スマホの購入はネットがお得! スマホを安く、便利に購入する方法を解説

書いた人: Jetstream

カテゴリ: スマホ ,

ツイート このエントリーをはてなブックマークに追加
スマホの購入はネットがお得! スマホを安く、便利に購入する方法を解説

皆さんはスマートフォンをどこで購入していますか? 筆者はもっぱらネット購入です。

以前は店舗でスタッフの説明を受けながら、じっくりとケータイを購入するのが当たり前でした。しかし、時代がケータイからスマートフォンに入れ替わるとともに、インターネットで携帯電話を販売するオンラインショップが急増。今ではネットで簡単にスマホを購入できる時代になりました。

その傾向は、格安SIM・SIMフリースマホの普及により、さらに加速しています。今や格安SIMとSIMフリースマホをインターネットでセット購入するなど当たり前ですからね。

この記事では、スマホをネット購入するために知っておきたい情報からネット購入のメリット・デメリット、ネットでお得にスマホを買う方法まで紹介していきます。

目次:

スマホを購入できる場所は?

スマホを購入できる場所は?
スマホを購入できる場所は?

現在、スマホを購入できる主な場所は、ドコモ・au・ソフトバンクといった大手キャリアが運営する公式ショップ、キャリアのスマホを販売しているテルルなどの併売店、大きな携帯電話コーナーがある大手家電量販店、そしてインターネットのオンラインショップです。

ネットでスマホが購入できるオンラインショップにも、キャリアが運営する公式ネットショップキャリアの正規代理店、amazonやモバレコといったSIMフリースマホと格安SIMのパッケージを扱うオンラインショップといった種類があります。

今やスマホ自体も「キャリアが販売するSIMロックありのキャリアスマホ」と「メーカーや格安SIMブランドが販売するSIMロックなしのSIMフリースマホ」に分類されるため、販売している場所もさまざまです。

■キャリアのスマホを販売している場所

公式ショップ(実店舗) ドコモ・au・ソフトバンク・ワイモバイルが運営する実店舗
併売店 複数のキャリアを一堂に取り扱う、
いわゆる携帯ショップ
家電量販店 家電量販店やカメラショップなどの
携帯電話コーナー
オンライン 公式
ネットショップ
ドコモ・au・ソフトバンク・ワイモバイルが運営する
ネットショップ
正規代理店 キャリアの正規販売代理店

■SIMフリースマホを販売している場所

公式ショップ(実店舗) mineoや楽天モバイルなどのMVNOが運営する実店舗
併売店 テルルなどのごく一部の企業が販売する
独自SIMフリースマホ(Mode1 RETROなど)
家電量販店 家電量販店やカメラショップなどの
SIMフリースマホコーナー
オンライン 公式
ネットショップ
MVNOが運営するネットショップ
正規代理店 MVNOの正規販売代理店

大手キャリアのスマホをネットで購入できる場所

ドコモオンラインショップのTOPページ
ドコモオンラインショップのTOPページ

ドコモ・au・ソフトバンクといった大手キャリア、ソフトバンクのサブブランドであるワイモバイルは、それぞれの公式オンラインストアでスマホを販売しています。公式オンラインストアでは新規契約はもちろん、他社からの乗り換え(MNP)や機種変更でも申し込めるので、街中のショップと同じようにスマホを購入することができます。

SIMフリースマホをネットで購入できる場所

モバレコでもSIMフリースマホを販売中
モバレコでもSIMフリースマホを販売中

格安SIM・SIMフリースマホが世に出始めた当初、実店舗はもちろん家電量販店にも専用コーナーはありませんでした。MVNOの実店舗が登場したり家電量販店にSIMフリースマホコーナーが設けられたのは、ここ数年の話です。

そのため、SIMフリースマホの購入は各MVNOが行っているSIMとのセット販売、各メーカーの直販サイトやamazon、モバレコといったオンラインショップでの購入が主流になっています。さまざまなメーカーのSIMフリースマホを販売しているサイトもあり、統一したフォーマットで各機種のスペックや機能を紹介。一覧になっているのでわかりやすく、機種同士を比較しやすいのが特徴です。

MVNOで購入する場合、スマホのみの単体では購入できませんので、好きな格安SIMとの組み合わせで使いたい方はオンラインショップで本体のみを購入するといいでしょう。

ネットで購入するメリットは?

