au回線の格安SIM5社を料金・速度・キャンペーンから徹底比較!

書いた人: モバレコ編集部

カテゴリ: SIMカード

ツイート このエントリーをはてなブックマークに追加

格安sIm au

auをお使いの方が格安SIMへの乗り換えを検討する場合、最初の候補になるのが“au回線の格安SIM”。現在使用中のauで購入した機種を、SIMロック解除不要でそのまま使えるという大きなメリットがあるからです。

今回はauユーザーの格安SIMへ乗り換えたいけど、どこを選んだら良いのか分からないという疑問を解決するべく、UQ mobile(UQモバイル)、mineo(マイネオ)、IIJmio、BIGLOBEモバイル、楽天モバイルといった主要なau系格安SIM5社をピックアップ。

人気・実力を兼ね備えたau回線の料金プラン、サービスの特徴、通信速度などを比較しながら解説していきます。

目次:

au回線格安SIM(スマホ)のデメリット / 注意点

まずはじめに、ドコモ・ソフトバンク回線の格安SIMと比較して分かるau回線の格安SIMのデメリットや注意点を把握しておきましょう。

一部スマホで通信ができない

au回線の通信方式はドコモやソフトバンクと周波数帯(バンド)が異なります。

スマホによってはSIMロック解除をしても格安SIMのau回線を利用できない場合や、4G LTEエリアでの通信機能しか使えない場合があります。

一部スマホでテザリングができない

au回線の場合はその仕様上の関係により、一部スマホでテザリングが利用できない場合もあります。

また、一般的に回線が同じ場合のスマホを利用する場合ではSIMロック解除が不要ですが、au回線の場合はSIMロックを解除しないと格安SIMのau回線を利用できない可能性があります。

au回線の格安SIMを契約する場合は、利用したいスマホでの動作確認を必ず事前にしましょう。

au回線格安SIM(スマホ)の料金プランを比較

au回線格安SIMの料金プラン

まずは各社の料金プランを比較してみましょう。料金プランは大きく分けると「データ通信専用プラン」と「音声通話対応プラン」の2つに分類されます。

データ通信専用プランの料金を比較する

UQ mobile mineo IIJmio BIGLOBEモバイル ※2 楽天モバイル ※3
500MB 700円
1GB
3GB 980円 900円 900円 1,020円 1,020円
5GB 1,570円
6GB 1,580円 1,520円 1,570円
10GB 2,520円 2,380円
12GB 2,820円
20GB 3,980円 4,620円 4,170円
30GB 5,980円 6,870円 5,520円
無制限 1,980円 ※1 645円 ※4

※1 最大通信速度500kbpsに制限
※2 BIGLOBEモバイル タイプAにデータ通信専用プランは取り扱いが無い為、こちらではSMS機能付きデータSIM料金を抜粋しています。
※3 楽天モバイル タイプAにデータ通信専用プランは取り扱いが無い為、こちらではSMS機能付きデータSIM料金を抜粋しています。
※4 最大通信速度200kbpsに制限

mineoと楽天モバイルは料金プランがとても豊富なので、後々データ容量をプラン変更で調整しやすいです。

人気の3GBプランは5社とも提供していますが、中でもmineo・IIJmioの月額900円が最安値となっています。

音声通話対応プランの料金を比較する

UQ mobile mineo IIJmio BIGLOBEモバイル 楽天モバイル
500MB 1,310円
1GB 1,400円
3GB 1,680円 1,510円 1,600円 1,600円 1,600円
5GB 2,150円
6GB 2,190円 2,220円 2,150円
10GB 3,310円 3,260円 2,960円
12GB 3,400円
20GB 4,590円 5,200円 4,750円
30GB 6,510円 7,450円 6,150円
無制限 2,680円 ※1 1,250円 ※4

