mineo(マイネオ)のセット端末はどれがおすすめ?端末保証サービスも解説!

書いた人: NINO

カテゴリ: mineo

mineoの端末、おすすめはどれ?端末保証サービスとともに解説

mineo(マイネオ)はドコモ・au・ソフトバンクのトリプルキャリア回線に対応した格安SIMで人気を集めているMVNOです。

ドコモ回線のDプラン、au回線のAプラン、ソフトバンク回線のSプラン、それぞれで、豊富なSIMフリー端末のラインナップが揃っていて、SIMとセットでお得に利用することができます。

では、mineoの端末はどれを選ぶのが良いのでしょうか?そんな疑問を解決するべく、mineoで取り扱っている各端末のオススメポイントや端末保証サービスについて徹底解説します。

目次:

mineoの対応端末について

mineoの対応端末について
mineoの対応端末について

格安SIMであるmineoで通信サービスを利用するには、以下のような端末が必要です。

mineoで利用できる端末
・mineoで販売されているmineo端末
・キャリアによるロックがかかっていないSIMフリー端末(D・A・Sプラン両対応)
・ドコモで販売された端末(Dプランのみ) ※要確認
・auで販売された端末(Aプランのみ) ※要確認
・ソフトバンクで販売された端末(Sプランのみ) ※要確認

mineoで販売されている端末であれば、初期設定をすることもなく、SIMカードを挿入するだけですぐに使えるので便利です。

持ち込みの端末については、SIMフリー端末であれば基本的には全て使用可能。原則、ドコモ系の端末はDプランでのみ、au系の端末はAプラン、ソフトバンク系の端末はSプランで使用できます。

ただし、持ち込み端末の場合は使用できないものもあるので、下記のmineo公式ページから動作確認端末一覧を事前に確認しておくことをオススメします。

mineoでセット販売されている端末

mineoではドコモ回線のDプラン、au回線のAプラン、ソフトバンク回線のSプラン、それぞれに対応した端末が豊富に揃っています。販売されている端末は以下のとおり。

mineoで販売されている端末(記事更新時点)

端末名 対応回線
Xperia Ace ドコモ / au / ソフトバンク
ZenFone 6 ドコモ / au / ソフトバンク
ZenFone Max (M2) ドコモ / au / ソフトバンク
ZenFone Live(L1) ドコモ / au / ソフトバンク
ZenFone Max(M1) ドコモ / au / ソフトバンク
HUAWEI nova 5T ドコモ / au / ソフトバンク
HUAWEI P30 ドコモ / au / ソフトバンク
HUAWEI P30 lite ドコモ / au / ソフトバンク
HUAWEI nova lite 3 ドコモ / au / ソフトバンク
HUAWEI Mate20 Pro ドコモ / ソフトバンク
AQUOS zero SH-M10 ドコモ / au / ソフトバンク
AQUOS R2 compact SH-M09 ドコモ / au / ソフトバンク
AQUOS sense3 SH-M12 ドコモ / au / ソフトバンク
AQUOS sense2 SH-M08 ドコモ / au / ソフトバンク
Fujitsu arrows M05 ドコモ / au

これらのmineo端末の場合、初期設定は不要でSIMを挿入するだけですぐに通信サービスを利用できるので、格安スマホ初心者の方にもオススメです。

mineoで販売されているスマホについてそれぞれ解説していきので、ぜひチェックしてみてください。

Xperia Ace【ドコモ / au / ソフトバンク対応】

Xperia Ace

人気のXperiaから片手に収まる使い易さを重視したコンパクトモデルのXperia Ace。

低価格ながらXperiaコンパクトシリーズでは初のハイブリッド手ブレ補正(光学式手ブレ補正+電子式手ブレ補正)や超広角セルフィーなどカメラへのこだわりも感じられます。

おサイフケータイや防水防塵、microSDカードで容量の拡張対応など欲しい機能が詰まった1台。価格以上に満足度が高く、バランスの取れた機種になっています。

OS Android 9.0
CPU Snapdragon 630
メモリ ROM:64GB/RAM:4GB
外部:microSD対応
サイズ(幅×高さ×厚さ) 約140×67×9.3mm
ディスプレイ 約5.0インチ
FHD+(2,160×1,080)
トリルミナスディスプレイ for mobile
重量 154g
カメラ メイン:メイン:1,200万画素(アウトカメラ)/800万画素(インカメラ)
バッテリー容量 2,700mAh
価格 一括:44,880円
分割:1,870円/月×24カ月

