カテゴリ: 格安SIM

格安SIMの音声通話プランを比較! 厳選おすすめ5社を紹介

この記事では、格安SIMの音声通話プランを比較します。かけ放題オプションを含めた料金だけでなく、速度やサービス面を考慮したおすすめの格安SIMも紹介していきます。

先に結論を述べると、以下の格安SIMがおすすめです。

【音声通話対応SIMがあるおすすめの格安SIM】

・UQモバイル
・ワイモバイル
・mineo
・OCN モバイル ONE
・IIJmio

また、音声通話ができる格安SIMのメリット・注意点・おすすめの人、申し込み方法まで解説していきます!

音声通話対応SIMとデータ専用SIMの違い

ほとんどの格安SIMのプランでは、「音声通話対応SIM」と「データ専用SIM」でプラン内容が分かれています。

音声通話対応SIMは、名前の通り通話とデータ通信ができるSIMで、データ専用SIMはデータ通信のみを利用できるSIMになります。

データ専用SIMを契約すると、基本的に通話はできません。ですが、データ専用SIMの方が月額料金が安くなる場合がほとんどです。

音声通話対応SIMとデータ専用SIMの2種類のみのプランを展開しているmineoの月額料金は以下の通りです。

▼mineoの月額料金

デュアルタイプ
(音声通話対応SIM)
シングルタイプ
(データSIM)
1GB 1,298円 880円
5GB 1,518円 1,265円
10GB 1,958円 1,705円
20GB 2,178円 1,925円

※すべて税込み

音声通話対応よりデータ専用SIMの方が月額300円前後安くなることが分かります。データ専用SIMは通話を利用しないサブスマホとしての契約や、タブレットでの契約におすすめです。

音声通話対応の格安SIMがおすすめの人

音声通話対応の格安SIMがおすすめの人

これまで説明してきたメリット・注意点から、音声通話可能な格安SIMはどのような人におすすめなのでしょうか。

<音声通話対応の格安SIMがおすすめの人>

・普段よく通話をする人
・メインスマホで利用したい人

上記2パターンが具体的にどのような人のことを指すのか、解説します。

普段よく通話をする人

音声通話が可能な格安SIMは、かけ放題オプション込みでもキャリアより安く利用できます。

完全かけ放題を適用した場合でもキャリアより安いので、普段から通話をする機会が多い人にもおすすめです。

メインスマホで利用したい人

音声通話が可能な格安SIMは、メインスマホとして利用したい人にも向いています。格安SIMのデータSIMはSMS機能に対応していませんが、音声SIMでは利用できるためです。

格安SIMに乗り換えることで「LINEなどのアプリが利用できなくなるのでは?」と不安になっている人がいるのではないでしょうか。

最近では、アプリやWEBサービスで二段階認証としてSMS機能を必要とする場面が多くなっています。しかし、音声SIMでは問題なく利用できる場合がほとんどなので、安心してください。

音声通話対応の格安SIMを選ぶポイント

音声通話対応の格安SIMを選ぶポイント

音声通話対応の格安SIMを選ぶ際、どのようなポイントを重視すれば後悔ない契約ができるのでしょうか。格安SIMを選ぶ際に意識してほしいポイントは、主に以下の3つです。

<音声通話対応の格安SIMを選ぶポイント>

・通信速度が満足できる速度か
・月額料金が予算内であるか
・サポート体制が手厚いか

それぞれどのように選ぶべきなのか、詳しく解説していきます。

通信速度が満足できる速度か

格安SIMを選ぶ際、満足できるほど通信速度が出るかどうかは、重要なポイントです。

格安SIMではドコモやau、ソフトバンクから回線(通信網)の一部を借りる形で通信サービスを提供しているため、大手キャリアと比べると利用が込み合う時間帯によっては著しく速度が低下する傾向にあります。

また、格安SIMの中でも、事業者によって速度は異なります。契約してから後悔しないように、満足できる速度が出るのかを事前に十分確認したうえで申込先を選ばなければいけません。