音声通話プランの場合では、5社とも提供する人気の3GBプランではmineoが最安値となっています。

また、通話かけ放題を希望する場合は、UQモバイルと楽天モバイルには通話かけ放題コミコミのプランもありますが、mineo・BIGLOBEモバイル・IIJmioでは別途オプションを付帯する必要があります。

au回線格安SIM(スマホ)の通信速度を比較

au回線格安SIMの通信速度比較

モバレコでは独自の調査システムを用いて、格安SIM各社の通信速度を毎週計測・公開しています。

2019年9月時点での調査結果を掲載します。楽天モバイルのau回線は随時追加予定です。調査条件・方法は以下の通り。

また、格安SIMは時間帯によって通信速度が変動しやすい為、朝・昼・夕・夜の時間帯でそれぞれ速度測定を実施します。

調査場所 東京都千代田区周辺のオフィスにて実施
調査時間 月曜日~日曜日の下記時間帯にて測定を行い、1週間分の平均値を算出。
(朝)8:30
(昼)12:30
(夕)18:30
(夜)23:30
調査機種 ASUS ZenFone 3シリーズ
測定用PC 2台と26端末を接続して計測実施
調査方法 24時間365日自動測定するシステムを用いて、Web閲覧およびメディアファイル転送のHTTPダウンロード・アップロード実効速度を測定。詳しくはこちら
調査対象のMVNO

OCN モバイル ONE(ドコモ回線)
BIGLOBEモバイル タイプD(ドコモ回線)
IIJmio タイプD(ドコモ回線)
b-mobile SIM 25GB定額(ドコモ回線)
U-mobile LTE使い放題(ドコモ回線)
楽天モバイル(ドコモ回線)
LINEモバイル(ドコモ回線)
mineo Dプラン(ドコモ回線)
nuroモバイル(D)(ドコモ回線)
スマモバ(ドコモ回線)
LIBMO(ドコモ回線)
BIC SIM タイプD(ドコモ回線)
exciteモバイル(ドコモ回線)
DMM mobile(ドコモ回線)
UQ mobile(au回線)
mineo Aプラン(au回線)
IIJmio タイプA(au回線)
BIGLOBEモバイル タイプA(au回線)
BIC SIM タイプA(au回線)
LINEモバイル A(au回線)
Y!mobile(ソフトバンク回線)
U-mobile S(ソフトバンク回線)
b-mobile S 開幕SIM(ソフトバンク回線)
nuroモバイル ソフトバンク回線(ソフトバンク回線)
mineo Sプラン(ソフトバンク回線)
LINEモバイル S(ソフトバンク回線)

計26プラン

朝の通信速度測定結果

朝8時台 下り速度(Mbps)
(測定期間:2019年9月2日~9月8日)


朝8時台 上り速度(Mbps)
(測定期間:2019年9月2日~9月8日)


※グラフの棒をホバー/タップでMVNO名と速度の数値を表示できます。画像左にはMVNO名が記載されていますが、「赤=ドコモ回線」「黄色=au回線」「灰色=ソフトバンク回線」の通信回線ごとの実施結果です。

朝の8時30分時点での計測結果です。au回線の格安SIMの中で比較してみると、やはりUQモバイルがダントツでトップという結果に。ドコモやソフトバンク回線の各社MVNOと比較してみても、最速という結果となりました。

昼の通信速度測定結果

昼12時台 下り速度(Mbps)
(測定期間:2019年9月2日~9月8日)


昼12時台 上り速度(Mbps)
(測定期間:2019年9月2日~9月8日)


昼の12時30分時点での計測結果です。通信が一番混み合い速度が出にくいとされるお昼の時間帯ですが、引き続きUQモバイルは好成績を記録しています。

それに続き、mineoやBIGLOBEモバイルのau回線プランも他回線よりも比較的安定した速度を記録しました。

夕の通信速度測定結果

夕18時台 下り速度(Mbps)
(測定期間:2019年9月2日~9月8日)


夕18時台 上り速度(Mbps)
(測定期間:2019年9月2日~9月8日)


夕方の18時30分時点での計測結果です。UQモバイルは常にトップクラスの安定感。ほぼキャリアとは変わらない速度感で使えるでしょう。

BIGLOBEモバイルのau回線プランも、ドコモ・ソフトバンク回線の格安SIMと比較しても非常に安定していますね。

夜の通信速度測定結果

夜23時台 下り速度(Mbps)
(測定期間:2019年9月2日~9月8日)


夜23時台 上り速度(Mbps)
(測定期間:2019年9月2日~9月8日)


