毎月5〜6GB使えるおすすめ格安SIMを徹底比較!

5~6GB使える おすすめ格安SIM 比較

格安SIMを購入・契約を検討している人で、どのデータ通信量のプランがいいのか迷う人も多いでしょう。

今回は、毎月5〜6GBのデータ通信量が使える格安SIMの、料金プラン・通信速度・MVNOの特徴を比較してまとめました。

毎月5〜6GB使えるプランは、キャリアの平均的なスマホ料金プランと同等のデータ通信量です

月々のスマホ料金を安くし、データ容量も少なすぎずしっかりと確保したい人、初めての格安SIMへの乗り換えた人にもピッタリのプランなので、ぜひ参考にしてみてください。

5~6GB使える格安SIM一覧はこちら

mineoのキャンペーン情報

mineoのキャンペーン情報
小川正人

監修者情報
小川正人(Ogawa Masato)

新聞社が推薦する通信サービスに精通したコンサルタント。QUANTA代表。スマホや格安SIM・ポケット型WiFi・光回線などの通信、モバイルサービスの専門家。大手家電量販店で販売員を行っていたが光回線やモバイルサービスの種類や料金体系の複雑さを痛感。「お客様が最適なプランを選べるようにしたい」との思いからlivedoorの通信サービスメディアサイト「livedoor Choice」に携わる。一時期は通信の実態を経験するために、光回線を3社、スマホキャリア、格安SIMを12社同時に契約していた。2019年には2019年度バリューコマースMVPを受賞。
監修者について(マイベストプロ)

5~6GBのおすすめ格安SIM(スマホ)を一覧で比較

白いスマートフォンと複数のSIMカード

5~6GBのデータ容量を契約できる格安SIMを、さまざまな項目で比較してみました。

月額料金や使用回線、通話オプションなど多くの点で違いがありますので、格安SIM選びの参考にしてください。

5~6GBプランがあるおすすめの格安SIM

※横にスクロールできます。

格安SIM 画像 詳細リンク 月額料金 容量 使用回線 通話オプション 節約モードの有無 カウントフリー 5G対応
データ通信SIM 音声通話SIM
y.u.mobile yumobile 詳細 800円 1,070円 5GB ドコモ
  • 10分/回:550円
  • 24時間:1,400円
mineo mineo 詳細 1,265円 1,518円 5GB
  • ドコモ
  • au
  • ソフトバンク
  • 10分/回:550円
  • 24時間:1,210円
IIJmio IIJmio 詳細 900円 990円 5GB
  • データ通信SIM:ドコモ
  • 音声通話SIM:ドコモ/au
  • 5分/回:500円
  • 10分/回:700円
  • 24時間:1,400円
QTモバイル QTモバイル 詳細 1,430円 1,760円 6GB
  • ドコモ
  • au
  • ソフトバンク
  • 10分/回:880円
  • 24時間:1,600円
イオンモバイル イオンモバイル 詳細 1,188円 1,298円 5GB
  • ドコモ
  • au
  • 5分/回:550円
  • 10分/回:935円
  • 24時間:1,650円
BIGLOBEモバイル BIGLOBEモバイル 詳細 1,595円 1,870円 6GB
  • データ通信SIM:ドコモ
  • 音声通話SIM:ドコモ/au
  • 3分/回:660円
  • 60分/月:660円
  • 10分/回:913円
  • 90分/月:913円
動画・音楽・漫画・雑誌などのエンタメサービス
※タイプDのみ
DTI SIM DTI SIM 詳細 1,342円 2,112円 5GB ドコモ 10分/回:902円
J:COM MOBILE J:COM MOBILE 詳細 1,628円 5GB
  • ドコモ
  • au
  • 5分/回:550円
  • 60分/回:1,650円

※J:COMケーブルエリア限定

5~6GBのおすすめ格安SIM(スマホ)

