UQモバイルの「自宅セット割(旧でんきセット割)」とは?適用条件や対象サービス、申し込み方法まで徹底解説!

書いた人: NINO

カテゴリ: UQ mobile

UQモバイルは、auのサブブランドとしてサービス提供している通信キャリアで、格安な料金プランでありながら高品質な通信回線を提供していることで、ユーザーから多くの支持を集めています。

そんな低価格・高品質回線なUQモバイルをさらにお得に契約できる「自宅セット割」という割引サービスが2021年9月より開始されました。

先行して提供していた「でんきセット割」に比べ、電気契約だけでなく光回線やWiMAXなどネット契約も対象に加わり、さらにお得な内容になっています。

この記事ではUQモバイルの自宅セット割の概要やおすすめポイント、申し込み方法などについて解説してきます。

※以下、本記事に記載している料金は特筆のない限り、全て税込表記となります。

UQモバイルから「自宅セット割」が登場!

UQモバイルから「自宅セット割」が登場!
引用:UQモバイル[1]

2021年9月2日より、UQモバイルとauの提供する新電力またはインターネット契約の双方を契約かつ条件を満たしているユーザーを対象に、1回線あたり最大858円の料金割引や電気料金に応じたPontaポイント還元でお得になる「自宅セット割」という特典を提供開始しました。

ここではまず、UQモバイルの自宅セット割の概要や適用条件、割引対象サービスについて解説します。

自宅セット割の概要

■「自宅セット割」の概要

自宅セット割適用条件 ・対象サービス(電気やネット契約)を新規で契約する、または現在契約中であること
・対象料金プランへ新規で加入する、または現在加入中であること
・自宅セット割に申し込むこと
・対象サービス(電気やネット契約)の契約者と同一姓、同一住所の家族であること
割引対象の
UQモバイル料金プラン
くりこしプランS/M/L +5G
割引額 ・くりこしプランS/M +5G:毎月638円割引
・くりこしプランL +5G:毎月858円割引

自宅セット割の最大の特徴は、毎月のUQモバイル利用料金が割引されるという点です。

「でんきコース」と「インターネットコース」の2種類があり、割引額は2コースとも同じ。

くりこしプランS/M +5Gでは毎月638円の割引、くりこしプランL +5Gでは毎月858円もの割引となります。

■「自宅セット割」の割引額

※横にスクロールできます。

くりこしプランS +5G くりこしプランM +5G くりこしプランL +5G
通常料金 1,628円 2,728円 3,828円
割引額 -638円 -638円 -858円
割引後月額料金 990円 2,090円 2,970円

※価格はすべて税込

インターネットコースはユーザーの多いauひかりをはじめ、auのホームルーターやWiMAXサービスとのセットも可能なのがポイント。

またインターネットコースに関して、対象のインターネットサービスで不要なオプションに加入する必要がないため、純粋に契約先をまとめて通信費を抑えることが可能です。(チャットサポートにて確認済み)

自宅セット割は単身契約者はもちろん、家族契約者にも対象となる割引サービスであるため、人数に関係なく条件さえ満たしていれば1人からでも誰でもお得になります

大手キャリアと比較しても格段に安いUQモバイルの通信料金の内、2〜3割程度の料金が割引となるため、UQモバイルユーザーにとってはかなり経済的な負担が軽くなり、固定費を大きく節約可能です。

自宅セット割の適用条件

続いて自宅セット割の適用条件について。主契約となる契約者本人と家族で、若干条件が異なります。

<契約者本人>

  • 対象サービス(電気やネット契約)を新規で契約する、または現在契約中であること
  • 対象料金プランへ新規で加入する、または現在加入中であること
  • 自宅セット割に申し込むこと

<家族>

  • 対象料金プランへ新規で加入する、または現在加入中であること
  • 自宅セット割に申し込むこと
  • 対象サービス(電気やネット契約)の契約者と同一姓・同一住所の家族であること

自宅セット割を家族全員で適用させたい場合、電気またはネット1契約につき、UQモバイルは合計10回線まで割引適用できます。

ただし、別姓やUQモバイル回線が累計5回線以上の場合は家族・同一住所であることの証明書が必要です。(別住所で50歳以上は家族であることの証明書のみでOK)

また、ネット回線とのセット割では指定オプションに加入しないと割引を受けられないことが多いですが、UQモバイルの自宅セット割では前述の通り、対象のインターネットサービスで不要なオプションに加入する必要はない点が良心的です。

