人気メーカーから厳選!編集部が選ぶおすすめSIMフリースマホランキング【17年8月第2週】

書いた人: モバレコ編集部

カテゴリ: まとめ

ツイート このエントリーをはてなブックマークに追加
人気メーカーから厳選!編集部が選ぶおすすめSIMフリースマホランキング

ここ数年で、格安SIMとともに利用者が急激に増加しているSIMフリースマホ。ドコモ・au・ソフトバンクといったキャリア回線に縛られることなく通信回線を自由に選択できるスマートフォンのことで、格安SIMと組み合わせれば月々のスマホ代を安く抑えられることから、いま注目を浴びているスマートフォンの新たな選択肢です。

そんな数あるSIMフリースマホの中からモバレコ編集部が選ぶおすすめの10機種をピックアップしてみました。

更新日:2017年08月11日

目次:

人気ランキングの調査方法

こちらの記事では、モバレコが運営する「モバレコ バリューストア」で実際に売れているSIMフリースマホの販売実績や端末レビューの閲覧数などをもとに、モバレコ編集部が選ぶSIMフリースマホの人気ランキングを紹介しています。

各機種のスペックをチェック

ランキングの前にまずはおすすめSIMフリースマホのスペック早見表をご紹介します。
高性能な機種を「ハイエンド」といい、「ミドルレンジ」「エントリーモデル」と続きます。
分類にあたっての明確な決まりはありませんが、1つの基準として参考にしていただければと思います。

●おすすめSIMフリースマホのスペック早見表

ハイエンド
価格が高くスペックは最高峰。ネットにゲームにガンガンにスマホを使いこなしたい人向け。
【例】iPhone 7、Xperia XZ Premium、Galaxy S8など
HUAWEI Mate 9
HUAWEI P10
ZenFone 3 Deluxe
ミドルレンジ
価格は平均的で性能は普通。コスパよくスマホを買いたい人向け。
【例】arrows Be F-05J、AQUOS EVER SH-02Jなど
HUAWEI P10 lite
ZenFone 3 Laser
NuAns NEO[Reloaded]
BlackBerry KEYone
Moto G5 Plus
HUAWEI nova
エントリーモデル
価格が安く機能は必要最低限。電話やネット閲覧をメインとしている人向け。
【例】arrows SV F-03H、AQUOS ZETA SH-04Hなど
ZenFone 3 Max
arrows M04

※モバレコ調べ

HUAWEI Mate 9(Huawei)

★デザイン・機能・価格のバランスに優れるフラグシップモデル

Mate 9 Mate 9 Mate 9
Mate 9 Mate 9
本体サイズ 約156.9 × 78.9 × 7.9(mm)
重さ 約190g
OS Android 7.0
ディスプレイ 約5.9インチ(1920×1080)
CPU HUAWEI Kirin 960 オクタコア
ROM(ストレージ) 64GB
RAM(メモリ) 4GB
カメラ メイン:約1,200万画素カラーセンサー + 約2,000万画素モノクロセンサー/サブ:約800万画素
バッテリー 4,000mAh
カラー シャンパンゴールド/ムーンライトシルバー
販売価格(税込) 52,531円 PRICE DOWN

デザインの良さ、処理能力の高さ、便利な機能・設計、扱いやすいカメラと魅力は盛りだくさん。高いレベルでバランスが取れている高性能スマートフォンです。この内容にしては価格もかなり手頃になっており、間違いなく今イチオシな1台です。

>>HUAWEI Mate 9(Huawei)のレビューはこちら

▲記事のトップに戻る

HUAWEI P10 lite(Huawei)

★低価格ながらミドルレンジの性能を持つコスパに優れた1台

HUAWEI P10 lite HUAWEI P10 lite HUAWEI P10 lite
HUAWEI P10 lite HUAWEI P10 lite
HUAWEI P10 lite
本体サイズ 約146.5 × 72 × 7.2(mm)
重さ 約146g
OS Android 7.0
ディスプレイ 5.2インチ(1920×1080)
CPU Huawei Kirin658 オクタコア
ROM(ストレージ) 32GB
RAM(メモリ) 3GB
カメラ メイン:約1,200万画素/サブ:約800万画素
バッテリー 3,000mAh
カラー サファイアブルー、パールホワイト、ミッドナイトブラック、プラチナゴールド、サクラピンク(UQモバイル専用)
販売価格(税込) 27,259円 PRICE DOWN

