格安SIMのココが欠点!後悔しないための格安SIMのデメリットまとめ

書いた人: とくめい

カテゴリ: ガイド, 格安SIM

ツイート このエントリーをはてなブックマークに追加



格安SIMのココが欠点!後悔しないための格安SIMのデメリットまとめ

1. クレジットカード決済のみのところが多い

クレジットカード決済のみのところが多い

格安SIMの料金の支払いには多くの場合クレジットカードが必要です。クレジットカードを持てない学生さんや現金主義の方などは格安SIMを契約したくても出来ないことがあります。

mineo(マイネオ)BIGLOBE SIMなど、一部のデビットカードや口座振替に対応している事業者も存在しますが、あまり数は多くありません。格安SIMを検討している方はクレジットカードを作っておいたほうが無難です。

格安SIMを使うためのポイントその1:クレジットカードを用意する

2. 数日使えない期間がでる

キャリアから格安SIMへMNPするとき、MNP転入の申し込みをしてから数日間、電話が一切使えないという欠点があります。具体的には格安SIMの手続きが完了したタイミングで手元にある乗り換え前のSIMが繋がらなくなり、そこから新しいSIMカードが届くまでは電話の受発信が行えません。

一部の格安SIMでは、UQ mobileの「UQスポット」のような即日開通できる実店舗が存在します。店舗まで出向く手間はあるものの、不通期間がなくその日の内に新しいSIMを受け取れるメリットがあります。最近ではSIMカードが届いたらウェブ上で回線切替手続きを行えるSIMも増えているので、電話をよく使う方は即日開通できるSIMを選びましょう。

格安SIMを使うためのポイントその2:即日開通に対応した格安SIMを選ぶ

3. キャリアが提供するサービスが使えない

格安SIMはキャリアで提供されているサービスが使えません。格安SIMはドコモやauのネットワークを利用しているものですが、運営している会社は大元のキャリアとは別会社のためです。

徐々に普及し始めている「dポイント」や「au WALLETポイント」はドコモやau回線と紐付いているため、乗り換えたタイミングでポイントが失効されてしまいます。(ただしdアカウントの継続利用手続きをすればdポイントは失効されません。)ポイントが貯まっているようなら乗り換え前に使いきっておきましょう。

キャリアが提供するサービスが使えない

また、毎月の携帯料金と合算して支払い可能なキャリア決済。有料アプリの購入や課金に使える便利なサービスとあって利用者も多いと思いますが、格安SIMではキャリア決済も使えなくなります。
格安SIMへ乗り換えたあとはクレジットカードやiTunesカード・Google Playギフトカードなどのプリペイドカードを使ってチャージする必要があります。

一方で、コンテンツの紐付けに使うドコモの「docomo ID」の取得はできます。そのため、格安SIMに乗り換えてもdビデオやdアニメストアなどの有料の映像コンテンツなどを引き続き楽しめます。

格安SIMを使うためのポイントその3:キャリアのポイントは使いきっておく

4. キャリアメールが使えない

キャリアメールが使えない

キャリアが提供するコンテンツの中でも利用者の多い「キャリアメール」は使えなくなると困る方も多いのではないでしょうか。キャリアメールとは「~@docomo.ne.jp」「~@ezweb.ne.jp」「~@softbank.ne.jp」といったメールアドレスのことで、格安SIMに乗り換えると、これらのキャリアメールも使えなくなってしまいます。

代替サービスとして、Gmailなどのフリーメールや、格安SIMが提供する独自のメールサービスを利用しましょう。(例えばmineoでは~@mineo.jpというアドレスが発行されます。)GmailであればGoogleアカウントがあればすぐに使えるのでおすすめです。

格安SIMを使うためのポイントその4:フリーメールや格安SIMのメールサービスを利用する

キャリアメール宛てのメール送信に要注意

一度設定が完了したらこれまで通りメールの送受信が行えますが、キャリアメール宛にメールを送信するときは要注意。キャリアメールには標準で迷惑メールのブロック機能が設定されていて、キャリアメールやPC向けメールアドレスからの受信をブロックしている可能性があります。送ったのに迷惑メールフィルターで自動でブロックされてしまい相手に届いていない可能性が出てきます。

