mineo(マイネオ)の料金プランは安い? 豊富なプランの特徴・内容を徹底解説!!

書いた人: Jetstream

カテゴリ: ガイド, 格安SIM ,

タグ:mineo

ツイート このエントリーをはてなブックマークに追加
mineo(マイネオ)の料金は安い?豊富なプランの特徴・内容を徹底解説

申し込みガイドはこちら

関西電力系企業「株式会社ケイ・オプティコム」が運営する格安SIMサービス「mineo」。当初au回線を利用する唯一の格安SIMとして、2014年6月よりサービスが開始されました。

2015年9月からドコモ回線を利用したDプランも追加され、さらに2018年9月からはソフトバンク回線を利用したSプランも追加。今ではau・ドコモ・ソフトバンクの全キャリア回線を選択することができるトリプルキャリアサービスを展開しています。

mineoは、当たり前のように2年縛りや余計なオプションサービス契約を前提とし、2年目以降の料金が高くなる大手キャリアの料金体系を打破すべく、「新しいフツー」をスローガンに格安SIMや格安スマートフォンとのセット販売を行っています。

そんなトリプルキャリア対応の格安スマートフォンを好みに合わせて選択できることができる「新しいフツー」のmineoサービス内容を、今回はできるだけ詳しく解説していきます。

mineo

トリプルキャリア回線に対応で簡単乗り換え!豊富なプランとサービスで、格安SIMトップクラスの顧客満足度の高さが魅力!

目次:

mineo(マイネオ)の料金プランと注意点

mineoの基本料金プランと注意点

mineoは、au回線のAプランドコモ回線のDプランソフトバンク回線のSプランから選択することができます。用意されているデータ通信用容量(コース)はA・D・Sプラン共に同じですが、料金は若干異なります

mineoのプランは500MBから30GBまで、全6種類。20GBや30GBの大容量データ通信もバッチリ用意されています。また、mineoではデータ通信SIMを「シングルタイプ」、音声通話SIMを「デュアルタイプ」と独自の呼び方をする点も特徴です。

SMS(ショートメッセージサービス)はデュアルタイプとAプランのシングルタイプには内包されています。D・Sプランのシングルタイプのみ、有料のSMSオプションサービスとして別途用意されています。

逆にAプランはSMSが付帯しないデータ通信のみのプランは用意されていません。

このほか、mineoでは余ったデータ容量が翌月に繰り越されるデータ繰り越しも、全プラン標準搭載です。

●Aプラン

基本データ容量(コース) シングルタイプ
(SMSオプション内包)
デュアルタイプ
500MB 700円 1,310円
3GB 900円 1,510円
6GB 1,580円 2,190円
10GB 2,520円 3,130円
20GB 3,980円 4,590円
30GB 5,900円 6,510円

●Dプラン

基本データ容量(コース) シングルタイプ
(SMSオプション別)
デュアルタイプ
500MB 700円 1,400円
3GB 900円 1,600円
6GB 1,580円 2,280円
10GB 2,520円 3,220円
20GB 3,980円 4,680円
30GB 5,900円 6,600円

●Sプラン

基本データ容量(コース) シングルタイプ
(SMSオプション別)
デュアルタイプ
500MB 790円 1,750円
3GB 990円 1,950円
6GB 1,670円 2,630円
10GB 2,610円 3,570円
20GB 4,070円 5,030円
30GB 5,990円 6,950円

AプランとDプランのシングルタイプは同じ料金になっていますが、前途の通りSMSオプションの有無に差があります。またデュアルタイプでは、Aプランの方がDプランよりも90円安い点が特徴です。

Sプランは、A・Dプラン、いずれのシングル・デュアルタイプよりも料金が高く設定されています。

Aプランでは、LTE回線を利用する高品質通話「au VoLTE」に対応するSIMか非対応SIMに分かれていたり、スマートフォン側でもau VoLTE SIMの対応有無が分かれているなど、初心者には難しい仕様となっています。

また、シングルプランを契約するにしても、SIMを挿すスマートフォンがau VoLTE SIMしか対応していない場合、通話の有無にかかわらずau VoLTE SIMでないと利用できないなどのややこしさも注意が必要。

ほかにも、auのスマートフォンでmineoのVoLTE SIMを利用する場合、SIMロックの解除が必要といった注意点もあります。

このへんはかなりややこしい仕様となっているので、Aプランを契約するにあたっては特に、mineoがホームページで公開している動作確認端末一覧を必ず事前に確認するようにしてください。

SIMカード種別を特に注意
SIMカード種別を特に注意

ちなみにAプランをiPhoneや iPadで利用する場合、au VoLTE対応SIMでなければテザリングを利用することができない点も要注意です。またAプランのみ直近3日間に6GB以上のデータ通信を利用した場合、通信速度が200kbpsに終日制限される場合があります。

