カテゴリ: 格安SIM

ドコモ回線の主要12社の格安SIMを料金・速度・サービスから徹底比較!

格安SIMは大手キャリアの回線設備等を利用して事業を展開しています。大手キャリアの中でも接続料が1番安いドコモ回線が人気で、格安SIMを提供する多くの会社がドコモ回線を使用しています。

ドコモユーザーなら今使っているドコモのスマホをSIMロック解除不要で使えて、SIMを差し替えるだけでそのまま使い続けられます。現在は様々な会社やプランが登場しているため、自分に合ったプランが選びやすいのが特徴です。

しかし、新しい会社やプランが増えすぎて「どのプランが良いのか分からない」という声も良く耳にします。

そこで今回は、格安SIMを30社近く使い続けた筆者が、ドコモ回線の格安SIM主要12社の料金プランや通信速度、サービス内容を徹底比較してみました。ドコモユーザーや他社の格安SIMを利用中の方は是非参考にしてみて下さい。

以下、今回比較するドコモ回線の中でも特に人気の12社です。

目次:

ドコモ回線の格安SIM(スマホ):料金を比較!最安はどこ?

まずはドコモ回線の格安SIM主要10社の料金を比較していきましょう。「データ通信専用プラン」「音声通話対応プラン」をそれぞれ表にまとめてみました。

データ通信専用プランの料金を比較

データ通信専用プランは音声通話やSMSが利用できない代わりに、料金が安いのが特徴です。

また、契約期間の縛りがない場合がほとんどなので、お試し用・2台目スマホやタブレット用、通話が必要ないケースでは有効的なプランです。

■データ通信専用プラン(1~7GB)

※横にスクロールできます。

1GB 2GB 3GB 5GB 6GB 7GB
LIBMO 858 1,320
(8GB)
mineo 880 1,265
OCN モバイル ONE 858 1,188
BIGLOBEモバイル
タイプD
990 1,595
IIJmio
タイプD
748 968
(4GB)
1,408
(8GB)
b-mobile 528 935 1,595
nuroモバイル
ドコモ回線
627 825
QTモバイル 770 990 1,430
イオンモバイル 528 748 858 1,078 1,188 1,298
y.u mobile 800
HISモバイル 770 1,320

■データ通信専用プラン(10~30GB)

※横にスクロールできます。

10GB 12GB 15GB 20GB 30GB
LIBMO 1,991 2,728
mineo 1,705 1,925
OCN モバイル ONE 1,628
BIGLOBEモバイル
タイプD
2,970 4,950 7,425
IIJmio
タイプD
1,738 1,958
b-mobile 2,409 3,608
nuroモバイル
ドコモ回線
1,320
QTモバイル 1,650 1,870 2,970
イオンモバイル 1,628 1,738 1,958 3,938
y.u mobile 3,950
HISモバイル 2,310 3,300 5,775

※価格は全て税込

音声通話対応プランの料金を比較

続いて音声通話に対応したプランを見ていきましょう。音声プランの場合、基本的にSMS利用料が含まれています(送受信料は別)。

■音声通話対応プラン(500MB~7GB)

※横にスクロールできます。

500MB 1GB 2GB 3GB 5GB 6GB 7GB
LIBMO 980 1,518
(8GB)
mineo 1,298 1,518
OCN モバイル ONE 550 770 990 1,320
BIGLOBEモバイル
タイプD
1,078 1,320 1,870
IIJmio
タイプD
858 1,078
(4GB)
1,518
(8GB)
b-mobile 1,089 1,309 1,529 1,969 2,189 2,409
nuroモバイル
ドコモ回線
792 990
QTモバイル 1,100 1,540 1,760
イオンモバイル 803 858 968 1,078 1,298 1,408 1,518
y.u mobile 1,070
HISモバイル 590 790 1,190 1,490

■音声通話対応プラン(10~30GB)

※横にスクロールできます。

10GB 12GB 15GB 20GB 30GB
LIBMO 1,991 2,728
mineo 1,958 2,178
OCN モバイル ONE 1,760
BIGLOBEモバイル
タイプD
3,740 5,720 8,195
IIJmio
タイプD
1,848 2,068
b-mobile 3,069 3,509 4,169 5,269
nuroモバイル
ドコモ回線
1,485 2,699
QTモバイル 1,980 2,200 3,300
イオンモバイル 1,848 1,958 2,178 4,158
y.u mobile 2,970 4,170
HISモバイル 1,790 2,178

※価格は全て税込

ドコモ回線の格安SIM(スマホ):速度を比較!速いのはどこ?

格安SIMを選ぶポイントとして回線速度は重要な項目です。いくら安くても通信速度が遅いと使っていてストレスが溜まってしまうため、なるべく速度が速い回線を選びたいですよね。

モバレコでは格安SIMの通信速度を計測しています。

2022年3月時点での計測結果では、上記ドコモ回線の格安SIM10社の中では、「y.u mobile」「OCN モバイル ONE」「IIJmio」が安定した数値を記録しています。

注意事項:この調査はモバレコ独自のものであり、必ずしも実効速度を保証するものではありません。通信環境により結果が異なる場合があります。

最新の速度計測結果を確認したい方は、以下の関連記事からチェックしてみて下さい。

新プラン登場!!
少量〜大容量までLIBMOがお得

LIBMO

LIBMO

★LIBMOのメリット

  • ドコモの回線を利用しているので、通信、エリアは安定している
  • 余ったデータ通信は翌月に繰り越しができる
  • 5分、10分、時間・回数制限なしのかけ放題オプションもあるので、通話も安心
  • 3GB、8GB、20GB、少量~大容量までデータプランもお得な月額で利用できる
  • 端末セットも展開している

さらに今なら端末1円セールも実施中!!

