「mineo Dプラン」のiPhoneを使ったAPNの設定方法

書いた人: モバレコ編集部

カテゴリ: mineo

ツイート このエントリーをはてなブックマークに追加
「mineo Dプラン」のiPhoneを使ったAPNの設定方法

※この記事は、ドコモ回線を利用するmineo DプランのAPN設定ガイドです。au回線を利用したmineo Aプランの方は設定方法が異なるため、こちらのmineo Aプランの設定方法をご覧ください。

格安SIMを購入したら初めに必要となるAPN設定。ここでは、格安SIM・mineoのDプラン(ドコモプラン)のAPN設定方法を解説します。使用する端末は、SIMフリー版iPhone 6 Plus(iOS 9.2)です。

手間に感じるかもしれませんが、誰でもスグに設定することが可能です。手順に気をつけて、早速設定を行っていきましょう。

mineo

mineoのお申し込みならモバレコがお得!

モバレコ バリューストアではただいま初期費用割引キャンペーン実施中!もちろん全プランが対象です。

公式価格3,000円モバレコ限定価格476円

詳細はこちら

※価格は更新時点のものです。最新の価格は販売サイトにてご確認ください。

目次:

この記事はiPhoneを使った「mineo Dプラン」のAPN設定手順を解説しています。他の通信会社では若干設定項目が異なるため、下記のリンクを参照ください。

iPhoneでのAPN設定一覧:

iPhoneへSIMカードを挿入する

1. まず、SIMカードが入っていないとSIMなしと表記されます。

左上に「SIMなし」と表示されてしまいます
左上に「SIMなし」と表示されてしまいます

2. そこでSIMカードを挿入します。今回はmineoの「mineo Dプラン」を用意。

mineo Dプラン

3. iPhoneに同梱されているSIMトレイ取り出しツールで、本体右側の穴に差込むとカチっという音と共にトレイが飛び出します。

SIMトレイを取り出す

4. SIMトレイにSIMカードをしっかりとはめ込みます。カードの向きや表裏に注意してください。

カードの向きに注意してしっかりはめ込む

5. そのままトレイを差し込むと、写真のとおり、「SIMなし」の表示から、docomoの表示になりました。

docomo

しかし、これだけではまだネットはつながりません。
格安SIMカードを利用するには、APNの設定が必要となります。

iPhoneでmineo DプランのAPN設定を行う

ここからはAPNの設定を行っていきます。APNとは、Access Point Nameの略で、インターネットの接続先の名前のことです。

キャリアの場合はあらかじめ接続先の名前が指定されていますが、格安SIMを使う場合はこちらから指定する必要があります。その設定がないとインターネットを使うことができません。

※なおiPhoneと格安SIMの「スマホセット」を契約した場合は、ユーザーが操作をしなくともあらかじめAPNがすでに設定されていることがあります。

docomoの表示はされるもののネットはつながらない
APN設定をしていない場合。「PDP認証に失敗しました」と表示され、docomoの表示はされるもののネットはつながらない

1.まずは[設定]をタップします。

設定

2. 続いて[一般]をタップし、一番下の[リセット]をタップします。

一般リセット

3. 「すべての設定をリセット」をタップして、続いて「ネットワーク設定をリセット」をタップします。

すべての設定をリセットネットワーク設定をリセット

4. そこでいったん再起動になります。

再起動

5. 続いて、mineo DプランのAPNを探します。

まだネットがつながっていないため、Wi-Fi接続でAPN構成ファイルダウンロードします。Safariのアドレスバーに下記URLを入力してください。

http://mineo.jp/apn/mineo-d1.mobileconfig

なおこのときは必ずSafariを使うようにしてください。Safari以外のブラウザで開くとエラーが生じる可能性があります。

URLを入力し、Goをタップ
URLを入力し、Goをタップ

今すぐWi-Fiの環境がない方はこんな方法も

  • ネットができるパソコン等でAPN構成プロファイルをダウンロード
  • iPhoneに設定しているメールアドレス宛にプロファイルを添付して送信
  • Wi-Fiがつながったときにメールを開き、プロファイルを開く