ZenFone 6【ドコモ / au / ソフトバンク対応】

ZenFone 6

ZenFoneシリーズのフラグシップモデル「ZenFone 6」

ベゼルを極限まで小さくするために、180°回転する特徴的な「フリップカメラ」を採用。メインカメラがインカメラを兼ねているため、前面のボディがほぼディスプレイになっており、高い没入感かつ迫力のある映像が楽しめます。

ボタンをスライドすることでカメラの角度を自由に変えられる「フリーアングル撮影」や、フリップカメラが自動で動いてパノラマ撮影ができる「オートパノラマ」など簡単に味のある写真が撮れます。

5,000mAhの超大容量バッテリーは、なかなか充電ができない旅行時にも役に立つ優れもの。

OS Android™ 9.0 Pie
CPU Snapdragon 855
オクタコア2.84GHz
メモリ ROM:128GB/RAM:6GB
外部:microSD対応(最大2TB)
サイズ(幅×高さ×厚さ) 約75.4×159.1×9.1mm
ディスプレイ 約6.4インチ 2,340×1,080(フルHD+)
重量 約190g
カメラ フリップカメラ:4,800万画素 / 1,300万画素
バッテリー容量 5,000mAh
価格 一括:67,200円
分割:2,800円/月×24カ月

ZenFone Max (M2)【ドコモ / au / ソフトバンク対応】

ZenFone Live(L1)

ASUSから発売されている「ZenFone Max(M2)」は、お手頃な価格ながらも6.3インチ縦横比19:9のディスプレイ、デュアルレンズカメラといったトレンドやマルチキャリアVoLTE対応、DSDV対応という珍しい機能も搭載したモデルです。

マルチキャリアVoLTE・DSDVに対応しており、かつトリプルスロットで2枚のSIMカードとmicroSDカードを同時に使えます。

お手頃な価格でしっかり使えるスマホが欲しい、DSDV対応のスマホを使ってみたいという人におすすめの端末です。

OS Android™ 8.1 Oreo
CPU Qualcomm® Snapdragon™ 632 (オクタコアCPU)
メモリ ROM:32GB/RAM:4GB
外部:microSD対応(最大2TB)
サイズ(幅×高さ×厚さ) 約76.2×158.4×7.7mm
ディスプレイ 約6.3インチ 1,520×720(HD+)
重量 約160g
カメラ メイン:メイン:1,300万画素(アウトカメラ)/500万画素(インカメラ)
バッテリー容量 4,000mAh
価格 一括:22,800円
分割:950円/月×24カ月

ZenFone Live(L1)【ドコモ / au /対応】

ZenFone Live(L1)

スリムで軽量なコンパクトボディでありながら、3,000mAhの大容量バッテリーに、大画面で見やすい5.5インチサイズのディスプレイを採用。

また、SIMカードスロットにはnanoSIMカード2枚とmicroSDカードを一緒にセットして同時に使用することができる、トリプルスロットを搭載しています。

キッズモードや簡単モードなど、誰でも使いやすいユーザーインターフェイスも魅力的です。

OS Android™ 7.1.1 Nougat
CPU Qualcomm® Snapdragon™ 430
オクタコアCPU 1.4GHz
メモリ 内蔵:ROM:32GB/RAM:2GB
外部:microSD対応
サイズ(幅×高さ×厚さ) 約71.1×147.2×8.1mm
ディスプレイ 約5.5インチ 1,440×720(HD+)
重量 約140g
カメラ メイン:メイン:1,300万画素(アウトカメラ)/500万画素(インカメラ)
バッテリー容量 3,000mAh
価格 一括:16,800円
分割:700円/月×24カ月

ZenFone Max(M1)【ドコモ / au /ソフトバンク対応】

ZenFone Max(M1)

コンパクトなサイズ感ながら、5.5インチの大画面と、何より4,000mAhの大容量バッテリーを搭載しているのが魅力的です。

リバースチャージ機能により、他の機器への充電ができるモバイルバッテリーのような役割を果たすこともできます。

OS Android™ 8.0 Oreo
CPU Qualcomm® Snapdragon™ 430 オクタコアCPU
1.4GHz×8
メモリ 内蔵:ROM:32GB/RAM:3GB
外部:microSD (最大2TB)
サイズ(幅×高さ×厚さ) 約70.9×147.3×8.7mm
ディスプレイ 約5.5インチ 1,440×720(フルHD+)
重量 約150g
カメラ メイン:1,300万画素+800万画素 広角
サブ:800万画素
バッテリー容量 4,000mAh
価格 一括:19,800円
分割:825円/月×24カ月