夜の23時30分時点での計測結果です。この時間帯では、au回線格安SIMのほぼ全てが、ドコモ・ソフトバンク回線の格安SIMよりも安定している印象です。

結果として、通信速度に懸念している場合はUQモバイルであれば間違いでしょう。その他は抜きん出て速度が速いと言える格安SIMはありませんが、平均的に安定している印象です。

au回線格安SIM(スマホ)のサービス内容を比較する

UQ mobile mineo IIJmio BIGLOBEモバイル 楽天モバイル
初期費用 3,000円
通信速度制限後の速度 200kbps
最低利用期間 データ:なし
音声:12ヶ月
なし データ:最大2ヶ月
音声:12ヶ月
データ:なし
音声:12ヶ月
データ:なし
音声:12ヶ月
解約違約金 9,500円 なし 最大12,000円 8,000円 9,800円
MNP転出手数料 3,000円 最大9,500円 ※1 3,000円 3,000円※2 3,000円
SMS 無料
国内通話料 20円 / 30秒
国内SMS送信料 3円 / 通
データ量の翌月繰越 あり
プラン変更 ○:データ ⇔ データ
○:音声 ⇔ 音声
×:データ ⇔ 音声
×
SIMカードの追加 最大5枚 最大10枚 最大4枚
容量の追加 200円 / 100MB
500円 / 500MB
150円 / 100MB 200円 / 100MB 300円 / 100MB 300円 / 100MB
550円 / 500MB
980円 / 1GB
SIMカードサイズ microSIM / nanoSIM
マルチキャリア対応 ×
iPhone利用可否
テザリング 参考リンク 参考リンク 参考リンク 参考リンク 参考リンク

上記の表を基に、各社のサービス内容を比較していきましょう。

UQモバイル:安定した通信速度

UQモバイル

UQ mobile(UQモバイル)はauの母体であるKDDIグループのUQコミュニケーションズがMVNOとして運用する格安SIM。auの回線設備を利用してサービスを提供しており、au系スマートフォンでの利用により適した環境が整っています。

UQ mobileは通信速度の速さにも定評があり、KDDIのブランド力も相まって人気を集めています。プランは月額が安い3GB定額のプランから、無制限プランがあり自身の使い方によって選ぶことができ、SMS、テザリング機能、公衆無線LANサービスが無料で利用できるのが特徴です。また、音声通話に無料通話が付帯した「ぴったりプラン」「おしゃべりプラン」も人気。

申し込み前に「Try UQ mobileレンタル」にてSIMカードと端末をレンタルして試すこともできるので、申し込み前の不安が解消できるのも魅力です。

>>UQ mobileの詳しい解説はこちら

→ UQ mobile公式はこちらUQmobile

mineo(マイネオ):トリプルキャリア対応!ユーザー満足度が高い!

mineo

関西電力の子会社である株式会社ケイ・オプティコムが運営するmineo(マイネオ)は利用者の満足度が高い格安SIMです。ドコモ・au・ソフトバンクと全キャリアに対応しています。

データ通信量の翌月繰越や余ったパケットを「パケットシェア」「パケットギフト」で、友人や家族と分け合えるシェア機能が最大の魅力。さらに。初月は1GB追加され合計2GBの利用が可能です。音声プランでも最低利用期間や解約金がないので気軽に使い始めることができるのもポイントです。

>>mineoの詳しい解説はこちら

→ mineo公式はこちらmineo

BIGLOBEモバイル:エンタメフリーオプションでYouTube見放題!

BIGLOBEモバイル

老舗プロバイダとしても知名度の高いビッグローブが提供する格安SIM「BIGLOBEモバイル」。ドコモ・auの回線に対応したマルチキャリアに対応しています。YouTubeやAbema TVなどの通信量がカウントフリーになるエンタメフリーオプションが魅力。

他社より料金が割安な6ギガプラン(6GB/月)や12ギガプラン(12GB/月)が人気です。

>>BIGLOBEモバイルの詳しい解説はこちら

→ BIGLOBEモバイル公式はこちらBIGLOBEモバイル

IIJmio:老舗プロバイダの安心感!シンプルな料金プラン

IIJmio

IIJmio(みおふぉん)はデータ通信・通話ともに品質が高いことで有名なMVNOです。業界シェアNo.2ということもあり、通信技術に長けていることが魅力です。選べるプランは3つですが、シンプルで分かりやすいのも人気の秘密。

高速通信・低速通信を手動で切り替えることができるのでデータ容量のコントロールが可能。節約したいときに便利な機能が備わっています。

>>IIJmioの詳しい解説はこちら

→ IIJmio公式はこちら

楽天モバイル:楽天ポイントがザクザク貯まる!

