ドコモでiPhoneを機種変更する方法・手順・キャンペーン完全ガイド!

書いた人: とくめい

カテゴリ: ドコモ

ツイート このエントリーをはてなブックマークに追加

ドコモでiPhoneを機種変更する方法・手順・キャンペーン完全ガイド!

※2019年10月2月更新

ドコモの新料金プラン「ギガホ」「ギガライト」が登場したことにより、端末代金と通信費が分離されて分かりやすくなりました。

しかし、2019年6月1日(土)から「月々サポート」や「端末購入サポート」などの端末購入に伴う割引が消滅してしまい、結果として本体価格が高くなっています。

特に人気のiPhoneは値崩れしにくく、最新モデルだと全モデルで税込10万円を超えてしまいます。36回払いにしても毎月3,000円~5,000円が通信費に上乗せされて大きな負担になります。

そこでドコモのiPhoneを少しでも安くお得に機種変更する方法・手順・キャンペーンをご紹介します。

公式オンラインショップから
iPhone 11シリーズも予約・購入可能

→ ドコモ公式はこちらdocomo

目次:

ドコモのiPhoneの最新価格をチェック

まずはドコモで販売される各種iPhoneの販売価格を確認していきましょう。

ドコモには、対象機種を36回払いで購入して24ヶ月以降に端末を返却すると、最大12ヶ月分の割賦残金が免除される「スマホおかえしプログラム」という端末購入のサポートがあります。

機種 容量 支払総額 スマホおかえし
プログラム適用
実質負担金
iPhone 11 64GB 87,120 円
(2,420 円×36回)
58,080 円
(2,420 円×24回)
128GB 95,040 円
(2,640 円×36回)
63,360 円
(2,640 円×24回)
256GB 106,920 円
(2,970 円×36回)
71,280 円
(2,970 円×24回)
iPhone 11 Pro 64GB 126,720 円
(3,520 円×36回)
84,480 円
(3,520 円×24回)
256GB 142,560 円
(3,960 円×36回)
95,040 円
3,960 円×24回
512GB 166,320 円
(4,620 円×36回)
110,880 円
(4,620 円×24回)
iPhone 11 Pro Max 64GB 75,240 円
(2,090 円×36回)
50,160 円
(2,090 円×24回)
256GB 106,920 円
(2,970 円×36回)
71,280 円
2,970 円×24回
512GB 118,800 円
(3,300 円×36回)
79,200 円
(3,300 円×24回)
iPhone XR 64GB 75,240 円
(2,090 円×36回)
50,160 円
(2,090 円×24回)
128GB 106,920 円
(2,970 円×36回)
71,280 円
2,970 円×24回
256GB 118,800 円
(3,300 円×36回)
79,200 円
(3,300 円×24回)
iPhone XS 64GB 124,344 円
(3,454 円×36回)
82,896 円
(3,454 円×24回)
256GB 143,352 円
(3,982 円×36回)
95,568 円
(3,982 円×24回)
512GB 168,696 円
(4,686 円×36回)
112,464 円
(4,686 円×24回)
iPhone XS MAX 64GB 137,808 円
(3,828 円×36回)
91,872 円
(3,828 円×24回)
256GB 156,024 円
(4,334 円×36回)
104,016 円
(4,334 円×24回)
512GB 181,368 円
(5,038 円×36回)
107,568 円
(5,038 円×24回)
iPhone 8 64GB 67,320 円
(1,870 円×36回)
44,880 円
(1,870 円×24回)
iPhone 7 32GB 43,560 円
(1,210 円×36回)

※価格は税込表示
※スマホおかえしプログラム適用で、最大12回分の支払相当額をポイント充当の場合(iPhone 7を除く)

iPhone 7と6sは「スマホおかえしプログラム」が利用できないので定価となりますが、その他の機種については、36回払いのうち12回分の支払相当額をポイントで還元してくれます。本体価格がネックで買い替えられなかった人でも購入しやすくなります。

▼スマホおかえしプログラムの詳細はこちら

ドコモで購入するiPhoneの価格一覧はこちら

ドコモで機種変更するならオンラインショップがお得!

