「ソフトバンク(SoftBank)系」格安SIM&MVNO完全ガイド!! 通信速度が速く、テザリングにも対応!

書いた人: とくめい

カテゴリ: ガイド, 格安SIM ,

ツイート このエントリーをはてなブックマークに追加
実は今が狙い時! 知られてないから速い「ソフトバンク系」格安SIMのススメ!

格安SIMを提供している多くの通信事業者がドコモやauの回線を利用してサービスを展開しています。そんななか、2017年3月から新たに「ソフトバンク回線」を利用した格安SIMが登場し、口コミを通じて徐々に利用者が増えているようです。

開幕SIM

まだまだ利用者の少ないソフトバンク系の格安SIMの概要やメリットとデメリット、筆者が実際に使ってみた感想などをまとめました。

▼おすすめのソフトバンク系格安SIMはこちら

目次:

ソフトバンク系の格安SIMについて

これまで格安SIMといえばドコモ回線を利用した会社がほとんどで、au回線を利用した会社が数社あるのみでした。そのため、ソフトバンクの端末を再利用するにはSIMロック解除に対応した機種でないと格安SIMを利用できませんでした。

ソフトバンク系格安SIMがなかなか提供されなかった理由

ソフトバンク回線の格安SIMがドコモやauと比べて後発的に登場したのには、2つの理由が存在します。

・ソフトバンクの回線を借りる料金(MVNO接続料)が高い
・子会社にワイモバイルがある

格安SIMは、大手キャリアから回線や通信設備を間借りしてユーザーに提供しています。格安SIMを運営するMVNOは、大手キャリアから回線を借りる際にMVNO接続料を支払っているのですが、この接続料はドコモ・au・ソフトバンクで金額が異なります。

ソフトバンクが提示する金額が、ドコモやau回線と比べて約3倍という高額だったため、回線を安く提供することが難しかったのです。現在では接続料が見直され、ドコモやauと同程度の金額に値下げされています。

また、格安SIMの普及を牽引するソフトバンクのサブブランド、Y!mobile(ワイモバイル)の存在も大きな理由の1つです。旧ウィルコムが前身であるワイモバイルの訴求により、ソフトバンク契約者の中で格安SIMを求めるユーザー層の取り込みにも成功しているという背景があります。

ソフトバンク系の格安SIM(MVNO)を紹介

2017年3月、MVNO老舗の日本通信(b-mobile)からソフトバンク回線を利用した「b-mobile S 開幕SIM」が誕生。同時に、日本通信より回線の提供を受けたU-mobileからもソフトバンク系格安SIM「U-mobile S」の提供が始まりました。その後も、現在に至るまで続々とソフトバンクの通信網を利用したMVNOが登場しています。

b-mobile(b-mobile S)

開幕SIM
その名の通り、ソフトバンク系格安SIMのスタートを飾った「b-mobile S 開幕SIM」

格安SIMの先駆けとしても知られる日本通信(b-mobile)は、ソフトバンク系格安SIMに関してもパイオニア的な存在です。“開幕”という名の通り、ソフトバンク系格安SIMの先陣を切った「b-mobile S 開幕SIM」は2018年7月現在、新規申し込み受付を終了してしまいましたが、「b-mobile S」ブランドとして、現在もさまざまなプランが提供されています。

2017年8月から提供が始まったのは、ソフトバンク系格安SIMとしては初の音声通話機能付きプラン「b-mobile S スマホ電話SIM」。待望の通話定額にも対応しており、音声通話対応SIMでありながら最低利用期間や解約金の設定がないのが特徴です。さらに、通話・データ通信・SMSが990円から利用できる従量課金制プラン「990ジャストフィットSIM」、月額190円から利用できるiPad・iPhone用の「190PadSIM」と続々と新プランが登場し、徐々にサービスを拡大しています

>>b-mobile公式サイトはこちら


▼今すぐb-mobile Sの料金プランをチェック!

