【2020年4月】ドコモのiPhone価格一覧! シリーズ別で料金を比較

書いた人: がねりん

カテゴリ: ドコモ

ツイート このエントリーをはてなブックマークに追加
ドコモのiPhone価格一覧! シリーズ別料金を比較

iPhoneを購入するなら、定価より安い状態でゲットしたいですよね。

実はiPhoneは、新型がよく出る9月〜11月のタイミングで旧モデルの値下げや安売りがされやすい傾向にあります

欲しかった「あの」モデルを安くゲットできるチャンスです! 今回は現在ドコモ公式オンラインショップで販売されているiPhoneシリーズの料金を一覧でまとめてみました。

ドコモでのiPhoneシリーズ別で料金を比較したい方や、今お買い得なシリーズ、お得に購入する方法を知りたい方は必見です。

目次:

ドコモオンラインショップで販売中のiPhoneの価格・特徴一覧

値下げで安いドコモのiPhone価格一覧! シリーズ別料金を比較
支払総額 スマホおかえしプログラム適用時
iPhone 11 87,120円 58,080円
(2,175円×24回)
iPhone 11 Pro 126,720円 84,480円
(3,520円×24回)
iPhone 11 Pro Max 在庫なし
iPhone XS 57,200円
79,200円
38,133円
(1,588円×24回)
iPhone XS Max 在庫なし
iPhone XR 在庫なし
iPhone 8 在庫なし
iPhone 7 43,560円

※64GBモデルの料金を記載(税込)
※iPhone 7は32GBの料金を記載

現在ドコモでは、「ギガホ・ギガライト」という新料金プランを展開しています。プラン内容、料金は以下の通りです。

ギガホ ギガホライト
月額料金 5,980円~(※1) 1,980円〜
特徴 30GBまで定額で使い放題 1〜7GBまで使った分に応じて
月額料金が変動(従量制)

※1:ギガホ割適用時(最大6ヶ月間1,000円割)税抜き価格

新料金プランからは、従来プランよりもプラン料金が最大4割値下げされました。一方で、従来プランでは主流だった「月々サポート」や「端末購入サポート」などの、いわゆる端末補助に該当する割引は終了しました。

これまでのような端末代金に対しての割引ではなく、2年契約のプランに申し込むと月々の使用料金が安くなるという料金プランの割引という方向性にシフトチェンジしているのです。その為、機種代金自体で言えば従来よりも負担が大きくなることになりました。

「ギガホ」「ギガライト」料金プランについて詳しく知りたい方はこちら

ところが今回紹介する「スマホおかえしプログラム」に加入することで、実質的に端末代金を元値よりもお得に購入するができます。

スマホおかえしプログラムとは、プログラム加入者が36回分割払いで購入した対象機種をドコモへ返却した場合に、その翌々月請求分以降の分割支払金(最大12回分)の支払いを不要とするプログラムです。

つまり、機種代金の最大3分の1を免除してもらえるのです。このスマホおかえしプログラムを適用することで、毎月の利用料金も従来プランより一層お得になります。

「スマホおかえしプログラム」について詳しく知りたい方はこちら

iPhone 11の価格・特徴

iPhone 11の特徴・価格を解説!
iPhone 11の特徴・価格を解説!

iPhone XRの後継機である「iPhone 11」。サイズ感はiPhone XRと変わらないものの、CPUのパワーアップやカメラの性能のアップ、豊富なカラーバリエーションはiPhone XRから継承しています。

新カラーにグリーンとパープルが登場。iPhone XRでははっきりとしたポップで明るい印象でしたが、iPhone 11はクリアで柔らかく優しい印象になりました。

カメラ性能はiPhone 11 Pro / 11 Pro Maxには及ばないものの、基本スペックに大きな変わりはないので高スペックで手に取りやすいiPhoneです。

■ iPhone 11の価格(税込):64GBモデルの場合

iPhone 11
通常料金 87,120円
スマホおかえしプログラム適用 58,080円
(2,420円×24回)

コスパのよさもiPhone XRに引き続きおすすめできるiPhoneです。価格は前モデル発売時に比べて1万円ほど安く、最高スペックにこだわりがなければ1番おすすめのiPhoneです。

■ iPhone 11はこんな人におすすめ

最新iPhoneをできるだけ手軽に手に入れたい人
コスパを重視する人
パステルカラーが好きな人

■ キャンペーン情報

・のりかえ: dポイント20,000pt進呈
・新規契約: dポイント15,000pt進呈

Apple
iPhone 11

オンラインショップ限定キャンペーン実施中

iPhone 11のau・ソフトバンクとの販売価格比較はこちら

▲目次に戻る

iPhone 11 Proの価格・特徴

iPhone 11 Proの特徴・価格を解説!
iPhone 11 Proの特徴・価格を解説!