ドコモオンラインショップ
ドコモオンラインショップ

ドコモで機種変更する場合、ドコモショップや家電量販店が一般的ですが、ショップで購入するよりオンラインショップを利用するほうが便利でメリットがあるので、筆者はいつもドコモオンラインショップを利用しています。

オンラインショップを使うメリット

・初期費用・送料が無料
・24時間申し込み受付可能
・品揃えや在庫が一目瞭然
・オンラインショップ限定のキャンペーンがある

初期費用・送料が無料

ドコモショップや家電量販店で申し込むと、機種変更で2,000円(税別)、契約変更(Foma→Xi)で3,000円(税別)の事務手数料が発生します。店舗の利益になる頭金やオプション契約をお願いされるケースがほとんどです。

ドコモオンラインショップを使って申し込むと、事務手数料や頭金などの初期費用が一切掛からないため、頭金の金額によっては1万円近くお得になります。

気になる送料についても、2,500円(税別)以上の買い物で全国配送無料になります。自宅以外にも全国のドコモショップで受け取ることもできて便利です。

24時間申し込み受付可能

ドコモショップは常に混雑していて手続きに時間が掛かる
ドコモショップは常に混雑していて手続きに時間が掛かる

ドコモショップで機種変更する場合、来店してもすぐに手続きが行えることは稀で、順番待ちになることがほとんどです。

待ち時間は時間帯や曜日、お店の混雑具合によって異なりますが、長いときには1時間以上待たされることも多いです。機種変更の手続き自体も30分~1時間前後掛かるため、お店に入ってから手続きを完了させるまでに2~3時間も掛かってしまいます。

オンラインショップなら待ち時間ゼロで申し込める
オンラインショップなら待ち時間ゼロで申し込める

オンラインショップを利用すれば、ネットだけで手続きが完了するため来店する必要が無くなり、待ち時間なしで24時間いつでもどこでも手続きが完了します。

事前に購入する機種やプランが決まっている場合は、機種変更の手続きも最短5分で終わるため非常にスムーズです。

品揃えや在庫が一目瞭然

在庫状況が一目瞭然
在庫状況が一目瞭然

オンラインショップでは、在庫一覧のページから品揃えや在庫状況が機種・カラーごとに分かります。iPhoneの新型が発売した直後は、欲しい容量・カラーが在庫切れということも多いため、店舗で在庫を求めて探し回るよりも効率よくチェックできます。

もしも在庫切れだったとしても、入荷待ちの予約をすれば入荷したときに連絡してくれます。入荷予定日が記載された機種もあるので、機種やカラーにこだわる方は活用してみてください。

オンラインショップ限定のキャンペーン

定期的にオンラインショップ限定のキャンペーンを実施しており、対象機種の購入で本体価格の値引きやdポイントによる還元、オプション品のプレゼントなど多数の特典を用意しています。

