ドコモの新料金プラン「ギガホ」「ギガライト」を分かりやすく解説! 従来プランと料金を比較

書いた人: Kawamata

カテゴリ: ドコモ ,

ツイート このエントリーをはてなブックマークに追加
ドコモ 新料金プラン

2019年6月1日からスタートしたドコモの新料金プラン「ギガホ」と「ギガライト」

従来の料金プランは7つのデータプランと3つのプランを組み合わせでしたので、一見しただけでは理解できず、“ついつい言われるままに契約をしていた”という方も多いと思います。

新料金プランは定額と従量課金の2つとシンプルでわかりやすく、通話プランについてはオプション扱いとなったため、本当に必要な人だけが選択できるサービスへ変わりました。

今回は新プランのギガホ・ギガライトの解説と従来プランと料金比較していきます。

※執筆時の税抜き表記の料金になります。

→ ドコモ公式サイト

目次:

ギガホはたっぷり使える30GBの定額プラン

ギガホとは?
ギガホとは?

ギガホは「家族間国内通話無料」「データ通信」「インターネット接続サービス(ISP)」のがセットで使える定額料金プランです。

従来のプランは「基本料金(通話プラン)」「データプラン」をそれぞれ選択し、そこに「ISP」料金をプラスして毎月の料金が決定していました。

自分で使い方に合わせたプランを組める半面、ある程度詳しくないと自分にあったプラン設定をするのが難しかったと思います。従来プランに比べて大変わかりやすくなっています。

ギガホ
月額データ量 30GB
月額料金 定期契約あり:6,980円
定期契約なし:8,480円
国内通話料 家族間通話無料
家族以外への通話 20円/30秒

定期契約ありの場合6,980円、定期契約なしの場合8,480円と、2年間の定期契約をしたかどうかで月額料金が変わります。

ウルトラデータLLパックから3割安い
ウルトラデータLLパックから3割安い

また、従来のプランはデータ容量の上限が達すると、通信速度は翌月まで最大128kbpsに制限されていました。しかし新プランでは最大1Mbpsでの通信ができるので、通信制限にかかったとしても以前より速い速度で利用できます。

従来プランではウルトラデータLLパックが30GBで8,000円だったので、同じデータ量でも月額料金が安くなったことがわかります。

ギガホの特徴

・月々の料金は6,980円
・30GBまで使える大容量の定額タイプ
・通信制限時の通信速度は最大1Mbps

★ギガホはこんな人におすすめ!

ギガホは動画やゲームをストレスなくたっぷり使いたいという人にオススメです。データ容量を分け合うということもないので、通信容量の管理も容易です。

ギガライトは使ったデータ量で料金がかわる従量制プラン

ギガライトとは?
ギガライトとは?

ギガライトはギガホと同じく「家族間国内通話無料」「データ通信」「インターネット接続サービス(ISP)」の3つがセットで使える定額料金プランです。

ギガホとの違いは利用したデータ量によって料金が変わる従量制プランという点です。

ギガライト
ステップ1:~1GB 定期契約あり:2,980円
定期契約なし:4,480円
ステップ2:~3GB 定期契約あり:3,980円
定期契約なし:5,480円
ステップ3:~5GB 定期契約あり:4,980円
定期契約なし:6,480円
ステップ4:~7GB 定期契約あり:5,980円
定期契約なし:7,480円
国内通話料 家族間通話無料
家族以外への通話 20円/30秒

ギガホと同じく定期契約の有無で料金が変わります。

従来プランより最大4割安い
従来プランより最大4割安い

従来プランの「ベーシックシェアパック」が従量制プランでした。それぞれステップで2~4割月額料金が安くなりました。

ギガライトの制限速度はギガホと違い、最大128kbpsとなるので注意が必要です。

ギガライトの特徴

・データ使用量で料金がかわる従量制プラン
・月額料金は1GB 2,980円~7GB 5,980円

★ギガライトこんな人におすすめ!