 料金の支払いについて

料金の支払いについては電気またはネットの利用料金と、UQモバイル利用料金の支払いは合算となります。

でんきやネット回線、スマホの契約といったサービスごとの料金支払いはできないので注意しましょう。

ただし、でんきコースとインターネットコースどちらを選ぶかによって、支払いの纏まる先が異なります。

<合算の請求先>

  • でんきコース:UQモバイルの支払いに合算される
  • インターネットコース:各インターネットやホームルーター、WiMAXの契約に合算される

でんきコースの場合はUQモバイルの契約者に電気代も合算される一方、インターネットコースの場合はネット契約側にUQモバイルの請求が合算される形となります。

複数人で契約する際は、支払いの合算先が異なる点に注意して主契約となる人を決めましょう。

インターネットコースの対象サービス

インターネットコースの対象サービスは光回線、auのホームルーター、ケーブルテレビ、WiMAXサービス各社など幅広いのが特徴です。

■インターネットコース対象サービス

光サービス ・au ひかり(@nifty、@T COM(アットティーコム)/ASAHIネット/au one net/BIGLOBE/DTI、So-net)
・auひかり ちゅら
・コミュファ光
・eo光
・ピカラ光
・メガエッグ
・BBIQ
光コラボレーションサービス ・ビッグローブ光
・So-net光
・@nifty光
・@T COM(アットティーコム)ヒカリ
・ひかりゆいまーる
・ひかりJ
ケーブルテレビ ・J:COM
・提携先ケーブルテレビ
※地域ごとの対象ケーブルテレビはこちら
ルーターサービス ・auスマートポート
・ホームルータープラン
・WiMAX 2+ フラット for HOME(2019年12月25日受付終了)
・au ホームルーター 5G
・ホームルータープラン 5G
WiMAX ・UQ WiMAX
・YAMADA air mobile WiMAX
・BIC WiMAX
・ワイヤレスゲートWiMAX+5G
・EDiON
・PC DEPOT
・KT WiMAX
・とくとくBB
・Broad WiMAX
・カシモWiMAX
・Vision WiMAX
・EX WiMAX
・hi-ho
・泉佐野 WiMAX

でんきコースの対象サービス

でんきコースの対象サービスはauでんき・UQでんきがありますが、UQでんきは新規受付を終了しているため、現在新規申し込みが可能なのは「auでんき」のみです。

現在UQでんきを利用している方は、UQでんきででんきコースの申し込みは可能なのでご安心ください。

電気の質はそのままでお得?「auでんき」とは

「auでんき」とは
引用:au[2]

ここで改めて、auでんきとはどのようなサービスなのか?その詳細について解説します。

auでんきの概要

auでんきの概要
引用:au[3]

これまでの電力使用契約といえば、東京電力や中部電力といったように○○電力という地域ごとに固定された電力会社と電気契約を結ぶのが一般的でした。

しかし、2016年の電力自由化によって、数多くの業種多様なサービス事業者が電気小売販売企業として新たに参入してきています。

その多くが電気契約と自社サービスとセットで利用することで、自社サービスをよりお得に利用できるというセット型契約による割引プランであることが特徴です。

auでんきでも例外なく、グループ会社のUQモバイルユーザー向けにお得なサービスとして、今回紹介している「自宅セット割」を提供しています。

【auでんきの主な特徴】

  • 自宅セット割でUQモバイル料金が割引対象に
  • 最大5%のPontaポイントを還元
  • 電気品質や電気料金はそのまま
  • 電気契約の移行費用など一切なし
  • 電気使用状況がわかるアプリ利用可

auでんきは、auが提供している電力小売りサービスですが、これまでの電力契約と全く同じく品質は変わりません。

電気料金が変わることもなく、電気料金の支払い先が地域の○○電力ではなく、UQに支払うという形に変わるだけ。

よって「電気の明るさが暗くなってしまうのでは?」「停電が起こりやすいのでは?」「電気料金が極端に高くなるのでは?」といった電気サービスの品質に対する心配は全く皆無。極めて安心して使える電力提供サービスです。

auでんきのメリットは、電気料金が安くなるというのではなく、auでんきを契約することで、前述のようにUQモバイルユーザーなら受けられる自宅セット割が適用できるほか、最大5%のPontaポイント還元が受けられるという点です。

後者のポイント還元について、もう少し掘り下げて解説します。

auでんきのPontaポイント還元は、以下の表のように使用した電気料金に応じて還元されるサービスです。

■auでんきのPontaポイント還元率

毎月の電気料金
※基本料金(または最低料金)および電力量料金の合計金額(税抜)
Pontaポイント還元率
5,000円未満 1%
5,000円以上〜8,000円未満 3%
8,000円以上〜 5%

