家族割がある格安SIMを比較 家族で乗り換えるならどこがおすすめ?

書いた人: とくめい

カテゴリ: SIMカード

ツイート このエントリーをはてなブックマークに追加
家族 格安SIM

「格安SIMに乗り換えると毎月の携帯料金が安くなる」といったことを耳にしたことがある人も多いことと思います。

この記事をご覧になられている方は、家族みんなで格安SIMへ乗り換え、その上で家族割を適用して、携帯料金をさらに、できるだけ安くしたいと考えているはずです。

そこで、家族割を提供している格安SIM事業者(MVNO)の特徴を紹介・比較していきます。

「実際どれがおすすめなの?」と選択に迷っている方はぜひ参考にしてみて下さい。

目次:

格安SIMへ家族で乗り換えるメリット

スマホで使用する家族のイメージ
家族でまるっと格安SIMに乗り換えたい人へ

「家族割」とはその名の通り家族みんなで同じ契約会社に加入することで割引などを受けられるサービスのこと。

家族割を適用することによる料金的なメリットはもちろんですが、それ以外にも家族で格安SIMに乗り換えるメリットは大きく分けて3つあります。一つずつ解説します。

請求元を一本化できる

当然ながら、契約する格安SIM会社を家族で統一することで、請求元も一本化されることになります。

もし今までが家族で別々のキャリア(ドコモ・au・ソフトバンク)を契約していた場合であればなおさら、同じ格安SIM会社に家族でまとめて乗り換えることで、月々のランニングコストが安くなるだけではなく、請求元を一本にまとめられて、かつ家族割などが適用されてさらにお得になるのです。

契約元をまとめることで家計簿や、契約期間・更新月云々の管理もしやすくなりますよ。

家族間での通話料金が安くなる

格安SIM事業者の中には、キャリアのような家族間の通話が無料 or 割引される特典もあります。

代表的なところで言えば、IIJmioが提供している「みおふぉん」だと、家族間利用で通話料金が最大で60%OFFされます。通常20円/30秒の通話料金が8円/30秒で利用できるのは、通話が多いユーザーにとってはかなりの節約になることと思います。

データ通信量をシェアできる

こちらもキャリア同様、格安SIM事業者にも、親回線の契約しているデータ通信量を、子回線契約とシェアすることができるシェアSIMといったもので提供しているところもあります。

データ通信量をシェアできることは、過不足無く使いやすいという点でも魅力的ですね。

または家族利用としてだけではなく、1名義にて複数枚のSIMを利用することができるので、スマホとタブレットの2台持ちユーザーにもお得に利用できます。

格安SIMへ乗り換えて家族割を適用する前に確認しておきたいこと

家族イメージ①

家族割は、ただ家族で同じ格安SIM業者を契約すれば自動的に適用されるというわけではありません。

一定の適用条件があることがほとんどなので、確認せずに契約した結果、家族割が適用できなかったとならないためにも覚えておきたい3つのポイントを解説します。

契約名義と支払い名義を統一させる必要があること

他社から格安SIMへ電話番号はそのままで乗り換え(MNP)をする場合、現在契約している通信会社での契約名義と、乗り換え先の格安SIM事業者での契約名義が一致していないと、家族割を適用するどころか、そもそも乗り換え(MNP)をすることができません。

尚且つ格安SIMでは、原則回線契約名義と、その回線の利用料金支払い名義が一致している必要があります。

格安SIM側で契約したい名義に合わせて、現在の契約会社での名義を変更してから乗り換え(MNP)手続きをする必要があることは、必ず覚えておき、確認するようにしましょう。

契約プランに指定があること

家族割には、適用条件として契約するプランに指定があることがほとんどです。

主に、音声通話プランを契約している必要があることが多く、親回線のデータをシェアするようなシェアプラン契約時では、子回線分が家族割の対象とされません。

スマホ・タブレットの2台持ちをデータシェアを活用して利用することを想定した上で、家族割を適用したいと考えている方は注意です。

契約回線数に指定があること

当然ながら、基本的には2回線以上の家族登録が必要となります。また、家族を証明する書類や家族を定義する条件も格安SIM会社ごとで指定があります。

また、家族割を適用させることで、併用できなくなるキャンペーンも存在しますので、必ず事前に契約会社にて家族割の詳細内容をチェックするようにしましょう。

家族割がある格安SIMを比較

キャリア(ドコモ・au・ソフトバンク)では家族割は当たり前のものですが、格安SIMでは家族割としての名目でサービスを提供している事業者はまだまだ少なく発展途上です。

今回はその中でも家族割として割引サービスを提供しているおすすめの格安SIMを、特徴や料金などを交えてご紹介します。

※以降、記載の料金は全て税抜

Y!mobile(ワイモバイル)

ワイモバイル 家族割 図表

Y!mobile(ワイモバイル)は、ソフトバンクのサブブランドとして名高い格安SIMです。

ワイモバイルの特徴的な部分は以下の通り。

ワイモバイルはココに注目!