ドコモ回線の格安SIM(スマホ):キャンペーンを比較

格安SIM事業者は、不定期でお得なキャンペーンを展開していることがあります。

基本的には、月額料金割引・初期費用割引・キャッシュバック・格安スマホ代金値引き・データ通信量増量などがそれに値します。

今回のドコモ回線を提供する格安SIM事業者の中でも、特にお得度の高いキャンペーンを以下にまとめました。

格安SIM 実施中のキャンペーン内容
IIJmio
・スマホ大特価セール
・初期費用特典&データ増量特典
・通話定額割引特典
mineo
・月額料金3か月間1,188円割引
・端末価格割引キャンペーン
・パケット放題 plusの月額料金(385円)が最大2か月間無料
LIBMO

緊急値下げ!!
端末1円セール実施中!

・スマホ大特価セール
・最大12,000円相当還元プログラム
・初期費用0円プログラム
nuroモバイル
・新規、乗り換えでNEOプランを申し込むと20,000円キャッシュバック
・新規、乗り換えでバリュープラスを申し込むと10,000円キャッシュバック
OCN モバイル ONE
・スマホ最安1円セール
BIGLOBEモバイル ・初期費用無料+12ヵ月間月額割引(770円/月~)
・エンタメフリーオプション最大6ヵ月無料
・対象端末セットの申し込みで最大20,000円相当のポイント還元
・ご自宅訪問設定出張サービス料無料
おすすめキャリア 実施中のキャンペーン内容
楽天モバイル

iPhone購入で最大30,000ポイント還元

・iPhone乗り換え 最大30,000円相当ポイント還元
・スマホ激トク乗り換え 最大25,000ポイント還元
・SIMのみで最大24,000ポイント還元
・モバイルWi-Fi実質0円キャンペーン

また第4のキャリアとして始動した楽天モバイルのキャンペーンもおすすめです。

キャリアの安定性と格安SIMの安さの両方を兼ね備えた楽天モバイルが始めやすいキャンペーン内容になっています。

月額料金だけの安さではなく、使いやすさという面での通信速度とキャンペーン内容を加味した実質負担金額で比較していくことで、失敗無しの格安SIM選びができます。

格安SIMのキャンペーンを確認するならこちらもチェック

編集部イチオシ!第4キャリア「楽天モバイル」

楽天モバイル
楽天モバイルのプラン
Rakuten UN-LIMIT Ⅵ
~1GB 0円
1~3GB 1,078円
3~20GB 2,178円
20GB~無制限 ※1 3,278円

※価格は全て税込
※1 楽天回線エリア外は月間5GBまで。超過後は最大1Mbpsで利用可能。

楽天モバイルの概要
契約期間・違約金 なし
初期費用 なし
通話料金 通常22円/30秒
Rakuten Linkアプリ利用でかけ放題
支払い方法 クレジットカード・デビットカード・口座振替・楽天ポイント
データチャージ 1GB/550円
5G対応
eSIM対応

 楽天モバイルの特徴

2020年4月からMVNO事業ではなく、自社回線としての新サービス展開を開始した楽天モバイルですが、対象エリア内での使用であれば、月額税込3,278円でデータ通信が無制限で利用できます。

その他、楽天モバイルのメリットはやはり楽天スーパーポイント(SPU)が貯まるところ。

月々の利用料金に応じてポイントが貯まり、セット端末やアクセサリーの購入あるいは月々の支払いにも使えます。

もちろん、楽天市場や楽天カードで貯まったポイントも使うことが可能です。

ただし最大無制限で利用できる楽天回線エリアは拡大途中のため、使用する場所によっては繋がりにくい場合があるという点は把握しておきましょう。

格安SIMを検討する前に、第4キャリアとしての新プランがスタートした楽天モバイルの内容を一度チェックしてみることをおすすめします!

 楽天モバイルがおすすめの人はどんな人?

▼楽天モバイルがおすすめの人

  • 高い通信品質を求める人
  • シンプルな料金プランがいい人
  • 口座振替・デビットカード支払いがいい人
  • 楽天ポイントを貯めている人
  • 活動範囲が楽天回線エリアの人

3大キャリアでのスマホ代を節約したい方の乗り換え先にもおすすめです。

また、月額料金は~1GBまでは0円、無制限でも3,278円の安さで利用できるため、電話やメールが中心の方のライトユーザーから動画鑑賞や大容量のデータ送信をよく行うヘビーユーザーも満足できる、他社にはないプランもおすすめできるポイントです。

楽天モバイルは楽天関連サービスを使うほどポイント還元率がアップする「SPU」をあげたい人にもおすすめです。

楽天カードとの組み合わせでポイント運用もさらにお得になりますよ。

iPhone購入で最大30,000ポイント還元

▲目次に戻る

大手キャリアの格安プランもおすすめ!

キャリア 格安プラン

2021年、政府の主導により携帯電話料金が大きく変わりました。

大手キャリアのドコモ・au・ソフトバンクともに、20GBのデータ通信量が使える格安料金プランのサービスが展開されました。

■大手キャリアの格安プラン比較

※横にスクロールできます。

ahamo
povo

他社からのりかえで
10,000円キャッシュバック!

linemo
月額料金 2,970円 2,700円(20GB)
990円(3GB)
※30日間
2,728円(20GB)
990円(3GB)
データ容量超過後の通信速度 1Mbps 128kbps 1Mbps
300kbps(ミニ)
音声通話 ・5分通話無料
・+1,100円(無制限かけ放題)
・+550円(5分かけ放題)
・+1,650円(無制限かけ放題)
・+550円(5分かけ放題)
・+1,650円(無制限かけ放題)