U-mobile(U-mobile S)

U-mobile S
ソフトバンク系格安SIMで大容量30GBのデータ通信専用SIMがあるのは貴重

b-mobileからソフトバンク回線の提供を受け、U-mobileで提供しているのが「U-mobile S」。1・3・5・30GBの4段階の定量型データ通信専用プランで、30GBの大容量まで対応しているのが特徴です。以前にb-mobileから提供されていた「b-mobile S 開幕SIM」と同内容のプランになりますが、2018年7月時点でデータ通信容量30GBはソフトバンク系格安SIMの中で最大。容量の多いデータ通信SIMを探している方に最適です。なお、U-mobile Sからは音声通話に対応したプランは現在のところ提供されていません。

>>U-mobile公式サイトはこちら
u-mobile

▼今すぐU-mobile Sの料金プランをチェック!

nuroモバイル

nuroモバイル ソフトバンク回線プランの概要
音声通話対応、データ通信専用の2種類のSIMがあり、2GB・5GBから容量を選択できる

2017年12月に「nuroモバイル」からもソフトバンク回線の格安SIMが登場。こちらは音声通話機能付きとデータ通信専用を選択できますが、SMS機能には対応していません。nuroモバイルの大きな特色として挙げられるのが、2017年8月以降にソフトバンクブランドで発売されたAndroid端末に対応していること。b-mobile SやU-mobile Sなど、ソフトバンクのAndroid端末の動作確認を明記していないMVNOも多いので、希少な存在といえます。

2018年10月1日から大きく料金プランをリニューアル。「S(2GB)」「M(7GB)」「L(13GB)」の3種類から好みの容量を選べるようになり、選択肢の幅が広がりました。また、nuroモバイルがどんなものか試してみたい…という人には気軽にスタートできる「お試しプラン(0.2GB)」がおすすめです。

▼今すぐnuroモバイルの料金プランをチェック!

LINEモバイル

2018年7月からLINEモバイルにもソフトバンク回線プランが登場
2018年7月からLINEモバイルにもソフトバンク回線プランが登場

2018年7月から「LINEモバイル」にも、ソフトバンク回線プランが登場しました。その最大の特徴は、ドコモ回線と同じ料金プラン・サービスを提供していること。他社ではソフトバンク回線プランが少し割高に設定されていますが、LINEモバイルでは同一価格なので選択しやすくなっています。月額500円から使い始められる「LINEフリープラン」、主要SNSを通信量を消費せずに使える「コミュニケーションフリープラン」、LINE MUSIC+主要SNSがデータフリーになる「MUSIC+プラン」といったLINEモバイルならではの魅力も健在です。

▼今すぐLINEモバイルの料金プランをチェック!

mineo(マイネオ)

2018年9月からmineoにもソフトバンクプランが新たに誕生
2018年9月からmineoにもソフトバンクプランが新たに誕生

2018年9月から「mineo」でソフトバンク回線を利用したソフトバンクプラン(Sプラン)の提供が開始。一部例外を除き、ソフトバンクで使用しているiPhone・iPadやAndroid端末をSIMロック解除することなく利用できるようになりました。

これでmineoは、ドコモ・au・ソフトバンクの全キャリアに対応することに。TV CMでの露出も増えてきており、大手MVNOとしての安心感があります。格安SIMのなかでも顧客満足度の高さに定評のあるmineoだけに、ソフトバンク回線にも期待ができそうです

>>mineo公式サイトはこちら
mineo(マイネオ)

▼今すぐmineo Sプランの料金プランをチェック!

その他のソフトバンク系MVNO

2018年7月、「神プラン」でおなじみのロケットモバイルからもソフトバンク回線が登場
2018年7月、「神プラン」でおなじみのロケットモバイルからもソフトバンク回線が登場

主要な大手MVNO以外にも、ソフトバンク系格安SIMは広がりを見せています。岐阜県高山市に居を構えるケーブルテレビ会社「飛騨高山ケーブルネットワーク」が運営する「Hitスマホ」、九州電力グループの通信会社「QTnet」が提供する「QTモバイル」といったローカル色の強い格安SIMも展開されています(Hitスマホは2016年8月から展開されており、b-mobileより導入時期は早い)。また、全国56店舗を展開しているiPhone修理店「アイサポ」が提供する「リペアSIM」といった特色の強いサービスもあります。

また、2018年7月、低速200Kbpsながら容量制限ナシで使い放題の激安プラン「神プラン」で知られる「ロケットモバイル」からもソフトバンク回線を利用した「神プランS」の提供が始まりました。