HUAWEI nova 5T【ドコモ / au / ソフトバンク対応】

HUAWEI Mate20 Pro

コストパフォーマンスの高いnovaシリーズながらフラグシップモデルと同じチップと、“プロ級”を謳う5つのAIカメラを搭載したHUAWEI nova 5T。

パンチホール式のフルビューディスプレイは、コンパクトなボディながら高い没入感と迫力のある映像が楽しめます。

メインカメラには広角・超広角・被写界深度測定・マクロといった4つのレンズでさまざまなシーンの撮影ができます。

OS Android™ 9.0
CPU HUAWEI Kirin 980オクタコア
(2×2.6GHz + 2×1.92GHz + 4×1.8GHz)
メモリ ROM 128GB/RAM 8GB
外部:microSD非対応
サイズ(幅×高さ×厚さ) 約73.97×154.25×7.87mm
ディスプレイ 約6.26インチ 2,340×1,080ドット(フルHD+)
重量 約174g
カメラ メイン:4,800万画素+1600万画素(超広角)+200万画素(深度補助)+200万画素(マクロ)
サブ:約3200万画素
バッテリー容量 3,750mAh
価格 一括:51,600円
分割:2,150円/月×24ヶ月

HUAWEI P30【ドコモ / au / ソフトバンク対応】

HUAWEI P30

しずく型ノッチを採用したワイドディスプレイをはじめ、爆速の画面内指紋認証や顔認証、機能別に3つのレンズを使い分ける驚異的なカメラ性能など機能を豊富に盛り込んだフラグシップモデル

Kirin 980の画像処理プロセッサや自己学習アルゴリズムを組み合わせることで非常に暗所に強く、スマホカメラの常識を変える驚きの高画質な写真が撮れます。

米中関係の騒動により一時販売休止を余儀なくされましたが、2019年6月3日より家電量販店やMVNO回線とのセット販売を再開しています。

OS Android™ 9.0 Pie
CPU Huawei Kirin 980 オクタコアCPU
2.6GHz×2+1.9GHz×2+1.8GHz×4
メモリ ROM 128GB/RAM 6GB
外部:NMカード(256GB)
サイズ(幅×高さ×厚さ) 約71×149×7.6mm
ディスプレイ 約6.1インチ 2,340×1,080
重量 約165g
カメラ メイン:4,000万画素(広角)/1,600万画素(超広角)/800万画素(望遠)
サブ:3,200万画素
バッテリー容量 3,650mAh
価格 一括:74,400円
分割:3,100円/月×24ヶ月

HUAWEI P30 lite【ドコモ / au / ソフトバンク対応】

HUAWEI P30 lite

P30シリーズの中で最もグレードの低いモデルではありますが、3万円台から購入できるミドルレンジスマホとしては十分な性能を有するモデルです。

トリプルレンズカメラを搭載しており、細かいディテールもくっきり綺麗な画像が撮れます。安価ながらカメラも綺麗に撮れるスマホが欲しい方におすすめです。

OS Android™ 9.0 Pie
CPU HUAWEI Kirin 710 オクタコアCPU
2.2GHz×4+1.7GHz×4
メモリ ROM 64GB/RAM 4GB
外部: microSD™(最大512GB)
サイズ(幅×高さ×厚さ) 約72.7×152.9×7.4mm
ディスプレイ 約6.15インチ 2,312×1,080
重量 約159g
カメラ メイン:2,400万画素(広角)/800万画素(超広角)/200万画素(望遠)
サブ:2,400万画素
バッテリー容量 3,340mAh
価格 一括:32,400円
分割:1,350円/月×24ヶ月

HUAWEI nova lite 3

HUAWEI nova lite 3

大ヒットしたnova lite 2の後継機であるHUAWEI nova lite 3。

しずく型ノッチを採用したフルビューディスプレイや、HUAWEIのミドルレンジモデル初となるAI搭載のカメラなどコスパが魅力的なモデルです。

従来機種から基本スペックやカメラ性能を向上させており、さらにAI搭載のカメラが使えて2万円台で購入できるのは非常に魅力的です。

OS Android™ 9.0 Pie
Emotion UI 9.0.1
CPU Huawei Kirin710 オクタコアCPU
2.2GHz×4+1.7GHz×4
メモリ 内蔵:ROM 32GB/RAM 3GB
外部:microSD™(最大512GB)
サイズ(幅×高さ×厚さ) 約73.4×155.2×7.95mm
ディスプレイ 約6.21インチ 2,340×1,080
重量 約160g
カメラ メイン:1,300万画素 / 200万画素
サブ:1,600万画素
バッテリー容量 3,400mAh
価格 一括:24,000円
分割:1,000円/月×24ヶ月