トリプルカメラを搭載し、CPU性能も向上した「iPhone 11 Pro」。待望のナイトモードに対応し、超広角、広角、望遠でさらに撮れる写真の幅が広がりました。

性能は、iPhone XSでは「A11 Bionic」を使用していましたが、iPhone 11 Proでは「A13 Bionic」に進化。

バッテリー性能や耐水性能も格段に向上しています。iPhone XSより最大4時間も長いバッテリー駆動時間を実現。iPhone XSでは「水深2mで最大30分間」ところ、iPhone 11 Proでは「水深4mで最大30分間」耐えられるように。

背面の素材も変わりました。ガラス素材から「テクスチャードマットガラス」というすりガラスのような質感のスマホの中でも頑丈な素材になりました。iPhone XSのつやつやの背面とはまた違う落ち着いた印象です。

■ iPhone 11 Proの価格(税込):64GBモデルの場合

iPhone 11 Pro
通常料金 126,720円
スマホおかえしプログラム適用 84,480円
(3,520円×24回)

スマホおかえしプログラムを適応することにより、4万円ほど安く購入できます。

■ iPhone 11 Proはこんな人におすすめ

とにかく最高スペックのiPhoneが欲しい人
カメラのスペックにこだわりたい人

■ キャンペーン情報

・のりかえ: dポイント20,000pt進呈
・新規契約: dポイント15,000pt進呈

Apple
iPhone 11 Pro

オンラインショップ限定キャンペーン実施中

iPhone 11 Pro / 11 Pro Maxのau・ソフトバンクとの販売価格比較はこちら

▲目次に戻る

iPhone 11 Pro Maxの価格・特徴

iPhone 11 Pro Maxの特徴・価格を解説!
iPhone 11 Pro Maxの特徴・価格を解説!

iPhone 11 Proの大画面バージョンの「iPhone 11 Pro Max」。サイズはiPhone XS / XS Maxと同じく、iPhone 11 Proは5.8インチ、iPhone 11 Pro Maxは6.5インチになっています。

iPhone 11の液晶ディスプレイに対して、iPhone 11 Pro / 11 Pro Maxは有機ELディスプレイを採用しており、動画の視聴やゲームを大画面で綺麗な映像を楽しみたい方におすすめです。

バッテリー性能はiPhoneの中で最長の、iPhone XS Maxより最大5時間長いバッテリー駆動時間になっているので、充電がなかなかできない環境でも、驚異的な持ちを発揮するのではないでしょうか。

■ iPhone 11 Pro Maxの価格(税込):64GBモデルの場合

iPhone 11 Pro Max
通常料金
スマホおかえしプログラム適用

※現在在庫なし

現行モデルで一番高価なiPhoneです。通常料金は約14万円近い料金なので、スマホおかえしプログラムを適用しておきましょう。

■ iPhone 11 Pro Maxはこんな人におすすめ

最高スペック・大画面を求める人(ゲーマーやたくさん動画視聴をする人向け)

Apple
iPhone 11 Pro Max

オンラインショップ限定キャンペーン実施中

iPhone 11 Pro / 11 Pro Maxのau・ソフトバンクとの販売価格比較はこちら

▲目次に戻る

iPhone XSの価格・特徴

iPhone XSの特徴・価格を解説!
iPhone XSの特徴・価格を解説!

iPhone Xよりも各性能や耐久性を向上させた「iPhone XS」。前モデルとの違いは、まずCPU性能にあります。iPhone Xでは「A11 Bionic」を使用していましたが、iPhone XSでは「A12 Bionic」に進化させ性能アップ。サイズ感はそのままで、よりサクサクした操作感を実現しています。

そしてiPhone XSは、耐水性能も向上しています。iPhone Xでは「水深1mで最大30分間」耐えられましたが、iPhone XSでは「水深2mで最大30分間」耐えられるように。水回りでも安心して使えるよう進化しているのも魅力ですね。

バッテリー性能も大きく進化しています。iPhone Xと比較すると、最大30分間も長いバッテリー駆動時間を実現。iPhone XSのビデオ再生は最大14時間で、iPhone Xから1時間も長く利用可能です。

■ iPhone XSの価格(税込):64GBモデルの場合

iPhone XS
通常料金 79,200円
オンラインショップ割引 -22,000円
実質負担額 38,133円
(1,588円×24回)

