楽天モバイルのメリット・デメリットまとめ 楽天モバイルユーザーのライターが本音で解説!!

書いた人: がねりん

カテゴリ: 楽天モバイル

楽天モバイルのメリット・デメリットまとめ 楽天モバイルユーザーのライターが本音で解説!!

楽天が提供している「楽天モバイル」は、2020年4月8日からキャリアサービスの提供開始しました。それに伴い、今までのMVNOプランの新規受付は終了しました。

楽天モバイルならではの料金プラン、多彩なキャンペーンなどメリットが多数あることが最大の特徴ですが、人によってはデメリットに感じてしまう部分も……。楽天モバイルへの新規契約・乗り換えを検討しているなら、事前にリサーチして後悔がないように選びたいですよね。

そこで今回は、実際に「楽天モバイル」を利用している筆者がメリット・デメリットを一挙に紹介します。ぜひ格安SIM選びの判断材料として参考にしてください!

目次:

楽天モバイルの料金プランをチェック

メリット・デメリットを紹介する前に、まずは楽天モバイルの基本情報をチェックしていきましょう!

楽天モバイル(Rakuten UN-LIMIT)の料金プラン

楽天モバイル(Rakuten UN-LIMIT)の料金プラン
楽天モバイル(Rakuten UN-LIMIT)の料金プラン

この新しい料金プランは、「データ無制限」「高速通信」「通話かけ放題」といった他にはない特徴を持っています。今まで通信制限に苦労してきた方には非常に魅力的です。

プラン名 料金
Rakuten UN-LIMIT 2,980円(税抜)

さらに、無料の「Rakuten Link」アプリを使えば、国内通話の料金が無料になります。それでいて、2,980円という大手携帯会社にはない安さなのも大きな魅力です。ただし、楽天回線の対応エリアは現状は限られているので要注意

対応エリア以外のパートナーエリアと呼ばれる範囲では、au回線を使った通信が可能となっています。こちらは月5GBまでの制限があります。超過後は1Mbpsで通信が可能です。

5Gも使い放題!Rakuten UN-LIMIT V へ無料アップグレード

Rakuten UN-LIMIT V
Rakuten UN-LIMIT V

2020年9月30日から「Rakuten UN-LIMIT」は「Rakuten UN-LIMIT V」にアップグレードされました。料金はそのまま4Gに加えて5Gも使える新たな料金プランへ生まれ変わりました!

今まで同様に「4G回線が使い放題」に加えて、5G対応エリアでは「5G回線も使い放題」で2,980円の格安な価格で利用することができます。この価格は、他キャリアに比べて約71%も安い設定になっています。

現在「Rakuten UN-LIMIT」を利用している方は、2020年10月12日より随時無料アップグレードされます。自動アップグレードが待てない人はmy 楽天モバイルから手動アップグレードも可能です。

Rakuten UN-LIMIT Vも先着300万名限定のプラン料金1年間無料キャンペーンが適応になるので、「楽天モバイルが気になっていた」「試しに5G回線を使ってみたい」という方におすすめです!

楽天モバイル(MVNO)の料金プラン

楽天モバイル(MVNO)の料金プラン
楽天モバイル(MVNO)の料金プラン

楽天モバイル(MVNO)の料金プランは「スーパーホーダイ」と「組み合わせプラン」の2種類から選択できます。

「スーパーホーダイ」は、高速データ通信量+10分以内の国内通話かけ放題がセットになったドコモ回線限定の料金プラン。月間のデータ容量は、S(2GB)/ M(6GB)/ L(14GB)/ LL(24GB)の4種類から選択できます。さらに、データ通信量を使い切っても、最大1Mbpsでネットが使い放題なのも大きな魅力!