このほか各コースのデータ容量を超過した場合、通信速度は200kbpsに制限されますが、追加でデータ容量を購入して通信料をチャージできるパケットチャージも用意されています。
パケットチャージの料金は100MBごとに150円です。

手続きに必要な各種事務手数料

mineoを契約するにあたって、毎月の基本料金のほかにも、事務手数料やSIMカード発行手数料など、各種事務手数料も発生します。この部分もしっかりと押さえておいてください。

mineoでは特に、シングルタイプはもちろん、デュアルタイプでも最低利用期間が設定されていないため、解約時に無駄な解約金が発生しない点が利点。

ただし、デュアルタイプで行うことができるMNP転出ではMNP転出手数料が発生します。またMNP転出手数料は利用期間が12カ月以内か以上かで変わります。

事務手数料 SIMカード発行手数料
新規契約 3,000円 Aプラン 230円
Dプラン 341円
Sプラン 337円
プラン変更 2,000円 A→D:341円
A→S:337円
D→A 230円
D→S 337円
S→A 230円
S→D 341円
タイプ変更
(シングル↔デュアル)
2,000円 Aプラン 230円
Dプラン 341円
Sプラン 337円
コース変更
(同一プランとタイプの場合)
無料 無料
SIMカード変更 or 再発行 2,000円 Aプラン 230円
Dプラン 341円
Sプラン 337円
名義変更 3,000円 ※家族間は無料
MNP転出 12カ月以内 11,500円
13カ月以上 2,000円
解約

例えば、新規でAプランを契約する場合、事務手数料3,000円とSIMカード発行手数料406円の計3,406円(税抜き)が最初に掛かります。

mineoのおすすめコースはどれ?

mineoのおすすめコースはどれ?

mineoは500MBの小容量から30GBの大容量のデータ通信コースが用意されているので、どれにすればいいか迷ってしまいがちですが、おすすめは3GBか6GBです

500MBから3GBはまではたった100円ごとの増量となるので、正直500MBも3GBほぼ変わらない料金で利用することができます。だったら3GBにすべき。また3GBでは少ないという方であれば、6GBを選択して様子を見るといいでしょう。ごく一般的にメールやLINE、ブラウジングをする程度であれば、まず6GB以内で収まるはずです。

そしてmineoではコース変更を無料で行うことができるので、選択したコースでは多かったり少なかったりする場合、マイページから簡単に変更することができます。

ただし、コース変更が適用されるのは翌月からとなるので注意してください。

>>>mineoのプランはこちら

音声通話料と各種オプションサービスを解説

音声通話料とオプションサービス

mineoは通話定額オプションはもちろんのこと、セキュリティオプションやジュニア、シニア向けオプションも豊富に用意されている点が特徴です。

2017年12月1日から提供が開始された、留守電メッセージをテキストで読める「スマート留守電」もmineoの特徴的なオプションサービスです。まずは音声通話SIMのデュアルを選択した場合の通話料金や、SMSの料金から確認しておきましょう

音声通話料とSMS

音声通話料とSMS

デュアルタイプの音声通話料とSMS利用料金は以下。A・D・Sプランで共通しています。

国内音声通話料 30秒20円
mineoでんわ国内通話料 30秒10円
SMSオプション
(D・Sプラン シングルタイプのみ)
月々120円
SMS送信(国内) 3~30円
SMS受信(国内) 無料

mineo電話は専用アプリ「mineoでんわ」から電話を掛けるか、プレフィックス番号「0063」を電話番号の頭につけて電話を掛けることで、自動で通話料金が通常の半額となるお得なサービスです。

mineoでんわの利用料なども特にないので、デュアルタイプで電話を掛ける時はmineoでんわアプリを利用する方が断然お得。mineoでんわアプリはiOSとAndroid共にアプリストアで配信されています。

ただしmineoでんわを利用した通話ではVoLTE通話は利用できず、通常通話品質の3G通話となるのでご注意ください。

定額通話オプション

mineoでは国内通話がお得になる定額通話オプションも用意されています。

10分かけ放題(mineoでんわ)
10分以内の通話料が回数無制限で無料
月々850円
通話定額30
最大30分までの通話料が定額
月々840円(通常より360円お得)
通話定額60
最大60分までの通話料が定額
月々1,680円(通常より720円お得)

ここで注意しなければいけないのは、10分かけ放題はmineoでんわアプリを利用するオプションとなっていますが、通話定額30と通話定額60は通常の電話アプリを利用するオプションとなる点。同じ通話定額オプションでありながら、利用シチュエーションが異なるので注意してください。