HUAWEI Mate20 Pro【ドコモ / ソフトバンク対応】

HUAWEI Mate20 Pro

HUAWEIの史上最高傑作モデル。Leica社製のトリプルレンズカメラに、防水防塵機能、大容量バッテリーに最高性能CPUを搭載。

どこをとっても文句なしのパフォーマンス。とにかくハイエンドなスマホが欲しい人はおすすめです。

OS Android™ 9.0 Pie
Emotion UI 9.0
CPU Huawei Kirin980 オクタコアCPU
2×2.6GHz+2×1.92GHz+1.8GHz×4
メモリ 内蔵:ROM 128GB/RAM 6GB
外部:NMカード(128GB)
サイズ(幅×高さ×厚さ) 約72.3×157.8×8.6mm
ディスプレイ 約6.39インチ 3,120×1,440(2K+)
重量 約189g
カメラ メイン:4,000万画素(広角)/2,000万画素(超広角)/800万画素(望遠)
サブ:2,400万画素
バッテリー容量 4,200mAh
価格 一括:99,600円
分割:4,150円/月×24ヶ月

AQUOS zero SH-M10【ドコモ / au /対応】

HUAWEI Mate20 Pro

圧倒的な軽さを誇るボディとAQUOSスマホとして初の有機ELディスプレイを搭載したAQUOS zero。

持ちやすさと操作性に優れる独自のラウンドフォルムデザインと長時間の連続使用も快適な軽量さが特徴。最近のスマートフォンは重すぎて使いづらいと感じている人はぜひ手にとって体感してほしい1台です。

OS Android™ 9.0 Pie
CPU Qualcomm® Snapdragon™ 845 オクタコアCPU
2.6GHz×4+1.7GHz×4
メモリ ROM 128GB/RAM 6GB
外部:microSD非対応
サイズ(幅×高さ×厚さ) 約73×154×8.8mm
ディスプレイ 約6.2インチ 2,992×1,440
重量 約146g
カメラ メイン:2,260万画素
サブ:800万画素
バッテリー容量 3,130mAh
価格 一括:96,000円
分割:4,000円/月×24ヶ月

AQUOS R2 compact SH-M09【ドコモ / au /対応】

AQUOS R2 compact

フラッグシップモデルAQUOS R2をそのまま小型軽量化したハイスペック仕様のコンパクトモデルAQUOS R2 compact。

コンパクトサイズながら5.2インチのディスプレイを採用し、ハイエンドにふさわしいスペック性能を持つ「AQUOS R2 Compact」は普段遣いで十分満足できる仕上がりです。

おサイフケータイや防水・防塵といった今では必須な国産機能、指紋認証と顔認証の2つの生体認証も搭載で、あると便利な機能もしっかりと詰まっています。

OS Android™ 9.0 Pie
CPU Qualcomm® Snapdragon™ 845 オクタコアCPU
2.6GHz×4+1.7GHz×4
メモリ ROM 64GB/RAM 4GB
外部:microSD™/SDHC™/SDXC™(最大512GB)
サイズ(幅×高さ×厚さ) 約64×131×9.3mm
ディスプレイ 5.2インチ 2,280×1,080 (フルHD+)
重量 約135g
カメラ メイン:2,260万画素
サブ:800万画素
バッテリー容量 2,500mAh
価格 一括:74,880円
分割:3,120円/月×24ヶ月

AQUOS sense3 SH-M12【ドコモ / au /対応】

AQUOS sense3

電池残量を気にせず、サクサク快適に使えるAQUOS sense3。

前モデルと比べて基本性能やカメラ性能が向上しており、より多くの人に満足できるミドルレンジモデルに仕上げられています。

大容量の4000mAhのバッテリーや顔認証と指紋認証の両方に対応した2つの生体認証、キャッシュレス社会にしっかりと対応できるおサイフケータイも搭載で、様々な面で抜かりのない1台となっています

OS Android™ 9.0 Pie
CPU Qualcomm® Snapdragon™ 630 (SDM630)
2.2GHz+1.8GHz オクタコア
メモリ ROM 64GB/RAM 4GB
外部:microSDXC™(512GB)
サイズ(幅×高さ×厚さ) 約70×147×8.9mm
ディスプレイ 約5.5インチ 2,160×1,080ドット(フルHD+)
重量 約167g
カメラ メイン:1,200万画素
サブ:1,200万画素
バッテリー容量 4,000mAh
価格 一括:36,000円
分割:1,500円/月×24ヶ月

