人気メーカーから厳選!編集部が選ぶおすすめSIMフリースマホランキング【19年11月第2週】

書いた人: モバレコ編集部

カテゴリ: スマホ

ツイート このエントリーをはてなブックマークに追加
SIMフリースマホ おすすめ

ここ数年で、格安SIMとともに利用者が急激に増加しているSIMフリースマホ。ドコモ・au・ソフトバンクといったキャリア回線に縛られることなく通信回線を自由に選択できるスマートフォンのことで、格安SIMと組み合わせれば月々のスマホ代を安く抑えられることから、いま注目を浴びているスマートフォンの新たな選択肢です。

そんな数あるSIMフリースマホの中からモバレコ編集部が選ぶおすすめの11機種をピックアップしてみました。

格安SIMのランキングが気になる人はこちら

更新日:2019年11月08日

目次:

モバレコではスピードテストアプリを使わない独自のシステムで各MVNOの通信を複合的に測定して、快適かどうか、安定しているかどうかを測っています。こちらのランキングもぜひ参考にしてみてください。

モバレコ格安SIM 24時間速度ランキング
独自の仕組みで測定した”格安SIM 24時間速度ランキング”を毎週公開中!

人気ランキングの調査方法

こちらの記事では、モバレコが運営する「ストア」で実際に売れているSIMフリースマホの販売実績や端末レビューの閲覧数などをもとに、モバレコ編集部が選ぶSIMフリースマホの人気ランキングを紹介しています。

各機種のスペックをチェック

ランキングの前にまずはおすすめSIMフリースマホのスペック早見表をご紹介します。
高性能な機種を「ハイエンド」といい、「ミドルレンジ」「エントリーモデル」と続きます。
分類にあたっての明確な決まりはありませんが、1つの基準として参考にしていただければと思います。

●おすすめSIMフリースマホのスペック早見表

ハイエンド
価格が高くスペックは最高峰。ネットにゲームにガンガンにスマホを使いこなしたい人向け。
ZenFone 5Z
HUAWEI Mate 20 Pro
BlackBerry KEY2 Black
ミドルレンジ
価格は平均的で性能は普通。コスパよくスマホを買いたい人向け。
HUAWEI P20 lite
HUAWEI nova 3
Moto G6
ZenFone 5Q
AQUOS sense lite
ZenFone Max Plus (M1)
HUAWEI nova lite 2
エントリーモデル
価格が安く機能は必要最低限。電話やネット閲覧をメインとしている人向け。
ZenFone MAX (M1)

※モバレコ調べ

AQUOS sense lite(SHARP)

★ちょうどいいミドルスペック!信頼のSHARPのミドルスペックスマホ

「AQUOS sense lite(ホワイト)」の正面 「AQUOS sense lite(ブラック)」の正面 「AQUOS sense lite(ゴールド)」の正面
「AQUOS sense lite(ホワイト)」の側面 「AQUOS sense lite(ホワイト)」の背面
「AQUOS sense lite」のプロダクトイメージ
本体サイズ 約144.0 × 72.0 × 8.5(mm)
重さ 約147g
OS Android 7.1
ディスプレイ 約5.0インチ
CPU Qualcomm® Snapdragon™ 430(MSM8937)
ROM(ストレージ) 32GB
RAM(メモリ) 3GB
カメラ メインカメラ:約1,310万画素 CMOS
サブカメラ:約500万画素 CMOS
バッテリー 2,700mAh
カラー ブラック/ホワイト/ゴールド
メーカー価格 税込 32,900円

SHARPから発売された安心のミドルスペック「AQUOS sense lite」。キャリアから発売されているハイスペック「AQUOS R」、ミドルスペックの「AQUOS sense」につづいて、SIMフリー版として登場。
Snapdragon 430、32GB ROM、3GB RAMというスペックは安心して使えるミドルスペック。国産ならではの様々な機能がユーザーに優しい、長く使えるスマホです。 AQUOS sense lite(SHARP)のレビューはこちら

モバレコでは税込 16,094円で販売中です。

▲記事のトップに戻る


HUAWEI P20 lite(Huawei)

