ドコモから格安SIMへ後悔・失敗なしで乗り換え(MNP)をするためのポイント・手順を徹底解説!

書いた人: がねりん

カテゴリ: SIMカード

ツイート このエントリーをはてなブックマークに追加
ドコモから格安SIMへ乗り換え(MNP)

ドコモを契約している人で毎月7,000円〜8,000円以上支払っている、なんて人も多いのではないでしょうか。年間だと約8万円以上にもなるため、かなり高額・・・。

私も以前はドコモを利用していたため、毎月7,000円以上の出費の痛さはすごくわかります。月額料金をなるべく安くしたいですよね。ドコモのプランを変更して安くするのもアリですが、『格安SIM』に変えてみるという選択肢をおすすめします。

毎月7,000円以上かけていた私も、格安SIMに変えてからは半額以下に!することができたからです。

しかも、2年契約もないため、別の格安SIMに変えようと思ったら早めに切り替えることができる状況なのも重要なポイントです。とは言っても、

・『具体的にどれだけ安くなるのか』
・『どうやって乗り換え手続きをするのか』
・『MNPって何なのか?』

など、実際わからないという人も多いのではないでしょうか。今回は、ドコモから格安SIMへ乗り換え(MNP)へ後悔・失敗なしで乗り換え(MNP)をするためのポイント、手順を徹底解説します

目次:

後悔しない為にドコモから格安SIM(スマホ)へ乗り換える前に確認しておくべきこと

失敗・後悔なしでよりお得にドコモから格安SIMへ乗り換えをする為に、またそもそも格安SIMについて詳しく知らないという人の為に、乗り換え前に確認しておくべきポイントをまとめましたので、確認していきましょう。

ドコモから格安SIM(スマホ)にすると料金はどれだけ安くなるのか

ドコモから格安SIMにするとどれくらい料金はどれくらいになる?

まずはドコモから格安SIMに乗り換えた場合、どれだけ料金が安くなるのか確認しましょう。今回は例として、「ドコモとBIGLOBEモバイル」で比較します。

基本料金は通話プランを選べる『基本プラン』と通信量を選べる『パケットパック』の組み合わせかでも変動します。今回は両者以下の通話基本プランで比較します。

ドコモ ギガライト(~3GB) 3,980円
BIGLOBE 音声通話SIM 3ギガプラン 1,680円
差額 1,300円

※料金は税別表記

1ヶ月の場合で計算してみると、BIGLOBEモバイルに変えるだけで、毎月のスマホ料金が1,300円も安くなります!仮にBIGLOBEでんわなどのオプション(650円/月)を付けたとしても、十分お得に利用できます。

2年間の総額で言えば、単純計算でも55,000円程の差額が生まれます。この差額分でスマホ1台を新規で購入することも可能な金額です。

プランによって料金差は変わりますが、ドコモの中でも比較的安いプランと、BIGLOBEモバイルの標準プランでここまで差が出るのです。毎月データ通信をあまり使わないなら、より安いプランも選択できるため、グ〜〜ンとお得に利用することもできますよ。

ドコモから格安SIM(スマホ)へ乗り換えるデメリット

これはキャリアから格安SIMへ乗り換える際のデメリットとして言えることなのですが、一番は通信速度の問題があげられます。

もちろん使用する環境や契約会社によって左右されますが、格安SIMはキャリアの通信回線を間借りして提供する通信サービスなので、利用が混み合う地域や時間帯で速度が著しく変動する傾向にあります。

料金が安い一方で通信品質はキャリアには劣るので、快適な通信でストレスフリーに使いたい人には気になるデメリット要素となるでしょう。

キャリアのサービスが使えなくなる!

