ドコモ回線の格安SIM主要9社を料金・速度・サービスから徹底比較!

ドコモ回線の格安SIMを比較するイメージ

カテゴリ: 格安SIM・格安スマホ

格安SIMは大手キャリアの回線設備等を利用して事業を展開しています。大手キャリアの中でも接続料が1番安いドコモ回線が人気で、格安SIMを提供する多くの会社がドコモ回線を使用しています。

ドコモユーザーなら今使っているドコモのスマホをSIMロック解除不要で使えて、SIMを差し替えるだけでそのまま使い続けられます。現在は様々な会社やプランが登場しているため、自分に合ったプランが選びやすいのが特徴です。

しかし、新しい会社やプランが増えすぎて「どのプランが良いのか分からない」という声も良く耳にします。

そこで今回は、格安SIMを30社近く使い続けた筆者が、ドコモ回線の格安SIM主要12社の料金プランや通信速度、サービス内容を徹底比較してみました。ドコモユーザーや他社の格安SIMを利用中の方は是非参考にしてみて下さい。

以下、今回比較するドコモ回線の中でも特に人気の12社です。

ドコモ回線の格安SIM(スマホ):料金を比較!最安はどこ?

iPhoneから引き出されたスロットとSIMカード

まずはドコモ回線の格安SIM主要10社の料金を比較していきましょう。「データ通信専用プラン」「音声通話対応プラン」をそれぞれ表にまとめてみました。

データ通信専用プランの料金を比較

データ通信専用プランは音声通話やSMSが利用できない代わりに、料金が安いのが特徴です。

また、契約期間の縛りがない場合がほとんどなので、お試し用・2台目スマホやタブレット用、通話が必要ないケースでは有効的なプランです。

ドコモ回線系格安SIMのデータ通信専用プランを見ていきます。

■データ通信専用プラン(1~7GB) 

※横にスクロールできます。

1GB 2GB 3GB 5GB 6GB 7GB
LIBMO 858円 1,320円
(8GB)
mineo 880円 1,265円
OCN モバイル ONE 858円 1,188円
BIGLOBEモバイル 990円 1,595円
IIJmio 740円 900円
b-mobile 528円 935円 1,595円
nuroモバイル 627円 825円
qtmobile 770円 990円 1,430円
イオンモバイル 528円 748円 858円 1,078円 1,188円 1,298円
y.u mobile 800円
HISモバイル 770円 1,320円 2,310円
(10GB)

※価格は全て税込

■データ通信専用プラン(10~30GB) 

※横にスクロールできます。

10GB 12GB 15GB 20GB 30GB
LIBMO 1,991円 2,728円
mineo 1,705円 1,925円
OCN モバイル ONE 1,628円
BIGLOBEモバイル 2,970円 4,950円 7,425円
IIJmio 1,400円 1,730円 1,950円
b-mobile 2,409円 3,608円
nuroモバイル 1,320円
qtmobile 1,650円 1,870円 2,970円
イオンモバイル 1,628円 1,738円 1,958円 3,938円
y.u mobile 3,950円
HISモバイル 2,310円 3,300円 5,775円

※価格は全て税込

音声通話対応プランの料金を比較

続いてドコモ回線系格安SIMの音声通話プランを見ていきましょう。

音声通話に対応したプランの場合、基本的にSMS利用料が含まれています(送受信料は別)。

■音声通話対応プラン(500MB~7GB) 

※横にスクロールできます。

500MB 1GB 2GB 3GB 5GB 6GB 7GB
LIBMO 980円 1,518円
(8GB)
mineo 1,298円 1,518円
OCN モバイル ONE 550円 770円 990円 1,320円
BIGLOBEモバイル 1,078円 1,320円 1,870円
IIJmio 850円 990円
b-mobile 1,089円 1,309円 1,529円 1,969円 2,189円 2,409円
nuroモバイル 792円 990円
qtmobile 1,100円 1,540円 1,760円
イオンモバイル 803円 858円 968円 1,078円 1,298円 1,408円 1,518円
y.u mobile 1,070円
HISモバイル 290円
(~100MB)
550円 770円 990円

※価格は全て税込

■音声通話対応プラン(10~30GB) 

※横にスクロールできます。

10GB 12GB 15GB 20GB 30GB 無制限
LIBMO 1,991 2,728
mineo 1,958円 2,178円 250円~2,200円
※最大32kbps~3Mbpsに制限
OCN モバイル ONE 1,760円
BIGLOBEモバイル 3,740円 5,720円 8,195円
IIJmio 1,500円 1,800円 2,000円
b-mobile 3,069円 3,509円 4,169円 5,269円
nuroモバイル 1,485円 2,699円
qtmobile 1,980円 2,200円 3,300円
イオンモバイル 1,848円 1,958円 2,178円 4,158円
y.u mobile 2,970円 4,170円
HISモバイル 2,190円 5,990円
(~50GB)

※価格は全て税込

スマホのセット購入がおトク!

iijmio

スマホ大特価セール

・Redmi 12C
16,500円980
 
・OPPO A55s 5G
23,500円550

■ 初期費用割引
初期費用が3,300円 → 2,200円

■ 通話定額オプション割引
6ヵ月間410円割引

ドコモ回線の格安SIM(スマホ):速度を比較!速いのはどこ?