楽天モバイル

TVCMや駅ナカ広告でも多く目にする、楽天が運営する楽天モバイル。まだまだ格安SIMに詳しくない方でも一度は目にしたことがあるのではないでしょうか。

楽天モバイルのメリットはやはり楽天スーパーポイントが貯まるところ。月々の利用料金に応じてポイントが貯まり、セット端末やアクセサリーの購入あるいは月々の支払いにも使えます。もちろん、楽天市場や楽天カードで貯まったポイントも使うことが可能です。

>>楽天モバイルの詳しい解説はこちら

→ 楽天モバイル公式はこちら

au回線格安SIM(スマホ)のキャンペーンを比較する

au回線格安SIMのキャンペーン早見比較表を作成致しましたので、ご覧下さい。

BIGLOBEモバイル
※おすすめ
BIGLOBEモバイル
・プラン月額料金が6ヵ月間1,200円割引
・プラン月額料金がさらに12ヵ月間500円割引
・エンタメフリーオプションが最大3ヵ月間無料
当サイト経由の申し込み限定でさらに4,000円キャッシュバック
IIJmio
※おすすめ
IIJmio
当サイト経由の申込み限定でプラン月額料金が4ヵ月間、1,000円割引
・初期費用が1円
・音声SIMとセットで対象端末が最大83%OFFになるスマホ大幅割引キャンペーン開催中
UQモバイル
UQモバイル
・データ増量無料(2年間/プランに応じて増量分の指定あり)
・イチキュッパ割で1年間は1,000円割引
・マンスリー割引(端末代金割引)で実質無料端末も
楽天モバイル
楽天モバイル
・対象製品+SIMの申し込みで、機種代金割引が適用
・2回線以上の契約で、2回線目からは月額料金3ヵ月0円

BIGLOBEとIIJmioは当サイト経由での申し込み限定キャンペーンを実施中です。キャンペーンのお得度で言えばこの2社が圧倒的にお得です。

月額のランニングコストが安いかどうかだけではなく、キャンペーンによる割引も含めた実質負担金を計算しておくことで、どこが最安値で利用できるかを判断することができます。

auから格安SIM(スマホ)への乗り換え手順

「格安SIMへの乗り換えって大変そう・・・。」と思う方も多いかと思いますが、これから説明する要点だけをおさえてすすめれば失敗のない乗り換えができます。

MNP手続き(転出・転入)を行う

auから格安SIMへの乗り換えで料金は安くなる?
MNP手続きを確認

格安SIMもMNPに対応しているため、auで使っていた電話番号を引き継いで乗り換えることができます。大まかな手順を紹介しておきましょう。新規で加入する場合は不要なので、申し込み後、次の「SIMカードの挿入~設定」まで進みましょう。

auからMNPで格安SIMに乗り換える手順はこちら。

  1. auでMNP予約番号を発行する
  2. 契約先の格安SIMの申し込み手続きを行う
  3. 開通手続き(アクティベーション)を行う

まずは契約元のauでMNP予約番号の発行です。手続きは電話か店頭窓口からできます。電話で発行する場合は口頭で番号が告げられるので、メモの準備をしておきましょう。
お客様サポートからの申し込みはEzwebからのみ対応で、スマホやPCからは申し込めません。

電話予約(au携帯電話 / 一般電話共通)
0077-75470 (無料/受付時間:9:00~20:00)

店頭予約
auショップ / PiPit各店 (一部除く)

EZweb予約
EZボタン→トップメニューまたはauポータル トップ→auお客さまサポート 申し込む / 変更する→au 携帯電話番号ポータビリティー (MNP)

MNP予約番号が取得できたら、契約先の格安SIM申し込み時に番号を入力します。MNP予約番号の期限は取得から15日以内。期限内に使用しないと無効になるのでご注意を。

申し込みが完了したら、開通手続き(アクティベーション)を行います。契約先の開通センターに連絡を入れ、開通が完了したら契約が開始されます。

手続きはおおよそ30分~1時間ほどで、その間は一切の通話・通信ができませんのでご注意ください。開通手続きの所要時間は契約先により異なるので必ず契約先に確認するようにしましょう。