AQUOS sense2 SH-M08【ドコモ / au /対応】

AQUOS sense2

19年上半期に最も売れたAndroidスマホであるAQUOS sense2。

IGZOディスプレイは液晶テレビ「AQUOS」の技術を応用し、フラグシップモデルに採用される色調整機構「リッチカラーテクノロジーモバイル」に対応。美しいディスプレイと、おサイフケータイや防水・防塵といった国産機能や、顔認証・指紋認証の2つの生体認証を搭載した、幅広い層の人にオススメできる1台です

OS Android™ 8.1 Oreo
CPU Qualcomm® Snapdragon™ 450(SDM450)
1.8GHz オクタコア
メモリ ROM 32GB/RAM 3GB
外部:microSDXC™(最大512GB)
サイズ(幅×高さ×厚さ) 約71×148×8.4mm
ディスプレイ 5.5インチ 1,080×2,160(フルHD+)
重量 約155g
カメラ メイン:1,200万画素
サブ:800万画素
バッテリー容量 2,700mAh
価格 一括:32,880円
分割:1,370円/月×24ヶ月

Fujitsu arrows M05【ドコモ / au対応】

arrows M05

おサイフケータイ、防水・防塵、ワンセグといった日本のスマホならではの便利機能が詰まった人気のエントリーモデル。海外メーカーの勢いが強いSIMフリースマホにあって、日本での生活に適した機能にこれほど対応している機種はまさに国産の証です。

スマホ初心者やシニアに優しい「かんたんセット」など、使いやすさを向上させる機能も充実しています。初めてのSIMフリースマホにいかがでしょうか。

OS Android™ 9.0
CPU Qualcomm® Snapdragon™ 450 オクタコア(1.8GHz)
メモリ 内蔵:ROM 32GB/RAM 3GB
外部:microSD™/SDHC™/SDXC™(最大400GB)
サイズ(幅×高さ×厚さ) 約72×149×8.8mm
ディスプレイ 約5.8インチ 2,280×1,080 (フルHD+)
重量 約166g
カメラ メイン:1,310万画素+約500万画素
サブ:800万画素
バッテリー容量 2,880mAh
価格 一括:32,880円
分割:1,370円/月×24ヶ月

mineoの端末保証とは?

スマートフォンは生活を便利にしてくれる必携ツールである一方、毎日の使用時には落下や水没による故障という危険が潜んでいます。さらに、端末代金は高価なものですから、故障時の修理や交換費用が高額になることを考えると心配になりますよね。

mineoでは万が一の故障に対応できるよう、端末の保証サービスメニューが充実しています。しかも、mineo端末だけでなく、持ち込みの端末に対しても保証サービスが用意されています。

ここではそれぞれの端末保証サービスについて解説していきます。

mineoで提供されている端末保証
・端末安心保証サービス
・持込み端末安心保証サービス

端末安心保証サービス

端末安心保証サービス
端末安心保証サービス(mineo公式ページより)

「端末安心保証サービス」は、特定のmineo端末が対象のサービス。保証期間内であれば万が一の故障時の修理代金を一定の免責額で最高2回まで適用可能で、かつ新端末への交換が簡単で迅速なことが特長です。

端末安心保証サービスの月額利用料、免責額、対象機種は以下のとおりです。

端末安心保証サービス
月額利用料金 370円/月
免責額 1回目:5,000円
2回目:8,000円
3回目以降:全額負担

故障対応受付と同時に新しい端末が送付されるので、SIMカードを差し替えるだけですぐに新しい端末を利用することが可能。したがって、修理期間というものが存在しないので、端末を使えなくなる期間を最小限で済ませることができます。

自然故障だけでなく、落下させてしまったりつぶしてしまったりと、ユーザーの過失による故障も対象となります。

サービス利用時の負担額は、1回目・2回目までは免責額範囲内で修理・交換ができ、3回目以降は実費(全額負担)が必要です。また、盗難や紛失などの場合は保証対象外となるので注意が必要です。

