UQモバイルの速度は遅い?速度に関する評判・遅い時の原因も解説!

書いた人: モバレコ編集部

カテゴリ: UQ mobile

UQモバイル 速度

今やスマホは、docomo、au、SoftBankだけじゃない。MVNOと呼ばれる携帯電話会社が毎月の携帯料金を抑えることができると話題で、大きく契約者数を伸ばしています。

MVNOは多くありますが、中でも高い通信品質を誇ると言われており、「安くて速い!」と評判なのがUQモバイル(UQ mobile)

最近はピンクのガチャピン、青のムック、三姉妹のCMでも話題になり、2016年10月以降急速に新規契約者数を伸ばし、MVNO市場の30%獲得が見えてきています。

今回はそんなUQモバイルの「速度」「通信」面にフォーカスを当て徹底的に紹介します。UQモバイルを検討中の方はぜひ参考にしてくださいね。

最大13,000円相当 au Pay還元中!

UQモバイルとは?主な特徴を解説

UQモバイルとは?主な特徴を解説

まずはUQモバイルの主な特徴について解説していきます。

auと同品質の通信回線、でも料金が安い!

UQモバイルで申し込み可能なプランは現在、シンプルに「くりこしプラン +5G」のみとなっています。

●UQモバイルの概要

くりこしプランS +5G くりこしプランM +5G くりこしプランL +5G
月額料金 1,628円 2,728円 3,828円
月間データ容量 3GB 15GB 25GB
速度制限
or
節約モード時
最大300kbps 最大1Mbps 最大1Mbps
通話料金 22円/30秒
通話オプション 通話パック(60分/月):550円
かけ放題(10分/回):770円
かけ放題(24時間いつでも):1,870円
契約期間違約金 なし

※価格はすべて税込

くりこしプランには使用量が少ないユーザー向きの「くりこしプランS +5G(月間3GB)」、多くの人に十分といえる「くりこしプランM +5G(月間15GB)」、たっぷり使いたいユーザー向けの「くりこしプランL +5G(月間25GB)」の3つがあります。

通話オプションは、月間合計60分までが定額になる通話パック1種類と、かけ放題が2種類展開されており、キャリアよりも安価な料金でオプションを追加することが可能。

また、くりこしプランM/Lなら速度制限にかかっても最大1Mbpsという中速で利用できます

1Mbpsというと、480pの動画なら視聴できるレベル。(参照:YouTubeヘルプ)メールやLINE、テキスト中心のWEBサイトならほぼストレスなく観覧できます。

くりこしプランM/Lを選ぶと通信制限以降もこの最大1Mbpsで使用できるので、高画質の動画を頻繁に見るという事でなければ、無制限プランを契約しているような感覚でUQモバイルを使うことも可能なのです。

もとの通信回線自体が大手キャリアのauと同じであり、auのサブブランドという立ち位置上auと同レベルの通信帯域を割り当てられていることから、混雑する昼・夕方の時間帯でも安定した通信を行うことができます

UQモバイルはauと同品質の通信が可能ながら、料金が抑えられたプランといえるでしょう。

利用者のお客様満足度が高い

UQモバイルは新規獲得をするだけではなく、実際に使っているユーザーの満足度も高いMVNOです。

「通信速度」「コストパフォーマンス」「ブランドイメージ」「利用サポート」「総合満足度」の5部門をユーザーへのアンケートを元に評価する【格安SIMアワード】では、2020年下期の「通信速度」部門で最優秀賞を受賞しています

また、MMD研究所による【2020年3月格安SIM・格安スマホ通信速度調査】では、主要3都市(東京、名古屋、大阪)のダウンロード速度の中央値が39.2Mbpsとトップ。

どの事業者でも混雑する傾向にある昼12時~13時の時間帯ではダウンロード速度の中央値が37.9Mbps、全日全時間帯の平均値の速度結果についても46.2Mbpsとダントツでトップをマークしています。