白いスマートフォンの上でSIMカードを眺める様子

前項【5〜6GBのおすすめ格安SIM(スマホ)を一覧で比較】で比較した格安SIMの概要や最新のキャンペーン情報などを、1社ずつご紹介していきます。

5〜6GBのデータ容量を格安SIMで利用したい人は、ぜひ参考にしてください。

y.u mobile(ワイユーモバイル)

y.u mobile

格安SIMでは5GBだと1,500円/月程度の料金がかかるプランも多い中で、y.u mobile(ワイユーモバイル)の「シングル」音声通話SIMは5GBで1,070円/月と、かなり安い料金プランといえます。

▼簡易他社比較

5GBプラン
y.u mobile 1,070円 / 月
mineo 1,518円 / 月
BIGLOBEモバイル 1,870円 / 月

また最大の特長は、余ったギガを最大100GBまで永久に繰り越すことができる点音声通話SIMなら端末の修理費用保険が年間最大3万円(非課税)まで補償される点です。

y.u mobile ギガ繰り越し

月によって使うギガにバラつきがある人や、2台目・サブ回線用としての運用を検討している人にもおすすめです!データSIMも800円 / 月で利用できるのでかなり格安です!

■ y.u mobile(ワイユーモバイル)の5GBプラン

月額料金(5GB) データSIM:800円(SMSあり:932円)
音声通話SIM:1,070円
通話料 22円/30秒
※アプリ発信で11円/30秒
使用回線 ドコモ
通話オプション
  • 10分かけ放題:550円
  • 無制限かけ放題:1,400円
節約モード対応
カウントフリー
5G対応
平均実測値 ※1 41.55Mbps

※1:みんなのネット回線速度引用(2024年4月時点)

 y.u mobile(ワイユーモバイル)はここがおすすめ!

  • 5GBプランが他社と比べてもトップクラスに安い!(音声通話SIM:1,070円)
  • 余ったギガを最大100GBまで永久に繰り越すことができる!
  • 音声通話SIMなら端末の修理費用保険が無料付帯! 年間最大3万円(非課税)まで補償!
  • データSIMも800円 / 月で格安!!

月額基本料金が
最大3ヵ月無料キャンペーン中!

y.u mobileを実際に使ってみました!レビュー、使用感はこちら

mineo

mineo

au回線・ドコモ回線・ソフトバンク回線に対応するトリプルキャリアのmineo(マイネオ)

他の格安SIMにはないユーザーコミュニティ・マイネ王が大きな特徴で、mineoに関する情報発信やユーザー同士の積極的な意見交換が行われています。

データ通信量をお得にやりくりできるのもmineoならでは。余ったデータの翌月繰り越しはもちろん、家族間のパケットシェアや他のmineoユーザーとシェアできる特徴的なサービスを備えます。

また、「マイそく」を契約すれば、最大32kbps〜3Mbpsの低速〜中速でデータを使い放題で利用することも可能です。

通信速度よりもデータ容量重視で格安SIMを契約したい人は、mineoのマイソクも検討してみてください。

 mineoはここがおすすめ!

  • 月額料金が安い
  • マイピタユーザーはパケット放題Plusを契約すると、最大1.5Mbpsでデータを無制限利用できる
  • マイそくユーザーは、最大32kbps~3Mbpsでデータを無制限利用できる
  • 家族利用におすすめの「家族割引」(マイそく スーパーライトのみ対象外)
  • 余ったパケットをシェアできる「パケットシェア」が利用できる(マイピタプランのみ)

 mineoの5GBプラン

月額料金(5GB) データ通信SIM:1,265円
音声通話SIM:1,518円
通話料 22円/30秒
使用回線 ドコモ・au・ソフトバンク
通話オプション
  • 10分/回:550円
  • 24時間:1,210円
節約モード対応
カウントフリー
5G対応
平均実測値 40.64Mbps

mineo × mobareco
契約事務手数料3,300円無料キャンペーン中!
※お試し200MBコース、マイそくスーパーライトは対象外

IIJmio

IIJ mio

高い通信品質とその技術力から多くのユーザーから熱い支持を受ける老舗ブランド・IIJmio

格安SIM利用者のシェアも高く、格安SIMを初めて利用する際、まず選ばれることが多い格安SIMです。

料金プランはシンプルながら、ドコモ回線・au回線を選べるマルチキャリアであるのも嬉しいポイント。

それだけ多くのスマホに対応しているため幅広いユーザーに選ばれています。

また、IIJmioは最大300kbpsでデータを使い放題にできるバースト転送モードに対応した節約モードや、5G回線に対応しているなど、ユーザーにとって嬉しいサービスを利用できる点も特徴です。

 IIJmioはここがおすすめ!