ギガライトはギガホと比較するとデータ容量少なく、また料金は利用したデータ容量によって変動します。そのためデータ通信をそこまで沢山使うわけではなく、毎月のデータ使用量も変わるという方に最適です。

基本プランが変更!通話はオプションで選択

通話はオプションサービスで選択
通話はオプションサービスで選択

従来のプランでは基本プラン(980円~)としてデータプランとは別に必ず音声プランの加入が必要でした。

新プランはギガホ・ギガライトのオプションとして音声プランの選択が出来るようになり、より必要な人だけが利用できるものとなりました。

基本プラン(従来プラン)との違い

基本プラン(従来プラン)と音声オプション(新プラン)の違いをサービス内容別に比較してみます。

サービス内容 従来プラン名/月額料金 新オプション名/月額料金
家族間通話無料
国内通話料金:20円/30秒
シンプルプラン
980円/月
なし
0円
家族間通話無料
1回5分以内の通話
5分超時の通話料金:
20円/30秒
カケホーダイ ライトプラン
1,700円/月
5分通話無料オプション
700円/月
国内通話無料 カケホーダイプラン
2,700円/月
かけ放題オプション
1,700円/月

従来プランのシンプルプランにあたる内容が、新プランではもともと組み込まれていることが分かります。また、月額料金はどのオプションも約1,000円安くなっています月額料金はどのオプションも約1,000円安くなっています

家族間の通話料金が無料なので、家族全員でドコモを利用すると、オプションをつけないという選択肢もでてくるのでよりお得にご利用いただけますね。

ギガホとギガライトに使える割引サービス

ギガホとギガライトで適応できる割引サービスが用意されています。安く利用できるポイントになってくるのでぜひ抑えておいてください。

①みんなドコモ割

みんなドコモ割
みんなドコモ割

みんなドコモ割はギガホ・ギガライトのプラン限定で適応になる割引です。

ファミリー割引のグループ内の対象音声回線の数に応じて、最大1,000円が割引されます。各回線ごとに割引がはいるので、家族でドコモを利用している場合はぜひファミリー割引のグループを組んでおきましょう。

みんなドコモ割が適応できるファミリー割引のグループは、同居・別居にかかわらず三親等以内の親類になります。

・ギガホの場合の割引料金

  1回線 2回線 3回線以上
割引金額 -500円 -1,000円
割引後の金額 6,980円 6,480円 5,980円

※2年定期契約ありの場合

・ギガライトの場合の割引料金

  1回線 2回線 3回線以上
割引金額 -500円 -1,000円
割引後の金額  
~1GB 2,980円 2,480円 1,980円
~3GB 3,980円 3,480円 2,980円
~5GB 4,980円 4,480円 3,980円
~7GB 5,980円 5,480円 4,980円

※2年定期契約ありの場合

2回線で500円割引、3回線以上で1,000円割引がそれぞれの回線で割引が受けられます。つまりギガホを利用していて1,000円の割引を受けると、5,980円/月とギガライトの~7GBを単独で契約するより安くなります。

②ギガホ割

こちらは期間限定の割引キャンペーンになりますが、2019年9月30日までにギガホに契約すると、「ギガホ割」で最大6ヶ月さらに1,000円割引になります。

プラン 通常料金 割引後の金額
ギガホ 6,980円 5,980円

※2年定期契約ありの場合

③はじめてスマホ割

はじめてスマホ割
はじめてスマホ割

「はじめてスマホ割」は、ガラケーから新料金プランに変えた方限定の割引キャンペーンです。ドコモでも他社からでも対象になります。

ギガホとギガライトの料金が、最大12ヶ月月額1,000円割引されます。

プラン名 データ量 通常料金 割引後の金額
ギガホ 30GB 6,980円 5,980円
ギガライト 7GB 5,980円 4,980円
5GB 4,980円 3,980円
3GB 3,980円 2,980円
1GB 2,980円 1,980円

※2年定期契約ありの場合

それぞれの割引を合計すると以下のようになります。

プラン名 データ量 通常料金 みんなドコモ割
(3回線以上)
ギガホ割+
はじめてスマホ割
合計割引額
ギガホ 30GB 6,980円 5,980円 3,980円 -3,000円
ギガライト 7GB 5,980円 4,980円 3,980円 -2,000円
5GB 4,980円 3,980円 2,980円 -2,000円
3GB 3,980円 2,980円 1,980円 -2,000円
1GB 2,980円 1,980円 980円 -2,000円

