毎月のスマホ・携帯料金を安くしたい! 平均の月額よりも下げる方法をポイントごとに解説

書いた人: モバレコ編集部

カテゴリ: スマホ

ツイート このエントリーをはてなブックマークに追加
スマホ 料金

現在スマホをお使いの方は、NTTドコモ、au、ソフトバンクいずれかと契約していることが多いでしょう。そんなみなさんが少なからず感じていることは、「私のスマホの料金、高くない・・・?」「月々の携帯料金、安くならないの?」ということではないでしょうか?

「そんなに使った覚えがないのに・・・月々1万円!?」

「高いと思っているのに結局なにもせず、気づけば何ヶ月もそのまま・・・」

毎月のスマホ・携帯代はバカになりません。出来ることなら安く済ませたいですよね。そんな悩みを抱える方々に、声を大にして言いたい…

「月々のスマホ・携帯料金は、安くすることができるんです!」

それではいってみましょう!

※掲載する料金は指定がない限りすべて税抜表記および執筆時点のものとなります。

目次:

スマホ・携帯の月額料金の平均

スマホ・携帯料金の平均
スマホの料金が高いと悩んでいませんか?スマホ・携帯料金の平均は?

スマホ・携帯の月額料金を安くする方法を紹介する前に、毎月のスマホ・携帯料金の平均っていくらくらいなんでしょう? 平均金額がわかったらその金額より抑えることができたら、1つの目安になりそうです。

それでは「ドコモ・au・ソフトバンク」それぞれの毎月の平均金額を算出してみます。

ドコモ・au・ソフトバンクの料金と平均金額

各キャリア(ドコモ・au・ソフトバンク)のスマホ・携帯料金の平均ですが、ここでは毎月5~7GB程度のデータ通信量のプランと5分かけ放題の通話オプションをつけて算出してみます。

※2019年9月時点で発表されているプランをもとに算出しています。

【ドコモの場合】

ドコモの場合は段階制の料金プラン「ギガライト」~5GBまでなら4,980円。~7GBまでなら5,980円で利用できます。さらに「5分通話無料オプション」をつけると700円プラスに。

ドコモの平均的な価格

ギガライト(~5GB)4,980円 + 5分通話無料オプション 700円 =5,680円

ここに、端末の分割代を含めると2年間は2,000円~3,000円がプラスされる計算になります。

【auの場合】

5GB~7GBで利用する際は段階制の「新auピタットプラン」を利用するよりも、「auフラットプラン7プラス」を使用したほうが月額料金は安くなります。2年契約適用時の料金で月額5,480円。そこに5分以内の国内通話が無料になる「通話定額 ライト(5分)」をつけると700円プラスになります。

auの平均的な価格

auフラットプラン7プラス(7GB)5,480円 + 通話定額 ライト 700円 = 6,180円

※今回はauスマートバリューの割引込みではなきですが適用時-1,000円になります。

【ソフトバンクの場合】

ソフトバンクは5~7GBのデータ通信を利用する場合、使った分だけの「ミニモンスター」を利用するよりも「ウルトラギガモンスター+」を適用したほうが安くなります。
ウルトラギガモンスター+の月額は通常7,480円に5分以内の国内通話が無料になる「準定額オプション」が500円プラスになります。

ソフトバンクの平均的な価格

ウルトラギガモンスター+ 7,480円 + 準定額オプション 500円 = 7,980円

※1年おトク割や家族割の割引適用は今回していません。

今回は、端末代金は含まず料金プランの算出をしてみましたが大体平均的に6,000円~8,000円前後になります。

ざっくりと出してみた料金プランですが、ここからスマホ・携帯料金を安くするポイントを解説していきます。

スマホの月額を安くする方法

そもそも、スマホ・携帯の料金はなぜ高いのでしょうか? まずは現在のスマホの契約内容を確認してみましょう(Webサイト以外にも、各サポートセンターに問い合わせて確認することもできます)。

■契約情報確認方法(キャリア別)
ドコモの確認方法
auの確認方法
ソフトバンクの確認方法

すると、スマホ・携帯料金は主に、通話代、料金プラン、オプション料金、端末代金、で構成されていることがわかります。

契約内容の確認
自分の契約内容を確認してみよう

つまり、いずれかの料金を見直すことでスマホ・携帯の料金を安くすることができます。筆者も以前は月々10,000円近くかかっていたスマホの料金が今では約1,700円とかなり安くすることができました。

みなさんもオプション等、余計にかかっている、なんてことありませんか?