  • 高速通信・低速通信の切り替えが可能
  • 余ったデータ容量は翌月に繰り越すことができる
  • 低速時でもはじめの一定量だけ高速通信で読み込みができる「バースト転送機能」がある

 IIJmioの5GBプラン

月額料金(5GB) データ通信SIM:900円
音声通話SIM990円
通話料 11円/30秒
使用回線
  • データ通信SIM:ドコモ
  • 音声通話SIM:ドコモ/au
通話オプション
  • 5分/回:500円
  • 10分/回:700円
  • 24時間:1,400円
節約モード対応
カウントフリー
5G対応
平均実測値 35.91Mbps

人気スマホが110円〜!

QTモバイル

QTモバイル

QTモバイル」は、九州電力グループであるQTnetが提供している、格安SIMサービス。

ドコモ、au、ソフトバンクのトリプルキャリア回線から選ぶことが可能で、初めて格安SIMを使う人も乗り換えやすく、余ったデータ通信は翌月に繰り越すことも可能で無駄なく容量を使うことができます。

また、データ容量も少量〜大容量まで幅広く、通話かけ放題のオプションも用意してあるので安心です。

九州電力やBBIQを契約している人は、月額料金から永年最大330円が割引されます。

さらに、BBIQユーザーはスマホをセット購入すると、端末代金より10%キャッシュバックされるので、お得に乗り換えることもできます。

 QTモバイルはここがおすすめ!

  • トリプルキャリアに対応しているので乗り換えやすい
  • 九州電力ユーザーは月額料金から永年110円割引
  • BBIQユーザーは月額料金から永年220円割引
  • BBIQユーザーは端末代金より10%キャッシュバック

 QTモバイル 6GBの料金プラン(データ通信)

月額料金 データ通信SIM:1,430円
音声通話SIM1,760円
通話料 11円/30秒
月間データ容量 6GB
使用回線 ドコモ/au/ソフトバンク
通話オプション
  • 10分/回:880円
  • 24時間:1,600円
節約モード対応
カウントフリー
5G対応
平均実測値 67.96Mbps

mobareco限定キャンペーン実施中!

QTモバイル

【モバレコ限定クーポン配布中】
以下ページから申し込みで、
最大30,000円キャッシュバック!

【キャンペーン期間】
2024年5月31日まで

■ 年末年始スマホ購入キャンペーン

【特典内容】
・「データ+通話」コースの契約+指定端末以外を購入:10,000円キャッシュバック
・「データ+通話」コースの契約+指定端末を購入:30,000円キャッシュバック
※端末購入の場合、30歳以下はさらに5,000円キャッシュバック

【適用条件】
新規もしくは他社から乗り換え(MNP)で、「データ+通話」コースと端末をセットで専用ページからエントリーコード・クーポンコードを入力し申し込まれた方

■ 指定端末

iPhone14 128GB / iPhoneSE(第3世代)64GB・128GB / moto g52j 5G SPECIAL / Xperia 10 V / OPPO Reno9 A

【申し込み手順・限定クーポンはこちら】
  1. 以下のキャンペーンページをクリック
  2. 「WEBお申込みはこちら」をクリック
  3. 「新規ご契約者さま」からエントリーコード・クーポンコードを入力
    ■ 当サイト限定特典
    エントリーコード:BBZZ00000000
    クーポンコード:AFTUCP ■ 年末年始スマホ購入キャンペーン
    クーポンコード:QTMW2312
  4. 画面に従ってお客さま情報を入力し、「データ+通話」コースに申し込む
    ※年末年始スマホ購入キャンペーンの場合は、「端末を購入する」にチェック
【キャッシュバック受け取り方法】
  1. お客さまの連絡先メールアドレスに受付番号とURLを記載しメールが届きます。
  2. お客さまはURLから受付番号と画像認証キーを入力し、銀行振込もしくはローソンでの受取を選択してください。
  3. 認証キーを入力いただき、口座振替の場合は口座情報を入力。ローソン受取の場合は、受取方法を確認しローソンで手続きをお願いいたします。

申し込みはこちらのページから!