今や生活に欠かせないスマホですが、契約先の通信速度はやはり気になりますよね。その点UQモバイルは多くのユーザーが重要視する「通信速度」に定評がある格安SIMです。

また、ユーザー向けのサポートについても、よくある質問をまとめた専用ページの他、専用メールフォームからの問い合わせ、電話での問い合わせに対応しています。

特に電話での問い合わせに関しては、対応窓口となるUQお客様サポートセンターの受付時間が9:00~21:00(”年中無休“)となっており、平日は忙しくて電話できないといった方でも利用しやすくなっています。

通話料はスマートフォン、携帯電話、PHS、一般電話いずれからの発信でも無料となっている点も嬉しいところ。

こういった細かいサービスや、実店舗数も多く対面でのサポートも受けられるので、「初めて大手キャリア以外へ乗り換える」という方でも安心して利用できる、おすすめの格安SIMといえるのではないでしょうか。

UQモバイルの実際の通信速度は?他社との比較も実施

速度比較

述の通り、UQモバイルの最大の魅力である「通信品質」。毎月の携帯料金が安くなっても通信速度が遅いのは嫌だ、という人も多いのではないでしょうか?

もともとUQモバイルは速度や通信の安定性には定評があり、モバレコが行う格安SIMの速度比較でも常に安定した速度を誇っています。

実際に計測した数値を見てみましょう。

●速度計測条件

・調査場所:東京都港区周辺
・調査時間:毎週の平日、朝・昼・夜の3つの時間帯で調査。
・調査機種:ASUS ZenFone 3シリーズ
・調査方法:OOKLA SPEED TESTアプリを使用し、朝・昼・夜で上り・下りを3回ずつ計測しその平均を調査。

●UQモバイルの速度(2022年1月末時点)

下り
(ダウンロード)
上り
(アップロード)

(10:00~10:30)
74.67 11.00

(12:00~13:00)
136.67 9.5

(18:00~19:00)
41.33 2.1

※単位はMbps

高画質の動画視聴で20Mbps程度あると安心といったところですので、UQモバイルの100Mbps超えの速度はかなりの爆速といっても過言ではありません。

MVNOの通信速度はそもそもの測定場所であったり、契約者数や設備投資によっても変わってきますが、2022年現在「一番速いMVNO」と言ったら、間違いなくUQモバイルなのではないでしょうか?速度で選ぶならUQモバイルがオススメです!

UQモバイルの速度は実際どれ位使える?スマホとPCで試してみた

実際のところどれくらい使えるのかは気になりますよね。そこで、スマホとPC(テザリング)でUQモバイルの使用感を試してみました。

まずはスマホで操作したときの動画をご覧ください。使用端末はZenFone 3 Laserで、検索画面からモバレコにアクセスし、サイト内を閲覧しています。

その後、検索画面からYouTubeアプリを起動して、動画を再生してみました。

ワイモバイル

サイト閲覧は素早く表示されますし、動画も途中で止まることなく見ることができました。スマホでの利用は全く問題ないです

続いてはPCでテザリングしてみました。外出先でPCを使う方はかなり重要なチェックポイントになるかと思いますが、果たしてどうなるでしょうか。

使用端末は同じくZenFone 3 Laserで、スマホでの操作の時と同じく、検索でモバレコへアクセスしてサイトを閲覧後、YouTubeで動画を再生してみました

ワイモバイル

なんと、テザリングでもかなり快適に利用することが出来ました。ただ、動画ではわかりづらいくらいのレベルですが、光回線と比べるとクリックした時に若干反応に遅れを感じました。

さすがに光回線と比べてしまうのは酷ですが、全く同じように使えるわけではないようです。個人的な感想にはなりますが、外出先でこれくらいの速度なら大満足です。

au系の格安SIMと速度比較

続いて、UQモバイルと同じくau回線を使用する格安SIM各社と速度の比較を行ってみましょう。

●au系MVNOと通信速度を比較(2022年1月末時点)

