mineo(マイネオ)の申し込み手順から開通の方法を完全ガイド!

書いた人: NINO

カテゴリ: mineo

ツイート このエントリーをはてなブックマークに追加
mineo(マイネオ)の申し込み手順から開通の方法を完全ガイド!

申し込みガイドはこちら

mineo(マイネオ)は、ドコモ・au・ソフトバンク回線のトリプルキャリア対応が特徴的な他、パケット関連サービスも充実している点で顧客満足度が高いと定評がある格安SIMです。

格安SIMはキャリアのように全国各地に実店舗を構えていることが少なく、基本的にはオンラインで申し込みをすることになります。

初めての申し込みで不安だという方の為にも、mineoを申し込む前に確認しておくべきことから、実際の申し込み手順を徹底ガイドします。また、耳寄り情報として初期費用がお得になるエントリーコードについてもご紹介しているのでぜひチェックしておきましょう。

1. 申し込み前の準備
(電話番号を引き継ぐ場合MNP予約番号の取得が必要)

2. mineoの申し込み

3. SIMカードの受取~設定

開通!

mineo

トリプルキャリア回線に対応で簡単乗り換え!豊富なプランとサービスで、格安SIMトップクラスの顧客満足度の高さが魅力!

目次:

mineo(マイネオ)への申し込み前に準備・確認しておくこと・もの

mineo(マイネオ)への申し込み前に準備・確認しておくこと・もの

mineoに申し込みを行う前にいくつか事前に確認しておくことや準備をしないといけないものがあります。これらをおさえておけば失敗せずに非常にスムーズに申し込みができます。

実際に申し込みする際の手順に沿って案内していきますので、必ず確認しておきましょう。

①:端末の動作確認をチェックする

現在使用している端末に、mineoのSIMを挿入して継続して使用したい場合、利用予定端末がmineoに対応しているかどうかを事前に確認する必要があります。ドコモ回線を使用したDプラン、au回線を使用したAプラン、ソフトバンク回線を使用したSプランがあるので、使用したい回線プランの端末対応状況を確認しましょう。

動作確認済み端末検索 | mineo(マイネオ)

キャリアで購入した端末を継続利用したい場合は、購入元のキャリアと別キャリア回線を使ったプランを選ぶ場合、基本的にはSIMロック解除が必要となるので、購入元のキャリアと同じ回線を使用したプランを選択することをおすすめします。

SIMロック解除が必要な場合はできる端末や適用条件は各キャリアの公式サイトから確認して下さい。

ただし、mineoで取り扱っている端末とセット契約をする場合は、特に確認する必要はありません。購入後、SIMカードを挿入して開通設定をすればすぐに使用できます。

②:キャンペーン状況・内容をチェックする

mineoではあらゆるキャンペーンを随時展開しています。

条件さえマッチしていれば少しでもお得に契約できるかもしれません。現在展開中のキャンペーン内容と適用条件だけでもあらかじめ目を通しておくようにしましょう。

③:本人確認証明書類・クレジットカードを準備する

mineoでの申し込み時にはクレジットカード、本人確認書類が必要になります。全プラン共通で申し込むタイプによって必要なものが異なります。

回線 タイプ クレジット
カード
本人確認書類
Dプラン
(ドコモ)
シングルタイプ
(データ通信のみ)
デュアルタイプ
(データ通信+090音声通話)
Aプラン
(au)
シングルタイプ
(データ通信のみ)
デュアルタイプ
(データ通信+090音声通話)
Sプラン
(ソフトバンク)
シングルタイプ
(データ通信のみ)
デュアルタイプ
(データ通信+090音声通話)

mineoでの通信料金は、原則クレジットカードのみ取扱いとなっています。よって、通信料金の支払いをするには、契約者本人名義のクレジットカードが必要です。

例外的に、mineoを運営するケイ・オプティコムのインターネットサービス「eo光ネット」で口座振替払いを指定している場合のみ、口座振替での支払いが可能です。

また、データ専用プラン(シングルタイプ)であれば本人確認証明書類は必要ありません。

mineoで使用できるクレジットカードのブランドは、以下のとおりです。

【mineoで使用可能なクレジットカード一覧】
・VISA
・Master
・セディナ(OMC)
・セディナ(CF)
・イオンクレジットサービス
・セゾンカード
・NICOS
・オリコ
・MUFG(UFJ)カード
・ユーシーカード
・ジャックス
・ライフカード
・TS CUBIC CARD(TS3)
・楽天カード・KCカード
・ケイハンカード
・アプラス
・ダイナースクラブカード
・アメリカン・エキスプレス