イオンモバイル

イオンモバイル

イオンリテール株式会社が運営するMVNOサービス「イオンモバイル」。

イオンの各店舗にて、格安SIM・格安スマホを販売スタッフと一緒に選ぶことができるのが魅力です。

格安SIMの料金プランが非常に細かく分けられていてユーザーが使いたいベストなデータ通信量のプランを選ぶことができ、月額料金を安く利用したい人、データ通信を多く利用したい人にもおすすめな格安SIMです。

 イオンモバイルはここがおすすめ!

  • 高速通信・低速通信の切り替えが可能
  • 全国のイオンモールで店舗契約ができる
  • 3回線契約できるシェアプランで、複数端末利用者にもおすすめ

 イオンモバイルの5GBプラン

月額料金 データ通信SIM:1,188円
音声通話SIM:1,298円
通話料 11円/30秒
月間データ容量 5GB
使用回線 ドコモ/au
通話オプション
  • 5分/回:550円
  • 10分/回:935円
  • 24時間:1,650円
節約モード対応
カウントフリー
5G対応
平均実測値 37.04Mbps

BIGLOBEモバイル

BIGLOBE

大手プロバイダ・ビッグローブが提供する格安SIM。豊富な料金プランや端末保証サービスが用意されており、スマホとセットになった「BIGLOBEスマホ」が数多くラインナップされています。

YouTubeやAbemaTVなど、特定のアプリのデータ通信量を消費しない「カウントフリーオプション」が最大の特徴。

月額308円〜で利用でき、動画・音楽コンテンツが使い放題となります。

 BIGLOBEモバイルはここがおすすめ!

  • 6GB、12GB、20GB、30GBのプランは全国86,000カ所で使えるBIGLOBE Wi-Fiが無料なので容量を抑えてお得に
  • キャンペーンのお得度が高い
  • エンタメフリー・オプションならYouTubeなどの対象サイトで利用する通信量がカウントされないので見放題

 BIGLOBEモバイルの6GBプラン

月額料金 データ通信SIM:1,595円
音声通話SIM:1,870円
通話料
月間データ容量 6GB
使用回線
  • データ通信SIM:ドコモ
  • 音声通話SIM:ドコモ/au
通話オプション
  • 3分/回:660円
  • 60分/月:660円
  • 10分/回:913円
  • 90分/月:913円
節約モード対応
カウントフリー 動画・音楽・漫画・雑誌などのエンタメサービス
5G対応
※タイプDのみ
平均実測値 14.63Mbps

DTI SIM

DTI SIM

インターネットプロバイダーとして20年の実績を持つ、DTIから提供される格安SIMサービスである「DTI SIM」。

新規契約の際、最初の半年間割引が適用される「データ半年お試しプラン」や「でんわ定額プラン」など、ユーザーには嬉しいサービスが魅力的な格安SIMです。

 DTI SIMはここがおすすめ!

  • 月額料金がトップクラスに安い
  • プラン内容がシンプルなので初めての格安SIMにおすすめ
  • 使わなかったデータ容量を翌月に繰り越すことができる

 DTI SIMの5GBプラン

月額料金 データ通信SIM:1,342円
音声通話SIM:2,112円
通話料 22円/30秒
月間データ容量 5GB
使用回線 ドコモ
通話オプション 10分/回:902円
節約モード対応
カウントフリー
5G対応
平均実測値 38.52Mbps

J:COM MOBILE

J:COM MOBILE

J:COM MOBILEは、ケーブルTV・回線でも知名度の高いJ:COMが提供する格安SIMサービスです。

5G通信にも対応しており、4G LTEプランと同等の料金が利用できます。

翌月のデータ繰り越しにも対応しており、データ通信専用プランはなしの、音声通話対応プランのみのシンプルで分かりやすい料金プランです。

 J:COM MOBILEはここがおすすめ!