スマートフォンを手に持って速度計測をする人

格安SIMを選ぶポイントとして回線速度は重要な項目です。

いくら安くても通信速度が遅いと使っていてストレスが溜まってしまうため、なるべく速度が速い回線を選びたいですよね。

モバレコでは格安SIMの通信速度を計測しています。

2023年3月時点での計測結果では、格安SIM14社の中では、「OCN モバイル ONE」「ahamo」が安定した数値を記録しています。

 
格安SIM通信速度ランキング結果
今月の平均ダウンロード速度 今月の平均アップロード速度
1位 UQモバイル 126.67Mbps 8.84Mbps
2位 OCN モバイル ONE 67.22Mbps 18.67Mbps
3位 LINEMO 51.89Mbps 9.97Mbps
4位 mineo
(タイプA)
51.63Mbps 10.21Mbps
5位 ahamo 45.96Mbps 11.70Mbps

※ 総合下り速度を基準にランキングを付けています。

注意事項:
この調査はモバレコ独自のものであり、必ずしも実効速度を保証するものではありません。通信環境により結果が異なる場合があります。

TOKAIの格安SIM / 格安スマホ
LIBMO

libmo

■ 生活応援キャンペーン

LIBMOの支払いに利用できるポイントが最大15,840ポイント還元

■ 端末割引プログラム(WiFiルーター専用)

端末料金が実質0円
最大実質13,200円(550円×24ヵ月)割引

ドコモ回線の格安SIM(スマホ):キャンペーンを比較

お得情報と書かれたブロックとお金のおもちゃ

格安SIM事業者は、不定期でお得なキャンペーンを展開していることがあります。

基本的には、月額料金割引・初期費用割引・キャッシュバック・格安スマホ代金値引き・データ通信量増量などがそれに値します。

今回のドコモ回線を提供する格安SIM事業者の中でも、特にお得度の高いキャンペーンを以下にまとめました。

※横にスクロールできます。

実施中のキャンペーン内容
mineo
  • モバレコ × mineo 事務手数料無料キャンペーン
  • マイピタ最大4カ月間1,188円割引キャンペーン
  • カケホ割!
  • moto g52j 5G購入で電子マネーギフトプレゼントキャンペーン
  • 日経電子版 最大2カ月無料キャンペーン
OCN モバイル ONE
  • 「メールウイルスチェックサービス」「迷惑メールブロックサービス」が最大3カ月無料
  • 60歳以上なら500MB/月コース契約で最大12ヶ月間0.5GB増量
  • 買い替え応援プログラム
  • 機種変更サポート
楽天モバイル
  • iPhone乗り換え 最大24,000円相当ポイント還元
  • スマホ/Wi-Fiトク得乗り換えキャンペーン
  • モバイルWi-Fi実質0円キャンペーン
  • Rakuten Hand 5Gが実質1円
QTモバイル
  • 夏だ!おトクな乗換えキャンペーン
BIGLOBEモバイル
  • エンタメフリーオプション最大6ヵ月無料
  • セキュリティソフト最大2ヶ月間無料
IIJmio
  • スマホ大特価セール
  • 初期費用割引
  • 通話定額割引特典
  • モバイルルータ超特価キャンペーン
  • Hulu 1ヵ月間無料トライアル
LIBMO
  • 生活応援キャンペーン
  • かけほ割
  • 端末割引プログラム(Wi-Fiルーター向け)

また第4のキャリアとして始動した楽天モバイルのキャンペーンもおすすめです。

キャリアの安定性と格安SIMの安さの両方を兼ね備えた楽天モバイルが始めやすいキャンペーン内容になっています。

月額料金だけの安さではなく、使いやすさという面での通信速度とキャンペーン内容を加味した実質負担金額で比較していくことで、失敗無しの格安SIM選びができます。

店舗契約限定の『動画チケット10GB増量クーポン』がもらえる!!

トーンモバイル

トーンモバイルでお得な動画チケットのクーポンがもらえます!

ショップで契約する方に、下記のボタンからクーポンコードを発行しクーポンコードをショップに提示すると、申込みと同時に10GBの動画チケットがもらえます!

トーンモバイルの申込みは、全国のドコモショップ、カメラのキタムラ(一部店舗)から申込みできます。

トーンモバイルで店舗から申し込む際は、ぜひお得なクーポンをゲットしておきましょう!