デビットカードやプリペイドタイプのカードでは対応していないものもあるので、クレジットカードを利用しましょう。

本人確認書類については、音声通話付きSIMであるデュアルプランの申し込み、あるいはmineo端末を割賦販売で購入する場合に必要です。

必要な書類は下記のとおり。

【必要な本人確認書類】
・運転免許証
・パスポート
・被保険者証(健康保険証、国家公務員・地方公務員共済組合員証、私立学校教職員共済加入者証)
・顔写真付き住民基本台帳カード
・共済組合員証
・在留カード
・外国人登録証明書
・特別永住者証明書
・身体障害者手帳
・個人番号カード(表面のデータのみアップロードでOK)

【本人確認書類の記載住所が変更になっている場合の補助書類】
・公共料金領収書
・届出避難場所証明書
(発行から3ヶ月以内で現住所の記載のあるもの)

提出時は申し込み画面で本人確認書類をデータ化したものをアップロードする方法で行います。

スムーズに申し込みを進めるために、あらかじめスマホのカメラで撮影するなどしてデータ化しておくことをオススメします。

④:電話番号の引き継ぎにはMNP予約番号が必要

電話番号の引き継ぎにはMNP予約番号が必要

mineoへ移行する前の通信キャリアで使用していた電話番号を、そのまま同じ番号で使用したい場合はMNP予約番号が必要です。

データ通信+090音声通話付きのデュアルプランに申し込みたい場合で、電話番号を引き継ぎたい場合がこれに該当します。データ通信専用プランであるシングルタイプへ申し込みの場合は必要ありません。

MNP予約番号は移行前の通信キャリアに申し込むことによって発行してもらえます。通信キャリアによってその手数料や発行手順が異なるので、事前に必要な手続きをとっておきましょう。

⑤:エントリーコードを使って初期費用を無料にしよう!

mineoに新規で申し込む場合、新規契約手数料として通常3,000円が必要です。しかし、エントリーコードを持っている場合、この初期費用3,000円が無料となり大変お得になります。

エントリーコードが書かれたエントリーパッケージは、AmazonやeoショッピングモールといったオンラインECサイトやヨドバシカメラ店頭などで購入することが可能です。

エントリーパッケージが購入できる主な場所は以下のとおり。

  • Amazon
  • eoショッピングモール
  • 楽天市場
  • mineoショップ
  • ヨドバシカメラ
  • Joshin Web
  • EDIONネットショップ

パッケージの購入金額はもちろん必要ですが、エントリーコード適用で初期費用が不要となるためその分お得になります。

また、不定期に開催されるmineoの紹介キャンペーンなどでもエントリーコードは入手できるので、周りにmineoユーザーが入ればラッキー。すでにmineoを利用しているユーザーに配布されることもあるので、知人・友人で余っている人がいないか、また申し込む際には該当するキャンペーンがあるかチェックしてみるのもいいでしょう。

エントリーパッケージを購入してエントリーコードを入力するという手順を1つ加えるだけでお得になるので、ぜひともエントリーコード利用をオススメします。

mineo(マイネオ)のWebサイトでの申し込み手順

mineoに申し込む方法は2通り。Webあるいは店頭で申し込むことができます。mineoのWeb申し込みは、インターネットに接続できる環境であればパソコンやスマホからいつどもどこでも簡単に申し込みすることができます。

取り扱い店舗にわざわざ行く必要もないので、もちろん待ち時間もありません。mineoを申し込む際はWebからの手続きが便利なのでオススメです。

ここからはWebでの申し込み手順を解説します。

※ここでは端末が手元にある状態を想定し、SIMカードのみ申し込む場合を解説しています

まずは、下記のリンクをタップして、mineo公式ページのトップページ右上の「お申し込みはこちら!」というボタンをタップし、続いて、「お申し込みの流れ」ページにある「今すぐWebで申し込む」をタップします。

mineo公式はこちら

申し込み手続き画面。mineoトップページから申し込み
トップページ右上の「お申し込みはこちら!」から
「お申し込みの流れ」ページにある「今すぐWebで申し込む」をタップ

サービスを選択する

これより先、各サービスメニューを選択していきます。

端末購入有無の選択

今回の例では手元の端末にSIMを挿入して使用する場合を想定しているため、「端末を購入しない」にチェックを入れています。

mineo端末を同時に購入したい場合は「端末を購入する」にチェックを入れましょう。

端末購入の選択
端末購入の選択

通信プラン、タイプの選択

ソフトバンク回線を使用したい場合はSプラン、au回線を使用したい場合はAプラン、ドコモ回線を使用したい場合はDプランを選択します。

データ通信に加え音声通話付きSIMを利用する場合はデュアルタイプ、データ通信のみの場合はシングルタイプを選択しましょう。音声通話付きSIMでMNP移行したい場合は、必然とデュアルタイプの選択になります。