迷惑メールはキャリアメール以外の送り先から届くことが多いので、今でもブロックしている人が多くいます。正しく届くようにするには、迷惑メールのブロックを解除してもらうか、メールアドレスを除外設定してもらう必要があります。

携帯メールアドレスがなければ登録できないサービスも存在するため、キャリア回線を解約する前に支障がないか確認してから乗り換えましょう。

5. LINEでID検索ができない

LINEでID検索ができない

格安SIMでも、通常どおりLINEのトークや無料通話を利用できます。しかし、LINEで友だちを探したり追加したい場合にLINEのID検索はできません。ID検索を利用するには契約キャリアでの年齢認証が必要となり、格安SIMではキャリアの年齢認証ができない仕様になっているためです。2016年秋からサービス提供を開始した「LINEモバイル」なら、唯一ID検索が可能です。

友だちを登録したい場合は、近くにいる相手となら「ふるふる」や「QRコードリーダー」を、離れた相手となら、QRコードリーダーから”自分専用のURL”を発行することで登録してもらうことができます。

格安SIMを使うためのポイントその5:LINEの友だち登録は”自分専用URL”で

6. 家族割や通話定額プランが少ない

キャリアでは当たり前のようにある家族割ですが、格安SIMでは家族間の通話料やCメールの送受信が無料になるプランは今のところありません(2016年5月時点)。

ただ、1つのプランで複数のSIMカードを発行して1枚あたりの料金を安くしたり、IP電話を利用して通常料金の半額にすることは可能です。

国内通話料が半額になる「BIGLOBEでんわ」

国内通話料が半額になる「BIGLOBEでんわ」

格安SIMへ乗り換えてから通話定額がないプランにしてしまい、通話料が高くなった分あまり安くならなかったという話も聞きます。BIGLOBEが「BIGLOBEでんわ」などの国内通話料が半額になる通話アプリなどを導入しているので、通話が多い方はこちらがおすすめです。

格安SIMを使うためのポイントその6:通話割引サービスや定額オプションを利用する

7. iPhoneなど一部機種でテザリングが使えない

一部機種でテザリングが使えない

ドコモのAndroid端末では格安SIMを使ったテザリングが利用できません。テザリングを起動するとAPN設定がドコモ純正のSPモードに強制的に切り替えられてしまうためです。そのため、テザリングを行うにはSIMフリースマホを使うか、iOS8以降のiPhoneを使う必要があります。

逆に、auの場合はAndroid端末ではテザリングができますが、iPhoneではテザリングができません。。この仕様はSIMロックを解除しても同様です。SIMフリースマホであればテザリングは使えますが、auのネットワークに対応した端末が少ないのが現状です。

格安SIMを使うためのポイントその7:テザリング対応機種を確認しておく

8. 通信速度が遅くなりやすい

通信速度が遅くなりやすい

格安SIMはキャリアから間借りした電波帯域を使用して提供しているため、大元であるキャリアと比べると通信速度が遅くなったり、通信制限が厳しいことがあります。特に利用者が多いお昼12時~13時頃だと通信速度が軒並み1Mbpsを下回り、動画視聴などが難しい状態になることも。

各社ユーザーの多さや帯域の量などによって速度が変わるため、スムーズに通信できずイライラしてしまうことがあるかもしれません。

モバレコでは、主要MVNO各社の格安SIM速度ランキングを実施しています。この中でもUQ mobile10週以上連続でトップを走り続け、優秀な成績を収めています。

利用環境や時間帯などによっても左右されますが、格安SIMを選ぶ上で「通信速度」も1つの参考にしてみてください。

格安SIMを使うためのポイントその8:通信速度が遅い時間帯に要注意

9. 故障したときのサポートが不十分

キャリアでは全国各地にショップが設置されているので、契約やプラン変更、さらには操作説明や端末の修理や保障などを店頭窓口で相談できます。一方、格安SIMではまだまだ店頭窓口でサポートを行うところが少なく、サポートは十分とは言い切れません。サイト上での申し込みや電話・メールで連絡することになります。