ファーウェイの人気機種・HUAWEI P9 liteの後継として登場。基本性能が底上げされ、デザイン、性能、価格のバランスがよくコストパフォーマンスに優れています。特に、ボディ本体は磨きがかかり、飛躍的にその質感が高まりました。

>>HUAWEI P10 lite(Huawei)のレビューはこちら

▲記事のトップに戻る

ZenFone 3 Laser(ASUS)

★抜群の扱いやすさはSIMフリースマホデビューにも最適

ZenFone 3 Laser ZenFone 3 Laser ZenFone 3 Laser
ZenFone 3 Laser ZenFone 3 Laser
ZenFone 3 Laser ZenFone 3 Laser
本体サイズ 約149.0 × 76.0 × 7.9(mm)
重さ 約 150g
OS Android 6.0.1 Marshmallow
ディスプレイ 5.5インチ FHD(1920×1080)
CPU Qualcomm Snapdragon 430 オクタコア
ROM(ストレージ) 32GB
RAM(メモリ) 4GB
カメラ メインカメラ:約1,300万画素/インカメラ:約800万画素
バッテリー 3,000mAh
カラー シルバー/ゴールド
販売価格(税込) 27,756円 PRICE DOWN

ASUS製スマートフォンでも特に人気の高かった「ZenFone 2 Laser」の後継機種として登場。約30,000円と手ごろな価格ながら、4GBのRAMやフルHDの高精細ディスプレイ、1,300万画素のカメラなどさまざまな点で進化を遂げています。本体もプラスチック樹脂から金属のボディへと変化しており、まさにコスパの高いおすすめの1台です。

>>ZenFone 3 Laser(ASUS)のレビューはこちら

▲記事のトップに戻る

ZenFone 3 Max(ASUS)

★スタイリッシュに進化したコスパ抜群スマホ

ZenFone Max ZenFone Max ZenFone Max
ZenFone Max ZenFone Max
ZenFone Max
本体サイズ 約149.5 × 73.7 × 8.55(mm)
重さ 約160g
OS Android 6.0
ディスプレイ 約5.2インチ(1280×720)
CPU MediaTek MT6737M クアッドコア
ROM(ストレージ) 16GB
RAM(メモリ) 2GB
カメラ メイン:約1,300万画素/サブ:約500万画素
バッテリー 4,100mAh
カラー シルバー/ゴールド/グレー
販売価格(税込) 19,548円 PRICE DOWN

“Max”の名前の由来であるバッテリー容量は、ZenFone 3の約1.5倍である4,100mAhを搭載。しかし本体サイズは一回り小さい5.2インチで片手での扱いやすさは大きく向上しています。決してスペックは高くないものの、スキマ時間にサクッと使うには十分な性能を備え、その価格帯も非常にお手頃なものに仕上がっています。

>>ZenFone 3 Max(ASUS)のレビューはこちら

▲記事のトップに戻る

NuAns NEO[Reloaded](トリニティ)

★待望のAndroid OS搭載!防水・指紋認証・おサイフケータイを備えた着せ替えスマホ

NuAns NEO[Reloaded](トリニティ) NuAns NEO[Reloaded](トリニティ) NuAns NEO[Reloaded](トリニティ)
NuAns NEO[Reloaded](トリニティ) NuAns NEO[Reloaded](トリニティ)
本体サイズ 約141 × 74 × 11 (mm)
重さ 約150g
OS Android 7.1
ディスプレイ 約5.2インチ(1920 × 1080)
CPU Qualcomm Snapdragon 625
ROM(ストレージ) 32GB
RAM(メモリ) 3GB
カメラ メイン:約1,300万画素/サブ:約800万画素
バッテリー 3,450mAh
カラー ブラック
着せ替え:700通り以上
販売価格(税込) 49,800円

Windows 10 Mobileとして登場した前機種から心機一転、要望の多かったAndroid OSを搭載するなどあらゆる点が進化した[Reloaded]。防水・指紋認証・おサイフケータイを新たに搭載し、ソニー製のカメラセンサーやシャープ製のディスプレイなど完成度の高い1台に。

それでいて前作と本体サイズが変わらないため、大きな特徴である背面カバーの着せ替えはそのまま継承。新作ラインナップも追加され組み合わせはなんと700通り以上に。

>>NuAns NEO[Reloaded](トリニティ)のレビューはこちら

▲記事のトップに戻る

HUAWEI P10(Huawei)