このようにauでんきのPontaポイント還元は、電気を使えば使うほどお得に還元を受けられるようになっていて、最大で8,000円以上(税抜)の料金に対してPontaポイント5%還元が受けられます。

料金が10,000円と仮定すれば、500ポイントもの還元が受けられることになります。1年間に換算したら6,000ポイントにもなるので、かなりお得になりますよね。

この貯まったPontaポイントは、Pontaポイントとして使うことはもちろん、スマホ決済のau PAYにも提携して活用できるので、あらゆるお店で使用可能で利便性も高いです。

auでんきの利用条件・注意点

auでんきへ申し込む際には利用条件や注意点がいくつかあります。

  • 基本的にはau、UQモバイルユーザーが申し込むサービス
  • auショップやau Style・my UQ mobileから申し込み可
  • 地域の電力会社で特定のプランを利用しているユーザーが対象
  • 太陽光発電や夜間蓄熱式機器等の余剰電力買取は利用不可

基本的にはUQモバイルユーザーが申し込むサービスとして想定されているため、基本的にmy UQ mobileからau IDを使ったWEB申し込みとなります。au IDはUQモバイルに申し込むことで取得可能。

そして、auでんきの料金プランは地域の電力会社で提供されている以下のような従量電灯A/B/Cにそれぞれ対応するプランとして、「でんきMプラン」「でんきLプラン」が提供されています。

言い換えると、地域の電力会社で以下のプランを利用しているユーザーが、auでんきを利用できる対象者となります。

料金プラン 地域の電力会社のプラン
でんきMプラン 地域の電力会社の契約種別が従量電灯B
(関西・中国・四国エリアは従量電灯Aの方)
でんきLプラン 従量電灯Cかつ契約決定方法が主開閉器契約の方
(関西・中国・四国エリアを除く)

このauでんきの料金プランの内、「でんきLプラン」についてはWEBでの受付が不可なため、auショップやau取扱店、電話での申し込みが必要です。

また、太陽光発電や夜間蓄熱式機器等で余剰電力の買取を地域の電力会社と行っている場合、auでんきではこの余剰電力買取を行っていないため、auでんき公式ではそのまま地域の電力会社での利用を推奨しています。

このように、auでんきへの移行は現在契約している地域の電力会社との契約内容にも条件があるので、移行を検討している場合、今一度事前に確認しておきましょう。

UQモバイルで自宅セット割を適用した際の料金シミュレーション

UQモバイルで自宅セット割を適用した際の料金シミュレーショ
引用:UQモバイル[4]

では、実際にUQモバイルで自宅セット割を利用した際の、でんきコースとインターネットコースそれぞれの料金シミュレーションを行ってみます。

【UQモバイル × UQ WiMAX】の場合

インターネットコースは「UQモバイル」と「UQ WiMAX」の組み合わせで利用した際の料金の試算を出してみましょう。

シミュレーションの条件は以下の通り。

<シミュレーション条件>

  • UQモバイル:くりこしプランS +5G+かけ放題(10分/回)
  • UQ WiMAX:ギガ放題プラス ホームルータープラン

■UQモバイル × UQ WiMAXの場合(インターネットコース)

UQモバイル UQ WiMAX※
プラン月額料金 1,628円 4,818円
通話かけ放題 770円
自宅セット割 -638円
月額料金 1,760円 4,818円
月額料金(合計) 6,578円
年間(合計) 78,936円

※価格はすべて税込
※「WiMAX +5G はじめる割」は未適用時

UQモバイル × UQ WiMAXの場合、年間で78,936円になる試算となりました。

UQモバイルのスマホ代が、10分かけ放題をつけても2,000円しないため、全体的に支出を抑えられる形になります。

また、UQ WiMAXでは「WiMAX +5G はじめる割」により25ヵ月間550円/月の値引を受けられます。

加えてギガ放題プラス ホームルータープランでは「プラスエリアモード(1,100円/月)&プラスエリアモードの月間データ容量が30GBに増量」の特典も受けられるため、より費用を抑えつつ使いやすくなるでしょう。

最大13,000円相当 au Pay還元中!

