【2024年5月】楽天モバイルのおすすめ機種ランキング|自分にあったiPhone / Androidはどれ?

楽天モバイル おすすめスマホランキング

2020年4月に第4のキャリアとしてサービスを開始した楽天モバイル

料金プランは他に無いシンプルなワンプランかつ、無制限プランが格安SIM並みの低価格で「Rakuten最強プラン」を提供しています。

楽天モバイルは大手キャリアの一つでもあるため、最新機種を含むさまざまな機種のセット販売を行っています。

SIMフリースマホを自身で用意しても利用できますが、最新のiPhone 15シリーズなどの人気機種を乗り換えであれば割引も受けながら購入できる楽天モバイルがおすすめです。

この記事では、楽天モバイルで買えるスマホの選び方とおすすめ機種を紹介します。

専用ページからの申し込みで
– 楽天モバイルがお得! –

大好評につき
適用期間の延長決定!

小川正人

監修者情報
小川正人(Ogawa Masato)

新聞社が推薦する通信サービスに精通したコンサルタント。QUANTA代表。スマホや格安SIM・ポケット型WiFi・光回線などの通信、モバイルサービスの専門家。大手家電量販店で販売員を行っていたが光回線やモバイルサービスの種類や料金体系の複雑さを痛感。「お客様が最適なプランを選べるようにしたい」との思いからlivedoorの通信サービスメディアサイト「livedoor Choice」に携わる。一時期は通信の実態を経験するために、光回線を3社、スマホキャリア、格安SIMを12社同時に契約していた。2019年には2019年度バリューコマースMVPを受賞。
監修者について(マイベストプロ)

楽天モバイルの売れ筋ランキング

楽天モバイルの売れ筋ランキング

楽天モバイルから公表されている、スマートフォン売れ筋ランキングです。実際にユーザーが購入しているスマホなので、こちらも購入の際に参考にしてみてください。

順位 月間ランキング(2024年5月1日時点)
1位 iPhone 15:70,392円~
2位 OPPO Reno9 A::40,700円
3位 Galaxy A23 5G:26,400円
4位 AQUOS wish3:29,700円
5位 iPhone 14:120,800円
6位 iPhone 15 Pro:89,880円~
7位 Xperia 10 Ⅴ:59,290円
8位 iPhone SE(第3世代):31,392円~
9位 iPhone 13:54,432円~
10位 AQUOS sense8:63,800円

※iPhoneの価格は「楽天モバイル買い替え超トクプログラム」を適用して25ヶ月目に返却した場合の支払い総額
※引用元:スマートフォン売れ筋ランキング|楽天モバイル

楽天モバイルのAndroidスマホはコスパの高いモデルが多く、できるだけ安く使い勝手の良い機種を探しているという人にもおすすめです。

実質1円〜で購入できた「Rakuten Hand 5G」が販売終了したことで、定番人気モデルのiPhone、Androidに人気が分散しています。

楽天モバイルは価格の高いハイエンドよりもエントリー~ミドルスペックのコスパの良い機種が人気な印象ですが、端末購入プログラムがアップデートされAndroidの購入にも利用できるようになったことで、より3キャリアに近いサービス内容になりました。

また、iPhoneシリーズは、楽天ポイント還元キャンペーンを実施中ですので、楽天モバイル買い替え超トクプログラムと組み合わせれば、全容量が最大で実質半額から購入できます。

初めての申し込み+乗り換えで
最大32,000円相当を還元!

楽天モバイルおすすめスマホランキング|3万円以下

楽天モバイルおすすめスマホランキング_3万円以下

まずは楽天モバイルで販売しているおすすめのスマホを、価格帯別のランキング形式でご紹介していきます。

まずは、価格と性能のどちらも大事という人向けに、普段使いしやすい最新機種を5つピックアップしました。

1位 Galaxy A23 5G
2位 AQUOS wish3

1位:Galaxy A23 5G

Galaxy A23 5Gの端末画像
引用元:楽天モバイル

Galaxy A23 5Gは、「かんたんモード」を搭載したスマートフォンです。かんたんモードに設定すると、ホーム画面にアイコンが大きくシンプルに表示されます。

また、ホーム画面に標準掲載されている「Galaxy使い方相談」をタップすると、年中無休で9:00~20:00まで、通話料無料でスマホの使い方をプロに電話相談することも可能です。

また、スマホの位置情報をパソコンなどから確認できる「端末リモート追跡」、あとからいつでも通話内容を確認できる「通話自動録音」、防水・防塵機能、おサイフケータイなど多くの機能にも対応しています。

このように、Galaxy A23 5Gは初めてスマホを使う方にとって嬉しい機能が満載ですから、スマホデビューされるシニア世代の方やお子さん用におすすめです。

▼「Galaxy A23 5G」のスペック表

※横にスクロールできます。

CPU MediaTek Dimensity 700
OS Android 12
内臓メモリ(RAM) 4GB
内臓ストレージ(ROM) 64GB
サイズ(高さ / 幅 / 厚さ) 約150 x 約71 x 約9(mm)
重量 約168g
画面サイズ / 種類 約5.8インチ / TFT
解像度 HD+ / 720 × 1,560
メインカメラ画素数(外側) 約5,000万画素(広角)
フロントカメラ画素数(内側) 約500万画素(広角)
バッテリー容量 約4,000mAh
ワイヤレス充電 非対応
おサイフケータイ / NFC 対応 / 対応
防水 / 防塵 対応(IPX5 / IPX8 / IP6X)
生体認証(指紋 / 顔) 対応 / 対応
テザリング(Wi-Fi) 10台
SIMタイプ nano SIM / eSIM
モバイル通信 4G / 5G
カラー レッド / ホワイト / ブラック
▼「Galaxy A23 5G」の価格
製品価格 29,800円