※2年定期契約ありの場合

すべての割引が適応になる方はなかなか少ないかと思いますが、月額料金が3,980円でギガホの利用ができます。半年間とはいえ破格の料金ですね。

④ドコモ光セット割

ドコモ光セット割
ドコモ光セット割

また、ファミリー割引のグループ内に「ドコモ光」の契約をしている場合は、さらに割引を適応できます。それぞれの回線で永年最大1,000円割引になります。

プラン名 割引金額
ギガホ -1,000円
ギガライト ~7GB -1,000円
~5GB -1,000円
~3GB -500円
~1GB -0円

従来プランの「カケホーダイ&パケあえる」も最大3,500円の割引が適応になるので。家族内で新プランと従来プランの契約者がいる場合にも、どちらもお得にご利用いただけます。

光回線を自宅にひいているという方は、ドコモ光も検討してみてもいいかもしれないですね。

新プランと従来プランを比較。本当にお得?

月額料金は安くなる?
月額料金は安くなる?

ここまで新プランについて紹介してきました。次は旧プランと比較して新プランは本当にお得なのかどうかを比べてみます。

単体契約で新プランで契約の場合

ひとり利用した場合の料金はどれくらいになるか、5GB未満だった場合と30GBの2パターンで比較をしてみます。

なお、この比較での通話プランは旧料金ではシンプルプラン、新プランではオプションはつけない場合で計算。新プランでは5GBはギガライト、30GBはギガホで比較します。

・データ利用5GB

  従来プラン 新プラン
基本プラン シンプルプラン
980円
データプラン ベーシックパック(~5GB)
5,000円
ギガライト(~5GB)
4,980円
ISP spモード
300円
月額合計 6,280円 4,980円

5GBの利用で比較すると1,300円も新プランのほうが安くなります。シンプルになっただけでなく、月額料金も抑えられるのはとても嬉しいですね。

・データ利用30GB

  従来プラン 新プラン
基本プラン シンプルプラン
980円
データプラン ウルトラデータLLパック(20GB)
8,000円
ギガホ(30GB)
6,980円
ISP spモード
300円
月額合計 9,280円 6,980円

30GBのデータプランで比較すると2,300円も安くなります。ちなみにギガホとギガライトを選択するポイントは、毎月のデータ利用が5GB以上か以下で決定するのがおすすめです。

ギガライトで5GB以上のデータ通信を使用すると7GBの料金が適用され、月額料金が5,980円となります。ギガホとの料金は1,000円しか変わらず、利用できるデータ量や制限まで使い切ったあとの制限速度の違いなど考えるとギガホ契約するのがお得です。

家族利用で新プランで契約の場合

続いて家族利用をした場合の料金を比較します。家族3人で利用した際の料金がいくらになるかをひとり利用と同じように、5GBと30GBの月額を比べます。

なお、月額料金は3人での合計料金で、従来プランはウルトラシェアパック50の料金を、新プランはみんなドコモ割を適応した金額で比べます。

・5GB

  従来プラン 新プラン
基本プラン シンプルプラン
980円×3=2,940円
データプラン ベーシックシェアパック(15GB)
12,000円
ギガライト(~5GB)
4,980円×3=14,940円
ISP spモード
300円×3=900円
シェアオプション 500円×2=1,000円  
割引 -1,000円×3=-3,000円
月額合計 16,840円 11,940円

新プランは割引が適用されることもあり、月額は4,900円も安くなります。

シェアプランはデータ容量を分け合って使うため、家族の誰かが多くのデータ量を使ってしまうと必ず5GB使えるものではありません。安心して決められた容量を使うということであれば、ギガライトをおすすめします。

・30GB

  従来プラン 新プラン
基本プラン シンプルプラン
980円×3=2,940円
データプラン ウルトラシェアパック(50GB)
16,000円
ギガホ(30GB)
6,980円×3=20,940円
ISP spモード
300円×3=900円
シェアオプション 500円×2=1,000円  
割引 -1,000円×3=-3,000円
月額合計 20,840円 17,940円