比較表を見てみると、LINEMOとpovoは20GBの他に小容量の3GBプランもありますが、20GBプランに関してはahamoに魅力的なポイントがあります。

ahamoは5分通話無料込みなので、5分かけ放題オプションに加入する前提の場合は最安となります。

また、ahamoはiPhone 11やGalaxy 20など、端末のセット販売も可能です。

いずれにせよ、これまで大容量プランでは月額5,000円〜1万円近くかかっていた通信費用が、これら新プランによって大きな負担減に繋がります。

高額な通信費用に悩んでいたユーザーにとって、通信料金という大きな固定費を減らせる魅力ある内容です。

ドコモ回線の格安SIM(スマホ)主要12社の特徴まとめ

各社の特徴を料金プランをそれぞれまとめてみました。じっくり比較してみて下さい。

1. OCN モバイル ONE

OCN モバイル ONE
OCN モバイル ONE
OCN モバイル ONEのプラン
音声対応SIM SMS対応SIM データ通信専用SIM
500MB/月コース 550円
1GB/月コース 770円
3GB/月コース 990円 990円 858円
6GB/月コース 1,320円 1,320円 1,188円
10GB/月コース 1,760円 1,760円 1,628円

※全て税込み

OCN モバイル ONEの概要
契約期間・違約金 なし
初期費用 初期手数料:3,300円
SIMカード手配料:433.4円
通話料金 通常22円/30秒
OCNでんわ利用で11円/30秒
支払い方法 クレジットカード・口座振替
データチャージ 1GB/550円
5G対応 ×
eSIM対応 ×

 OCN モバイル ONEの特徴

OCN モバイル ONE」はNTT系列の会社が運営する格安SIM。

格安SIMが普及する前から事業を展開しており、インターネットプロバイダーの「OCN」のブランドを掲げた信頼のある会社です。

2021年10月21日よりドコモのエコノミーMVNOになったことで、ドコモショップから申し込めるようになっています。

SIMフリースマホがお得に買える「goo Simseller」にて、OCN モバイル ONEのSIMカードとセットで契約すると、セール特価で端末を購入することができる点が最大の特徴です。

 OCN モバイル ONEがおすすめの人

▼OCN モバイル ONEのおすすめポイント

  • ドコモ回線で安定した通信速度の格安SIMがいい人
  • セット購入時のスマホ価格が安い
  • 500MBコースは1回10分かけ放題込み

ドコモ回線の格安SIMではトップクラスに安定した通信速度を記録しているため、初めての格安SIMにもおすすめです。

また、新たにスタートした500MBコースは1回10分のかけ放題料金込みの料金となっており、格安SIMでは珍しい無制限かけ放題も提供しています。

ドコモと同じNTT系列のNTT communicationsが運営しているので、スマホの利用は電話がメイン、というシニアユーザーにもおすすめです。

▲目次に戻る

2. y.u mobile

yumobile
y.u mobile
y.u mobileのプラン
  音声通話SIM データSIM
シングル 5GB 1,070円 800円
シングルU-NEXT 10GB 2,970円
シェアU-NEXT 20GB 4,170円 3,950円

※全て税込み

y.u mobileの概要
契約期間・違約金 なし
初期費用 登録事務手数料:3,300円
SIM発行手数料:440円
通話料金 通常22円/30秒
y.uでんわ利用で11円/30秒
支払い方法 クレジットカード
データチャージ 1GB/330円
10GB/1,200円
5G対応 ×
eSIM対応 ×

 y.u mobileの特徴

y.u mobile」は日本で最もシンプル、かつ高品質を目指す格安SIMとうたっています。

容量プランは3種類だけ。シンプルで分かりやすいのが特徴です。

ギガが余っても有効期限がない「永久不滅ギガ」や1GBが330円の格安でデータチャージができ、10GBまとめてチャージだと1,200円でよりお得に利用することも可能です。

シングルU-NEXT・シェアU-NEXTプランの場合、毎月追加データチャージ料金に充当ができる1,200円分のポイントが還元されるので、実質+10GBを無料で利用することができます。

また、端末の修理費用保険が無料で付属しており、今利用している端末でも間最大30,000円までカバーしてくれます。

 y.u mobileがおすすめの人

▼y.u mobileのおすすめポイント

  • シンプルで分かりやすい料金プラン
  • ドコモ回線で安定した通信速度
  • 余ったギガは翌月に繰り越し可能&有効期限なし
  • 1GBが330円ので格安データチャージ
  • 端末の修理費用保険が無料

y.u mobileのメリットは何といっても、「シングルU-NEXT 10GB」または「シェアU-NEXT 20GB」に動画サービス「U-NEXT」の料金が込みである点です。

速度も安定しているので、U-NEXTユーザーの乗り換え先としてぴったりでしょう。

▲目次に戻る

3. mineo

mineo
mineo
mineoのプラン
  シングルタイプ
(データ通信のみ)
デュアルタイプ
(音声通話+データ通信)
1GB 880円 1,298円
5GB 1,265円 1,518円
10GB 1,705円 1,958円
20GB 1,925円 2,178円
お試し200MBコース 330円 1,100円

※価格は全て税込

mineoの概要
契約期間・違約金 なし
初期費用 契約事務手数料:3,300円
SIMカード発行料:440円
通話料金 通常22円/30秒
mineoでんわ利用で10円/30秒
支払い方法 クレジットカード・口座振替
※eo光ネットを口座振込で利用中の場合は、口座振替が選択可能
データチャージ 100MB/55円
5G対応
eSIM対応 ×

 mineoの特徴

mineo」は関西電力のグループ会社であるケイ・オプティコムが運営している格安SIM。ドコモ・au・ソフトバンク回線に対応したトリプルキャリア対応の会社です。

格安SIMでは数少ない最低利用期間と違約金がない会社のため、気軽に通信サービスを試す事ができます。

余ったデータ容量を繰り越したり家族や友人、mineoユーザー同士でシェアできるのが最大の特徴です。

 mineoがおすすめの人

▼mineoのおすすめポイント

  • トリプルキャリア対応、1GB~20GBまでのわかりやすいプラン
  • データ容量を家族や友達、mineoユーザー同士でシェアできる
  • 困ったことがあれば「マイネ王」で相談できる
  • 100MB/55円ので格安データチャージ
  • 「パケット放題 Plus」オプションで無制限利用も可能