  • 翌月のデータ繰り越しが可能
  • 5G通信に対応している
  • かけ放題オプションセットの5GBプランがある

 J:COM MOBILEの5GBプラン

月額料金 データ通信SIM:-
音声通話SIM:1,628円
通話料 22円/30秒
月間データ容量 5GB
使用回線 ドコモ/au
通話オプション
  • 5分/回:550円
  • 60分/回:1,650円
節約モード対応
カウントフリー
※J:COMケーブルエリア限定
5G対応
平均実測値 65.54Mbps

5~6GBの格安SIMの選び方

多くの通信事業から販売されている5〜6GBの格安SIMですが、どういう点に気をつけて選べば良いのか、注意するポイントや特徴を紹介していきます。

※クリックすると該当箇所に移動します

料金

同じ5〜6GBを利用できる格安SIMによっても、月額料金はまったく異なります。

1,000円以下で利用できる格安SIMもあれば、2,000円近い料金で提供している格安SIMもあるので、格安SIMを選ぶ際は複数社の料金を比較し、安い事業者を選びましょう。

5〜6GBを利用できる格安SIMの月額料金は、【5〜6GBのおすすめ格安SIM(スマホ)を一覧で比較】でご紹介していますので、参考にしてください。

通信速度

格安SIMはサービスによって使用回線が異なるので、通信速度も異なります。通信速度は各コンテンツごとに以下の数値が快適に利用できる目安となっているため、利用したいコンテンツを元に、最適な通信速度を維持できるサービスを選びましょう。

各コンテンツを快適に利用できる通信速度(下り)の目安

  • メールやSMSの受信:128kbps~1Mbps
  • WebサイトやSNSの閲覧:1Mbps~10Mbps
  • YouTubeなどの動画視聴:3Mbps~25Mbps
  • オンラインゲーム:30Mbps~100Mbps

※参考・引用元:インターネットの快適な回線速度の目安|nojima

各コンテンツを快適に利用できる通信速度(上り)の目安

  • メールやSMSの送信:1Mbps
  • SNSの写真投稿:3Mbps
  • SNSやYouTubeへの投稿:10Mbps

※参考・引用元:インターネットの快適な回線速度の目安|nojima

格安SIMの通信速度は、「みんなのネット回線速度」の検索窓に格安SIM名を入れて検索するとわかるので、試してみてください。

みんなのネット回線速度

通話オプション

格安SIMの中には通話のオプション(かけ放題)が用意されているところもあります。電話をかける頻度が高い人は、通話オプションを同時契約すると、毎月の通話料をお得にできます。

 格安SIMの通話オプション一例

BIGLOBEモバイル

無料の専用通話アプリ「BIGLOBEでんわ」を使うと22円/30秒の通話料が9.9円/30秒になる。さらに、BIGLOBEでんわからの発信なら、1回3分や10分の「かけ放題」、月60分間または90分間の通話料が無料になる「通話パック」も契約可能。

IIJmio

1回5分や10分、または24時間の「かけ放題」を契約可能。専用アプリからではなく、スマホの標準電話機能からの発信でかけ放題が適用される。また、同一ID内で契約しているみおふぉん同士なら「ファミリー通話割引」が適用され、通話料が11円/30秒から8.8円/30秒に割引される。

その他の格安SIMでもさまざまな通話オプションが用意されていますので、毎月の通話料を少しでも安くしたい人は活用してみましょう。

節約モードの有無

「通信速度」でも目安を解説したとおり、メールやSMSの送信、Web検索やSNSの視聴を楽しむ程度なら、最大1Mbps程度の実測値で十分です。

格安SIMの中には、最大1Mbps〜3Mbps程度でデータを無制限利用できる「節約モード」や「低速プラン」「低速オプション」を用意しているところもあります。

 節約モードや低速プラン・オプションがある格安SIM一例

mineo

最大32kbps〜3Mbspでデータを使い放題できる「マイそく」プランや、最大1.5Mbspでデータを使い放題できる、マイピタプランの専用オプション「パケット放題Plus」がある。