その他、ドコモから格安SIMに乗り換えると、キャリアメールなど今までドコモのサービスとして使っていたものが継続して使えなくなるサービスもあります。

・キャリアメール(・・・docomo.ne.jp)
・LINEのID検索
・※おサイフケータイのiD

上記の3点は、格安SIMに乗り換えることで使えなくなる可能性があります。格安SIMの場合、メールは基本Gmailなどのフリーメールを利用することになります。LINEのID検索も「LINEモバイル」であれば引き続きできますが、他の格安SIMでは利用できなくなります。

おサイフケータイに対応しているSIMフリースマホもまだ少ないため、乗り換えにあたりスマホも変える人は注意が必要です。

ドコモから格安SIM(スマホ)にする場合の電話帳やLINEはどうなるのか

格安SIM(スマホ)へ移行する場合の電話帳は、クラウドバックアップサービスやアプリ、microSDなどの様々な手段を活用して引き継ぐことが可能です。

以下の関連記事にてデータのバックアップ方法については詳しく解説していますので、一度ご参照下さい。

LINEのアカウントは、ドコモから格安SIMへ乗り換えるにあたって電話番号を継続するのであれば、登録メールアドレスや電話番号とアカウントを紐付けておけば引き継ぐことが可能です。

スマホ自体新しくする人や、トーク履歴も引き継ぎたいという人も多いことと思いますので、こちらも以下関連記事にて画像付きで詳しい移行手順をまとめているので、ご参照下さい。

ドコモから格安SIM(スマホ)へ乗り換えるべきタイミング

ドコモから格安SIMへよりお得に乗り換え(MNP)をするためには、適切なタイミングで手続きを進めることがポイントです。

ドコモでは2019年10月1日より、違約金が1,000円となる新プランを提供スタートしますが、そもそもまだ旧プランユーザー / シェアプランユーザーという方も多いはずです。

2年契約の場合は、更新月以外での解約をする場合は9,500円の違約金が発生してしまう為、なるべく更新月の期間内での乗り換えをするべきです

また、乗り換え先の格安SIMの初月請求が日割りにならない場合は、なるべく月初で乗り換えをしたいところ。開通月の請求内容もチェックしておきましょう。

利用するスマホを選ぶ

利用するスマホを選ぶ

格安SIMで使えるスマホの選択肢は以下の通り。

・SIMフリースマホ
・今利用しているスマホ
・中古スマホ
・セット販売で購入できる『格安スマホ』

この中で選びやすいのが『SIMフリースマホ』か『格安スマホ』です。どちらも格安SIMに対応しているため、問題なく利用が可能。ただ、『今利用しているスマホを使いたい』という方もいます。

今利用しているスマホも、ドコモで購入したスマホであれば原則そのまま使えるものもありますが、それ以外のキャリア端末の場合は基本的にSIMロックを解除しなければいけません。

2015年5月以降に発売されたスマホをSIMロック解除する場合は、『ドコモに問い合わせ』ればSIMロックの解除を行えます。ただしSIMロック解除には、以下のことが条件となっているので注意しましょう。

・契約者本人であること
・端末購入日から100日以降
(※端末一括購入であれば即日可能)

2015年5月より前の2011年4月~2015年2月に発売された機種の場合、同様に手続きができるのですが、『SIMロック解除機能を搭載したスマホ』が条件となっています。

2015年5月以降に発売された機種に関してはこちらからチェック可能です。

ドコモからの乗り換えにおすすめの格安SIM6選

ドコモからの乗り換えにおすすめの格安SIMはドコモ回線のプランを提供する格安SIMです。

auやソフトバンク回線の格安SIMと比較して、ドコモ回線の格安SIMは、提供している事業者数が多い一方でユーザーが多い為、通信速度が少し遅い傾向があります。

しかし、ドコモの端末をSIMロック解除不要でそのまま使える(※一部例外あり)ので、手続きがとてもスムーズなのです。

今回はそんなドコモ回線の格安SIMの中から、人気・知名度、速度、キャンペーンや料金を総合的に加味して、おすすめの格安SIM6社を厳選してご紹介します。

1.BIGLOBEモバイル タイプD

BIGLOBEモバイル
BIGLOBEモバイル

BIGLOBEモバイル」は老舗インターネットプロバイダーの「BIGLOBE」ブランドの格安SIM。OCN モバイル ONEと同様に古くからMVNO事業を始めており、au回線を使用したプランをスタートさせるなど今勢いのある会社です。

データSIMは口座振替にも対応しているため、クレジットカードを持っていない方でも契約可能。

1番人気はYouTubeやAbemaTV、Apple Music、Google Play Musicの通信量をカウントしない「エンタメフリー・オプション」。オプション料金は音声プランが月額480円、データ通信専用プランが月額980円。3GB以上のプランの加入で利用できます。

