絶対失敗しないドコモのプラン変更方法!最適タイミングや注意点を解説

書いた人: モバレコ編集部

カテゴリ: ドコモ

ドコモ 料金プラン変更

ドコモで料金プランを変更する方法としては、店頭(ドコモショップ)・ドコモオンラインショップ・電話の3パターンがあります。

今回は、各パターン別にドコモの料金プランを変更する方法を解説していきますので、この記事を参考に、ご自身に合った方法で手続きを進めてみてください。

プラン変更をすべきタイミングや、事前に確認しておきたい注意点、ドコモの新料金プランについても解説しています。プラン変更をしたことがない方にもわかりやすい内容となっていますので、ぜひ参考にしてみてください。

今ならギガホ・ギガライト契約で
Amazonプライム1年分ついてくる!

目次:

ドコモの料金プラン変更手続き【手段別】

料金とスマホの天秤(イメージ)
ドコモの料金プラン変更手続き【手段別】

ドコモの料金プランは以下3ついずれかの方法で変更できます。

・店頭(ドコモショップ)
・オンラインショップ
・電話

この項目では、手段ごとに得られるメリットとフローを解説していますので、どの方法がご自身に合っているかを確認してみてください。

店頭(ドコモショップ)でプラン変更する方法

ドコモショップで料金プランを変更する際のメリットは、何といってもスタッフと直接対面できる点でしょう。「プラン変更をしたことがない」「わからないことが少しでもあると不安」という方はスタッフに質問をしながら手続きを進められるので安心です。

ドコモショップで料金プランを変更するフローは以下のとおりです。

1. 事前に「来店予約」を取る

土日や祝日、平日夕方以降などは来店者が多くなるため、予約を入れておくとスムーズに案内をしてもらえますよ。

2. 予約当日、必要書類を持って来店する

ドコモショップで手続きをする場合は、免許証やパスポートなどの本人確認書類が必要です。場合によってはスマホの提示も必要ですので、スマホも忘れず持って行きましょう。

3. 料金プランを変更したい旨を伝え、手続きを行う

担当スタッフに用件を伝え、一緒に手続きを進めてください。

オンラインショップでプラン変更する方法

ドコモオンラインショップで料金プランを変更するメリットは、365日24時間いつでも手続きができる点と、余計なオプションを勧められる心配がない点です。ご自身のペースでゆっくりプランを吟味したい方や、日中に時間が取れない方などにピッタリの方法といえるでしょう。

オンラインショップで料金プランを変更するフローは以下のとおりです。

1. 「My docomo」にログインする

「My docomo」にログインする際は、dアカウントのIDとパスワード、ならびにドコモから送られて来るセキュリティコードの入力が必要です。

2. 「契約内容・手続き」をタップする

My docomoから契約内容・手続き
契約内容・手続きをタップ

3. 「料金プラン・パケットパック」欄にある「料金プランを変更する」をタップ

「料金プランを変更する」をタップ
契約プラン変更をタップ

4. 希望の料金プランを選択し、注意事項を確認しながら手続きを進める

希望の料金プランに変更
希望の料金プランに変更

電話でプラン変更する方法

「ドコモインフォメーションセンター」に電話をすると、オペレーターが料金プランの変更を手続きが完了するまで誘導してくれます。

電話での問い合わせは午後8時まで対応してくれるので、「一人で手続きを進めるのは心配だけど、忙しくて店頭には行けない」という方にオススメの方法です。

電話で料金プランを変更するフローは以下のとおりです。

1. 契約者の携帯番号・ネットワーク暗証番号を確認しておく

電話先では本人確認のため、携帯番号と契約時にご自身で設定したネットワーク暗証番号(数字4桁)を伝える必要があります。ネットワーク暗証番号が不明な場合はドコモショップで再登録をしなくてはならないので、事前に確認をしておきましょう。

2. 「ドコモインフォメーションセンター」に電話をする

ドコモインフォメーションセンターの連絡先は以下になります。

<ドコモインフォメーションセンター>

ドコモ携帯電話から:(局番なし)151(無料)
その他一般電話から:0120-800-000(無料)
受付時間:9:00~20:00(年中無休)

どのタイミングで変更すべきか

希望の料金プランに変更
どのタイミングで変更すべき?

ドコモの料金プランはいつでも変更可能ですが、時期を見誤ると端末代の残債や、解約金の支払いが必要となるので注意しましょう。料金プランを変更したい方は、以下のタイミングで手続きを行うことをオススメします。

・更新月
・サポート割引が終了
・機種変更

更新月になったタイミング

ドコモの料金プランは「2年定期契約」または「定期契約なし」から選択できます。

このとき、2年定期契約を継続しながら料金プランを変更する場合は、解約金を支払う必要がありません。しかし、2年定期契約プランから定期契約なしプランへ変更する場合は更新月でないと違約金が発生するので注意しましょう。

ちなみに、ドコモの更新月は、2019年3月から更新月前月・当月・翌月の3ヶ月間に手続きを行えば解約金が発生しないようになりました。

違約金のかからない期間の延長
引用:ドコモ公式サイト

更新月のお知らせは2年定期契約満了月の前月に届きますが、「My docomo」ログイン後、「ご契約内容の確認・変更」をタップした後に表示される「料金プラン」欄の「ご契約プラン」からも確認できます。