月額385円の「パケット放題 Plus」というオプションに加入すると、最大1.5Mbpsの速度でデータ使い放題で利用できます。

10GB以上のコースを契約中の方はオプション料金が無料になるので、SNSや中画質程度の利用をメインにして大容量利用したい人はmineoがおすすめです。

また、分からないことがあればコミュニティサイト「マイネ王」で質問・相談できるので、初心者にもおすすめです。

▲目次に戻る

4.BIGLOBEモバイル タイプD

BIGLOBEモバイル
BIGLOBEモバイル
BIGLOBEモバイルのプラン
音声通話SIM データ通信+SMS データ通信のみ
1ギガプラン 1,078円
3ギガプラン 1,320円 1,122円 990円
6ギガプラン 1,870円 1,727円 1,595円
12ギガプラン 3,740円 3,102円 2,970円
20ギガプラン 5,720円 5,082円 4,950円
30ギガプラン 8,195円 7,557円 7,425円
エンタメフリー・オプション 308円 1,078円
定額料金でデータ通信量の制限なく、YouTube・Spotifyなど対象の動画や音楽配信サービスが使い放題に

※全て税込み

BIGLOBEモバイルの概要
契約期間・違約金 なし
初期費用 契約事務手数料:3,300円
SIMカード発行料:433円
通話料金 通常22円/30秒
BIGLOBEでんわ利用で9.9円/30秒
支払い方法 クレジットカード・口座振替
※データ専用SIMのみ口座振替を選択可能
データチャージ 100MB/330円
5G対応 ×
※3月28日より対応(ドコモ回線のみ)
eSIM対応 ×

 BIGLOBEモバイルの特徴

BIGLOBEモバイル」は老舗インターネットプロバイダーの「BIGLOBE」ブランドの格安SIM。

OCN モバイル ONEと同様に古くからMVNO事業を始めており、au回線を使用したプランをスタートさせるなど勢いのある会社です。

データSIMは口座振替にも対応しているため、クレジットカードを持っていない方でも契約可能。

1番人気はYouTubeやAbemaTV、Apple Music、Google Play Musicの通信量をカウントしない「エンタメフリー・オプション」。

オプション料金は音声プランが月額308円、データ通信専用プランが月額1,078円。データプランの場合3GB以上のプランの加入で利用できます。

 BIGLOBEモバイルがおすすめの人

▼BIGLOBEモバイルのおすすめポイント

  • データSIMなら口座振替に対応
  • YouTubeなどが見放題「エンタメフリー・オプション」が便利
  • キャンペーンが充実

BIGLOBEモバイルはエンタメフリー・オプションに加入する前提で検討するのがおすすめです。

データ消費はエンタメフリー・オプション対象サービスの利用がほとんど、という方はプラン料金を下げることができますよ。

5.HISモバイル

HISモバイル
HISモバイル
HISモバイルのプラン
  データ通信のみ 音声通話つき
100MB 198円
2GB 770円
3GB 790円
5GB 1,320円 1,190円
7GB 1,490円
10GB 2,310円 1,790円
15GB 3,300円
20GB 2,178円
30GB 5,775円

※価格は全て税込

HISモバイルの概要
契約期間・違約金 なし
初期費用 事務手数料:3,300円
通話料金 通常22円/30秒
HIS電話アプリ利用で11円/30秒
支払い方法 クレジットカード
データチャージ 1GB/550円
5G対応
eSIM対応 ×

 HISモバイルの概要

HISモバイル」は旅行代理店であるH.I.Sが提供している格安SIMサービス。

HISモバイルのドコモ回線は、データ専用プランの「ビタッ!プラン(100MB~30GB)」「データステッププラン・SMSデータステッププラン(1~10GB)」、音声プランの「格安ステッププラン(1~10GB)」「格安弐拾プラン(20GB)」の4つが主なプランになっています。

最近スタンダードになりつつある20GBプランの中でも格安弐拾プランなら2,178円から利用することができ、通話も70分まで無料通話がついているので、迷った人はまず格安弐拾プランがおすすめです。

また、通話をメインにしたい人はかけ放題プラン、データSIMで容量を細かく選びたい人には100MB~30GBまで選べるプラン体系もあるので、安心です。

 HISモバイルがおすすめの人

▼HISモバイルのおすすめポイント

  • 20GBプランの中でも月額が安い
  • データ容量ごとにプランを選択でき、月額が安く無駄なく抑えられる
  • 通話たっぷりしたい人でもかけ放題プランがあるので安心

HISモバイルのプランはデータ専用プラン、音声プランそれぞれ2種類あるため、格安SIM初心者には少々プラン選びのハードルが高いかもしれません。

データ専用プラン希望でごく少容量から細かくデータ容量を管理したい方は「ビタッ!プラン」がおすすめ。

音声プランで3GB未満の方は「格安ステッププラン」、20GB程度使う電話の頻度が高い方は「格安弐拾プラン」がいいでしょう。

また、旅行会社らしく海外で使いたい人向けのプランもあります。

国内でもデータ通信専用のプリペイドSIMカードがあるので、国内外問わず試してみたい人にもおすすめの格安SIMです。

▲目次に戻る

6.IIJmio タイプD

IIJmio
IIJmio
IIJmioのプラン

※横にスクロールできます。

音声通話SIM SMS付きデータSIM データ通信専用SIM ※1 eSIM ※1
2GB 858円 825円 748円 440円
4GB 1,078円 1,045円 968円 660円
8GB 1,518円 1,485円 1,408円 1,100円
15GB 1,848円 1,815円 1,738円 1,430円
20GB 2,068円 2,035円 1,958円 1,650円