プラン・タイプの選択
プラン・タイプの選択

データ容量の選択

データ容量の選択
データ容量の選択

自分自身の使い方にあった月間データ容量を選択します。500MB・3GB・6GB・10GBの5種類から好きなもの選択できます。

少ないものを選択しデータ容量を使い切ってしまうと追加購入等が必要になりますが、余る分には翌月に繰り越すこともできるので、少し多めに見積もっておいたほうが無難です。

「適切なデータ容量がどの程度かわからない」という人は以下記事を参考にしてください。

通話定額の選択
通話定額の選択

音声通話付きSIMの場合は、通話定額オプションを選ぶこともできます。10分かけ放題、30分間無料の「通話定額30」、60分間無料の「通話定額60」があります。携帯番号を使った通話が多い人は、通話定額を選んでおいた方が通話料がお得になります。

SIMカード形状の選択

標準SIM・microSIM・nanoSIMの3種類から端末に合ったSIMカードの形状を選択し「次へ進む」をタップします。
au VoLTE端末を利用している場合はau VoLTE対応SIMを選択します(Aプランの場合)。

SIMカード形状の選択
SIMカード形状の選択

使用中の端末のSIMサイズがわからない場合は、「mineo対応SIMサイズ診断」をタップし、手持ちの端末のSIMサイズを調べましょう。

オプションの申し込み

端末の保証サービス、バックアップ、留守番電話サービスなど各種オプションの選択をここで行います。

オプションの申し込み
オプションの申し込み

データ通信のみのシングルタイプの場合、SMSオプションを申し込むことができます。SMSは各種サービスを利用していく上で便利なメリットが多いので、SMSオプション付きにすることをオススメします。

デュアルタイプの場合はSMSオプション付きなので選択の必要は特にありません。

エントリーコードを登録する

前述の「エントリーコード」は、初期手数料がお得になるのでぜひとも入手しておきたいところ。エントリーコードは、エントリーパッケージ裏面に英字4桁+数字12桁で合計16桁で書かれています。

エントリーコードを使用する場合は、「エントリーコードでお申し込み」を選択し、エントリーコードを使用しない場合は「通常のお申し込み」をクリックして進めていきます。

エントリーコードの選択
エントリーコードの選択

「エントリーコードでお申し込み」を選択すると、エントリーコードの入力窓が出るので、間違いの無いよう入力を行います。
入力が完了したら「次に進む」をタップします。

注意点として、10回入力を間違えると入力ができなくなります。ゆっくりでいいので、よく確認しながら入力しましょう。

契約者情報を入力し、支払い方法を選択する

MNPの申し込み(デュアルプランの場合)

デュアルプランを申し込む際、MNPを利用して申し込む場合は、「MNPする」にチェックを入れます(利用しない場合は「MNPしない(新しい番号を利用する)」にチェック)。

MNPの利用
MNPの利用

MNP予約番号・現在使用している電話番号・予約番号の有効期限を入力します。

MNP情報の入力
MNP情報の入力

契約者情報の入力

氏名・性別・生年月日・住所・電話番号・連絡先メールアドレス・eoID(mineo会員サイト)の設定などの個人情報を入力していきます。

契約者情報の入力
契約者情報の入力

メールの配信設定を選択し、「次へ進む」をタップします。

支払い方法の入力

mineoでは原則的に本人名義のクレジットカードのみ取扱いとなっています。事前に用意しておいたクレジットカード情報を入力しましょう。

クレジットカード情報の入力
クレジットカード情報の入力

本人確認書類のアップロード

090音声通話付きSIMであるデュアルタイプもしくはmineo端末の割賦販売を申し込む場合は、本人確認書類のアップロードが必要になります。事前に準備しておいた本人確認書類のデータをアップロードしましょう。

アップロードしたら「次へ進む」をタップします。

本人確認書類のアップロード
本人確認書類のアップロード

mineo規約の確認

最後にmineo規約の確認です。規約を全て確認したら「同意する」にチェックを入れます。

規約確認
規約確認

規約確認後、これまで入力した項目の確認に移ります。入力した内容が間違いないかどうかよくチェックしましょう。
問題ないようであればページ一番下にある「申し込みを確定する」をタップします。