※オンラインショップ割引は機種変更(Xi→Xi)が適応条件です。

■ iPhone XSはこんな人におすすめ

高級感のあるツヤツヤなiPhoneが欲しい人
3眼カメラが苦手な人

■ キャンペーン情報

・機種変更(Xi→Xi): 22,000円割引
・機種変更(FOMA→Xi):dポイント 50,000pt進呈
・のりかえ: dポイント20,000pt〜50,000pt進呈
・新規契約: dポイント20,000pt進呈

Apple
iPhone XS

オンラインショップ限定キャンペーン実施中

▲目次に戻る

iPhone XS Maxの価格・特徴

iPhone XS Maxの特徴・価格を解説
iPhone XS Maxの特徴・価格を解説

iPhone XSの上位互換機として誕生した「iPhone XS Max」。大きな違いは画面の大きさです。iPhone XSは5.8インチなのに対し、iPhone XS Maxは6.5インチに進化しています。これにより表示できる情報量が多くなり、見やすさも大きく向上。WEBサイトやSNSを楽しむのも良し、YouTubeやNetflixで動画を楽しむのにもおすすめです。

カメラ性能は、iPhone XSと同様のクオリティを搭載しています。デュアルカメラ12MPカメラで、ボケ効果と深度コントロールができる、ポートレートモードも利用可能です。その他にもポートレートライティングは、5つのエフェクトが使えます。自然光、スタジオ照明、輪郭強調など撮りたいシーンに合わせて、切り替えられるのも魅力です。

バッテリー性能もiPhone XSよりも高く、iPhone XS Maxのインターネット最大利用時間は13時間。iPhone XSよりも1時間長く使えます。

■iPhone XS Maxの価格(税込):64GBモデルの場合

iPhone XS Max
通常料金
実質負担額

※現在在庫なし

■ iPhone XS Maxはこんな人におすすめ

ハイスペック・大画面を求める人
3眼カメラが苦手な人

Apple
iPhone XS Max

オンラインショップ限定キャンペーン実施中

iPhone XS Maxのau・ソフトバンクとの販売価格比較はこちら

▲目次に戻る

iPhone XRの価格・特徴

iPhone XRの特徴・価格を解説
iPhone XRの特徴・価格を解説

iPhone XRは、iPhone XS・XS Maxと比較すると、安価ながらも最低限のスペックは落とさずに、コスパ力の高さが売りの機種に仕上がっています。

3Dタッチ非対応、シングルカメラ、液晶ディスプレイ、ベゼルの縁が太いなどのマイナス点はありますが、正直日常生活の利用においては十分すぎる程度です。

さらにカラーバリエーションが多いのも特徴的。全6種類のバリエーションから、好きな色を選択可能できるのも嬉しいですね。

■iPhone XRの価格(税込):64GBモデルの場合

iPhone XR
通常料金
スマホおかえしプログラム適用

※現在在庫なし

iPhone 11シリーズの発売により値下げされました。iPhone XS / XS Maxに比べると値下げや割引が大きく動きやすい機種なので、値下げ情報は随時チェックしてみましょう。

2020年3月から64GBは「スマホおかえしプログラム」の対象から外れましたが、オンラインショップ限定SPECIAL割引として-22,000円割引を実施中です。

■ iPhone XRはこんな人におすすめ

コスパを重視する人
カラフルでポップなカラーが好きな人

Apple
iPhone XR

オンラインショップ限定キャンペーン実施中

iPhone XRのau・ソフトバンクとの販売価格比較はこちら

▲目次に戻る

iPhone 8の価格・特徴

iPhone 8の特徴・価格について
iPhone 8の特徴・価格について

iPhone 8の特徴はコンパクト+高性能なところです。まず画面は4.7インチと、上記で紹介した機種と比較すると最小。コンパクトなので、ポケットにも収まりやすいです。それでいて使っているCPUは「A11 Bionic」で、ストレスのない操作感を実現しています。

iPhone 8のカメラは、12MPカメラを採用しており、光学手ブレ補正や最大5倍のデジタルジームも搭載。安定感のある写真撮影が可能です。加えてビデオ撮影では、「4Kビデオ撮影」や「1080p HDビデオ撮影」にも対応しているため、美しい映像をデータに残せます。

その他にもワイヤレス充電に対応しているなど、最新のiPhoneにも受け継がれている機能を備えているので、申し分のない性能の高さを秘めています。

■ iPhone 8の価格(税込):64GBモデルの場合

iPhone 8
通常料金
実質負担額

※現在在庫なし

iPhone XR同様に、よく値引きが起きる機種です。また、現行モデルの中では古い機種になってくるので、新作のiPhoneが出たタイミングで大幅な値引き、あるいは各キャリアオンラインショップでの受付が終了することが見込まれます。

