人気メーカーから厳選!編集部が選ぶおすすめSIMフリースマホランキング

書いた人: モバレコ編集部

カテゴリ: まとめ

ツイート このエントリーをはてなブックマークに追加
人気メーカーから厳選!編集部が選ぶおすすめSIMフリースマホランキング

ここ数年で、格安SIMとともに利用者が急激に増加しているSIMフリースマホ。ドコモ・au・ソフトバンクといったキャリア回線に縛られることなく通信回線を自由に選択できるスマートフォンのことで、格安SIMと組み合わせれば月々のスマホ代を安く抑えられることから、いま注目を浴びているスマートフォンの新たな選択肢です。

そんな数あるSIMフリースマホの中からモバレコ編集部が選ぶおすすめの10機種をピックアップしてみました。スマホ最安販売に挑戦するモバレコ バリューストアでの取り扱い商品もあるので、スマホの買い替えを考えている方はぜひセールを活用してみてください!スマホ最安販売についてはこちら

※価格はすべて税抜、執筆時点のものとなります。最新の価格情報は購入先でご確認ください。

目次:

ZenFone 3 Laser(ASUS)

ZenFone 3 Laser

本体サイズ 約149.0 × 76.0 × 7.9(mm)
重さ 約 150g
OS Android 6.0.1 Marshmallow
ディスプレイ 5.5インチ FHD(1920×1080)
ROM(ストレージ) 32GB
RAM(メモリ) 4GB
カメラ メインカメラ:約1,600万画素/インカメラ:約800万画素
バッテリー 3,000mAh
カラー シルバー/ゴールド

ASUS製スマートフォンでも特に人気の高かった「ZenFone 2 Laser」の後継機種として登場。約30,000円と手ごろな価格ながら、4GBのRAMやフルHDの高精細ディスプレイ、1,600万画素のカメラなどさまざまな点で進化を遂げています。本体もプラスチック樹脂から金属のボディへと変化しており、まさにコスパの高いおすすめの1台です。

メーカー価格は27,800円、モバレコ バリューストアでは25,900円で販売されています。

RAIJIN(プラスワン・マーケティング)

RAIJIN

本体サイズ 約153.0 × 76.0 × 8.7(mm)
重さ 約183g
OS Android 7.0
ディスプレイ 約5.5インチ(1920×1080)
ROM(ストレージ) 64GB
RAM(メモリ) 4GB
カメラ メイン:約1,600万画素/サブ:約800万画素
バッテリー 5,000mAh
カラー シルバー/マットブラック/マットネイビー

8.7mmという薄型ボディながら、5,000mAhの大容量バッテリーを搭載したFREETELブランドの最新スマートフォン。「雷神」の名を冠し、4GB RAMや8コアCPU、そして最新のAndroid 7.0 Nougatを搭載するなどスペックも充実。それでいてこの価格帯であれば満足できる1台といえるでしょう。

メーカー価格は29,800円、モバレコ バリューストアでは27,100円で販売されています。

HUAWEI Mate 9(Huawei)

HUAWEI Mate 9

本体サイズ 約156.9 × 78.9 × 7.9(mm)
重さ 約190g
OS Android 7.0
ディスプレイ 約5.9インチ(1920×1080)
ROM(ストレージ) 64GB
RAM(メモリ) 4GB
カメラ メイン:約1,200万画素カラーセンサー + 約2,000万画素モノクロセンサー/サブ:約800万画素
バッテリー 4,000mAh
カラー シャンパンゴールド/ムーンライトシルバー

デザインの良さ、処理能力の高さ、便利な機能・設計、扱いやすいカメラと魅力は盛りだくさん。高いレベルでバランスが取れている高性能スマートフォンです。この内容にしては価格もかなり手頃になっており、間違いなく今イチオシな1台です。

メーカー価格は60,800円、モバレコ バリューストアでは52,900円で販売されています。

ZenFone 3(ASUS)

ZenFone 3

本体サイズ 約146.8 × 73.9 × 7.69(mm)
重さ 約144g
OS Android 6.0.1
ディスプレイ 5.2インチ(1920×1080)
ROM(ストレージ) 32GB
RAM(メモリ) 3GB
カメラ メイン:約1,600万画素/サブ:約800万画素
バッテリー 2,650mAh
カラー サファイアブラック/パールホワイト

まさに洗練されたボディデザインで、ASUS特有の放射線状のスピン加工が施されています。5.2インチのフルHD解像度ディスプレイを搭載し、3GBメモリや世界初Snapdragon 625を搭載するなど性能もバツグン。この時代の特徴と言える、DSDS(デュアルSIMデュアルスタンバイ)やUSB Type-Cにも対応。

メーカー価格は39,800円、モバレコ バリューストアでは36,291円で販売されています。

HUAWEI P9 lite(Huawei)

HUAWEI P9 lite

本体サイズ 約146.8 × 72.6 × 7.5(mm)
重さ 約147g
OS Android 6.0
ディスプレイ 5.2インチ(1920×1080)
ROM(ストレージ) 16GB
RAM(メモリ) 2GB
カメラ メイン:約1,300万画素/サブ:約800万画素
バッテリー 3,000mAh
カラー ゴールド/ホワイト/ブラック

金属製のスタイリッシュなボディにオクタコアプロセッサ、パーフェクトセルフィーやライトペインティングといった多様な撮影モードを搭載するカメラなど、トータルでの性能・機能のバランスが高いコストパフォーマンスに優れた1台。Huaweiより2016年6月17日発売。