【UQモバイル × auでんき】の場合

インターネットコースは「UQモバイル」と「auでんき」の組み合わせで利用した際の料金の試算を出してみましょう。

シミュレーションの条件は以下の通り。

<シミュレーション条件>

  • UQモバイル:くりこしプランS +5G+かけ放題(10分/回)
  • auでんき:30A(基本料金858円)で月間180kWh使った場合

■UQモバイル × auでんきの場合(でんきコース)

UQモバイル auでんき※
プラン月額料金 1,628円 3,972円
通話かけ放題 770円
自宅セット割 -638円
月額料金 1,760円 3,972円
月額料金(合計) 5,732円
年間(合計) 68,784円

※価格はすべて税込
※端数切捨て

UQモバイル × auでんきの場合は年間で68,784円というシミュレーションになっています。

電気の契約は月々どれくらいの電力量を使うのか、自宅のA(アンペア)数などによってもかなり個人差の出る料金ですので、今の使用状況と照らし合わせてシミュレーションを行ってみてはいかがでしょうか。

自宅セット割を利用するメリット

UQモバイル「でんきセット割」の適用がおすすめな人

ここまでUQモバイルの自宅セット割について解説してきましたが、活用するメリットについて、項目に分けて解説します。

<自宅セット割を利用するメリット>

  • 単身~家族までスマホ代を抑えられる
  • 電気やネット契約とスマホの契約先をまとめられる
  • Pontaポイントが貯まる

単身~家族までスマホ代を抑えられる

自宅セット割の一番のメリットはやはり料金に割引が入ることでしょう。

くりこしプランS/M +5Gなら毎月638円の割引、くりこしプランL +5Gなら毎月858円の割引を受けられるので、UQモバイルの通信料金から2〜3割程度を節約できます。

またもう一つのポイントとして、適用条件を満たせば単身~家族まで人数に限られず割引を受けられることが挙げられます。

1人暮らしをしているユーザーでも、例えばauでんきとUQモバイルを契約していればUQモバイルの料金割引が毎月受けられるので、単身ユーザーも固定費の節約が可能です。

ネット回線とのセット割や家族割は、主回線となる1回線目には割引が入らない条件のものもあるため、自宅セット割は使い勝手のいい割引サービスといえるでしょう。

電気やネット契約とスマホの契約先をまとめられる

電気料金やスマホ通信料金は、毎月必ずかかってくる固定費であるため、料金推移や契約情報の変更など、何かと各々管理するのが大変な場面もあることでしょう。

自宅セット割を適用すると、電気契約・ネット契約とUQモバイルの料金が合算請求となるため、一般的には電気・通信と両者別れている固定費請求を1本にまとめることができ、固定費の管理が楽になります。

ただしでんきコースならUQモバイルに、インターネットコースならネット契約に請求がまとまるので、合算先が若干異なる点は把握しておいてください。

Pontaポイントが貯まる

でんきコースについてのメリットですが、auでんきは決して電気料金が安くなるというサービスではないものの、Pontaポイントによる還元を受けることで実質的に金銭的な恩恵を受けられる内容です。

Pontaポイントはローソンを始めとしてあらゆる店舗で利用可能なポイントサービスです。

Pontaポイントをよく使う人にとっては、auでんき利用分で還元されたポイントを最大限お得に活用できることでしょう。

一方でPontaポイントを全く使わないユーザーにとっては、料金的なお得な恩恵は受けづらいのも正直なところ。

Pontaポイントの利用有無は、特にでんきコースを利用する際によく考慮しておいた方が良さそうです。

自宅セット割を利用する際の注意点

続いて自宅セット割を利用する際の注意点も見ていきます。主に適用条件の面で気を付けるべき点がありそうです。

<自宅セット割を利用する際の注意点>

  • ネット契約側で別途利用料・解約金がかかる
  • 契約者と同一姓・同一住所の家族である必要あり

ネット契約側で別途利用料・解約金がかかる

これは光回線やWiFiなどのネット契約全般にいえることではありますが、自宅セット割に合わせて加入したネットを解約する場合、タイミング次第では契約解除料(解約金)がかかる可能性があります。

自宅セット割を適用しているからといって、解約金免除にはならないため注意しましょう。

また、自宅セット割はあくまで電気・ネットとUQモバイルの支払がまとまることでのセット割引なので、各サービスを利用した際の利用料は普段通り発生します。

契約者と同一姓・同一住所の家族である必要あり

自宅セット割を受ける家族の回線について、適用条件として「対象サービス(電気やネット契約)の契約者と同一姓・同一住所の家族であること」があります。

単身で割引を受ける際は気にしなくてもいい内容ですが、2人以上の場合は「契約者と同一姓・同一住所の家族」の条件を満たさないと、オンラインでの手続きができなくなります。