・ソフトバンクのサブブランドとしての安心感
・モバレコが実施している格安SIM通信速度調査では常にトップを記録
・全国各地に実店舗が充実しているので、サポート面では安心
・10分間のかけ放題が料金プラン内に組み込まれている
・家族割がある

ワイモバイルの家族割引サービスは、指定プランに契約すれば2台目以降の月額料金が最大500円割引になる家族向けの割引サービス。1年間、月額料金1,980円から使える新規割と併用できるので、最安1480円(4GB・1回10分かけ放題 / 月)からスマホが使えます。

最大9回線まで適用でき、遠方に住んでいる家族や家族間で請求を分けている場合でも、家族関係であることを証明できれば適用対象となります。

ほぼキャリアと同じような使用感で家族割を適用しながら料金を節約したい人には最もおすすめの格安SIMです。

ワイモバイルの家族割適用対象の料金プラン

プラン データ通信量 月額料金
スマホベーシックプランS 4GB ※1 1,980円~ ※2
スマホベーシックプランM 12GB ※1 2,980円~ ※2
スマホベーシックプランR 17GB ※1 3,980円~ ※2

※1:データ増量適用時
※2:2年目以降は+700円

上記料金から2台目以降の副回線は500円割引が家族割によってさらに適用されます。なお、ワイモバイルは当月に余ったデータ容量を翌月に繰り越すことができない点は注意です。

→ Y!mobile公式はこちらY!mobile

UQモバイル

UQモバイル 家族割 図表

UQモバイルは、auのサブブランドとして名高い格安SIMです。UQモバイルの特徴的な部分は以下の通りです。

UQモバイルはココに注目!

・auのサブブランドとしての安心感
・格安SIMの中ではワイモバイルに続くトップクラスで速度が安定している
・全国各地に実店舗が充実しているので、サポート面では安心
・シンプルで分かりやすい料金プラン
・無制限プランもある
・余ったデータ通信量は翌月に繰り越しできる
・家族割がある

UQモバイルの家族割は、ワイモバイル同様に、指定プランに契約すれば2台目以降の月額料金が最大500円割引され、最大9回線まで適用でき、遠方に住んでいる家族や家族間で請求を分けている場合でも、家族関係であることを証明できれば適用対象となります

UQモバイルの家族割適用対象の料金プラン

プラン データ通信量 月額料金
スマホベーシックプランS 3GB 1,980円
スマホベーシックプランM 9GB 2,980円
スマホベーシックプランR 14GB 3,980円

上記料金から2台目以降の副回線は500円割引が家族割によってさらに適用されます。

→ UQ mobile公式はこちらUQmobile

mineo(マイネオ)

mineo 家族割 図表

mineo(マイネオ)は格安SIMでは数少ない、ドコモ・au・ソフトバンク回線のトリプルキャリアに対応したプランを提供するMVNOです。

mineoはココに注目!

・トリプルキャリア対応でキャリアから乗り換えやすい
・格安SIM事業者トップクラスで顧客満足度が高い
・プラン数が豊富
・オプションや独自コミュニティが充実している
・家族割がある

mineoの家族割は、各回線の基本料金から、最大5回線まで50円割引するサービスです。
住所が同一の家族だけでなく、離れて暮らす家族や姓が異なる家族も割引可能です。

ワイモバイルやUQモバイルとは違って、1回線あたりの割引額は小さいですが、主回線も割引を適用することができます

mineoの家族割適用対象の料金プラン

シングルタイプ(データ通信のみ)
データ通信量 Aプラン Dプラン Sプラン
500MB 700円 700円 790円
3GB 900円 900円 990円
6GB 1,580円 1,580円 1,670円
10GB 2,520円 2,520円 2,610円
20GB 3,980円 3,980円 4,070円
30GB 5,900円 5,900円 5,990円
デュアルタイプ(データ通信+音声通話)
データ通信量 Aプラン Dプラン Sプラン
500MB 1,310円 1,400円 1,750円
3GB 1,510円 1,610円 1,950円
6GB 2,190円 2,280円 2,630円
10GB 3,130円 3,220円 3,570円
20GB 4,590円 4,680円 5,030円
30GB 6,510円 6,600円 6,950円