定額通話オプション

通話関連のオプションサービスも豊富に用意されています。

スマート留守電(2017年12月1日提供開始)
留守番電話をテキスト化してくれるサービス
月々290円
※初回2カ月は無料
・三者通話サービス
3人同時に通話ができるサービス
月々200円
※一部機種では利用不可
迷惑電話撃退サービス 月々100円
着信転送サービス 無料
割り込み通話サービス 無料
※au VoLTE SIMは利用不可
番号通知リクエストサービス 無料
ボイスメール 無料

050IP電話サービス

050IP電話サービス

ケイ・オプティコムのIP電話サービス「LaLa Call」をお得に利用できる点もmineoの特徴。シングルタイプ契約時でもLaLa Callを契約すれば、050番号のIP電話サービスで音声通話を利用することができます。

LaLa Call 月々100円

LaLa Callの通話料はケータイか固定電話かによって異なります。LaLa Call同士の通話は無料で、更に月額のオプション料金(100円)に月100円分の通話料が内包されているので、100円分は無料で通話可能です。

LaLa Call同士 無料
ケータイ宛 30秒8円
固定電話宛 3分8円

ジュニア・シニア向けサービス

mineoのお子様向けサービス「ジュニアパック」と高齢者向けサービス「シニアパック」は、セキュリティ対策や学習、スマートフォンの操作の上達に役立つ 11 個のアプリを月定額で利用できるオプションサービスです。

初回2カ月無料となる点が利点ですが、Android向けのサービスとなるのでiOSでは利用できません。

ジュニアパック 月々200円
シニアパック 月々200円

メールサービスとパケットシェア

mineoを契約するとメールサービス(@mineo.jp)が利用できるようになります。メールサービスのメールボックス基本容量は200MBですが、マイページから申請することで5GBまで無料で追加することが可能。

またメールの基本保存期間は受信から60日なのですが、こちらも申請することで無制限にすることができます。

メールアドレス(@mineo.jp) 無料
基本容量は200MB
保存期間60日
メールボックス容量追加 無料
5GBまで増量可能
保存期間無制限

mineoは余ったデータ容量を他人にシェアできるサービスが用意されています。このサービスもmineoの特徴です。そして全て無料で利用可能。

メールサービスとパケットシェア
フリータンク
パケット貯蔵庫に余ったデータ容量を寄付して助け合えるサービス
無料
※マイネ王へのご登録とeoID連携が必要
パケットギフト
他のmineoユーザーにデータ容量をプレゼントできるサービス
無料
パケットシェア
事前に登録した最大5回線までとデータ容量をシェアできるサービス
無料

割引サービス

mineoでは家族で回線を契約している場合の割引サービス「家族割引」と、一人で複数回線契約している場合の割引サービス「複数回線割引」が用意されています。

どちらも各回線ごとに50円割引です。

mineoの割引サービス
mineoの割引サービス

データ容量がカウントされないmineoスイッチ

mineoで特徴的なのが、データ通信速度を最大200kbpsの低速にする代わりに、データ通信使用量がカウントされなくなる「mineoスイッチ」が用意されている点です。

mineoスイッチはAndroidとiOS向けにアプリストアで配信されている同名の専用アプリをインストールするか、マイページにアクセスして簡単にON/OFFを切り替えることができます。

mineoスイッチ
mineoスイッチ

mineoスイッチをONにして最大速度200kbpsにしたとしても、LINEによるメッセージのやりとりやTwitterやFacebookの回覧などは行うことができるので、覚えておくと便利です。

またmineoスイッチは手動でのON/OFFのほか、曜日や時間を区切っての細かなタイマー設定を行うことも可能です。タイマーを上手く活用して活動時間外はmineoスイッチを自動ONにするようにしておくことで、賢くデータ節約を行うことができます

まとめ:mineoなら自分にマッチしたプランとオプションが選べる!

新しいフツー
新しいフツー

●mineoのおすすめポイント

・mineoはau回線(Aプラン)ドコモ回線(Dプラン)ソフトバンク回線(Sプラン)トリプルキャリア対応で、格安SIM初心者にも選びやすい
・低容量~大容量のプランを用意し、毎月安く抑えられてヘビーユーザーにも安心
・通話プランでも解約金が掛からないので格安SIMが不安でも気軽にプランを組みやすい
・初心者でもユーザー同士が交流できる「マイネ王」があり、困った時でも共有できて安心
・自分にあったプランとオプションを選ぶことができ、毎月のスマホ代も下げたい人

mineoの料金やオプションサービス、機能について解説しました。mineoの料金プランは豊富に用意されている一方で、内容はシンプルで選びやすくなっています。オプションサーヒスも、無料・有料とありますがどれも便利でわかりやすく分かれています。