■ iPhone 8はこんな人におすすめ

安いiPhoneが欲しい人
コンパクトなサイズが好きな人

Apple
iPhone 8

オンラインショップ限定キャンペーン実施中

iPhone 8のau・ソフトバンクとの販売価格比較はこちら

▲目次に戻る

iPhone 7の価格・特徴

iPhone 7の特徴・価格について
iPhone 7の特徴・価格について

最後の紹介するのは、「iPhone 7」です。安くてコンパクトで発売から3年経った今も人気のiPhoneです。

「Apple Pay」が標準化や、IP67等級の防水・防塵性能など、それまでのiPhoneにはなかった性能が詰まっています。価格以上に十分なスペックを備えているため、「iPhoneを使ってみたい」「スマホデビュー」の方にはぴったりのスマホです。

ワイヤレス充電非対称な点と、容量が32GBのみの販売になるのでその点だけ、注意が必要です。

■ iPhone 7の価格(税込):32GBモデルの場合

iPhone 7
通常料金 43,560円
実質負担額 43,560円
(1,210円×24回)

■ iPhone 7はこんな人におすすめ

安いiPhoneが欲しい人
コンパクトなサイズが好きな人

■ キャンペーン情報

・機種変更(FOMA→Xi): dポイント15,000pt進呈
・のりかえ: dポイント15,000pt進呈
・新規契約: dポイント15,000pt進呈

Apple
iPhone 7

オンラインショップ限定キャンペーン実施中

▲目次に戻る

ドコモのiPhoneを安く購入する為の4つのポイント

ドコモのiPhoneを安く購入する4つのポイント
ドコモのiPhoneを安く購入する4つのポイント

次はドコモのiPhoneを安く購入する為の4つのポイントを紹介します。今回紹介するポイントは以下の通りです。

■ ドコモのiPhoneを安く購入する為の4つのポイント

・新型iPhone発売後のタイミングを狙う
・「スマホおかえしプログラム」or 「下取りプログラム」を活用する
・dカードゴールドを契約する
・ドコモオンラインショップ経由で購入する

次の項目で、それぞれ詳しく解説します。

新型iPhone発売後のタイミングを狙う

iPhoneを安く手に入れるなら、「新型iPhone発売後のタイミング」を狙いましょう。現在iPhoneの購入を考えている方は、新型がよく出る「秋」まで待つのがおすすめです。

具体的に言うと、毎年9月~11月の時期がそれに該当します。

新モデルが発売になると、前モデルが割引かれたり、キャンペーンが多く展開される傾向にある為、既に今の機種の代金を支払い終えている方も、そのタイミングまで使い続けてみても良いかもしれません。

「スマホおかえしプログラム」or 「下取りプログラム」を活用する

スマホおかえしプログラム
スマホおかえしプログラム

ドコモは「スマホおかえしプログラム」や「下取りプログラム」といったサービスを展開しています。まず「スマホおかえしプログラム」は、前述の通り36回分割払いで購入したiPhoneを返却するのを条件に、最大12ヶ月分の分割払いが免除されるサービスです。

そして「下取りプログラム」は、今お持ちのiPhoneやその他スマホなどを下取りすることで、新しい端末の購入代金から最大76,300円割引になるサービスとなっています。

これらを利用して、定価よりも安く手に入れるのもおすすめ。具体的にどれだけ安くなるのか、iPhone XSを例に比較したので、ご確認ください。

■ iPhone XS(256GB)の料金比較

割引額 負担額
スマホおかえしプログラム適用時 42,387円 40,773円
下取りプログラム適用時 51,800円 31,360円

下取りプログラムは時期や状態によって買い取り金額が変動しやすいというデメリットがありますが、最新機種を状態の良い状態で下取りに出せば、かなりの高額で買取を行ってくれます。

スマホおかえしプログラムは機種変更時との同時申し込みになる為、新しいiPhoneを2年以上利用する可能性がある場合は、下取りを前向きに検討しても良いかもしれません。

ドコモの「下取りプログラム」についてさらに詳しく知りたい方はこちら

dカード GOLDを契約する

dカード GOLDを契約しよう!
dカード GOLDを契約しよう!

dカード GOLDとは、ドコモが提供しているクレジットカード(ゴールドカード)です。このカードで端末代金を支払えば、ポイント還元でiPhoneをお得にゲットできます!