ドコモ回線の格安SIM(スマホ)主要9社の特徴

白いスマートフォンと複数のSIMカード

ドコモ回線を利用できる主要8社の格安SIMで、料金プランをそれぞれまとめてみました。じっくり比較してみてください。

※クリックすると該当箇所に移動します

mineo

mineo

mineo(マイネオ)は関西電力のグループ会社であるオプテージが運営している格安SIMです。

 mineoのプラン・概要

通常プラン「マイピタ」

※横にスクロールできます。

シングルタイプ
(データ通信のみ)
デュアルタイプ
(音声通話+データ通信)
1GB 880円 1,298円
5GB 1,265円 1,518円
10GB 1,705円 1,958円
20GB 1,925円 2,178円
お試し200MBコース 330円 1,100円

※価格は全て税込

中速無制限プラン「マイそく」

※横にスクロールできます。

 最大速度 シングルタイプ
(データ通信のみ)
デュアルタイプ
(音声通話+データ通信)
スーパーライト(最大32kbps) 250円
ライト(最大300kbps) 660円
スタンダード(最大1.5Mbps) 990円
プレミアム(最大3Mbps) 2,200円

※価格は全て税込
※月~金の12時台は最大32kbpsに制限
※スーパーライトは新規申し込み時のみ申込可能。(他のコースからのコース変更は不可)

mineoの概要 

※横にスクロールできます。

契約期間
違約金
なし
初期費用 契約事務手数料:3,300円
SIMカード発行料:440円
通話料金 通常22円/30秒
mineoでんわアプリ利用で10円/30秒
支払い方法 クレジットカード・口座振替
※eo光ネットを口座振込で利用中の場合は、口座振替が選択可能
データチャージ 100MB/55円
5G対応
eSIM対応
※現在ドコモ・au回線のみ提供

 mineoの特徴

mineoはドコモ・au・ソフトバンク回線に対応したトリプルキャリア回線対応の会社です。

格安SIMでは数少ない完全に最低利用期間と違約金がない会社のため、気軽に通信サービスを試す事ができます。

また、分からないことがあればコミュニティサイト「マイネ王」で質問・相談できるので、初心者にもおすすめ。

余ったデータ容量を繰り越したり家族や友人、mineoユーザー同士でシェアできるなど、独自かつ便利な機能が豊富なのが最大の特徴です。

 mineoがおすすめの人

mineoのおすすめポイント

  • トリプルキャリア対応、1GB~20GBまでのわかりやすいプラン
  • データ容量を家族や友達、mineoユーザー同士でシェアできる
  • 困ったことがあれば「マイネ王」で相談できる
  • 「パケット放題 Plus」オプションで無制限利用も可能
  • 250円~で無制限プランを選べる

マイピタの場合、月額385円の「パケット放題 Plus」というオプションに加入すると、最大1.5Mbpsの速度でデータ使い放題で利用できます。

10GB以上のコースを契約中の方はオプション料金が無料になるので、SNSや中画質程度の利用をメインにして大容量利用したい人はmineoがおすすめです。

加えて、mineoでは最大32kbsp〜3Mbpsで無制限利用ができる「マイそく」プランも開始しています。

月〜金の12時台は最大32kbpsまで制限されますので、昼間はWiFiを使える方やスマホ自体触らない方に、特におすすめの内容です。

マイそくには198円/回の24時間データ使い放題オプションもあります。

24時間データ使い放題オプションを申し込めば、申し込み直後から24時間マイピタと同じ高速通信を利用できますので、高速通信が必要なときは利用してみましょう。

mineo × mobareco
契約事務手数料3,300円無料キャンペーン中!
※お試し200MBコース、マイそくスーパーライトは対象外

▲目次に戻る

OCN モバイル ONE

OCN モバイル ONE

OCN モバイル ONEはNTT系列の会社が運営する格安SIMです。

 OCN モバイル ONEのプラン・概要

OCN モバイル ONEのプラン

※横にスクロールできます。

音声対応SIM SMS対応SIM データ通信専用SIM
500MB/月コース 550円
1GB/月コース 770円
3GB/月コース 990円 990円 858円
6GB/月コース 1,320円 1,320円 1,188円
10GB/月コース 1,760円 1,760円 1,628円

※価格はすべて税込

OCN モバイル ONEの概要 

※横にスクロールできます。

契約期間
違約金
なし
初期費用 初期手数料:3,300円
SIMカード手配料:433.4円
通話料金 通常22円/30秒
OCNでんわ利用で11円/30秒
支払い方法 クレジットカード・口座振替
データチャージ 1GB/550円
5G対応
※「5Gオプション」の申し込みが必要(無料)
eSIM対応 ×

 OCN モバイル ONEの特徴

OCN モバイル ONEは格安SIMが普及する前から事業を展開しており、インターネットプロバイダーの「OCN」のブランドを掲げた信頼のある会社です。

2021年10月21日よりドコモのエコノミーMVNOになったことで、ドコモショップから申し込めるようになっています。

SIMフリースマホがお得に買える「goo Simseller」にて、OCN モバイル ONEのSIMカードとセットで契約すると、セール特価で端末を購入することができる点が最大の特徴です。

