【2019年10月更新】格安SIMのキャンペーンおすすめランキング! 各社の充実度を徹底比較!

書いた人: モバレコ編集部

カテゴリ: SIMカード

ツイート このエントリーをはてなブックマークに追加
【2019年最新版】格安SIMのキャンペーンおすすめランキング! 各社の充実度を徹底比較!

格安SIM(スマホ)のキャンペーン早見比較

まずは、今回抜粋して紹介するお得度の高い格安SIM事業者のキャンペーン早見比較表を掲載します。

LINEモバイル
※おすすめ
LINEモバイル
・音声通話SIMならプラン月額料金が5ヵ月間、半額
・ウェブサイトからの申し込み/キャンペーンコード入力で合計5,000円割引
BIGLOBEモバイル
※おすすめ
BIGLOBEモバイル
・初期費用&プラン月額料金初月無料!
・セキュリティサービスが最大6ヵ月間無料
・エンタメフリーオプションが最大6ヵ月間無料
当サイト経由の申し込み限定でさらに1,500円相当のポイント還元
IIJmio
IIJmio
・音声通話SIMならプラン月額料金が3ヵ月間、1,300円割引
当サイト経由の申し込み限定で月額割引が1ヵ月延長!
・音声通話SIMなら3ヵ月間、データ通信量3GB増量
・初期費用が1円
・音声SIMとセットで対象スマホ大幅割引
BIC SIM
BICSIM
・音声通話SIMならプラン月額料金が1年間、620円割引
・音声通話SIMなら1年間、データ容量3GB増量
Y!mobile
Ymobaile
・データ増量無料(2年間/プランに応じて増量分の指定あり)
・新規割で加入翌月から6ヵ月間基本使用料が700円割引
・スマホセット契約の場合は別途端末代金割引あり
・オンラインストアは事務手数料無料キャンペーン実施中

ユーザーにとって特に嬉しいのは、月額料金の割引、毎月使用できるデータ通信量の増量キャンペーンでしょう。結論、BIGLOBEモバイルは他社と比較しても、キャンペーン内容がかなり充実した内容と言えます。

ただし、格安SIMをキャンペーン内容だけ判断することはおすすめできません。自分の利用用途に合わせた様々なポイントを他社比較して最終的に判断していくことが重要です。

詳しくは次項にて解説していきます。

格安SIM(スマホ)の選び方

用途に合わせて豊富なプランから選べるのも格安SIMの魅力
用途に合わせて豊富なプランから選べるのも格安SIMの魅力

それでは今回で初めて格安SIMを契約するという人の為にも、格安SIMの選び方から解説します。

以下5つのポイントをおさえることで、自分に合った失敗しない格安SIMを見つけることができます。

失敗しない格安SIM選びの5つのポイント

・音声通話かデータ専用かを決める
・データ容量を決める
・通信速度を調べる
・格安SIMのサイズ/対応回線を確認する
・キャンペーン内容を調べる

音声通話かデータ専用かを決める

大手キャリアと異なる特徴として、格安SIMには大きく分けて「音声通話付きプラン」と「データ通信専用プラン」という2種類のプランが存在します。一言で言うと「音声通話があるか無いか」の違いです。

まずは通話機能が必要か不必要かを判断しましょう。どちらを選ぶかによって使い方や料金、キャンペーン内容も異なります。

キャリアからの乗り換え等で現在使用している電話番号を継続利用したい場合には、必然的に音声通話プランを選択することになります。

2台目のサブスマホやタブレット、Wi-Fiルーターなど、音声通話を必要としない機器での使用を考えている場合は、データ専用プランが料金も安く、契約期間の縛りが無い場合がほとんどなので、おすすめです。

データ容量を決める

音声通話の有無が決まったら、次に毎月どれくらいのデータ容量が必要かを把握しましょう。

まったく足りないのでは追加課金をする羽目になりますし、容量が足りすぎるのでは無駄になってしまいます。

毎月データ通信量をどれだけ使っているかはキャリアの利用明細や端末の設定画面などからチェックできます。まずは自分の通信量をしっかり把握してから、使い方に合わせたプランを選択しましょう