サポート割引が終了したタイミング

端末代が割引される「月々サポート」や「端末購入サポート」を適用させている方は、サポート期間内に料金プランを変更すると割引が強制終了となるので、割引期間が終了するまで待ちましょう。

現在、ドコモの料金プランには端末代が実質無料や大幅な金額の割引を付けることはできません。料金プランを変更すると自動的に割引も廃止されます。割引が廃止されると翌月から端末代の残債が支払いに上乗せされるため、月額料金が高くなってしまう

「月々サポート」は最大24ヶ月、「端末購入サポート」は12ヶ月が割引期間となっています。端末代の残債がある方は、サポート割引の終了したタイミング(=端末代の残債が0円)で料金プランの変更を行いましょう

機種変更するタイミング

機種変更を割引サポートが終了したタイミングや更新月に行えば、解約金や端末代の残債などを気にせず料金プランを変更できます。

また、機種変更の際、一緒に料金プランを変更すれば手続きも1回で済みますので、手間が省けるというメリットもあります。

ドコモで料金プラン変更をするときの注意点(違約金、キャンセル、代理、手数料など)

ドコモで料金プラン変更をするときの注意点
ドコモで料金プラン変更をするときの注意点

ドコモで料金プランを変更する際は、以下のポイントに注意をしましょう。

・違約金などの費用が発生する場合がある
・新プランから旧プランには戻せない
・料金は日割りされず、翌々月の明細から反映される
・代表回線がプラン変更すると家族が損する可能性がある

違約金などの費用が発生する場合がある

ドコモは料金プランの変更内容によって、以下の費用が発生します。

概要
違約金 2年定期契約→定期契約なしへの変更
旧プラン→新プラン:9,500円
新プラン→新プラン:1,000円
※更新月での変更であれば無料
※2年定期契約→2年定期契約であれば違約金不要
端末代の残債 「月々サポート」や「端末購入サポート」といった端末代を実質無料にする割引は新プランへの引き継ぎ不可
割引サポート加入者は料金プラン変更と同時に端末代の残債が上乗せされる

※価格はすべて税抜

この表からもわかるように、2年定期プランを契約している方が定期契約なしプランへ変更する場合、更新月に手続きをしなければ最大9,500円の違約金が発生します。ただし、新プラン内での変更だと違約金を1,000円に抑えられます。

旧プランで2年定期契約を結んでいる人は、一度新プランの2年定期プランへ変更を行い、その後、定期契約なしの新プランへ変更するというフローがオススメです。

新プランから旧プランには戻せない

ドコモの基本料金プランは、2019年5月16日から「ギガホ」と「ギガライト」の2種類のみとなりました。旧プランで契約している方は、機種変更や料金プラン変更をしない限り継続利用できますが、一度新プランを契約してしまうと旧プランに戻すことはできません

「月々サポート」などの旧プラン限定の割引が適用されている方は、焦って料金プランを変更すると逆に高くなってしまいますので、タイミングには十分注意をしましょう。

料金は日割りされず、翌々月の明細から反映される

ドコモで料金プランを変更した際、適用されるのは翌月頭からとなります。適用された料金プランは変更を申し出た翌々月分の明細から反映されるため、料金の確認をする際は少し注意が必要です。

(例)料金プラン変更日:11月25日 / 新料金プラン適用日:12月1日
・11月分明細:旧プラン(10月利用分)
・12月分明細:旧プラン(11月利用分)
・ 1月分明細:新プラン(12月利用分)

代表回線がプラン変更すると家族が損する可能性がある

シェアパック代表回線のお手続きに関する注意事項
引用:ドコモ公式サイト

シェアパックを契約している方は、代表回線を含め必ず何らかの「データパック」を契約しています。

シェアパック契約中は全員データパックが非課金となっていますが、代表回線が料金プランを変更するとシェアパック子回線の方は自動的にデータパックが課金開始となるのでご注意ください。

ご契約中のデータパックは「My docomo」から確認できます。

シェアパック契約中の方が料金プランを変更する場合は、事前にデータパックの契約内容を確認し、「料金シミュレーション」を利用しながら家族全員の料金プランを確認しましょう

料金プラン変更のキャンセルは8日以内に!

料金プランの変更を行った場合、8日以内であればもとのプランに戻すことが可能です。ただし、料金プラン変更後の8日以内キャンセルは「法令順守状況が不十分な場合(手続きに関する説明が不十分/契約書面が不交付)」にのみ受け付けられます。

8日以内キャンセルを行いたい方は、以下の方法で手続きを進めてください。

8日以内キャンセルの申込方法
ドコモショップ/電話で
変更した方
「8日以内キャンセル受付センター」へ電話をし、ドコモショップへ行く

<8日以内キャンセルセンター>
電話番号:0120-580-130
受付時間:10:00~18:00(年中無休)

オンラインショップで
変更した方
「ドコモオンラインショップセンター」へ電話をする

<ドコモオンラインショップセンター>
電話番号:
ドコモ携帯:(局番なし)#8067
一般電話:0120-131-067
受付時間:9:00~20:00(年中無休)

「8日以内キャンセルセンター」を利用した場合でも、月額料金は契約解除となる前日までの日割り分を請求されることを覚えておきましょう。

ドコモの新料金プランを確認しておこう!