 OCN モバイル ONEがおすすめの人

OCN モバイル ONEのおすすめポイント

  • ドコモ回線で安定した通信速度の格安SIMがいい人
  • セット購入時のスマホ価格が安い
  • 500MBコースは1回10分かけ放題込み

ドコモ回線の格安SIMではトップクラスに安定した通信速度を記録しているため、初めての格安SIMにもおすすめです。

また、新たにスタートした500MBコースは1回10分のかけ放題料金込みの料金となっており、格安SIMでは珍しい無制限かけ放題も提供しています。

ドコモと同じNTT系列のNTT communicationsが運営しているので、スマホの利用は電話がメイン、というシニアユーザーにもおすすめです。

6/12(月)まで
スマホセール開催中!

▲目次に戻る

ahamo

ahamo

ahamoはドコモのプランの一つとして提供されている、オンライン専用の格安プランです。

 ahamoのプラン・概要

ahamoのプラン

20GB 2,970円
100GB 4,950円
(大盛りオプション1,980円に加入時)

※価格はすべて税込

ahamoの概要

契約期間
違約金
なし
初期費用 なし
通話料金 通常22円/30秒
国内通話1回5分まで:無料
支払い方法 クレジットカード・口座振替
データチャージ 1GB/550円
5G対応
eSIM対応

 ahamoの特徴

スマホユーザーのほとんどは20GBでおさまるという統計から、プランは20GB/2,970円のワンプラン。

ここに80GBを追加できる「大盛りオプション」をつけることで100GBまで利用できます。

ベースのデータ容量が20GB、さらに大盛りオプションといった構成から、WiFiはあまり利用せずスマホの通信をたくさん使うユーザー向けといえるでしょう。

選択できるプランの幅はありませんが、3,000円以下でドコモ本体の回線を使った高品質な通信網を利用できるのが最大の特徴。

1回5分までの無料通話が付いているのも使い勝手のいいプランです。

 ahamoがおすすめの人

ahamoのおすすめポイント

  • ドコモ回線で安定した通信速度の格安SIMがいい人
  • 毎月データ容量を20GB以上使う人
  • 短時間の電話をよくする人
  • トラブルを自分で解決できる人

ahamoは大元のドコモと同等の通信速度を記録しているので、料金をある程度抑えつつ、ドコモとほぼ変わらない環境で使いたい方におすすめです。

ただし、毎月10GB程度しか使わない、料金重視の方は他格安SIMの方があっている可能性もあります。

また、ahamoはオンライン専用プランなので、店舗サポートは有料になる点、割引関係は適用できない点には注意しましょう。

ドコモのプランのひとつとはいえ、サポート面などで明確な違いがありますので希望に沿ってよく確認してみてください。

▲目次に戻る

IIJmio

IIJ mio

IIJ(インターネットイニシアティブ)が提供する「IIJmio」は、古くからインターネットプロバイダーとして評判の高い老舗の会社です。

 IIJmioのプラン・概要

IIJmioのプラン

※横にスクロールできます。

音声通話SIM SMS付きSIM データSIM
(タイプDのみ)
eSIM
(タイプDのみ・データ専用)
2GB 850円 820円 740円 440円
5GB 990円 970円 900円 660円
10GB 1,500円 1,470円 1,400円 1,100円
15GB 1,800円 1,780円 1,730円 1,430円
20GB 2,000円 1,980円 1,950円 1,650円

※価格は全て税込

IIJmioの概要

契約期間
違約金
なし
初期費用 事務手数料:3,300円
 
SIMカード発行手数料
・タイプD:433.4円
・eSIM:220円

通話料金 通常22円/30秒
みおふぉんダイアル利用で11円/30秒
支払い方法 クレジットカード
データチャージ 1GB/220円
5G対応
eSIM対応

 IIJmioの特徴

便利なオプションやサービスを多く揃えており、MVNO事業の最先端を行く会社です。

最新端末やOSアップデートの動作確認をいち早く行い、セット販売の端末ラインナップが多い、かつ安く購入できるのが魅力。

老舗格安SIMとして長くサービスを提供しているIIJmioは、eSIM・5G・データシェア/プレゼント・バースト転送など、格安SIMで使いたい便利機能が一通りそろっています。

料金プランも改良を重ね、現在の「ギガプラン」は業界最安級と、価格の安さにもメリットのある会社です。

 IIJmioがおすすめの人

IIJmioのおすすめポイント

  • 老舗ブランドならではの安心感
  • セット販売端末のラインナップが豊富
  • eSIMプランが格安
  • 家族で利用すると通話料金が安くなる

eSIM専用のプランを提供している格安SIMはほとんどなく、通常プランがeSIMにも対応しているというのが一般的な中、IIJmioは格安のeSIM専用プランを提供しています。

eSIM単体での利用はもちろん、ひとつのスマホで2つのSIMを使い分ける「デュアルSIM」の運用を考えている方にも、IIJmioは使いやすいでしょう。

MNPなら
初期費用割引 & スマホ550円〜!