★人気間違い無し! 高コスパのミドルスペックスマホ

「HUAWEI P20 lite(クラインブルー)」の正面と背面 「HUAWEI P20 lite(サクラピンク)」の正面と背面 「HUAWEI P20 lite(ミッドナイトブラック)」の正面と背面
「HUAWEI P20 lite(クラインブルー)」の側面 「HUAWEI P20 lite(クラインブルー)」の背面
「HUAWEI P20 lite」プロダクト
本体サイズ 約149 × 71 × 7.4(mm)
重さ 約145g
OS Android 8.0
ディスプレイ 5.8インチ
CPU Huawei Kirin659 オクタコア
ROM(ストレージ) 32GB
RAM(メモリ) 4GB
カメラ メインカメラ:1,600万+200万画素
サブカメラ:1,600万画素
バッテリー 3,000mAh
カラー ミッドナイトブラック・クラインブルー・サクラピンク
メーカー価格 税込 34,538円

2017年一番人売れたSIMフリースマホ「P10 lite」の後継機として発売された「P20 lite」。フルビューディスプレイやダブルレンズカメラなど最新の機能を搭載し、P10 liteから性能をグレードアップ、定評のあるカメラは手軽に印象的な写真が撮れるすぐれものです。
一番の特徴はそれだけの高機能でありながら、3万円台の低価格。ロングセラー間違い無し、期待のハイコストパフォーマンスミドルスペックです!HUAWEI P20 lite(Huawei)のレビューはこちら

モバレコでは税込 19,352円で販売中です。

▲記事のトップに戻る

au

ZenFone MAX (M1)

コストパフォーマンスの高さと大容量のバッテリーでサブスマホにもおススメ

「ZenFone MAX (M1)(サンライトゴールド)」の正面と背面 「ZenFone MAX (M1)(ルビーレッド)」の正面と背面 「ZenFone MAX (M1)(ディープシーブラック)」の正面と背面
「ZenFone MAX (M1)(サンライトゴールド)」の側面 「ZenFone MAX (M1)(ルビーレッド)」の背面
「ZenFone MAX (M1)(ディープシーブラック)」の背面 「ZenFone MAX (M1)」のプロダクトイメージ
本体サイズ 約147.3 mm × 70.9 mm × 8.7 mm
重さ 約150g
OS Android 8.0
ディスプレイ 5.5 インチ
CPU Qualcomm® Snapdragon™ 430
ROM(ストレージ) 32GB
RAM(メモリ) 3GB
カメラ メインカメラ:1,300万+800万画素
サブカメラ:800万画素
バッテリー 4,000mAh
カラー サンライトゴールド
ディープシーブラック
ルビーレッド
メーカー価格 税込 24,624円

大容量のバッテリーを売りにしたASUSのZenFone Maxシリーズ。今回の最新作「ZenFone Max(M1)は、4,000mAhのバッテリーはもちろん、32GBのROMと3GBのRAMを積みながらも、価格を2万円台に抑えた、ASUSらしいコストパフォーマンスの高いスマホです。
ライトユーザーの普段使いにはもちろん、2台目のサブスマホとして持つにもおススメ。ZenFone MAX (M1)(ASUS)のレビューはこちら

モバレコでは税込 21,491円で販売中です。

▲記事のトップに戻る

HUAWEI nova lite 2(Huawei)

★人気のHuawei、ダブルレンズ搭載のミドルスペックスマホ

「HUAWEI nova lite 2(ブルー)」の正面と背面 「HUAWEI nova lite 2(ゴールド)」の正面と背面 「HUAWEI nova lite 2(ブラック)」の正面と背面
「HUAWEI nova lite 2(ブルー)」の側面 「HUAWEI nova lite 2(ブルー)」のプロダクトイメージ
本体サイズ 約150.1 × 72.05 × 7.45(mm)
重さ 約145g
OS Android 8.0
ディスプレイ 5.65 インチ
CPU Huawei Kirin 659
ROM(ストレージ) 32GB
RAM(メモリ) 3GB
カメラ メインカメラ:1,300万+200万画素
サブカメラ:800万画素
バッテリー 3,000mAh
カラー ブルー/ブラック/ゴールド
メーカー価格 税込 25,980円

人気のHuaweiがSNSやゲームを中心とした若者をターゲットに作ったミドルスペックモデル。3GB RAMを搭載のHuawei Kirin 659で動作も軽く、2万円台の価格ながらダブルレンズを搭載したハイコストパフォーマンスモデルです。
メインのスマホを格安SIMに乗り換える際にも、2台目のサブスマホとしてもおススメのスマートフォンです。HUAWEI nova lite 2(Huawei)のレビューはこちら

モバレコでは税込 13,241円で販売中です。

▲記事のトップに戻る

ZenFone 5Q(ASUS)