IIJmio

専用アプリから高速データ通信をOFFにすると、通信速度が最大300kbpsに制限される代わりにデータを使い放題にできる。通常300kbpsだとメールの受信程度しか利用できませんが、IIJmioの節約モードには通信しはじめの一定量を高速通信で行える「バースト転送機能」が付いているので、節約モード時でもテキストメインのサイトなら数秒で読み込み可能。

高速通信が必要ない場合、これらのモードやプランを活用できる格安SIMを選択すれば基本プランのデータ容量を少量にしても速度制限に悩まされるリスクが減るため、おすすめです。

カウントフリーオプション

いくつかの格安SIMでは、オプションやプランとして、SNSなどの特定のサービスの通信量が無料となるような、カウントフリーが利用できます。

代表的なのが、BIGLOBEモバイルの「エンタメフリー・オプション」です。

こちらのオプションを契約すれば、YouTube、Google Play Music、Apple Music、AbemaTV、Spotify、AWAなどのエンタメコンテンツを何時間楽しんでもデータが消費されません。ll

自分の利用用途を考えて、このようなオプションを上手く活用していくことで、月々の料金をより節約することができます。

【補足】格安SIM選びで失敗しないためのデータ通信専用プランでお試し

いきなり格安SIMを本契約するのが不安という方は、データ通信専用プランを契約し、使用感を試してみましょう

データ専用プランは音声通話プランより月額料金が安いので、利用したいコンテンツを快適に楽しめるかチェックするのに最適です。

TOKAIの格安SIM / 格安スマホ
LIBMO

libmo

■ 生活応援キャンペーン

LIBMOの支払いに利用できるポイントが最大15,840ポイント還元

■ 端末割引プログラム(WiFiルーター専用)

端末料金が実質0円
最大実質13,200円(550円×24ヵ月)割引

5〜6GBの格安SIMはどんな人におすすめ?

黒いスマートフォンを操作する男性

5~6GBの通信量はWebサイトのページ数でいうと約5,000ページ分の閲覧、YouTubeの動画だと480pで約12時間再生できる容量です。

そのため、5〜6GBの格安SIMは、以下の人におすすめといえます。

5~6GBの格安SIMがおすすめの人

  • 用途はSNSやメール、LINE通話、Webサイトの閲覧がメインの人
  • 動画や音楽ストリーミングは時々楽しみたい人

多くの人が月5〜6GBの容量を使いきることはないといわれているので、常に動画を見たい場合を除き、格安SIMでは5〜6GBのプランで契約するのがおすすめです。

ただし、格安SIMはサービスによって同容量でも料金や通信速度、通話オプションの内容などが異なります。

5〜6GBの格安SIMの選び方】を参考に、自分にとって使いやすい格安SIMを選びましょう。

5~6GBの格安SIMに関するよくある質問

Q&Aと書かれた積み木とピンクの壁

最後に、5〜6GBのデータ容量を契約できる格安SIMに関する質問へ、まとめて回答していきます。

少しでも疑問がある人は、ここで疑問点をすべて解決しておきましょう。

5~6GBの格安SIMに関するよくある質問

※クリックすると該当箇所に移動します

Q. 月5GBで何ができる?

A. 月5GBのデータ容量があれば、以下のことができます。

月5GBでできること

※横にスクロールできます。

コンテンツ できる時間
動画視聴 低画質 約14時間20分
標準画質 約5時間
LINEやSkypeなどの通話アプリ アプリ通話 約275時間
テレビ電話 約15時間
メール受信(3MB程度の写真添付) 約1,600通
地図アプリのナビ機能 10分×7,000回以上
Twitter 20時間
インスタグラム 約5.5時間

動画は標準画質だと約5時間しか楽しめませんが、低画質にすれば約14時間20分も楽しめます。

そのため、月5GBの格安SIMで動画を思いっきり楽しみたい人は、画質を落としてください。

もし画質を落とさず動画を楽しみたいのであれば、YouTubeなどの動画配信サービスをカウントフリーで楽しめる「BIGLOBEモバイル」の利用がおすすめです。

BIGLOBEモバイルなら、月5GBのプランでも速度制限を気にせず、動画も高画質で楽しめますよ。

Q. スマホユーザーの平均利用量は?

A. スマホユーザーの平均利用量は10.09GBです。

MM総研が2023年1月に行った調査[]によると、スマホユーザーの平均データ利用量は10.09GBでした。しかし、全体の54.8%は3GB以下で足りているという調査結果が出ているので、5GBでも十分足りる可能性はあります。