※価格は全て税込
※1:タイプDのみ

IIJmioの概要
契約期間・違約金 なし
初期費用 事務手数料:3,300円
SIMカード発行手数料
・タイプD:433.4円
・eSIM:220円
通話料金 通常22円/30秒
みおふぉんダイアル利用で11円/30秒
支払い方法 クレジットカード
データチャージ 1GB/220円
5G対応
eSIM対応

 IIJmioの特徴

IIJ(インターネットイニシアティブ)が提供する「IIJmio」は、古くからインターネットプロバイダーとして評判の高い老舗の会社です。

便利なオプションやサービスを多く揃えており、MVNO事業の最先端を行く会社です。

最新端末やOSアップデートの動作確認をいち早く行い、セット販売ラインナップも業界最多級です。

 IIJmioがおすすめの人

▼IIJmioのおすすめポイント

  • 老舗ブランドならではの安心感
  • セット販売端末のラインナップが豊富
  • eSIMプランが格安
  • 家族で利用すると通話料金が安くなる

eSIM専用のプランを提供している格安SIMはほとんどなく、通常プランがeSIMにも対応しているというのが一般的な中、IIJmioは格安のeSIM専用プランを提供しています。

eSIM単体での利用はもちろん、ひとつのスマホで2つのSIMを使い分ける「デュアルSIM」の運用を考えている方にも、IIJmioは使いやすいでしょう。

▲目次に戻る

7. LIBMO

LIBMO
LIBMO
LIBMOのプラン

■なっとくプラン

音声通話機能付き データ通信専用SIM
ライト ※1 528円
3GB 980円 858円
8GB 1,518円 1,320円
20GB 1,991円 1,991円
30GB 2,728円 2,728円

※価格は全て税込
※1:最大速度200kbpsでデータ無制限

■ゴーゴープラン

音声通話機能付き
500MB
+5分かけ放題
1,100円
500MB
+10分かけ放題
1,320円
500MB
+かけ放題マックス
1,980円

※価格は全て税込

LIBMOの概要
契約期間・違約金 なし
初期費用 3,300円
通話料金 通常22円/30秒
支払い方法 ・クレジットカード
・ISPまとめて請求(TNCまたは@T COM(アットティーコム))
データチャージ 1GB/330円
5G対応 ×
eSIM対応 ×

 LIBMOの特徴

TOKAIコミュニケーションズが提供する格安SIMサービスが「LIBMO」です。

料金プランは200Kbpsで使い放題のなっとくプラン(ライト)から、月に3GB、8GB、20GB、30GB使えるプランがあります。

特になっとくプラン(20GB)は、音声通話対応のプランで月に1,991円と2,000円を切っており、安いのが特徴です。

 LIBMOがおすすめの人

▼LIBMOのおすすめポイント

  • 20GBプランが安い
  • 安心のドコモ回線
  • かけ放題料金込みの小容量プランもあり

LIBMOには「ゴーゴープラン」という、500MBに5分、10分、無制限それぞれのかけ放題料金がコミコミになっているプランもあります。

電話の頻度が高い人にお勧めです。

なお、現在LIBMOでは以下のお得なキャンペーンを実施中。ぜひチェックしてみてください。

今ならお得なキャンペーン実施中

  • 音声通話機能付きSIM(3GBまたは8GB)、データ通信専用SIMなら、契約事務手数料3,300円が無料!
  • 音声通話機能付きプラン+端末セットなら、対象端末が特別価格(1円~)!
  • 20GB以上+音声通話SIMなら、最大12,000円相当のポイント還元!

緊急値下げ!!
端末1円セール実施中!

▲目次に戻る

8.b-mobile

b-mobile
b-mobile
b-mobileのプラン
  190 Pad SIM
(データ専用SIM)
990ジャストフィットSIM
(音声通話SIM)
100MB 209円
1GB 528円 1,089円
3GB 935円 1,529円
6GB 1,595円 2,189円
10GB 2,409円 3,069円
15GB 3,608円 4,169円
20GB 5,269円

※価格は全て税込
※990ジャストフィットSIMは一部プラン抜粋

b-mobileの概要
契約期間・違約金 なし
初期費用 初期手数料:3,300円
通話料金 通常22円/30秒
b-mobile電話アプリ利用で11円/30秒
支払い方法 クレジットカード
データチャージ 不可
※低速で利用可能
5G対応 ×
eSIM対応 ×

 b-mobileの特徴

b-mobile」は日本通信が展開する最古のMVNO事業者です。ドコモ回線だけでなく、ソフトバンク回線に対応したプランも提供しています。

通話・データ通信・SMSが990円から利用できる従量課金制プラン「990ジャストフィットSIM」、月額190円から利用できるiPad・iPhone用の「190PadSIM」と続々と新プランが登場するなど、サービスを拡大しています。

 b-mobile

▼b-mobileのおすすめポイント

  • 段階定額プランでデータ容量を無駄なく使える
  • 少ないデータ量を安く使える

b-mobileで現在提供中の音声通話プラン「990ジャストフィットSIM」は最小100MBから最大20GBの中からプランを選択できます。

残念ながらデータチャージに対応していたいため、月々の使用料がほぼ同じで、過不足のない最適なプラン選択をしたい方におすすめです。

▲目次に戻る

9. nuroモバイル ドコモ回線

nuroモバイル
nuroモバイル
nuroモバイルのプラン
  データ専用 音声通話付き
VSプラン
3GB
627円 792円
VMプラン
5GB
825円 990円
VLプラン10GB
10GB
1,320円 1,485円
NEOプラン
20GB
2,699円
お試しプラン
200MB
330円