「Galaxy A23 5G」のおすすめポイント

  • かんたんモードが搭載されている
  • 年中無休かつ通話料無料でスマホの困り事をプロに電話相談できる
  • 通話自動録音や端末モード追跡など便利機能が多数搭載されている

初めての申し込み+乗り換えで
最大32,000円相当を還元!

2位:AQUOS wish3

AQUOS wish3の端末画像
画像引用元:楽天モバイル

「シンプルで飾らないスマホ」をコンセプトに生まれた「AQUOS」のエントリーモデルシリーズの最新モデルがAQUOS wish3です。

コンセプト通りシンプルでマットな質感の筐体は、再生プラスチック材使用で環境に配慮されており、アルコール除菌シートでの拭き取り可能で清潔に使い続けられる仕様。

カメラ性能を含めたスペックは全体的に控えめですので、連絡やネットなどの最低限利用できればたくさんの機能はいらない、価格の安さを求める方におすすめといえます。

「ジュニアモード」や「かんたんモード」といった画面表示変更ができるので、シニア・ジュニアユーザーのスマホデビューにもぴったりです。

▼「AQUOS wish3」のスペック表

※横にスクロールできます。

CPU MediaTek Dimensity 700
OS Android 13
内臓メモリ(RAM) 4GB
内臓ストレージ(ROM) 64GB
サイズ(高さ / 幅 / 厚さ) 約150 x 約71 x 約9(mm)
重量 約168g
画面サイズ / 種類 約5.7インチ / LCD
解像度 HD+ / 1,520 × 720
メインカメラ画素数(外側) 約1,300万画素
フロントカメラ画素数(内側) 約500万画素
バッテリー容量 3,730mAh
ワイヤレス充電 非対応
おサイフケータイ / NFC 対応 / 対応
防水 / 防塵 対応(IPX5 / IPX8 / IP6X)
生体認証(指紋 / 顔) 非対応 / 対応
テザリング(Wi-Fi) 10台
SIMタイプ nano SIM / eSIM
モバイル通信 4G / 5G
カラー グリーン / ホワイト / ブラック
▼「AQUOS wish3」の価格
製品価格 29,700円

▼ AQUOS wish3のおすすめポイント

  • 3万円以下で購入できる低価格
  • コンパクトかつ軽量な本体・サイズ
  • 性別や年代、用途を問わず使えるシンプルなデザイン

初めての申し込み+乗り換えで
最大32,000円相当を還元!

前モデルAQUOS wish2のレビューはこちら

楽天モバイルおすすめスマホランキング|3~6万円

楽天モバイルおすすめスマホランキング_3~5万円

続いて、価格は抑えつつも充実した機能が欲しい方向けに、ミドルスペックのスマホをランキング形式で4機種ご紹介します。

楽天モバイルでは3〜5万円で収まる機種が、他の価格帯に比べて幅広くラインナップされている印象です。

1位 OPPO Reno9 A
2位 AQUOS sense8
3位 Redmi Note 11 Pro 5G
4位 Xperia 10 V

1位:OPPO Reno9 A

楽天モバイル OPPO Reno9 A
画像引用元:楽天モバイル

「OPPO Reno9 A」は、7.6mmの薄い本体に、4,500mAhの大容量バッテリーと、6.4インチの大画面が搭載された人気の高コスパスマホです。

リフレッシュレートは最大90Hzあるため、速い動きもなめらかに表示されますし、ボタンひとつで最大5GBまで仮想メモリを拡張することも可能なので、ゲーミングスマホとしても活躍します。

また、カメラの画素数は最大4,800万画素、インカメラも1,600万画素と高いので、景色や自撮りなどをSNSにアップしたい人にもおすすめです。

▼「OPPO Reno9 A」のスペック表

※横にスクロールできます。

CPU Snapdragon 695 5G
OS Android 13
内臓メモリ(RAM) 8GB
内臓ストレージ(ROM) 128GB
サイズ(高さ / 幅 / 厚さ) 約160 x 約74 x 約7.8(mm)
重量 約183g
画面サイズ / 種類 約6.4インチ / 有機EL
解像度 FHD+ / 2,400 × 1,080
メインカメラ画素数(外側) 約4,800万画素(広角) + 約800万画素(超広角) + 約200万画素(マクロ)
フロントカメラ画素数(内側) 約1,600万画素(広角)
バッテリー容量 約4,500mAh
ワイヤレス充電 非対応
おサイフケータイ / NFC 対応 / 対応
防水 / 防塵 対応(IPX8 / IP6X)
生体認証(指紋 / 顔) 対応 / 対応
テザリング(Wi-Fi) 10台
SIMタイプ nanoSIM x 2 / eSIM
モバイル通信 4G / 5G
カラー ムーンホワイト / ナイトブラック
▼「OPPO Reno9 A」の価格
製品価格 40,700円

OPPO Reno9 Aのおすすめポイント

  • 4,500mAhの大容量バッテリ-と6.4インチの大画面で操作性に優れている
  • リフレッシュレートが90Hzと高い
  • 高級感のある背面ガラスのデザイン

初めての申し込み+乗り換えで
最大32,000円相当を還元!