ただし「契約者と同一姓・同一住所の家族」以外は割引を受けられないわけではなく、au Style・auショップ・UQスポットなどの店舗で手続きを行えば割引を適用可能です。

なお住所が異なる場合、手続きの際に家族関係証明書が必要となりますので忘れずに用意してください。

UQモバイル「自宅セット割」の申し込み方法

UQモバイル「自宅セット割」の申し込み方法
引用:UQモバイル[4]

自宅セット割の申し込みの流れをWEBと店舗に分けてご紹介します。

my UQ mobileから申し込む方法

店頭に行くことを面倒に感じる方や、サービス内容について熟知しているのであれば、いつでもどこでも申し込み可能なmy UQ mobile経由での申し込みがおすすめです。

以下にでんきコースとインターネットコースそれぞれの申し込みの流れを纏めました。基本的に流れは同じになっています。

■申し込みの流れ(でんきコース)

STEP 1.くりこしプラン +5Gを契約する

これからUQモバイルを申し込む方は、オンラインショップまたはお近くのUQスポットやau Style・auショップで契約しましょう。
旧「くりこしプラン」でのでんきコースの新規受付はできませんが、既に適用されている方の割引は継続されます。
ただし、くりこしプラン契約者が新たに申し込む場合は「くりこしプラン +5G」へのプラン変更が必要です。
 

STEP 2.auでんきを契約する

新規申し込みの場合は、オンラインまたはお近くのau Styleやauショップ、au取扱店で申し込みができます。
 

STEP 3.自宅セット割(でんきコース)を申し込む

「でんきお客さま番号」が必要なため、あらかじめ確認・用意しておいてください。
「ご利用開始のご案内」、またはでんき契約者本人のau IDにてmy UQ mobile上で確認が可能です。
WEBでの自宅セット割申し込みは、家族の分も含めてまとめて申し込みができます。
 

■申し込みの流れ(インターネットコース)

STEP 1.くりこしプラン +5Gを契約する

これからUQモバイルを申し込む方は、オンラインショップまたはお近くのUQスポットやau Style・auショップで契約しましょう。
 

STEP 2.インターネットを契約する

「インターネットコース 対象サービス」に申し込みます。
対象サービスは本記事【インターネットコースの対象サービス】をご覧ください。
 

STEP 3.自宅セット割(インターネットコース)を申し込む

申し込みには、指定サービスについて以下の情報が必要なため、あらかじめ確認・用意しておいてください。
・auひかり、auひかりちゅら…基本契約番号
・上記以外…対象サービス電話番号、契約者カナ氏名
 
auひかり、auひかりちゅらの基本契約番号は、auひかりの申込み後に届く「契約内容のご案内」、またはauひかり契約者本人のau IDにてmy UQ mobile上で確認が可能です。
WEBでの自宅セット割申し込みは、家族の分も含めてまとめて申し込みができます。
 

流れは大きく分けて3つありますが、気を付けたい点としてはくりこしプラン +5Gの契約と、対象の電気・インターネットの契約どちらも済ませた上で、自宅セット割に申し込むという点です。

店舗にて申し込む方法

自宅セット割の申し込みは、WEBを使った申し込みの他に店舗にて申し込む方法があります。

対面での申し込みとなるため、UQでんきやでんきセット割などについて分からないことがあれば、こちらの申し込みがオススメです。

基本的にはWEBと流れは一緒ですが、申し込みの際に本人確認書類や家族関係証明書が必要となるため、スムーズに手続きを進めるためにも準備しておきましょう。

店舗で申し込む場合、以下の書類が必要になります。

  • ご本人さま確認書類(原本)
  • 家族関係証明書(必要に応じて)

なお対象サービス契約者と同一住所に住んでいる、かつ同一姓であれば、店舗手続きでも家族関係証明書は不要です。

お近くのau Styleやauショップ、UQスポット等についてはUQモバイル公式サイトの「販売店舗一覧」をご覧ください。

ご本人さま確認書類一覧
  • 運転免許証
  • 運転経歴証明書
  • パスポート(日本国旅券)
  • 身体障がい者手帳または療育手帳または精神障がい者保健福祉手帳
  • 特別永住者証明書
  • 在留カード+外国発行パスポート
  • マイナンバーカード(個人番号カード)
  • 住民基本台帳カード
  • 健康保険証
家族関係証明書について