通信速度を調べる

通信速度を調べる

格安SIM選びにおいて最も重要なポイントが通信速度の速さ、安定感がどれだけ優れているかということです。

単に料金が安いからという理由だけで選んでしまっては、後々後悔する可能性があります。

そもそも格安SIMはキャリアの回線を間借りして回線提供をしている仕組みである以上、利用する時間帯や地域などによって、それぞれ通信速度の速さや安定感にムラが生じます。そのムラの大きさはMVNO事業者によって様々です。

通信速度とはつまり「つながりやすさ」であり、どれだけ快適にネットが使えるかという大きい指標になります。

モバレコでは格安SIMの通信速度を毎週調査し、そのデータを公開しています。キャンペーン内容とぜひ照らし合わせてみて下さい。

また、独自のシステムを用いて24時間365日、格安SIM各社の快適さを計測しています。

当記事のダウンロード・アップロードもその計測項目の1つ。通信のつながりやすさ、動画再生の安定性など計7項目を総合的に評価した“24時間速度ランキング”もぜひ参考にしてみてください。

格安SIM 24時間速度ランキング
複合的な総合速度測定!ランキングは毎週更新!

格安SIMのサイズ/対応回線を確認する

●SIMカードのサイズについて

この項目は主に、現在キャリア(ドコモ・au・ソフトバンク)のいずれかを利用しており、そこで購入した端末を格安SIMに乗り換えた後も継続して利用したいと考えている人に大きく関係してくる内容です。

格安SIMを実際に申し込むと、小さなSIMカードが手元に届きます。このSIMカードには電話番号や契約プランなどの情報が詰め込まれており、これをスマートフォンに差し込むことで通話やインターネットが可能になります。

SIMカードのサイズは3種類
SIMカードのサイズは3種類

SIMカードのサイズは標準SIM、microSIM、nanoSIMの3種類。利用するスマートフォンによって対応するSIMカードのサイズが異なります。また、au回線の格安SIMを選ぶ場合には、マルチSIM(au VoLTE SIM)というSIMカードが今では主流になってきています。

SIMカードのサイズを間違えて申し込むと、変更手数料が別途3,000円ほど掛かってしまうので、利用する端末に応じて慎重に選ぶようにしましょう。

●対応回線について

また、MVNO(格安SIM)の通信回線も重要なポイント。以下の3つがあります。1社で複数キャリアに対応したプランを展開しているMVNOもあります。

ドコモ回線を借り受けて提供 「ドコモ系MVNO」
au回線を借り受けて提供 「au系MVNO」
ソフトバンク回線を借り受けて提供 「ソフトバンク系MVNO」

これは例えば、今ドコモで購入した端末を格安SIMでも継続利用したい場合、ドコモ回線の格安SIMを契約すれば、原則SIMカードを差し替えるだけすぐに利用できます。(一部例外あり)

しかし、ドコモで購入した端末をauやソフトバンク回線の格安SIMで使いたい場合は、SIMロック解除という手続きをしなければいけません。より乗り換え手続きをスムーズにしたい場合は、現在契約中のキャリア回線と同じ通信回線の格安SIMで契約することをおすすめします。

キャンペーン内容を調べる

この記事はこの項目をよりフォーカスして堀探ります。格安SIMは単に月額料金が安いというポイントで選ぶのではなく、通信速度がどれだけ優れているのか、そして、キャンペーン内容を加味した契約期間の実質負担金額を算出して比較することが大切です。

とは言っても、格安SIMは数が多いので実際どれが良いのかを選べばいいか分からないと思います。

以降で、格安SIMのキャンペーンに焦点を絞って、キャンペーンの種類からおすすめの格安SIMまで一挙に解説します。

格安SIM(スマホ)における主な5つのキャンペーン要素

格安SIMにおける主な5つのキャンペーン要素

では、格安SIMのキャンペーンと言えば、主にどのようなものがあるのでしょうか。大きく分類すると以下の5点が挙げられます。

格安SIMにおける主な5つのキャンペーン要素

・キャッシュバック
・月額割引
・初期費用無料
・格安スマホ(端末)代金割引
・データ増量無料

それぞれもう少し噛み砕いてどういうものかをご紹介します。

キャッシュバックキャンペーン

申し込み内容に応じた指定金額を開通月から6~12ヶ月前後で、指定口座へ現金支払い、またはギフト券などで還元するキャンペーンのことです。

現金やギフト券としてお金が還元されるのは、他のキャンペーンにはない強みです。もらったお金は他のものに代用できる点は魅力的。そのまま月額料金に当ててもいいですし、趣味に投資することなども可能です。