前モデルOPPO Reno7 Aのレビューはこちら

2位:AQUOS sense8

楽天モバイル AQUOS sense8
画像引用元:楽天モバイル

AQUOS sense8はSHARPの手がけるAQUOSの中でも、コスパの良さで人気の「AQUOS sense」シリーズ最新モデルです。

約6.1インチのIGZO OLEDディスプレイを搭載し、自然な発色の見やすいディスプレイが魅力の「AQUOS sense8」。

最大約5,030万画素のトリプルカメラは「AIオート」機能により、簡単かつきれいな写真を撮影できます。

また、本機は5GだけでなくeSIMにも対応した機種となっており、ポイント還元により実質約4万円で購入することが可能です。

▼「AQUOS sense8」のスペック表

※横にスクロールできます。

CPU Snapdragon 6 Gen 1
OS Android 13
内臓メモリ(RAM) 6GB
内臓ストレージ(ROM) 128GB
サイズ(高さ / 幅 / 厚さ) 約153 x 約71 x 約8.4(mm)
重量 約159g
画面サイズ / 種類 約6.1インチFHD+ / IGZO OLED
解像度 FHD+ / 2,432 × 1,080
メインカメラ画素数(外側) 約 5,030万画素(標準) + 約800万画素(広角)
フロントカメラ画素数(内側) 約800万画素
バッテリー容量 約5,000mAh
ワイヤレス充電 非対応
おサイフケータイ / NFC 対応 / 対応
防水 / 防塵 対応(IPX5 / IPX8 / IP6X)
生体認証(指紋 / 顔) 対応 / 対応
Wi-Fi規格 IEEE 802.11 a/b/g/n/ac
テザリング(Wi-Fi) 10台
SIMタイプ nanoSIM / eSIM
モバイル通信 4G / 5G
カラー ペールグリーン / ライトカッパー / コバルトブラック
▼「AQUOS sense8」の価格
製品価格 63,800円

「AQUOS sense8」のおすすめポイント

  • IGZOディスプレイ採用で省電力&コンパクト化
  • 大容量5,000mAhバッテリー
  • ディスプレイ内に指紋認証センサーが内臓されていてディスプレイが最大限に

初めての申し込み+乗り換えで
最大32,000円相当を還元!

AQUOS sense8のレビューはこちら

3位:Redmi Note 11 Pro 5G

楽天モバイル Redmi Note 11 Pro 5G
画像引用元:楽天モバイル

Redmi Note 11 Pro 5Gは、5,000mAhの大容量バッテリーを搭載しつつ、わずか15分で約50%の充電を完了できる急速充電にも対応しています。

また、急速充電は冷却を行いながら行うため、充電によるバッテリー劣化を抑えることも可能です。

リフレッシュレートは120Hzと高く、ディスプレイにもリアルな色彩を表現するAMOLEDを採用しているので、Redmi Note 11 Pro 5Gはゲーミングスマホとしても活躍できます。

さらに、メインカメラには約1億800万画素の広角レンズに加え、約800万画素の超広角レンズ、約200万画素のマクロレンズが搭載されています。

フロントカメラにも約1,600万画素の広角レンズが搭載されているため、あらゆるシーンでプロ並みの撮影を楽しめますよ。

▼「Redmi Note 11 Pro 5G」のスペック表

※横にスクロールできます。

CPU Snapdragon 695 5G
OS Android 11
内臓メモリ(RAM) 6GB
内臓ストレージ(ROM) 128GB
サイズ(高さ / 幅 / 厚さ) 約164.19 x 約76.1 x 約8.12(mm)
重量 約202g
画面サイズ / 種類 約6.67インチ / AMOLED
解像度 FHD+ / 1,080 × 2,400
メインカメラ画素数(外側) 約1億800万画素(広角) + 約800万画素(超広角) + 約200万画素(マクロ)
フロントカメラ画素数(内側) 約1,600万画素(広角)
バッテリー容量 約5,000mAh
ワイヤレス充電 非対応
おサイフケータイ / NFC 対応 / 対応
防水 / 防塵 対応(IPX3 / IP5X)
生体認証(指紋 / 顔) 対応 / 対応
テザリング(Wi-Fi) 16台
SIMタイプ nano SIM / eSIM
モバイル通信 4G / 5G
カラー ホワイト / ブラック / クリムゾンレッド
▼「Redmi Note 11 Pro 5G」の価格
製品価格 26,980円

「Redmi Note 11 Pro 5G」のおすすめポイント

  • 5,000mAhの大容量バッテリーに加え、急速充電にも対応している
  • リフレッシュレートが120Hzと高い
  • 最大1億800万画素の高画素カメラ搭載

初めての申し込み+乗り換えで
最大32,000円相当を還元!