ネット購入のメリットを解説していきます
ネット購入のメリットを解説していきます

キャリア・SIMフリー問わず、スマホを持っていることが当たり前になった今の時代。ある程度知識のある人なら、いちいちキャリアのショップで時間をかけて契約するよりも、自分の好きなタイミングにオンラインショップで購入するほうが圧倒的に手軽です。

とはいえ、「いきなりネットショップで購入するのは不安…」と、なかなか踏み出せない人もいるかと思います。ここではキャリア・SIMフリースマホをネットショップで購入するメリットを解説していきますので、ぜひ参考にしてください。

「待ち時間不要で24時間好きなタイミングで購入できる」といったネットならではの利便性以外に、ネットでの購入にはどんなメリットがあるのでしょうか。

大手キャリアのスマホをネットで購入するメリット

キャリアのスマホをネットで購入するメリットを解説
キャリアのスマホをネットで購入するメリットを解説

ドコモ・au・ソフトバンクといった大手キャリアの公式オンラインショップでキャリアのスマホを購入するメリットには、主に以下のような点が挙げられます。

★キャリアのスマホをネットで買うメリット

・オンライン限定のキャンペーンがある
・キャリア独自のポイントが利用できる
・機種変更手数料や無駄な頭金が発生しない(主にドコモ)
・公式アクセサリーも同時に購入できる
・万が一の際に返品することもできる

一方、デメリットとして考えられるのは、すべての手続きが自己責任になってしまうこと。お店のスタッフさんのように、細かく説明してくれたり注意事項を教えてくれる人もいないので、契約時にしか申し込めない端末保障サービスへの加入を忘れてしまった・・・なんてことも。契約してしまったあとでやり直しが効かない部分に関しては、特に注意が必要です。

また、新規契約の際に実店舗では電話番号をある程度選択できますが、ネットの申し込みでは一切選ぶことができません。

各キャリアともに8日以内であれば契約をキャンセルできます。ただし、日数の計算開始日が契約時点なのか商品出荷日時点なのか、それとも商品到着時点なのか、キャリアによって異なるので注意が必要です。購入を予定しているキャリアのキャンセル事情について、事前に確認しておくと安心です。

■各キャリアの「8日以内」キャンセルの定義
・NTTドコモ:8日以内キャンセル
・au:商品の返品・交換はできますか?
・ソフトバンク:商品の返品はできますか?
・ワイモバイル:契約のキャンセル

SIMフリースマホをネットで購入するメリット

SIMフリースマホをネットで購入するメリットを解説
SIMフリースマホをネットで購入するメリットを解説

SIMフリースマホをネットショップで購入するメリットは“価格”です。競合が多いので価格競争が激しく、独自のキャンペーンを行うことで優位性をアピールするショップもたくさん。amazonのタイムセールや、MVNOで格安SIMとスマホをセット購入したときのキャッシュバックなどが代表的な例です。

また、SIMフリースマホにまだなじみが無かったり、周囲にSIMフリースマホを使っている人が少ないというときも安心。ネットショップなら多くのユーザーの口コミを見ることができるので世間の評判や使用時の感想を参考にしながら機種を選べます。

★SIMフリースマホをネットで買うメリット

・競合が多いため、価格競争が起きている
・ショップ独自のお得なキャンペーンが多い
・ネット上でいろいろなショップと価格を比較できる
・使用している人の口コミ・評価を参考にできる
・MVNOでSIMとセット購入すると大幅値引きになることも

SIMフリースマホの場合も細かな説明を受けられないという部分がデメリットになりますが、そもそもの本体価格が安かったり、大手キャリアのキャンペーンに比べて内容もシンプルなことが多いのであまり気にならないかもしれません。

ネットでお得にスマホを購入するおすすめの方法

ネットでスマホを購入する際のメリット・デメリットは理解していただけたでしょうか? それぞれ長短所はありましたが、やはりおすすめしたいのはネットでの購入です。ここではよりお得にスマホを購入する方法をご紹介します。

大手キャリアのスマホを買うなら公式サイトが便利!

ドコモ・au・ソフトバンク・ワイモバイルの狙い目はWEB限定のキャンペーンやサービスです。

店頭では申し込みできない公式サイト限定のキャンペーンやタイムセールが実施されていることもあるので、頻繁に情報をチェックしてみましょう。

また、大手キャリアの公式オンラインショップの最大のメリットは在庫が潤沢なこと。通常の店舗では欲しい端末やカラーが欠品していることもありますが、WEBの場合はそうそうありえません。最新iPhoneのような人気端末の場合も予約対応をしてもらえるので欲しい端末を確実にゲットすることができます。

また、各公式サイトではチャットでオペレーターに不明点を直接聞けるので安心。少し待ち時間がかかることはありますが、回答の精度は実店舗にも劣りません。むしろ、口下手な人・話すことが苦手な人にとっては、うれしいサービスではないでしょうか。

★キャリアスマホは公式サイトがおすすめ

・WEB限定のキャンペーンがある
・端末在庫が豊富で欲しいスマホが確実に手に入る
・店舗に行く手間や待ち時間がかからない
・わからないことはチャットで問い合わせできる

SIMフリースマホは格安SIMと同時購入できるショップがオススメ!