ソフトバンク系格安SIMのメリット・デメリット

ソフトバンク回線の格安SIMはドコモ・au系と比べると少々癖のある回線で、人によってはメリットよりもデメリットが大きく感じることもあるかと思います。

ソフトバンク系格安SIMのメリット

■メリット

・ソフトバンクのiPhoneを再利用できる
・ソフトバンクと比べて料金が安い
・通信速度が速い
・テザリング機能に対応

ソフトバンク系格安SIMの最大のメリットは、ソフトバンクのiPhoneをそのまま利用できること。SIMロック解除非対応のiPhone 6以前の機種にも対応しており、SIMを挿し替えて設定するだけで利用できます。ソフトバンク系格安SIMを利用すれば、ソフトバンク本家よりも料金が半額以下になるので乗り換えない手はありません。

nuroモバイルのようにソフトバンクのAndroidに対応しているMVNOもあるので、iPhone以外を使っているソフトバンクユーザーも見逃せません。もちろん対応周波数が合えば、SIMフリーのスマホやSIMロック解除をした他社端末であっても利用可能です。

また、2018年4月のb-mobileを皮切りに、ソフトバンク系格安SIMもテザリングに対応しました。これまで格安SIMでテザリングを使えるのはドコモ回線のみだったため、大きなサービスの向上といえるでしょう。

ソフトバンク系格安SIMのデメリット

■デメリット

・月額料金が他社と比べて割高(※LINEモバイル除く)
・まだまだプランが充実していない
・オプションサービスなどが乏しい

一方で、ドコモ系やau系の格安SIMと比べると料金が割高になる傾向があります。例えば高速データ通信量が同じ3GBのデータプランだとしても、ドコモ系が980円に対してソフトバンク回線のU-mobileは1,580円もします。

b-mobileでは990円のお手ごろ価格から使い始められる従量課金制プラン「990ジャストフィットSIM」(音声通話+データ通信+SMS)を展開するなどの対応を行い、月々の使用量が少ないユーザーは手を出しやすくなりました。さらに、新たに登場したLINEモバイルはドコモ回線と同じ料金プラン・サービスでソフトバンク回線プランを提供しています。サービスの拡充により、ドコモ・au回線との料金差も無くなってきているようです。

しかし、余ったデータ通信量の繰り越しや追加チャージなどに対応していないことや、支払い方法がクレジットカードに限定されていることなど、オプションやサービスに不満が残ることもあります。この辺りにはまだまだ改善の余地が残されていそうです。

▼おすすめのソフトバンク系格安SIMはこちら

ソフトバンク系格安SIMは通信速度が速い!

ソフトバンク回線の格安SIMはまだまだ利用者が少ないため、回線がドコモ系やau系と比べると比較的空いています。モバレコで通信速度を比較してみたところ、速度が早いと評判のUQ mobileを破って「b-mobile S 開幕SIM」が1位を記録しました。

2017年9月 モバレコ速度比較での朝昼夕の平均値
2017年9月 モバレコ速度比較での朝昼夕の平均値

筆者もSIMフリー端末の「HUAWEI P9」に挿してb-mobile S 開幕SIMを利用していますが、本家ソフトバンク回線と較べても遜色ない速度で非常に快適です。

格安SIMは12時や20時など、多数の人が回線に殺到する時間に混雑により速度が落ちる傾向にあります。しかし、今はまだソフトバンク系のSIMの利用者は、docomo系、au系に比べ契約者が少ないので、とても速い速度が出ています。

2017年9月 モバレコ速度比較での朝昼夕の平均値
2018年2月、深夜帯だがソフトバンク系が下り上位を独占

また、2018年2月の測定結果では、深夜・早朝の時間帯でもソフトバンク系回線が速度ランキングの上位に来ていました。まだまだソフトバンク系格安SIMの速度面での恩恵は続いているようです

格安SIMにありがちな混雑時に遅くなることもほぼ無いため、安さだけではなく通信品質を重視する方にオススメしたいです。

ソフトバンク系格安SIMの料金プランを紹介

ここまで“ソフトバンクの格安SIMが穴場で狙い目”ということをお伝えしてきましたが、ソフトバンク系格安SIMの料金はどれくらいの価格なのでしょうか?