4位:Xperia 10 V

楽天モバイル Xperia 10 V
画像引用元:楽天モバイル

Xperia 10 VはXperiaの中でもミドルスペックに位置する「Xperia 10」シリーズ最新作。大容量の、5,000mAhバッテリーを搭載しています。

大容量バッテリーに対し、サイズ感はXperia特有の手になじむ「21:9」の縦長ボディで、5万円帯に求めたい取り回しの良さも兼ね備えています。

また、ブラビアで培った映像技術のノウハウを取り入れたHDR対応の有機ELディスプレイにより、明暗の差をくっきり出した鮮やかな映像を楽しめます。

高画質動画やオンラインゲームも、臨場感のある鮮やかな色味江尾表現してくれます。

▼「Xperia 10 V」のスペック表

※横にスクロールできます。

CPU Snapdragon 695 5G
OS Android 13
内臓メモリ(RAM) 6GB
内臓ストレージ(ROM) 128GB
サイズ(高さ / 幅 / 厚さ) 約155 x 約68 x 約8.3(mm)
重量 約159g
画面サイズ / 種類 約6.1インチ / OLED
解像度 FHD+ / 1,080 × 2,520
メインカメラ画素数(外側) 約4,800万画素(広角) + 約800万画素(超広角) + 約800万画素(望遠)
フロントカメラ画素数(内側) 約800万画素(広角)
バッテリー容量 約5,000mAh
ワイヤレス充電 非対応
おサイフケータイ / NFC 対応 / 対応
防水 / 防塵 対応(IPX5 / IPX8 /IP6X)
生体認証(指紋 / 顔) 対応 / 非対応
テザリング(Wi-Fi) 10台
SIMタイプ nano SIM / eSIM
モバイル通信 4G / 5G
カラー ラベンダー / セージグリーン / ホワイト / ブラック
▼「Xperia 10 V」の価格
製品価格 59,290円

「Xperia 10 V」のおすすめポイント

  • 3年間使用しても劣化しにくい5,000mAhバッテリー搭載
  • 軽量サイズで持ちやすく、長時間手に持っていても疲れにくい
  • 鮮明な映像を映し出せる21:9比率のディスプレイ

初めての申し込み+乗り換えで
最大32,000円相当を還元!

前モデルXperia 10 IVのレビューはこちら

楽天モバイルおすすめスマホランキング|6万円以上

楽天モバイルおすすめスマホランキング_5万円以上

楽天モバイルで購入できるスマホの中から、スペック重視の人向けのおすすめの機種を3つご紹介します。

このランキングでは、5万円以上でCPU・メモリなどの性能が高い機種に絞りました。

1位 iPhone 15
2位 Xperia 5 V
3位 iPhone SE(第3世代)
4位 Galaxy S23
5位 Galaxy Z Flip4

1位:iPhone 15

iPhone 15の端末画像
画像引用元:楽天モバイル

最新のハイエンドモデルであるiPhone 15。

約4,800万画素のメインカメラと約1,200万画素の超広角カメラに加え、ボディにはガラスへ色を閉じ込めた、カラーインフューズドガラスを採用しています。

また、iPhoneの充電ケーブルがタイプCに変更されたため、iPhone 15からは、ゲーム機や他デバイスの充電器をiPhoneの充電器として使用することも可能です。

CPUにはiPhone 14 Proシリーズと同じA16 Bionicチップが搭載されているので、処理能力はiPhone 14よりアップしていますよ。

楽天モバイルで販売されているiPhone 15の価格は、128GBが140,800円、256GBが161,800円、512GBが199,800円です。ただし、「楽天モバイル買い替え超トクプログラム」を利用し、25ヶ月目に返却すると、端末代の実費負担額を半額にできます。

▼「iPhone 15」のスペック表

※横にスクロールできます。

CPU A16 Bionicチップ
OS iOS 17
内臓メモリ(RAM) 非公開
内臓ストレージ(ROM) 128GB / 256GB / 512GB
サイズ(高さ / 幅 / 厚さ) 約147.6 x 約71.6 x 約7.8(mm)
重量 約171g
画面サイズ / 種類 約6.1インチ / Super Retina XDR
解像度 2,556 x 1,179
メインカメラ画素数(外側) 約4,800万画素+約1,200万画素(超広角)
フロントカメラ画素数(内側) 約1,200万画素
バッテリー容量
ワイヤレス充電 対応
おサイフケータイ / NFC 対応 / 対応
防水 / 防塵 対応(IP68)
生体認証(指紋 / 顔) 非対応 / 対応
テザリング(Wi-Fi)
SIMタイプ nanoSIM / eSIM
モバイル通信 4G / 5G
カラー ブラック / ブルー / グリーン / イエロー / ピンク
▼「iPhone 15」の価格

※横にスクロールできます。

容量 価格
128GB 140,800円(70,392円)
256GB 161,800円(80,880円)
512GB 199,800円(99,888円)

※()内は楽天モバイル買い替え超トクプログラム適用時の実質価格

「iPhone 15」のおすすめポイント

  • カメラ性能のいいiPhone
  • 充電ケーブルがタイプCになり、他デバイスとの相互性が向上
  • 大きすぎないサイズ感
  • 豊富なカラーから選べる

初めての申し込み+乗り換えで
最大32,000円相当を還元!

