楽天モバイルの通信エリアは全国どこでも繋がる?エリアの確認方法と通信速度のポイントを解説

書いた人: とくめい

カテゴリ: 楽天モバイル

ツイート このエントリーをはてなブックマークに追加
楽天モバイルの通信エリアは全国どこでも繋がる?エリアの確認方法と通信速度のポイントを解説

申し込みガイドはこちら

大手キャリアのSIMと比べて月額料金が安くなる楽天モバイル。正直「こんなに安いとちゃんと田舎でも全国でも使えるのか」と不安になるかもしれませんが、その心配は無用です。

楽天モバイルはドコモの回線を利用しているため、全国99%のエリアでLTEの高速通信の電波が使えます。今回は楽天モバイルの通信エリアや通信速度の話をご紹介します

目次:

>>楽天モバイル公式サイトはこちら

楽天モバイルの通信エリア

楽天モバイルはドコモと同じエリアで利用可能
楽天モバイルはドコモと同じエリアで利用可能(引用元:楽天モバイル

楽天モバイルはドコモの回線設備を利用して回線を提供しているため、通信エリアはドコモと同じです。ドコモの通信エリア内であれば、本家ドコモと同じネットワークを利用できます。

楽天モバイル以外にもドコモ回線を利用した格安SIMは多く存在し、同じようにドコモの通信エリアを利用できます。au回線を利用したUQ mobileやmineoでは、auと同じネットワークが使えます。

回線提供元であるドコモやauのことを「MNOMobile Network Operator)」、キャリアの回線を利用して通信サービスを提供する会社のことを「MVNOMobile Virtual Network Operator)」と呼びます。

通信エリアの確認方法

ドコモの通信エリアは公式サイトから確認できる
ドコモの通信エリアは公式サイトから確認できる
ドコモの通信エリアは公式サイトから確認できる

ドコモが提供しているエリアは、公式サイトのサービスエリアから確認できます。筆者が住んでいる沖縄でも本島・離島だけでなく海上でも繋がる広いLTEエリアで利用できるため、地方でも安心して使えます

もしLTEが掴めない場所でも、最大14MbpsのFOMAハイスピードエリアが利用できるので圏外になることはほぼ無いと思います。

au系の格安SIMでは通信はLTEのエリアのみ、通話はLTEと3Gといった違いが見られますが楽天モバイルでは通話と通信エリアに違いはありません

>>楽天モバイル公式サイトはこちら

楽天モバイルはLTEの高速通信に対応

「ZenFone 3 Max」
楽天モバイルで販売されているSIMフリー端末「ZenFone 3 Max

楽天モバイルで販売されているSIMフリー端末もLTEの高速通信が使えますが、端末によっては対応バンドの違いから一部の電波を利用できません。使っている端末がドコモの電波を掴めば全て同じ速度が出るとは限りません

同じドコモの電波を利用していても、使用する端末やエリアによって通信速度に差が出てきます。先ほどのエリアマップにあるPREMIUM 4Gエリアは、端末が対応していないと利用できません。非対応端末は通常のLTEエリアでの通信になります。

PREMIUM 4G・CA(キャリアアグリゲーション)とは

ドコモの次世代LTE「PREMIUM 4G」に対応したエリアでは、複数の周波数のLTE回線を束ねて高速化するCA(キャリアアグリゲーション)の技術を使って高速化しています。高速道路の車線が1本から2本になりスムーズに移動できるイメージです。

CAの恩恵は高速化だけではなく、安定した高速通信の提供を手助けしてくれています。複数の異なる周波数を利用するため、片方の電波状況が悪くなったとしても別の周波数帯がカバーしたり、空いている周波数帯へ割り当てるなど通信を効率よく行えるようになります。

対応する端末やエリアの組み合わせ次第では、格安SIMでもCAが使えます。注意点としては、格安SIMでは日時や時間帯によっても通信速度にバラつきがあるため、必ずしも常に高速になるとは限りません。

楽天モバイルの通信速度を検証

楽天モバイルがどれだけ快適に通信できるのか確かめるため、通信速度を計測してみました。測定環境は以下の通り。

測定条件
測定場所 沖縄県 那覇市周辺
測定時間 平日(朝)8:00〜9:00、(昼)12:00〜13:00、(夜)19:00〜20:00
測定端末 HUAWEI P9
測定アプリ Speedtest.net
測定条件 朝、昼、夜の通信速度を3回ずつ計測。

※それぞれの平均値を算出

・朝平均:ping 95ms / 下り 11.99Mbps / 上り 6.87Mbps
・昼平均:ping 131ms / 下り 5.79 Mbps / 上り 3.33Mbps
・夜平均:ping 95 ms / 下り 18.39 Mbps / 上り 6.31 Mbps

数値上では混雑時でも極端な速度低下も無く安定していますが、実際に使ってみるとアプリのアップデートやテザリング時にもたつくことがありました。ドコモ回線と比べると安定感には差があるようです。

HD画質(720P)でYouTube視聴
HD画質(720P)でYouTube視聴
画像が多いモバレコトップページもすぐに読み込んだ
画像が多いモバレコトップページもすぐに読み込んだ
YouTubeやSNSもサクサク読めるYouTubeやSNSもサクサク読める
YouTubeやSNSもサクサク読める

時間帯によっては多少読み込みが遅いこともありますが、混雑時を避けて使用するとサクサク快適に読み込んでくれます。

まとめ:楽天モバイルでもエリアの心配不要!ドコモと同じように使えます

楽天モバイルはキャリアと比べて料金が安いので「通信エリアや品質に問題があるのではないか?」と心配する声も多く挙がりますが、ドコモと同じエリアで使えて通信速度もそこそこ出ているので心配無用です

少々難しい言葉も出てきましたが、楽天モバイルでセット販売されている端末は対応バンドなども相性が良くオススメの組み合わせです。取扱端末も多くあるため、きっと自分好みのスマホが見つかると思います。

>>楽天モバイル公式サイトはこちら

申し込みガイドはこちら

こちらの記事はいかがでしたか?

お役に立ちましたか?

送信する

もしよろしければお友達に
ご紹介お願いします!

  • ツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

特集コンテンツ

d-card

docomoのギガホ・ギガライト

Y!mobile 公式オンラインストアなら「限定商品!」「送料無料!」「24H受付OK!」

楽天モバイルの人気商品

この記事を書いた人(編集:モバレコ編集部)

WEBデザイン・ガジェット・格安SIMなどに興味を示す鹿。大量のモバイル回線を元に沖縄でスピードテストを行っている。各社料金プランを調べたり、Androidのホーム画面をカスタマイズするのが好きです。自身のブログ「Creator Clip」では書きたいことを好きなだけ書いています。Twitter:@tokumewi