「ドコモ払い」と「d払い」の違いを解説! メリットがあるのはどっちだ?

書いた人: 恐竜也

カテゴリ: ドコモ

ツイート このエントリーをはてなブックマークに追加
「ドコモ払い」と「d払い」の違いを解説! メリットがあるのはどっちだ?

近年では現金での支払い以外にも、いわゆる「スマホ決済」と呼ばれるサービスが多様化しています。

ドコモが提供する決済方法としては「ドコモ払い」と「d払い」があります。

この2つの決済方法は次のような人におすすめです。

・ドコモ払い:とにかく設定するのが面倒な人
・d払い:店舗でも利用したい人、dポイントを貯めたり使ったりしたい人、クレジットカード払いをしたい人

一見似通ったように思える両者のサービス。

この記事では、ドコモ払いとd払いの特徴に触れた上で分かる違いについて、またそれぞれのメリットについて解説していきます。

目次:

ドコモの「ドコモ払い」とは?

「ドコモ払い」と「d払い」の違いを解説!

まずはドコモ払いについて見ていきましょう。

ドコモ払いは、対応サイトでのショッピング代金やゲームで課金した料金を、ドコモの携帯代と一緒にまとめて請求するものです。携帯料金と合算して支払う以外にも、「ドコモ口座」の残高から支払うこともできます。この支払い方法はドコモユーザー以外は利用できません

ドコモ払いが使えるのはネット上での支払いのみ。またこの支払い方法では、ネットショッピングや店舗での支払いに使える「dポイント」を貯めたり、使うことはできません

1日の利用限度額は10万円まで。限度額を10万円にするためには別途設定をする必要があります。上限設定をしない場合は5万円が限度額になります。

この支払い方法は、後述するd払いと比べると大きなメリットがなく、ネットでの料金支払いに使うことができる、という単純なものです。

しかし、d払いと比べると、アプリのインストールやその他の設定をしなくても利用可能というメリットもあります。

ドコモ払いの利用手順

ドコモ払いの利用はとても簡単。ネットショッピングで決済する際は、次の流れで決済しましょう。ざっくり言えば3ステップのみで完了です。

STEP1. 支払い方法で「ドコモ ケータイ払い」を選択する

STEP2. 4桁のネットワーク暗証番号を入力する

STEP3. 案内に従って購入手続きを進める

ドコモの「d払い」とは?

「ドコモ払い」と「d払い」の違いを解説!

続いて「d払い」について見ていきましょう。

d払いは入会金・年会費が無料の誰でも使うことができる決済サービス。ドコモユーザーでなくても、dアカウントを持っていれば利用可能です。

ドコモ払いとは違い、ネットでも店舗でも両方に使うことができます。店舗での支払い時にはスマホアプリを入れて、QRコードをかざすだけ。いわゆる「QRコード決済」サービスの一つで、支払いもとてもスムーズです。

この決済方法は、料金の支払いは携帯代と合算するか、クレジットカードでの支払いも選択できます。クレジットカードはVISAかMastercardのみ対応しています。

またこの決済方法ではdポイントを使う・貯めることが可能。dポイントをお得に貯めることができるクレジットカード、「dカード GOLD」を持っていればさらにポイント還元率が上がります。

ドコモ払いと違い、使うだけでdポイントを貯めることができるので、基本的な支払い方法としてd払いを利用するとよいでしょう。

ドコモの「d払い」の利用手順

d払いの利用は、ドコモ払いと同じくとても簡単です。まずは店舗での支払いについて見ていきましょう。

店頭での支払いで利用する場合

STEP1. レジで「d払いで」と伝える

STEP2. d払いアプリを起動し、QRコードを表示してコードリーダーで読み取る

ネットショッピングでは次のように利用します。

ネットショッピングの支払い利用の場合

STEP1. 支払い方法で「d払い」を選択する

STEP2. 4桁のネットワーク暗証番号を入力する

STEP3. 案内に従って購入手続きを進める

これだけで決済は完了です。

ドコモ払いとd払いの明確な違い

「ドコモ払い」と「d払い」の違いを解説!