▲目次に戻る

QT mobile

QTモバイル

QT mobile」は九電グループ「QTnet」が提供する格安SIMです。

 QT mobileのプラン・概要

QT mobileのプラン

※横にスクロールできます。

音声通話SIM データSIM
2GB 1,100円 770円
4GB 1,540円 990円
6GB 1,760円 1,430円
10GB 1,980円 1,650円
20GB 2,200円 1,870円
30GB 3,300円 2,970円

※価格は全て税込

QT mobileの概要

契約期間
違約金
なし
初期費用 登録事務手数料:3,300円
SIM発行手数料:375円
通話料金 通常11円/30秒
支払い方法 クレジットカード
データチャージ 50円/100MB
5G対応 ×
eSIM対応

 QT mobileの特徴

QT mobileは、トリプルキャリア回線に対応した格安SIMのためどこの回線からでも乗り換えがしやすい点が魅力です。

さらに、月額料金0円で15,000円までの端末補償サービスがついているため、安心して端末を利用することができます。

九電グループが提供している格安SIMのため、九電やインターネット回線のBBIQとのセット利用で月額料金がさらに安くなます。店舗はもちろん、オンラインでのサポートも充実しています。

 QT mobileがおすすめの人

QT mobileのおすすめポイント

  • シンプルで分かりやすい料金プラン
  • トリプルキャリア回線に対応
  • 月額料金0円で15,000円までの端末補償サービス
  • 九電+BBIQとセット利用で月額料金が割引
  • 通話料金が11円/30秒

QT mobileは店舗が九州地方を中心にあり、九電とのセット割も行っているため九州地方にお住まいの方は利用しやすい格安SIMです。

もちろん、九州以外にお住まいの方も補償サービスや安い月額料金の恩恵は受けられるので、少しでもスマホの月額料金を抑えたい方にもおすすめな格安SIMとなっています。

▲目次に戻る

y.u mobile

yumobile

y.u mobile」はヤマダ電機とU-NEXTの合弁会社が提供する格安SIMです。

 y.u mobileのプラン・概要

y.u mobileのプラン

※横にスクロールできます。

音声通話SIM SMSありデータSIM データSIM
シングル 5GB 1,070円 932円 800円
シングルU-NEXT 10GB 2,970円
シェアU-NEXT 20GB 4,170円 4,082円 3,950円

※価格は全て税込

y.u mobileの概要

契約期間
違約金
なし
初期費用 登録事務手数料:3,300円
SIM発行手数料:440円
通話料金 通常22円/30秒
y.uでんわ利用で11円/30秒
支払い方法 クレジットカード
データチャージ 1GB/330円
10GB/1,200円
5G対応 ×
eSIM対応 ×

 y.u mobileの特徴

y.u mobileは日本で最もシンプル、かつ高品質を目指す格安SIMとうたっています。

容量プランは3種類だけ。シンプルで分かりやすいのが特徴です。

ギガが余っても有効期限がない「永久不滅ギガ」や1GBが330円の格安でデータチャージができ、10GBまとめてチャージだと1,200円でよりお得に利用することも可能です。

シングルU-NEXT・シェアU-NEXTプランの場合、毎月追加データチャージ料金に充当ができる1,200円分のポイントが還元されるので、実質+10GBを無料で利用することができます。

また、端末の修理費用保険が無料で付属しており、今利用している端末でも間最大30,000円までカバーしてくれます。

 y.u mobileがおすすめの人

y.u mobileのおすすめポイント

  • シンプルで分かりやすい料金プラン
  • ドコモ回線で安定した通信速度
  • 余ったギガは翌月に繰り越し可能&有効期限なし
  • 1GBが330円ので格安データチャージ
  • 端末の修理費用保険が無料

y.u mobileのメリットは何といっても、「シングルU-NEXT 10GB」または「シェアU-NEXT 20GB」に動画サービス「U-NEXT」の料金が込みである点です。

速度も安定しているので、U-NEXTユーザーの乗り換え先としてぴったりでしょう。

月額基本料金が
最大2ヵ月無料キャンペーン中!