選ぶ際は「みんなのネット回線速度」やTwitterの口コミで確認しておきましょう。

ここではみんなのネット回線速度のデータを参考に、格安SIMの実測値を速い順に表にまとめました。

【実測速度の比較表】

実測速度
LinksMate 平均下り速度:126.75Mbps
平均上り速度:15.63Mbps
ペンギンモバイル 平均下り速度:120.38Mbps
平均上り速度:18.35Mbps
J:COM MOBILE 平均下り速度:87.38Mbps
平均上り速度:11.08Mbps
スターモバイル 平均下り速度:86.87Mbps
平均上り速度:26.09Mbps
OCN モバイル ONE 平均下り速度:71.33Mbps
平均上り速度:12.2Mbps
ワイモバイル 平均下り速度:64.0Mbps
平均上り速度:15.33Mbps
UQ mobile 平均下り速度:61.69Mbps
平均上り速度:12.21Mbps
IIJmio(みおふぉん) 平均下り速度:52.3Mbps
平均上り速度:11.76Mbps
mineo 平均下り速度:49.77Mbps
平均上り速度:9.09Mbps
nuroモバイル 平均下り速度:45.78Mbps
平均上り速度:13.62Mbps
LINEモバイル 平均下り速度:45.43Mbps
平均上り速度:11.89Mbps

みんなのネット回線速度のデータを引用

格安SIMを選ぶ際は、ほかの要素とのバランスを考慮して、できるかぎり速度が速いところに申し込みするのがおすすめです。

月額料金が予算内であるか

格安SIMを選ぶ際は、月額料金の予算をある程度決めておき、その範囲内で検討しましょう。事業所によって金額は異なるので、十分比較したうえで選んでください。

音声通話プランの場合は、通話頻度に応じて、かけ放題オプションの料金を考慮する必要もあります。

また、月額料金にあわせてキャンペーン内容を比較することも大切です。キャンペーンによっては毎月の月額料金が大幅に安くなるものを実施している場合もあるので、キャンペーン内容を考慮した実質月額を考慮しておきましょう。

サポート体制が手厚いか

格安SIMは、オンラインでの受付・販売のみであるケースが多いです。オンライン中心で事業展開していることから、サポートもオンラインで受けなければなりません。

格安SIMでも、オンラインから充実したサポートを受けることはできますが、初めての格安SIMの場合や、オンラインでの手続きが不慣れの人は、店舗でのサポートにも対応している業者を選択するとより安心です。

音声通話対応の格安SIMを比較!おすすめはここだ!

音声通話対応の格安SIMを比較!おすすめはここだ!

音声通話対応の格安SIMを選ぶ3つのポイントを踏まえたうえで、おすすめの格安SIMを厳選しました。

まずは料金や実測値の違いについて、おおまかに比較していきます。

【音声通話プランの比較表】

※横にスクロールできます。

UQモバイル ワイモバイル mineo OCN モバイル ONE IIJmio
契約期間 なし なし なし なし なし
(最低利用期間あり)
回線(エリア) au回線エリア ソフトバンク回線エリア ドコモ・au・ソフトバンク回線エリア ドコモ回線エリア ドコモ・au回線エリア
月額料金 3GB:1,628円
 
15GB:2,728円
 
25GB:3,828円
3GB:2,178円
 
15GB:3,278円
 
25GB:4,158円
1GB:1,298円
 
5GB:1,518円
 
10GB:1,958円
 
20GB:2,178円
500MB:550円
 
1GB:770円
 
3GB:990円
 
6GB:1,320円
 
10GB:1,760円
2GB:858円
 
4GB:1,078円
 
8GB:1,518円
 
15GB:1,848円
 
20GB:2,068円
実測値 平均下り速度:61.69Mbps
 
平均上り速度:12.21Mbps
平均下り速度: 64.0Mbps
 
平均上り速度:15.33Mbps
平均下り速度: 49.77Mbps
 
平均上り速度:9.09Mbps
平均下り速度:71.33Mbps
 
平均上り速度:12.2Mbps
平均下り速度:52.3Mbps
 
平均上り速度:11.76Mbps

※価格はすべて税込
みんなのネット回線速度のデータを引用

【音声通話プランの容量別料金比較表】

※横にスクロールできます。

UQモバイル ワイモバイル mineo OCN モバイル ONE IIJmio
500MB 550円
1GB 1,298円 770円
2GB 858円
3GB 1,628円 2,178円 990円
4GB 1,078円
5GB 1,518円
6GB 1,320円
8GB 1,518円
10GB 1,958円 1,760円
12GB
15GB 2,728円 3,278円 1,848円
20GB 2,178円 2,068円
25GB 3,828円 4,158円