★ファーウェイより新端末が入荷!これからに期待の端末

HUAWEI P10(Huawei) HUAWEI P10(Huawei) HUAWEI P10(Huawei)
HUAWEI P10(Huawei) HUAWEI P10(Huawei)
本体サイズ 約 145.3 × 69.3 ×6.98 (mm)
重さ 約145g
OS Android 7.0
ディスプレイ 約 5.1インチ (1080×1920ドット)
CPU HUAWEI Kirin 960オクタコア
ROM(ストレージ) 64GB
RAM(メモリ) 4GB
カメラ メイン:約1,200万画素/サブ:約800万画素
バッテリー 3,200mAh
カラー ダズリングブルー/プレステージゴールド/ミスティックシルバー/グラファイトブラック
販売価格(税込) 56,999円 PRICE DOWN

大人気だった前機種・HUAWEI P9の後継機種となるシリーズ最新作。1,200万画素+2,000万画素のLeica製デュアルレンズ構成のカメラはもちろん搭載。ダズリングブルーにはハイパーダイアモンドカット加工が施されており、高級感漂う美しいボディデザインに。心地よい手触りでありながら、指紋がつきにくいのも好印象です。

>>HUAWEI P10(Huawei)のレビューはこちら

▲記事のトップに戻る

BlackBerry KEYone(BlackBerry)

★QWERTYキーボード搭載のAndroidスマートフォン。シリーズ初の指紋認証も

BlackBerry KEYone(BlackBerry) BlackBerry KEYone(BlackBerry) BlackBerry KEYone(BlackBerry)
BlackBerry KEYone(BlackBerry) BlackBerry KEYone(BlackBerry)
本体サイズ 約149.3 × 72.5 × 9.4 (mm)
重さ 約180g
OS Android 7.1
ディスプレイ 約4.5インチ(1,620×1,080)
CPU Qualcomm Snapdragon 625 オクタコア
ROM(ストレージ) 32GB
RAM(メモリ) 3GB
カメラ メイン:約1,200万画素/サブ:約800万画素
バッテリー 3,505mAh
カラー シルバー
販売価格(税込) 69,800円

Blackberryから新作・KEYoneが登場。おなじみのQWERTYキーボードに加え、シリーズ初の指紋認証を新たに搭載しました。発売直後から各種オンラインストアでは在庫切れが続出。その人気ぶりが伺えるとともに、多くのBlackberryファンの存在に気づかせてくれます。

>>BlackBerry KEYone(BlackBerry)のレビューはこちら

▲記事のトップに戻る

HUAWEI nova(Huawei)

★価格以上に感じる使い勝手の良さ

HUAWEI nova HUAWEI nova HUAWEI nova
HUAWEI nova HUAWEI nova
HUAWEI nova HUAWEI nova
本体サイズ 約141.2 × 69.1 ×7.1(mm)
重さ 約146g
OS Android 6.0
ディスプレイ 5.0インチ(1920×1080)
CPU Qualcomm Snapdragon 625 オクタコア
ROM(ストレージ) 32GB
RAM(メモリ) 3GB
カメラ メイン:約1,200万画素/サブ:約800万画素
バッテリー 3,020mAh
カラー ミスティックシルバー/チタニウムグレー/ローズゴールド
販売価格(税込) 32,899円 PRICE DOWN

Huaweiが若者向けに作った新シリーズ「nova」。オーディオ、4K動画、指紋認証、DSDSと新しい機能を取り入れながら、低価格で使い安いミドルスペックとなっています。新しい機能を備え且つ、低価格を維持できているため、使い勝手の良いスマホに仕上がっています。

>>HUAWEI nova(Huawei)のレビューはこちら

▲記事のトップに戻る

ZenFone 3 Deluxe(ASUS)

★本物の実力を備えた新・性能怪獣

ZenFone 3 Deluxe ZenFone 3 Deluxe ZenFone 3 Deluxe
ZenFone 3 Deluxe ZenFone 3 Deluxe
本体サイズ 約156.4 × 77.4 × 7.5(mm)
重さ 約172g
OS Android 6.0.1
ディスプレイ 5.7インチ(1920×1080)
CPU Qualcomm Snapdragon 821 クアッドコア
ROM(ストレージ) 256GB
RAM(メモリ) 6GB
カメラ メイン:約2,300万画素/サブ:約800万画素
バッテリー 3,000mAh
カラー シルバー/ゴールド
販売価格(税込) 92,880円 PRICE DOWN