また、楽天会員向けの割引「楽天会員割」やダイヤモンド会員用の割引サービスがあるのも「スーパーホーダイ」の特徴です。

もう一方の「組み合わせプラン」には楽天会員向けの割引は適用されませんが、ドコモ・au回線/音声通話・SMSの有無/月間のデータ容量を自分好みに組み合わせて使える自由度の高い料金プランになっています。

楽天市場をよく利用されている方やデータ通信+音声通話を利用したい人の中でも特に短い通話頻度が多い方は「スーパーホーダイ」。au回線を利用したい方、自分に合った組み合わせでスマホを使いたい方には「組み合わせプラン」がおすすめです。

それぞれの具体的な料金を下記にまとめてみました。ぜひ参考にしてください。

■スーパーホーダイの料金表(3年契約の場合)

プランS
(2GB )
プランM
(6GB)
プランL
(14GB)
プランLL
(24GB)
月額基本料金 2,980円 3,980円 5,980円 6,980円
楽天会員割 -500円
長期割 -1,000円
通話オプション 10分以内の国内通話かけ放題
合計 1,480円 2,480円 4,480円 5,480円

※スーパーホーダイを利用できるのはdocomo回線のみ/「楽天会員割」「長期割」はともに2年間のみの適用

■組み合わせプランの料金表

通話SIM データSIM
(SMSあり)
データSIM
(SMSなし)
ベーシックプラン 1,250円 645円 525円
3.1GBプラン 1,600円 1,020円 900円
5GBプラン 2,150円 1,570円 1,450円
10GBプラン 2,960円 2,380円 2,260円
20GBプラン 4,750円 4,170円 4,050円
30GBプラン 6,150円 5,520円 5,450円

※データSIM(SMSなし)はドコモ回線でのみ利用可能/「楽天会員割」「長期割」は対象外

いずれのプランもUN-LIMITのサービス開始とともに、新規受付を終了しています。ただし、現状プラン加入者は継続利用可能です。また、UN-LIMITのサービスに移行もできます。

楽天モバイルの9のメリット

楽天モバイルならではのメリットも盛りだくさん。楽天モバイルの新プランのメリットを紹介していきます。

メリット① 料金プランがシンプルでわかりやすい

料金プランがシンプルでわかりやすい
料金プランがシンプルでわかりやすい

料金プランがシンプルでわかりやすいことが大きなメリットの一つです。

携帯会社の料金は、プランが複雑で選びにくいと思っている人が多いのではないでしょうか?しかし、楽天モバイルのキャリアプランの「Rakuten UN-LIMIT」のプランはシンプルに一つだけ。

キャリアやMVNOの多くは、月に通信できるデータ通信量と、通話機能の有無でプランが設定されています。楽天モバイルは低価格で「データ通信無制限」「通話かけ放題」の両方を取り入れています。

「データ通信は毎月1GB未満で通話機能は不要」というあまり利用頻度が高くないユーザー向けプランではありませんが、「毎月通信料が変動する」「大容量のデータ通信量欲しい」というデータ通信+通話サービスが欲しいほぼすべてのユーザーのニーズを満たす料金プランになっているのではないでしょうか。

メリット② 口座振替・デビットカード支払いに対応

口座振替とデビットカード支払いの両方に対応
口座振替とデビットカード支払いの両方に対応

携帯料金の支払い方法ではクレジットカードしか選択できないケースが多いのですが、楽天モバイルは口座振替とデビットカード支払いの両方に対応がしています。

口座振替とデビットカード支払いの対応状況は下記の通りです。

■デビットカードの対応状況
・楽天銀行デビットカード
・スルガ銀行デビットカード

■口座振替の対応状況
・契約者の本人名義の銀行口座が利用可能

デビットカードは上記の2種類が利用可能、口座振替は契約者本人名義であればほとんどの金融機関が利用できます。クレジットカードを使いたくない・持っていない人でも申し込めるのは大きなメリットですね。

メリット③ 楽天ポイントが貯まる! 使える!