3年目以降も同じ格安料金のままで継続して運用することができる点や、デュアルプランでも解約時に解約金が掛からない点も、「新しいフツー」なmineoの特徴です。

つまりmineoは格安SIMビギナーでも気軽に導入できるので、特にビギナーにおすすめ。au回線のAプラン、ドコモ回線のDプラン、ソフトバンク回線のSプランの全キャリア回線から選ぶことができるので、元々au・ドコモ・ソフトバンクのどのユーザーでも、乗り換える先として選択もしやすくなっています。

またmineoはデータ通信をほかのユーザーと分け合えたり、ユーザー同士が交流できるコミュニティサイト「マイネ王」で“困った”を気軽に相談できたりと、ユーザー同士でフォローしあうことができる独自のサービスを展開している点も、ビギナーにとっては特に安心できる点でしょう。

もちろんメインのスマートフォンは大手キャリアで運用しつつ、サブで持つスマートフォンを格安SIMで運用したい、と思っている方にも、安価に運用できるmineoはおすすめです。
格安な大容量コースも用意されているので、ヘビーユーザーも利用しやすいはず

自分に合ったオプションも選択でき、それでいて毎月のケータイ料金を大幅に安く収めることができる点はmineoの大きな利点でしょう。

mineoのプランはこちら

mineo

●mineoのプランの見方

  • デュアルタイプ……音声通話付きプラン
  • シングルタイプ……データ通信専用プラン
  • Dプラン……ドコモ回線を使用したプラン(ドコモ端末などに対応)
  • Aプラン……au回線を使用したプラン(au端末などに対応)
  • Sプラン……ソフトバンク回線を使用したプラン(ソフトバンク端末などに対応)

●データ通信専用(Dプラン:ドコモを利用していた方向け)

プラン名 データ通信量 月額料金
シングルタイプ 500MB 500MB 700円
シングルタイプ 3GB 3GB 900円
シングルタイプ 6GB 6GB 1,580円
シングルタイプ 10GB 10GB 2,520円
シングルタイプ 20GB 20GB 3,980円
シングルタイプ 30GB 30GB 5,900円

●音声通話機能付き(Dプラン:ドコモを利用していた方向け)

プラン名 データ通信量 月額料金
デュアルタイプ 500MB 500MB 1,310円
デュアルタイプ 3GB 3GB 1,510円
デュアルタイプ 6GB 6GB 2,190円
デュアルタイプ 10GB 10GB 3,130円
デュアルタイプ 20GB 20GB 4,680円
デュアルタイプ 30GB 30GB 6,600円

●データ通信専用(Aプラン:auを利用していた方向け)

プラン名 データ通信量 月額料金
シングルタイプ 500MB 500MB 700円
シングルタイプ 3GB 3GB 900円
シングルタイプ 6GB 6GB 1,580円
シングルタイプ 10GB 10GB 2,520円
シングルタイプ 20GB 20GB 3,980円
シングルタイプ 30GB 30GB 5,900円

●音声通話機能付き(Aプラン:auを利用していた方向け)

プラン名 データ通信量 月額料金
デュアルタイプ 500MB 500MB 1,310円
デュアルタイプ 3GB 3GB 1,510円
デュアルタイプ 6GB 6GB 2,190円
デュアルタイプ 10GB 10GB 3,130円
デュアルタイプ 20GB 20GB 4,590円
デュアルタイプ 30GB 30GB 6,510円

●データ通信専用(Sプラン:ソフトバンクを利用していた方向け)

プラン名 データ通信量 月額料金
シングルタイプ 500MB 500MB 790円
シングルタイプ 3GB 3GB 990円
シングルタイプ 6GB 6GB 1,670円
シングルタイプ 10GB 10GB 2,610円
シングルタイプ 20GB 20GB 4,070円
シングルタイプ 30GB 30GB 5,990円

●音声通話機能付き(Sプラン:ソフトバンクを利用していた方向け)

プラン名 データ通信量 月額料金
デュアルタイプ 500MB 500MB 1,750円
デュアルタイプ 3GB 3GB 1,950円
デュアルタイプ 6GB 6GB 2,630円
デュアルタイプ 10GB 10GB 3,570円
デュアルタイプ 20GB 20GB 5,030円
デュアルタイプ 30GB 30GB 6,950円

mineo

トリプルキャリア回線に対応で簡単乗り換え!豊富なプランとサービスで、格安SIMトップクラスの顧客満足度の高さが魅力!

申し込みガイドはこちら

こちらの記事はいかがでしたか?

お役に立ちましたか?

送信する

もしよろしければお友達に
ご紹介お願いします!

  • ツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

特集コンテンツ

d-card

この記事を書いた人(編集:モバレコ編集部)

国内外のガジェット情報や、移住して住んでいる沖縄での出来事を発信する個人ブログ「Jetstream BLOG」を運営している石井です。Twitter:@j_jetstream