ソフトバンクからLINEMO(ラインモ)に乗り換えると安くなる?

ソフトバンクからLINEMO(ラインモ)に乗り換えると安くなる?乗り換え手順やメリット・デメリットも解説!

2021年3月より、ドコモ・au・ソフトバンクの大手3キャリアそれぞれから、オンライン専用の新料金プランが提供開始されています。

中でも、ソフトバンクからは新たなオンライン専用の格安料金プランとして、「LINEMO(ラインモ)」が登場。

ソフトバンクからのMNP転出は不要、月額2,728円でデータ通信20GBが使用でき、LINEを使用したトーク・通話等がデータ通信量無制限で使い放題になるなどして、注目を集めています。

今回は、新料金プランであるLINEMOの特徴や、ソフトバンクからLINEMOに切り替えた場合のメリット・デメリット、料金面の違いなどについて解説します!

※別途記載がない限り、記事内の価格表記は税込です。

-ソフトバンクの格安プラン-

LINEMOがおすすめの理由!

LINEMO

★LINEMOの特徴・おすすめポイント★

  • ソフトバンクの高速通信が格安で利用できる
  • シンプルで分かりやすい2つの料金プラン
  • LINEアプリがギガフリーで利用できる
  • LINEアプリ上でデータ残量や請求金額を確認できる
  • PayPay残高で料金支払いができる
  • お子様向けにも安心の充実したフィルタリングサービスが無料で利用できる

今なら他社からの乗り換えでスマホプランを契約すると、10,000円相当のPayPayポイント還元中!(新規は3,000円相当PayPayポイント還元)

ソフトバンクの新料金プラン「LINEMO」

ソフトバンクの新料金プラン「LINEMO」

ソフトバンクの新料金プランである「LINEMO」は、2021年3月17日より開始されたオンライン専用ブランドです。

データ通信容量20GBが使えて月額2,728円(税込)という家計に優しい格安なプラン内容が最大の特徴です。

新料金プランのLINEMOについて、以下表にまとめました。

LINEMOのプラン概要
月額料金 2,728円(税込)
データ容量 20GB/月
低速時の速度 最大1Mbps
通話料金 22円/30秒
国内かけ放題 5分以内かけ放題:550円/月
無制限かけ放題:1,650円/月
国際ローミング オプション費用無料
※別途通信料は必要

「月間20GBのデータ通信が利用できる格安料金のオンライン専用ブランド」という特徴だけに注目すると、ドコモの新料金プラン「ahamo」、auの新料金プラン「povo」と同じような位置付けです。

3キャリアの新料金プランは、ほぼ等しい内容ですが、細かな点に着目すると、ソフトバンクのLINEMOならではの特徴も存在します。

一般的な格安SIMとは異なり、LINEMOの通信回線はソフトバンクを同じ回線を使用します。

そのため、常に安定した品質の通信環境を利用でき、特定時間帯に通信が遅くて繋がりにくいといった格安SIMでよく発生する問題とは疎遠かと思います。

また、LINEMOならではの特徴として、国民的SNSアプリ「LINE」のトークや通話で使用するデータ通信量が、月間データ通信量のカウント対象外(=無制限利用)となる「LINEギガフリー」というサービスも適用されます。

一方で、LINEMOは格安なオンライン専用ブランドであることから、ソフトバンクのサービス内容と異なる点もいくつかあります。

代表的な相違点として、サポートはオンラインのみ、キャリアメールが使えない、家族割などの割引サービスが適用外になるといった内容が挙げられます。

ソフトバンクからLINEMOへ乗り換えるメリット

ソフトバンクからLINEMOへ乗り換えるメリット

ソフトバンクユーザーからすると、新しい料金プラン「LINEMO」へ乗り換えると、一体どのような利点があるのか・・・気になりますよね。

ここからは、ソフトバンクからLINEMOへ乗り換えるメリットについて、いくつか解説します。

①通信費を抑えられる

LINEMOへ乗り換えることでユーザーが得られる一番大きなメリットは通信費を抑えられることです

従来のソフトバンクの料金プランでは、使い方にもよりますが、平均的な使い方をしていると月額5,000円〜8,000円前後の通信料金が発生します。

一方、新料金プランのLINEMOでは月20GBまで利用できる上、月間の通信料金設定は2,728円と格安価格です。これはソフトバンクの通信費用と比べると約1/2〜1/3程度となり、かなりの通信費を抑えられます。