楽天ポイントが貯まってお得。使い道も豊富
楽天ポイントが貯まってお得。使い道も豊富

楽天ポイントが貯まりやすいのも、楽天モバイルならではのメリット。楽天モバイルの月額料金100円につき1ポイント還元されるので、楽天モバイルを利用するだけで毎月ポイントが貯まっていきます。

さらに、楽天モバイルで音声通話SIMを利用していると、楽天市場の買い物のポイントが+2倍! 楽天市場を頻繁に利用する人なら、日々の買い物がますますお得になりますね。

楽天市場をあまり利用したことがない人の場合、「ポイントの使い道がわからない」という声もあるでしょう。貯まった楽天ポイントは、毎月の料金の支払いや端末購入代金に充当できるので安心してください(※分割払いの場合、毎月の端末割賦料金は対象外)。

貯まったポイントを上手に活用すれば、ただでさえ料金の安い格安SIMがさらにお得に使えるのが楽天モバイルのメリットです。

メリット④ 楽天モバイルショップを日本全国で展開している

楽天モバイルショップを日本全国に展開
楽天モバイルショップを日本全国に展開

楽天モバイルは日本全国に「楽天モバイルショップ」を展開しています。街中や家電量販店の中で見かけたことがあるという方も多いのではないでしょうか?

最寄りの店舗は公式サイトのこちらのページから簡単に探すことができるので、まずは自宅や職場の近くに店舗がないか探してみるといいでしょう。

このようにいろんな場所に店舗を構えてくれることで、契約に不慣れな人でも専門スタッフに相談しながら申し込みすることができます。店頭で購入したい端末の実機に直接触って試すことができるメリットもあります。

格安SIMからキャリアサービスに参入したということで、サポートが薄いという印象が強いかもしれませんが、Webだけじゃなく店舗のサービスももちろん充実しています。

楽天モバイルショップについて詳しく知りたい方は下記の記事も合わせてチェックしてください。

メリット⑤ Rakuten Linkで国内通話がかけ放題

通話料を節約しながら使える
通話料を節約しながら使える

携帯料金で意外とかかってしまうのが、通話料金。よく電話をかける人は、定額のかけ放題のプランに加入しているのではないでしょうか。

キャリアのかけ放題オプションは約1,700円ほどで、格安SIMではそもそもかけ放題のオプションがないことが多いです。しかし、楽天モバイルでは「Rakuten Link」という通話アプリから発信することで、オプションの追加なしで無料で通話ができます

また、月額980円で海外66の国と地域への通話がかけ放題になる「国際通話かけ放題」のオプションもあります。

海外旅行が多い方や、家族の中で海外で離れて暮らしている人がいる、という方もオプションの加入で高い国際通話料金を気にせず、通話料をしっかりと節約しながら使うことが可能です。

メリット⑥ 高速データ通信が使い放題

高速データ通信が使い放題
高速データ通信が使い放題

楽天モバイルでは、楽天回線エリアでのデータ通信が使い放題で利用できます。まだまだ広くはない楽天回線エリアですが、順次拡大中で、楽天回線エリアが生活圏内の方には特にオススメです。

楽天回線のエリアは公式サイトの以下のページから確認できます。

通信・エリア | 楽天モバイル

楽天回線以外ではパートナー回線である、auの回線に切り替わり月5GBまで、超えた場合は低速1Mbpsの通信制限になります。

メリット⑦ セット端末の種類が豊富

楽天モバイルは取り扱い端末が豊富!
楽天モバイルは取り扱い端末が豊富!