ただ、キャッシュバックキャンペーンは適用条件のハードルが高めな傾向にあります。手続きは複雑で、還元される時期が遅いため、ついつい後回しにして忘れてしまうことも。期日までに対応しないと適用外になるケースも多いため、覚えておかないとキャンペーンが無意味になってしまいます。

さらに、月額料金が安くなるわけではないので、月額料金割引キャンペーンと比較すると月々の負担は重くなります。

月額料金割引キャンペーン

月額料金割引キャンペーンとは、月額料金を定価から割り引いてくれるキャンペーンのことです。

毎月の月額料金が安くなることでトータルコストも抑えられる上に、毎月の負担が軽くなります。さらに、申し込みと同時に適用されるので、確実に割引が受けられるのもメリットです。

ただ、契約会社によって適用期間に違いがあるので要注意。数ヶ月で終わってしまうものもあれば、契約期間中ずっと適用される場合など様々です。

また、あくまで利用料金が安くなるだけなので、キャッシュバックのように別の使い道ができるわけではありません。このデメリットの要素も踏まえた上での選択をしましょう。

初期費用無料キャンペーン

通常、契約事務手数料(3,240円)が大体どこで契約するとしても発生します。SIMカード発行手数料(425円)が別途発生するケースもあります。

それらを無料にするというキャンペーンで、より手軽にスタートでき、契約のハードルが低くなります。

格安スマホ(端末)代金割引キャンペーン

セット販売で受付している格安スマホの端末代金を割引するというキャンペーンです。SIM単体ではなく、スマホセットでの契約を考えている方は検討材料に入れてみてはいかがでしょうか。

新端末の発売時期や在庫処分セールなどで実施されることがあったり、端末セットで申し込むことで、よりキャンペーン特典が充実するというケースもありますので、要チェックです。

データ増量無料キャンペーン

一定期間、GBを無料でプレゼント、追加することができるというキャンペーンです。

プラン変更がすぐできる格安SIMであれば、契約時に少ない容量で申し込みをすることで利用料金を抑えるといったことができます。

最初の更新月までの間ずっと増量が適用される場合もあれば、最初の3ヵ月間や半年間のみ適用の場合があるので、その点はしっかり確認しておきましょう。

モバレコ編集部が選ぶ格安SIM(スマホ)のキャンペーンおすすめランキング

それではここからは、モバレコ編集部が以下の3点の評価軸をもとに、MVNO各社で展開しているキャンペーンをランキング形式でご紹介します。

ぜひこのランキングを検討材料に取り入れてみて下さい。

ランキングの3つの評価軸

・人気/知名度/通信速度
・キャンペーンのお得度/充実度
・キャンペーン適用条件のハードルの高さ

1位:LINEモバイルのキャンペーン

LINEモバイル

LINEモバイルは、今最も注目度の高い格安SIMで、それに伴ってキャンペーンにもかなり力を入れてきている印象です。主な特典内容は以下の2点です。

キャンペーン内容

・音声通話SIMのコミュニケーションフリーまたはMUSIC+の新規契約で5ヵ月間、スマホ月額基本利用料が半額
・ウェブサイトからの申し込み/キャンペーンコード入力で合計5,000円割引

LINEモバイルの音声プランは、プランによってSNS系アプリ(LINE、Twitter、Facebook、Instagram)をカウントフリーで利用することができます。

月額料金の割引額もかなり大きくなっている為、BIGLOBEのエンタメフリーオプションと張り合える魅力があります。

キャンペーンの終了日は未定です。

→ LINEモバイル 詳細はこちら

2位:BIGLOBEモバイルのキャンペーン

BIGLOBEモバイル

BIGLOBEのキャンペーンは他社と比較しても、圧倒的にお得です。特典内容は主に以下の3点です。

キャンペーン内容

・初期費用&プラン月額料金初月が無料に
・エンタメフリーオプションが最大6ヵ月間無料
・セキュリティサービスが最大6ヵ月間無料
・限定で1,500円相当のポイント還元