※価格はすべて税込

上記5社についてそれぞれ詳しく見ていきましょう。

UQモバイル

UQモバイル

【UQモバイルの概要表】

契約年数 なし
月額料金 ・くりこしプランS +5G(3GB):1,628円
・くりこしプランM +5G(15GB):2,728円
・くりこしプランL +5G(25GB):3,828円
通話オプション ・月間60分:550円
・10分かけ放題:770円
・24時間かけ放題:1,870円
実測値 ・平均下り速度:61.69Mbps
・平均上り速度:12.21Mbps
キャンペーン ・最大15,000円分au PAY残高還元キャンペーン
・オンラインショップ限定 最大5,000円分au PAY残高還元キャンペーン
・UQ応援割
・自宅セット割
・UQモバイル オンラインショップおトク割
・YouTube Premium 6カ月無料キャンペーン
・60歳以上通話割

※価格はすべて税込
みんなのネット回線速度のデータを引用

UQモバイルはauのサブブランドであり、auと同等の高品質な回線を使用できるため、格安SIMの中でも速度が安定しているのが特徴です。

全国的に取り扱い店舗が多いため、申込手続きやサポートを受けやすいのも魅力の1つです。また、月の余ったデータを翌月に繰り越せる点や、SNSをどれだけ使ってもデータ消費がゼロになる節約モードがある点も嬉しいポイントです。

60歳以上は無制限かけ放題の通話オプションが永年1,100円割引になったりと、音声サービスが充実しているのもおすすめな点です。

<UQモバイルのおすすめポイント>

・格安SIMの中では通信速度が速い
・プランがシンプルで分かりやすい
・完全かけ放題オプションがある
・自宅セット割などの各種割引が豊富
・取り扱い店舗数が多い
・口座振替に対応している

5/31まで!
学生も家族もおトクな「UQ応援割」受付中!

ワイモバイル

ワイモバイル

【ワイモバイルの概要表】

契約年数 なし
月額料金 ・シンプルS(3GB):2,178円
・シンプルM(15GB):3,278円
・シンプルL(25GB):4,158円
通話オプション ・10分 かけ放題:770円
・24時間 かけ放題:1,870円
実測値 ・平均下り速度:64.0Mbps
・平均上り速度:15.33Mbps
キャンペーン ・超PayPay祭!
・ワイモバ親子割
・おうちでんき2ヶ月無料
・もっとPay Payあげちゃう
・60歳以上通話ずーっと割引
・LINE MUSIC 6カ月無料

※価格はすべて税込
みんなのネット回線速度のデータを引用

ワイモバイルは、UQモバイル同様、大手キャリアのサブブランドとしての位置づけで、ソフトバンクのサブブランドで高品質な回線を利用できます。そのため、格安SIMの中でも速度が速く安定しています。

格安SIMでは数少ない家族割が適用できたり、ソフトバンク光やソフトバンクAirなどのネット回線とのセット割のおうち割を適用することで、月額料金をさらに安くすることができます。

ワイモバイルショップも全国に取り扱い店舗が多く、直接サポートを受けやすいです。

<ワイモバイルのおすすめポイント>

・格安SIMの中でも通信速度が速い
・料金プランがシンプルでわかりやすい
・PayPayなど、ソフトバンクやヤフー関連サービスとの親和性が高い
・家族割やおうち割が適用できる
・取り扱い店舗が多い
・完全かけ放題オプションがある

最安1円
最大36,000円引きセール実施中

mineo

mineo

【mineoの概要表】

契約年数 なし
月額料金 ・1GB:1,298円
・5GB:1,518円
・10GB:1,958円
・20GB:2,178円
通話オプション ・10分かけ放題:550円
・時間無制限:1,210円
実測値 平均下り速度:49.7Mbps
平均上り速度:9.09Mbps
キャンペーン ・デュアルタイプの申し込みで月額基本料金から3カ月間1,188円割引
・パケット放題 Plus最大2カ月無料キャンペーン
・端末価格割引キャンペーン