直近3日間の速度制限はありません。

BIGLOBEモバイルのおすすめポイント

・データSIMなら口座振替に対応
・YouTubeなどが見放題「エンタメフリー・オプション」が便利
・直近3日間制限はなし

初期契約費用 3,394円 MNP転出手数料 3,000円
最低利用期間
(音声通話プラン)
12ヶ月※1 最低利用期間
(データ通信専用)
なし
国内通話料 20円 / 30秒 国内SMS送信料 3円~ / 通
翌月データ繰り越し あり プラン変更
テザリング
(対応端末要確認)
SIMカード追加 最大4枚まで
データ容量追加 100MBごとに300円 対応SIMサイズ 標準/micro/nano
最大通信速度 下り最大788Mbps
上り最大50Mbps
使用回線 ドコモ
支払い方法 クレジットカード、口座振替※2 無料Wi-Fiスポット あり
通信速度制限 直近72時間(3日間)の通信量制限はナシ
※公平な通信速度を維持するために通信速度を制限する場合アリ

※1:利用開始月を1ヶ月目として12ヶ月目まで
※2:口座振替はデータ通信専用プランのみで書面の手続きが必要。1回線につき200円/月の手数料が発生

●データ通信専用(タイプDのみ/インターネットやメールやLINEなどのデータ通信のみ)

プラン名 データ通信量 月額料金
3ギガプラン 3GB 900円~
6ギガプラン 6GB 1,450円~
12ギガプラン 12GB 2,700円~
20ギガプラン 20GB 4,500円~
30ギガプラン 30GB 6,750円~

●データ通信+SMS付き(データ通信専用にSMS機能がついたプラン。認証などに必要な場合も)

プラン名 データ通信量 月額料金
3ギガプラン 3GB 1,020円~
6ギガプラン 6GB 1,570円~
12ギガプラン 12GB 2,820円~
20ギガプラン 12GB 4,620円~
30ギガプラン 12GB 6,870円~

●音声通話機能付き(データ通信と通話が出来るプラン)

プラン名 データ通信量 月額料金
音声通話スタートプラン 1GB 1,400円~
3ギガプラン 3GB 1,600円~
6ギガプラン 6GB 2,150円~
12ギガプラン 12GB 3,400円~
20ギガプラン 12GB 5,200円~
30ギガプラン 12GB 7,450円~

→ BIGLOBEモバイル公式はこちらBIGLOBEモバイル

2.楽天モバイル

楽天モバイル
楽天モバイル

通販サイトの楽天市場を運営する楽天が出した格安SIM「楽天モバイル」。格安SIM事業は後発ながら、端末セットのコミコミプランや様々なキャンペーンにより利用者数を伸ばし、格安SIMシェア1位を獲得しました。

利用料金に応じて楽天スーパーポイントが貯まり、ポイントを月額料金や端末購入代金に充てることができます。

以前は直近3日間制限により評判が良くなかったですが、現在では制限が撤廃されて速度も少しずつ出るようになっています。

支払い方法はクレジットカード以外にも、一部デビットカード(楽天銀行デビットカード・スルガ銀行デビットカード)や口座振替も利用可能。支払い額に応じて楽天スーパーポイントが貯まり、月額料金の支払いや端末購入代金に使えます。

楽天モバイルのおすすめポイント

・利用料金に応じて楽天スーパーポイントが貯まる
・貯まったポイントを月額料金や端末購入代金に使える
・一部デビットカードや口座振替に対応

初期契約費用 3,394円 MNP転出手数料 3,000円
最低利用期間
(音声通話プラン)
プランにより異なる※1 最低利用期間
(データ通信専用)
なし
国内通話料 20円 / 30秒 国内SMS送信料 3円~ / 通
翌月データ繰り越し あり プラン変更 △※2
テザリング
(対応端末要確認)
SIMカード追加 最大4枚まで
データ容量追加 100MBにつき300円 対応SIMサイズ 標準/micro/nano
最大通信速度 下り最大500Mbps
上り最大50Mbps
使用回線 ドコモ
支払い方法 クレジットカード、デビットカード、口座振替※3 無料Wi-Fiスポット なし※4
通信速度制限 なし
※公平な通信速度を維持するために通信速度を制限する場合アリ