エンタメフリーオプションが6ヵ月間無料で、その間はYouTubeやAbema TV、SpotifyやApple Musicなどのエンタメコンテンツをカウントフリーで堪能できるという、他を寄せ付けない充実ぶりです。

条件は、音声通話SIMで3GB以上のセレクトプラン(SIMのみ)を申し込んだ方が対象です。データ専用SIMは対象外なので注意です。

対象期間は2019年11月1日~2019年12月1日(23:59)まで。

また、同条件で、下記のリンクを経由しての申し込みの場合、限定キャンペーンとしてさらに追加1,500円相当のGポイントをゲットすることが可能です。

→ BIGLOBEモバイル公式はこちらBIGLOBEモバイル

3位:IIJmioのキャンペーン

IIJmio

IIJmioのキャンペーンもBIGLOBEモバイルに決して引けを取らないお得感があります。特典内容は主に以下の3点です。

キャンペーン内容

・当サイト経由の申込みで音声通話SIMならプラン月額料金が4ヵ月間、1,300円割引
・初期費用が1円
・音声SIMとセットで対象スマホ代金大幅割引キャンペーン

他社と比較すると、月額料金の割引期間は短いですが、割引金額が大きいのが魅力的です。

対象期間は2019年10月1日~2019年10月31日まで。その他、音声SIMとのセット契約で、対象のスマホ代金が大幅値引きキャンペーンも展開中です。(2019年10月31日まで)

また、下記のリンクを経由しての申し込みの場合、当サイト限定キャンペーンとして月額料金の割引が通常3ヶ月のところ4ヶ月になります。

→ IIJmio公式はこちら

4位:BIC SIMのキャンペーン

BIC SIM

BICSIMは、IIJmioとビックカメラのタッグで誕生した格安SIMというだけあって、キャンペーン内容もIIJmioとほぼ同様のものでかなり充実した内容で展開されています。主な特典内容は以下の3点です。

キャンペーン内容

・音声通話SIMならプラン月額料金が1年間、620円割引
・音声通話SIMなら1年間、毎月データ容量3GB増量

IIJmioと比較するならば、割引額は少ないですが、適用期間が1年間とより長く設定されています。また、データ容量が毎月3GBとIIJmioと同等分が増量されるのは魅力です。

適用期間は2019年10月31日まで。

ビックカメラの格安SIMということもあり、今後どういった展開を見せてくるのか楽しみな将来性の高い格安SIMの一つです。

→ BIC SIM公式はこちら

5位:Y!mobileのキャンペーン

Y!mobile

1年間はワンキュッパ割で月額料金から1,000円割引が適用。また、2年間はSIM単体契約の場合は、プランに応じてさらに月額400円〜600円割引、データ容量が1〜7GB無料で増量可能。

スマホセットプランの場合は別途月額料金割引が適用されるので、実質的に端末代金もお得に契約することができます。

キャンペーン内容

・データ増量無料(2年間/プランに応じて増量分の指定あり)
・新規割でご契約翌月より6ヵ月間最大770円割引
・スマホセット契約の場合は別途スマホ代金割引あり

キャリアに近い料金体系なので、とても使いやすいです。また、何より通信速度が格安SIMの中でもトップクラスに速く、モバレコが実施している格安SIM通信速度比較調査でも常にトップを記録しています。

→ Y!mobile公式はこちらY!mobile

端末セット割引キャンペーンを実施している格安SIM

上記で少し触れましたが、格安SIM事業者では、月額料金割引やデータ増量などのキャンペーンではなく、セット販売をしている端末を同時購入することで、その端末代金を値引きするといったキャンペーンも実施していることがあります。

この項目では、セット端末がお得にゲットできる割引キャンペーンを実施している格安SIMとそのキャンペーン内容をご紹介します。

楽天モバイル

楽天モバイル セット端末割引キャンペーン

楽天モバイルでは現在以下の対象端末が、先着・抽選でお得に購入することができます。

対象端末名 キャンペーン内容 キャンペーン期限
AQUOS sense3 lite 先着5,000台が2,000円引き! 2019年11月1日(金)
9:59まで
Xperia Ace 期間中にご購入の方から、抽選で1,000名様に楽天スーパーポイント3,000ポイントが当たる! 2019年11月1日(金)
9:59まで
OPPO Reno A 先着3,000台が3,000円引き! 2019年11月1日(金)
9:59まで
arrows RX 先着2,000台が3,000円引き! 2019年11月1日(金)
9:59まで