通信費は毎月家計にのしかかる固定費であるため、ソフトバンクからLINEMOへの乗り換えにより通信費用が半額以上安くなるのであれば、お財布にとても優しく家計負担が大きく減ります。

②速度制限にかかっても速い

ついついスマホでデータ通信を使い過ぎてしまうと、いつの間に月間データ容量を超過してしまうもの。そして、定められた月間のデータ容量を超過してしまうと通信速度の制限がかかってしまいます。

多くの他社サービスでは、データ容量超過時の通信速度は128kbps程度に設定されているサービスが多いです。

一方、LINEMOの通信速度制限は最大1Mbpsとされ、制限された速度上限が大幅に緩和されています。

具体的に1Mbpsという通信速度は、動画を視聴するには若干厳しいものの、通常のネットブラウザー利用やSNSアプリの利用、メールやメッセージ送受信は全く問題なくできるレベルの通信速度です。

LINEMOなら、例え月間データ容量を超過してしまっても、追加でデータチャージせずに色々と利用できて安心ですね。

③乗り換え手数料が無料、MNP転出不要

通常、携帯電話番号を変えずに他社キャリアへ乗り換えする場合には、MNP転出を行う必要があります。

LINEMOはソフトバンクのオンライン専用ブランドであるため、MNP転出する必要はなく、オンラインからプラン変更手続きを行います。

よってMNP転出に係る手続きが一切発生しないため、移行手続きが簡単に行える点もメリットです。

また、ソフトバンクからの移行の際、契約解除料や事務手数料、プラン変更手数料等も一切発生しないので、ユーザーは費用負担なく無料でLINEMOへ乗り換えできます。

④LINEギガフリーでLINE主要機能が使い放題

LINEMOならではのメリットとして、LINEのトークや通話が月間データ通信のカウント対象外として、データフリーで使い放題となる「LINEギガフリー」が提供されています。

ファイルサイズの大きい画像や動画のトーク送受信やビデオ通話は、特に多くのデータ通信量を必要とします。

このLINEギガフリーにより、動画やビデオ通話であってもデータ通信を気にせず使い放題になるので、長時間通話や頻度の高い利用も安心です。LINEアプリの使用頻度が多ければ多いほど、月間データ通信量の節約につながります。

LINEギガフリーによるデータ通信量カウント対象外が適用となる主なLINEアプリ機能は以下のとおり。

LINEアプリの機能 LINEギガフリー対象
音声通話・ビデオ通話
トーク(テキスト・画像・動画・スタンプ等の送受信)
タイムライン表示
プロフィールの表示
ウォレットタブのLINE Pay利用
Face Play
トークのみんなで見る機能による
YouTube視聴
×
ニュース記事詳細閲覧 ×
スタンプショップの利用 ×
外部サイト(リンク)への接続 ×

LINEの主要機能とも言うべき、音声通話・ビデオ通話・トークの利用はLINEギガフリーの対象となります。

一方で、ニュース記事閲覧やスタンプショップの利用など、幅広いLINEアプリの各種機能利用では対象外となる場面も多いので注意しましょう。

ソフトバンクからLINEMOへ乗り換える際の注意点・デメリット

ソフトバンクからLINEMOへ乗り換える際の注意点・デメリット

ソフトバンクからLINEMOへ乗り換える場合の注意点やデメリットについても考えておきましょう。

①サポートはオンライン限定

LINEMOは、オンライン専用の料金プランであることを条件として、料金プランの安さを実現しています。

オンライン専用であるため、ソフトバンクからの乗り換え手続き、料金プランやオプションの変更、各種サポートについて、ソフトバンクショップ店頭や電話対応はできず、全てオンライン対応窓口からの受付とされています。

オンラインでの手続き自体は難しくないものの、いつもショップでの有人対応でオンライン手続きに慣れていない方にとっては、オンラインのみでサポートに不安を感じてしまうことがあるかもしれません。

また、LINEMOに乗り換えを検討中でスマホの補償サービスにまだ加入されていない人はモバイル保険といった補償サービスの加入を検討してみてはいかがでしょうか?