※横にスクロールできます。

下り 上り 下り 上り 下り 上り
UQモバイル 74.67 11.00 136.67 9.5 41.33 2.1
mineo-A 130.0 10.53 1.6 6.1 4.83 3.13
BIGLOBEモバイル-A 12.67 10.17 7.5 10.17 8.0 10.67
IIJmio-A 31.87 4.77 1.27 2.03 8.87 2.2

※単位はMbps

格安SIMの多くは通信トラフィックが集中しがちな朝(通勤・通学の時間帯)、昼(昼休みの時間帯)、夜(18時以降)に通信速度が落ちる傾向にあります。

UQモバイルもこの傾向はあるのですが、他の格安SIMと比べると、混雑する時間帯においてもかなりの速度が出ていることがわかります。

朝・昼・夜を通して安定しており、安心のできる品質といえるでしょう。

ワイモバイルと速度比較

最後にソフトバンクのサブブランドであるワイモバイルと、auのサブブランドであるUQモバイルの速度を比較してみます。

●UQモバイルとワイモバイルの通信速度を比較(2022年1月末時点)

※横にスクロールできます。

下り 上り 下り 上り 下り 上り
UQモバイル 74.67 11.0 136.67 9.5 41.33 2.1
ワイモバイル 44.00 13.8 41.33 11.33 47.33 9.87

※単位はMbps

2022年1月末時点の実測値では2社を比較すると、UQモバイルの速度が圧倒的に速く安定していることは一目瞭然です。

UQモバイルは通信速度に定評のある事業者なので、通信速度の維持には力を入れているようですね。

最大13,000円相当 au Pay還元中!

UQモバイルの速度に関する口コミ・評判をチェック

UQモバイルの速度に関する口コミ・評判をチェック

それでは実際にUQモバイルを利用しているユーザーや、UQモバイルを検討している人がどこを見ていたか、といった口コミ・評判も見てみます。

良い口コミ・評判

UQモバイルの速度に関する口コミは「速い」という驚きの声を多く見かけました。実際に、速度を重視するユーザーにも好評なようです。

大手キャリアのauから乗り換えたユーザーから見ても通信速度がほぼ変わらないというのは、UQモバイルの通信品質の良さが伺える口コミですね。

他社格安SIMと比較するとどの時間帯においても通信速度はよくでている傾向にあり、速度面でストレスフリーに使える格安SIMを探している場合には、希望にマッチする可能性が高いといえるでしょう。

悪い口コミ・評判

良い口コミがある一方、速度に関して「遅くなった」という声も見られました。

大元のau回線自体が入りやすい地域かどうかという点もありますが、契約が増加する時期にはユーザーが増えたことで一時的に通信速度が落ちる可能性もあります。

通信速度において、使うユーザーの使用感が一番重視されるべきポイントであることは事実です。

UQモバイルのくりこしプラン +5Gに違約金は発生しないため、もしもご自身の活動範囲で著しく速度が遅いという事があれば、ドコモやソフトバンク回線を使った事業者へ乗り換えるなどを検討してもいいかもしれません。

その他の速度・通信面に関する口コミ・評判

UQモバイルの口コミにおいて、素の速度の速さ・遅さといった声に次いで「速度制限時でも問題なく使える」といった声が多く見られました。

詳しくは後述いたしますが、UQモバイルには「節約モード」という、速度を制限する代わりにデータ使用量をカウントしない機能があります。

くりこしプランM/Lであれば、この節約モード時でも最大1Mbpsで利用できるので、高速通信が必要な時以外は節約モードを活用するという使い方が可能です。

速度制限を気にして大容量プランを契約しなくてもいい、という点もUQモバイルの魅力ですね。

最大13,000円相当 au Pay還元中!

UQモバイルで速度が急に遅くなった!考えられる原因と解決方法

UQモバイルで速度が急に遅くなった!考えられる原因と解決方法

通信品質が良いと評判のUQモバイルですが、ご紹介した口コミのように速度が遅いと感じた場合はどうしたらいいのでしょうか?