▲目次に戻る

HISモバイル

HISモバイル

HISモバイル」は旅行代理店であるH.I.Sが提供している格安SIMサービスです。

 HISモバイルのプラン・概要

HISモバイルの基本の料金プラン(ドコモ回線のみ)

※横にスクロールできます。

自由自在290プラン
(音声通話)
データ定額440プラン
(データ通信のみ)
データ定額440プラン
(データ+SMS)
1GB 550円 440円 490円
3GB 770円 580円 630円
7GB 990円 880円 930円
20GB 2,190円 2,080円 2,130円
50GB 5,990円 5,880円 5,930円

※価格は全て税込

HISモバイルの従量課金制プラン(ドコモ、ソフトバンク回線)

※横にスクロールできます。

ビタッ!プラン
(データ+SMS)
ビタッ!プラン
(データ通信のみ)
100MB 352円 198円
2GB 924円 770円
5GB 1,474円 1,320円
10GB 2,464円 2,310円
15GB 3,454円 3,300円
30GB 5,929円 5,775円

※価格は全て税込

HISモバイルの概要 

※横にスクロールできます。

契約期間
違約金
なし
初期費用 事務手数料:3,300円
通話料金 通常22円/30秒
HIS電話アプリ利用で11円/30秒
支払い方法 クレジットカード
データチャージ ビタッ!プラン(データ専用SIM):1GB/330円
自由自在290プラン(音声通話SIM):1GB/200円
5G対応
eSIM対応

 HISモバイルの概要

HISモバイルのドコモ回線は、データ専用プランの「ビタッ!プラン(100MB~30GB)」「データ定額440プラン(100MB~50GB)」、音声プランの「自由自在290プラン(100MB~50GB)」の3つが主なプランになっています。

いずれのプランも従量課金制となっているため、月のデータ消費量にバラつきがある人も、データを使わないときはスマホを安く維持できます。

 HISモバイルがおすすめの人

HISモバイルのおすすめポイント

  • データを使わないときはスマホを安く維持できる(ビタッ!プラン)
  • データの使い過ぎが心配な人は定額プランも選択できる(データ定額440プラン)
  • 数日間だけ利用できる国内・海外対応のプリペイドSIMも提供中

HISモバイルを契約する際、データ専用プラン希望でごく少容量から細かくデータ容量を管理したい方は「ビタッ!プラン」、データの使いすぎを防ぎたい人は「データ定額440プラン」がおすすめです。

一方、音声通話プランは「自由自在290プラン」しか提供されていませんので、こちらを選択しましょう。

また、HISモバイルでは国内だと8〜180日間、海外だと8~45日間の短期間だけ利用できるプリペイドSIMカードがあるので、国内外問わず格安SIMを短期間だけ試してみたい人にもおすすめです。

▲目次に戻る

LIBMO

LIBMO

TOKAIコミュニケーションズが提供する格安SIMサービスが「LIBMO」です。

 LIBMOのプラン・概要

LIBMOのプラン(なっとくプラン)

音声通話機能付き データ通信専用SIM
ライト※1 528円
3GB 980円 858円
8GB 1,518円 1,320円
20GB 1,991円 1,991円
30GB 2,728円 2,728円

※価格は全て税込
※1:最大速度200kbpsでデータ無制限

LIBMOのプラン(ゴーゴープラン)

音声通話機能付き
500MB
+5分かけ放題
1,100円
500MB
+10分かけ放題
1,320円
500MB
+かけ放題マックス
1,980円

※価格は全て税込

LIBMOの概要 

※横にスクロールできます。

契約期間
違約金
なし
初期費用 3,300円
通話料金 通常22円/30秒
支払い方法
  • クレジットカード
  • ISPまとめて請求(TNCまたは@T COM(アットティーコム))
データチャージ 1GB/330円
5G対応 ×
eSIM対応 ×

 LIBMOの特徴

料金プランは200Kbpsで使い放題のなっとくプラン(ライト)から、月に3GB、8GB、20GB、30GB使えるプランがあります。

特になっとくプラン(20GB)は、音声通話対応のプランで月に1,991円と2,000円を切っており、安いのが特徴です。

 LIBMOがおすすめの人

LIBMOのおすすめポイント

  • 20GBプランが安い
  • 安心のドコモ回線
  • かけ放題料金込みの小容量プランもあり

LIBMOには「ゴーゴープラン」という、500MBに5分、10分、無制限それぞれのかけ放題料金がコミコミになっているプランもあります。

電話の頻度が高い人にお勧めです。

BIGLOBEモバイル

BIGLOBE mobile

BIGLOBEモバイル」は老舗インターネットプロバイダーの「BIGLOBE」ブランドの格安SIMです。

 BIGLOBEモバイルのプラン・概要

BIGLOBEモバイルのプラン 

※横にスクロールできます。

音声通話SIM データ通信+SMS データ通信のみ
1ギガプラン 1,078円
3ギガプラン 1,320円 1,122円 990円
6ギガプラン 1,870円 1,727円 1,595円
12ギガプラン 3,740円 3,102円 2,970円
20ギガプラン 5,720円 5,082円 4,950円
30ギガプラン 8,195円 7,557円 7,425円
エンタメフリー
オプション
308円 1,078円
定額料金でデータ通信量の制限なく、YouTube・Spotifyなど対象の動画や音楽配信サービスが使い放題に