毎月700円、年間最大10万円で3端末までの補償が可能なモバイル端末に特化した保険サービスです。

モバイル保険

具体的には、「外装破損」、「損壊」、 「水濡れ全損」、「故障」、「盗難」などで発生する修理費用について年間最大10万円の補償が可能になります。

スマホは2年、3年と毎日長く使うもの、うっかり落として画面が破損してしまった、水没してしまって動かなくなってしまったなど、トラブルはつきものです。

そんな、スマホの修理や補償が気になる!という人は月700円で年間最大10万円の補償ができるモバイル保険がおすすめです。

また、国内で人気のiPhoneといった高額なスマホを購入する際も、安価なモバイル保険に入っておくと安心です。

モバイル保険の特徴

・月額700円で3台まで
・SIMフリースマホやiPhoneを購入する人におすすめ
・年間で最大10万円の補償
・機種ごとではなく契約者に紐づく保険なので、機種変更しても安心

②家族割やネット回線とのセット割は適用外

ソフトバンクの料金プランでは、家族で複数回線契約している適用になる家族割や、ソフトバンク光等のインターネット回線契約によるセット割引が提供されています。

一方、LINEMOでは元々の料金プラン内容が安いため、これら従来の割引サービス適用は一切適用外となります。

よって、ソフトバンクを契約していて家族割やネット回線とのセット割の適用を最大限に受けているユーザーでは、場合によってLINEMOに移行した方がかえって通信料金が高くなってしまう可能性もあります。

LINEMOは、ソフトバンク系のネット回線とまとめて安くしたいというようなソフトバンクブランドとしての認識ではなく、あくまでLINEMOの通信のみを使うユーザーが格安メリットを享受できるという認識でいた方が良いです。

③キャリアメールは使えない

LINEMOはソフトバンクではなく、あくまでもLINEMOです。
よって、ソフトバンクで提供されているキャリアメール(@softbank.jp)のメールアドレスは一切使えなくなります。

代替えとしてGmailやYahooメールといったフリーメールアドレスを使用するようにしましょう。

注意点として、キャリアメールを電子マネーや各種オンラインサービスのIDとして使っている場合、LINEMOへの移行によりキャリアメールが使えなくなると、これらオンラインサービス等へのログインもできなくなる恐れがあります。

必ず移行前に、キャリアメールの設定からフリーメール等への設定へ切り替えておきましょう。

④スマホ機種の販売を行っていない

LINEMOではスマホ端末の販売が行われていないため、LINEMOで通信サービスを利用するには、自分自身で利用端末を用意しなければなりません。

また、利用端末の初期設定についても自分で行う必要があります。現在スマホを持っていない状態でLINEMOのサービス利用はできません。必ず持ち込みの端末が必要です。

自分自身で持ち込んだ端末の不具合や故障に関してもLINEMOではサポートを受けられない点に注意しておきましょう。

ソフトバンクからLINEMOに乗り換えた料金をシミュレーション

ソフトバンクからLINEMOに乗り換えた料金をシミュレーション

LINEMOへ乗り換えるメリット・デメリットが分かったところで、今度は実際にソフトバンクからLINEMOへ乗り換えた場合、どれくらいの料金差がでるのか・・・シミュレーションしてみました。

料金比較の主な条件は以下のとおりです。

ソフトバンク側
・メリハリ無制限が2人(1人学生含む)とミニフィットプラン+が2人の合計4人家族での2年間合計の通信料金を試算する。
・通話オプションはなし。
・新みんな家族割(3人以上:1,210円引き)と学割(6か月間:3,938円引き)を適用し、おうち割 光セットは適用なし。

LINEMO側
・家族4人全員がLINEMOの料金プラン利用とし、2年間合計の通信料金を試算する。
・通話オプションはなし。

※横にスクロールできます。

ブランド ソフトバンク LINEMO
プラン名 メリハリ無制限 メリハリ無制限(学生) ミニフィットプラン+(2人) LINEMO(4人分)
月額料金 一般:6,028円 学割:2,090円
※6ヶ月間
3,278円 2,728円
1ヶ月の4人合計料金 学割適用の6ヶ月間:14,674円
学割終了後:18,612円
10,912円
1年目合計 199,716円 130,944円
2年間合計 374,352円 261,888円
2年間の差額 112,464円

上記の条件により家族4人分で比較すると、2年間合計で112,464円もの差額が発生します。
これは家計にとってはかなり大きな金額です。10万以上もの差額があれば、ちょっとした家族旅行にも出かけられます。