※価格はすべて税込
みんなのネット回線速度のデータを引用

mineoは3大キャリア回線に対応しており、キャリアで購入した端末でも基本的にSIMロック解除が不要です。

サービスに関しての疑問がある場合でも「マイネ王」でmineoユーザーの意見を聞けるので、周辺に店舗がない場合でも安心です。

データ容量をユーザー同士で分け合える「フリータンク」、データ容量を共有できる「パケットシェア」など、他社でも珍しい独自サービスが豊富なのも魅力です。

<mineoのおすすめポイント>

・ドコモ・au・ソフトバンクの回線に対応している
・コミュニティサイト「マイネ王」でmineoユーザーの意見が聞ける
・「フリータンク」によってmineoユーザー同士でパケットを分け合える
・「ゆずるね。」など独自サービスが充実している

OCN モバイル ONE

OCN モバイル ONE

【OCN モバイル ONEの概要表】

契約年数 なし
月額料金 ・500MB:550円
・1GB:770円
・3GB:990円
・6GB:1,320円
・10GB:1,760円
通話オプション ・10分 かけ放題:935円
・通話料上位3番号が無料:935円
・完全かけ放題:1,430円
実測値 ・平均下り速度:71.33Mbps
・平均上り速度:12.2Mbps
キャンペーンなど ・スマホ最安1円セール
・OCNアプリリリースキャンペーン
・買い替え応援プログラム

※価格はすべて税込
みんなのネット回線速度のデータを引用

OCN モバイル ONEでは、音声対応SIMとの端末を最安1円から、セール価格にて購入できます。端末を購入予定の人にはおすすめの格安SIMといえます。

3GBまでなら1,000円を切る月額料金で利用できるのも魅力の1つです。完全かけ放題オプションも他社より安めなので、安く運用したい人にはとにかく向いている格安SIMといえるでしょう。

速度に関しても、ドコモ回線の格安SIMの中ではトップクラスに安定しています。

<OCNモバイルONEのおすすめポイント>

・月額料金が安い
・スマホ端末代金が安い
・ドコモ回線の格安SIMの中でも通信速度が速い
・通信容量を最大5枚までのSIMカードに共有できる

IIJmio

IIJmio

【IIJmioの概要表】

契約年数 なし(最低利用期間あり)
月額料金 ・2GB:858円
・4GB:1,078円
・8GB:1,518円
・15GB:1,848円
・20GB:2,068円
通話オプション ・5分かけ放題:500円
・10分かけ放題:700円
・無制限:1,400円
実測値 ・平均下り速度:52.3Mbps
・平均上り速度:11.76Mbps
キャンペーン ・スマホ大特価セール
・端初期費用特典&データ増量特典
・通話定額割引特典
・対象スマホ購入で最大10,000円分のギフト券プレゼント

※価格はすべて税込
みんなのネット回線速度のデータを引用

株式会社インターネットイニシアティブが提供する老舗プロバイダの「IIJmio」。シンプルで格安な料金プランに定評のある格安SIMです。

IIJmioでは、現在通話オプションが13カ月間410円割引になるキャンペーンを実施中で、無制限のかけ放題オプションは月額990円で利用することができます。

プラン内容だけでなく、端末の安さもポイントとなる格安SIMなので、機種変更を検討されている方にもおすすめの格安SIMです。

<IIJmioのおすすめポイント>

・ドコモ・auの回線に対応している
・選べるデータ容量が幅広い
・かけ放題オプションがお得になるキャンペーンを実施中
・スマホ端末代金が安い

かけ放題オプションが安い格安SIMはどこ?