※価格は全て税込み

BIGLOBEモバイルの概要 

※横にスクロールできます。

契約期間
違約金
なし
初期費用 契約事務手数料:3,300円
SIMカード発行料:433円
通話料金 通常22円/30秒
BIGLOBEでんわ利用で9.9円/30秒
支払い方法 クレジットカード・口座振替
※データ専用SIMのみ口座振替を選択可能
データチャージ 100MB/330円
5G対応
※SMS機能付きデータSIMは利用不可
eSIM対応 ×

 BIGLOBEモバイルの特徴

OCN モバイル ONEと同様に古くからMVNO事業を始めており、au回線を使用したプランをスタートさせるなど勢いのある会社です。

データSIMは口座振替にも対応しているため、クレジットカードを持っていない方でも契約可能。

1番人気はYouTubeやAbemaTV、Apple Music、Google Play Musicの通信量をカウントしない「エンタメフリー・オプション」。

オプション料金は音声プランが月額308円、データ通信専用プランが月額1,078円。データプランの場合3GB以上のプランの加入で利用できます。

 BIGLOBEモバイルがおすすめの人

BIGLOBEモバイルのおすすめポイント

  • データSIMなら口座振替に対応
  • YouTubeなどが見放題「エンタメフリー・オプション」が便利
  • キャンペーンが充実

BIGLOBEモバイルはエンタメフリー・オプションに加入する前提で検討するのがおすすめです。

データ消費はエンタメフリー・オプション対象サービスの利用がほとんど、という方はプラン料金を下げることができますよ。

▲目次に戻る

【番外編】第4キャリアの楽天モバイルもおすすめ!

楽天モバイル

楽天モバイル」はドコモ回線ではありませんが、キャリアのドコモからの乗り換え先としておすすめの1社です。

 楽天モバイルのプラン・概要

楽天モバイルのプラン

Rakuten UN-LIMIT Ⅶ
0~3GB 1,078円
3~20GB 2,178円
20GB~無制限 ※1 3,278円

※価格は全て税込
※1 楽天回線エリア外は月間5GBまで。超過後は最大1Mbpsで利用可能。

楽天モバイルの概要 

※横にスクロールできます。

契約期間
違約金
なし
初期費用 なし
通話料金 通常22円/30秒
Rakuten Linkアプリ利用でかけ放題
支払い方法 クレジットカード・デビットカード・口座振替・楽天ポイント
データチャージ 1GB/550円
5G対応
eSIM対応

 楽天モバイルの特徴

2020年4月からMVNO事業ではなく、自社回線としての新サービス展開を開始した楽天モバイルですが、対象エリア内での使用であれば、月額税込3,278円でデータ通信が無制限で利用できます。

その他、楽天モバイルのメリットはやはり楽天スーパーポイント(SPU)が貯まるところ。

月々の利用料金に応じてポイントが貯まり、セット端末やアクセサリーの購入あるいは月々の支払いにも使えます。

もちろん、楽天市場や楽天カードで貯まったポイントも使うことが可能です。

ただし最大無制限で利用できる楽天回線エリアは拡大途中のため、使用する場所によっては繋がりにくい場合があるという点は把握しておきましょう。

格安SIMを検討する前に、第4キャリアとしての新プランがスタートした楽天モバイルの内容を一度チェックしてみることをおすすめします!

 楽天モバイルがおすすめの人はどんな人?

楽天モバイルがおすすめの人

  • 高い通信品質を求める人
  • シンプルな料金プランがいい人
  • 口座振替・デビットカード支払いがいい人
  • 楽天ポイントを貯めている人
  • 活動範囲が楽天回線エリアの人

3大キャリアでのスマホ代を節約したい方の乗り換え先にもおすすめです。

また、無制限でも3,278円の安さで利用できるため、動画鑑賞や大容量のデータ送信をよく行うヘビーユーザーも満足できる、他社にはないプランもおすすめできるポイントです。

楽天モバイルは楽天関連サービスを使うほどポイント還元率がアップする「SPU」をあげたい人にもおすすめです。

楽天カードとの組み合わせでポイント運用もさらにお得になりますよ。

iPhoneシリーズ
最大24,000円相当ポイント還元!

▲目次に戻る

【Q&A】ドコモ回線の格安SIMで気になる疑問にお答え!

机の上に置かれた赤いQと青いAのブロック

ドコモ回線系の格安SIMについてご紹介してきましたが、改めて疑問が浮かんだ方もいらっしゃるでしょう。

ここではドコモ回線を提供している格安SIMの疑問点を解説します。

Q.ドコモ回線の格安SIMでeSIMに対応しているのはどこ?

A.今回ご紹介したうち、5社が対応しています。

物理SIMがない特徴から、デュアルSIMや通信障害対策などで注目されているeSIM。

ドコモ回線の格安SIMでeSIMに対応しているのは以下5社です。

  • 楽天モバイル
  • mineo
  • ahamo
  • IIJmio
  • QT moible
  • HISモバイル

iPhoneの場合、iPhone XR以降のモデルがeSIM対応です。

Androidはミドルレンジスマホ以上を中心にeSIM対応機種が増えていますが、機能の少ないエントリーモデルだと未対応の場合もありますので、公式サイトなどで確認してください。

Q.ドコモ回線の格安SIMで5Gに対応しているのはどこ?