画面割れや内部の基盤故障などは実費だと金額が跳ね上がってしまうものの、5,000円の免責額で修理ができるのはかなりメリットがあります。

注意点としては、保証サービスへの加入は端末購入時のみということ。端末購入後はサービス加入できないので、保証を受けることができません。

持込み端末安心保証サービス

持込み端末安心保証サービス
持込み端末安心保証サービス(mineo公式ページより)

mineo端末でないと端末保証が受けられないわけではありません。mineoの「持込み端末安心保証サービス」では、手持ちの端末が保証可能端末である場合、故障時の交換代金を免責額で対応することが可能です。

持込み端末安心保証サービスの月額利用料、免責額、対象機種は以下のとおりです。

持込み端末安心保証サービス
月額利用料金 500円/月
免責額 1回目/年:5,000円
2回目/年:8,000円
3回目以降/年:全額負担
対象端末 保証可能端末一覧(mineo公式ページ)

保証対象の端末は、別途公式ページの一覧を参考にしてもらいたいのですが、注目すべきなのは、かなり幅広い機種が保証対象となっている点です。例えば、iPhoneの最新シリーズである「iPhone XS/XS Max」や「iPhone XR」も保証対象の機種になっています。

mineoのSIMだけを契約していて保証サービスへの加入を検討している人は、自身の端末が対象の端末かどうか、あらかじめ調べておくことをオススメします。

また、機種ごと交換となる場合には免責額が発生しますが、預けて修理のみで終わる場合は免責額がかかりません。

持込み端末安心保証サービスの注意点としては、以下の項目が挙げられます。

持込み端末安心保証サービスの注意点
・修理期間中の代替機の貸し出しが有料(3,000円)
・申し込みの翌月から課金開始で、課金開始日から1ヶ月間は免責期間で保証対象外
・保証端末変更した場合、変更後30日間は保証対象外
・交換修理に要した料金が保証上限額の40,000円を超過した場合は、超過した差額分が別途必要
・iPhoneやiPadの修理の場合、以降Apple社での修理対応ができなくなる可能性あり

加入後すぐに保証開始でなく、翌月1日から課金開始されて、さらに1ヶ月免責期間となるのシステムには注意が必要です。
例として12月25日に申し込んだ場合は、1月1日が課金開始日となり、そこから1ヶ月後の2月1日からが保証対象期間となります。

まとめ:目的別でおすすめの機種はこれだ!

mineo端末は、手頃に使えるものから実用的な機能性を搭載したものまで、豊富な端末ラインナップが揃っています。今後も、新しい端末が増えていく思われるので、ますます目が離せません!

端末の保証サービスが充実していることも、ユーザーとしては嬉しいポイントですね。
特に、mineo端末であれば初期設定も全て行ってあるのでSIMと端末がセットで簡単に使えるので、格安スマホ初心者の人にもオススメです!

最後に、目的別でおすすめの機種を抜粋してまとめてみましたので、購入の際はぜひ参考にしてみて下さい。

ハイスペックを求める方

・HUAWEI Mate20 Pro
・AQUOS zero
・AQUOS R2 compact

コスパを重視したい方

・Xperia Ace
・AQUOS sense3 SH-M12
・HUAWEI P30 lite

カメラ性能を重視したい方

・HUAWEI Mate20 Pro
・HUAWEI P30
・ZenFone 6

バッテリー持ちを重視したい方

・ZenFone 6
・AQUOS sense3 SH-M12
・ZenFone Max (M2)

mineoの人気商品

この記事を書いた人(編集:モバレコ編集部)

NINO

NINO(ニノ)

人生を全力で楽しむモノコトブロガー

プロフィール

1985年埼玉県生まれの昭和末期世代。
大学卒業後は大手建設企業に就職するも、仕事と子育てを両立したワークライフバランスを求めるために地方へ移住。
「人生を楽しむモノコトブログ」をテーマにしたブログ「FatherLog」を主幸しています。最高月間45万PV。Mac・iPhone・iPadなどのApple製品・ガジェット全てが人生のスパイスです。
読者が実際に使っているかのような体験型レビュー記事の作成を常に心がけています。
モバレコでは「初心者の方が安心してお得な選択ができるきっかけ」になれるよう、解説記事を中心に発信しています。

得意カテゴリー

Apple製品・スマホ・ガジェット・ディズニー・ゲーム

ブログ・SNS

FatherLog
https://fatherlog.com/
Twitter(@fatherlog)
https://twitter.com/fatherlog

特集コンテンツ

d-card

モバレコ ストア

d-card

モバレコ ストア

Let's Share!

  • Twitter シェアアイコン
  • facebook シェアアイコン
  • はてなブックマーク シェアアイコン
  • Pocket シェアアイコン