ネット購入でSIMフリースマホを始めてみませんか?
ネット購入でSIMフリースマホを始めてみませんか?

SIMフリースマホの購入は、格安SIMも一緒に取り扱っているネットショップがおすすめ。スマホ本体と契約したい格安SIMを同時に申し込むことができますし、万が一の問い合わせも一度で済むので便利です。

当サイト「モバレコ」では、各メーカーのSIMフリースマホと格安SIMを自分好みに選んで購入することができます。初期費用を公式よりも安く申し込める格安SIMもたくさんあるので、ぜひチェックしてみてください。

ポイント①:好きな機種と好きな格安SIMの組み合わせを選ぶことができる

SIMフリースマホと格安SIMを好みに合わせてチョイス
SIMフリースマホと格安SIMを好みに合わせてチョイス

MVNOでスマホを購入する場合は、SIMとセットの購入のみの取り扱いになっています。キャッシュバックなどのお得なキャンペーンを実施していることもあるのですが、各MVNOごとの取り扱い端末から選ぶ形になるので自由度が低いのが難点です。

そのため「使ってみたいSIMフリースマホがある」「このスマホとSIMの組み合わせで使いたい」など、目的がはっきりしている場合はモバレコのようなショップが便利。スマホとSIMをそれぞれ単体で販売しているので、自分好みの組み合わせを自由に選ぶことができます。また、スマホとSIMが同時に届くので、設定すればすぐに利用できるのも大きなメリット。

ポイント②:開通するまで電話やメールでサポートを受けられる

お問い合わせフォームを通してスタッフがサポート
お問い合わせフォームを通してスタッフがサポート

大手キャリアの公式ショップの場合、お店のスタッフさんが開通まで手取り足取り教えてくれるのが当たり前ですよね。でも、格安SIMの場合は自分で開通手続きを行わなければいけません。「手続きが面倒くさそう」という部分がネックになり、一歩踏み出せないでいる人も多いのではないでしょうか。

モバレコではそんな格安SIM初心者の方のために、お問い合わせフォームを通じて開通までの流れをサポートしています。都合のいい時間を指定してスタッフと相談できるので、ショップのように待ち時間にわずらうこともありません。

ポイント③:クレジットカード以外に、代金引換・口座振込が使える

クレジットカード以外の支払い方法にも対応
クレジットカード以外の支払い方法にも対応

SIMフリースマホ、格安SIMを販売しているネットショップのほとんどは、クレジットカードのみ決済が可能で、その他の支払い方法を選べないことが多いです。

「クレジットカードを使うのは抵抗がある」「そもそもクレジットカードを持っていない」という人のために、モバレコでは別の決済方法を用意。スマホ本体は代金引換/SIMの購入は口座振込でお支払いすることができます。

★SIMフリースマホはネットショップが◎

・販売価格が安い
・好きなスマホとSIMカードを購入できる
・問い合わせフォームなどで質問することも可能
・自宅にいながら購入・申し込み手続きが完了
・クレジットカード以外の支払い方法が使える店もある

まとめ:オンラインでもきちんとしたサポートが受けられる

インターネットでいろいろな情報を手軽に入手できる現在。スマホをネットで購入することも身近な手段になってきました。オンラインでの申し込みとはいえ、いざというときはきちんと問い合わせできますし、しっかりとしたサポートを受けることもできます。

次回、スマホの購入を検討する際は、“ネットで購入”もぜひ検討してみてください。

▼最新スマホおすすめランキング特集もチェック!キャリア・SIMフリーから厳選!

こちらの記事はいかがでしたか?

お役に立ちましたか?

送信する

もしよろしければお友達に
ご紹介お願いします!

  • ツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

特集コンテンツ

d-card

docomoのギガホ・ギガライト

Y!mobile 公式オンラインストアなら「限定商品!」「送料無料!」「24H受付OK!」

この記事を書いた人(編集:モバレコ編集部)

国内外のガジェット情報や、移住して住んでいる沖縄での出来事を発信する個人ブログ「Jetstream BLOG」を運営している石井です。Twitter:@j_jetstream