mineo、nuroモバイル、b-mobile、U-mobileといった主要ソフトバンク系格安SIMの料金プランをご紹介していきましょう。

mineo(ソフトバンク回線)の料金プラン

■mineo Sプラン(ソフトバンク回線) データ通信専用

プラン名 容量 月額料金

シングルタイプ

500MB 790円
3GB 990円
6GB 1,670円
10GB 2,610円
20GB 4,070円
30GB 5,990円

■mineo Sプラン(ソフトバンク回線) データ通信+音声通話

プラン名 容量 月額料金

デュアルタイプ
500MB 1, 750円
3GB 1,950円
6GB 2,630円
10GB 3,570円
20GB 5,030円
30GB 6,950円

mineo Sプランは最低500MBのデータ容量から最大30GBまで利用可能。毎月のデータ通信量が少ないライトユーザーでも、シンプルな料金プランが提供されているので安心。ソフトバンク系格安SIMでは希少な30GBの大容量プランを提供しているので、容量の多いプランをお探しの方にもオススメです。

それぞれのデータ容量には、シングルタイプとデュアルタイプを用意。シングルタイプではデータ通信のみ、デュアルタイプではデータ通信に加えて携帯電話番号を利用した音声通話を利用できます。なお、音声通話対応SIMでも解約事務手数料は0円なので、格安SIMを試してみたいという人も安心して使い始められます

iPhoneはもちろん、ソフトバンクのAndroid端末もSIMロック解除不要で使えるのも大きなポイントです(一部例外アリ)。

>>mineo公式サイトはこちら
mineo(マイネオ)

LINEモバイル(ソフトバンク回線)の料金プラン

■ LINEフリープランの月額料金

データ容量 データSIM
(SMSなし)
データSIM
(SMSあり)
音声通話SIM
1GB 500円 620円 1,200円

■コミュニケーションフリープランの月額料金

データ容量 データSIM 音声通話SIM
3GB 1,110円 1,690円
5GB 1,640円 2,220円
7GB 2,300円 2,880円
10GB 2,640円 3,220円

■MUSIC+プラン月額料金表

データ容量 データSIM 音声通話SIM
3GB 1,810円 2,390円
5GB 2,140円 2,720円
7GB 2,700円 3,280円
10GB 2,940円 3,520円

SNSでおなじみのLINEが運営する格安SIM。ドコモ・ソフトバンクのマルチキャリアに対応しており、LINE・Instagram・Twitterといった主要なSNSを“データ消費0”で使える「データフリー」が最大の特徴です。

また、格安SIMではソフトバンク回線の方が他のキャリアの回線に比べて割高な料金設定になっているケースが多いのですが、LINEモバイルのドコモ・ソフトバンク回線は共通の料金設定になっています。

データ通信容量を最大で10GBまでしか選択できませんが、主要なSNSが使い放題なのでデータフリー対象サービスを頻繁に使う人には非常におすすめです。

nuroモバイル(ソフトバンク回線)の料金プラン

■nuroモバイル(ソフトバンク回線)定量型

プラン名
(データ容量)
月額料金 公式より安い!
初期費用
購入

nuroモバイル
お試しプラン(S)
(0.2GB)
500円
(データ専用)
3,000円
500円
> 詳細
1,200円
(音声通話付き)
Sプラン(S)
(2GB)
980円
(データ専用)
1,680円
(音声通話付き)
Mプラン(S)
(7GB)
2,300円
(データ専用)
3,000円
(音声通話付き)
Lプラン(S)
(13GB)
2,980円
(データ専用)
3,680円
(音声通話付き)

nuroモバイルのソフトバンク回線は音声通話機能付きとデータ通信専用の2種類を展開していますが、SMS機能には対応していません。容量プランは「Sプラン(2GB)」「Mプラン(7GB)」「Lプラン(13GB)」とユーザーからのニーズが多い3種類に厳選。初めての人でも気軽に使い始められる「お試しプラン(0.2GB)」も用意されています。

nuroモバイルの料金プランを詳しく知りたい方はこちら

b-mobile Sの料金プラン

■990ジャストフィットSIM(音声通話対応)従量課金型※1

プラン名 通信容量 月額料金

990ジャストフィットSIM
1GB 990円
2GB 1,490円 ※2
3GB 1,990円
4GB 2,490円
5GB 2,990円
6GB 3,490円
7GB 3,990円
8GB 4,490円
9GB 4,990円
10GB 5,490円 ※3
11GB 5,840円
12GB 6,190円
13GB 6,540円
14GB 6,890円
15GB 7,240円

(※1)最低料金からスタートし、実際に使った容量に応じて自動的に課金されるプランです。
(※2)2~10GBまでは、1GB毎に500円ずつ加算。
(※3)11~15GBまでは、1GB毎に350円ずつ加算。