iPhone 15のレビュー・価格情報はこちら

2位:Xperia 5 V

Xperia 5 Vの端末画像
画像引用元:楽天モバイル

Xperia 5 VはXperiaの中でもコスパのいい、準ハイエンドシリーズ「Xperia 5」の最新機種です。

3年間使っても劣化を起こしにくい、5,000mAhの大容量バッテリーを搭載しています。

ハイエンド機種は高機能なぶん重くなりがちですが、本機はXperiaの「21:9」の縦長ボディにより長時間手に持っていても疲れにくいのが特徴です。

自動で瞳にピントが合う「追いかける瞳AF」を搭載。動きが激しいお子様やペットも、自然な表情を残すことができます。

比較されやすいフラッグシップモデルのXperia 1 Vはゲーミングスマホともいえる高機能さを有している一方、価格が20万円台となかなかの高価格帯であり、Xperiaファンかよほどカメラにこだわりたい方でないと手が出せません。

その点Xperia 5 Vはコスパがいいので、SONYこだわりの鮮やかな映像とサウンドを楽しみたいけど価格は抑えたい、という方におすすめです。

▼「Xperia 5 V」のスペック表

※横にスクロールできます。

CPU Snapdragon 8 Gen 2
OS Android 13
内臓メモリ(RAM) 8GB
内臓ストレージ(ROM) 128GB
サイズ(高さ / 幅 / 厚さ) 約154 x 約68 x 約8.6(mm)
重量 約182g
画面サイズ / 種類 約6.1インチ / OLED
解像度 FHD+ / 1,080 × 2,520
メインカメラ画素数(外側) 約4,800万画素(広角) + 約1,200万画素(超広角)
フロントカメラ画素数(内側) 約1,200万画素(広角)
バッテリー容量 約5,000mAh
ワイヤレス充電 対応
おサイフケータイ / NFC 対応 / 対応
防水 / 防塵 対応(IPX5 / IPX8 /IP6X)
生体認証(指紋 / 顔) 対応 / 非対応
テザリング(Wi-Fi) 10台
SIMタイプ nano SIM / eSIM
モバイル通信 4G / 5G
カラー ブラック / プラチナシルバー
▼「Xperia 5 V」の価格
製品価格 152,400円

「Xperia 5 V」のおすすめポイント

  • 3年間使用しても劣化しにくい5,000mAhバッテリー搭載
  • 軽量サイズで持ちやすく、長時間手に持っていても疲れにくい
  • 自動で瞳にピンとが合うため、子どもやペットの自然な表情を撮影できる

初めての申し込み+乗り換えで
最大32,000円相当を還元!

Xperia 5 Vのレビューはこちら

3位:iPhone SE(第3世代)

iPhone SE3の端末画像
画像引用元:楽天モバイル

iPhone SE(第3世代)は、約4.7インチのコンパクトサイズに加え、iPhone最新モデルには搭載されていないホームボタンが特徴です。

スペックは最新iPhoneや他Android端末に比べると控えめですが、最新のiPhone 15シリーズに負けず、売れ筋ランキングにランクインする根強い人気を誇っています。

また、1世代前のiPhone SE(第2世代)で対応していなかった5Gにも第3世代から対応したため、5Gエリア内にお住いの方は、本作より5Gを利用できますよ。

操作しやすいサイズ感に注目しがちですが、実はeSIMに対応しており、楽天モバイルでのデュアルSIM運用を検討している方にもおすすめの機種といえます。

▼「iPhone SE(第3世代)」のスペック表

※横にスクロールできます。

CPU A15 Bionic
OS iOS 15
内臓メモリ(RAM) 非公開
内臓ストレージ(ROM) 64GB / 128GB / 256GB
サイズ(高さ / 幅 / 厚さ) 約138.4 x 約67.3 x 約7.3(mm)
重量 約144g
画面サイズ / 種類 約4.7インチ / Retina HD
解像度 1,334 × 750
メインカメラ画素数(外側) 約1,200万画素(広角)
フロントカメラ画素数(内側) 約700万画素
バッテリー容量
ワイヤレス充電 対応
おサイフケータイ / NFC 対応 / 対応
防水 / 防塵 対応(IP67)
生体認証(指紋 / 顔) 対応 / 非対応
テザリング(Wi-Fi) 5台
SIMタイプ nanoSIM / eSIM
モバイル通信 4G/ 5G
カラー スターライト / ミッドナイト / PRODUCT RED
▼「iPhone SE(第3世代)」の価格

※横にスクロールできます。

容量 価格
64GB 62,800円(31,392円)
128GB 69,800円(34,896円)
256GB 84,800円(42,384円)

※()内は楽天モバイル買い替え超トクプログラム適用時の実質価格

「iPhone SE(第3世代)」のおすすめポイント

  • 4.7インチのコンパクトサイズで操作しやすい
  • ホームボタン&指紋認証のあるモデル
  • 購入しやすい価格のiPhone

初めての申し込み+乗り換えで
最大32,000円相当を還元!