急に速度が遅くなったと感じる際の原因としては、以下のような場合が考えられます。

●UQモバイルで速度が遅くなる原因

・月間のデータ容量を使い切ってしまった(速度制限にかかった)
・フリーWiFiに繋がっている
・屋内などの電波が入りにくい場所にいる
・通信障害が起きている

月間のデータ容量を使い切ってしまった

上記の原因のうち、月間データ容量を使い切ってしまった場合にはいわゆる速度制限にかかった状態になります。

くりこしプランM/Lであれば速度制限にかかっても最大1Mbpsを維持できますが、くりこしプランSでは最大300kbpsまで速度が低下してしまうので、かなり速度が遅く感じるでしょう。

くりこしプランM/Lにおける制限時の速度についても、最大1Mbpsは高速ではなく中速の域ですので、常にサクサク通信できる環境を求める方には遅く感じる可能性もあります。

こういった場合の対策としては、「データチャージを行う」または「データ容量の大きいプランに変更する」という方法が挙げられます。

UQモバイルではUQモバイル ポータルアプリまたはUQ mobileデータチャージサイトから、100MB/220円、500MB/550円のデータチャージが可能です。

ただし、1GBチャージしようとすると少なくとも1,100円はかかるので、毎月データ容量が足りなくなるのであれば、プラン変更をした方が同じ料金で10GBほど多く利用できるようになります。

どれくらいのデータ容量が足りなくなってしまうのかに合わせて、データチャージをするかプラン変更をするか選ぶようにしましょう。

通信障害が起きている

これはUQモバイルに限った事ではありませんが、格安SIMは大元のキャリア回線の一部を借りて通信サービスを提供しています。

UQモバイルはauのサブブランドの立ち位置ですので他社格安SIMよりも使える通信帯域は広いのですが、それでもau回線自体に通信障害が起こった際にはその影響を受けてしまいます。

速度制限にかかったわけでもなく、普段は問題なく使えているにも関わらず急に遅くなったと感じた場合には、au回線に通信障害が起きていないかチェックしてみましょう。

参考:UQモバイル公式サイト | 障害情報

UQモバイルでの通信に便利な4つの機能

UQモバイルでは、データ通信に関する特筆すべき便利な機能を4つ用意しています。ここでは個別にその内容を見ていきましょう。

データ容量くりこし

余った高速データ通信容量は翌月末までくりこし可能
余った高速データ通信容量は翌月末までくりこし可能

1つめは「データ容量のくりこし機能」です。

これはそのままですが、当月分として余ってしまった高速データ通信容量を翌月末までくりこすことが可能です。

前述のターボ機能を活用して節約すれば、その分、翌月は少し余裕を持って高速データ通信を利用する、といったことも可能になります。

なお前月からのくりこしがある場合、使用される順序は「前月分からくりこした高速データ通信容量」→「当月分の高速データ通信容量」→「追加購入したデータ通信容量」となるため、基本的に使用を焦る必要もありませんよ。

節約モード

節約モード
速度が制限される代わりにデータ消費ゼロに

2つめは「節約モード」です。

これはくりこしプランSなら最大300kbps、くりこしプランM/Lなら最大1Mbpsに速度が制限される代わりに、データ消費量がカウントフリーになる機能です。

節約モードはSNSや音楽サービス、YouTubeなど対象サービスに制限はありません。「UQモバイル ポータルアプリ」から高速通信と低速・中速通信の切り替えをすることで、高速通信が必要ない時はデータ容量を節約することができます。

データくりこしと併用することで、本来契約しているデータ容量よりも余裕をもって運用する、なんてことも可能です。

UQモバイル ポータルアプリ

UQモバイル ポータルアプリ
多機能で便利な公式アプリ「UQモバイル ポータルアプリ」

3つめは「UQモバイル ポータルアプリ」です。

こちらはUQモバイルが公式アプリとして提供しているもので、現在の高速データ通信容量の利用状況、節約モードのON・OFF、データチャージ(追加購入)や残量確認を簡単に行なえるようになっています。