■スマホ電話SIM(音声通話対応)従量課金型※1

プラン名 通信容量 月額料金

スマホ電話SIM
1GB 2,450円
2GB 2,800円 ※2
3GB 3,150円
4GB 3,500円
5GB 3,850円
6GB 4,200円
7GB 4,550円
8GB 4,900円
9GB 5,250円
10GB 5,600円
11GB 5,950円
12GB 6,300円
13GB 6,650円
14GB 7,000円
15GB 7,350円

(※1)最低料金からスタートし、実際に使った容量に応じて自動的に課金されるプランです。
(※2)2~15GBまでは、1GB毎に350円ずつ加算。

■190PadSIM(データ通信専用)従量課金型

プラン名 通信容量 月額料金
b-mobileb-mobile S 190PadSIM
100MB/月 190円
1GB/月 540円
2GB/月 890円
3GB/月 1,240円
4GB/月 1,590円
5GB/月 1,940円
6GB/月 2,290円
7GB/月 2,640円
8GB/月 2,990円
9GB/月 3,340円
10GB/月 3,690円

b-mobileの音声通話対応プランは、「990ジャストフィットSIM」「スマホ電話SIM」の2種類。いずれも最低料金からスタートし、使った分に応じて料金が加算される従量課金型のプランです。

また、ソフトバンク系格安SIMの音声通話対応プランで、SMS機能が使えるのは「990ジャストフィットSIM」「スマホ電話SIM」のみのため、音声通話とSMSをセットで使い方は必然的にどちらかから選択することになります。

両プランの違いは最低料金の部分で、使用頻度が低い方であれば「990ジャストフィットSIM」がオススメです。また、最低料金が高い分、ほとんどの音声通話対応SIMに設定されている最低利用期間がスマホ電話SIMには無いというメリットがあります。

ソフトバンク系格安SIMの提供開始を飾ったデータ通信専用プラン「b-mobile S 開幕SIM」は新規申し込み受付を終了しています。そのため、現在提供されているデータ通信専用プランは「190 Pad SIM」のみとなります。こちらは元々iPad専用として登場したプランで、2018年の6月からiPhone向けにも提供が始まりました。月々190円という格安価格から使い始められることが特徴の従量課金制プランになっています。「使用頻度がそもそも少ない」または「毎月のデータ使用量が定まっていない」という人にオススメです。

>>b-mobile公式サイトはこちら


U-mobile Sの料金プラン

■U-mobile S(データ通信専用)定量型

プラン名 通信容量 月額料金

U-mobile S
1GB 880円
3GB 1,580円
7GB 2,980円
30GB 4,980円

「U-mobile S」はデータ通信専用SIMのみの展開で、1・3・5・30GBの4段階の定量型プランになっています。「b-mobile S 開幕SIM」と同じ内容のサービスでしたが、現在は開幕SIMが新規申し込み受付を終了。そのため、ソフトバンク系格安SIMで大容量30GBのデータ通信プランを使いたい人にとっては貴重な選択肢となるでしょう。

>>U-mobile公式サイトはこちら
u-mobile

まとめ:ソフトバンクユーザーに是非とも試してもらいたい格安SIM

ソフトバンクユーザー待望の格安SIMが登場してから、筆者の周りでも少しずつ乗り換える方が増えてきています。SIMロック解除に対応していないiPhone 6以前の機種から最新モデルのiPhone XまでのソフトバンクのiPhoneで利用できるため、初期費用を安く抑えることができます。

ソフトバンクユーザーにオススメ

今後はデータ通信量の繰り越しやパケットシェアなど、サービスがもっと良くなっていけば自然と利用者が増えていきそうな予感がします。現在ソフトバンクを利用している方は是非一度検討してみてはいかがでしょうか

>>mineo公式サイトはこちら
mineo(マイネオ)

>>b-mobile公式サイトはこちら


>>U-mobile公式サイトはこちら
u-mobile

こちらの記事はいかがでしたか?

お役に立ちましたか?

送信する

もしよろしければお友達に
ご紹介お願いします!

  • ツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を書いた人(編集:モバレコ編集部)

WEBデザイン・ガジェット・格安SIMなどに興味を示す鹿。大量のモバイル回線を元に沖縄でスピードテストを行っている。各社料金プランを調べたり、Androidのホーム画面をカスタマイズするのが好きです。自身のブログ「Creator Clip」では書きたいことを好きなだけ書いています。Twitter:@tokumewi