ここではポイントごとに、それぞれの節約方法を見ていきましょう!これで「何ヶ月もプランの見直しを放置……」とはおさらばです。

ポイント①:スマホ・携帯の通話代の見直しをする

スマホ・携帯料金のハネ上がる理由として最初に考えられるのが、通話料金でかさんでいるパターンです。

キャリアのかけ放題プランを使うもよし、それ以外の方法で安くするのもよしなので、早速具体的な例を見ていきましょう。

★【通話定額オプションを契約する】

難易度:★☆☆☆☆ 節約度:★★★☆☆

通話定額オプション
通話定額オプション(引用元:au

毎月の通話料金が高い人は、通話定額オプションを検討してみてはいかがでしょうか? 5分以内の国内通話が無料になる、5分カケ放題と国内通話が24時間無料になるカケ放題が主流になっています。

通話が多い人はこのオプションに加入したほうが確実に通話代がお得になります。

ドコモやau、ソフトバンクで契約内容の変更をするには、以下の2つの方法があります。

●かけ放題プランへの変更方法
・契約を確認したマイページからウェブ上で変更する
・キャリアショップへ行って変えてもらう

各キャリアの通話定額オプションの料金は以下の通り。

ドコモ かけ放題オプション 5分通話無料オプション
1,700円 / 月 700円 / 月
au 通話定額 通話定額ライト(5分以内)
1,700円 / 月 700円 / 月
ソフトバンク 定額オプション 準定額オプション
1,500円 / 月 500円 / 月

国内通話の通話料は、各社通じて「20円 / 30秒」なので、5分以内の電話、単純に電話をかけることが多いようでしたら、通話定額オプションの加入をおすすめします。

★【無料通話・格安通話サービスを利用する】

難易度:★★★★☆ 節約度:★★★★☆

●スマホ同士なら無料IP電話アプリ

「LINE」「Skype」アプリのアイコン
LINEやSkypeなど、無料で通話できるIPアプリはたくさんある

スマホ同士なら、IP電話アプリを使うことで確実に費用を抑えられます。例えば「LINE」や「Skype」などが多くの人に利用されています。

特に最近では「スマホの主な利用目的がLINE」という人も増えているので、LINE上で通話を行なうのが現実的でしょう。ただし、データ通信を利用して通話するというIP電話の性質上、通話が不安定になる可能性があるという点には注意してください。

LINEの利用が多い人は、LINEが提供している格安SIM「LINEモバイル」がおすすめです。どのプランを選んでもLINEを利用したデータ通信量はかからずデータフリーで使うことができるからです。

→ LINEモバイル 詳細はこちら

★【格安SIMの通話料割引サービスを利用する】

難易度:★★★★★ 節約度:★★★★☆

キャリアの割引を活用する以外に、格安SIMの割引を使って今のスマホはそのままに通話料を抑えるという手段もあります。

「BIGLOBEでんわ選べる通話オプション」サービスイメージ

BIGLOBEモバイルの「BIGLOBEでんわ選べる通話オプション」は、月額600円で「通話パック60」「通話パック90」、月額830円で「3分かけ放題」「10分かけ放題」の中から選ぶことができます。

通話パックは、国内通話1,620円分(最大90分)、国内通話1,080円分(最大60分)、かけ放題は3分、10分までの通話が何度でもかけ放題という内容です。自分の使い方にあった中から選ぶことができるのが魅力です。