店舗ではキャンペーンの告知をしていないので、定期的にオンラインショップを確認して利用できるキャンペーンがないか確認してみましょう。

ドコモオンラインショップでiPhoneに機種変更する手順

機種変更する手順
機種変更する手順

それでは実際にドコモオンラインショップを使ってiPhoneに機種変更する手順をご紹介します。

1. 必要なものを準備する

オンラインショップで機種変更をするときに必要なものは下記2点です。

・dアカウント
・クレジットカードまたは銀行口座情報

店頭で申し込む場合は、この他に本人確認証類や事務手数料、端末の購入代金や利用中の端末・SIMカードが必要です。

2. 機種変更したいiPhoneを選ぶ

欲しい機種を選択する
欲しい機種を選択する
ストレージ容量を選択する
ストレージ容量を選択する

「ドコモオンラインショップ」にアクセスし、「iPhoneの製品一覧」から欲しい機種・ストレージ容量を選択します。

お手続き方法を「機種変更」、お支払い方法を選択
お手続き方法を「機種変更」、お支払い方法を選択

利用するカラーを選び、お手続き方法を「機種変更」、お支払い方法を任意で選択します。
スマホおかえしプログラムを利用する場合は36回払いを選択してください。

支払総額とスマホおかえしプログラム適用時の価格が表示される
支払総額とスマホおかえしプログラム適用時の価格が表示される

支払総額とスマホおかえしプログラム適用時の価格が表示されるので、問題なければ「カートに入れる」ボタンをクリックします。

3. ドコモオンラインショップから申込手続きを進める

ショッピングカートに追加される
ショッピングカートに追加される

一緒にオプション品を購入する場合、下にスクロールしてケースや保護フィルムなどを追加します。選択が終わったら右上にある「購入手続きに進む」ボタンをクリックします。

dアカウントでログインする
dアカウントでログインする

機種変更する回線が紐付いたdアカウントでログインします。まだdアカウントを持っていない方は「dアカウントを発行する」ボタンをクリックして新規登録してください。

2段階認証をSMSを通じて行う
2段階認証をSMSを通じて行う

2段階認証が聞かれた場合、画面に表示された番号に届いたSMSからセキュリティコードを入力します。

下取りを申し込む場合はチェックを入れる
下取りを申し込む場合はチェックを入れる

商品注文画面からは画面の指示に従って進めていきます。下取りを申し込む場合は注意事項を確認して「下取りを申込む」にチェックを入れてください。

受け取り方法は「宅配」または「ドコモショップ受取」から選べる
受け取り方法は「宅配」または「ドコモショップ受取」から選べる
宅配にすると配送先を4通りから選べる
宅配にすると配送先を4通りから選べる

受け取り方法に宅配を選択すると、「契約住所」「請求書住所」「dアカウント会員住所」「その他の住所」から選べます。配送希望日は申込み日の最短2日後から選ぶことが出来ます。

連絡先メールアドレスを選択する
連絡先メールアドレスを選択する

連絡先メールアドレスの選択画面では、メッセージRやSMS以外の連絡先を追加することが出来ます。必要ない方は「メッセージR/SMS以外への連絡を希望しない」でOKです。

すべて入力が完了したら「次へ」ボタンを押して進めます。これ以降は契約しているプランによって画面が異なるため、それぞれ記載の通りに進めてください。

旧料金プランで契約していたり、「月々サポート」や「端末購入サポート」など端末購入補助を受けている場合は注意事項が表示されるため、内容をよく確認したうえで申し込みを行いましょう。

4. 到着後、新しいiPhoneにデータ移行する

住んでいる地域によって異なりますが、最短2日で注文した商品が届きます。商品が到着したら新しいiPhoneへデータ移行を行います。

iPhone同士のデータ移行はiTunes経由で行うか、「ドコモデータコピー」アプリを利用するとスムーズに行なえます。あらかじめ機種変更する前にデータのバックアップを忘れずに行っておきましょう。

5. SIMカードを挿して初期設定

最後にSIMカードを挿して初期設定を行います。端末と一緒に届くスタートアップガイドを参考に設定行うと、スムーズに進められます。

機種変更のときに忘れがちな「dアカウント」「Apple ID」「Googleアカウント」「ネットワーク暗証番号」などは機種変更前に控えておくことをオススメします。

→ docomo公式オンラインショップはこちらdocomo

機種変更前に注意すべき点

iPhoneへの機種変更の注意点は?
iPhoneへの機種変更の注意点は?

機種変更するタイミングに注意

機種変更するタイミングは現在契約中のプランによって異なります。

旧料金プランで「月々サポート」が適用されている場合、新料金プラン(ギガホ / ギガライト)にすると割引がなくなります。端末代金を割引する「端末購入サポート」を適用して購入した場合は、規定利用期間内(購入月から最大14ヶ月)に機種変更すると高額な解除料が発生します。

契約内容や期間については、ドコモショップまたはMy docomoから調べる事が出来るため、手続きする前に調べておきましょう。

機種変更とプランの変更は同時に行えない

購入手続きと同時に新プランへ変更することができない
購入手続きと同時に新プランへ変更することができない

現在旧料金プラン(シェアパック)を契約中の方は、購入手続きと同時に新料金プラン(ギガホ / ギガライト)へ変更することが出来ません。プラン変更を行う場合は、後ほど店舗もしくはMy docomoからプラン変更を行ってください。

また、ドコモショップなどでプラン変更を申し込んでいる場合、ドコモオンラインショップで購入手続きができないためご注意ください。一度プラン変更の手続きをキャンセルする手間が増えてしまうので手続きの順番に気をつけましょう。