「月5GBで何ができる?」の解説を参考に、自分は本当に5GBのデータ容量で足りるか再確認してみましょう。

携帯電話の月額利用料金とサービス利用実態(2023年1月調査)|MM総研

Q. 自分のデータ使用量の確認方法は?

A. 自分のデータ使用量は、契約中のスマホキャリアや格安SIMのマイページで確認できます。

現在契約中のスマホキャリアや格安SIMのマイページにログインすると、今月だけでなく、過去のデータ使用量もまとめて確認できます。

月5GBの範囲で格安SIMの契約を検討している人は、これまでのデータ使用量が5GB以下で収まっているかチェックしてみましょう。

5GBを超える月が多い場合は、よく利用するコンテンツをカウントフリーにできる格安SIMを選んだり、6GBを利用できる格安SIMを選んだりしてみましょう。

今月の格安SIMおすすめキャンペーン情報

格安SIMのキャンペーン比較!

格安SIMで開催中のキャンペーンをご紹介します。

端末をお得に購入できるキャンペーンや、1円スマホのキャンペーンなど、現在実施中のおトク情報を紹介していきます。

2024年5月の情報です。最新のキャンペーン情報は、公式サイトにてご確認ください。

端末もSIMもおトク!UQモバイルのキャンペーン

UQモバイル

UQ mobile オンラインショップ限定 スペシャルセール

UQモバイルキャンペーン1

対象機種への機種変更・対象プランのご利用・故障紛失サポート(有料)加入で、機種代金から最大22,000円割引します。

【対象機種】

・BASIO active2
・AQUOS sense8
・Xiaomi 13T
・Galaxy A23 5G
・Redmi 12 5G

【対象】UQモバイルユーザー

【期間】2023/12/26~未定

UQ mobile オンラインショップ限定 au PAY 残高還元

UQモバイルキャンペーン2

条件を満たすと、最大10,000円相当(不課税)をau PAY 残高に還元します。

【還元額】

[3,000円]新規申込

[6,000円]他社から乗り換え

[10,000円]他社から乗り換え+増量オプションⅡ加入

【対象】SIMカードまたはeSIMのみ契約(他社から乗り換え/新規)

【期間】2023/8/18~未定

ご利用のスマホ(他社スマホもOK!)の下取りサービス

UQモバイルキャンペーン4

スマホの下取りで端末割引や機種代金の割引や端末購入に使えるポイント還元を実施中!もちろん他社スマホもOK!
※割引・還元額は下取りに出すスマホによって変わります。

【対象】

MNP新規・UQモバイルユーザー(機種変更)

【期間】

2018/8/29~未定

お得度が高い!ワイモバイルのキャンペーン

下取りプログラム

ワイモバイルキャンペーン1

iPhone・Androidなど、お使いのスマホが下取りに出せる!
下取り条件によって、PayPayポイント還元もしくは機種代金値引きを選べます。

【対象】

他社から乗り換え・新規契約・機種変更

【期間】

2016/11/01~未定

新どこでももらえる特典

ワイモバイルキャンペーン2

PayPayユーザーは要チェック!申込日から4ヶ月後の1ヶ月間、PayPay加盟店でPayPay決済することで、PayPayポイントが最大20%付与されます。
公式サイトでクーポンを獲得し、対象プランを申し込もう!
※1つのYahoo!IDにつき、1回限り有効

【対象】他社から乗り換え・新規契約

【期間】2022/07/01~未定

データ増量無料キャンペーン3

ワイモバイルキャンペーン3

初めてデータ増量オプションを申し込むと、月額料金(550円)が6ヶ月間無料になるキャンペーン実施中!