ドコモ利用料金に対する還元率は「10%」です。例えば、iPhone 11 64GB(87,120円)を購入した場合、約8,700ポイントのdポイントが還元されることになります。10,800円の年会費のハードルも限りなく低いです。

貯まったdポイントは、マクドナルドやローソン、紀伊国屋書店、タワーレコードなどの店舗はもちろん、ドコモでの機種代金や月額料金に充当することが可能です。

今ならdカード GOLDの加入で、最大15,000円分のiDキャッシュバックがあります。

ドコモオンラインショップ経由で購入する

ドコモオンラインショップ経由で購入
ドコモオンラインショップ経由で購入

ドコモのiPhoneを安く手に入れるなら、ドコモオンラインショップ経由で購入するべきなんです。オンラインショップ経由なら、下記のメリットを受けられます。

■ ドコモオンラインショップを使うメリット

・事務手数料無料
・端末頭金無料
・限定キャンペーンあり(dポイントプレゼントなど⇒携帯料金に充当可能)

このように料金的なメリットが多くあります。限定キャンペーンでは、「dポイントプレゼント」などを不定期で行っています。

前述の通り、特典でゲットしたdポイントは機種代金に充当できるので、事務手数料や端末頭金が無料であることを考慮すると、ショップ契約よりも状況次第では約1万円近く安く購入できるケースも!

機種受け取り後の設定が不安な方も、オンラインショップで申し込みをした機種を店頭で受け取ることもでき、その際に設定などの面で相談することもできるので、ぜひ活用してみて下さい。

ドコモで実施中のキャンペーン情報まとめはこちら

▲目次に戻る

おまけ:「docomo with」と「スマホおかえしプログラム」は併用可能!

値下げで安いドコモのiPhone価格一覧! シリーズ別料金を比較

最後におまけ情報を紹介します。実は「docomo with」と「スマホおかえしプログラム」は併用可能です。

旧プラン継続ユーザーで、docomo with適用者は、ギガホ・ギガライトプランにプラン変更さえしなければ、スマホおかえしプログラムも利用して、最新iPhoneを安く購入することもできます。

ただし、料金プランと機種代金の合算で算出してみると、状況によっては新料金プランへ移行した方がお得になるケースも。別途詳細記事がありますので、そちらもチェックしてみて下さい。

▲目次に戻る

まとめ

以上、ドコモのiPhone価格一覧です。最後に端末代金と新料金プランを合わせた、月々の実質負担額(税込)を算出したので、ご確認ください。

■ ギガホの場合

端末代金(月額) 月額料金 ※1 実質負担額
iPhone 11 2,420円 6,578円 8,998円
iPhone 11 Pro 3,520円 6,578円 10,098円
iPhone 11 Pro Max
iPhone XS 1,588円 6,578円 8,166円
iPhone XS Max
iPhone XR
iPhone 8
iPhone 7 1,815円 6,578円 8,393円

※端末は64GBモデル(iPhone 7は32GBモデル)
※1回線のみ契約
※全て税込み
※1:ギガホ割適用時(最大6ヶ月間1,000円割)

■ ギガライトの場合

端末代金(月額) 月額料金 実質負担額
iPhone 11 2,420円 3,278円〜 5,698円~
iPhone 11 Pro 3,520円 3,278円〜 6,798円~
iPhone 11 Pro Max
iPhone XS 1,588円 3,278円〜 4,866円〜
iPhone XS Max
iPhone XR
iPhone 8
iPhone 7 1,815円 3,278円〜 5,093円~

※端末は64GBモデル(iPhone 7は32GBモデル)
※1回線のみ契約
※全て税込み

ドコモオンラインショップ限定
キャンペーン実施中

ドコモでiPhoneへ機種変更検討中の方はこちらもチェック

こちらの記事はいかがでしたか?

お役に立ちましたか?

送信する

もしよろしければお友達に
ご紹介お願いします!

  • ツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

特集コンテンツ

d-card

どんなときもWifi

この記事を書いた人(編集:モバレコ編集部)

がねりん

がねりん

体張るライター

プロフィール

2016年からライターとして独立。現在は格安SIM関係を始め、ガジェット体験などを毎月発信しています。

たまに自分のサイトで体を張ったネタ記事も作成。1ヵ月間キャットフードだけで生活したり、自転車で400km以上旅するなど、ユーザーに楽しんでもらえる記事も執筆しています。

モバレコでは、ガイド系、比較、まとめなどを担当。読者が理解しやすいコンテンツを心がけています。

得意カテゴリー

WiFi・スマホ・格安SIM・ガジェット

ブログ・SNS

がねりん★ファンタスティック!
http://yougaku24.net/
Twitter(@arcticmonckys)
https://twitter.com/arcticmonckys