家族内でメリハリ無制限で3GBを超過するユーザーが多ければ多いほど、ソフトバンクとLINEMOの差額は大きく開くので、メリハリ無制限ユーザーが家族内に多い方は2年間合計の差額を1度シミュレーションしてみると良いかもしれません。

ただしLINEMOでは月間20GBまでの利用なので、20GBを大きく超過するメリハリ無制限ユーザーの場合、この限りではありません。

ソフトバンクからLINEMOへの乗り換え手順

ソフトバンクからLINEMOへの乗り換え手順

ここではソフトバンクからLINEMOへの乗り換え手順を簡単に解説します。

乗り換え手続き前の注意点

ソフトバンクからLINEMOへ乗り換える前に主に注意しておきたいのは3点です。

1つ目は、支払い方法について。

LINEMOの毎月の通信料金支払いはクレジットカード払いのみとなります。コンビニ払いや口座振替には対応していません。

2つ目は、18歳未満は契約できないということ。

ソフトバンクでは保護者の同意をもとに18歳未満でも契約が可能でしたが、LINEMOでは18歳未満の契約は不可能です。

ただし、18歳以上の保護者が契約を行い、その子どもが使用者として利用するなど、18歳未満のユーザーによる利用は可能です。

3つ目はMNP転出は不要なものの、SIMロック解除が必要であること。

同じソフトバンク回線であるため、端末に設定されたSIMロック解除が不要のように思いますが、ソフトバンクからLINEMOへの移行手順としてSIMロック解除が必要であると公式に説明されています。
動作確認端末を確認した上で、必ず事前にSIMロック解除しておきましょう。

LINEMOに申し込む

LINEMOへ切り替える際に、ソフトバンクで設定したネットワーク暗証番号(4ケタ)が必要になるので事前に用意しておきます。

LINEMOの申し込み画面で現在利用中の携帯電話会社選択を求められるので「ソフトバンク」を選択した上で、LINEMOへ申し込みます。

「ソフトバンク」を選択

また、LINEMOへの申込時にMy Softbankへのログインが必要になります。

申し込み完了後、1〜2時間ほどで「お申し込み完了のお知らせ」というメールが届きます。審査が通った場合はその後「商品発送のお知らせ」というメールが届くので、商品(SIMカード)が届くまで待ちましょう。

審査が通らなかった場合、申し込み内容に確認が必要な場合は「(重要)お申し込み内容のご確認」というメールが届きます。
メールに記載の『お申し込み状況確認』ページから不備内容を確認し、正しい情報に修正が必要となります。

回線切替手続きをする

ソフトバンクからLINEMOへの回線切替の場合、申し込みが完了しSIMカードが届いたら、以下の回線切替窓口に電話を行い回線切り替え手続きをしなければなりません。

LINEMO回線切替窓口
TEL:0800-919-3448
(10:00〜19:00)

この回線切替時点でソフトバンクで設定していたネットワーク暗証番号(4ケタ)が必要となります。

また、回線切替の数十分間、あるいは最大1〜2時間は回線利用ができなくなる場合もあるので、自身の回線利用が立て込んでいる急ぎの時間帯は避けた方が無難です。

加えて、回線切替の電話窓口は10:00〜19:00までと受付時間が決まっていることにも注意しましょう。

APN設定をする

LINEMOの通信を利用するには、APN設定が必要です。

iPhoneやiPadなどiOS端末の場合は公式サイト「iPhone・iPadのAPN設定」へアクセスしAPN構成プロファイルをダウンロード、その後設定アプリからインストールします。

Android端末の場合は、端末のWi-Fiをオフにした上で、「設定>ネットワークとインターネット>モバイルネットワーク>アクセスポイント名」と進みます。

アクセスポイント名にLINEMOが表示されている場合はLINEMOを選択します。(LINEモバイルとは異なるので、LINEモバイルは選択しないように注意)

LINEMOがアクセスポイント名に表示されていない場合は、メニューから「新しいAPN」を追加します。

名前 LINEMO
APN plus.acs.jp
ユーザー名 lm
パスワード lm
MCC 440
MNC 20
認証タイプ CHAP
APNタイプ default,supl,hipri