アプリ自体はAndroid/iOSの両主要OS向けに提供されており、それぞれの公式アプリストア(Google Play/App Store)からダウンロード・インストールが可能です。

データチャージ

万が一の場合はチャージ(追加購入)もできる
万が一の場合はチャージ(追加購入)もできる

4つめは「データチャージ」

月半ばにしてどうしても高速データ通信容量がなくなってしまった、そんな場合に高速データ通信容量が追加購入できるしくみです。

購入単位は「100MB」または「500MB」となっており、価格などは次の通りです。

100MB(0.1GB) 220円(税込)
500MB(0.5GB) 550円(税込)

チャージした高速データ通信容量の有効期限は90日間

前回チャージした分がまだ残っている状態で追加購入した場合は、すべてのチャージ分の有効期限が、最終購入日より90日後に上書き更新されます

UQモバイルのメリットやデメリット

UQモバイルのメリットやデメリット

ここまで紹介してきた料金プランや通信速度に加えて挙げられる、UQモバイルのメリット・デメリットも紹介していきます。

メリット:SMS/テザリング/音声通話プラン専用オプションが無料

UQモバイルならではのメリットといえる2つ目のポイントはSMSやテザリング利用、音声通話プラン専用の通話転送サービスといったオプション機能が無料で利用できること。

SMS機能に関しては、多くの格安SIMで有料オプションとして提供されていますが、UQモバイルの場合はデータ通信専用プランであっても、無料でSMS機能が付いてきます(※SMS送信料は別途発生します)。

テザリングに関しては一部機種によって(ハード的に)利用できないケースもありますが、そういった対応状況は動作確認端末一覧でしっかり確認が可能。

動作確認端末一覧|UQmobile|格安スマホ・格安SIMのUQmobile

今やタブレットにパソコン、ゲーム機といったようにインターネットに接続して楽しむ機器も多く、活用する場面も多い「テザリング」。当然データ通信容量は気にする必要がありますが、この「テザリング機能」自体が無料で使える点は魅力的です。

メリット:店舗での即日開通が可能

クレジットカードなら即日開通も可能
クレジットカードなら即日開通も可能

UQモバイルの店舗では、最短30分で開通・乗り換えが可能です。新規契約はもちろん、MNP転入を利用した他社からの乗り換えでもOK。

UQモバイルは全国のUQスポットやau ショップ、家電量販店にあるUQモバイルのカウンターなど、申し込みが可能な実際の窓口が多い事も特徴です。

オンライン手続きはどうしても不安がある方、SIMカードが到着するまで待てない!という方はUQモバイルの申し込み可能な店舗がおすすめですよ

デメリット:直近3日間の速度制限がある

UQモバイルの通信面でのデメリットとして挙げられるのが、直近3日間の速度制限です。

直近3日間に6GB以上の利用があったユーザーは、ネットワーク混雑回避のため、翌日にかけて速度が制限されてしまうのです。

au回線を使用しているMVNOによく記載されているデメリットになりますが、旅行先でWiFiに繋げないといった場合、データ消費がかさんで直近3日間の速度制限にかかってしまうと不便ですよね。

こちらに関しては、節約モードを活用しデータ消費を抑えることで対策を打てる可能性が高いです。

もし、あまりにも直近3日間の速度制限にかかる頻度が高い際には、別回線のMVNOへ乗り換えるという手も検討しましょう。

UQモバイルは最新のiPhoneシリーズでも使用できる?