最新のAndroidスマホが対象なのが魅力的ですね!先着抽選での割引なので、端末セットでの申し込み検討中の人はこのお得なタイミングを狙ってぜひともゲットしていただきたいです。

→ 楽天モバイル公式サイトはこちら

OCN モバイル ONE

OCN モバイル ONE セット端末割引キャンペーン

OCN モバイル ONEでは、他社からの乗り換え(MNP)で5,000円OFF、対象オプション同時加入で最大3,000円OFFの割引キャンペーンを実施しています。

この割引キャンペーンをフルで適用することができればが最大8,000円OFFで新規端末をゲットすることができます

また、OCN モバイル ONEは「iPhone XS , iPhone XR, iPhone X」などのiPhoneシリーズ中古品をセット販売で提供しています。iPhoneを取り扱いしている格安SIM事業者は少ないので、中古でもセットでiPhoneが欲しいという人にはおすすめです!

→ OCNモバイルONE公式サイトはこちらOCNモバイルONE

IIJmio

IIJmio セット端末割引キャンペーン

人気スマホ999円キャンペーンのラインナップ、キャンペーンにより割引金額は以下の通りです。

対象端末名 キャンペーン内容 キャンペーン期限
ASUS
ZenFone Live(L1)
一括:16,800円
24回払い:750円×24
一括:999円
24回払い:42円×24
OPPO
AX7
一括:21,800円
24回払い:910円×24
一括:4,800円
24回払い:200円×24
HUAWEI
nova lite 3
一括:22,800円
24回払い:980円×24
一括:9,800円
24回払い:435円×24
HUAWEI
P30 lite
一括:29,800円
24回払い:1,250円×24
一括:19,800円
24回払い:830円×24
HUAWEI
P30
一括:69,800円
24回払い:3,000円×24
一括:50,000円
24回払い:2,175円×24
SHARP
AQUOS sense 2 SH-M08
一括:29,800円
24回払い:1,250円×24
一括:19,800円
24回払い:830円×24
Apple
iPhone 7(中古)
一括:44,800円
24回払い:1,870円×24
一括:29,800円
24回払い:1,245円×24

音声通話SIMとのセット契約で、対象端末を10,000円以上の大幅値引きを適用してゲットすることができます。

期限は2019年10月31日までです。IIJmioはプラン料金も大幅な値引きキャンペーンを実施中なので、今最もお得度の高い格安SIMです!

まとめ:格安SIMの契約はキャンペーンがお得な時期を狙え!

とにかく月額料金の安さを追求したいという人は、プラン料金だけではなく、キャンペーン内容を加味した使用期間の実質負担金額をシミュレーションしておくと良いでしょう。

その上で、格安SIMのキャンペーンは、9月~11月, 3月~5月に特に盛り上がる傾向にあります。

とくに新学期や新生活をむかえる時期となる毎年”3月”が最も盛り上がります!キャンペーンの充実度で最終的な負担金額は大きく変わりますので、ぜひ狙い目の時期に契約することをおすすめします!

モバレコ編集部が選定する格安SIMのおすすめランキングはこちら

こちらの記事はいかがでしたか?

お役に立ちましたか?

送信する

もしよろしければお友達に
ご紹介お願いします!

  • ツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

特集コンテンツ

d-card

docomoのギガホ・ギガライト

Y!mobile 公式オンラインストアなら「限定商品!」「送料無料!」「24H受付OK!」

この記事を書いた人(編集:モバレコ編集部)

スマホ、ケータイ、docomo、au、ソフトバンク、格安SIMに関する総合情報メディア「Mobareco-モバレコ」の記事コンテンツの制作を監修。スマホのレビュー、サービス解説、ライフハックからトラブルシューティングガイドなどの幅広いジャンルのコンテンツディレクションを手掛ける。『スマホをもっとわかりやすく。もっと便利に。』ユーザー目線に沿ったコンテンツを発信中。Twitter:@mobareco_jp