★4つのカメラを搭載が面白い! ZenFone5シリーズのミドルスペック

「ZenFone 5Q」のプロダクトイメージ 「ZenFone 5Q(ミッドナイトブラック)」の正面と背面 「ZenFone 5Q(ムーンライトホワイト)」の正面と背面
「ZenFone 5Q(ミッドナイトブラック)」の側面 「ZenFone 5Q(ミッドナイトブラック)」の背面
「ZenFone 5Q」のプロダクトイメージ
本体サイズ 約160.5 × 76 × 7.7(mm)
重さ 約168g
OS Android 8.0
ディスプレイ 約6インチ
CPU Snapdragon™ 630 オクタコア
ROM(ストレージ) 64GB
RAM(メモリ) 4GB
カメラ メインカメラ:1,600万+800万画素
サブカメラ:2,000万+800万画素
バッテリー 3,300mAh
カラー ミッドナイトブラック/ムーンライトホワイト
ルージュレッド
メーカー価格 税込 42,984円

ASUS ZenFone 5の下位モデルとなり、メモリは4GB、CPUもSnapdragon 630を搭載しています。しかしながら、上位モデルよりもカメラ機能は充実し、ついにアウトとインの両側に2つずつのレンズを搭載し合計4個のレンズ。価格は4万円台とスペックよりもカメラ機能にこだわる若者をターゲットにしたスマートフォンです。ZenFone 5Q(ASUS)のレビューはこちら

モバレコでは税込 32,388円で販売中です。

▲記事のトップに戻る

ZenFone 5Z(ASUS)

★最新ZenFone 5シリーズの最上位機種! スペックの高さとデュアルレンズに注目!

「ZenFone 5Z(スペースシルバー)」の正面と背面 「ZenFone 5Z(シャイニーブラック)」の正面と背面 「ZenFone 5Z(シャイニーブラック)」の正面
「ZenFone 5Z(スペースシルバー)」の背面 「ZenFone 5Z(シャイニーブラック)」の背面
「ZenFone 5Z」のプロダクトイメージ 「ZenFone 5Z」のプロダクトイメージ
本体サイズ 約153.0 x 約75.6 x 約7.7(mm)
重さ 約165g
OS Android 8.0
ディスプレイ 6.2インチ
CPU Qualcomm® Snapdragon™ 845 (オクタコアCPU)
ROM(ストレージ) 128GB
RAM(メモリ) 6GB
カメラ メインカメラ:1,200万+800万画素
サブカメラ:800万画素
バッテリー 3,300mAh
カラー スペースシルバー/シャイニーブラック
メーカー価格 税込 75,384円

コストパフォーマンスが高く人気のASUSのZenFoneシリーズ、最新の5シリーズの中でもハイスペックにあたるのが、ZenFone 5Z。6Gのメモリ、Snapdragon 845を積んだCPUでハイスペックらしく動作も軽快。
特に今回注目したいのがカメラ。スペックが高いばかりで、イマイチ評価のあがらなかったASUSのカメラですが、この5Zは本当に綺麗。デュアルレンズで捉えた写真は、精細で奥深い写真に仕上がります。
ZenFone 5Zのいいところは、これだけのハイスペックでありながら、7万円台に抑えた価格帯。ハイスペックがほしいとは思うけれども10万は…という人にぜひとも手にして欲しいモデルです。ZenFone 5Z(ASUS)のレビューはこちら

モバレコでは税込 67,528円で販売中です。

▲記事のトップに戻る

BlackBerry KEY2 Black(BlackBerry)

★待望のブラックベリーの最新作!使いこなすほど手放せない存在!

「BlackBerry KEY2 Black」のプロダクトイメージ 「BlackBerry KEY2 Black」の正面 「BlackBerry KEY2 Black」の背面
「BlackBerry KEY2 Black」の正面 「BlackBerry KEY2 Black」の側面
「BlackBerry KEY2 Black」のプロダクトイメージ
本体サイズ 約151.4mm x 約71.8mm x 約8.5mm
重さ 約160g
OS Android 8.1
ディスプレイ 4.5インチ
CPU Qualcomm Snapdragon SD660 OCTA-CORE
ROM(ストレージ) 128GB
RAM(メモリ) 6GB
カメラ メインカメラ:1,200万画素 + 1,200万画素
サブカメラ:800万画素
バッテリー 3,500mAh
カラー ブラック
メーカー価格 税込 79,800円