【対象】

データ増量オプション初利用の方更

【期間】

2023/06/14~未定

まとめ

5~6GB/月で利用できるプランの月額料金は、キャリアで利用すると音声対応で大体5,000円ほど。

紹介した格安SIMであれば、2,000円前後で利用できるのでキャリアから乗り換えを検討している人に、おすすめのデータ容量プランです。

格安SIMのプランは、1GBから50GBなどの大容量プランまで幅広くラインナップされています。そのため、自分にあったプランを検討するのに一度毎月のデータ使用量を確認することをオススメします。

なお、データプランは音声通話プランより安く利用できるので、気になる格安SIMがある場合は、ひと先ずデータプランでお試し利用してから本契約するか考えてみるのもいいでしょう。

下記の表は容量別のプランと用途です。5〜6GBのSIM以外を検討している場合は参照ください。

通信容量(1ヶ月) おすすめの用途
1GB データ容量としては「1GB」と少ないですが、月額料金は各社とも最安で利用することができます。
メールやサイトの閲覧が中心であれば、問題ないデータ容量です。
3GB 格安SIMで主流となっている容量。
SNSやサイト閲覧、LINE通話(極端な長時間通話除く)などの用途であれば問題ない容量で、短時間であれば動画も見られます。
5~6GB キャリアでも取り扱っているデータ容量のため、キャリアからの乗り換えに迷った時にちょうどいいプランです。テザリングも使いたいなど、データ容量に少し不安な人にも向いています。
10GB 大容量プランを希望の方はこちら。
動画や、アプリ、ゲームなどデータ通信を多様してもたっぷりつかえて安心です。複数人とデータをシェアできるプランもあるので、利用用途が広がるプランです。
20GB 無制限ほどは使わないながらも大容量希望の方はこちら。
動画や、アプリ、ゲームなどデータ通信を多様してもたっぷり使えて安心です。
複数人とデータをシェアできるプランもあるので、利用用途が広がるプランです。
使い放題
(無制限)
月に使用するデータ容量を気にしたくない、それに伴い月額料金も気にしたくない人。毎月速度制限に引っかかってしまうという人も、LTEの高速通信が使い放題で利用することができます。

この記事の編集者

モバレコ編集者:シーモ

モバレコ編集者:シーモ

格安SIM・スマホジャンルを3年以上担当。
モバレコ編集部に着任後、ドコモ→ahamo→mineoに乗り換えるなどフットワークが自慢。
実際に選ぶ・乗り換える経験で得た目線を大事にしています。
良い所はもちろん悪い面もわかる、読んでいて納得感のある記事作りを心がけています。
推しはmineoとIIJmio。

この記事を書いた人(編集:モバレコ編集部)

プロフィール

スマホ・格安SIM、WiFi、光回線、通信、PCに関する総合情報メディア「モバレコ」の記事コンテンツの制作全般を監修しています。

「お客様一人一人に寄り添う、最高のサービス提供」のスローガンをベースに、分かりにくい格安SIM・スマホプランををより分かりやすくし毎日使うスマホ快適に使えるように、ユーザーひとりひとりの目線を持ってコンテンツ制作に日々取り組んでおります。

モバレコ編集部は、下記の運営目的・運用方針、ポリシーに沿って運営しています。

  • 正確な公式情報に則ってプラン情報、機種情報、種類の多いものを比較しユーザー一人一人に分かりやすい情報にアウトプットします。
  • 記事コンテンツに関してはユーザー目線を心掛け、客観的な立場で作成し公平な情報をお届けします。
  • スマホ・通信の「分かりにくい」を「分かりやすく」お届けし、ユーザーの疑問・不安をサポートをします。

今後も、スマホ・格安SIM、光回線・インターネットの疑問点、分かりにくいPC情報の問題解決できるようなユーザー目線に寄り添った情報サイトを目指して努めてまいります。

得意カテゴリー

スマホ・通信キャリア / インターネット・WiFi / PC

SNS

Twitter(@mobareco_jp)
https://twitter.com/mobareco_jp

Let's Share!

  • Twitter シェアアイコン
  • facebook シェアアイコン
  • はてなブックマーク シェアアイコン
  • Pocket シェアアイコン