メーカー価格は29,980円、モバレコ バリューストアでは25,741円で販売されています。

arrows M03(富士通)

arrows M03

本体サイズ 144.0 × 72.0 × 7.8(mm)
重さ 141g
OS Android 6.0
ディスプレイ 約5.0インチ(720×1280)
ROM(ストレージ) 16GB
RAM(メモリ) 2GB
カメラ メイン:約1,310万画素/サブ:約500万画素
バッテリー 2,580mAh
カラー ブラック/ホワイト/ピンク/シャンパンゴールド(楽天モバイル限定カラー)/グリーン(mineo限定カラー)

初めてのSIMフリースマホにうってつけの1台です。数少ない国産のSIMフリースマホで、ドコモ回線・au回線に対応したマルチキャリア対応も特徴的。前モデル「arrows M02」から薄型化・軽量化し、おサイフケータイやワンセグ視聴(アンテナ内臓)、そして防水にも対応するなど、キャリアから乗り換えやすいスマホです。

メーカー価格はオープン価格、モバレコ バリューストアでは29,164円で販売されています。

HUAWEI P9(Huawei)

HUAWEI P9

本体サイズ 約145.0 × 70.9 × 6.95(mm)
重さ 約144g
OS Android 6.0
ディスプレイ 4.5インチ(854×480)
ROM(ストレージ) 32GB
RAM(メモリ) 3GB
カメラ メイン:約1,200万画素 x 2/サブ:約800万画素
バッテリー 3,000mAh
カラー ミスティックシルバー/チタニウムグレー

ドイツのカメラメーカーLeica(ライカ)との協業で開発された2眼カメラは色彩(カラー情報)と陰影・ディテール(モノクロ情報)を個別に記録し合成することで、より深みのある写真を生み出します。また金属製のボディに2.5Dのガラスを組み合わせた高級感のあるデザイン、オクタコアのプロセッサ、指紋認証センサーなど、トータルでの質感や性能もバランス高く仕上げられた1台です。

メーカー価格は59,800円、モバレコ バリューストアでは49,270円で販売されています。

ZenFone 3 Max(ASUS)

ZenFone 3 Max

本体サイズ 約149.5 × 73.7 × 8.55(mm)
重さ 約160g
OS Android 6.0
ディスプレイ 約5.2インチ(1280×720)
ROM(ストレージ) 16GB
RAM(メモリ) 2GB
カメラ メイン:約1,300万画素/サブ:約500万画素
バッテリー 4,100mAh
カラー シルバー/ゴールド/グレー

“Max”の名前の由来であるバッテリー容量は、ZenFone 3の約1.5倍である4,100mAhを搭載。しかし本体サイズは一回り小さい5.2インチで片手での扱いやすさは大きく向上しています。決してスペックは高くないものの、スキマ時間にサクッと使うには十分な性能を備え、その価格帯も非常にお手頃なものに仕上がっています。

メーカー価格は19,800円、モバレコ バリューストアでは18,700円で販売されています。

KIWAMI 2(プラスワン・マーケティング)

KIWAMI 2

本体サイズ 約157.2 × 77.5 × 7.2(mm)
重さ 約168g
OS Android 6.0
ディスプレイ 約5.7インチ(2560×1440)
ROM(ストレージ) 64GB
RAM(メモリ) 4GB
カメラ メイン:約1,600万画素/サブ:約800万画素
バッテリー 3,400mAh
カラー メタルシルバー

FREETELの人気スマートフォン・REIのデザインを踏襲し、初代KIWAMIと比べても全体的にスペックアップしました。最近のトレンドでもあるデュアルSIM・デュアルスタンバイ(DSDS)やUSB Type-C端子、そしておなじみのFREETELボタンも進化を遂げて搭載されています。

メーカー価格は49,800円、モバレコ バリューストアでは45,000円で販売されています。

ZenFone Go(ASUS)

ZenFone Go

本体サイズ 約151.0 × 76.9 × 10.7(mm)
重さ 約160g
OS Android 5.1
ディスプレイ 5.5インチ(1280×720)
ROM(ストレージ) 16GB
RAM(メモリ) 2GB
カメラ メイン:約800万画素/サブ:約500万画素
バッテリー 3,010mAh
カラー ブラック/ホワイト/ブルー/レッド/ピンク

スペックは決して高くはないものの、日常使いには必要な最低ベースは確保。最大の魅力は価格の安さを考えたコストパフォーマンスです。国内で発売されているZenFoneシリーズとしては唯一、爽やかな青色もラインナップ。ASUSより2016年4月2日発売。

メーカー価格は19,800円、モバレコ バリューストアでは16,760円で販売されています。

スマホ販売、最安値に挑戦!

スマホをお得に手に入れたい方はセール情報を要チェック。モバレコ バリューストアでは、スマホ販売の最安値に挑戦しています。

最新のスマートフォンが通常よりも安く購入できるので、ぜひチェックしてみてください。

モバレコでは、スマホと格安SIMがお得になる・役に立つ記事を平日12:00に配信中です。

こちらの記事はいかがでしたか?

お役に立ちましたか?

送信する

もしよろしければお友達に
ご紹介お願いします!

  • ツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を書いた人(編集:モバレコ編集部)

こんにちはモバレコ編集部です。2017年もはやいものでもう3月に入りました。お花見、プロ野球の開幕、待ち遠しくてワクワクする季節ですね。スマートフォンも新製品が続々と世界で発表されています。日本での発売も待ち遠しく感じますが、とりあえずはやく春っぽく暖かくなってほしいですね。