※価格は全て税込
※990ジャストフィットSIMは一部プラン抜粋

nuroモバイルの概要
契約期間・違約金 なし
初期費用 登録事務手数料:3,300円
SIMカード準備料:440円
※NEOプランの登録事務手数料、SIM準備料は0円
通話料金 通常22円/30秒
NUROモバイルでんわ利用で11円/30秒
支払い方法 クレジットカード
データチャージ 1GB/550円
5G対応
eSIM対応 ×

 nuroモバイルの特徴

nuroモバイル」はソニーネットワークコミュニケーションズが展開する格安SIM。ソニーのグループ企業ということで、会社の信頼度や知名度が高い会社です。

トリプルキャリアに対応し、わかりやすくシンプルなプランが特徴的です。

他社には珍しい格安のお試しプランや無制限プランを提供しているため、初めての格安SIMにもおすすめです。

 nuroモバイルがおすすめの人

nuroモバイルのおすすめポイント

  • 3/5/8GBのシンプルなプラン構成
  • 5G対応

▲目次に戻る

10. QTモバイル

nuroモバイル
QTモバイル
QTモバイルのプラン
  データコース データ+通話コース
1GB 770円 1,100円
3GB 990円 1,540円
6GB 1,430円 1,760円
10GB 1,650円 1,980円
20GB 1,870円 2,200円
30GB 2,970円 3,300円

※価格は全て税込

QTモバイルの概要
契約期間・違約金 音声通話SIM:12か月
※利用開始月を1ヶ月目として12ヶ月目まで
データSIM:なし
初期費用 契約事務手数料:3,300円
SIM発行手数料:370.7円
通話料金 通常22円/30秒
QTモバイル電話アプリ利用で16.5円/30秒
支払い方法 クレジットカード
※BBIQで口座振替支払いをしている場合、口座振替が可能
データチャージ 100MB/220円
500MB/990円
1GB/1,760円
5G対応 ×
eSIM対応 ×

QTモバイル」はQTネットが展開する格安SIM。九州電グループのグループ企業ということで、会社の信頼度や知名度が高い会社です。

BBIQに加入しているなら利用年数に応じて初期費用がお得に。また、利用明細を1本化することができます

ドコモ、au、ソフトバンクのマルチキャリア対応で、乗り換えもスムーズに行えます。

▼QTモバイルのおすすめポイント

  • BBIQの加入者なら料金を一括にできる
  • 料金プランが豊富で自分にあったプランが選べる

▲目次に戻る

11. イオンモバイル

イオンモバイル
イオンモバイル
イオンモバイルのプラン
音声プラン シェア音声プラン データプラン
0.5GB 803円
1GB 858円 528円
2GB 968円 748円
3GB 1,078円 858円
4GB 1,188円 1,518円 968円
5GB 1,298円 1,628円 1,078円
6GB 1,408円 1,738円 1,188円
7GB 1,518円 1,848円 1,298円
8GB 1,628円 1,958円 1,408円
9GB 1,738円 2,068円 1,518円
10GB 1,848円 2,178円 1,628円
12GB 1,958円 2,288円 1,738円
14GB 2,068円 2,398円 1,848円
20GB 2,178円 2,508円 1,958円
30GB 4,158円 4,488円 3,938円
40GB 5,258円 5,588円 5,038円
50GB 6,358円 6,688円 6,138円

※全て税込み

イオンモバイルの概要
契約期間・違約金 音声通話SIM:12か月
※利用開始月を1ヶ月目として12ヶ月目まで
データSIM:なし
初期費用 事務手数料:3,300円
通話料金 通常22円/30秒
イオンでんわ利用で16.5円/30秒
支払い方法 クレジットカード
※BBIQで口座振替支払いをしている場合、口座振替が可能
データチャージ 1GB/528円
5G対応 ×
eSIM対応 ×

イオンリテール株式会社が運営するMVNOサービス「イオンモバイル」。

イオンの各店舗にて、格安SIM・格安スマホを販売スタッフと一緒に選ぶことができるのが魅力です。

格安SIMの料金プランが非常に細かく分けられていてユーザーが使いたいベストなデータ通信量のプランを選ぶことができます。

月額料金を安く利用したい人、データ通信を多く利用したい人にもおすすめな格安SIMです。

▼イオンモバイルのおすすめポイント

  • 月額料金がトップクラスに安い
  • 全国のイオンにて購入・サポートが受けられる
  • 10GB以上の大容量プランが豊富、シェアプランもあり利用用途の選択肢が広がる

12. トーンモバイル

トーンモバイル
トーンモバイル
トーンモバイルのプラン
トーンモバイル
オリジナル機種
TONE SIM
(for iPhone)
月額料金 1,100円
トーンモバイルの概要
契約期間・違約金 音声通話SIM:12か月
※利用開始月を1ヶ月目として12ヶ月目まで
データSIM:なし
初期費用 契約事務手数料:3,300円
SIM発行手数料:370.7円
通話料金 通常:11円/30秒
トーンモバイル同士:0円
支払い方法 クレジットカード・口座振替
データチャージ なし
動画チケット:1GB/330円
5G対応 ×
eSIM対応 ×