ギガホとギガライト
ドコモの新料金プラン

ドコモの新料金プランは、ギガホ・ギガライト2種類のデータプランに、必要に応じて通話オプションを選択します。最後にドコモの新料金プランを改めて確認しておきましょう。

データプランは「ギガホ」「ギガライト」の2種類

現在ドコモで契約できるデータプランは以下で紹介する「ギガホ」と「ギガライト」の2種類です。

【ギガホ】

月30GBまでの大容量定額制プラン。オンラインゲームや動画などを頻繁に利用する方にオススメ。

ギガホ
引用:ドコモ公式サイト

【ギガライト】

最大7GBまでの従量課金制プラン。外出先ではあまりデータ通信を利用しないライトユーザーにオススメ。

ギガライト
引用:ドコモ公式サイト

ギガライトは5GB以上7GB未満で4,980円ですが、ギガホは30GBで4,980円なので、毎月5GB以上消費するのであればギガホを契約した方がお得です。(みんなドコモ割3回線以上、ギガホ割適応の場合)

また、速度制限後の速度を比較するとギガホは1Mbps、ギガライトは128kbpsとなっています。1Mbpsは動画視聴も可能な速度ですが、128kbpsはネット接続がなかなか遅いので、速度制限が心配な方もギガホを契約した方がよいでしょう。

通話プランは2種類から選択

ギガホ・ギガライトには、最初から以下料金で通話ができる音声プランが組み込まれています。

・家族間通話:無料
・家族以外への通話:30秒/20円

しかし、家族以外の方との通話が多い方は以下2つの音声オプションを追加することも可能です。

音声オプション 月額料金 通話料
かけ放題オプション 1,700円 国内通話かけ放題
5分通話無料オプション 700円 5分以内通話:無料
5分超過:30秒/20円

ご自身のライフスタイルに合わせ、通話プランも選択できるのは嬉しいですね。

「2年縛り」大幅に緩和された!

総務省のルール改正により、2019年10月1日からギガホ・ギガライトの違約金は1,000円以下、2年定期あり / なしプランの月額料金の差額は170円以内に収めるよう通達がありました。現在は2年定期プランにあった厳しい制限が大幅に緩和されています。

ドコモの場合、ギガホ・ギガライトのどちらを契約しても大きな差額は出なくなったので、よりご自身に合ったプランを選択できるようになっています。

まとめ

ドコモの料金プランは、店頭(ドコモショップ)・ドコモオンラインショップ・電話のいずれかより変更できます。

ただし、現在旧プランを契約している方は、一度新プランに変更すると旧プランに戻せなくなります。また、シェアパック代表回線の方が新プランに変更すると、子回線の方は自動的にデータパックが適用され、翌月から料金が上がってしまう可能性がありますので、注意が必要です。

なお、「定期契約ありのプラン→定期契約なしのプラン」といった変更の場合には、違約金(解約金)がかかる可能性もあります。

どの料金プランがご自身に合っているのかは、事前に「しっかり料金シミュレーション」から確認できるので、ぜひ利用してみてください。

今ならギガホ・ギガライト契約で
Amazonプライム1年分ついてくる!

ドコモスマホを購入する賢い方法

スマホを買うのに、どこに行きますか?

多くの人が「ドコモショップ」とこたえます。家電量販店で買う人も多いですね。

でも、お店まで行く手間や、待ち時間がかかるのもったいなくないですか?
いろいろな商品をAmazonや楽天などのオンラインショップで買っているのに、なんでスマホは通販で買わないんだろう?

一番多い答えが、ショップスタッフと「相談ができないから」という理由です。スマホってプランも難しくて、ちょっと相談してから決めたくなりますよね。

そこでおススメなのが、電話で相談しながら購入できるこのサービス!

やり方は簡単。下記の電話番号に電話するだけで、プロに相談しながら、スマホが買える!もちろん相談料金は無料

「新規・MNP」をご検討の方は、
こちらよりご相談・お申込み可能です! 

0120-805-234

※(株)ディーナビでの受付となります。

この記事を書いた人(編集:モバレコ編集部)

モバレコ編集部

モバレコ編集部

スマホ、ケータイ、docomo、au、ソフトバンク、格安SIMに関する総合情報メディア「Mobareco-モバレコ」の記事コンテンツの制作を監修。スマホのレビュー、サービス解説、ライフハックからトラブルシューティングガイドなどの幅広いジャンルのコンテンツディレクションを手掛ける。『スマホをもっとわかりやすく。もっと便利に。』ユーザー目線に沿ったコンテンツを発信中。Twitter:@mobareco_jp

特集コンテンツ

Y!mobile

d-card

Y!mobile

d-card

Let's Share!

  • Twitter シェアアイコン
  • facebook シェアアイコン
  • はてなブックマーク シェアアイコン
  • Pocket シェアアイコン