A.今回ご紹介したうち、5社が対応しています。

ドコモ回線の格安SIMでeSIMに対応しているのは以下6社です。

  • 楽天モバイル
  • mineo
  • ahamo
  • IIJmio
  • BIGLOBEモバイル
  • OCN モバイル ONE

サブブランドを中心に増えている5G通信対応プランですが、格安SIMでも提供する事業者が増えています。

mineo、IIJmio、OCNモバイルONEは無料の5Gオプションに加入することで利用できるようになります。

ただし、IIJmioはデータeSIMプラン・SMS機能付きSIM、BIGLOBEモバイルではSMS機能付きSIMだと5Gオプションを利用できませんのでご注意ください。

Q.ドコモ回線の格安SIMでiPhoneを販売しているのはどこ?

A.今回ご紹介したうち、9社で取り扱いがあります。

以前は価格の安いAndroid端末が主流でしたが、近年iPhoneの販売を行う格安SIMが増えています。

ドコモ回線の格安SIMでiPhoneを販売しているのは、今回ご紹介した以下9社すべてです。

  • 楽天モバイル
  • mineo
  • OCN モバイル ONE
  • ahamo
  • IIJmio
  • QT mobile
  • y.u mobile※中古品のみ
  • HISモバイル※中古品のみ
  • LIBMO※中古品のみ
  • BIGLOBEモバイル

上記のうち、y.u mobileHISモバイル・LIBMOは中古品(リユース品)のみの販売となっています。

また、格安SIMはスマホにかかる費用を抑えたいユーザーが大半なこともあり、最新iPhoneやProシリーズは販売しない傾向にあります。

最新モデルやハイエンドなProモデルが欲しい方は、キャリアでスマホのみ購入することをおすすめします。

au回線・ソフトバンク回線の格安SIMも気になる方は

2台のスマホを手に持って見比べる女性

ドコモ回線格安SIMを調べている方の多くはドコモからの乗り換えを検討していると思いますので、SIMロック解除等の手続きが楽なドコモ回線格安SIMをおすすめします。

とはいえau回線対応の格安SIMソフトバンク回線対応の格安SIMもあり、ドコモ回線に限らず最適な契約先を探したいという方もいらっしゃるでしょう。

モバレコではau回線対応、ソフトバンク回線対応の格安SIMもご紹介していますので、気になる方はあわせてご覧ください。

まとめ

ドコモ回線系の格安SIM、各種要素を比較解説してきましたがいかがでしたでしょうか。

大手キャリアであるドコモから格安SIMへの乗り換えでは、ドコモ回線系の格安SIMを選ぶことでより簡単に手続きを済ませることができるため、ドコモユーザーには特におすすめです。

ドコモ回線は格安SIMの中でも対応している事業者が多く、迷ってしまう方も多いでしょう。

ぜひ本記事を参考に、ご自身の使い方に合ったサービス・プランを提供している格安SIMを見つけてみてください。

毎月のスマホ料金を安くしたい方は、ぜひ無料診断をご利用ください!

モバレコFit

ネットで色々なスマホプランを調べても、結局どのプランが自分に合っているのか迷いますよね。

そんな方は、無料の診断を利用するのも手段の1つ!

モバレコの運用する「モバレコFit」であれば、最短1分の簡単診断で、自分に合ったプランが分かるのでおすすめです。

しかも診断は無料、営業も一切ないため安心して利用できます。

スマホプランに目星がついている方もぜひ一度、活用してみてはいかがでしょうか!

この記事を書いた人(編集:モバレコ編集部)

とくめい

とくめい

(自称)格安SIMアドバイザー・LCCトラベラー

プロフィール

沖縄在住の(自称)かわいい鹿。スマホやタブレットなどのモバイルガジェットをはじめ、格安SIMの料金や速度比較、初心者向けのハウツー記事などを執筆しています。格安SIMを20枚以上契約しており、様々な利用用途から最適な料金プランを提案します。

LCCや高速バスを使って安く・お得に全国各地へ旅をするのが趣味。個人ブログ「Creator Clip」や、モバレコ以外の外部メディアには旅行やお出かけ情報に関する記事も書いています。

得意カテゴリー

スマホレビュー・格安SIM・初心者向け記事など

ブログ・SNS

Creator Clip
https://creatorclip.info/
Twitter(@tokumewi)
https://twitter.com/tokumewi/
Instagram(@to9mewi)
https://www.instagram.com/to9mewi/

メディア実績

【テレビ】

  • 沖縄ローカル番組「こきざみプラス」にゲスト出演(2016/12/04)

Let's Share!

  • Twitter シェアアイコン
  • facebook シェアアイコン
  • はてなブックマーク シェアアイコン
  • Pocket シェアアイコン