かけ放題オプションが安い格安SIMとは

格安SIMで利用できる「かけ放題オプション」には、いくつか種類があります。

1回の通話時間に縛りがあるタイプや月間の通話時間に縛りがあるタイプなど、事業者によって種類はさまざまです。

格安SIMによっては、完全かけ放題オプションを利用できるところもあります。

格安SIMごとにどのような違いがあるのか、比較しやすいよう表にまとめました。

【かけ放題オプションの比較表】

オプション名 月額料金
UQモバイル 1回10分かけ放題 770円
月間60分かけ放題 550円
完全かけ放題 1,870円
ワイモバイル 1回10分 かけ放題 770円
完全かけ放題 1,870円
mineo 1回10分かけ放題 550円
時間無制限 1,210円
OCN モバイル ONE 1回10分 かけ放題 935円
通話料上位3番号はかけ放題 935円
完全かけ放題 1,430円
IIJmio 1回5分かけ放題 500円
1回10分かけ放題 700円
かけ放題 1,400円

※価格はすべて税込

上記の表から、それぞれのかけ放題オプションで最安の格安SIMを以下にまとめました。かけ放題オプションを重視する方は、ぜひ参考にしてみてください。

<かけ放題オプション時間別 おすすめの格安SIM>

5分かけ放題:IIJmio
10分かけ放題:mineo
60分かけ放題:UQモバイル
無制限かけ放題:mineo

音声通話対応の格安SIMのメリット

音声通話ができる格安SIMのメリットと注意点

音声通話可能な格安SIMに申し込むなら、特徴を十分に掴んでおく必要があります。まずメリットについては、以下の3つです。

<音声通話対応の格安SIMのメリット>

①:お手頃な価格で利用できる
②:番号そのまま!乗り換え後も利用ができる
③:SMS機能がある

上記3つのメリットについて、それぞれ詳しく解説していきます。

メリット①:お手頃な価格で利用できる

音声通話が可能な格安SIMは、月額料金がキャリアよりお手頃な場合がほとんどです。実際にそれぞれ月額料金を比較しました。

【料金比較表】

※横にスクロールできます。

月額料金 通話オプション 合計金額
UQモバイル 3GB:1,628円 ・完全かけ放題:1,870円 3,498円(3GB+完全かけ放題)
OCNモバイルONE 3GB:990円 ・完全かけ放題:1,430円 2,420円(3GB+完全かけ放題)
ドコモ 3GB:2,728円 ・完全かけ放題:1,870円 4,598円(3GB+完全かけ放題)
au 4GB:3,278円 ・完全かけ放題:1,980円 5,258円(4GB+完全かけ放題)
ソフトバンク 3GB:4,378円 ・完全かけ放題:1,980円 6,358円(3GB+完全かけ放題)

※価格はすべて税込

このように同じ容量帯で契約する場合、1,000〜4,000円ほどキャリアより格安SIMのほうが安く運用できます。

メリット②:番号そのまま!乗り換え後も利用ができる

音声通話が可能な格安SIMは、MNP予約番号を発行することで乗り換え後も電話番号を変えずに利用できます。

電話番号が変わると仕事で困るという方も多いと思いますので、乗り換える際は必須といえるでしょう。

実際にMNP予約番号を発行する際は、15日間の有効期限がある点に注意してください。

また格安SIMによっては、10〜12日以上期限が残っていないと受付自体ができないこともあります。そのため、MNP予約番号を発行した際はできるかぎり早めに格安SIMに申し込むのがおすすめです。

メリット③:SMS機能がある

LINEなどの一部アプリでは、新規登録の際にアカウント認証が必要な場合があります。その際、SMS機能が必要となるのですが、格安SIMのデータSIMは対応していません。