搭載する画面は5.7インチと大型の有機ELディスプレイ、そして最新のハイエンド向けプロセッサに大容量RAM・ROMを搭載し、他社の現行フラグシップモデルを凌駕するスペックで注文が殺到する事態になった話題の端末です。

対応する通信方式も幅広く、NTTドコモ、au、そしてこれらの回線を使用したMVNOのSIMカード(格安SIM)でも使うことができます。

最近話題の4G+3GでのDSDS(デュアルシム・デュアルスタンバイ)もサポートしており、使い方の幅が拡がる1台です。

>>ZenFone 3 Deluxe(ASUS)のレビューはこちら

▲記事のトップに戻る

Moto G5 Plus(Motorola)

★シンプルの先にある使いやすさが心地良い

Moto G5 Plus Moto G5 Plus Moto G5 Plus
Moto G5 Plus Moto G5 Plus
本体サイズ 約150.2 × 74 × 7.7(mm)
重さ 約155g
OS Android 7.0
ディスプレイ 5.2インチ(1920 × 1080)
CPU Qualcomm Snapdragon 625 オクタコア
ROM(ストレージ) 32GB
RAM(メモリ) 4GB
カメラ メイン:約1,200万画素/サブ:約500万画素
バッテリー 3,000mAh
カラー ルナグレー/ファインゴールド
販売価格(税込) 35,640円

エントリーでは物足りないけど、ハイエンドは持て余すという人におすすめのミドルレンジで、コストパフォーマンスに優れています。
前モデルのMoto G4 Plusから全体的に性能が底上げされ、ボディの材質はプラスチックからアルミニウムへ。ディスプレイは小型化され、操作性が向上しています。DSDS対応などの特徴を継承しつつ、ブラッシュアップされています。

>>Moto G5 Plus(Motorola)のレビューはこちら

▲記事のトップに戻る

モバレコ注目の1台!arrows M04(富士通)

★耐衝撃性がさらに進化!ハンドソープで洗える安心の国内メーカースマホ

arrows M04 arrows M04 arrows M04
arrows M04
本体サイズ 約144 × 71 × 8.0(mm)
重さ 約 148g
OS Android 7.1
ディスプレイ 5.0インチ HD(720 × 1280)
CPU Qualcomm Snapdragon 410 クアッドコア
ROM(ストレージ) 16GB
RAM(メモリ) 2GB
カメラ メインカメラ:約1,310万画素/インカメラ:約500万画素
バッテリー 2,580mAh
カラー ホワイト/ブラック/ゴールド(楽天モバイル限定)/デニムブルー(IIJmio限定)/グリーン(mineo限定)
販売価格(税込) 34,647円 PRICE DOWN

タフネスさがさらに進化し、成人男性の耳の高さにあたる約1.5mの高さからコンクリートに落としても壊れない仕様に。さらに汚れてもハンドソープで洗えるようになったため、清潔に使い続けることができます。

おサイフケータイなど国内メーカーならではの機能も充実し、ガラケーからの乗り換えなど初めてのSIMフリースマートフォンにもぴったり。アフターサポートも安心の日本製SIMフリースマートフォンです。

>>arrows M04(富士通)のレビューはこちら

▲記事のトップに戻る

この記事で紹介した端末はこちら

順位 端末名(メーカー) 販売価格(税込)
1位 HUAWEI Mate 9(Huawei) 52,531円
2位 HUAWEI P10 lite(Huawei) 27,259円
3位 ZenFone 3 Laser(ASUS) 27,756円
4位 ZenFone 3 Max(ASUS) 19,548円
5位 NuAns NEO[Reloaded](トリニティ) 49,800円
6位 HUAWEI P10(Huawei) 56,999円
7位 BlackBerry KEYone(BlackBerry) 69,800円
8位 HUAWEI nova(Huawei) 32,899円
9位 ZenFone 3 Deluxe(ASUS) 92,880円
10位 Moto G5 Plus(Motorola) 35,640円
ピックアップ! arrows M04 34,647円

▲記事のトップに戻る

モバレコでは、スマホと格安SIMがお得になる・役に立つ記事を平日12:00に配信中です。

こちらの記事はいかがでしたか?

お役に立ちましたか?

送信する

もしよろしければお友達に
ご紹介お願いします!

  • ツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を書いた人(編集:モバレコ編集部)

8月はトルクの季節。いくら頑丈でもスイカ割りしちゃだめよ。