バックアップを忘れずに

機種変更後に必要なデータの移行やバックアップは自分で行う必要があります。

iPhoneのデータをバックアップするには、iTunesからiCloudを使うのが一般的です。iTunesのバックアップはApple IDとパソコン、iCloudはApple IDとWi-Fi環境が必要です。

iPhone同士のデータ移行は、電話帳や通話履歴、ホーム画面とアプリの配置、写真とビデオ、App Storeの購入履歴などほぼ全てのデータを移行できます。

アプリの引継ぎは事前に行う

LINEやゲームアプリ、電子マネーアプリなどの引き継ぎは機種変更前に行いましょう。AndroidからiPhoneへ、iPhoneからAndroidなどOSが変わる場合は、全てのデータ移行が対応していないケースもあるため注意が必要です。

機種変更後にログインできないことも考えられるので、アカウントのIDや登録メールアドレス、パスワードなどはメモに残しておきましょう。

機種変更に使えるお得なキャンペーン

2019年8月現在、機種変更時に適用できるお得なキャンペーンをご紹介します。

スマホおかえしプログラム

スマホおかえしプログラム
スマホおかえしプログラム

総務省主導による携帯電話料金の抜本的な改革により、キャリアによる端末購入割引が廃止された代わりに生まれたのが「スマホおかえしプログラム」というサービス。

36回払いで購入した対象端末をドコモへ返却すると、その翌月以降の分割支払金を最大12回分免除してくれるプログラムです。本来の機種代金の3分の1が免除されるため、機種代金が高いほどお得に購入できます。

スマホおかえしプログラムの詳しい適用条件はこちら

下取りプログラム

下取りプログラム
下取りプログラム

ドコモの下取りプログラムは、iPhoneやiPad、Androidスマートフォンやタブレット、ドコモケータイなどほぼ全ての機種が買い取り対象となっており、機種変更時に利用中の端末を下取りに出すと最大で82,000円分の還元が受けられます。

対象条件

・下取り対象端末であること
・下取り端末が自回線の機種購入履歴に登録されていること
・不備・不正や機種購入代金の未払いがないこと
・正規店が購入された機種であること
・下取り端末に記録されているメモリ・データが消去されていること
・下取りの端末の所有権を有していること

中古で購入したドコモ端末を利用している場合は注意が必要です。端末が破損している場合は買取額が大きく下がってしまうため、この機会にドコモのケータイ補償サービスやAppleCareの加入を検討してみてください。

はじめてスマホ割

はじめてスマホ割
はじめてスマホ割

ドコモや他社のガラケーを利用しているユーザーが、ドコモの新料金プラン「ギガホ」または「ギガライト」に申し込むと「はじめてスマホ割」が適用されます。

毎月の料金から1,000円引きが最大12ヶ月(12,000円分)も続くため、スマホへの乗り換えを検討しているのであれば、今がお得に乗り換えるチャンスです。

注意点として、ドコモオンラインショップでXiへの契約変更と同時に新プランへ変更できないため、契約変更後7日以内(当日含む)にドコモショップやMydocomoでプラン変更を行ってください。

はじめてスマホ割についてさらに詳しく知りたい方はこちら

まとめ:ドコモのiPhoneへ機種変更するなら新料金プランが鍵

新料金プラン「ギガホ」と「ギガライト」の登場により、料金プランや適用できるキャンペーンが大きく変化しました。機種変更すると適用されていたキャンペーンが廃止されるケースもあるため、プラン変更は慎重に行ってください。

月々サポートや端末購入サポートが適用外になり、これから新しいiPhoneを購入したいと考えている方にとっては、各種キャンペーンを行っている今がお買い得です。

公式オンラインショップから
iPhone 11シリーズも予約・購入可能

→ ドコモ公式はこちらdocomo

こちらの記事はいかがでしたか?

お役に立ちましたか?

送信する

もしよろしければお友達に
ご紹介お願いします!

  • ツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

特集コンテンツ

d-card

docomoのギガホ・ギガライト

Y!mobile 公式オンラインストアなら「限定商品!」「送料無料!」「24H受付OK!」

この記事を書いた人(編集:モバレコ編集部)

WEBデザイン・ガジェット・格安SIMなどに興味を示す鹿。大量のモバイル回線を元に沖縄でスピードテストを行っている。各社料金プランを調べたり、Androidのホーム画面をカスタマイズするのが好きです。自身のブログ「Creator Clip」では書きたいことを好きなだけ書いています。Twitter:@tokumewi