※1:スーパーホーダイ・長期優待ボーナスの場合12ヵ月~36ヶ月。申し込み時に選択したプランによって最低利用期間が異なります。
※2:コミコミプランから組み合わせプランに変更する際は可能。組み合わせプランに変更した後に再度コミコミプランに変更することはできない。
※3:デビットカードは「楽天銀行デビットカード」「スルガ銀行デビットカード」の登録が可能。それ以外のデビットカードでは登録不可。口座振替では支払い手数料として月額100円が発生します。
※4:楽天モバイルWiFi by エコネクト(月額362円)で利用可能

→ 楽天モバイル公式はこちら

3.LINEモバイル

LINEモバイル
LINEモバイル

コミュニケーションツール「LINE」の格安SIM「LINEモバイル」では、LINEやTwitter・Facebook・InstagramなどのSNSが使い放題になるカウントフリー機能が特徴です。データ容量を消費しやすい画像や動画コンテンツの通信量がゼロになるため、データ容量の節約に繋がります。

データ通信専用プランはなく、SMS機能付きプランと音声通話機能付きプランのみ提供されています。格安SIMでもLINEの年齢認証が行えたり、LINE Payの支払いに対応しているなど、自社サービスとの連携が便利です。

データプレゼントにより月の途中で容量が不足しそうになっても友達や家族に助けてもらうことも可能です。

LINEモバイルのおすすめポイント

・LINEやSNSが使い放題のカウントフリーに対応
・MVNOで唯一LINEの年齢認証に対応
・LINE Payで料金の支払いに対応

初期契約費用 3,394円 MNP転出手数料 3,000円
最低利用期間
(音声通話プラン)
12ヶ月※1 最低利用期間
(データ通信専用)
なし
国内通話料 20円 / 30秒 国内SMS送信料 3円~ / 通
翌月データ繰り越し あり プラン変更
テザリング
(対応端末要確認)
SIMカード追加 最大4枚まで
データ容量追加 500MBにつき500円
1GBにつき1,000円
3GBにつき3,000円
対応SIMサイズ 標準/micro/nano
最大通信速度 非公開 使用回線 ドコモ
支払い方法 クレジットカード、LINE Pay 無料Wi-Fiスポット なし※2
通信速度制限 なし
※公平な通信速度を維持するために通信速度を制限する場合アリ

※1:利用開始月を1ヶ月目として12ヶ月目まで
※2:Wi-Fiオプション(月額200円)で利用可能

→ LINEモバイル 詳細はこちら

4.OCN モバイル ONE

OCN モバイル ONE
OCN モバイル ONE

OCN モバイル ONE」はNTT系列の会社が運営する格安SIM。格安SIMが普及する前から事業を展開しており、インターネットプロバイダーの「OCN」のブランドを掲げた信頼のある会社です。

音声通話プランの最低利用期間が6ヶ月と短く、他社ではまだ少ない日別のプランや低速大容量プランなども選べます。支払い方法にデビットカードや口座振替を選べる数少ない会社です。直近3日間の速度制限がないのも魅力です。

特筆すべき項目は少ないものの、他社に有る機能やサービスは一通り揃っているため、格安SIM初心者にオススメです。

OCN モバイル ONEのおすすめポイント

・デビットカードや口座振替に対応している
・音声通話SIMの最低利用期間が短い
・直近3日間制限はなし

初期契約費用 3,394円 MNP転出手数料 3,000円
最低利用期間
(音声通話プラン)
6ヶ月※1 最低利用期間
(データ通信専用)
なし
国内通話料 20円 / 30秒 国内SMS送信料 3円~ / 通
翌月データ繰り越し あり プラン変更
テザリング
(対応端末要確認)
SIMカード追加 最大4枚まで
データ容量追加 0.5GBごとに500円 対応SIMサイズ 標準/micro/nano
最大通信速度 下り最大788Mbps
上り最大50Mbps
使用回線 ドコモ
支払い方法 クレジットカード、デビットカード、口座振替 無料Wi-Fiスポット あり
通信速度制限 直近72時間(3日間)の通信量制限はナシ
※公平な通信速度を維持するために通信速度を制限する場合アリ