UQモバイルでSIMカードとセットでスマホを購入するのがもっとも間違いないといえますが、やはり最新のiPhoneで使いたい!という人もいますよね。

2021年12月時点でUQモバイルの動作確認端末リストを確認してみると、最新モデルのiPhone 13やiPhone 12、旧モデルのiPhone 8/8 Plus、iPhone 7/7 Plusを含むiPhoneシリーズの動作確認がとれています。

iPhone

実際にSIMフリーモデルのiPhone 7以降のモデルをUQモバイルのSIMカードで使用するにあたり主に注意したいことは次の2点です。

  • SIMカードの種類はマルチSIM(VoLTE対応)を選ぶ
  • プロファイルの設定にはWi-Fi環境が必要

SIMカードでモバイルデータ通信を行なうために必要なプロファイルの設定に関しては、UQモバイルのSIMカードを挿した後、UQモバイル公式サイト内のiOS端末の設定方法のページからプロファイルをダウンロード・インストールすることになります。

この際、設定前のタイミングではSIMカード自体で通信ができない=プロファイルがダウンロードできない状況になるので、利用に当たっての初期設定時にはWi-Fi環境が必要です。

UQモバイルのキャンペーン

最後にUQモバイルのキャンペーンや割引サービスをご紹介します。

SIMのみご購入&くりこしプラン +5Gご契約でキャッシュバック

自宅セット割
SIMのみ契約でキャッシュバックを受けられる

UQモバイル公式オンラインショップ限定で実施中の、最大10,000円相当のau PAY残高がキャッシュバックされるキャンペーンです。

キャッシュバック額は契約方法・契約プランによって変わり、端末内蔵型のSIMである「eSIM」で申し込むと3,000円相当が増額されます。

UQモバイルの目玉キャンペーンですので、今使っているスマホをそのまま乗り換え予定の方はぜひチェックしてください。

自宅セット割

自宅セット割
自宅セット割は1人でも適用できる

2021年9月より開始した「自宅セット割」は、現状UQモバイル唯一の常設割引サービスとなっています。

UQモバイルとauでんき、またはauひかりなどの対象インターネットサービスをセットで契約することで、くりこしプランS/Mなら638円/月、くりこしプランLなら858円/月の割引を受けることができます。

自宅セット割は、家族はもちろんのこと単身のユーザーも利用できる割引サービスです。

auでんきは地域の電力会社と同じ料金設定で、ご利用の電気料金に応じて最大5%相当分のPontaポイントの還元を受けることができ、割引を受けるために別途オプションに加入する必要もありません

スマホはUQモバイルへ、電気やネットは対象サービスへそれぞれ乗り換えると、管理も楽で割引も入るのでお得ですよ。

2022年版学割「UQ応援割(U18&家族)」提供開始!

UQ応援割(U18&家族)

5歳以上18歳以下のユーザーとその家族を対象にしたUQモバイルの学割「UQ応援割」が、2022年版の受付を開始しました。

UQ応援割に加入したユーザー及びその家族のUQmobileの月額料金が、12ヶ月間1,100円割引となります。

増量オプションII加入で20GBが利用できる「くりこしプランM +5G」の場合、家族全員990円/月~から利用できます。

内容 ▼割引内容
くりこしプランMまたはL +5Gの月額料金を12ヶ月間1,100円割引

▼適用例
○くりこしプランM +5G(20GB/月)の場合
割引前3,278円/月
 → UQ応援割&自宅セット割適用後990円/月~
○くりこしプランL +5G(30GB/月)の場合
割引前4,378円/月
 → UQ応援割&自宅セット割適用後1,870円/月~

※プランの月間データ容量は「増量オプションII 1年間無料キャンペーン」適用前の金額

適用期間 2021年12月3日(金)~終了日未定
適用条件
注意事項

○本人
・年齢が5歳以上18歳以下であること
・新たに「くりこしプランM +5G」または「くりこしプランL +5G」に加入するか、加入しているユーザーが機種変更すること

○家族
・本人と同じ自宅セット割グループ(※)に新たに加入、または加入していること
・新たに「くりこしプランM +5G」または「くりこしプランL +5G」に加入するか、加入しているユーザーが機種変更すること

