mineoとeo光のセット割引は?マイネオを家族で使うメリットを解説

書いた人: 奥野大児

カテゴリ: mineo ,

ツイート このエントリーをはてなブックマークに追加
mineoとeo光のセット割引は?マイネオを家族で使うメリットを解説

申し込みガイドはこちら

格安SIM・格安スマホサービスを提供するmineo(マイネオ)は、関西を商圏とする関西電力グループのケイ・オプティコムから提供されています。

そもそも価格の安い格安SIMではそうそう大きな割引はありませんが、「eo光」といった光回線(固定回線)のサービスを利用していれば、いくつかのメリットがあります。

eo光ユーザーがmineoを契約するとどのような特典や割引が受けられるのか、また、家族でmineoを契約するメリットにも触れて解説していきます。

>>mineo公式サイトはこちらmineo(マイネオ)

目次:

mineoとeo光は同じケイ・オプティコム社が運営

ケイ・オプティコム社が運営する光回線サービス「eo光」
ケイ・オプティコム社が運営する光回線サービス「eo光」

mineoは関西を商圏にする電気通信事業者の株式会社ケイ・オプティコムがサービスしています。

通信事業者として、光回線を提供する「eo光」、eo光の法人向けサービス「オフィスeo光」、2016年4月から始まった電力自由化に伴う電力サービス「eo電気」をサービスしており、同社が2014年5月から始めた格安SIMサービスがmineo(マイネオ)です。

当初はau回線の格安SIMのみ提供していましたが、2015年9月にはドコモ回線も提供開始。そして2018年9月にはソフトバンク回線も提供開始し、格安SIMでは初のトリプルキャリア回線に対応しました。最近では都心部を中心に実店舗を設け始め、積極的にサービスの拡充を図っています。

mineoはauの回線を使うAプラン、ドコモの回線を使うDプラン、ソフトバンクの回線を使うSプラン、それぞれのプランでデータ通信専用のシングルタイプ、データ通信と音声通話ができるデュアルタイプから選択できます。

料金プランは以下の表の通りです。

ドコモプラン(Dプラン) auプラン(Aプラン) ソフトバンクプラン(Sプラン)
データ容量 シングルタイプ
(データ専用)
デュアルタイプ
(データ専用+090音声通話)
シングルタイプ
(データ専用)
デュアルタイプ
(データ専用+090音声通話)
シングルタイプ
(データ専用)
デュアルタイプ
(データ専用+090音声通話)
500MB 700円 1,400円 700円 1,310円 790円 1,750円
3GB 900円 1,600円 900円 1,510円 990円 1,950円
5GB 1,580円 2,280円 1,580円 2,190円 1,670円 2,630円
10GB 2,520円 3,220円 2,520円 3,130円 2,610円 3,570円
20GB 3,980円 4,680円 3,980円 4,590円 4,070円 5,030円
30GB 5,900円 6,600円 5,900円 6,510円 5,990円 6,950円
SMSオプション 120円 無料 無料 無料 180円 無料

その他、mineoの特徴やオプションについては、以下の記事で詳しく解説しています。

mineoとeo光とのセット割引

同じ事業者が複数のサービスを展開している場合、セットで契約をすることで、割引になるケースがあります。mineoもケイ・オプティコムの他のサービスとの併用や同時申し込みで割引されるキャンペーンを不定期で実施しています。

2018年12月時点では、mineoとeo光のセット割引キャンペーンはご用意がない状態です。

しかし、以下のような割引を過去に実施していたこともあります。

参照:eo光ネットご利用者さま限定 新規でmineoのデュアルタイプをご契約いただけると最大15ヵ月×900円割引のチャンス!

光回線の「eo光ネット」を契約中の方が、新規でmineoを音声通話プラン(デュアルタイプ)を契約すれば、最大15ヵ月、月額料金から900円割引をするというものです。(2017年11月終了)

また、eo光ネット側のチャットサポートにて確認したところ、一般公開はされていないが、mineoを既に契約中の方で、新規でeo光ネットをご契約すれば、現在eo光ネットで実施しているキャンペーンとは別で、現金10,000円のプレゼントを実施しているとのことでした。

具体的な期限、詳細等は、eo光公式チャットサポートにてご確認下さい。

開催中のキャンペーンは現時点では少ないですが、今後はこういったキャンペーンやセット割引が再度開催されるかもしれません。

ただ、それ以外にもmineoとeo光をセットで契約するメリットがありますので、以降の項目にて解説していきます。

>>mineo公式サイトはこちらmineo(マイネオ)

eo光ユーザーがmineoを契約するメリット

既に自宅でeo光を引いている場合、mineoを契約することでどのようなメリットがあるのでしょうか?eo光ユーザーがmineoを利用するメリットをご紹介します。

クレジットカードがなくてもmineoを契約できる

多くのの格安SIMは、支払い方法として、クレジットカード決済でしか対応できない場合があり、mineoも例外ではありません。しかし、eo光を契約していればmineoの支払いをネット回線の支払いと合算することができます。

つまり、eo光自体は口座振替で料金の支払いが可能である為に、既にeo光で口座振替を行っていればmineoも口座振替で支払えるようにできるということです。

支払い・問い合わせ先窓口の一本化が図れる

電気、ガス、水道、有料テレビと、家庭の中で契約が必要な会社はたくさんあります。そこにmineoが入ってくるとまた契約先・問い合わせ先・支払先が増えてしまう、という心配もあるかもしれません。

上記の通り、eo光と合算請求できるように、支払いや問い合わせもケイ・オプティコムの契約で一本化されるため、窓口を探す手間がひとつ省けます。固定回線もケータイ(スマホ)のことも、ここに聞けば大丈夫、という安心感は大きいですね。

余談ですが、電気もeo電気にすれば、さらに問い合わせ先などが減ることでしょう。

>>mineo公式サイトはこちらmineo(マイネオ)

家族でmineoを使うメリット

家族でmineoを使うメリット

eo光とは直接関係ありませんが、eo光とmineoを絡めて検討しようとしている方は、家族でmineoを契約することも検討しているのではないでしょうか?