申し込み内容の確認
申し込み内容の確認

仮申込み~申し込み完了

確定すると仮申し込みの受付が完了します。後ほど指定したメールアドレスにメールが送られてきます。

仮申し込み受付
仮申し込み受付

仮申し込み完了後、少しすると指定したメールアドレスに「【mineo】サービス仮申し込みのお知らせ」というメールを受信します。受信したら本文内にある「お申し込み完了手続きURL」をタップしましょう。

仮申し込み受付完了メール
仮申し込み受付完了メール

mineo公式ページに移り、「mineoサービスのお申し込みを受け付けました」となります。これでmineoの申し込みは全て完了です。

mineoの申し込みが完了
mineoの申し込みが完了

SIMカードの受け取り~初期設定~開通までの流れ

申し込みが完了すると、1週間程度でSIMカード一式が届きます。SIMカードが届くまでしばらく待ちましょう。早い場合、3日ほど到着する場合もあります。

ただし、SIMカード到着後にSIMカードを端末へ挿入してもすぐには使えません。iOS端末・Android端末それぞれに対応したAPN設定と呼ばれる初期設定が必要となります。設定方法の詳細は以下記事を参考にしてください。

また、MNPをする場合に限り、それと同時に回線の切り替え手続きが必要です。申し込み完了後のSIMカード到着時点では、まだ乗り換え前の契約は継続している状態です。

回線切り替え手続きを完了した時点で初めて、それぞれの契約が切り替わります。(乗り換え前の契約は自動解約となる。)

SIMロック解除の手続き | お客様サポート | NTTドコモ

mineo(マイネオ)の店頭での申し込み方法

mineo直営のmineoショップや一部の家電量販店では、店頭でmineoへ申し込むことができます。
店頭申し込みのメリットとしては、即日でSIMを発行してもらえること、わからないことがあれば対面で質問できることが挙げられます。

直ぐに手元にSIMが欲しい場合や、詳細がよくわからなく納得がいくまで質問したいという初心者の人にはオススメな方法です。
用意するものはWebでの申し込みと同じく、クレジットカード・本人確認書類・MNP予約番号(利用する場合のみ)が必要です。

店頭申し込みでの注意事項ですが、混雑状況によっては即日で発行できない場合もあるので、事前に店舗へ状況確認しておくことをオススメします。

mineoショップでは来店予約もできるので合わせて活用しましょう。

店舗検索 | mineo(マイネオ)

まとめ:いつでもカンタンにできるWeb申し込みがオススメ!

mineoの申し込み方法として、Webでの申し込み方法と店頭での申し込み方法を解説しました。
オススメはいつでもどこでも申し込みできるWebを利用した方法です。

プランの詳細をよく確認し、検討した上で申し込むとスムーズに進むので、事前に料金プランやオプションなどmineoについても調べておくことをオススメします!

mineoの料金プランはこちら

mineo

【シングルタイプ(データ通信のみ)】

データ通信容量 Sプラン Dプラン Aプラン
500MB 790円 700円 700円
3GB 990円 900円 900円
6GB 1,670円 1,580円 1,580円
10GB 2,610円 2,520円 2,520円
20GB 4,070円 3,980円 3,980円
30GB 5,990円 5,900円 5,900円

【デュアルタイプ(データ通信+音声通話)】

データ通信容量 Sプラン Dプラン Aプラン
500MB 1, 750円 1,400円 1,310円
3GB 1,950円 1,600円 1,510円
6GB 2,630円 2,280円 2,190円
10GB 3,570円 3,220円 3,130円
20GB 5,030円 4,680円 4,590円
30GB 6,950円 6,600円 6,510円

mineo

トリプルキャリア回線に対応で簡単乗り換え!豊富なプランとサービスで、格安SIMトップクラスの顧客満足度の高さが魅力!

申し込みガイドはこちら

こちらの記事はいかがでしたか?

お役に立ちましたか?

送信する

もしよろしければお友達に
ご紹介お願いします!

  • ツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

特集コンテンツ

d-card

docomoのギガホ・ギガライト

Y!mobile 公式オンラインストアなら「限定商品!」「送料無料!」「24H受付OK!」

この記事を書いた人(編集:モバレコ編集部)

Mac,iPhone,iPadなどのApple製品、最新ガジェットのレビュー、今WEBで話題になっている情報を発信するブログ「FatherLog」を運営、月間25万PV。プライベートでは1児の父で子供と触れあう時間を大切にしたいとの思いから地方へ移住。ワークライフバランスが人生のモットー。