「みおふぉんダイヤル」サービスイメージ
家族間は最大60パーセントの割引に(引用元:IIJ

IIJの展開している「みおふぉんダイアル」と「ファミリー通話割引」を組み合わせると、家族間で最大60パーセントの通話料削減ができます。また、みおふぉんダイアルだけでも、電話番号はそのままで通話料が半額(10円/30秒)になるのでおトクに話せます。

楽天モバイル公式サイト
「5分かけ放題」なら月額850円で、5分以内の国内通話が何度でも無料(引用元:楽天モバイル

楽天が運営する「楽天モバイル」では「10分かけ放題オプション」を提供。電話アプリ「楽天でんわ」を用いることで10分以内の国内通話が何度でも無料となります。IP電話とは違い、通常の音声通話とほぼ同等の音質で話すことができます。こちらは月額850円(税抜)。楽天モバイルのプラン「スーパーホーダイ」には、この「楽天でんわ10分かけ放題」は含まれています。

ポイント②:料金プランにかかる料金の見直しをする

料金プランの見直しをしてみる

スマホ・携帯を使っていて月額料金が高くなる原因になっていることに気づきにくいのがプラン内容です。

使った分だけの段階性プランや、使い放題のプラン、データ容量が決まっている定額プラン。いろいろなプランがありますが、大事なポイントは自分が「データ通信をどれだけ使っているものなのか」を把握しておくことです。

ここさえ理解しておけば、自分が利用するデータ通信量・サービスに合わせてプランを選ぶようにしましょう。

現在の契約を確認する際に、「毎月どれだけデータ通信をしているのか」を合わせて確認しておくのがベストです。

★【データ通信量を把握して適切な料金プランにする】

難易度:★☆☆☆☆ 節約度:★★★☆☆

スマホを利用する際、利用制限がかからない限りプラン変更をする人は少ないと思います。使いすぎて制限がかかり、通信速度が遅くなってから通信量のことを気にする方がほとんどなのではないでしょうか。

反対に、めったに通信制限にかからない人は「実はデータ通信料が余っている」場合に気付きにくいのではないでしょうか。

そんなとき、適切な料金プランにすること、つまり自身の適切なデータ通信量を把握することが大切です。

スマホの契約内容を確認するときに、1ヵ月で使用したデータ通信量も同時に確認することができます。実際に使用していた容量を参考にして、適切な料金プランを選択すると無駄がなくなります。

その他には、Wi-Fiを有効活用するのもデータ通信の節約になります。

Wi-Fiの有効活用がポイント

自宅にフレッツ光などの光回線を引いている、あるいはWiMAXやソフトバンクなどのWiFiルーターを持っているようでしたら、スマホに活用しない手はありません。Wi-Fiでネット利用する場合は通信量がカウントされないからです。

月々のスマホの料金・プランは通信量によって大きく変わります。アプリのダウンロードや動画の視聴の際は積極的にWiFiルーターを活用すれば、データ使用量を抑えることができるので安価なプランでも間に合うようになります。スマホの契約プランを見直して節約へ結びつけましょう。

また、アプリの更新や動画のキャッシュを取得するなど、事前に通信量が多くなることがわかっている場合は、コンビニのWiFiスポットを利用するのも効果的。

YouTubeなど、動画の見過ぎで毎月のように通信制限がかかる方は要チェックです

★【格安SIMを使って安くする】

難易度:★★★★★ 節約度:★★★★★

格安SIMを使って安くする方法とは
格安SIMを使って安くする方法とは

今使っているスマホ・携帯の月額料金を大幅に下げたい! と思っているのであれば格安SIMに乗り換えるのがもっとも有効かつ効果的です。

格安SIMとは、ドコモやauといった携帯キャリアが持つ回線設備を借りて提供される通信サービスのこと。現在大手プロバイダのOCNやBIGLOBEなどが提供しており、設備を保有するコストがかからないぶん通信費が安くなるため、月々のスマホ代を安くすることができます。

さまざまなプランが用意されていますが、ほとんどが月々2,000円~2,000円程度で利用することができるものばかりです。料金が安いからといって品質が悪いということもなく、使用する回線は大手携帯キャリアと同じなので同等のエリアで利用することができます。