※1:利用開始月を1ヶ月目として6ヶ月目まで

→ OCNモバイルONE公式はこちらOCNモバイルONE

5.IIJmio

IIJmio
IIJmio

IIJ(インターネットイニシアティブ)が提供する「IIJmio」は、古くからインターネットプロバイダーとして評判の高い老舗の会社です。格安SIMシェア第2位でその通信品質は高い評価を得ています。

家族間(同一mioID)だと通話時間が伸びる通話定額オプション大容量オプション低速時のバースト転送機能など便利なオプションやサービスを多く揃えており、MVNO事業の最先端を行く会社です。最新端末やOSアップデートの動作確認をいち早く行い、取扱端末の数もNo.1です。

高速通信時では速度制限はありませんが、低速通信時に直近3日間で366MBを超えた場合はさらに速度が制限されるため注意しましょう。

IIJmioのおすすめポイント

・高い通信品質に定評がある
・通話定額オプションは家族間(同一mioID)だと通話時間が伸びる
・対応端末を多く取り扱っている

初期契約費用 3,394円 MNP転出手数料 3,000円
最低利用期間
(音声通話プラン)
なし※1 最低利用期間
(データ通信専用)
1ヶ月
国内通話料 20円 / 30秒 国内SMS送信料 3円~ / 通
翌月データ繰り越し あり プラン変更
テザリング
(対応端末要確認)
SIMカード追加 プランにより異なる※2
データ容量追加 100MBごとに200円 対応SIMサイズ 標準/micro/nano
最大通信速度 下り最大788Mbps
上り最大50Mbps
使用回線 ドコモ
支払い方法 クレジットカード 無料Wi-Fiスポット あり
通信速度制限 最大200kbpsの通信が3日間で366MBを超えた時

※1:最低利用期間とは別に、利用期間に応じた音声通話機能解除調定金(最大12,000円 (税抜))が発生します。
※2:ミニマムスタートプラン・ライトスタートプランは最大1枚、ファミリーシェアプランは最大9枚追加可能

●データ通信専用(タイプD)(インターネットやメールなどのデータ通信のみ。タイプDはdocomo回線)

プラン名 データ通信量 月額料金
ミニマムスタートプラン 3GB 900円~
ライトスタートプラン 6GB 1,520円~
ファミリーシェアプラン 12GB 2,560円~

●音声通話機能付き(タイプD)(通話が出来るプラン。タイプDはdocomo回線)

プラン名 データ通信量 月額料金
ミニマムスタートプラン 3GB 1,600円~
ライトスタートプラン 6GB 2,220円~
ファミリーシェアプラン 12GB 3,260円~

→ IIJmio公式はこちら

6.mineo

mineo
mineo

mineo」は関西電力のグループ会社であるケイ・オプティコムが運営している格安SIM。ドコモ回線とau回線に対応したマルチキャリア対応の会社です。格安SIMでは数少ない最低利用期間と違約金がない会社のため、気軽に通信サービスを試す事ができます。

500MB~30GBまで豊富なプランから選ぶことができ、余ったデータ容量を繰り越したり家族や友人、mineoユーザー同士でシェアできるのが最大の特徴です。分からないことがあればコミュニティサイト「マイネ王」で質問・相談できるので、初心者にもオススメです。

mineoのおすすめポイント

・500MB~30GBまで豊富なプランから選べる
・データ容量を家族や友達、mineoユーザー同士でシェア可能
・困ったことがあれば「マイネ王」で相談できる

初期契約費用 3,394円 MNP転出手数料 2,000円
(利用開始12ヶ月以内は11,500円)
最低利用期間
(音声通話プラン)
なし 最低利用期間
(データ通信専用)
なし
国内通話料 20円 / 30秒 国内SMS送信料 3円~ / 通
翌月データ繰り越し あり プラン変更
テザリング
(対応端末要確認)
SIMカード追加 最大4枚まで
データ容量追加 100MBにつき150円 対応SIMサイズ 標準/micro/nano
最大通信速度 下り最大788Mbps
上り最大50Mbps
使用回線 ドコモ
支払い方法 クレジットカード、口座振替※2 無料Wi-Fiスポット なし
通信速度制限 なし

※1:利用開始月を1ヶ月目として12ヶ月目までに転出すると11,500円、13ヶ月目以降に転出すると2,000円
※2:eo光ネット利用中の方で預金口座振替の支払い方法を選択している場合は同様の支払い方法を継続可能