iPhone SE(第3世代)のレビュー・価格情報はこちら

4位:Galaxy S23

Galaxy S23の端末画像
画像引用元:楽天モバイル

Galaxy S23は、フロントカメラにAI機能が搭載されているので、暗い場所でセルフィーを撮影しても、温かみのある自然な色合いに仕上がります。

また、メインカメラの画素数は5,000万画素と高いため、写真をアップにしても画像の粗さは気になりません。

さらに、Galaxy S23にはGalaxy史上最速のチップだけでなく、ベイパーチャンバー冷却システムも搭載されているので、オンラインゲームを従来モデルより快適にプレイできますよ。

▼「Galaxy S23」のスペック表

※横にスクロールできます。

CPU Snapdragon 8 Gen 2 Mobile Platform for Galaxy
OS Android 13
内臓メモリ(RAM) 8GB
内臓ストレージ(ROM) 256GB
サイズ(高さ / 幅 / 厚さ) 約146 x 約71 x 約7.6(mm)
重量 約168g
画面サイズ / 種類 約6.1インチ / 有機EL
解像度 FHD+ / 2,340 × 1,080
メインカメラ画素数(外側) 約1,200万画素(超広角) + 約5,000万画素(広角) + 約1,000万画素(望遠)
フロントカメラ画素数(内側) 約1,200万画素(広角)
バッテリー容量 約3,900mAh
ワイヤレス充電 対応
おサイフケータイ / NFC 対応 / 対応
防水 / 防塵 対応(IPX5・IPX8 /IP6X)
生体認証(指紋 / 顔) 対応 / 対応
テザリング(Wi-Fi) 10台
SIMタイプ nano SIM / eSIM
モバイル通信 4G / 5G
カラー クリーム / ファントムブラック
▼「Galaxy S23」の価格
製品価格 147,700円
キャンペーン 楽天ポイント最大9.000円相当還元

「Galaxy S23」のおすすめポイント

  • AI搭載のインカメラでセルフィーも綺麗に撮影できる
  • メインカメラの画素数が高い
  • Galaxy S23向けに最適化された最新の高性能チップを搭載
  • 冷却システムが搭載されているので、スマホの発熱によるパフォーマンス低下を抑制できる

初めての申し込み+乗り換えで
最大32,000円相当を還元!

Galaxy S23のレビューはこちら

5位:Galaxy Z Flip4

Galaxy Z Flip4の端末画像
画像引用元:楽天モバイル

Galaxy Z Flip4は、Xperia、AQUOSなどの主要人気スマホメーカーで唯一無二の存在ともいえる、縦折りの折り畳みスマホです。

特徴はなんといっても、折りたたむと手のひらサイズまで小さくなる取り回しの良さ。開くと6.7インチになり、持ち運部時は小さく動画は大画面で、といった使い分けができます。

一般的に小さいスマホほどスペックが控えめになりがちですが、本機は同時期発売のハイエンド機種にも採用のCPUを搭載し、内臓メモリやストレージも処理性能が高い点も魅力です。

ポケットなどに入れて持ち運びのしやすいコンパクトなスマホをお探しの方に、まずおすすめしたい1台です。

▼「Galaxy Z Flip4」のスペック表

※横にスクロールできます。

CPU Snapdragon 8+ Gen 1
OS Android 12
内臓メモリ(RAM) 8GB
内臓ストレージ(ROM) 128GB
サイズ(高さ / 幅 / 厚さ) オープン:(縦)165 ×(幅)72×(厚さ)6.9(mm)
クローズ:約85 x 約72 x 約15.9(mm)
重量 約187g
画面サイズ / 種類 オープン:6.7インチ
サブディスプレイ:1.9インチ
有機EL
解像度 FHD+ / 2,640 × 1,080
メインカメラ画素数(外側) 約1,200万画素(超広角) + 約1,200万画素(広角)
フロントカメラ画素数(内側) 約1,000万画素(広角)
バッテリー容量 約3,700mAh
ワイヤレス充電 対応
おサイフケータイ / NFC 対応 / 対応
防水 / 防塵 対応(IPX8 / – )
生体認証(指紋 / 顔) 対応 / 対応
テザリング(Wi-Fi) 10台
SIMタイプ nano SIM / eSIM
モバイル通信 4G / 5G
カラー ボラ パープル / グラファイト
▼「Galaxy Z Flip4」の価格
製品価格 99,000円

「Galaxy Z Flip4」のおすすめポイント

  • 折り畳みで抜群のコンパクトさ
  • 折りたたんで立て、ハンズフリー撮影が可能
  • 折り畳みながら内部スペックやカメラが高機能

初めての申し込み+乗り換えで
最大32,000円相当を還元!