そこで、家族でmineoを利用するメリットも参考までにご紹介します。

家族割で基本料が安くなる

mineoを家族で契約すると、各回線で毎月50円割引される家族割が適用されます(最大5回線、3親等以内まで)。mineoのマイページでの登録および家族であることを書類で証明すれば、住所や姓が異なっていても割引を受けられます。

たとえば就職して離れた場所で1人暮らししている息子さんでも、結婚などで名字の変わった娘さんでも家族割で毎月50円の割引が適用されます。

家族でパケットをシェアできる

家族間でパケットを共有できる「パケットシェア」もmineoの魅力の1つです。余ったパケットを家族に分け与えることができれば、契約したパケットを無駄遣いせずに済みます。

たとえば、メールとニュースの閲覧しか使わないお父さんと、漫画や動画を閲覧する子供だちではパケットの消費量が違います。パケットシェアなら余ったパケットは自動的に吸い上げられ、翌月にグループ内でシェアできます。

詳しくは以下の記事で解説しています。

>>mineo公式サイトはこちらmineo(マイネオ)

まとめ:支払いがまとめられるのは家計を守る人に優しい

そもそも価格の安い格安SIMでは、圧倒的な差が付くような割引はなかなかありません。むしろ、支払い先が一つにまとまるなどの手続きに関するメリット、つまり手間や時間のメリットの方が大きいと考える方も少なくないのではないでしょうか。

ケイ・オプティコムと既に契約している人はもちろん、これから電力自由化や光回線の最適化に取り組もうとしている方も、合算請求や窓口の一本化といったメリットを考えてみるのも1つです。

モバレコ編集部おすすめ:mineo(マイネオ)

mineo
mineo

ドコモ回線、au回線、ソフトバンク回線を選んで使えるトリプルキャリア対応の「mineo(マイネオ)」もおすすめ。毎週更新の格安SIM速度ランキングでも好成績を叩き出す実用的なSIMで、こちらも多くのユーザーに支持されています。

トリプルキャリア対応も立派な特徴ですが、ユーザーコミュニティの「マイネ王」や独自のサービス「パケットギフト」や「フリータンク」もmineoならではの特徴。家族・友人間でパケットを分け合ったり、mineoユーザー同士で分け合うこともできます。

ドコモ・au・ソフトバンク、全てのキャリア回線を選べるので、端末の選択肢が多いのも嬉しいポイント。

>>mineoの詳しい解説はこちら

◆mineoはここがおすすめ!

トリプルキャリア(ドコモ・au・ソフトバンク)に対応しているので、手軽にお乗り換えできる。
解約金がないので試し利用にもあり
高速通信・低速通信の切り替えが可能
特徴的な機能が充実しているので料金よりもサービス重視したい人におすすめ
・毎月余った容量を友人や家族と分け合える「パケットシェア」「パケットギフト」が人気
・20GB以上の大容量プランが選べる

●音声通話機能付き(Dプラン:ドコモを利用していた方向け)

プラン名 データ通信量 月額料金 通信回線
デュアルタイプ 500MB 500MB 1,310円 docomo
デュアルタイプ 3GB 3GB 1,510円 docomo
デュアルタイプ 6GB 6GB 2,190円 docomo
デュアルタイプ 10GB 10GB 3,100円 docomo
デュアルタイプ 20GB 20GB 4,680円 docomo
デュアルタイプ 30GB 30GB 6,600円 docomo

●音声通話機能付き(Aプラン:auを利用していた方向け)

プラン名 データ通信量 月額料金 通信回線
デュアルタイプ 500MB 500MB 1,310円 au
デュアルタイプ 3GB 3GB 1,510円 au
デュアルタイプ 6GB 6GB 2,190円 au
デュアルタイプ 10GB 10GB 3,130円 au
デュアルタイプ 20GB 20GB 4,590円 au
デュアルタイプ 30GB 30GB 6,510円 au

●音声通話機能付き(Sプラン:ソフトバンクを利用していた方向け)

プラン名 データ通信量 月額料金 通信回線
デュアルタイプ 500MB 500MB 1,750円 ソフトバンク
デュアルタイプ 3GB 3GB 1,950円 ソフトバンク
デュアルタイプ 6GB 6GB 2,630円 ソフトバンク
デュアルタイプ 10GB 10GB 3,570円 ソフトバンク
デュアルタイプ 20GB 20GB 5,030円 ソフトバンク
デュアルタイプ 30GB 30GB 6,950円 ソフトバンク

>>mineo公式サイトはこちらmineo(マイネオ)

申し込みガイドはこちら

こちらの記事はいかがでしたか?

お役に立ちましたか?

送信する

もしよろしければお友達に
ご紹介お願いします!

  • ツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

特集コンテンツ

d-card

docomoのギガホ・ギガライト

Y!mobile 公式オンラインストアなら「限定商品!」「送料無料!」「24H受付OK!」

この記事を書いた人(編集:モバレコ編集部)

ライター・ブロガー・イベント主催・運営をやっているフリーランス。iPhone、iPad、Galaxy S5、Xperia Z Ultra、Surface Pro 3を所有しているガジェット好きです。ノンジャンルブログ「明日やります」を運営中。