新たにドコモのエコノミーMVNOとなった「トーンモバイル」の料金プランはシンプルで、子供やシニアの方にも安心して使える格安スマホです。

トーンモバイルおすすめのオリジナルモデルのTONE e21をセットにしたプランが月額1,100円~そこに端末代金がかかる仕組みとなっています。

24回の分割払いなら月額907円になるので、月々わずか2,007円~で運用することが可能です。

また、データ容量は動画視聴以外の利用なら無制限で、動画を見たい場合は専用のチケット(1GB)を購入する仕組みになります。

セキュリティや安心機能が充実しており、端末搭載のAIサポートによってアプリの利用制限やチャット機能も簡単にやりとりできるので、子供に持たせるのもおすすめ。

画面もシンプルで扱いやすく、見守り機能もあるためシニアの方で初めてスマホを使う場合にも適しています。

▼トーンモバイルのおすすめポイント

  • 料金プランがシンプルで分かりやすい
  • サポート、サービスが充実していて子供やシニア層にもおすすめ

▲目次に戻る

ドコモ回線の格安SIM(スマホ)でiPhoneを購入できるのはどこ?

ドコモ回線系の格安SIMでiPhoneを販売しているのは以下のMVNOです。

▼iPhoneを販売しているドコモ回線系格安SIM

  • OCN モバイル ONE(新・中古品)
  • y.u mobile(中古品のみ)
  • mineo(新品)
  • BIGLOBEモバイル(新品)
  • IIJmio(新・中古品)
  • LIBMO(新品)
  • QTモバイル(新品)
  • イオンモバイル(未使用品)

ドコモ回線系の格安SIMはほとんどがiPhoneを販売している状況です。

この中でもOCN モバイル ONEとIIJmioはスマホ関連のセールを頻繁に行っているので、iPhoneのセット購入を検討している方におすすめです。

ドコモ回線の格安SIM(スマホ)でかけ放題があるのはどこ?

ドコモ回線系の格安SIMでかけ放題があるのは以下のMVNOです。

▼かけ放題があるドコモ回線系格安SIM(無制限)

  • OCN モバイル ONE(月額1,430円)
  • y.u mobile(月額1,400円)
  • mineo(月額1,210円)
  • IIJmio(月額1,400円)
    ※みおふぉんダイアル利用専用
  • LIBMO(月額1,430円)
  • QTモバイル(月額1,600円)
  • イオンモバイル(月額1,650円)
    ※イオンでんわ利用専用

▼かけ放題があるドコモ回線系格安SIM(1回10分)

  • OCN モバイル ONE(月額935円)
  • y.u mobile(550円月額)
  • mineo(月額550円)
  • BIGLOBEモバイル(月額913円)
    ※BIGLOBEでんわ利用専用
  • IIJmio(月額700円)
    ※みおふぉんダイアル利用専用
  • LIBMO(月額770円)
  • nuroモバイル(月額880円)
  • イオンモバイル(月額935円)
    ※イオンでんわ利用専用

▼かけ放題があるドコモ回線系格安SIM(1回5分)

  • BIGLOBEモバイル(1回3分:月額913円)
    ※BIGLOBEでんわ利用専用
  • HISモバイル(月額700円)
  • IIJmio(月額500円)
    ※みおふぉんダイアル利用専用
  • LIBMO(月額550円)
  • b-mobile(月額550円)
    ※b-mobileで電話利用専用
  • nuroモバイル(月額490円)
  • イオンモバイル(月額550円)
    ※イオンでんわ利用専用

格安SIMでは無制限かけ放題に対応しているMVNOが少ないのが現状ですが、ドコモ回線系の格安SIMでは充実しています。

ただし、専用アプリからの発信でないとかけ放題オプションが適用にならない事業者もあるため、この点にはご注意ください。

かけ放題オプション希望なら、オプション料金の安いmineoがおすすめです。

また、電話利用がメインなら、1回10分かけ放題が料金込みになっているOCN モバイル ONEの「500MB/月コース」もおすすめです。

ドコモ回線の格安SIM(スマホ)で無制限利用ができるのはどこ?

ドコモ回線系の格安SIMでカウントフリーオプション等を含み、無制限で利用できるのは以下のMVNOです。

▼無制限利用ができるドコモ回線系格安SIM

  • OCN モバイル ONE…MUSICカウントフリー機能で、対象サービスがデータ消費0
  • mineo…パケット放題 Plusオプション加入で、最大1.5Mbpsでデータ無制限
  • BIGLOBEモバイル…エンタメフリー・オプション加入で、対象サービスがデータ消費0
  • LIBMO…最大200kbpsでデータ無制限
  • トーンモバイル…動画視聴以外はデータ無制限

ドコモ回線系の格安SIMでデータ無制限利用したいなら、mineoがおすすめです。

mineoの「パケット放題 Plus(月額385円)」というオプションに加入すると、サービスの制限なく最大1.5Mbpsで使い放題になります。

パケット放題 Plusは10GB以上のコースの場合オプション料金が無料になる点にも注目です。

au・ソフトバンク回線の格安SIM(スマホ)と比較して分かるドコモ回線の格安SIM(スマホ)の特徴

そもそもドコモ回線の格安SIMには、au・ソフトバンク回線の格安SIMと比較してどんなメリットやデメリットがあるのか見ていきましょう。

SIMフリースマホの選択肢が多い

ドコモ回線の格安SIMだとSIMフリースマホの選択肢が多いメリットがあります。

au回線やソフトバンク回線に比べて、ドコモ回線の格安SIMを揃えるMVNOは多いため、ほとんどのSIMフリースマホは通信周波数帯(バンド)がドコモのエリアに最適化されています。