→ mineo公式はこちらmineo

家族割は無いが家族でまとめて利用に適した格安SIM

家族イメージ②

格安SIMはまだまだキャリア(ドコモ・au・ソフトバンク)に比べると、家族割は発展途上。

しかしながら、シェアプランがあったり、家族でまとめて契約することでお得なキャンペーンを受け取れることも。

今回はそんな”家族割”という名目の割引は無くとも、家族でまとめて利用するにお得な格安SIMを厳選してご紹介します。

IIJmio

IIJmio データシェア

IIJmioは、ファミリープランの契約であれば最大5回線までをシェアすることが可能です。5人家族でも1度で乗り換えができるので、かなりスムーズに手続きができます。

乗り換えをするにあたり、通常は乗り換え前と後での契約名義が一致している必要があるのですが、IIJmioでは名義統一する必要がなくそのまま乗り換え手続きが行えるので、家族乗り換えにも最適です。

また、公式の無料通話アプリ「みおぽん」を使えば家族間での通話が最大60%OFFとなります。

IIJmioのココに注目!

・ドコモ・auのマルチキャリアに対応
・不定期で配信されるキャンペーンのお得度が高い
・シンプルで分かりやすい料金プラン
・老舗ブランドならではの安心感
・アップデートや最新機種の取り込みが業界最速

利用回線 プラン名 データ量 月額料金
音声通話SIM データ通信SIM
SMSあり SMSなし
ドコモ回線
(タイプD)
ミニマムスタートプラン 3GB / 月 1,600円 1,040円 900円
ライトスタートプラン 6GB / 月 2,200円 1,660円 1,520円
ファミリーシェアプラン 12GB / 月 3,260円 2,700円 2,560円
au回線
(タイプA)
ミニマムスタートプラン 3GB / 月 1,600円 900円
ライトスタートプラン 6GB / 月 2,200円 1,520円
ファミリーシェアプラン 12GB / 月 3,260円 2,560円

→ IIJmio公式はこちら

楽天モバイル

楽天モバイル プラス割

楽天モバイルでは、家族割ではないですが、家族でまとめて契約することでプラス割と呼ばれるお得なキャンペーンを受け取ることができます。

特典内容は、主回線を通話プランで契約した場合、2回線目の契約プランに応じてキャッシュバックがあるというもの。

  SIMのみ スマホセット
通話SIMの場合 5,000円
キャッシュバック
スマホ本体価格から
5,000円割引
データSIMの場合 3,000円
キャッシュバック
スマホ本体価格から
3,000円割引

楽天モバイルのココに注目!

・自社回線の提供スタートでこれからの注目度が高い
・楽天ポイントが貯まる!
・かけ放題付き音声プランがある
・セット販売のSIMフリースマホのラインナップが豊富

→ 楽天モバイル公式はこちら

イオンモバイル

イオンモバイル 家族シェア

イオンモバイルでは30GB以上の大容量プランを家族でシェアすることが可能です。なおかつ、30GB以上の料金プランが値下げされて格安で利用することができます。

イオンモバイル シェア音声プラン

格安SIM業者で30GB以上のプランを提供しているところは数少なく、イオンモバイルはその中でも業界最安級の料金設定でサービスを提供しています。

イオンモバイルはココに注目!

・ドコモ・auのマルチキャリアに対応
・料金プランが豊富
・全国のイオンモールでサポートが受けられる
・料金が業界最安級

→ イオンモバイル公式はこちらイオンモバイル

まとめ

格安SIM 家族割 まとめ

家族まとめて格安SIMへ乗り換えることで月々のランニングコストをグッと節約することができます。

家族割を提供している業者はまだまだ少ないですが、シェアSIMやキャンペーンを上手く活用し、携帯料金をできるだけ安くしましょう。

こちらの記事はいかがでしたか?

お役に立ちましたか?

送信する

もしよろしければお友達に
ご紹介お願いします!

  • ツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

特集コンテンツ

d-card

docomoのギガホ・ギガライト

Y!mobile 公式オンラインストアなら「限定商品!」「送料無料!」「24H受付OK!」

この記事を書いた人(編集:モバレコ編集部)

WEBデザイン・ガジェット・格安SIMなどに興味を示す鹿。大量のモバイル回線を元に沖縄でスピードテストを行っている。各社料金プランを調べたり、Androidのホーム画面をカスタマイズするのが好きです。自身のブログ「Creator Clip」では書きたいことを好きなだけ書いています。Twitter:@tokumewi