●データ通信専用(Dプラン:ドコモを利用していた方向け)

プラン名 データ通信量 月額料金
シングルタイプ 500MB 500MB 700円
シングルタイプ 3GB 3GB 900円
シングルタイプ 6GB 6GB 1,580円
シングルタイプ 10GB 10GB 2,520円
シングルタイプ 20GB 20GB 3,980円
シングルタイプ 30GB 30GB 5,900円

●音声通話機能付き(Dプラン:ドコモを利用していた方向け)

プラン名 データ通信量 月額料金
デュアルタイプ 500MB 500MB 1,310円
デュアルタイプ 3GB 3GB 1,510円
デュアルタイプ 6GB 6GB 2,190円
デュアルタイプ 10GB 10GB 3,130円
デュアルタイプ 20GB 20GB 4,680円
デュアルタイプ 30GB 30GB 6,600円

→ mineo公式はこちらmineo

ドコモから格安SIMへ乗り換え(MNP)をする手順

「格安SIMへの乗り換えって大変そう・・・。」と思う方も多いかと思いますが、これから説明する要点だけをおさえてすすめれば失敗のない乗り換えができます。

MNPの手続き(転出、転入)

MNPの手続き(転出、転入)

ドコモでの電話番号を継続する為には「MNP予約番号」をドコモにて発行し、乗り換え先の格安SIM申し込み時に提出する必要があります。流れとしては以下の通り

①ドコモでMNP予約番号を取得する(転出手続き)
②MNP予約番号の有効期限内に格安SIMを契約する(転入手続き)

以上となっています。MNP予約番号はユーザー用ポータルサイトであるMy docomo』から取得可能となっています。MNP予約番号が取得できれば、好きな格安SIMと契約するだけ。手続きは非常に簡単です!

MNPの注意点

手続きは簡単なのですが、MNPの手続きをする際、いくつか注意点があります。

MNPには手数料がかかります。MNPが完了した際、新しく契約するMVNOへ3,000円の事務手数料がかかることは覚えておきましょう。

そして、有効期限はMNP予約番号を発行した日から15日間となっています。なので、その期限内に新しいMVNOと契約しなければ再発行することとなってしまいます。ちなみに、あくまでMNP予約番号の取得は解約の1歩手前。解約完了したわけではないので、くれぐれも解約期間の2ヶ月をはみ出ないようにしましょう。

・事務手数料が3,000円かかる
・有効期限を確認する

SIMカードの挿入~設定

SIMカードの挿入~設定

MNPが完了した後は、SIMカードが手元に届くのを待ちましょう。到着したら後は、以下の作業を行うだけです。

・SIMカードの挿入
・APN設定

SIMカードの挿入は用意したスマホの挿入口に差し込むめば完了です。ただSIMフリースマホの場合、このままではネット回線が使用できないため、APN設定をします。APN設定の詳しい手順は別の記事で紹介しているので参考にしてください。

APN設定が完了すれば、晴れて格安SIMユーザーの仲間入りです!お得な格安SIMライフを楽しんでください。

まとめ

序盤で説明した通り、格安SIMに乗り換えれば月額数千円も節約できます。年間にして数万円もお得に。これだけお金が浮けば、その分ちょっとした贅沢も楽しめちゃいますね!

それに、ドコモからの乗り換えなら、MVNOの通信事業者もドコモ回線が多いため利用できるものも幅広いです。いろんな選択肢の中で料金からサービスまで自分に合ったものを選べるのも魅力的。

ドコモの料金を見直したいと思っているのなら、格安SIMという選択肢も視野に入れてみてはいかがでしょうか。

こちらの記事はいかがでしたか?

お役に立ちましたか?

送信する

もしよろしければお友達に
ご紹介お願いします!

  • ツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

特集コンテンツ

d-card

docomoのギガホ・ギガライト

Y!mobile 公式オンラインストアなら「限定商品!」「送料無料!」「24H受付OK!」

この記事を書いた人(編集:モバレコ編集部)

姫路在住のフリーライター。ガジェット系や格安SIM系はもちろん、婚活体験記など幅広く執筆しています。体験記事が1番得意。1日の大半Twitterにいます。書いてきた記事は実績ページから見てみてください!Twitter:@arcticmonckys