多くのSIMフリースマホから自分の利用スタイルに合った機種を選ぶことができます。

格安SIMの選択肢が多い

ドコモ回線の格安SIMを取り扱うMVNOは多いので、SIMフリースマホと同様に格安SIMの選択肢も多いのが2つ目のメリットです。

各MVNOによって格安SIMのプランやオプションに違いがあります。

通信量を消費することなく、YouTubeなどの動画が見放題となるBIGLOBEモバイルの「エンタメフリー・オプション」などユニークなサービスも選べます。

ドコモの端末ならSIMロック解除が不要

ドコモ系格安SIMは、ドコモで購入した端末をSIMロック解除する必要がありません。

au回線の格安SIMをauの端末で使う場合、SIMロック解除が必要か不要な端末に分かれていますが、ドコモ系格安SIMの場合はすべての端末でSIMロック解除は不要です。

iPhoneでのテザリングに対応

auやソフトバンク系のSIMは、一部テザリングが利用できないケースがありますが、ドコモ系格安SIMはiPhoneに挿してテザリングができるのも特徴です。

Wi-Fi環境がない場所でスマホをルーター代わりできるテザリングは急にネット環境が必要になったときにあると便利です。

通信速度が不安定になりやすい?

ドコモの通信網はauやソフトバンクよりも広い為、比較的に繋がりやすいです。

一方で、ドコモはユーザーの数も多いので、回線が混みやすい(利用が集中する)時間帯では著しく通信速度が低下する傾向が強いです。

キャリア(ドコモ・au・ソフトバンク)から乗り換える方法は?

まず、キャリアから携帯番号を継続して乗り換えるためには、必ず「MNP予約番号」と呼ばれる13桁の番号を取得する必要があります。

そして、そのMNP予約番号を使って乗り換え先の格安SIMで契約が完了してSIMカードが到着したら、スマホに差し込んで設定を完了させれば利用スタートとなります。

ただし、冒頭で少し触れましたが、もし今キャリアで使っているスマホをそのまま継続して利用したい場合において、同じキャリア回線を使った格安SIMを利用しない限りは基本的にSIMロック解除という手続きが必要になります。

利用までをスムーズに進めたい場合はできるだけ今契約しているキャリアと同じ回線を使用する格安SIMのプランを選ぶことをおすすめします。

それでは今回は各キャリア元でMNP予約番号を取得する方法を紹介します。

ドコモでMNP予約番号を取得する方法

1. 電話にて取得:

携帯からの場合:151へ電話
一般電話からの場合:0120-800-000へ電話

受付時間:9:00〜20:00

2. My docomoにて取得

My docomoにアクセスし、「My docomoサービス一覧」→「各種お申込・お手続き一覧]」→「ご契約内容確認・変更」→「携帯電話番号ポータビリティ予約」から24時間いつでも取得可能です。

手数料:3,300円

その他、店頭窓口でも受付することができますが、電話の方がスムーズに取得できるのでおすすめです。

auでMNP予約番号を取得する方法

電話にて取得:

一般電話/携帯電話共通: 0077-75470へ電話

受付時間:9:00〜20:00
手数料:3,300円

その他、店頭窓口でも受付することができますが、電話の方がスムーズに取得できるのでおすすめです。

ソフトバンクでMNP予約番号を取得する方法

携帯電話からの場合: *5533へ電話
一般電話からの場合: 0800-100-5533へ電話

受付時間:9:00〜20:00

手数料:
契約後翌々請求月末までのMNP転出・・・5,500円
上記以降のMNP転出・・・3,300円

その他、店頭窓口でも受付することができますが、電話の方がスムーズに取得できるのでおすすめです。

まとめ:ドコモ回線の格安SIMを選定するには?

ドコモ回線の格安SIMは提供事業者数が多く、自分に最適なプランを見つけるのはなかなか難しいと思いますが、各社の料金や速度を評価軸として選定していくとピッタリな格安SIMが見つかるはずです。

人気でユーザーが多いだけに、速度については少し懸念点が残りますが、契約のしやすさや料金の安さなど、誰にでも使いやすい格安SIMなので、現在ドコモユーザー以外の人にもぜひおすすめしたい格安SIMです。



毎月のスマホ料金を安くしたい方は、ぜひプロに無料相談ください!

キシュヘン

ネットで色々なスマホプランを調べても、結局どのプランが自分に合っているのか迷いますよね。

そんな方は、直接プロに相談するのも手段の1つ!

モバレコの運用する「キシュヘン」であれば、チャットで最短3分と手軽に相談できるのでおすすめです。

しかも相談手数料は無料、営業活動も一切ないため安心して利用できます。

スマホプランに目星がついている方もぜひ一度、活用してみてはいかがでしょうか!

この記事を書いた人(編集:モバレコ編集部)

とくめい

とくめい

(自称)格安SIMアドバイザー・LCCトラベラー

プロフィール

沖縄在住の(自称)かわいい鹿。スマホやタブレットなどのモバイルガジェットをはじめ、格安SIMの料金や速度比較、初心者向けのハウツー記事などを執筆しています。格安SIMを20枚以上契約しており、様々な利用用途から最適な料金プランを提案します。

LCCや高速バスを使って安く・お得に全国各地へ旅をするのが趣味。個人ブログ「Creator Clip」や、モバレコ以外の外部メディアには旅行やお出かけ情報に関する記事も書いています。

得意カテゴリー

スマホレビュー・格安SIM・初心者向け記事など

ブログ・SNS

Creator Clip
https://creatorclip.info/
Twitter(@tokumewi)
https://twitter.com/tokumewi/
Instagram(@to9mewi)
https://www.instagram.com/to9mewi/

メディア実績

【テレビ】

  • 沖縄ローカル番組「こきざみプラス」にゲスト出演(2016/12/04)

Let's Share!

  • Twitter シェアアイコン
  • facebook シェアアイコン
  • はてなブックマーク シェアアイコン
  • Pocket シェアアイコン