また、スマホの画面が割れてしまったなど故障トラブルが発生したとき、これまではショップに駆け込んだら修理を受け付けてくれて代替機を用意してくれました。しかし、格安SIMに乗り換えると端末とSIMのサポートは別々になるため、故障した際にはメーカーに直接連絡をして、修理依頼をするか新しく買い替えないといけません。

ただ、最近になって保証サービスを提供するMVNOも増えてきました。たとえばmineoでは、SIMカードと端末をセットで購入する場合、端末の保証サービスを契約することができます。SIMカードのみ購入した場合も、持込端末の保証サービスが適用でき、iPhoneも修理対応の対象機種となっています。

格安SIMを使うためのポイントその9:サポートサービスのある格安SIM事業者を選ぶ

10. 乗り換えたあと初期設定が必要

キャリアで端末を購入したときは店員さんが最後まで案内して対応してくれますが、格安SIMでは基本的にウェブ上での申し込みです。届いたあとは自分で開通手続きや初期設定などを行わないと使えません。初心者がつまづきやすいAPN設定は詳しい人が近くにいないと中々うまくいかないことが多いです。下記のリンクではiPhone、AndroidそれぞれのAPN設定方法を解説しています。ぜひ参考にしてみてください。

格安SIMを使うためのポイントその10:開通手続きや初期設定は自分で行う

11. 回線と端末の相性など初心者にはややこしい

格安SIMではキャリアよりも料金プランがシンプルで分かりやすいのが特徴ですが、SIMカードと端末の相性やSIMロックの話など初心者にはややこしい話もたくさん出てきます。

下記のような内容が理解できていないと、プランを選択するときにどれを選んでいいのか分からなくなってしまいます。モバレコでは格安SIMにまつわるさまざまな疑問を解決すべく多くの情報を公開しているので、乗り換える前の参考にどうぞ。

格安SIMを使うためのポイントその11:わからないことは調べられるようにする

まとめ:きちんと理解すればスマホ代は安くできる!

以上、格安SIMのデメリットをご紹介しました。まとめると、通話が多かったりキャリアメールを手放したくなかったり、操作説明などのサポートが必要だ、という方は乗り換えに向いていないかもしれません。

しかし、裏を返せばこれらに当てはまらない人はスマホ代を大幅に節約することができます。デメリットがあるといってもそれぞれ対策はあるので、きちんと理解して使えば毎月のスマホ代を2,000円台にできます。

格安SIMがおすすめなひと
・通話はあまりせず、データ通信が中心
・メールアドレスはGmailなどフリーメールで十分
・サポートはあまり必要ない(これまでもあまり受けたことがない)
・とにかく月々のスマホ代を安くしたい!

みなさんも自身の使い方を見直して、ぜひ格安SIMを始めてみてはいかがでしょうか?

格安SIMを始めるならキャンペーンの活用もお得

格安SIMのデメリットが理解できたところで、「それなら格安SIMを始めてみよう!」と思った方もいるはず。そんな方におすすめなのが格安SIMのキャンペーンの活用です。オンライン販売だからこそ低価格で提供されている格安SIMですが、新規申込時にお得なキャンペーンも展開しています。

モバレコでも、SIM通販サイト「モバレコ バリューストア」で人気格安SIMの初期費用割引キャンペーンを実施中です。通常のパッケージ価格より安く購入できるため公式よりも安い初期費用で格安SIMを始められます。

ここではキャンペーン対象プランの中から人気の格安SIMをピックアップしました。お得に始めたい方はぜひキャンペーンをご活用ください。

UQ mobile

UQ mobile

モバレコの格安SIM速度ランキングで10週以上連続1位を誇る人気MVNOのUQ mobileでは、高速データ通信ができる「データ高速プラン」と、下り最大500kbpsと低速ながらデータ通信が使い放題になる「データ無制限プラン」がキャンペーンの対象です。

メインで利用したい方は高速データ通信を毎月3GB利用できる「データ高速プラン」を、2台目スマホでの利用やLINE・メール中心の利用なら「データ無制限プラン」がおすすめです。