最近はUQ mobileやmineo、BIGLOBEモバイル、LINEモバイルといった格安SIMのTVCMや広告を見たことがある人も多いのではないでしょうか。格安SIMといっても特徴はそれぞれです。

もっと格安SIMの情報が知りたい方はモバレコの格安SIM人気記事からチェックしてみてください。

ポイント③:オプションにかかる料金の見直しをする

忘れがちなオプションを把握する

最もモッタイないのが、必要ないオプションを契約したままにして不要な費用を払っている状態です。

契約時の割引はさまざまなオプションへの加入が条件になっていることがほとんど。機種変更や新規契約の際は、まず最初にオプションの確認をしたほうがいいと言っても過言ではありません。

★【不要なオプションは解約しよう】

難易度:★★☆☆☆ 節約度:★★★★☆

スタッフの請求書から抜粋
スタッフの請求書から抜粋

スマホを契約するとき、割引・特典を受ける代わりに「オプション」という形で、さまざまな有料コンテンツへの加入を強いられた経験はありませんか?

オプションの解約はたしかに面倒ですが、サポートセンターへ問い合わせて電話番号と個人情報を伝えれば15分〜30分程度で解約できます。ネットの契約変更画面で解約できるものもあります。

月末などはサポートセンターが混雑するので要注意。月をまたぐと再び1ヶ月分の料金が発生してしまうため、解約したい場合は早めに手を打っておきましょう。

余計なオプションは無駄な出費になりますので、気づいたらすぐに対応するようにしましょう。

★【動画・音楽の定額サービス(サブスクリプション)を見直す】

難易度:★★☆☆☆ 節約度:★★★☆☆

動画・音楽定額サービスの見直し

最近動画や音楽の定額サービスが主流になっています。Apple Music、SpotifyやHulu、Netfulixなど人気ですよね。定額で音楽聴き放題、映画見放題といった魅力的なエンタメサービスですが、「最近あんまり見てない」「違うサービスにしたけど契約がまだ残ってる」など、放置していませんか?

月額1,000円程度のものが多いですが、あんまり見ていない人は思い切って解約しましょう。サービスを複数使っている人は、どれか削るなど見直してみましょう。

★【ゲームへの課金を控える】

難易度:★★☆☆☆ 節約度:★★☆☆☆

モンストのプレイ画面
大人気ゲームのモンスターストライク
ポケモンGoのプレイ画面
ポケモンGo

スマホゲームに夢中になって、ついつい課金ガチャなどで出費をしすぎていませんか?

もちろんゲームの楽しみ方は人それぞれですが、コンテンツ内課金だけで携帯代金が5,000円〜10,000円もハネ上がってしまったというケースはよく耳にします。

「なぜスマホ・携帯代が高いのか?」と疑問に感じたとき、ゲーム内の課金のことを見過ごしているパターンもあると思います。一度、見直してみてはいかがでしょうか。

ポイント④:端末代金を節約する方法

端末代金を節約

ここまで現在の契約を見直して月額を抑える方法を紹介してきましたが、最後にスマホ自体を安く入手して端末購入代金を節約する方法を紹介します。

煩わしそうに見えるかもしれませんが、一括でも分割でも端末代を抑えることができれば年間でかかるスマホ・携帯代のランニングコスト削減につなげることができます。

★【キャリアで価格帯が低い端末を選ぶ】

難易度:★☆☆☆☆ 節約度:★★☆☆☆

ドコモで販売しているarrows Be3

ドコモ、au、ソフトバンクのキャリアはハイスペックモデルの端末代金が高いモデルが多いイメージですが、低価格モデルのスマホもあります。

ドコモであれば、arrows Be3、LG style2といった30,000円台で購入できるモデルです。
他にも、Xperia Ace、Google Pixel 3aといったモデルもコストパフォーマンスが高いです。
いずれも、フラッグシップモデルよりも価格を抑えたモデル。
スペックやカメラ性能にそこまでのこだわりがないのであれば、低価格モデルといった選択肢も視野にいれてみましょう。