①同一世帯で姓が異なる場合

健康保険証(有効期限内)もしくは住民票(続柄記載/発行日より3カ月以内)が必要。

②単身赴任などで同一住所に住んでいる確認が取れない場合

遠隔地用健康保険証(有効期限内)が必要。

  • 遠隔地用健康保険証に割引適用となる家族全員が記載されている場合「遠隔地用健康保険証」1通
  • 家族全員が記載されていない場合「遠隔地用健康保険証」1通 +「健康保険証」1通
  • 上記以外の親子(義理を含む)の場合「戸籍謄本」

<上記①②以外の場合>

③申込者と家族割相手との続柄が1親等(配偶者および親子(義親子含む))の場合

家族関係を証明できる「戸籍謄本(発行日より3カ月以内)」、または相手の「ご本人さま確認書類(コピー可)」+相手の「家族関係申告書」が必要。
※家族関係申告書はこちら

④パートナーシップ関係

「地方自治体などで発行されるパートナーシップ関係が証明できる公的証明書」が必要。

UQモバイル「自宅セット割」についての気になる疑問点

最後に、自宅セット割についての疑問点にお答えします。

Q.自宅セット割が適用されているかの確認方法は?

A.my UQ mobile「その他(キャンペーン等)」で適用状況の確認が可能です。

請求金額内訳では、割引金額を合わせて確認ができます。

Q.割引はいつから適用されるの?

A.申し込み翌月以降、月末時点で条件を満たした利用月の請求分から割引適用となります。

例えば、9月に自宅セット割を申し込んだ場合、10月末時点での情報で判定し、11月以降の請求から割引開始となります。

Q.「UQ応援割」との併用はできる?

A.「UQ応援割」との併用は可能です。

ただし、2021年5月31日に終了したUQ学割との併用はできません

「くりこしプラン」にてでんきコースを利用中の方で、UQ学割適用中の場合、学割終了後に自宅セット割の割引が開始されます

Q.支払いはネット・電気とUQモバイルのどっちにまとまるの?

A.でんきコースはUQモバイルに、インターネットコースはネットの支払いに合算されます。

どちらのコースを選択するかによって支払のまとまる先がUQモバイルか否かが変わります。

なおインターネットコースに関しては、光回線、ケーブルテレビ、ホームルーター、WiMAXのどれをセット割対象サービスに選んでも、ネット契約側に合算となります。

まとめ

auでんきやネット回線とUQモバイルを両方契約して利用するなら、UQモバイルの料金割引が受けられる「自宅セット割」が大変お得です。

普段使っている電気契約をauでんきに変えたり、光回線をauひかりに変える手続きについても、手数料がかからず大きな面倒も特にないと思います。

今後UQモバイルを長く使い続けていくのであれば、自宅セット割を適用させることで、電気料金や通信料金の長期間にわたる節約に期待できます!

毎月のスマホ料金を安くしたい方は、ぜひプロに無料相談ください!

キシュヘン

ネットで色々なスマホプランを調べても、結局どのプランが自分に合っているのか迷いますよね。

そんな方は、直接プロに相談するのも手段の1つ!

モバレコの運用する「キシュヘン」であれば、チャットで最短3分と手軽に相談できるのでおすすめです。

しかも相談手数料は無料、営業活動も一切ないため安心して利用できます。

スマホプランに目星がついている方もぜひ一度、活用してみてはいかがでしょうか!

この記事を書いた人(編集:モバレコ編集部)

NINO

NINO(ニノ)

人生を全力で楽しむモノコトブロガー

プロフィール

1985年埼玉県生まれの昭和末期世代。
大学卒業後は大手建設企業に就職するも、仕事と子育てを両立したワークライフバランスを求めるために地方へ移住。
「人生を楽しむモノコトブログ」をテーマにしたブログ「FatherLog」を主幸しています。最高月間45万PV。Mac・iPhone・iPadなどのApple製品・ガジェット全てが人生のスパイスです。
読者が実際に使っているかのような体験型レビュー記事の作成を常に心がけています。
モバレコでは「初心者の方が安心してお得な選択ができるきっかけ」になれるよう、解説記事を中心に発信しています。

得意カテゴリー

Apple製品・スマホ・ガジェット・ディズニー・ゲーム

ブログ・SNS

FatherLog
https://fatherlog.com/
Twitter(@fatherlog)
https://twitter.com/fatherlog

特集コンテンツ

d-card

d-card

Let's Share!

  • Twitter シェアアイコン
  • facebook シェアアイコン
  • はてなブックマーク シェアアイコン
  • Pocket シェアアイコン