※自宅セット割 でんきコースまたはインターネットコースの適用条件を満たしていることが必要です。
また、2021年11月24日以前に「自宅セット割でんきコース」または「インターネットコース先行キャンペーン」に加入済みの方は、自宅セット割グループへのご加入の申し込みが別途必要です。

自宅セット割適用時であれば1回線目から割引が適用となり、増量オプションIIを利用した場合は、家族全員が20GB:990円/月~利用できます。

なお、でんきコースなら自宅の電気を切り替えるだけで、家族全員に割引が適用になります。

まとめ:ストレスのない通信品質はかなり魅力的

最後に、UQモバイルの特徴を改めてまとめておきます。

【UQモバイルの特徴】

・通信品質、速度は数多いMVNOの中でもトップクラス
・限られたデータ通信を賢く使うための機能が揃っている
・プランの種類は多くはないがわかりやすい
・直近3日間の速度制限がある
・LINEのID検索ができない

UQモバイルの速度に注目して実測値や口コミ・評判を見てきましたが、やはりUQモバイルの最大の特徴といえるのは格安SIM界においても屈指といえる通信品質の高さでしょう。

使用するスマートフォンを選ぶ際には動作する・しないの相性をより気をつけて確認する必要がありますが、気に入った機種が使えるのであれば、通信速度はストレスフリーで使える内容だと思います。

大手キャリア以外の選択肢も増えている昨今、UQモバイルはまずおすすめしたい格安SIMです。

最大13,000円相当 au Pay還元中!

18歳以下の学生ならUQモバイルがお得!

UQ応援割

学生なのでスマホにかかる料金は安く済ませたい、でも通信品質は悪くないのがいいとお悩みの人にはUQモバイルがおすすめです。

au回線で通信品質も高く、安心して利用することができ、さらに12月から「UQ応援割」が開始され、5歳以上18歳以下の人は12ヶ月間1,100円の割引が受けることができます。

例えば、くりこしプランM+5G(20GB)を利用した場合下記の料金になります。

  • プラン料金:2,728円/月
  • UQ応援割:-1,100円
  • 増量オプション:550円→無料

※加入月から最大13ヶ月間

合計:1,628円

20GBの容量が1年間、2,000円以内でお得に利用することができます!さらに自宅セット割も適用すれば990円 / 月で使うことができさらにお得にすることも。

新生活に向けてぜひチェックしてみてはいかがでしょうか。

UQモバイルで実施中のキャンペーン

UQmobile
  • 【緊急値下げ】
    スマホ最大22,000円割引セール
  • SIMのみで
    最大13,000円相当 au Pay残高還元

毎月のスマホ料金を安くしたい方は、ぜひプロに無料相談ください!

キシュヘン

ネットで色々なスマホプランを調べても、結局どのプランが自分に合っているのか迷いますよね。

そんな方は、直接プロに相談するのも手段の1つ!

モバレコの運用する「キシュヘン」であれば、チャットで最短3分と手軽に相談できるのでおすすめです。

しかも相談手数料は無料、営業活動も一切ないため安心して利用できます。

スマホプランに目星がついている方もぜひ一度、活用してみてはいかがでしょうか!

この記事を書いた人(編集:モバレコ編集部)

モバレコ編集部

モバレコ編集部

スマホ、ケータイ、docomo、au、ソフトバンク、格安SIMに関する総合情報メディア「Mobareco-モバレコ」の記事コンテンツの制作を監修。スマホのレビュー、サービス解説、ライフハックからトラブルシューティングガイドなどの幅広いジャンルのコンテンツディレクションを手掛ける。『スマホをもっとわかりやすく。もっと便利に。』ユーザー目線に沿ったコンテンツを発信中。Twitter:@mobareco_jp

特集コンテンツ

d-card

d-card

Let's Share!

  • Twitter シェアアイコン
  • facebook シェアアイコン
  • はてなブックマーク シェアアイコン
  • Pocket シェアアイコン