6. プロファイルのインストール画面になるので、右上の[インストール]をタップします。

インストール

7. 「警告」の画面になるので順番に「インストール」をタップします。

警告画面から順にインストール警告画面から順にインストール

8. 「インストール完了」の画面で「完了」をタップします。

完了

これで、設定完了!
意外と簡単で、APN設定が初心者の私でも5分もかからないくらいで出来ました。

接続確認

「4G」や「LTE」などの表示がされていればOKです。ウェブサイトにアクセスするなどして、接続を確認しましょう。

もし上記の行程を踏んでもネットに接続できない場合は、いちど再起動するとLTE回線に接続されることがありますので、ぜひ試してみてください。

まとめ

APN構成プロファイルをダウンロードする方法であればこのように簡単に設定することが出来ます。
格安SIMの利用はハードルが高いと思われがちですが、案外設定は難しくないですね。
今回はiPhone 6 Plusでしたが、もちろんiPhone 6/6s でも同様の設定方法となりますので、ぜひ格安SIMの利用に活かしてみてください。

mineoのプランはこちら

●mineoのプランの見方

  • デュアルタイプ……音声通話付きプラン
  • シングルタイプ……データ通信専用プラン
  • Dプラン……ドコモ回線を使用したプラン(ドコモ端末などに対応)
  • Aプラン……au回線を使用したプラン(au端末などに対応)

●音声通話対応プラン(Dプラン:ドコモ回線)

容量 月額料金 販売
デュアルタイプ 500MB 500MB 1,310円 > 詳細はこちら
デュアルタイプ 1GB 1GB 1,410円
デュアルタイプ 3GB 3GB 1,510円
デュアルタイプ 6GB 6GB 2,190円
デュアルタイプ 10GB 10GB 3,130円
デュアルタイプ 20GB 20GB 4,680円
デュアルタイプ 30GB 30GB 6,600円

※利用開始翌月から12ヶ月以内にMNP転出する場合は手数料が11,500円がかかります

●データ通信専用プラン(Dプラン:ドコモ回線)

容量 月額料金 販売
シングルタイプ 500MB 500MB 700円 > 詳細はこちら
シングルタイプ 1GB 1GB 800円
シングルタイプ 3GB 3GB 900円
シングルタイプ 6GB 6GB 1,580円
シングルタイプ 10GB 10GB 2,520円
シングルタイプ 20GB 20GB 3,980円
シングルタイプ 30GB 30GB 5,900円

●音声通話対応プラン(Aプラン:au回線)

容量 月額料金 販売
デュアルタイプ 500MB 500MB 1,310円 > 詳細はこちら
デュアルタイプ 1GB 1GB 1,410円
デュアルタイプ 3GB 3GB 1,510円
デュアルタイプ 6GB 6GB 2,190円
デュアルタイプ 10GB 10GB 3,130円
デュアルタイプ 20GB 20GB 4,590円
デュアルタイプ 30GB 30GB 6,510円

※利用開始翌月から12ヶ月以内にMNP転出する場合は手数料が11,500円がかかります

●データ通信専用プラン(Aプラン:au回線)

容量 月額料金 販売
シングルタイプ 500MB 500MB 700円 > 詳細はこちら
シングルタイプ 1GB 1GB 800円
シングルタイプ 3GB 3GB 900円
シングルタイプ 6GB 6GB 1,580円
シングルタイプ 10GB 10GB 2,520円
シングルタイプ 20GB 20GB 3,980円
シングルタイプ 30GB 30GB 5,900円

こちらの記事はいかがでしたか?

お役に立ちましたか?

送信する

もしよろしければお友達に
ご紹介お願いします!

  • ツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

特集コンテンツ

d-card

docomoのギガホ・ギガライト

Y!mobile 公式オンラインストアなら「限定商品!」「送料無料!」「24H受付OK!」

この記事を書いた人(編集:モバレコ編集部)

スマホ、ケータイ、docomo、au、ソフトバンク、格安SIMに関する総合情報メディア「Mobareco-モバレコ」の記事コンテンツの制作を監修。スマホのレビュー、サービス解説、ライフハックからトラブルシューティングガイドなどの幅広いジャンルのコンテンツディレクションを手掛ける。『スマホをもっとわかりやすく。もっと便利に。』ユーザー目線に沿ったコンテンツを発信中。Twitter:@mobareco_jp