格安SIMに【SMS】はつけるべし!SMS機能のメリット総まとめ

書いた人: モバレコ編集部

カテゴリ: ガイド, 格安SIM

ツイート このエントリーをはてなブックマークに追加
データ専用の格安SIMにSMSはつけるべし!SMSのメリット総まとめ

格安SIMでプランを選ぶ際にでてくる“SMS対応SIMカード”。SMSとはショートメッセージサービスの頭文字をとったもので、本来は「電話番号のみで70文字程度のテキストメッセージを送受信できる」というサービスです。送受信する相手と同キャリアである必要もなく、キャリアをまたいでメッセージをやりとりができるのも特徴。

しかし、LINEなどのコミュニケーションアプリが普及したいま、果たしてSMS機能は必要なのでしょうか?ましてやSMSに対応したSIMカードは、データ通信専用プラン(SMSなし)に比べて月に100~200円ほどのコストがかかってしまいます。

それでも「SMSはつけるべし」というのがモバレコ編集部の答えです!「なんで??」という方のために、この記事ではSMSのメリットについて触れながらその必要性を説いていきたいと思います。

目次:

メリットその1:LINEやモバゲーなどのSMS認証に利用できる

LINEやモバゲーなどのSMS認証に必須

いまや多くの人が利用している「LINE」は、本人確認のために「SMS認証」という方式をとっています。「SMS認証」とは携帯電話の番号を使って個人を認証するもので、不正な利用を防止するために有効です。アメーバピグやポイントサイト、GREEやモバゲーなどで遊ぶ際にもSMS認証が採用されています。

その他、クラウドサービスの「Dropbox」「Gmail」でも、アカウントとパスワードの組み合わせだけでは試行を繰り返すことで破られてしまう危険性があり、その回避のためにSMS認証の仕組みでセキュリティを高める仕組みが採用されています。

認証のためだけでなく、安全性も考えればSMS機能は必須のものと言えるでしょう。

LINEはFacebook認証でも利用できるが注意点もある

LINEではSMS認証以外にもFacebook認証でも利用できますが、電話番号を登録しないことによるデメリットも存在します。

  • LINE電話が利用できない
  • LINE STOREが利用できない
  • 友だちの追加や検索がしづらくなる

3つ目は、具体的には「アドレス帳からの自動登録」や「友だちへの追加を許可」といったことができなくなります。また、Facebookの友だちがLINEの友だちに反映されるわけでもありませんのでご注意ください。

こちらも読んでみる:

格安SIMでLINEを使うために知っておきたい7つのポイント

メリットその2:「圏外」表示を避け、バッテリーの消費を抑えられる

「圏外」表示を避け、バッテリーの消費を抑えられる

SMS機能のないSIMカードをスマホに挿した場合、実はスマホのバッテリー消費が速くなる可能性があります。

データ通信専用SIMの場合、電話番号を持たないことにより「音声回線」が無いと認識されることがあります。これは「アンテナピクト問題」と言う電波状態を示すアイコン「アンテナピクト」が圏外表示になってしまう現象です。常に「圏外」表示になるため、きちんと通信されているかがまったく把握できません。

常に接続先を検出しようとしてしまうためバッテリーが通常よりも早く減ってしまうのです。例えば山の中や地下など電波が入りづらい場所で「なんかバッテリーの減りが早いな~」と感じたことはありませんか?その現象が1日中続いてしまうイメージで、「セルスタンバイ問題」と呼ばれています。

LTE圏内では起こりづらいものの、そもそも使用する端末により現象が起こるかどうか特定するのが難しくなっています。

手っ取り早く解決するには「SMS対応SIMカードを使用する」という手段がよいでしょう。今後端末を買い換えた際も気にする必要がなく、長い目でみても得策です。

メリットその3:LTE通信の問題を回避できる

データ専用SIMを2台目のサブ機やタブレットで利用する方も多いのではないでしょうか。しかし、タブレットを利用する際に注意したいのがデータ専用SIMでiPadを利用すると、「LTEを掴みづらい、もしくはLTEを掴まない」場合があるという点です。

IIJのアカウント・@iijmioのツイートより

格安SIM「IIJmio」を提供するIIJの公式Twitterアカウントを引用したもの。IIJの検証によれば、iOS8以降のiPadを利用した場合、LTEの電波を掴むのに時間がかかってしまうようです。

LTEが普及したいま、そこまで気にしなくてもと思うかも知れませんが、たとえば地下などに入り3G通信になってしまったり、新幹線などでトンネルに入って電波が途切れたり・・・。そのたびにLTEへの復旧に時間がかかってしまうのはちょっと不便ですよね。

IIJmioに限らず、OCNやBIGLOBEなど他の事業者でも他の現象が起きると思われるので、こういった現象を避けるためにもSMS対応のSIMカードを利用するのがオススメです。

まとめ:月100円ちょっとをケチらず、SMS機能をつけるべし

以上、SMS機能のメリットをまとめてみました。

おさらいすると以下のようになります。

  • LINEなどのSMS認証に必須
  • LINEの機能・サービスもフルで使える
  • 常に「圏外」と表示されるのを避けられる
  • セルスタンバイ問題を回避し、バッテリーの消費を抑えられる
  • 「LTEを掴むのが遅い」現象を避けられる

SMSオプションの利用には月100~200円とコストがかかるので最安値とまではいきませんが、数々の現象や問題が起きるストレスを回避できることを考えれば、モバレコは「SMS機能はつけるべし」とご提案したいと思います。

おすすめのSMS対応格安SIMは?

SMS機能を利用するには、「音声通話対応プラン」もしくは「SMS機能付きデータ専用プラン」を選択しましょう。おすすめは「OCN モバイル ONE」や「BIGLOBE SIM」といった大手プロバイダが提供するもの。毎週公開している格安SIMの速度比較でも好調な結果を見せています。

もしくはau回線の格安SIMならSMSが無料で利用できます。これはau回線を利用した格安SIMの特徴の1つでもあり、現在「mineo」や「UQ mobile」などが該当します。

さらに、少しでも費用を抑えたい方はモバレコが運営する通販サイト「モバレコ バリューストア」での申し込みがおすすめ。通常よりも安い初期費用で購入できるのでぜひチェックしてください。

U-mobileを申し込む(初期費用3,394円 → 0円 ★ドコモ系SIMでおすすめ!

データ通信専用プラン(SMSオプション:150円/月)

音声通話対応プラン

UQ mobileを申し込む(初期費用3,000円 → 1,400円 ★au系SIMでおすすめ!

データ通信専用プラン(SMSオプション:無料

音声通話対応プラン

他にも「BIGLOBE SIM」や「IIJmio」などが初期費用割引の対象となります。その他初期費用が安くなるプランはこちらをご覧ください。

モバレコでは、スマホと格安SIMがお得になる・役に立つ記事を平日12:00に配信中です。

こちらの記事はいかがでしたか?

お役に立ちましたか?

送信する

もしよろしければお友達に
ご紹介お願いします!

  • ツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を書いた人(編集:モバレコ編集部)

こんにちはモバレコ編集部です。2017年もはやいものでもう3月に入りました。お花見、プロ野球の開幕、待ち遠しくてワクワクする季節ですね。スマートフォンも新製品が続々と世界で発表されています。日本での発売も待ち遠しく感じますが、とりあえずはやく春っぽく暖かくなってほしいですね。