楽天モバイルのスマホの選び方

楽天モバイルのスマホの選び方

2023年10月現在、楽天モバイルで購入できるスマホは27種類あります。27種類あると機種選びが大変なように思えるかもしれません。

しかし、「iPhoneかAndroidか」「価格帯」「用途に合った必要な機能」を重視すると自分にあったスマホを見つけやすいので、楽天モバイルでスマホを選ぶ際は、この3点に注目してみてください。

それぞれの着目点について順番に解説していきます。

選び方1:iPhoneかAndroidか決める

楽天モバイルでスマホを購入する際は、まずiPhoneとAndroidのどちらを購入するか決めましょう。

現在iPhoneを利用している人はiPhoneを購入したほうがデータ移行もしやすいですし、操作感も慣れているので使いやすいです。

ただし、iPhoneは年々端末代が高騰しているので、少しでも安くスマホを購入したい人はAndroidがおすすめといえます。

楽天モバイルの場合、Androidはキャンペーンを利用すると実質1円で購入できる端末もあります。

Androidは価格が安くてもiPhoneよりカメラ性能やCPUの性能が高い場合が多いので、コスパ重視ならAndroidも検討してみましょう。

選び方2:価格帯から絞り込む

スマホは機種によって販売価格が大きく異なります。

スペックが高い機種や最新機種は定価が20万円を超える場合もあるため、楽天モバイルでスマホを購入する際は、まずご自身にとって無理のない価格帯で販売されているスマホを絞り込みましょう。

ただし、楽天モバイルは「楽天モバイル買い替え超トクプログラム」を利用し、25ヶ月目に端末を返却すると、iPhoneもAndroidも実費負担を約半額にできます。

そのため、2年スパンでスマホを買い替える人は、定価ではなく、プログラム適用時の実費負担額で比較するのがおすすめです。

選び方3:用途に合わせて必要な機能を選ぶ

スマホは機種によって得意とするスペックが異なります。

楽天モバイルでスマホを選ぶ際は、普段ご自身がどのようにスマホを使っているかを目安に、適切な機能を備えた機種を選びましょう。

例えばスマホで写真を撮る機会が多い人は、高画質カメラやAIカメラなどの高性能カメラを搭載した機種、オンラインゲームをプレイするなら、高性能CPUと8GB以上のRAMを搭載した機種がおすすめです。

また、外出先でスマホを使う機会が多い人は、4,000mAh以上の大容量バッテリーを搭載した機種を選ぶと、電池切れを気にせず快適に利用できるでしょう。

その他楽天モバイル対応機種・スマホ一覧

楽天モバイルで販売中の端末
画像引用元:楽天モバイル

ランキング形式で紹介した機種以外にも、楽天モバイルで購入できるスマホはあります。

2024年5月現在、楽天モバイルで販売中のAndoroidスマホは11機種、iPhoneは8機種す。

iPhoneでは最新のiPhone 15シリーズ、iPhone 14シリーズ、iPhone SE(第3世代)などが発売されています。

Androidスマホは大手キャリアで人気の「Galaxy」「Xperia」「AQUOS」、SIMフリーで定番の「OPPO」、そしてお得な2万円クラスから10万円超えのハイエンドスマホまで幅広く揃っています。

今回ランキングでご紹介した機種を含め、現在楽天モバイル販売機種は、以下のとおりです。

販売中のAndroid・オリジナル機種一覧

  • Xperia 5 V
  • Xperia 10 Ⅴ
  • Galaxy S23
  • Galaxy A23 5G
  • Galaxy Z Flip4
  • OPPO Reno9 A
  • OPPO A79 5G
  • Redmi Note 11 Pro 5G
  • AQUOS sense8
  • AQUOS wish3

※2024年5月時点

販売中のiPhone一覧

  • iPhone 15 Pro/15 Pro Max
  • iPhone 15/15 Plus
  • iPhone 14/14 Plus
  • iPhone 13
  • iPhone SE(第3世代)

※2024年5月時点

自分でスマホを用意して持ち込むのもOK!

ご自身で準備したSIMフリースマホを使いたい場合は、「ご利用製品の対応状況」で機種を検索し、楽天モバイルに対応しているか確認してみましょう。

検索結果でチェックが付いている機能は、楽天モバイルでも利用できます。

ただし、バツが付いている機能は楽天モバイルで利用できませんので、SIMフリースマホを使いたい人は、契約前に必ず対応状況を確認してください。

参考・引用元 ご利用製品の対応状況確認 | 製品 | 楽天モバイル

楽天モバイルで販売中のスマホでよくある質問

楽天モバイル よくある質問

楽天モバイルで販売されているスマホについて、多くの人が気になっている3つの疑問に回答していきます。

楽天モバイルでスマホのセット購入を検討している人は、ぜひ参考にしてください。

Q. 楽天モバイルは端末のみで購入はできる?

A.楽天モバイルでは端末のみ購入できます。

楽天モバイルのおすすめ端末

  • 3万円以下:Galaxy A23 5G
  • 3~5万円:Xperia 10 V
  • 5万円以上:iPhone 15

注意点として、楽天モバイルの割引キャンペーンや楽天ポイントの還元は、プランとのセット契約でないと適用されない場合が多いです。

そのため、少しでも安く楽天モバイルでスマホを購入したいのであれば、プランとのセット契約を検討しましょう。

Q. 楽天モバイル以外で購入したiPhoneは使えるの?

A.使えます。

結果からお伝えすると、楽天モバイルの回線ではiOS14.4以降のiPhone 6sから最新のiPhone 15シリーズまで利用可能です。

ただしiOSがアップデートしていない状態だと、一部利用できないサービスがあるので注意が必要です。

一部利用できないサービス

  • パートナー回線エリアでのSMS
  • 楽天回線エリアでの自動接続機能
    楽天回線エリアで、楽天回線への自動接続機能がありますが、自動的に切り替えがされないことがあり、自動接続されない場合パートナー回線で接続され、データ容量5GB/月が消費されることがあります。
  • ETWS(緊急地震速報、津波警報の受信などの機能)
  • 110 / 119通話などで高精度な位置情報測位
  • 海外ローミングの利用(Wi-Fi接続中のみ発着信可能)