ドコモ払いとd払いのサービス内容については理解いただけたかと思いますが、それぞれがどう違うのかが分かりにくいですよね。そこで、この2つをポイント事に比較してみました。

ドコモ払い d払い
利用できる人 ドコモユーザー 誰でもOK
利用場所 ネット 店舗・ネット
dポイント キャンペーン時のみ貯まる 貯まる・使える
支払い方法 ・電話料金と合算
・ドコモ口座から
・電話料金と合算
・クレジットカード
初期設定 不要 必要

このように、ドコモ払いとd払いを比較すると、d払いの方が店舗でも利用でき、dポイントを貯めて利用したり、クレジットカードからでも支払いができるとメリットが多くあります

それぞれどういう人におすすめ?

「ドコモ払い」と「d払い」の違いを解説!

前章で解説したように、店舗でも使いたい人、dポイントを貯めて使いたい人、クレジットカード払いをしたい人にとってはd払いがおすすめです。

反面、ドコモ払いは設定をしなくともネットショッピングで利用できます。d払いではアプリのインストールや初期設定が必要なので、設定が面倒という人にはドコモ払いをおすすめします。

ドコモユーザーは特に、dカード GOLDでの「iD決済」もおすすめ!

この記事を読んでいるのはドコモユーザーの方がほとんどだと思いますが、先述した「dカード GOLD」を持っている人が利用できる「iD決済」もおすすめの決済方法です。

iD決済は店舗で利用することができ、d払いと同様の非接触型の決済方法。クレジットカードか、Apple PayやGoogle Payを介してdカード GOLDを登録したスマホを専用端末にかざすだけで決済ができます。

また、今ならdカード GOLDに入会すると、iDキャッシュバックを最大で15,000円分受け取ることができます。iDキャッシュバックとは、iDの支払いにそのまま充当できるもの。つまり、15,000円貰うことと同じなのです。

iDキャッシュバックはdポイントに還元することも可能です。

さらにdカード GOLDを使った支払いは、dポイントとして還元されます。d払いと並行して利用することで、d払いとdカード GOLDの両方の還元を受けることもできるのです。

貯まったdポイントはもちろん、ドコモ利用料金に充当することができる為、一層お得になるので、ぜひともドコモユーザーの方はdカード GOLDを契約することをおすすめします。

dカードゴールドについての詳細はこちら

→ dカード GOLD特設キャンペーンページはこちら

d-card15000

まとめ:d払いを活用してポイントを有効的に貯めよう!

d払いキャンペーン

ドコモ払いとd払いの違いについて、またそれぞれのメリットを解説しました。最後にそれぞれの決済方法がどのような人におすすめなのかをおさらいしてみましょう。

【ドコモ払い】:とにかく設定するのが面倒な人

【d払い】:店舗でも利用したい人、dポイントを貯めたり使ったりしたい人、クレジットカード払いをしたい人

また現在、8月は次のようなd払いのキャンペーンを開催しています。それぞれのキャンペーンにエントリーが必要で、dポイントの還元率が上がります。

・「d払い20%還元キャンペーン」:d払いを使って決済するとdポイントを20%還元(8月13日~8月31日)
・「毎週おトクなd曜日キャンペーン」:金曜または土曜にd払いを使って決済するとdポイントを最大3倍還元!
・「dポイント スーパー還元プログラム」:店舗での買い物時にd払いかiD決済をすると、dポイントを最大7%還元

「d払い20%還元キャンペーン」は「毎週おトクなd曜日キャンペーン」または「dポイント スーパー還元プログラム」のどちらかと併用可能です。これらにエントリーして、どんどんdポイントを貯めていきましょう!

→ ドコモ公式オンラインショップはこちら

こちらの記事はいかがでしたか?

お役に立ちましたか?

送信する

もしよろしければお友達に
ご紹介お願いします!

  • ツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

特集コンテンツ

d-card

docomoのギガホ・ギガライト

Y!mobile 公式オンラインストアなら「限定商品!」「送料無料!」「24H受付OK!」

この記事を書いた人(編集:モバレコ編集部)

名古屋市在住のフリーWebライター。SEOに強い記事執筆が得意。その他の執筆ジャンルはお金、インタビュー、マーケティングなど。初心者ライター向けの講師としても活動中。Twitter:@ryu_n_11