参照:

MNP転入切替/回線切替/プラン変更(番号引き継ぎ)切替|mineoユーザーサポート

また、意外と忘れがちなのがMNPによる各種手数料です。

auでMNP転出するときにMNP転出手数料の2,000円、乗り換え先で新規契約事務手数料の3,000円が掛かります。前者は翌月の料金と一緒に請求、後者は契約時に支払います。

SIMカードの挿入~設定

開通手続きを終えたら最後はネットワークの初期設定を行います。受け取ったSIMカードを端末に挿入し、APN設定と呼ばれる初期設定を行いましょう。

  • SIMカードを端末に挿入する
  • APN設定を行う

SIMカードは普段取り外すようなものではないので、目に触れることは少ないでしょう。iPhoneのようにSIMピンでトレイを取り出して挿入するものや、本体の裏フタを開けて挿れるタイプなど様々です。

SIMトレイにSIMカード載せて端末に挿入します
SIMトレイにSIMカード載せて端末に挿入します

以下の記事を参考にして、SIMカードのサイズや挿入方法を知っておくと慌てずに済みます。

SIMカードを挿入したらAPN設定という初期設定を行います。格安SIMを利用する際は必須の設定になるので忘れずに行いましょう。

APN設定は端末のOSや契約する格安SIMによって方法が異なるので、自分が使っている機種に合わせて以下の記事を参考に設定してみてください。

これで通話やインターネットが利用できるようになりました。もしなかなかつながらない場合は端末の再起動を試みましょう。

まとめ:自分の使い方に合った格安SIM(スマホ)を選ぼう!

ここまでau回線の格安SIMを比較しながら紹介してきましたが、いかがだったでしょうか。

それぞれのMVNO(格安SIM)ごとに特徴があるので、ご自身の使い方にマッチしたものを選びましょう。最後に各社のポイントをまとめて紹介します。

■UQmobile(UQモバイル)
格安SIMでも安定した通信速度で使いたい人、iPhoneを使ってテザリングしたり、キャリアのEメールを使いたい人にオススメの格安SIMです。auと同じKDDIグループなので、サポートが充実。格安SIM初心者にもおすすめです。

■mineo(マイネオ)
mineo(マイネオ)は月によってデータ通信量が大幅に変わる人にオススメしたい格安SIM。途中でプランを変更したいときに手数料がかからなかったり、通話SIMでも最低利用期間や解約時の違約金がかからないのもうれしいポイントです。プリペイドSIMからそのまま乗換えできるのも特長の1つ。ただし、MNPで転出する場合には手数料がかかるので注意が必要です。

■BIGLOBEモバイル
BIGLOBEモバイルは、分かりやすい料金プランと口座振替に対応していることで、キャリアから乗り換えしやすい格安SIMといえます。通話定額プランや大容量プランが用意されているため、通話やデータ通信を多くする人や家族でシェアして使いたい方にオススメ。

■IIJmio
IIJmioは家族間でデータ容量をシェアしたり、バースト転送機能を使って通信容量を小まめに節約できる人にオススメの格安SIM。安定した通信にも定評があるため、家族で利用する場合にピッタリです。

■楽天モバイル
楽天モバイルは、楽天というネームバリュー、豊富な端末ラインナップで認知度が高いです。通話定額プランやau回線が使える組み合わせプランには選べる容量も多いので格安SIM初心者にもオススメです。

こちらの記事はいかがでしたか?

お役に立ちましたか?

送信する

もしよろしければお友達に
ご紹介お願いします!

  • ツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

特集コンテンツ

d-card

docomoのギガホ・ギガライト

Y!mobile 公式オンラインストアなら「限定商品!」「送料無料!」「24H受付OK!」

この記事を書いた人(編集:モバレコ編集部)

スマホ、ケータイ、docomo、au、ソフトバンク、格安SIMに関する総合情報メディア「Mobareco-モバレコ」の記事コンテンツの制作を監修。スマホのレビュー、サービス解説、ライフハックからトラブルシューティングガイドなどの幅広いジャンルのコンテンツディレクションを手掛ける。『スマホをもっとわかりやすく。もっと便利に。』ユーザー目線に沿ったコンテンツを発信中。Twitter:@mobareco_jp