QWERTY配列の物理キーボードを搭載した他にはない個性的なスマホとしてコアなファンから圧倒的な支持を受けるBlackBerry。そのBlackBerryの最新作「KEY2」が登場。
Android 8.1を搭載し、より使いやすくなりながらも、個性的なBlackBerryらしさを残した端末。今回はブラックとシルバーの2色が登場し、それぞれメモリとストレージ、SIMカードスロットが異なり値段も違います。
今回から今の流れであるデュアルレンズカメラを搭載し、キーボードの機能も充実。慣れればとにかく文字入力が捗ります。
それらの機能はもちろんのことながら、なんと言っても他にはないこの外観。もっているだけでも所有欲を満たしてくれる、周りに自慢したくなる一品です!BlackBerry KEY2のレビューはこちら

モバレコでは税込 90,618円で販売中です。

▲記事のトップに戻る

BIGLOBE モバイル

HUAWEI Mate 20 Pro(Huawei)

★Huawei史上最高レベルのハイスペックスマホ! 驚愕のカメラ性能を堪能したい!

「HUAWEI Mate 20 Pro(トワイライト)」の正面と背面 「HUAWEI Mate 20 Pro(ミッドナイトブルー)」の正面と背面 「HUAWEI Mate 20 Pro(ミッドナイトブルー)」の背面
「HUAWEI Mate 20 Pro(トワイライト)」の背面
本体サイズ 約158 mm × 72 mm × 8.6 mm
重さ 約189g
OS Android 9.0
ディスプレイ 6.39 インチ
CPU HUAWEI Kirin 980 オクタコア
(2 x 2.6 GHz + 2 x 1.92 GHz + 4 x 1.8 GHz)
ROM(ストレージ) 128GB
RAM(メモリ) 6GB
カメラ メインカメラ:約4,000+2,000+800万画素
サブカメラ:約2,400万画素
バッテリー 4,200mAh
カラー ミッドナイトブルー・トワイライト
メーカー価格 税込120,830円

世界のトップクラスのスマホメーカーとなったHUAWEIの待望のハイスペックスマホ。6GBのRAM、128GBのROMを積んだHUAWEI Kirin 980は最高クラスのハイスペック。
特に話題になっているのは4,000+2,000+800万画素のトリプルカメラ。高精細だけでなく接写の性能が高く、AIによりスマホ史上最高と言われるカメラです。
値段は10万円を越える高価格ながら、その性能には十分に満足ができるスマホです。HUAWEI Mate 20 Pro(Huawei)のレビューはこちら

モバレコでは税込 89,630円で販売中です。

▲記事のトップに戻る

mineo(マイネオ)

ZenFone Max Plus (M1)(ASUS)

★大容量バッテリーとデュアルレンズカメラが注目

「ZenFone Max Plus (M1)(ディープシーブラック)」の正面と背面 「ZenFone Max Plus (M1)(サンライトゴールド)」の背面 「ZenFone Max Plus (M1)(アズールシルバー)」の背面
「ZenFone Max Plus (M1)」のプロダクトイメージ 「ZenFone Max Plus (M1)」のプロダクトイメージ
本体サイズ 約152.6 × 73 × 8.8(mm)
重さ 約160g
OS Android 7
ディスプレイ 5.7インチ
CPU MediaTek MT6750T(1.5GHz)
ROM(ストレージ) 32GB
RAM(メモリ) 4GB
カメラ メインカメラ 1,600万画素+800万画素
サブカメラ 800万画素
バッテリー 4,130mAh
カラー サンライトゴールド、 アズールシルバー
ディープシーブラック
メーカー価格 税込 32,184円

バッテリー容量に重点を置いたZenFoneのMaxシリーズの最新作「ZenFone Max Plus(M1)」。4,130mAhのバッテリーとパワーマネジメントシステムを組み合わせて、バッテリー持ちは問題なし。
進化したMaxシリーズはバッテリーだけでなく他の機能も充実、1,600万画素と120°広角を合せたデュアルレンズカメラも注目です。
これだけのスペックを積んでもASUSらしくコスパの高い3万円台。ZenFone Max Plus (M1)(ASUS)のレビューはこちら

モバレコでは税込 31,568円で販売中です。

▲記事のトップに戻る

Moto G6(Motorola)