上記の項目情報をそれぞれ入力したら保存を行い、新たに追加したこのLINEMOを選択して完了です。

My Menu(会員サイト)に登録する

回線が開通し通信ができるようになったら、最後に利用料金・契約内容の確認や、オンラインによるサポートを受けるためのLINEMO My Menuに登録を行います。

LINEMO My Menuへアクセスし、携帯電話番号と契約時に設定した暗証番号(4ケタ)を入力します。

LINEMO My Menu

ログイン後、新たなパスワードを設定し、規約に同意したらMy Menuの設定は完了です。

ソフトバンクからの乗り換えに使えるLINEMOのキャンペーン

ソフトバンクからの乗り換えに使えるLINEMOのキャンペーン

2021年4月現在、LINEMOへの乗り換えるとお得になるキャンペーンが2つ実施されています。

お得なキャンペーン1つ目は「通話オプション割引キャンペーン」です。

キャンペーン適用の場合、5分以内の国内通話オプションが通常月額550円かかるところ、スマホプランに加入後1年後まで毎月無料になるお得なキャンペーンです。

LINEMOのお得な料金プランが使えて、さらに通話オプション1年無料で利用できるので、毎月の固定費を大幅に抑えられます。

2つ目のお得なキャンペーンは「LINEスタンプ プレミアムポイントバックキャンペーン」というもの。

LINEMOを契約した上で、LINEのトークなどで使える700万種類以上のクリエイターズスタンプ・絵文字が使い放題となる「LINEスタンプ プレミアム」に加入すると、LINEポイントが240ポイントもらえるキャンペーンです。

キャンペーン終了期間は現在未定となっているため、キャンペーン終了期間が訪れるまでは、毎月月末にLINEMO契約やLINEスタンププレミアム加入等の条件を満たすことで、特典が付与され続けます。

普段からLINEスタンプをたくさん使うユーザーにとって、多様なスタンプや絵文字を使いながらも、毎月ポイントバックされるため、ますますLINEアプリをお得に使いこなせます。

まとめ

ソフトバンクからLINEMOへの乗り換えについて、そのメリットやデメリット、2年間利用した場合の料金の違い、簡単な移行手順について解説しました。

LINEMOは毎月20GBで月額2,728円という大変お得なプラン内容です。

ソフトバンクのメリハリ無制限で20GBを大きく超過している使用しているヘビーユーザーや、毎月1GB未満のライトユーザーを除いて、多くのソフトバンクユーザーにとってお得になる内容であると思います。

家族割引やネット回線割引が適用外になる点や、オンラインサポートのみとなる点などに注意しつつ、料金面でお得になるようであれば積極的にLINEMOを活用したいところです。

記事内容を踏まえつつ、ソフトバンクからLINEMOへ乗り換えるのがおすすめなユーザーについてまとめました。

・ソフトバンクの通信料金が高いと感じている人
・毎月のデータ利用量が3〜20GB程度のミドルユーザー
・サポートがオンライン対応でも不安を感じない人
・LINEアプリで通話・トーク・スタンプなどLINEアプリ全般をよく使うユーザー

ソフトバンクユーザーの方はご自身の契約状況をよく確認した上で、LINEMOへの移行によりお得になるのであればぜひ乗り換えを検討してみてはいかがでしょうか?

この記事を書いた人(編集:モバレコ編集部)

NINO

NINO(ニノ)

人生を全力で楽しむモノコトブロガー

プロフィール

1985年埼玉県生まれの昭和末期世代。
大学卒業後は大手建設企業に就職するも、仕事と子育てを両立したワークライフバランスを求めるために地方へ移住。
「人生を楽しむモノコトブログ」をテーマにしたブログ「FatherLog」を主幸しています。最高月間45万PV。Mac・iPhone・iPadなどのApple製品・ガジェット全てが人生のスパイスです。
読者が実際に使っているかのような体験型レビュー記事の作成を常に心がけています。
モバレコでは「初心者の方が安心してお得な選択ができるきっかけ」になれるよう、解説記事を中心に発信しています。

得意カテゴリー

Apple製品・スマホ・ガジェット・ディズニー・ゲーム

ブログ・SNS

FatherLog
https://fatherlog.com/
Twitter(@fatherlog)
https://twitter.com/fatherlog

Let's Share!

  • Twitter シェアアイコン
  • facebook シェアアイコン
  • はてなブックマーク シェアアイコン
  • Pocket シェアアイコン