時間で回線の切り替えが行われると思いますので、しばらく待機しましょう。回線切り替えが完了後、乗り換え前の契約元が自動解約となり、IIJmioが課金スタートです。

APN設定をして利用開始!

回線開通したら最後の「APN設定」と呼ばれる端末での設定作業が必要となります。これを行うことにより、回線を端末が認識し、データ通信が問題無く行えるようになります。

この設定はユーザー自身で設定する必要がありますが、それほど難しい操作ではありません。

APN設定はiPhoneとAndroid端末の場合で異なります。それぞれでの詳細については「IIJmioのAPNの設定方法」を参考にしてください。

IIJmioは取り扱い店舗で即日MNPも可能だが・・・

IIJmio MNP手順完全ガイド

今回はWEB上でIIJmioへ乗り換える手順を紹介していますが、実はIIJmioは取り扱い店舗で申し込むことも可能です。

IIJmio取り扱い店舗で申し込む最大のメリットは、即日でMNPできるということ。WEBでの申し込みの場合、いつでもどこでも申し込みができる一方で、SIMカードが届くまでに数日かかってしまうので時間がかかります。

ただし、店舗で即日開通申し込みを行う場合は、手続きに時間がかかることや、よりお得に申し込みできるキャンペーンの適用が限定的になることなどのメリットもあるので理解しておきましょう。

IIJmioの取り扱い店舗のうち、即日開通に対応している店舗はソフマップやビックカメラなどの家電量販店の一部店舗、イオンSIMコーナーなどがあります。即日開通対応店舗については、公式ページの店舗一覧を確認してください。

IIJmioはキャンペーンがお得!MNPするなら”今”

IIJmioはキャンペーンがお得!

今ならIIJmioはキャンペーンがお得です。MNPをするなら今です。特にお得なキャンペーン内容は以下の通り。

● 月額料金1,300円割引(3ヶ月間)
● データ容量1GB増量(12ヶ月間)

上記のキャンペーンが、当サイト経由の申し込みでさらにお得に!データ容量1GB増量が+3GBでなんと通常時よりも4GB多く利用することができます

キャンペーン詳細・申し込みは以下のバナーをタップして専用ページにてご確認下さい。

まとめ

IIJmio MNP手順完全ガイド

IIJmioへのMNP移行手順について解説しました。事前準備から実際の申し込み、SIMカード到着後のAPN設定まで、ユーザー自身が行う内容が多く手間に感じるかもしれませんが、個々の作業内容はそれほど難しいものもありません。

タイミングをしっかりと見極めて、希望どおりのプランへ移行すれば、毎月の大きな通信費用節約にも必ず繋がります。ぜひとも人気のIIJmioへMNP移行してみてはいかがでしょうか?

こちらの記事はいかがでしたか?

お役に立ちましたか?

送信する

もしよろしければお友達に
ご紹介お願いします!

  • ツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

特集コンテンツ

d-card

docomoのギガホ・ギガライト

Y!mobile 公式オンラインストアなら「限定商品!」「送料無料!」「24H受付OK!」

IIJmioの人気商品

この記事を書いた人(編集:モバレコ編集部)

Mac,iPhone,iPadなどのApple製品、最新ガジェットのレビュー、今WEBで話題になっている情報を発信するブログ「FatherLog」を運営、月間25万PV。プライベートでは1児の父で子供と触れあう時間を大切にしたいとの思いから地方へ移住。ワークライフバランスが人生のモットー。