しかし音声SIMではSMS機能があるので、LINEなどでも問題なく新規登録ができます。

音声通話対応の格安SIMの注意点

申し込みの際はメリットだけではなく、以下2つの注意点も理解しておきましょう。

<音声通話対応の格安SIMの注意点>

①:データ専用SIMよりも価格が高めに設定されている
②:かけ放題なしの通話料は高くなることが多い

注意点①:データ専用SIMよりも価格が高めに設定されている

音声通話可能なプランでは、データ専用プランより月額料金が高いケースがほとんどです。

どのくらい金額差があるのかわかりやすいように、プラン別に比較し、表にまとめました。

【データ専用SIMとの比較表】

データ専用SIM 音声SIM
mineo 1GB:880円
5GB:1,265円
10GB:1,705円
20GB:1,925円
1GB:1,298円
5GB:1,518円
10GB:1,958円
20GB:2,178円
OCN モバイル ONE 1GB:-
3GB:858円
6GB:1,188円
10GB:1,628円
500MB:550円
1GB:770円
3GB:990円
6GB:1,320円
10GB:1,760円
IIJmio ・2GB:748円
・4GB:968円
・8GB:1,408円
・15GB:1,738円
・20GB:1,958円
・2GB:858円
・4GB:1,078円
・8GB:1,518円
・15GB:1,848円
・20GB:2,068円

※価格はすべて税込

このように、格安SIMによって料金の違いに差があります。ただ、どの格安SIMでも音声SIMプランのほうが、月額料金が高いことは間違いありません。

注意点②:かけ放題なしの通話料は高くなることが多い

格安SIMではかけ放題を利用しない場合、30秒22円の通話料がかかります。

ただ、専用アプリを利用することで通話料を安くできたり、オプションでかけ放題にできるので、通話頻度に応じてオプション加入の有無を判断しましょう。

音声通話ができる格安SIMの申込方法

音声通話ができる格安SIMの申込方法

最後に、音声通話が可能な格安SIMに申し込む場合の手順についてご紹介します。

①必要なものを準備する
スムーズに手続きを進めるために、本人確認書類とMNP予約番号を準備しておきましょう。
②申し込みをする
料金プランの選択とお客様情報の入力をします。端末を購入する場合は、このタイミングで申し込みをしておきましょう。
申し込みには本人確認書類の提示が必須なので、事前に準備していたものを提出してください。
③SIMカードと端末が届く
申込内容に不備がなければ、SIMカードと端末が登録した住所に届きます。
到着までの期間は住所によって異なるので、しばらく待ちましょう。おおよそ2〜3日を目安に届きます。
④初期設定をする
端末にSIMカードを挿し、初期設定を済ませましょう。
このタイミングでMNP切り替え手続きも各契約先から行っておきます。MNP切り替えは、電話やWEBから手続きできます。
⑤利用開始する
ネットワークの初期設定とMNP切り替え手続きが完了すれば、利用開始です。

まとめ

今回は、格安SIMで音声通話がしたいと考えている人に向けて、おすすめの業者やメリット・注意点について詳しく解説してきました。

結論をいうと、おすすめの格安SIMは以下の5社です。

<おすすめの音声通話対応の格安SIM>

・UQモバイル
・ワイモバイル
・mineo
・OCNモバイルONE
・IIJmio

料金に関しては、かけ放題オプションの有無やキャンペーンを考慮した実質月額を考えましょう。また、料金だけでなく、通信速度の安定性やサービス面の充実度も考慮して選ぶことをおすすめします!

毎月のスマホ料金を安くしたい方は、ぜひプロに無料相談ください!

キシュヘン

ネットで色々なスマホプランを調べても、結局どのプランが自分に合っているのか迷いますよね。

そんな方は、直接プロに相談するのも手段の1つ!

モバレコの運用する「キシュヘン」であれば、チャットで最短3分と手軽に相談できるのでおすすめです。

しかも相談手数料は無料、営業活動も一切ないため安心して利用できます。

スマホプランに目星がついている方もぜひ一度、活用してみてはいかがでしょうか!

この記事を書いた人(編集:モバレコ編集部)

モバレコ編集部

モバレコ編集部

スマホ、ケータイ、docomo、au、ソフトバンク、格安SIMに関する総合情報メディア「Mobareco-モバレコ」の記事コンテンツの制作を監修。スマホのレビュー、サービス解説、ライフハックからトラブルシューティングガイドなどの幅広いジャンルのコンテンツディレクションを手掛ける。『スマホをもっとわかりやすく。もっと便利に。』ユーザー目線に沿ったコンテンツを発信中。Twitter:@mobareco_jp

Let's Share!

  • Twitter シェアアイコン
  • facebook シェアアイコン
  • はてなブックマーク シェアアイコン
  • Pocket シェアアイコン