楽天モバイルでは、SIMカードとセットで端末を購入することができます。端末は24回/48回払いの分割購入も可能ですが、楽天カード以外のクレジットカードは分割払い手数料が発生します(各カードにより手数料の金額は異なります)。

もちろん、端末購入代金に楽天ポイントを充当させることもできます。分割払いの場合は、一括払いの金額から楽天ポイント支払い分を引いた金額を24等分/48等分したものが月々の支払額になります。

「Galaxy S10」「Galaxy Note10+」といったフラグシップモデルから、SIMフリースマホで人気な「HUAWEI nova 5T」、楽天モバイルオリジナルの「Rakuten Mini」など11種類のスマホがセット購入できます。

記事更新時点の楽天モバイル取り扱い端末(スマホ/ケータイ)を下記にまとめました。価格はすべて税込表記、新規で申込みした場合価格で記載しています。キャンペーンが適用されるものは適用後の価格で記載しています。

■楽天モバイル取り扱い端末一覧

機種名 価格
Rakuten Mini 19,819円
OPPO A5 2020 26,182円
AQUOS sense3 lite 28,139円
arrows RX 29,819円
Galaxy A7 31,500円
OPPO Reno A 35,273円
AQUOS sense3 plus 42,864円
Xperia Ace 49,819円
HUAWEI nova 5T 54,364円
Galaxy S10 90,728円
Galaxy Note10+ 115,273円

人気モデルも数多く取り扱っており、楽天モバイルでしか購入できない専売モデルや先行販売モデルもラインナップされています。

格安SIMにぴったりのコスパのいいミドルレンジモデルから最新ハイエンドモデルまで幅広く取り揃えられているのも大きな特徴。端末代をなるべく抑えて安くスマホを運用したい人も、スペックにこだわってスマホを思いきり活用したい人も満足できると思います。

メリット⑧ キャンペーンがお得

キャンペーンがお得
キャンペーンがお得

MVNOサービスの時から、端末とのセットの割引や楽天ポイントが溜まる豊富なキャンペーンが行われていました。現在も、新サービスの開始に伴い大きなキャンペーンを開催しています。

プラン料金1年間無料

楽天モバイル「Rakuten UN-LIMIT」を契約すると、以下の特典が適用になります。
●プラン料金が開通日から1年間無料
(開通日を起点に12カ月後マイナス1日まで無料。例:2020年4月8日に開通した場合、2021年4月7日まで無料。2021年4月8日以降は日割り請求)

●ユニバーサルサービス料が開通日から1年間無料

楽天ポイント還元キャンペーン

●事務手数料3,300円3,300ポイントプレゼント
●お持ちのスマホで乗りかえで6,000ポイントプレゼント
●オンライン申し込みで3,000ポイントプレゼント

Rakuten UN-LIMIT対象製品購入でポイント還元キャンペーン

●AQUOS sense3 lite、OPPO A5 2020のいずれかを購入の場合
楽天ポイント 20,000ポイントをプレゼント

●arrows RXを購入の場合
楽天ポイント 19,999ポイントをプレゼント

●Rakuten Miniを購入の場合
楽天ポイント 15,700ポイントをプレゼント

●OPPO Reno3 A、AQUOS sense3 plus、Galaxy S10、Galaxy Note10+、Galaxy A7、Xperia Aceのいずれかを購入の場合
楽天ポイント 15,000ポイントをプレゼント

●HUAWEI nova 5T、OPPO Reno A 128GBを購入の場合
楽天ポイント 10,000ポイントをプレゼント

楽天モバイルの4つのデメリット

楽天モバイルのデメリットは?
楽天モバイルのデメリットは?

メリットが豊富な楽天モバイルにも、デメリットがあります。契約してから後悔しないよう、事前にデメリットも確認しておきましょう!

デメリット① 楽天回線エリアがまだ限定的

楽天回線エリアがまだ限定的
楽天回線エリアがまだ限定的

メリットで紹介したように、楽天回線エリアでのデータ通信が無制限で利用できます。しかし、まだ楽天回線のエリアが東京・名古屋・大阪などの一部の限定された地域のみが対象になっています。