大容量のプランで比較すると、ギガホのほうが2,900円お得になります。今回比較した従来プランのシェアパックは50GBなので、一人あたり利用できるデータ量は16GB程度。

料金だけでなく使えるデータ通信量も新プランのほうが大きいので、データ通信を沢山するという方であれば、新プランにしたほうが圧倒的にお得です。

新料金プランの注意点

新料金プランには良い面があるだけではなく、移行前に注意しないといけないことがあります。ポイントに分けて解説していきます。

従来プランは受付終了

新プランの提供とともに、従来プランの新規受付は終了となります。変更後にプランを戻したいということはできないので、よく確認した上で変更をしてください。

現在従来のプランを利用している方はそのまま継続利用ができますし、パケットプランの変更をすることも可能です。

「docomo with」から新プランに移行すると割引が外れる

docomo withの割引が外れる
docomo withの割引が外れる

docomo withは対象機種の購入で月額料金を1,500円割引してくれるサービスです。しかしプラン変更をすると、当然この割引の適用が外れてしまいます。

docomo withは2年を過ぎて、端末の分割代金を払い終えても割引が継続するので、こちらから新プランに変更するとかえって高くなってしまう場合があります。

同じスマホ端末を長く使い続けたいという方はそのまま継続で使った方がいいかもしれません。

docomo withを継続したい方はこちらをチェック

「月々サポート」適応中に移行すると月々サポートが外れる

月々サポートが外れる
月々サポートが外れる

月々サポートは、ご購入日の翌月を1か月目とし24ヶ月間一定の額を利用料から割引するサービスです。

同様に月々サポートを利用している人も、プラン変更してしまうと割引が外れます。24ヶ月間の割引期間がありますが、途中解約してしまうと残りの割引は適応にならないので、存してしまうことがあります。

期間がどのくらい残っているか確認が必要です。

「端末購入サポート」は期間前に変更すると解除料がかかる

端末購入サポートは、購入日の翌月を1か月目とし12ヶ月目まで使い続けることで、機種代金の一部が割引されるサービスです。

端末購入サポートもプラン変更すると外れてしまいます。端末購入サポートに関しては端末の残債+割引の半額分の違約金が発生するので、こちらも期間と残債額の確認を必ず行いましょう。

「ギガホ」「ギガライト」まとめ

新プランと特徴を紹介しつつ、従来プランとの比較を行いました。基本的には従来プランよりも安くなるケースが多く、とくにファミリー割引の対象で大容量プランを使っている方なら乗り換えたほうがお得です。

端末のサポートやdocomo with対象の方に関しては、残債額や違約金を確認し、今がお得なのか、タイミングをしっかり見極めてください。

「ギガホ割」は2019年9月30日までなので、夏モデルへの乗り換えと一緒に新プランへの変更を検討してみてもいいのではないでしょうか。

ギガホ・ギガライトのポイント

・ギガホ・・・30GBまで使える大容量の定額タイプ
・ギガライト・・・データ使用量に応じて料金がかわる従量制プラン

・基本プラン(通話)はオプションに。月額も約1,000円安い
・従来プランに比べて安くなる。特にデータ使用量が多い人の割引額が高い
・ただし、機種代金の割引サービスは継続されないので注意が必要

料金プランの見直しならこちらもチェック

→ ドコモ公式サイト

こちらの記事はいかがでしたか?

お役に立ちましたか?

送信する

もしよろしければお友達に
ご紹介お願いします!

  • ツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

特集コンテンツ

d-card

docomoのギガホ・ギガライト

Y!mobile 公式オンラインストアなら「限定商品!」「送料無料!」「24H受付OK!」

この記事を書いた人(編集:モバレコ編集部)

酒と音楽が好きな京都在住ライター。某格安SIMサイトで編集を担当していたが、心機一転し京都に移住。IT、ガジェットからサブカルチャーまで幅広いジャンルの執筆が可能。最近では京都のことも書けるように。