Q. スマホ交換保証プラスは加入すべき?

スマホ交換保証プラスの画像
画像引用元:楽天モバイル

A.故障や紛失が心配な方は加入をおすすめします。

楽天モバイルでスマホを購入する場合、購入時にしか入れない「スマホ交換保証プラス」というオプションサービスがあります。

スマホ交換保証プラスに入っておくと、故障や紛失の際に、年3回まで同じ機種の新品同等品と交換してもらえます。

電話またはWebで交換を申し込むと、地域によっては最短当日、対象地域以外でも翌日には新しいスマホが届く安心の保証サービスです。

月額料金 715円/月
交換費用 6,600円/回

料金は715円/月で、交換時には6,600円の費用がかかります。

月額料金や交換費用はどの機種でも同じなので、10万円前後のハイエンドスマホを買う人にとっては、他のキャリアよりもお得な内容です。

一方で、安い機種を買う場合は「あえて入らない」という選択肢もあります。715円を2年間支払えば、それだけで17,160円。万が一の交換費用を足したら2万円を超えます。

安い機種の場合は割高になってしまうので、保証は利用せずに新しい機種に買い替えてしまった方が良いかもしれませんね。

楽天モバイル公式サイトで開催中のキャンペーン

楽天モバイル

楽天モバイルでは、楽天ポイント還元やスマホのセット購入特典を中心にさまざまなキャンペーンが開催されています。

現在開催している楽天モバイルのキャンペーンをご紹介します。

  • 【三木谷キャンペーン】専用ページからの申し込みで14,000円分還元
  • 楽天モバイル紹介キャンペーン
  • 【最大32,000円相等もお得!】iPhoneトク得乗り換え
  • 【最大11,000ポイント還元】スマホトク得乗り換え
  • Rakuten WiFi Pocket 1円キャンペーン
  • 楽天カードと同時申し込みでポイント還元 など

注目は最大32,000円相当の割引と還元を受けられる「iPhoneトク得乗り換えキャンペーンです。

キャンペーンは常に開催されているものの、不定期で割引や還元ポイントが改定される可能性があるので、気になった方は早めにチェックすることをおすすめします。

気になったキャンペーンがあった方はこちらもチェック!

まとめ

楽天モバイルでは、ハイスペック機種から価格と性能のバランスが良い機種まで、魅力的なスマホが豊富に取り揃えられています。予算や用途、必要な機能に合わせて選んでみてください。

楽天モバイルは、別途購入したSIMフリースマホなどを使うことも可能です。

ただし、楽天回線に対応した機種しか利用できませんので、この場合は公式サイトの「ご利用製品の対応状況確認」で、お手持ちのスマホが楽天モバイルに対応しているか事前に確認しましょう。

この記事の編集者

モバレコ編集者:シーモ

モバレコ編集者:シーモ

格安SIM・スマホジャンルを3年以上担当。
モバレコ編集部に着任後、ドコモ→ahamo→mineoに乗り換えるなどフットワークが自慢。
実際に選ぶ・乗り換える経験で得た目線を大事にしています。
良い所はもちろん悪い面もわかる、読んでいて納得感のある記事作りを心がけています。
推しはmineoとIIJmio。

この記事を書いた人(編集:モバレコ編集部)

プロフィール

スマホ・格安SIM、WiFi、光回線、通信、PCに関する総合情報メディア「モバレコ」の記事コンテンツの制作全般を監修しています。

「お客様一人一人に寄り添う、最高のサービス提供」のスローガンをベースに、分かりにくい格安SIM・スマホプランををより分かりやすくし毎日使うスマホ快適に使えるように、ユーザーひとりひとりの目線を持ってコンテンツ制作に日々取り組んでおります。

モバレコ編集部は、下記の運営目的・運用方針、ポリシーに沿って運営しています。

  • 正確な公式情報に則ってプラン情報、機種情報、種類の多いものを比較しユーザー一人一人に分かりやすい情報にアウトプットします。
  • 記事コンテンツに関してはユーザー目線を心掛け、客観的な立場で作成し公平な情報をお届けします。
  • スマホ・通信の「分かりにくい」を「分かりやすく」お届けし、ユーザーの疑問・不安をサポートをします。

今後も、スマホ・格安SIM、光回線・インターネットの疑問点、分かりにくいPC情報の問題解決できるようなユーザー目線に寄り添った情報サイトを目指して努めてまいります。

得意カテゴリー

スマホ・通信キャリア / インターネット・WiFi / PC

SNS

Twitter(@mobareco_jp)
https://twitter.com/mobareco_jp

Let's Share!

  • Twitter シェアアイコン
  • facebook シェアアイコン
  • はてなブックマーク シェアアイコン
  • Pocket シェアアイコン