音声通話対応プラン(初期費用3,000円 → 1,400円
プラン名 初期費用 データ通信 月額料金
UQ mobile データ高速+音声通話プラン(3GB) 1,400円 3GB/月 1,680円
UQ mobile データ無制限+音声通話プラン 1,400円 制限なし 2,680円
データ通信専用プラン(初期費用3,000円 → 1,400円
プラン名 初期費用 データ通信 月額料金
UQ mobile データ高速プラン(3GB) 1,400円 3GB/月 980円
UQ mobile データ無制限プラン 1,400円 制限なし 1,980円

U-mobile

U-mobile

U-NEXTが提供するU-mobileなら、現在初期費用0円キャンペーンを実施しているので、お試しの利用におすすめです。

1GB、3GB、5GB/月の定額プランの他、高速データ通信が使い放題となる「U-mobile LTE使い放題プラン」が人気。通信量を気にせず使いたい人におすすめです。

また、データ通信専用プランは違約金や最低利用期間も設定されていないので、お試しで使ってみたい方にはもってこいの格安SIMです。

音声通話対応プラン(初期費用3,394円 → 0円
プラン名 初期費用 データ通信 月額料金
U-mobile 通話プラス3GB 0円 3GB/月 1,580円
U-mobile 通話プラス5GB 0円 5GB/月 1,980円
U-mobile 通話プラスLTE使い放題 0円 制限なし 2,980円
データ通信専用プラン(初期費用3,394円 → 0円
プラン名 データ通信 初期費用 月額料金
U-mobile データ専用1GBプラン 0円 1GB/月 790円
U-mobile データ専用5GBプラン 0円 5GB/月 1,480円
U-mobile データ専用LTE使い放題プラン 0円 制限なし 2,480円

IIJmio

IIJmio

ドコモ回線・au回線を選べるマルチキャリアで、多くのユーザーに熱い支持を受けているシェアの高い格安SIM。データ通信量も3GB/月、6GB/月、10GB/月の3種類と非常にシンプルで、この選びやすさも好評を得ている理由の1つです。

クーポンスイッチアプリ「みおぽん」を使えば好きなタイミングで高速通信・低速通信を切り替えられるので、データ通信を上手に節約できます。

ドコモのスマホ等で使用する場合はタイプD(ドコモ回線)、auのスマホ等で使用する場合はタイプA(au回線)を選びましょう。

音声通話対応プラン(初期費用3,000円 → 2,000円
プラン名 初期費用 データ通信 月額料金
IIJmio 音声通話パックみおふぉん(ミニマムスタートプラン)タイプA 2,000円 3GB/月 1,600円
IIJmio 音声通話パックみおふぉん(ライトスタートプラン)タイプA 2,000円 6GB/月 2,220円
IIJmio 音声通話パックみおふぉん(ミニマムスタートプラン)タイプD 2,000円 3GB/月 1,600円
IIJmio 音声通話パックみおふぉん(ライトスタートプラン)タイプD 2,000円 6GB/月 2,220円
データ通信専用プラン(初期費用3,000円 → 2,000円
プラン名 データ通信 初期費用 月額料金
IIJmio ウェルカムパック(ライトスタートプラン)タイプA 2,000円 6GB/月 1,520円
IIJmio ウェルカムパック(ファミリーシェアプラン)タイプA 2,000円 10GB/月 2,560円
IIJmio ウェルカムパック(ライトスタートプラン)タイプD 2,000円 6GB/月 1,520円
IIJmio ウェルカムパック(ファミリーシェアプラン)タイプD 2,000円 10GB/月 2,560円

ほかにも初期費用が割引になる対象プランはまだまだあるので、気になるSIMは以下の記事をぜひチェックしてみましょう。

モバレコでは、スマホと格安SIMがお得になる・役に立つ記事を平日12:00に配信中です。

こちらの記事はいかがでしたか?

お役に立ちましたか?

送信する

もしよろしければお友達に
ご紹介お願いします!

  • ツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を書いた人(編集:モバレコ編集部)

WEBデザイン・ガジェット・格安SIMなどに興味を示す鹿。大量のモバイル回線を元に沖縄でスピードテストを行っている。各社料金プランを調べたり、Androidのホーム画面をカスタマイズするのが好きです。自身のブログ「Creator Clip」では書きたいことを好きなだけ書いています。Twitter:@tokumewi