★デュアルレンズを搭載したMotorola。価格を抑えたミドルエントリーモデル

「Moto G6(ディープインディゴ)」のプロダクトイメージ 「Moto G6(ディープインディゴ)」の正面 「Moto G6(ディープインディゴ)」の正面
「Moto G6(ディープインディゴ)」の背面 「Moto G6(ディープインディゴ)」の背面
「Moto G6(ディープインディゴ)」のカメラ部分 「Moto G6(ディープインディゴ)」のプロダクトイメージ
本体サイズ 約153.8 x 約72.3 x 約8.3(mm)
重さ 約162.5g
OS Android 8.0
ディスプレイ 5.7インチ
CPU Qualcomm® Snapdragon™ 450
ROM(ストレージ) 32GB
RAM(メモリ) 3GB
カメラ メインカメラ:1,200万+500万画素
サブカメラ:1,600万画素
バッテリー 3,000mAh
カラー ディープインディゴ
メーカー価格 税込 28,800円

MotorolaからついにデュアルレンズモデルのMoto G6。表面には傷つきにくいGORILLA GLASSを採用し、画面サイズはトレンドの18:9、扱いやすいスマホです。CPUや搭載メモリはハイスペックからは劣るものの、その分、購入しやすい価格に抑えて気軽に購入しやすいモトローラらしいスマホ。Moto G6(Motorola)のレビューはこちら

モバレコでは税込 24,343円で販売中です。

▲記事のトップに戻る

OCNモバイルONE/OCN光

モバレコ注目の1台! HUAWEI nova 3(Huawei)

★4つのレンズを搭載した 24メガピクセルAIカメラ

「HAUWEI nova 3(アイリスパープル)」の正面と背面 「HAUWEI nova 3(ブラック)」の正面と背面 「HAUWEI nova 3(アイリスパープル)」の正面と背面
「HAUWEI nova 3(ブラック)」の正面と背面 「HAUWEI nova 3(アイリスパープル)」の背面
「HAUWEI nova 3(ブラック)」の背面
本体サイズ 約157 × 73.7 × 7.3(mm)
重さ 約166g
OS Android 8.1
ディスプレイ 6.3インチ
CPU HUAWEI Kirin 970 オクタコアCPU
ROM(ストレージ) 128GB
RAM(メモリ) 4GB
カメラ メインカメラ:約1,600万+2,400万画素
サブカメラ:約2,400万+200万画素
バッテリー 3,750mAh
カラー ブラック・アイリスパープル
メーカー価格 税込 59,184円

1,600万+2,400万画素のメインカメラと2,400万+200万のサブカメラの4つのレンズを搭載したミドルハイスペック。若者をターゲットに作られたnovaシリーズですが、「安くて手頃」ではなく、自撮りやゲームなどヘビーユーザーが使える高いスペックのスマホです。6.3インチの画面、4GBRAM、HUAWEI独自のCPUであるKirin970はゲームや動画視聴に大活躍。

モバレコでは税込 54,980円で販売中です。

▲記事のトップに戻る

楽天モバイル

この記事で紹介した端末はこちら

90,618円

順位 端末名(メーカー) 販売価格(税込)
1位 AQUOS sense lite(SHARP) 16,094円
2位 HUAWEI P20 lite(Huawei) 19,352円
3位 ZenFone Max (M1)(ASUS) 21,491円
4位 HUAWEI nova lite 2(Huawei) 13,241円
5位 ZenFone 5Q(ASUS) 32,388円
6位 ZenFone 5Z(ASUS) 67,528円
7位 BlackBerry KEY2 Black(BlackBerry) 90,618円
8位 HUAWEI Mate 20 Pro(Huawei) 89,630円
9位 ZenFone Max Plus (M1)(ASUS) 31,568円
10位 Moto G6(Motorola) 24,343円
ピックアップ! HUAWEI nova 3(Huawei) 54,980円

▲記事のトップに戻る

▼最新スマホおすすめランキング特集もチェック!キャリア・SIMフリーから厳選!

こちらの記事はいかがでしたか?

お役に立ちましたか?

送信する

もしよろしければお友達に
ご紹介お願いします!

  • ツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

特集コンテンツ

d-card

docomoのギガホ・ギガライト

Y!mobile 公式オンラインストアなら「限定商品!」「送料無料!」「24H受付OK!」

この記事を書いた人(編集:モバレコ編集部)

スマホ、ケータイ、docomo、au、ソフトバンク、格安SIMに関する総合情報メディア「Mobareco-モバレコ」の記事コンテンツの制作を監修。スマホのレビュー、サービス解説、ライフハックからトラブルシューティングガイドなどの幅広いジャンルのコンテンツディレクションを手掛ける。『スマホをもっとわかりやすく。もっと便利に。』ユーザー目線に沿ったコンテンツを発信中。Twitter:@mobareco_jp