また、楽天回線エリア内でも一部、地下や建物内だと楽天回線が入りにくく、パートナー回線であるau回線に切り替わっている場合があります。

パートナー回線の上限は5GBなのですぐに制限がかかるといわけではありませんが、気をつけておく必要があります。

デメリット② 「Rakuten UN-LIMIT」では動作保証対象外

iPhoneの利用ができない
「Rakuten UN-LIMIT」では動作保証対象外

楽天が提供する新料金プラン「Rakuten UN-LIMIT」の対応機種の中にiPhoneシリーズは含まれていません。

正式に動作確認済製品となっていますが、一部機能が利用できない可能性があります。iPhone XR以降の機種であれば使えるとされています。iPhone XRより前の機種ではRakuten UN-LIMITは完全に使用ができません。

Rakuten UN-LIMITを使えるiPhone

・iPhone XR
・iPhone XS
・iPhone XS Max
・iPhone 11
・iPhone 11 Pro
・iPhone 11 Pro MAX
・iPhone SE(第2世代)

また、通話料金が無料になるアプリ「Rakuten Link」は、iOS用のアプリがないため利用できません。iPhoneで利用する際は、通話/SMSの料金はかかる点も注意しましょう。
※2020年7月8日から iOS向け「Rakuten Link」が提供開始しました。iOS 13以上で利用です。

デメリット④ 「Rakuten Link」から発信しないと通話料が割高

「Rakuten Link」発信することを忘れずに!
「Rakuten Link」から発信することを忘れずに!

メリットでも紹介した通話料が無料になる「Rakuten Link」。専用アプリから発信するだけで適用されるという簡単な仕組みですが、ここに思わぬ落とし穴があります。

スマホの中には音声通話をするための通話アプリがデフォルトでインストールされています。相手からの着信履歴はこちらにも反映されているので、折り返しの電話をする際に「Rakuten Link」の利用を忘れてしまいがち

わざわざ「Rakuten Link」に切り替えてから発信しなければいけないので、急いでいるときは特に間違えが起こりやすいです。

音声通話を頻繁に利用する人は間違えないように注意しながら発信するようにしましょう。

メリット・デメリットまとめ:楽天モバイルは楽天をよく使う人ほどお得な格安SIM

★楽天モバイルのメリットまとめ

・料金プランがシンプルで分かりやすい
・楽天回線エリアでのデータ通信が使い放題
・「Rakuten Link」で国内通話が無料
・口座振替やデビットカードでも支払いできる
・楽天ポイントを貯める+使える!
・日本全国に店舗があるので不慣れな方でも安心
・データ通信量と通話料を賢く節約できる

楽天モバイルはいくつかのデメリットはあるものの、それを上回るほどメリットが豊富な格安SIMです。

特に楽天会員向けの割引・サービスが用意されているので、楽天市場の利用頻度が高い人にはうれしいメリットが盛りだくさん。月額料金に対してポイント還元があるうえに、貯まったポイントは楽天系のサービスで幅広く利用することができます。月額料金以外の部分でもお得になるのは大きな強みです。

料金プランがシンプルで、スマホへの専門知識が無くても安心して利用できるので、格安SIMのサービスにイマイチと感じている人にもおすすめです。

上手に楽天モバイルを利用して、今まで以上にお得感のあるスマホライフを楽しんでください!

この記事を書いた人(編集:モバレコ編集部)

がねりん

がねりん

体張るライター

プロフィール

2016年からライターとして独立。現在は格安SIM関係を始め、ガジェット体験などを毎月発信しています。

たまに自分のサイトで体を張ったネタ記事も作成。1ヵ月間キャットフードだけで生活したり、自転車で400km以上旅するなど、ユーザーに楽しんでもらえる記事も執筆しています。

モバレコでは、ガイド系、比較、まとめなどを担当。読者が理解しやすいコンテンツを心がけています。

得意カテゴリー

WiFi・スマホ・格安SIM・ガジェット

ブログ・SNS

がねりん★ファンタスティック!
http://yougaku24.net/
Twitter(@arcticmonckys)
https://twitter.com/arcticmonckys

特集コンテンツ

d-card

d-card

Let's Share!

  • Twitter シェアアイコン
  • facebook シェアアイコン
  • はてなブックマーク シェアアイコン
  • Pocket シェアアイコン