公式オンラインショップはこちら

★【中古端末を活用しよう】

難易度:★★☆☆☆ 節約度:★★★★★

中古端末を活用
携帯料金の節約マニアがすすめる「中古スマホ」活用術より

携帯会社を変えずにスマホを新しくしたい場合、中古スマホを利用するという手段もあります。例えば、家族が買い換えて余っているスマホをもらえば機種代金はかかりません。

また、中古スマホを購入するという場合でも、3万円前後で普段使いに困らない性能のスマホを手に入れることができます。

詳しい内容は、下記の記事で紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

★【新古品もおすすめ】

難易度:★★☆☆☆ 節約度:★★☆☆☆

中古スマホは安いけど、人が使ったものにはどうしても抵抗がある。という人も多いと思います。そこでおすすめなのが「新古品」。

「新古品」というのは、販売店などで、展示や検証、撮影などのために開封はされたけれど、実際にはほぼ使われていないもの。新品同様でも封を切った時点で「新品」から「新古品」になるんです。

新古品はなかなか数が少ないですが、こちらのサイトのように「iPhone 8」や「iPhone XR」の新古品をお買い得に販売しているサイトもあります。なかなか新品を安く購入できないiPhoneが安く買えるのはお得ですね。

★【SIMフリースマホ(格安スマホ)を使う】

難易度:★★★★☆ 節約度:★★★★★

お手頃価格のHUAWEI P30 lite
お手頃価格のHUAWEI P30 lite

携帯会社も変えたくないし、中古のスマホもあまり使いたくない・・・でも、なるべく新しいスマホが欲しい! そんな方にはSIMフリースマホがおすすめです。

SIMフリースマホとは、通信会社に縛られることなく通信回線を自由に選択できるスマホのこと。特に格安SIMの利用には最適で、スマホ代を大幅に節約することも可能です。

本体の性能はミドルレンジ~ローエンド(中~低)が主流ですが、通話やメールはもちろん、LINEやTwitter、インターネットのブラウジングには問題ない性能です。また、最近では大手携帯キャリアのハイエンドモデルと遜色の無い高性能なスマホまで登場しています。

一番の魅力は、やはり本体価格です。3万前後の価格帯のラインナップが多いので、9~10万円近くするキャリアのスマホと比べるとその差は歴然。1~2万円程度で購入できる安価なスマホもあるので、最低限利用できれば良いという価格重視の方にもピッタリです。

また、LINEモバイル、UQモバイル、mineo、BIGLOBEモバイルといったMVNOで格安SIMとセットになっている格安スマホもおすすめです。端末代も安くでき、毎月の料金プランも見直すことが出来ます。ぜひチェックしてみてください。

公式サイトはこちら

まとめ

通話料金や通信代、端末代についての節約術はいかがでしたでしょうか?

基本的には、格安SIMやMNPなど手間をかければそのぶん安くなる傾向にあります。確かに契約を変えたりするのは面倒ですが、家族と一緒に休日を利用して話し合うなどして、ひとりではなく家計全体として考えると、さらに効果的かもしれません。

とくに、格安SIM・格安スマホ使って毎月のスマホ料金、端末代金を安くする方法はおすすめです。



こちらの記事はいかがでしたか?

お役に立ちましたか?

送信する

もしよろしければお友達に
ご紹介お願いします!

  • ツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

特集コンテンツ

d-card

docomoのギガホ・ギガライト

Y!mobile 公式オンラインストアなら「限定商品!」「送料無料!」「24H受付OK!」

この記事を書いた人(編集:モバレコ編集部)

スマホ、ケータイ、docomo、au、ソフトバンク、格安SIMに関する総合情報メディア「Mobareco-モバレコ」の記事コンテンツの制作を監修。スマホのレビュー、サービス解説、ライフハックからトラブルシューティングガイドなどの幅広いジャンルのコンテンツディレクションを手掛ける。『スマホをもっとわかりやすく。もっと便利に。』ユーザー目線に沿ったコンテンツを発信中。Twitter:@mobareco_jp